民平的幸せ体感記3【40代編】

かつてアジア、中南米、アフリカ、中東…を一旅したみんぺーのユルくてどうでもいいブログ。ちょっと幸せな気持ちになれるかも?

ワルになりたくない

2017年12月31日 | 日記
ボク、ワルになりたくない。

コキータくんとお風呂に入っていたら、そんなコトを突然つぶやいた。

ん?

どうしたの?突然。

なんか学校で嫌なコトでもあったのか?

ワルに何かされたのか?

そんな深刻な心配する間もなく、コキータくんはこう口にした。

ワルは、ママとお風呂に入るのを嫌がるから

…だって(笑)
2年生のコキータくんは、まだまだママと一緒にお風呂に入りたいそうです。

そして、ワルのイメージは、入りたくてもママとお風呂になんか入らねーよ!って言うイメージだそうです(笑)大丈夫、このままいけばキミはワルにはならないから😁

来年もまた珠玉のコキータエピソード誕生をお楽しみに(笑)

※ルービックキューブは今日購入したばかりのもので、全面揃えられる様になった訳ではありません。
コメント

二つ矢二郎〜麺納め〜

2017年12月31日 | 日記
結果的に今年の麺納めとなった数日前の一杯@二つ矢(飯田市)。ジロリアン(ラーメン二郎大好きな人達)に、これがジロー?って言われるかもしれないけど、ボクにはこれ位が丁度良い。野菜増しとかは多すぎるし、ニンニクもお腹壊すので抜き。

とは言え、こういうハイカロリーなラーメンは身体のためにあまり食べないようにはしてる。

これは、年末の忙しさを乗り越えたご褒美の一杯。

今月は我ながらよく働いた。

年末年始は、帰省せず飯田でガッツリ仕事、大晦日だけ伊那です。

では、良いお年を〜!
コメント

ロバに乗ったイタリアン

2017年12月26日 | 日記
コキータくんとお風呂に入ってたら、こんな質問をぶつけてきた。

「ねぇ、イタリアンみたいな名前の強い人さ、ホントは馬じゃなくてロバに乗ってたって知ってる?」

ん?

どうやらテレビで仕入れた知識を伝えたいようだ。

「イタリアンじゃないかもしれないけど、スパゲッティみたいな麺類みたいな…そんな名前の人!」

分かります?

ラーメンマンじゃありません(笑)

推測に推測を重ね、答えを導き出した…

スパゲッティみたいな麺類みたいな名前



✕イタリアン
○ナポリタン(笑)



✕ナポリタン
○ナポレオン(笑)

という訳で、「イタリアン」じゃなくて「ナポレオン」はロバに乗ってたそうです(笑)マルコメボーイのコキータくん、欲しかった『レゴニンジャゴー』をサンタさんに貰えて幸せ一杯です。ロバに乗ったイタリアン、いや、トナカイが引くソリに乗ったサンタさんが届けてくれました(笑)
コメント

Perfumeとフュンペイ

2017年12月23日 | 日記
紅白出場も決まったこの三人。
新聞でも紹介されていた。

で思った。

ん?

パフューム?

パヒュームじゃないんだね。
調べてみたら、やっぱりPerfumeはパフュームらしい。

「ヒュ」じゃなくて「フュ」なのである。

「フュ」って言えなくないですか?

調べてみたら同じようなコトが気になってしまった人がいるらしい。
「hu」か「fu」の違いらしいけど、うーん、スッキリしない。

これからずっとこの違和感を持ちながら生きていくコトになるのか?!

誰かスッキリさせて下さい(笑)

ちなみに、もしボクの名前がフュンペイだとしたらもっと深刻な違和感を感じ続けていたのかもしれない。

良かった、みんぺーで。
コメント

みんぺー、教壇に立った

2017年12月22日 | 日記
90分間、短大生の前で先生をしてきた。

懸念していた遅めの時間帯に加え、暖房で「ポカポカした室内」、そしてスクリーン使用のため「薄暗い室内」という『最高の眠りを提供します!』的な環境に若干の焦り、いやテンションが上がりつつ…(笑)

そんな状況だからこそ「一人も寝かせない講義をやるぞ!」と意気込みながらスタート。イメージ画像

みんぺー的自己紹介で完全に掴みはオッケー、眠くなる訳がない。

まずはこの珍しい名前に食いつく学生たち。

ヒッチハイクしたりバイトをしまくった学生時代、世界一周一人旅でのストリートチルドレンたちとのエピソード…

まずは関心を持たせ、聴く耳を持たせるのが重要である。

何だか分からないけど、このみんぺーってオジサン、面白いかも!

そう思わせられたらこっちのもの。

…と思ったら、前から二列目の女子学生が早速寝ているーーー!

二列目に座るというコトからして、やる気はあるに違いない。

てコトはその学生、理屈抜きに本当に眠いのだ。

家庭の都合で学費を稼がないといけないその学生は、連日深夜までコンビニでバイトしており、疲労もピーク、この日も終わり次第ダッシュしてコンビニに行かないと…

目の前にいるのが、みんぺーだろうが池上彰とか林修だろうが寝てしまうのである。

きっとそうに違いない。

そう自分に言い聞かせた(笑)

さて、講義内容は、保育士資格を活かせる職場の一つである「児童養護施設」の紹介。

教室にいるほとんどの学生は保育園や幼稚園で働くコトしか考えていない。

児童養護施設のコトなんて興味のない、そもそも何なのか全く知らない学生たちが相手な訳で、あまり小難しいコトを言っても伝わらない。

てかこれ以上、新たに学生が目の前で寝始めたら、ボクのメンタル耐えられない(笑)

どんな仕事なのか、どんな人が働いてるのか、どんな子どもたちが生活してるのか、…等など

一応、講義なので必要な情報は提供したつもり。

その他、人生の先輩として、18歳の頃、こういう話をして欲しかったな~と思えるようなコトなんかも。

写真やその他あの手この手で、学生たちに伝える努力をした。

終わってみての手応えはあった。

時間だけでなく、心身を駆使して講義の準備をして挑んだし、今回、ボクに求められたニーズには応えられたんだと思っている。

知識や情報だけでなく、この仕事にかける想いをどうしたら伝えられるか…

初対面の人達に、関心のないコトを関心を持ってもらうように伝えるってスゴく難しい。

でもだからこそ工夫する楽しさはあった。

講義スタートと同時に寝始めた学生も気がつけば顔を上げて話を聞いてくれてたしね。

思っていた以上に心身すごーく疲れた今回の講義。

今後、ボクたちは自分を成長させつつ、次の世代を育てていく立場なんだなーって、そんなコトも再認識させられた。

またこんな機会があれば可能な限りお応えしたいと思います!
コメント