イスコ日記

「村上椅子」の、椅子のこと日々のことあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

椅子張りの道具?

2006-05-28 | 作業風景
頭でっかちなこの機械。
初めて見るひとは、何??と思うらしいので、御紹介。
長い刃が高速で上下して物を切っていく「裁断機」です。
写真の黒いところ(ハンドル)を持って、押して使います。
布を沢山重ねて切るときなどに使うようですが、
うちではウレタンを切るのに重宝しています。
写真にうつっているのは「チップウレタン」。いろんなウレタンフォームの細かいチップを固めたもので、しっかり感をだしたいときに使います。
ダイニングチェアの座面に使うために丸ーく切っているところ。
柔らかいものなので、慣れるまでは思い通りに切るのはなかなか難しいのです。

村上椅子のぺ-ジ

床でおべんとう

2006-05-25 | 作業風景
今日の張り替えの現場は、鴨川と東山を望むバー。
荒っぽいレンガづくりの内装と猫脚の椅子がマッチして、大人の雰囲気のお店です。
その椅子の座面を張り替えました。

これからの京都といえば床(ゆか)のシーズン。
床というのは、二条から五条の鴨川ぞいに立ち並ぶお店で夏の期間だけ川面に木組みで設けられる席。江戸時代に始まったそうです。

このお店にも床があり、そこに面した窓を開けていると西から東へと爽やかな風が吹き抜けて行きます。鴨川の新緑も見えるし、まぶしい日の光も差し込んできてとってもいい気持ち。
お昼休憩には、ちょっとそのスペースをお借りしてお弁当を広げてみました。
いつもより、おいしかったような気がします。
ほんとの床でのお食事も、一度行ってみたいなあ。

村上椅子のページ

パンを焼く

2006-05-21 | 雑記
今日はパンを焼く日、と決めて、出かける予定をいれないでおきました。
近所の大型スーパーで、見当たらなかったので「ライ麦粉、ありますか?」と尋ねたら、
頼りなげな店員のお兄さん、「えっ‥、ダイ麦粉ですか???えーっと…(私がもう探し終えた棚をうろうろ)ないみたいですね…。」
もういいわっ。ライ麦って、あんまりポピュラーではないのでしょうか。
てことで、諦めてシンプルなフランスパンを焼くことに。

イーストとはちみつと強力粉をまぜ、発酵させること一時間。
そのあいだに部屋の掃除などをすませます。
そして、こねて、こねて、こねて・・・。
なんにも考えず、はなうたを歌いながら、全身の力をこめてこねます。
そうそう、ずっとしたかったのは、これだった。
他のことはな~んにもしない、家にいる休日。

ねかせて、形作って、またねかせて。

焼き上がりは、オーブンが小さいこともあってか、すこしずんぐりして不格好。
お味のほうは悪くないけど、なんだかずっしりしていて、ちょっと、ちがうぞ。
もう少し研究が必要なようです。





休日

2006-05-20 | おでかけ
今日はひさびさのお休み。
友人との約束の時間にはあんなに降っていた雨もあがり、
晴れ晴れした気分でランチに行ってきました。

お店は四条烏丸ちかくにある、リストランテ「バッサーノ デル グラッパ」。
軽めのコースは2種類のパスタ、2種類のメインからそれぞれ一つずつ好きなものが選べます。
私の頼んだのは、パスタが「鴨肉と万願寺とうがらしのクリームソースのリングイネ」、メインが「サーモンのローストとアスパラガス じゃがいもの冷たいスープ添え」。
どちらも、とっても美味しくいただきました。(写真撮るのも忘れて…)
そしてデザートはパイナップルのシャーベットと濃厚なチーズケーキ。
おしまいのエスプレッソまで久々のおしゃべりは尽きること無く、ゆったりとしたお昼を過ごすことができました。お腹もこころも満足、満足。

たまにのこういう時間は、自分の日常とは違う世界との接点となるので、とっても貴重です。
友人にとってもそうであってくれると嬉しいのですが。
その後も、街をぶらぶらと歩いてリフレッシュしてきました。
いすおさん、わたしだけ美味しいもの食べてごめんね~。

◇リストランテ「バッサ-ノ デル グラッパ」
京都市下京区仏光寺通烏丸東入る上柳町325
tel (075)344-1277
コメント (1)

バザールカフェ

2006-05-19 | おでかけ
今日は外回りのついでに烏丸今出川近くにあるバザールカフェでお昼を食べてきました。
住宅街の中にあるこのカフェは、街中にいることを忘れさせるようなゆったりした空間。入り口から、足場板のしいてある木陰の通路をはいっていくと、鮮やかな緑あふれる庭が出現します。そして写真にあるテラス席から、建築家ヴォ-リズ設計の洋館を改装したという店内へと。
お店では、いろんな国籍のひとたちが働いていてメニューも多国籍。自国の料理を日本人の口に合うようにアレンジして出していて、お値段もリーズナブルです。
「国籍や性別、年齢など異なった立場の人たちが互いの違いを尊重しあい、共に生きていくことを確認しあう」ことを目的に活動している、非営利のカフェなのだそうです。

ここでは無料の建築相談も行われています。
改装、家を建てる方法、シックハウスのことなど、なんでも相談できます。
毎月第2木曜日の午後3時から8時にいけば、『建築相談所』という素朴なフダをたてて建築士の方が座っておられます。設計事務所を訪れるのは勇気がないけどちょっと話を聞いて欲しい、という人のために行われているので、気軽にお声を掛けて下さいとのことです。

もちろん、建築相談をしなくても、ライブなどのイベントも行われているし、普通に行ってのんびりコーヒーを飲むこともできる、交流の場であるカフェ。おすすめです。

バザールカフェ 京都市上京区岡松町258
        電話 (075)411ー2379
        営業時間 木、金、土 11:30~20:00
コメント (2)