進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

救命胴衣のボンベ交換&トレーラーサイドマーカー修理

2018年03月19日 | 釣り道具

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

今年の2月よりボートに乗船する乗員には救命胴衣の着衣が義務付けられました。

しかも国土交通省型式承認品、いわゆる桜マーク付きでないと認められません。

これによって、海外規格の合格品や、製造会社の自社試験での合格品では違法になってしまいます。

しばらく猶予期間がありますが、この法令変更に伴い、

検定品の救命胴衣が全国的に品薄傾向で、価格も高値で安定しています。

新品を買うならもう少し待った方が良さそうですね。

 

ぐっちゃんが普段使用している救命胴衣は、

RYOBI EXEブランドのウエストベルトタイプです。

RYOBIは釣り関係ブランドを上州屋に売却して、

事実上上州屋のプライベートブランドになっていますから、

これは上州屋で買ったものだと思います。

ボート釣りを始めた2012年、約6年前に購入しました。

 

この救命胴衣が承認品であることを確認しようと、

ボタンとマジックテープを開いてみました。

桜マークもありますね。

国土交通省型式承認品であるとが確認できました。

この救命胴衣は高階救命器具株式会社のOEM品でした。

ヤマハもシマノもほとんどの有名メーカーの救命胴衣は高階救命器具が製造していますから、

予想通りでしたね。

ただ…、

ガスボンベがえらいことになっていました。

サビサビです。

こんなボンベ、見たことがありません。

これで出航していたと思うとぞっとしますね。

海水で使用する救命胴衣のボンベですから、錆びない素材でできていると思い込んでいましたが、

ゴムボート時代のしょっちゅう海水を浴びてたいしてメンテしなかったツケが、

こんな形で救命胴衣を蝕んでいたんですね。

 

一度も膨張させていないので、このままでも使えるとは思いますが、

いずれにしろボンベの使用期限は切れていると思います。

同じ救命胴衣はもう廃盤になっています。

高階救命器具のホームページで互換性があると思われるボンベを選択し、

ポチッしました。

 

サイズが33gと18gの2種類があり、ぐっちゃんの救命胴衣は33gでした。

あとはキットの形状が合うかどうかです。

ただ、ぐっちゃんの場合は膨らませてしまっての交換ではありませんから、

ボンベだけを入れ替えれば終了。

もちろん、キットまで入れ替えてもいいんですけどね。

 

サビてボンベが大きくなってしまったのか、もともと若干サイズが違うのかはわかりませんが、

口のサイズが同じならちゃんとはまります。

しっかりはめ込んで、

復活です。

 

ちなみに、前オーナーのフルさんからいただいた、

ゲスト用の救命胴衣ですが、

それほど海水を浴びていないせいもあるでしょうが、ボンベはサビひとつありませんでした。

ただ、使用期限は切れている可能性大ですね。

そもそも救命胴衣は、10年経過したら性能が保たれているかチェックすべきだといわれていますし、

ボンベの期限は2~3年だったように思います。

こっちも要交換でしょうかね~。

ちなみに、このYAMAHAとY's GEARの救命胴衣も製造は高階救命器具でした。

こっちのボンベは18gのタイプでしたよ。

 

救命胴衣のチェック、定期的にやらなきゃですね。

自動膨張タイプは水洗いするわけにはいきませんが、

海水を浴びて放置は良くないようです。

 

 

もう一つ、メンテナンスネタです。

トレーラーのサイドマーカー、

タイトジャパンの12LEDタイプをつけているのですが、

 

前回の釣行時、ソケットからマーカーが外れたらしく、

こんな感じで取れてしまいました。

走行中のトラブルなので、もちろんサイドマーカーは消失です。

調べてみると、同型は廃盤で在庫が超希少。

慌てて、在庫1個という販売店から購入しました。

 

復活!

気休め程度かもしれませんが、透明なテープで外れにくくなるよう補強しておきました。

それにしてもトレーラブルボートはなんだかんだ毎週のようにトラブルがあります。

これを一つ一つ乗り越えることに喜びを感じるようにならないと、

トレーラブルボートライフは楽しめませんね。

 

これで安心して出航できます。

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ ←最新の釣果情報はこちらから
にほんブログ村

コメント (6)

ジャパンフィッシングショー2018in Yokohamaに行ってきました!

2018年01月22日 | 釣り道具


にほんブログ村  

 

この週末は、土曜日にジャパンフッシングショー2018、

日曜日に外房へボート釣りに出かけました。 

 

釣行記は次回に置いておいて、

まずはジャパンフィッシングショーの報告をします。

 

またしてもやってきた横浜みなとみらい。

この構図だけだと2年前と変わらないので、

日本丸♪

 

ディープな魅力って??

今年のテーマは深海釣りなのか?

深海釣りをその場で体験できるのか?

とまあ、冗談はさておき、

 

相変わらずすごい人出です。

こんなに釣り人がいるのに、

業界は間口を広げるのではなく、ディープに向かおうという事でしょうか。

つまり、釣り人口を増やすのではなく、

限られた釣り人に、一人当たりの投資額を増やしてもらって、

メーカーは潤おうというわけですね。

なるほど、ほぼ進歩が無い釣り道具を、

ちょっとデザインを変えて値上げするような感じでしょうか。

こんな皮肉を書き続けていても面白くないので、

ブースを見て回りましょう。

 

ジョイクラフトブース。

ぐっちゃんは既に卒業してしまったのですが、

元ユーザーとしては気になります。

JEX335スタイルです。

15馬力対応、初代Gucchan号の後継ですね。

2016年のフッシングショーでジョイクラフトの社長が、

「JEXはまもなく新製品が出る」

と言っていましたが、どうなったんだろう?

そんな思いで覗き込むと、

「JEX315ワイド」

なるものが発売されているのを知りました。

横の内側の幅が78cmとワンサイズ大きくなっています。

ゴムボートの欠点である、

「サイズの割に使える面積が狭い」

を改善した製品でしょう。

でもね、ぐっちゃんが期待していたのはそこじゃないんです。

アキレスのCSM製品、特にAS350やAS332あたりと比較すると、

圧倒的に劣る部分があるのでそこが改善されてほしかったですね。

これはジョイクラフトのフラグシップ、JESでも完敗しています。

ただ、今回はアキレスが出展を見送る中、

少ない市場でありながら頑張って出展を継続したジョイクラフトには頑張ってほしいです。

 

天龍のブースです。

天龍のジギングロッド、キャスティングロッドは地味ですがいいですよね。

数少ないブランクスから作っているメーカーだったと記憶しています。

 

本日のメインデッシュ、シマノです。

シマノは今シーズン、リールの新製品ラッシュ。

早速見てみましょう。

Newステラです。

シルバー基調でシンプルになりました。

カラーやデザインは好みの分かれるところですが、ぐっちゃんは嫌いではないです。

持った感じは、

「軽い!」

回した感じは、

「軽い!(笑)」

ステラSWは頑丈でずっしりとした感じですが、

ステラの方はひたすら軽やかです。

それでも、ステラですから頑丈さは兼ね備えているんでしょうね。

 

 

ストラディックSW、

 

サステイン、

 

ツインパワーSD。

この3機種は全て3000、4000、5000番サイズ(ストラディックSWは4000、5000番のみ)。

同じサイズを3機種、高価格、普及版、その中間と揃えた感じ。

シマノは今後このサイズが中心になると思っているのでしょう。

4000番と言っても、一昔前の2500番くらいのサイズ感です。

ロッドとのバランスは200~300gくらいが最適とすると、

今の技術なら昔の倍くらいラインを巻くことができるわけです。

ちなみにストラディックは以前のバイオマスターの後継ですから、

ストラディックSWはバイオマスターSWの後継となるわけです。

ただし、変わるのは4000、5000番だけで、

もっとボディが大きくなる6000番以降はしばらくの間バイオマスターSWが売られるとのこと。

6000番以降が発売されたら要チェックですね。

ちょっと今のステラSWに似すぎかな。

 

ステラSWは13年発売で5年経過、14年発売のノーマルのステラが今回リニューアルされたのに、

SWはまだみたいです。

たくさん並んでいましたが、触る人は少なかったですね。

 

こちらはオシアジガー。

ベイトタックルでのジギングを本気でやるなら、欲しくなる1品です。

触った感じは「がっしり」という表現がピッタリです。

 

グラップラープレミアム。

炎月と兄弟機種です。

仕掛を落とすスピードをレバーで簡単に調整できます。

電動リール的な機能ですが、

スロージギングやタイラバではかなり強い味方になるのではないでしょうか。

 

 

ヤマガブランクス。

ぐっちゃんはブルースナイパーとブルーカレントを持っています。

その名の通りブランクスメーカーで、

多くの有名ルアーロッドメーカーにブランクスを供給しています。

細いトラウトロッドからツナロッドまで、あらゆるルアー釣りに対応している幅広さは、

さすがブランクスメーカーといったところでしょう。

ここのロッドは、触らないで買っても後悔しないと思います。

 

ZENAQです。

新製品のIKARIというベイトのジギングロッドを紹介してもらいました。

細身でありながら芯があってパワーを受け止められるベイトジギングロッド。

ライトタックルでのジギングを楽しく演出するにも持ってこいでしょう。

要チェックです。

 

ダイワです。

ダイワはイグジスト押しでした。

 

「え?これがイクジスト?」

偶然か必然か、ステラとまったく同じで、

シルバー基調のシンプルなデザインになりました。

ステラ以上にビッグチェンジですね。

今までは某大手自動車会社の大型ミニバンみたいに、

どんどん豪華キラキラになっていってましたから、

今回の変更は大歓迎です。

触った感触もまた、

「え?これがイグジスト?」

まるでプラスチック製品のように軽くて頼りない感じ。

もちろん回転も非常に軽いです。

それでも、旧機種よりも頑丈になってるそうです。

小型リールの進歩は止まらないってことですかね。

 

17ソルティガも触ってきました。

さすがに重厚、がっしり。

ハンドルの回転はしっとり重め。

使い込めば少しは軽くなるのでしょうが、イグジストとは真逆の存在です。

 

ダイワのソルトウォーターリール。

見ごたえあります。

以前のソルティガやキャタリナはすぐにゴリゴリ感が出るとか、

ハンドルが異常に重くなるとか、

不具合がありましたが、最新の物になって聞かなくなりました。

信用できない「マグシールド」も少しはマシになったかな。

ぐっちゃんが所有している一番高額なマグシールドリールは、

シーボーグです。

マグシールドが欠陥かどうかはシーボーグで検証しましょう。

 

実はダイワのブースで一番気になったのはこのクーラーです。

内寸85cm、容量60リットルのクーラーが、

ワンタッチで開いて、両開きなんです。

シマノのスペーザホエールの欠点を見事にカバーした意欲作。

スタッフさんに聞いたところ、

「正直、ホエールのひとり舞台だったんで、気合入れて開発しました」

だそうです。

このクーラー、外寸1mを超えますが、

大型魚を狙う方は要チェックですよ。

 

もう一度シマノブースに戻って、

高橋哲也さんのトークを拝聴。

電動リール「ビーストマスター2000」の紹介でした。

さすがにトーク慣れしていますね。

 

最後にアングラーズアイドルの候補者をガン見して会場を後にしました。

 

いかがでしたか。

ぐっちゃんの感想としては、年々出展社が減少していて、

空いたスペースをバーチャル体験などのイベントで埋めている感じ。

以前のような派手なコンパニオンも少なくなり、

カタログは大半が有料です。

入場無料のイベントならともかく、1人1300円の入場料を取るのですから、

もう少しいろんな部分にお金をかけてもいいのではないでしょうか。

 

まあ、今回はシマノの新リールがたくさんありましたし、

ぐっちゃん的にはまずまず楽しめましたけどね。

ぜひ、釣り具メーカーさんには、

ディープではなくワイドを目指してほしいと思います。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (10)

冬シーズン準備完了?

2017年10月29日 | 釣り道具

  ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

また台風ですね。

当初の予報では週末に太平洋側直撃かと思われましたが、

関東への影響は29日から30日未明までになりそうです。

29日は太平洋側どこも強風なのに、

房総半島周辺だけは風は穏やかだという変な予報。

まあ土砂降りでしょうし、うねりは届くでしょうから、

無風でも釣りができない珍しいパターンかもしれません。

28日土曜日は、雨に濡れる覚悟があれば釣りはできたと思いますが、

遊漁船情報もパッとしないし、今週は釣り自粛としました。

 

ここ3回の更新は宮古島旅行記だったので、

釣りの事は何もしていないかというとそうではありません。

ここにきて一気に冷え込むようになって、

夏の釣りからようやく冬の釣りに変わるタイミングですよね。

ぐっちゃんとしては心配事がひとつ…。

それは防寒着です。

ぐっちゃんの防寒着と言えば、

この迷彩柄の防寒着を長らく使っています。

もともと陸っぱりでランガンしていたころに買ったものですから、

2010年ころの品ですね。

5年半のボート歴はこの防寒着とともにありましたし、他の防寒着は着ていません。

さすがに7シーズンも頑張っていると、

春から夏の防寒着オフシーズンにチャックが固着したりして不具合が出てきたりします。

下はほぼウェッダーを履いていましたので、防寒着の下は新品同様なのですが、

そろそろ買い替え時かなーとこの春に考えていました。

 

今年はレインウェアも新調したことだし、

防寒着も買いましょう、ということにしました。

数ある候補品の中からぐっちゃんが選んだのは、

NEXUSコールドウェザースーツXT RB-125Q

シマノ ネクサス コールドウェザースーツ XT RB-125Q ブラック M~XL L
株式会社シマノ
 

ゴアテックじゃありませんよ。

ゴアテック同様の防水透湿作用がある、ドライシールドというやつです。

ダイワで言えばレインマックスですね。

ゴアテックは欲しいけどバカ高いですからね。

RT-125Qよりも防寒力が高いRB-125Qの方にしました。

色は、

黒です。

 

ネットで注文して2日で届きました。

よく見ると、

エンボス柄がけっこうしっかり入っています。

真っ黒よりも高級感がありますね。

一応、NEXUSブランドですからね。

これはシマノのホームページから抜粋です。

ブランド物のエントリーバージョンという位置付けだと思います。

これで不満があればゴアテックバージョンに行け、と(笑)

たぶん、ぐっちゃんにとっては必要にして十分です。

一応、ちゃんと着れるか試してみました。

当たり前ですが、この季節に屋内で着たら、暑くて3分も耐えられません(笑)

 

続いて、前回釣行時にオオマサ敗北によって消失した、

キャスティングプラグのエース、別注平政190F スケサンマ、

店舗での取り扱いはほとんどないので、

こちらもネットで注文しました。

色やサイズが違っても釣れる気がしません。

またロストする可能性もあるので、送料を節約する目的もあっての大人買いです。

 

1ヶ月以上前に修理&オーバーホールに出していたベイトリール、

オシアカルカッタ。

オシアカルカッタが壊れて修理に出したという内容の記事はこちら。

えらく時間がかかりましたが、ようやく帰ってきましたよ。

ギアがサビサビになっていて、ベアリングにも固着が見られたとのこと。

交換したギアを見せてもらいましたが酷いものでした。

海に持ち込んだら毎回水洗いしていたんですけどね~。

オーバーホール扱いということで、工賃が抑えられていて、

思ったよりは修理代はかかりませんでした。

ステラSWがオーバーホールで25000円近くかかったことを思えば、

納得できる範囲内です。

もともとの値段も違いますし、ステラは部品代もバカ高いですからね。

 

そんなこんなで、釣りに行けない週末は過ぎていくんですね。

今日はキャスティングリールのリーダーシステムも結び直しました。

来週は祝日もありますし、何とか浮きたいですね。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (6)

Newロッドとサワラ対策

2017年10月05日 | 釣り道具


にほんブログ村

 

皆様ごきげんいかがですか?

1年で一番釣りが多彩なシーズンがやってきましたね。

ぐっちゃんは年中ヒラマサ狙いなので代り映えしませんが…。

 

前回釣行でオキサワラにジグ5個、

サワラ用ワイヤーアシストフック4個、ノーマルのアシストフック3個をロストしました。

ジグは2個ロストした時点で1軍ジグの使用をやめ、

傷ついたりあまり使わない2軍ジグに切り替えました。

5個ロストとはいえ、傷口は比較的小さくて済みました。

 

ジグの補給とサワラ対策。

サワラはすぐにいなくなってしまうと思うのですが、

一応ワイヤーリーダーとアシストフックを購入。

大きなヒラマサがかかったときはリーダーのスナップが持たないような気がしますが…。

 

 

以前軽く紹介しかけたNewアイテムを紹介します。

相棒I君の悪魔のささやき、

「〇〇譲りますけど買いませんか?」

に即バイトした一品です。

ぐっちゃんが簡単に釣られるグッズですから想像できると思いますが、

 

もう見飽きたって?

MCワークス、Northern Blue 583SS EVOLUTION 10周年記念モデルのブルーです。

実は過去に583SSを3本奉納しているのですが、

一番最近奉納したのが10周年記念モデルのブルーでした。

これで同じ10周年モデルのレッドと2本体制に戻りました。

 

過去の奉納が583SS3本に653SS1本で4本ですから、

トータル9本目のMCワークスです。

583SSだけで5本目です。バカですね。

 

1軍のジギングロッド&キャスティングロッドを並べてみました。

一番左が掘り出し物のマングローブスタジオBlue Aias584S、

それ以外がMCワークスで、

Northern Blue 633SS、574SS、583SSレッド、583SSブルー

SEVEN MILES 777CRです。

 

574SSは遠征大物用です。

633SSはBlue Aias584Sが取って代わっていますので予備ロッド。

2本の583SSは交互に使おうと思っています。

2本あれば万が一ガイドが取れたりしても、もう一本がカバーしますからね。

もちろん奉納する気は全然ありませんので、勘違いしないでください。

 

ご満悦のぐっちゃんをこゆきがカーテンの向こうから白い目で見ています(爆)

好きなロッドのコレクションは他人にはわからない自己満足の世界ですからね~。

 

ところで5日・6日は福岡・博多に出張します。

3連休、天気が心配ですが、良い釣りがしたいですね。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (4)

ようやく届いたアイテム&リール破壊

2017年09月23日 | 釣り道具


にほんブログ村

 

月曜日が祭日だったせいもあって、あっという間にまた週末です。

今週もけっこうハードに活動しましたよ。

 

公私の公、仕事では、

こんな熱々の担々麺を大汗かきながら食べ、

 

こんな高層ビル群の一角にある某大手広告代理店(バレバレ?)で会議したり、

別の日には「交渉学」というとても気難しそうな講習を受けたりしました。

 

一方公私の私、プライベートでは、

オシアカルカッタ301HG、

リーダー交換をしようとクラッチ操作をしようとしたら、妙に硬い…。

力を入れて強引にクラッチを動かそうとしたら、

「パキッ!」

と嫌な音…。

そして、ドラグがバカになりました。

どうやら、内部のギアかピンかわかりませんが、

重要な部品を破損してしまったようです。

仕方なく釣具店に持ち込運で修理依頼。

15000円以下なら修理、それ以上なら廃棄という条件で見積もりに出しました。

さて、どうなりますか?

それにしても、直すにしろ新しいリールを買うにしろ、

痛い出費になりそうです。

 

もう一つ散財ネタ。

相棒I君からまた悪魔のささやきが…。

「〇〇、譲りますけど買いませんか?」

せっかく交渉学の講習を受けたのに、何の役にも立たず、

すぐに白旗。

あっさり釣り上げられました。

この件については後日紹介しますね。

 

以前ネットで注文してなかなか届かなかった、

デジタルスケールがようやく届きました。

決して高級感はありませんが、今までの超安価なC国製よりはマシですかね。

 

 

今週末の海況ですが、

土曜日は雨、日曜日は曇り~晴れですね。

予報では土曜日は風が吹いて波が高そうです。

ちょっと出航は難しいですね。

 

決してベタ凪ではないでしょうが、出すならば24日の日曜日かな。

 

台風一過で好釣果を期待していたのですが、

遊漁船の釣果状況や仲間のボーターの報告は芳しくありません。

今週のパートナーはエースKenKen君ですから、何とかなると期待しましょう。

ひとまず準備は完了です。

 

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

コメント (2)

ストラディックCI4+ハンドルノブ交換とトレーラーパーツ

2017年07月28日 | 釣り道具

  ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

先日購入したストラディックCI4+4000XGM、

ハンドルノブの形状が気に入りません。

そこで夢屋のハンドルノブを注文していたのですが、

入荷を待つこと20日間、ようやく届きました。

夢屋のアルミランド型パワーハンドルノブのMサイズ。

 

左の純正ハンドルをパワーハンドルに変更します。

ワッシャーを入れたり外したり、感触を確かめながら適当にセットしまして、

なんとか換装終了しました。

自分でやると不安だよね~。

夢屋の説明書、不親切だと思うのはぐっちゃんだけでしょうか?

ガラッと雰囲気が変わりました。

何倍も巻きやすくなりましたし、ジギングでも使える仕様になりました。

 

ちなみに現在オーバーホールに出しているステラSW2台、

両方とも費用が20800円税別だって。

ベアリングどころかギアも交換になるらしいです。

それにしても、2台で税込約45000円です。

うーん、ツインパワーが買えてしまいそう。

でも、捨てるわけにはいかないし、直すしかないですね~。

ストラディックCI4+の前任のリール、

カルディア3012Hは修理代16800円だそうな。

これ、ほぼ新品と変わりません。

しかもほとんど使っていないのに…。

「廃棄してくれ」

って依頼した釣具店に吐き捨ててしまいました。

 

話が脱線しましたが、

掘り出し物のロッド、ブルーアイアスにセットしてみました。

いい感じです。

実際にはこのロッドにはリールがパワー不足ですけどね。

 

いろいろ注文していたブツが次々届きました。

前回お見せした

これに続いて、

トレーラーの配線グッズです。

当然自分でメンテナンスなんて自信がないので、

ステキチさんのヒッチメンバー装着まで請け負ってしまったという

御用達の丸重自動車さんの出番です。

来週末にはNEOともどもドッグ入りですね。

 

徐々に秋シーズンに向けて準備を進めていきますよ。

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (2)

掘り出し物ゲットの金曜日

2017年07月08日 | 釣り道具

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

7月7日金曜日、会社でデスクワーク中にペンを落としました。

慌てて拾おうとしてかがんだところ、

デスクの出っ張りに顔をしこたまぶつけてしまいました。

オネエみたいなアイシャドー入りの目になっていますが、

当たり前ですがこれは「腫れ」です。

徐々に視界も狭くなってきて、色男?台無しですね。

 

ところで先日小太郎さんと茨城の海で浮くために、

シーバスタックルを準備していた時です。

様々な釣りに使用可能な万能サイズのリール、

14カルディア3012H、

スプールの奥が錆びついて緑色になっていて、

ベールアームが塩ガミして非常に硬くなっていました。

さらに固着が部品の動きを抑え込んでしまい、

回転するたびにコンコンと変な衝撃が手に伝わります。

「うーん、ダイワだなぁ…」

がぐっちゃんの偽らざる印象です。

タックルケースにはステラSW2台、ツインパワーSW、バイオマスターSW、

セフィアCI4、アルテグラ、オシアカルカッタとシマノ製リールが7台、

そしてカルディア3012Hが入っていたんです。

ステラ&ツインパワーSWとオシアカルカッタはしょっちゅうボートに持ち込んで海水を浴びています。

もちろん使用後は毎回真水で洗います.

残りのバイオマスターSW、セフィア、アルテグラ、カルディアはボート釣りではほとんど出番がなく、

普段は使われることなくタックルケースに入ったままになっています。

使わない分、動きが悪くなるという点もあるのでしょうが…、

シマノ製のリールたちはほぼノントラブルです。

 

この状態で錆が生じているのは一番最後に購入したカルディアだけ。

ベールアームが塩ガミしているのも、回転が重いのもカルディアだけです。

ぐっちゃんの取り扱いが良いとは決して言いませんが、

これだけのリール軍の中で、ひとつだけ錆びるってどうよ?って感じです。

これが実売10000円以下の廉価版リールならまだしも、

一応実売価格が20000円ほどするカルディアですよ。

修理すると新品と同じくらいお金がかかりそうですが、

シーズンオフではじめてのオーバーホールに出すステラSW14000&ステラSW6000HGを

釣具店に持ち込むときに一緒に見積もりを依頼しました。

心の中ではほぼ諦めています。

おそらく見積もり取るだけ修理まではいかないでしょう。

 

半面で、もうカルディアは信用ならないねーということで、

代替リールをネット検索していたら、

シマノの最新中堅機種が何とアマゾンで〇割引。

シマノ リール ストラディックCI4+ 4000XGM
 
 

思わずポチッ。

ストラディックではなく、ストラディックCI4+というところがポイント。

このストラディックCI4+4000XGM、

このサイズで重さはわずか230gですよ。

ほとんど2500クラスの重さですね。

ついでに、

シマノ リール 夢屋 アルミラウンド型 パワーハンドルノブ グレー Mノブ TypeA用 26835
 
 

こいつもポチッてしまいました。

本体安く買った意味がないね…(笑)

 

ポチして翌日、もう届きましたよ。

まずまずカッコいいですよね。

そして驚きの軽さ。

シーバスロッドやライトジギングロッドに合わせる予定ですが、

ハンドルノブを変えればジグングにも使えるんじゃないかな?

PE1.5号200m巻いてリーダーはフロロカーボンの6号。

ジグングに使うならリーダーを10号に変えてもいいかも。

 

 

このリール用のラインを買うのと同時に、

ステラSW2台とカルディア3012Hをオーバーホール&修理に出したわけですが、

その時に中古ロッドを見ていて、驚きの掘り出し物を見つけてしまいました。

 

 

わかります?

マングローブスタジオのSolAzula Blue Aias(ソルアズーラ ブルーアイアス)584Sです。

これ、定価が税別49500円する高級ロッドなんですよ。

シマノやダイワ製と違って値引きなし正価販売品です。

さらに正価であっても購入が困難な希少品。

それがMCワークスやCB-ONEの高級ロッドに囲まれて、

目立たずひっそりと置かれていました。

その価格、税別12000円也!

「超ビックリ!」

Kガイド仕様のバリバリの現行型です。

このロッドを見つけたぐっちゃん、レジに持ち込むまで一度も手から放しませんでしたよ(笑)

「誰にも渡さん…」(爆)

このままヤフオクに出せば倍以上で売れるんじゃないでしょうか?

 

かなり堅めのロッドで、触った感じパワーはMCワークスのNB583SSとNB574SSの間くらいかな?

NB633SSに近い感じですがロッドが短い分扱いやすいでしょう。

本当はもう少しライトなBlue Aias583Sがあればベストでしたが、

一度はマングローブスタジオのロッドを使ってみたかったので即ゲットしてしまいました。

 

マングローブスタジオロゴ入りトリムリングです。

ちょっとしたこだわりを感じる作りですね。

ちなみにこれをレジに持ち込んだところ、店員さんがびっくりした顔をして、

「これ、掘り出し物ですよ~…」

と小声で言いました。

「たまーに出るんですよね、こういうのが…」

よく見つけたな、やるなー、って顔に書いてありましたよ(笑)

そりゃそうですよね。

ぐっちゃん、このロッドを見つけた時にびっくりして、

片手でロッドを握りしめながらスマホで本物か確認しちゃいましたもん(爆)

 

というわけで、災い転じて福となすって内容の記事でした。

え?結局散財しているだけじゃないかって?

自覚ありますよ。それが何か?(爆)

せっかくの掘り出し物ロッドですが、デビューはしばらく先でしょうかね。

 

それではまた おやすみなさい

 

追記

今朝(8日)の画像です。

予想していましたが、酷い顔になってしまいました(涙)

トホホです。

 

 


にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (4)

クーラーボックスをついに買いました

2017年05月14日 | 釣り道具


にほんブログ村

 

この「進め!Gucchan号!」ブログで長きにわたって読まれている記事があります。

それは、新旧クーラーボックスを比較して改良点を考察した、

『クーラーボックスの進化を考察する』

という記事です。

様々な検索ワードで検束エンジンに導かれてたどり着く人が多いのだと思います。

2015年2月に書いた記事ですから、もう2年3ヶ月も経ちます。

それでも、380以上ある記事の中でほぼ毎日閲覧数がベスト10に入っているんです。 

 

ぐっちゃんはゴムボート釣りを始めるときに、

ボートの内寸に合わせてピッタリ収まるサイズの、

スペーザベイシス350という当時としては十分と思われるサイズのクーラーを買いました。

ボート釣り歴が5年を過ぎましたから、このクーラーも主戦として5年以上活躍した計算になります。

詳細は『クーラーボックスの進化を考察する』を読んでいただければいいのですが、

使用するにしたがって不満も出てきました。

まずはヒラマサを狙うことによって内寸60cmというサイズが物足りなくなったこと。

これはボートの内寸に合わせたためなのでゴムボート時代は妥協するしかなかったのですが、

今はNEO390に乗り換えたので、ボート搭載の制限はありません。

次に、サイドロックが壊れて気密性が保てなくなったこと。

さらにキャスターは固着してしまって一切回りません。

それでも普通にクーラーとして十分な性能を持っていますので、

我慢して使ってきましたが、

足を怪我して釣りに行けず、散財によってしか満足感を得られない現状、

「ついつい」というか記事を書いて2年以上経過しているわけですから

「ようやく」の方が正しいのかもしれませんが、

先日、ポチしてしまいました。

シマノ クーラーボックス スペーザ ホエール ベイシス 450 UC-045L ピュアホワイト 819024
 
 

奥さんが家にいない土曜日(つまり今日ですね)に配送されるよう逆算して…(笑)

 

13日土曜日12:30頃、ブツは届きました。

もう、箱を見るだけで中身バレバレじゃん!

困るなあ、こういうことでは…(爆)

 

スペーザホエールベイシス450ピュアホワイト、買っちゃいましたよ。

『クーラーボックスの進化を考察する』では、

スペーザホエールライトを買うようなことを書きましたが、

1万円弱の価格差を冷静に考えられる精神状態ではなかったようです(爆)

まあ、今のスペーザもベイシスグレードですからね。

 

取っ手の形状は持ちやすく、

サイドロックは非常に簡素になって使いやすそうです。

 

内寸70cmで足りるの?内寸80cmのホエール600じゃなくてよかったの?って言われそうですが、

今の内寸60cmのスペーザで80cmクラスの魚は持ち帰ることができますから、

内寸70cmあれば90cmくらいの魚までは大丈夫でしょう。

それ以上の魚は、捌くのも大変だし美味しくなさそうだし、あんまり持ち帰らないかな…と。

 

実はどうやって蓋を外すのか不思議だったのですが、

さすがによく考えられていて、

内側から矢印部分を手前に引いてロックを外すと、

こんな感じで簡単に取れます。

もちろんその前にチェーンを外しておく必要がありますけどね。

 

さすがシマノって感じの質感ですし、これはいい買い物をしたかな(笑)

まあ、2年前から次はこれって決めていたクーラーですからね。

 

この記事を書こうと準備していたら、

こゆきが古くなった羽毛布団の上で爆睡。

変な唸り声を出しながら寝返りを打ちまくっています。

そしてついに、

野性味ゼロのヘソ出し仰向けスタイルに…。

写真を撮ると、

「あらっ?見ちゃった?」

って感じで目を開けました。あーかわいい(爆)

 

本日整形外科医を受診したものの、ギプスを外す許可は出ませんでした。

まあ、外房のジャイアンはそんなにいい子じゃないので、

いろいろ作戦考えていますけど。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (2)

新兵器の紹介~!どんどん堕落していくなぁ…

2016年11月07日 | 釣り道具

  ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

ぐっちゃんはお金持ちではありません。平民です。

なぜか釣り仲間には

「金に物を言わせて高級釣り具を買い漁る」

「高級なタックルに替えるために、わざと海に奉納している」

などといわれの無い陰口(陰口じゃないね、堂々と言われているので)を叩かれていますが、

実はお金を払って苦労を回避することはあまりないんです。

 

ポケモンGOもGREEの釣りスタも基本無課金で頑張っていますよ。

仕事でも遊びでも、タクシーは基本使いません。

2km以下なら電車もバスも使わず、自分の足で歩きます。

典型的な名古屋気質でケチなんです(名古屋の人、ごめんなさい)。

 

釣りだけは別物なんですね。

自分でも考えられないくらいお金を使っていますが、

趣味にお金を使うのは男のロマンと割り切っています。

自分ではそこまで特別な使い方をしているとは思いません。

 

 

まあ、前ふりはこのくらいにして…。

前回の最後に触れた新しいアイテムの紹介をします。

 

オークションであるものを開始価格で入札したら、

出品者によって強制終了され、ぐっちゃんが落札者となりました。

まだ半日も時間が残っていたし、即決価格よりはるかに安い金額だったのですが…。

予期もせずに落札してしまったのはこちら。

けっこうでかいですね。

100cm×40㎝くらい。重さも3.5kgほどあります。

エアべーパーを外すと、

イカ角投入器です。

手作りでしょうが、パイプ間はきれいにコーキングされ、

底部分はウレタンで塞がれ滑り止めになっています。

カーペットの一部と思われるイカ角マットとオモリBOXも付いています。

自分で材料を買って作ろうかとも思いましたが、この値段でこのクオリティは無理、ということで、

入札してみたんです。

既製品を買えば5倍くらいしますから、これは節約できた方でしょう。

 

さて、イカ角投入器は手に入れましたが、それ以外の道具が一切ありません。

狙いは外房のヤリイカですが、それ以外にも、

ヒラマサシーズンオフに中深場でムツやオニカサゴを狙ってみたい、

イカ専門ではなく、ターゲットを広げる道具をチョイスすることにしました。

  

 

まずはロッドです。 

ロッドはヤリイカ専用ではなく、40~200号と使えるオモリの幅が大きい、

SHIMANO LIGHTGAME BB type82 190Hをチョイスしました。

タチウオやオニカサゴも狙える汎用性の広い先調子ロッドです。

たぶんアジビシやライトアジなんかもできちゃいますね。

本当はLIGHTGAMEのCI4+が欲しかったのですが、

値段が倍するので諦めてBBにしました。

ね?ぐっちゃん高級タックル専門じゃないってわかってくれました?

妥協しないのはジギングタックルだけですよ。

 

 

となれば残りは…、リールですね。

これもオークションで開始価格で入札したら、30分もしないうちに強制終了。

またしても即決価格よりずいぶん安い価格で落札となってしまいました。

DAIWA シーボーグ300J-Lです。

MJ-Lならもっと良かったのですが、さすがに高額なのでJ-Lにしました。

ぐっちゃんはロッドを右手で扱いたいので、必然的にリールは左ハンドルなのですが、

電動リールで左ハンドルが選べるのはこのサイズではシーボーグだけです。

もっと廉価なブランドでも良かったのですが、ハンドルが…。

 

そもそも、スピニングもキャスティング用ベイトリールも左ハンドル比率が高いのに、

電動リールは昔から右ハンドルだけってどうよ?って感じです。

スピニングは左ハンドル、両軸は右ハンドルが基本なんて言っている専門家がいるようですが、

微妙な扱いはロッドを持った利き手(ぐっちゃんの場合は右)の指で行うはずなので、

左ハンドルの方が利にかなっていると思います。

置き竿にして釣るケースが多いので右でいいという考もあるかもしれませんが、

ライトゲームが流行っているので、手持ちロッド左ハンドルの電動リールニーズは高いはず。

リールはシマノ、のぐっちゃんがまたしてもダイワを選ばなければならない現実、

シマノさん、ちゃんと考えてくださいね。

(SHIMANOフォースマスターの左ハンドルは超ライト用の小型電動リールだけです)

 

ちなみにこのシーボーグ300J-L、PE4号が300m巻けるはずなんですが、

テンションをしっかりかけて巻いたのに300mだとラインと本体が干渉してスプールがうまく回りません。

結局15mくらいカットしましたので、実際に巻けたのはPE4号を285mです。

 

 

というわけで、今回は「楽をする」ためのタックルを買ってしまいました。

ちなみにバッテリーですが、ゴムボート時代の魚探用と電動ポンプ用の、

20Ahと12Ahバッテリーがありますので、何の問題もありません。

 

基本ジギング&キャスティングでヒラマサを狙うぐっちゃん、

このタックルがデビューするのはまだ先かもしれませんが、

NEOになって釣りの幅を広げたいと思っているので、そのための投資ですね。

 

話は変わりますが、今年のふるさと納税、

昨年に続いて山形県舟形町でお米「はえぬき20kg×3回」と、

同じく山形県酒田市の「山形牛焼肉用1.8kg」を記念品として選びました。

あ、別に山形県に特別な思い入れがあるわけじゃありませんよ。

 

そのうちの、

酒田市の山形牛焼肉用が届きました。

旨そうな霜降り肉です。

 

早速、

贅沢に山形牛食べ放題の焼肉をやりましたよ。

さすがに同じ肉だけだと飽きるので、野菜と鶏肉も…。

次女、長男とぐっちゃん夫妻の4人で食べまくりましたが、

さすがに霜降り肉は大量には食べられず、半分の900gほど食べたところでギブアップ。

つまり、もう1回山形牛焼肉食べ放題ができるわけですな(笑)

 

いかがでしたか?

そんなのぐっちゃんじゃない、という声も聞こえてきそうですが、

シーズンオフを無くすのと、ヒラマサ釣りで手詰まりになったときの保険です。

そんなの本当の釣りじゃない、って否定していた分野に自ら飛び込む勇気、わかってください(爆)

新しいおもちゃ、早く試してみたいです。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (16)

準備完了、かな?

2016年10月21日 | 釣り道具

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

先日の釣行で持ち帰ったショゴとアカハタ、

これが2日経って、

こんな料理に。

ショゴの刺身と塩焼き、アカハタの煮つけ。

ぐっちゃんが帰宅した時にはすでに食べかけ状態。

特ににアカハタは見るも無残…(人気があるんですね)

で、ぐっちゃんが食卓につくと、ソファーの陰から熱い視線が…。

ほほう~こゆきたん、チミも食いたいのか?

というわけで、

前日に続き刺身をあげたらひと飲みでパックン。

アカハタの身も、たれが付いてないところを選んであげたらがっついてました(笑)

結局、刺身10切れ程と煮つけ3口ぐらいをあっという間に平らげてご満悦。

こゆき、ちょっと贅沢すぎないか???

 

 

さて今週末の天気はどうかな?

22日(土)の波です。ベタ凪ですな。

 

22日の風は東風。ちょっと面倒ですが弱そうだから大丈夫かな。

 

 

23日(日曜日)の波は22日ほどではありませんが穏やかな部類でしょう。

 

風は北東。ちょっと吹いてきそうですね。

 

今週末に関しては、釣りやすい週末と言えそうです。

土曜日はかなり穏やかでしょう。

日曜日は風が出て下降線ですが、何とかもちそうです。

ぐっちゃんの計画は、土曜日から行って、釣れるまで帰らない(爆)

土曜の結果次第では日曜日連浮きをするかもしれません。

 

土曜日に行くなら、平日に準備が必須です。

これらはジギング用リーダー。

今までは春バージョンで、食い込み重視で10号と12号を使ってきましたが、

前回大物にのされたので、タックル強化としてリーダーは14号のフロロカーボンに変更しました。

一時期ナイロンリーダーを使っていましたが、

ジギングに関してはナイロンだと著しくアタリが減ります。

4.5mものナイロンリーダーは伸びが大きく、ジグに自然なアクションを送れないことが原因と推測。

春シーズン終盤からフロロカーボンリーダーに戻しています。

 

ちなみにこちらはキャスティング用リーダー。

30号とか130lbとかを使いますので、ナイロンでないと固くて結ぶことができません。

ちなみにキャスティングのリーダーは3m。それ以上だとルアーが飛ばせなくなります。

ナイロンは劣化するので、基本釣行毎に結び直します。

 

それから、前回行ったルアーのウレタンコート、

ロスト分のメタルジグを補填して再度コーティングをしました。

ついでにはけを使って、

一軍のキャスティング用プラグにもコーティング。

さらに錆が出始めたフックを新品に交換しました。

写真はコーティングしたプラグの一部です。全部で10本くらいはコーティングしたかな。

 

さあ、これで準備万端です。

オオマサよ、待ってろよ!

 

あ、今日の昼ごはんは、最近見つけた「汁無し担々麺専門店・ピリリ」で食べました。

旨いんですが、山椒が苦手な人は要注意。

麺や野菜に降りかかっている粒は全て山椒です!

ぐっちゃん、唐辛子の辛さには強いのですが、山椒のしびれるような刺激に弱いんです。

上の写真は激辛。先輩が頼んだものですが、ぐっちゃんは食べきる自信がありません。

ノーマルで十分です。

 

もう一つ、今日はプロ野球のドラフト会議でした。

今年もドラマがあって面白かったですね。

強いて言えば、

「ソフトバンクさん、これ以上強くなってどうするの?」

 

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (14)

ジグのウレタンコート&船外機グリスアップ

2016年10月15日 | 釣り道具


にほんブログ村

 

今週末は天気がいいですね。

少々風が吹きそうですが、きっと釣り日和でしょう。

ただ、第3土曜日なので我がホームは禁漁日。

16日日曜日にかけるしかありません。

 

15日土曜日、何をしていたかというと、

久々のこゆき登場。

骨折が完治して2ヶ月、すっかりはしゃぎまわるようになって、

朝夕は散歩の他に、庭で遊ばせていました。

そしたら、なんだか歩き方に異変が…。

走ったり遊んだ後におかしくなるのですが、しばらくすると治ります。

うーん…。

久々に動物病院を受診。

骨に異常はありませんでした。

はしゃぎすぎて肩か膝の関節が炎症を起こしているというのが診断。

しばらく遊びを控えさせて様子を見ます。

この顔でせがまれるとつい外へ出しちゃうんですよね~。

いかんいかん

 

さて、釣り関係ですが、

一軍のジグたち。新品もあります。

最近の傾向はボトム付近にベイトが多いので、どうしても底まで落とします。

すると、あっという間にジグは傷だらけになり、

カラーもラメもボロボロ。

これを防ぐにはウレタンコートという方法があります。

今まで面倒でやってなかったのですが、ちょっと試してみようと思いました。

購入したのはこちら。

合わせると高価な新品のジグが1本買えますね。

 

旧Gucchan号でアンカーを入れていたかごです。

これに紐を写真のようにかなり強く引っ張って縛りつけます。

で、ウレタンにどぶ付けしたジグを、

こんな感じで吊るします。

深さもジグのサイズにちょうどいい感じでした。

ウレタンはあっという間に揮発して乾きます。

数時間放置した後がこの写真。って違いがわかりませんね。

 

ちゃんとコーティングされました。

今回はどぶ付け1回のみで終了。

2回、3回と繰り返した方がコーティングは丈夫になるのでしょうが、

面倒だしウレタンがもったいないし、

たぶんこれでボロボロになる前に根がかりでロストするだろうという、

後ろ向きな理由で1回で終了としました。

 

前回の釣行でNEOのハンドルが重く感じました。

原因はおそらくケーブルの軽い固着だと思いますが、

ケーブル交換などは素人では到底無理なので、

気休めになるかと船外機にグリースを塗布してみました。

グリスガンにヤマハのグリースAタイプ。

 

決して上手に塗れたとは思いませんが、

まあ、気休めにはなるでしょう。

けっこうボルトやシャフトが錆びていましたね。

肝心のハンドルは…、あまり変わりませんでした。

まあ動かないわけではないですし、シーズンオフまでごまかしながら使って、

シーズンオフにプロにメンテナンスをお願いするのがいいかもですね。

 

ガソリン補給して釣行準備完了です。

明日は釣れるといいなあ。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (6)

またまたMCワークス兄弟誕生~

2016年06月27日 | 釣り道具

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

6月25日土曜日は、外房最終日だったのですが、

終日激しい風が吹き、雨も降って、

とてもゴムボート釣りができる天候ではありませんでした。

残念ですが、これにて春マサシーズンは終了です。

 

ところで、少し前にYahoo!オークションで落札したロッドが届きました。

ん?どこかで見たような…。

 

少し前に、やはりオークションで落札した、

MCワークスNB 583SS EVOLUTIONの10周年記念ロッド、

前回は赤色を落札したのですが、今回は青色です。

赤色の583SSを使って、やっぱりこのロッドは最高!と実感。

何気なくYahoo!オークションを見ていると、

同ロッドの青タイプが出品されていたのです。

「赤と青が揃うっていうのもいいなぁ」

なんて考えもありました。

人気のロッドですから、そこそこの金額がスタート価格です。

それでも、もう少し高額でないと落札できないでしょう。

とりあえず「参加することに意義がある」精神でスタート価格を入札。

そのまま放置…、数日後、オークションの時間が終了。

落札!

やっちまいました。別に後悔しているわけではありませんが、

まさかの赤青連続落札です(爆)

 

で、

再びMCワークスがゴロゴロ状態に。

左から633SSカスタムモデル、583SSレッド記念モデル、583SSブルー記念モデルです。

もう一本、遠征用の574SSカスタムモデルもありますから、

MCワークスのジギングロッドが4本になりました。

過去の奉納が3本ですから、7本目のNBです。

 

まあ、その通りだと思います。

意外な低価格で記念モデルを入手できたという思いがあり、

同じロッドでルアーのサイズや形を変える、なんて使い方ができますから、

自分的には納得しているんですけど…(汗)

 

実はYahoo!オークション、まだネタがあるんですが、

そっちはもう少し後に記事にしようと思っています。

 

この週末は久しぶりに車から船外機を降ろし、

エンジンオイルを交換しました。

思ったほど汚れてはいなかったけど、半年以上経ちますから頃合いでしょう。

後はこゆきを散歩に連れ出したり、買い物に連れ出したり…、

1ヶ月ぶりにこゆきの全身シャンプーも実施。

ちなみにこゆき、生後6ヶ月ちょっとで7.7kg。

予想成犬サイズに早くも到達です。

もう1kgくらいは増えそうですね…(汗)

 

仕事の関係で次回の釣行は少し先になりそうです。

もちろん外房はNGですから、内房が候補ですね。

さて、何を狙いましょうか。

 

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (10)

ジャパンフィッシングショー2016報告!

2016年02月01日 | 釣り道具

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ ←ポチッとお願いします!
にほんブログ村

 

1月31日の日曜日、ジャパンフッシングショー2016へ行ってきました。

今年もやってきました、横浜みなとみらい。

 

会場のパシフィコ横浜に着いたのはAM10:30.

家を出たときは釣りに行けばよかったかなーというような晴れた天気だったのですが、

この時間にはけっこう雲が出ていました。

JR桜木町駅から会場までの間、あまり人が多くなかったので、

今年は盛り上がりに欠けるのかなーと思っていたのですが、

会場に入るとすごい人でした。

特に大メーカーのブース周りは人だかりでなかなか展示品に触れません。

 

それでは、今年も写真中心で紹介していきます。

あ、今年は会場を彩る、

とか、

のようなお色気系はほとんどありませんでした。(写真は昨年の使い回しです)

昨年話題になったボーズレスガールも今年は不参加だそうです。

  

ではまずダイワのブースから。

なんだか、今年のダイワはゴアテックス系のウエア推しみたいです。

興味が無いわけじゃないけど、それほど食指が動くわけでも有りません。

やっぱりダイワとシマノはリールを触り倒さなきゃ。

Newルピアスに、

Newイクジスト。

今年のダイワスピニングリールは小型リールが推しでしたね。

リールはシマノ、を公言しているぐっちゃんですが、

これら小型スピニングはひところのシマノ独走から勢力図が変わりつつありますね。

スタイルはもう少し落ち着いていたほうが好みなのですが、

ハンドルを回した感触はツインパワーあたりと遜色ありません。

後はぐっちゃんがいまいち信用していないマグシールドの耐久性でしょうか。

いまぐっちゃんが使用している14カルディアはいまだ軽い巻き心地を保っていますし、

小型リールにはGoodなのかもしれません。

 

そしてたくさん展示してあったのはソルティガベイト。

特に、スロージギング専用のソルティガが発売になるそうで、

リール本体そのものにはあまり惹かれませんでしたが、

ハンドルの長さとノブの形状は気になりました。

写真を撮るのを忘れました。

気になる方はダイワのホームページで確認してください。

 

次に気になったのはこいつ。

電動リール、シーボーグ300J-Lです。

電動リールはシマノよりダイワのほうがデザインがいいですね。

しかもこいつは、片手で全ての操作が出来るスグレモノ!

うーん、欲しくなります。

 

続いて2大メーカーのもう一方の雄、シマノです。

 

シマノのリールはちょっと残念な感じでした。

SWはステラ、ツインパワー、バイオマスター合わせて10台ほどの展示。

当然、展示の無い型番のほうが多いんです。

新作が無いですからね。

シマノのスピニングリールの推しはストラデックでした。

一番売れる価格帯ですし、バイオマスターの後継という位置付けですからね。

 

写真はありませんが、オシアコンクエストがモデルチェンジするそうです。

ぐっちゃんが興味を示したのはそれくらいでした。

それでも、やっぱベイトリールはオシアカルカッタを持っているし、

次に買うならソルティガですかね(ぜんぜんシマノ派じゃないような発言ですね)。

昨年不完全燃焼だったクーラーボックスを触りまくりたかったのですが、

こちらはスペーザの250が一台置いてあっただけで肩透かしでした。

 

シマノブースでは、

 

こんな感じでトークショーが行われていて、

鈴木新太郎さんと坂本智子さん。

坂本智子さん、実物見るとかわいいですね~。

この2人のトークのテーマはオフショアのヒラメ釣り。

細いラインで釣るライトヒラメ釣りを薦めていました。

 

堀田光哉さんはサーフヒラメに有効なシマノのルアーを必死に紹介していました。

 

今年はヒラメか好調だからでしょうか?シマノはヒラメ推し全開でした。

サーフヒラメなんて、ここで聞いている人が1人1枚釣ったら間違いなくいなくなりますよ(笑)

ヒラメに対し、扱いが雑でスミマセン。

 

ちなみに我らがオフショアビッグゲームといえば、

ビッグゲームの第一人者、鈴木斉さん。

こちらはルアーアクションについて熱く語っておられました。

ぜひお話したい人なのですが、ゴムボーターとしてはちょっと気が引けますね。

別注平政展示してくれていたら燃えたんですけど(笑)

 

ここからはシンプルに、

がまかつです。磯釣りや鮎釣りのイメージが強いですが、ルアーもやってますよね。

 

EVERGREEN。ダイワシマノ以外では一番気合入った展示だったかな。

 

YAMAGA BlanksはRipple Fisherという高級ブランド屋号で出展。

正直、Rippleは高すぎなので、

Rippleを触るだけ触ってほぼ同じ性能のYAMAGAブランドを買う、と(笑)

 

そういえば、途中すごい人だかりが出来て、通路が通行規制されました。

なにが始まるのかと思ったら、

ローラさんのトークショー。

釣りについての内容は???な感じでしたが、

いやー、すごい人気でした。

 

ローラさんのトークショーを聞きながら立ち食いで食べたのが、

ご当地グルメの中から十勝豚丼をチョイス。温玉入りで1000円。

味は…。うーん、でした。

 

ボート関係は比較的近くに集まっていて、

アキレス。空気抜くのを実践中。

 

 

ジョイクラフトはけっこう賑わっていました。

おそらく、代表取締役の郡山紘一さんと思われる方とお話させていただきました。

パワーボートのバッグや高圧ポンプとそのバッグなどについて苦言を呈しましたが、

真摯に聞いていただき、改良の検討を約束してくれました。

ただ、中国の受託先におけるJOYCRAFTの占める割合が低いため、

なかなか声が反映されないそうです。

一方、郡山社長のゴムボートに対する熱い思いと、

今後の製品開発について楽しくお話いただきました。

お話の中で、郡山社長のJES336に対する自信と愛情を強く感じました。

JES336は作った本人(郡山社長のことです)曰く、「名艇」だそうです。

うーん、こんな話を聞くと、次もゴムボならJESですかね。

ぐっちゃん、自分は名乗らなかったのですが、JEX325+4スト9.8馬力って話したところ、

JEXは2スト9.8馬力に最適化しているらしく、スターンヘビーでしょ、って言われました。

今後の改良点だそうです。

郡山社長、この内容でどいつがぐっちゃんだったかお分かりですかね?

 

 

BMOジャパンも大々的な展示をしていました。

Gucchan号の新艤装である極シリーズもばっちり展示されていて、

良い点と要改良点などをいろいろお話させていただきました。

 

もっといろいろ見て回ったのですが、

率直な感想を言えば、

  例年に比べ華やかさが少ない

  例年に比べ出展社が少ない

  例年に比べ目玉となる展示品が少ない

という印象を受けました。

ただ、例年に比べ来場者は多かったように思います。

 

例によって戦利品は最新のパンフレット群。

ANAが宮古島直行便を就航するとのことでアピールしていまして、

こちらについては興味大。

昨年の八丈島に続き、マイル特典で宮古島もいいかもですね。

 

昨年はダイワのTシャツを買いましたが、

今年はシマノを買ってみましたよ。

 

いかがでしたか?

今回のフィッシングショーの雰囲気、伝わりましたか?

個人的には有料のショーなのだから、もっともっと頑張ってよ、という感じです。

あ、お色気ギャルが欲しいというわけではありませんよ。

出展社の気合が前年比20%減くらいに感じたのです。

来年は今年の50%増くらいに盛り上がってくれたらと思いますね。

 

まだまだ寒い日が続きますね。

週末は天気が怪しい、という週が多いですし、

次はいつ浮けるんでしょうかね~。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (18)

メインロッド復活!準備万端♪

2015年12月05日 | 釣り道具

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
  

 

週末がやってきました。

木曜日、金曜日は風が強くて大荒れの天気だったようです。

土曜日までは波やうねりが残りそうですが、その後は少しマシになりそうです。

5日土曜日は禁漁日なので、6日日曜日が本命、

実は7日月曜日も休みを取っていて、その気になれば連浮き可能です。

それ以上に、6日は夕まづめまで投げ倒す事が可能です。

波はまずまず弱そうですが、少し風が強そうですね。

荒れ後の爆釣が期待できるかも・・・。

 

先日、キャスティング八千代店から入電がありました。

「お預かりしていたロッドの修理が終わっています」

そう、約2ヶ月前に入院したメインロッド、

MCワークスNB583SSとBlueSniper80/5の修理が完了したのです。

 

早速本日引き取りに行ってきました。

久々のご対面です。

 

MCワークス583SSは2番(上から3番目)のガイドがスポッと外れてしまいましたが、

綺麗に直りました。

古いガイドをそのまま使えたので、修理代は税抜1500円。

 

Blue Sniper80/5は手元側の大きなガイド2つがトラブルで外れかけてしまいましたが、

これも完璧に修理されています。

こちらは修理代が税抜5200円。ガイドを新調したかどうか未確認です。

10000~15000円を覚悟していたので、税込6700円弱はちょっと嬉しい想定内です。

 

それとは別に、ほとんど使わないのに小物ロッドをボートに持ち込む事があるのですが、

前回の釣行でそのリールである14カルディア3012Hのハンドルがなくなってしまいました。

ちなみにこの小物ロッド(キス竿)は、サビキやひとつテンヤを試すためのものです。

コマセは持っていないので、ほぼ無意味なんですが…。

実は前から何度も、使いもしていないのにハンドルが外れて落ちるトラブルが連発していたのですが、

いままではハンドルがボートの中に落ちて事無きを得ていました。

前回に限り、何かに当たって落ちる方向が変わったのか、

チューブの上に落ちて海へ…、という経路を辿ったようです。

正確には、岸に戻ってから無い事に気付きました。

そもそも、一度も使わないでロッドスタンドに立てていただけなのに、

振動でハンドルが毎回外れることこそ問題だと思うのですが、

ハンドルがなければ再現性もないため、クレーム提起も出来ません。

仕方ないので純正品を注文しました。

これはすぐに入荷しました。 

けっこう高額ですね。

あ、こちらは日本橋店に注文したので、ロッド修理の店とは違います。

とりあえず復活できました。

はめてみたところ、これが自然に外れてしまうとはちょっと思えないくらいしっかり絞まります。

ただ、前にも何回も確認して、それでも外れて落ちてしまったので、

海に落ちない場所において外れないか実証してみなければなりません。

万が一、やっぱり外れたということになれば、欠陥品=クレームですね。

 

ついでにいくつか買い物もしてきました。

釣れないのは道具のせいではない、とはいえ、出来る事をやってみます。

 

特に今回はこのフックを試してみたくてチョイス。

Shaut!のカーブポイントトレブルフックです。

フックの先端がやや内向きにカーブしているのか特徴で、

フックアウトの減少とプラグのフックによる傷つきを軽減する効果があるそうです。

別注ヒラマサ190Fに3/0サイズをつけてみた図です。

光沢ありなので綺麗に光っています。

まあ、前回釣行のようにノーチェイスじゃ意味がないんですがね。

プラグの傷の軽減を謳ってはいますが、その効果は実際に使ってみないとわかりませんね。

たぶん、多少効果あり程度だと思います。

 

というわけで、準備が完了しました。

外房、待っていろよ!

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

  GyoNetBlogランキングバナー

コメント (6)

やっぱりやっちゃいました!New アイテムゲット!

2015年02月28日 | 釣り道具

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ  にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
  

  

車の調子が悪いのと、週末の天気が思わしくないので、

釣りにいけない日々が続いています。

今週末はI君とジギング船に乗ろうかと思案してみたものの、

風とうねりがきつそうなので断念しました。

 

この数週間、釣りに行けないのをプチ艤装ネタなどでごまかしてきましたが、

2月、結局一度も釣行しないというかつて無いほどのブランクは、

艤装程度では納まらなくなっていました。

  

 

ある日、悪魔(I君)のささやきが・・・。

「いま、こんなアイテムがけっこう市場に出まわっていますよ~」

「ここで買わないと、たぶんまた1年手に入りませんよ~」

 

誘惑に乗せられ、その場でスマートフォンからポチ注文!

またやってしまいました。

明らかに正常な判断力を失っています(泣)

 

26日、船検と免許の住所変更を終えて自宅に帰ると、ブツが届いていました。

ダンボールの形から、どう見てもロッドですね。

三角柱型のダンボール、開けてみると、

新聞紙に包まれいて、まだその姿が拝めません。

新聞紙を剥いで、ビニール袋からブツを取り出します。

 

トップガイド。

 

Kガイド仕様です。

 

リールシートは2重締め構造になっていて安心。

 

 

そろそろしつこいですね。

もうネタばれしていると思うので、正解を・・・。

メインロッドとして愛用していたMC works Northen Blue 583SS EVOLUTION、

昨夏に艤装のイレクタージョイントが外れてしまったため涙の奉納・・・。

その後、ずーっと買いなおしたいとオークションなどを探しまくったのですが、

なかなか納得できる583SSに巡り合えませんでした。

  

653SSを新品で買って代用してきましたし、653SSも非常にいいロッドです。

でも、583SSの切れ味鋭い先調子+魚をかけた後の胴の粘りと反発は、

ちょっと他のロッドでは再現できないアクションでした。

ヤマガブランクスのギャラハド595Sが雰囲気が近いかなーと思って購入候補でしたが、

最近人気なのかギャラハド595Sも品薄気味で、しかもけっこう高価です。

だったらやっぱり・・・、と思っても、MC works NB 583SSは新品もなかなか売りに出ないし、

Yahooオークションをチェックしていても、いいタマが出ないか、

出ても落札価格はかなり高め。

 

そんな時に悪魔のささやきがきて、新品のスペシャルモデルをバイトしたというわけです。

スペシャルモデルはブルーとレッドが売りに出ていて、ぐっちゃんはブルーをチョイス。

ちなみに、この店舗では、これがブルーの最後の1本だったらしく、

ぐっちゃんがポチした直後に店舗のホームページからこのロッドの紹介が消えました。

これが保証書です。

 

ちなみに、583SSは2015年モデルから583SS/Ⅱに変更されます

変更点はグリップエンドのみで、

ラインの表示もPE2~3号が2~4号へ、ルアー70~170gが100~200gへ、

より現実の使用に則した数値に変更されますが、

ブランクスは一緒でロッドとしてのポテンシャルは変わらないようです。

ちなみに574SSもPE3~4号が3~5号に、ルアー100~200gが150~250gに変更になります。

 

ちなみにぐっちゃんが購入したのは2014年モデルで583SS、Ⅱではありません。

変更前の在庫一掃だったのかもしれませんね。

いずれにしろ、欲しかったロッドのしかもスペシャルモデルが手に入って、ぐっちゃんは満足です。

 

 

とりあえず、ずっと欲しかった相棒をやっと手に入れることができました。

前の583SSはツインパワーSW6000HGとの組み合わせでしたが、

今回はもちろんステラSW5000HGか6000HGとの組み合わせになります。

 

ついにMC works Northen Blue EVOLUTIONが3本になってしまいました。

左から574SSカスタムモデル、583SSスペシャルモデル、653SS SOTOBO SPESIALスタンダードモデル。

左に行くほどヘビー、右に行くほどライトなロッドです。

583SSと653SSは同じ表示ですが明らかに653SSのほうが長くて柔らかめですから、

この3本はシーンによって使い分けできると思います。

同じメーカーの同じブランドのロッドを何本も持って…、と言われてしまいそうですが、

お気に入りのロッドってそんなもんでしょ?

同じブランドで同じ錘負荷の長さ違いの竿をメインとサブで使う人の気持ち、わかります(笑)

 

うーん、完全に自己満足…。

自分でも、おいおいって思ってますよ、本当に!

 

というわけで、やっぱり釣りに行かないと散財してしまう、という話でした。

 

こんな風に散財して物欲を満足させると、今度はそれを使ってみたくて、

ますます釣りに行きたくなるんですよね。

 

3月3日、ついにエスティマが手術を受けるために入院します。

順調なら週末には戻ってきているはずです。問題は天気ですね。

 

 

ところで前回紹介した小型船舶操縦免許の顔写真、

I君に見せたところ、

「朝鮮人みたいですね」

って言われました。

今までは、

「東南アジア人みたいですね」

だったんですけどね(爆)

 

I君、あなたの好みのタイプは、朝鮮人のようなキリッとした目をした女性だって、

長い付き合いだから知ってますよ(本当)。

だから勝手に誉め言葉だと理解します(笑)。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

 GyoNetBlogランキングバナー

コメント (8)