ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



(Google翻訳による)

世界的に有名な物理学者の博士。 ミチョカク
ライブテレビで衝撃的な自白をした
彼がHAARPが
最近の
CBSが放映したインタビューのハリケーン
ドクター。 カークは、最近の人工
ハリケーンは
政府の天気予報プログラム
そこには空が噴霧された
ナノ粒子と嵐
レーザーを使用して
インタビュー
前の天気予報の歴史
CBSの乗組員は彼のトラックで彼を止めた
彼らは気候について話していた
昨日変更して今私たちは学んでいる
科学者と研究者は
天気を変える方法を見て
適切なレーザーが今の目的であることができる
ある日は雨と雷を操作する
今朝のCBSの貢献者であるカクミチョ
シティーカレッジの物理学教授
ニューヨーク教授のお会いできてうれしい
特別なAl GoreとBillを見る
チャールズと一緒にクリントン
彼らはそうではありませんでした。
この議論に入るが、それは
魅力的なのは、実際にレーザーを意味する
右の天気を変更してください
かつてマーク・トウェインは誰もが有名に言った
天気だが誰も訴えない
これまでどおり何でもする
私たちは物理学者です。
発射兆は空にレーザーを欲しい
実際に雨雲を沈殿させ、
実際にこれを落とす
潜在的にゲームチェンジャーですが、これは
実験的な実験的なものです
しかし、これまでのところ実験室では
あなたが水蒸気を持っているときに働く
あなたの塵粒子や氷の結晶がある
雨が降り、凝縮する
これらの種子はまた、
発射によってレーザービームによって生成される
1兆ワットのレーザーを分解して
私がイオンと呼ぶものを作り出す電子と
これらのイオンはほこりのような種のように
雨や落ちる粒子
雷がうまくいく
これは部分的に私を魅了している理由は、
私は、
中国はオリンピック中にこれを使用していた
ソ連がこれを
チェルノブイリは雨雲を作成することを意味する
それらは本当に私たちが持っているそれらを働かせました
これらの機能のうち、今は決定的ではない
CIAがこれを使用したとしても
モンスーンを
戦争 - 私はVietcong政府を撃った
主張していると主張されています - そうです
今私たちは今何十年もそれを実現しています
これらの政府は、
気象制御を実験した
今回は決定的なものではありません
むしろ物理学の法則を乞う
単に手を振るよりもAdri
私たちが実際に使っているジャンボジャンボ
1兆ワットのレーザーと今の
十分に実験室で沈殿する
十分な水蒸気の雨
実際に電気を落とすことができます
梁を見下ろして、それはどういう意味ですか?
雨が降りそうな干ばつ地域
作物のために、もし彼らがいなくても
飢饉の結果がよくある
悪いニュースは、もしそれが晴れた青い空であれば
何もするつもりはない
水蒸気だけがかかるから
すでに空中にあり、凝縮している
しかし、農業のための洪水
待っている人のための農家
パーティーフットボールゲームあなたはそれを名前
農業における屋外イベント
洪水、さらにはハリケーンまで
天気予報の対象となる可能性があります
信じられないほど興味深い教授Michio
かくはあまりにも高く感謝します
周波数アクティブオーロラ研究
ハープとして知られていたプログラム
初期の段階で
電離層研究プログラム共同
米空軍による米海軍の資金提供
アラスカ大学フェアバンクス
防衛先端研究プロジェクト
代理店はDARPAとしてよりよく知られている
政府関係者にはHAARPは
軍隊を改造して武装させる
地震の洪水を引き起こして天気
エリックエイムズであなたは何がHAARPだと思いますか?
これらすべての強力なハリケーン
今年は、
それは単なる自然現象である
このビデオの下のあなたのコメントありがとう
見るための

Michio Kaku: HAARP Responsible For Recent Hurricanes weather modification

参照

米の巨大ハリケーン続発はHAARPの仕業だった可能性大! ミチオ・カク博士がテレビで超衝撃発言「気象兵器で洪水も引き起こせる」

資料室】気象兵器

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新ほんとうがいちばんより転載)

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/c/005ed0767dd3e030df334db70427c871

転載元:働かなくてもいい社会を実現するには?さんより

9/16 追記
広めてください! 
台風18号解消瞑想 日本時間:毎晩23:30から


ハリケーン・イルマのときと同じように、
4時間おきに台風18号解消瞑想を行います。

16日~18日

23:30(全世界合同) → 3:30 → 7:30 →
→ 11:30→15:30 → 19:30 → 23:30(全世界合同) →


解消されるまでです。

台風18号解消瞑想 音声ガイド

台湾の国際黄金時代の中継動画

参考情報:

台風18号の進路予想(2017年9月17日 1時00分現在)

台風18号は東シナ海を北東に進んでいて、17日(日)の明け方から昼前に九州に上陸するおそれがあります。台風や前線の影響で17日(日)は九州から東北の広い範囲で雨になるでしょう。暴風や高波、大雨に警戒が必要です。(気象予報士・庄村拓也)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下のコブラの最新情報にもあるように、この台風18号を解消するためには、全世界でクリティカルマス5000人から1万人分の自由意思の行使が必要です。

コブラ2017/9/13:ハリケーン瞑想報告
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-2027.html

瞑想でクリティカルマス(5000人)に達するように至急拡散をお願いします!
世界中のライトワーカーが台風18号を解消するために瞑想をしてくれています!

なおこの台風は通常の台風ではなく、ヤルダバオートを利用した気象兵器による台風です。
日本人は台風慣れしているかもしれませんが、甘く見ていると危険です。徹底的に対処しましょう!

参考情報:
「マイクロ波衛星画像(MIMIC)」2017-19-16 02:00UTC

また、日本には各地にフラワーオブライフ状のチンターマニグリッドがあり、それ以外にも全地域でチンターマニストーンが設置されています。

チンターマニグリッドに降臨するエンジェルを視覚化し、人間の自由意思に反する台風を解消してもらいましょう!



ハリケーン・イルマを楽に解消できたのは、フロリダに設置された3つの強力なチンターマニグリッドと2つのタキオンチェンバーがあったからです。


日本には、各地に強力なチンターマニグリッドがたくさんあり、タキオンチェンバーも18台稼働しています!

さらに日本に数十台はあると言われるライトマンダラが照射を開始しています!

そして活動的なライトワーカーのグループが日本のありとあらゆるフェリー航路上にチンターマニストーンを投下してくださいました!



この世界一強力なグリッドを活性化して、台風18号を完全に無力化しましょう!

Victory of the Light!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

◆ ヤルダバオートとは

ヤルダバオト プラズマ蛸まとめ

コブラは、この「プラズマが集積した渦」のことをプラズマとかヤルダバオトとか呼んで います。プラズマにはプラズマ・トップレット爆弾や、人間へのインプラントなどが 結びつけられているためプラズマ・ネットワークと呼ぶこともあります。

ヤルダバオト蛸の機能

問題はカバールメンバーのインプラントです。それはセトのトンネルによってヤルダバオト・プラズマ堆積ボルテックスに繋がっています。ヤルダバオト・プラズマ堆積ボルテックスは太陽系中に広がっていて、プラズマのストレンジレット及びトップレット爆弾に繋がっています。ライトワーカーと光の戦士のインプラントは、セトのトンネルでカバールメンバーのインプラントと結ばれています。これが、彼らのスピリチュアルな成長を妨げているのです。しかし同時に、カバールのインプラントの除去と、ヤルダバオト蛸のプラズマ堆積ボルテックスの崩壊を加速させてもいるのです。 

セトのトンネルによって以下が繋がっている

①カバールメンバーインプラント

②ヤルダバオトプラズマボルテックス(太陽系中に広がっている)

③プラズマ爆弾

④ライトワーカーと光の戦士のインプラント

◆ チンタマーニストーンとは

チンターマニ・ストーンのまとめ

チンターマニはシリウス恒星系から来た神聖な石です。
何百万年も前の銀河のスーパーウェーブのときに、シリウスA を回っていた、ある惑星が爆発しました。その破片は四方に飛び散りましたが、その破片のなかには星間宇宙の長旅を経て、地球に到達したものもあります。

イベント時、銀河のパルスがチンターマニ・ストーンに流れます。チンターマニ・ストーンの各保持者は、エネルギーの導管として、圧縮突破のエネルギーを地球のエネルギー・グリッドに送ります

チンターマニ・ストーンは純粋な光であり、そのエネルギーは悪用できません。チンターマニ・ストーンは、インプラントを解除してあなたの内なる導きを強めるのに役立ちます。しかし、それらが強力な増幅器であり、あなたの内側にあるものをあなたに見せるための、拡大鏡として作用することに注意してください。そのように作用するのは、あなたが自分の内側にあるものを変容させ、ミッションに対してしっかり準備を整えるためです。そうやってあなたは地球解放のプロセスで自分の役割を果たすことができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




メデCityブログより)

2012年04月07日

カバールとイルミナティの排除成功:アンドロメダ評議会と銀の軍団

カバールというのは、陰謀グループのことですが、その音の響きから、カバラ(ユダヤの密儀)、カバリスト要は、カザリアン ユダヤ要するに、カザリアン サタニストのことです。これとイルミナティが人類を家畜化支配して、ナポレオンの戦争から始まり、ありとあらゆる戦争で人を殺しながらお金を儲け、いま、ニューワールド・オーダーという名で、人類の9割を削減する計画を実行して来ました。

地球には数千年にわたり、ドラコレプティリアンが軍組織として、ワシントン、ロンドン、カイロ、北京の地下、海底基地、に存在し、人間同士が憎みあい、嫉妬し、攻撃し、恐怖するように、音響兵器で操作され戦争を起こしやすいようにされてきました。

彼らの意識は、俺のほうがお前より偉い、お前は俺の言うことを聞け、という意識で、分離、差別、支配、脅迫、奴隷化、他人の操作、嘘をつく、誘導するという意識でいる集合体です。

彼ら、ネガティブな宇宙人は、彼らのDNAと人類のDNAを合成して、レプティリアンと人間のハイブリッドを作ってきました。 これが、カバールと、イルミナティの支配層です。

即ち、戦争や、人類抹殺計画、金融支配、食料支配は、ドラコ、レプティリアンが計画し、カバールと、イルミナティが実行してきたわけです。

我々、人類のレベルでは、対抗のしようもないほど、技術も、軍隊的統制もとれた組織です。彼らは、地下基地、海底基地に要塞を形成、ホログラフで外部から見えないようにしていました。400メーターの厚いエネルギー壁で防御していました。

 

                   アデン湾海底基地所在地への音波地震攻撃があったとされる地図


 


しかしこの度、太陽系が、銀河の中心のブラックホールからの高次元の高エネルギーの光を受け、炭素が、C6同位体に変異することにより細胞が結晶化し、不死の体になるに際し、カバールと、イルミナティの影響をなくす必要がありました。 要は、支配される精神を解放し、本当の自由の精神が必要なのです。

皆さんの見えないところで、アンドロメダ評議会特にプロシシオン軍、そして、自由を勝ち取るための光の軍団「銀の軍団」が、5,000-10,000人の規模で、高次元の技術を使い、地球上並びに太陽系から、ドラコ・レプタリアンの円盤50機と彼らを、木星のポータルを介して、戻ることの出来ない宇宙の果てに送りました。

また、ドラコ・レプティリアンの5星将軍、3星将軍を捕虜にするとともに、2000人規模のカバールと、イルミナティの支配層を、アンドロメダからきている、アンドロメダの生活空間の宇宙船バイオスフィア(26階建ての宇宙船)の牢獄に入れました。

このため、地球の今までの支配構造はなくなり、日本のイルミナティの奴隷政治家にも大きな影響がでるでしょう。また、日本向けの人工地震、原発爆破、津波も無くなるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリーンアップ作戦…「闇の勢力」を一掃する

世界の金融、政治、経済、メディアを支配している「闇の勢力」を一掃する

Tolec/アンドロメダ審議会 2012年8月21日(火曜日)

カ バール、イルミナティの多くがまだ降参せず、逆に地球上で破壊と混乱を企んでいるため、アンドロメダ評議会に議席をもつ連合チームが各界(金融、経済、政 治・行政・メディア)のトップの座にいる肉体的にはレプティリアンのDNAを持つ権力者達を地球から排除することに決定しました。
 
世界各国の政治家、国家の重要な役職についている人、宗教、行政に関与する者も含まれています。
 
(厳しい現実と苦い真実)
 
世界の金融、政治、経済、メディアを取り仕切るいわゆる一般の人達が「闇の勢力」とか、カバール・イルミナティと呼ばれる人達の多くは人間ではないのです。実際には、人間の肉体的洋服をまとったレプティリアン(爬虫類人)なのです。
 
今 日から将来にわたり、このジョブ(任務遂行)が終了するまで地球の外の惑星からなる熟練した優秀なチームが、地球上の権力者たちを早急に排除するアクショ ンにはいります。このチームは、アンドロメダ評議会(銀河連邦の国連に相当するに議席を持つメンバーで、アンタレス、プロシオン、タウ・セッテイ、ヴェガ の星からなるポジティブで愛あふれるET(宇宙生命体)の人達で、3次元、4次元、5次元の領域を多次元存在できる生命体です。ETといっても肌の色や背 の高さは異なっていますが、私たち人類と同じです。
 
カバール・イルミナティの上位組織を動かし地球のあらゆる社会でコントロールしてきた、地球の上に残っている爬虫類人の残党、クローン、ハイブリッド型の人間を装うレプテティリアンの全てを、排除していきます。
 
な ぜ、他の星からきて地球にいるこうした存在を排除するのかという理由はいくつかありますが、アンドロメダ評議会のメンバーである、プロシオン部隊が 地球の陸地内部と、地球の海底に存在していたドラコ、ハイドロ・レプティリアンの海底基地を破壊し、彼らをここ数年にわたり排除したのと同じ理由からです。 未だに多くの人達は、レプタリアンが地球と銀河宇宙を支配するマスターだと信じられています。しかし、彼らは人類を支配する権利もないし、人類を家畜同様 と見なし扱う事も間違っているのです。人類は感情と知能を持ち、体にハート、魂、スピリットを有するかけがえのない人種なのです。また、私たち人類は「光 の存在」なのです。
 
地球は、私たち人類のものであり、レプティリアン(爬虫類人)のものではありません。
 
更 に、「宇宙で地球人よりも進化しているETや多次元生命体は、この宇宙に存在する発展途上にある惑星に住まう人々の社会システムへ直接介入してはならな い」という宇宙の法規であるが、このアンドロメダ評議会の連合組織が、現在地球に対し進めているこの浄化作戦は、この限りではない。
 
その理由は、古代にレプティリアンは地球へ飛来し、不遜にも「神」としてあがめられ、大自然の発展の流れを変えてしまったからだ。彼らは今日もなお、人類をコントロールし、社会的支配をしている。しかし、この地球はレプティリアンのものではないのです。
 
こ うした経験の中で最悪の部分は、彼らの活動が非常に早く浸透し、破壊力があるため、益々ネガティブな状況を発生させて、人類の権利である尊厳の自由が規制 や自由が奪われたり、人類の当然の基本的権利がどんどん制限されたりしているのは何故なのか、その規制や基本的権利を抑制している暗闇の中の支配者が誰で あるのかが99%分からないというのが現実である。これは非常に間違っており、直ちに中止しなければならない事なのです。 
 
もちろん、レプタリアンは、神ではない。彼らは4次元密度または、4次元波動界の低位の波動で動いている生命形態の一つなのである。しかし、この地球は彼らの惑星ではない。そして、 レプティリアンの存在が人類にとっては、決して利するものではありません。
 
こ れら、悪性のレプティリアンは、人類を長い間、奴隷種としてあつかい、一つの自然資源として利用してきた。従って、もうこれ以上この地球に存在を許されるべ きものではなく、この地球から永遠に排除する時期がきた。そうすることにより、人類は初めて宇宙市民として、固有の自由独立を再構築し、人類全てにとって 理想的な社会システムを作ることができる。さらに、今地球にある、新しいクリーンな技術を使って、地球上の貧困と饑餓とを無くし、新しい高次元世界へ変容する準備を進めることできる。 
 
上述した通り、時が熟したのである。現在、このレポートを書いている最中でも、地球上のレプティリアンの排除(クリーンアップ)が始まっている。そして、そのクリーンアップ作戦は、この地球が彼らのネガティブな支配と影響から解放されるまで続きます。 
 
私たち地球人、この惑星の真の自由市民は、誰からも支配されない自主独立と尊厳を有する人類として生きる権利があるのです。
 
私たちを経済の奴隷や自然資源の一つとして使うレプティリアンから、もはやこれ以上支配をされる事はないのです。この地球は我々人類の惑星です。従って、 レプティリアン(爬虫類人)はこの地球上から、今立ち去らねばならないのです。
 
アンドロメダ評議会
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ほんとうがいちばんより転載)

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-2015.html

元記事:Situation Update
ブラックストーンは解消されました。そしてそれにつながっている全ての初期異常が秋分の時期ごろに解消される予定です。

残るは、プラズマトップレット爆弾につながっているヤルダバオート生命体とヤルダバオートのボディー内のプラズマ初期異常です。

ヤルダバオート生命体は終わりが近づいていることに気づき始めており、増大している銀河中心からのエネルギーに強烈に反応しています。それが今、多くの人が非常に大変なエネルギーを受けている理由です。

アルコンとカバールは、ヤルダバオート生命体の励起したプラズマを悪用して、極端な異常気象を引き起こしています。


インド
1,400+ killed as South Asia hit by worst floods in decade (PHOTOS) — RT News
(記事概要:インド、ネパール、バングラデシュでは大洪水で1400人が死亡。)

香港
Still recovering from a typhoon, Hong Kong and Macau hit by tropical cyclone Pakhar - The National
(記事概要:台風の直撃を受けたばかりの香港とマカオに台風パカーが上陸し、再び被害に見舞われた。)

オーストラリア
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4849902/Australia-weather-monster-storm-damaging-winds-snow-cold.html
(記事概要:オーストラリアでの嵐の影響で、今年一番の寒気。)


彼らはハリケーン・ハービーでこれを実行しようとしました。
Ritualistic Astrology Used in False Flag Hurricane Harvey? | Stillness in the Storm
(記事概要:ハリケーン・ハービーで占星術の手順が使われた。)


数千人の犠牲者の出たハリケーン・カトリーナをもう一度起こすために、闇の勢力はハリケーン・ハービーを計画しましたが、ニューアトランティスグリッドのおかげで、上陸までに、光の勢力は何とか嵐を弱めることができました。その結果、犠牲者数はカバールの当初計画よりも、95%以上削減しました。

その結果に不満をもったカバールは、フロリダに上陸し壊滅的な被害をもたらす可能性のあるハリケーンをまた作り出しました。


Catastrophic Hurricane Irma — now a Cat 5 — is on a collision course with Florida - The Washington Post
(記事概要:壊滅的な被害をもたらすハリケーン・イルマがフロリダに上陸する)

Hurricane Irma Public Advisory
(記事概要:ハリケーン・イルマについての公衆勧告)


光の勢力は、ハリケーン・イルマが解消されるまで、今から毎日瞑想を行うように要請してきました。

瞑想が行われるのは米国東部夏時間で昼12時、太平洋標準時(ロサンゼルス)では午前9時、山岳部標準時(デンバー)では午前10時、中部標準時(シカゴ)では午前11時、英国夏時間(ロンドン)では午後5時、中央ヨーロッパ夏時間(パリ)では午後6時、台北では深夜0時、日本時間では毎日午前1時です。

https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=Hurricane+Meditation&iso=20170906T12&p1=156

意思がある方はぜひ参加してください。

瞑想手順:

1.自分なりのやり方でリラックスした状態になってください。

2.この瞑想を、ハリケーン・イルマを解消するプロセスを加速させるための手段として、用いる意図を表明してください。

3.銀河のセントラルサンから発せられた光の柱が、太陽系内のすべての光の存在を通り、あなたの身体を通って、地球の中心まで到達することをイメージしてください。

もう1本の光の柱が地球の中心から上がってきて、あなたの身体を通り、私たちの太陽系や銀河系のすべての光の存在へ向かって、空へ上昇していくことをイメージしてください。

あなたは今2本の光の柱の中に座っていて、光が上下に同時に流れています。

これらの光の柱を数分間、活性化し続けてください。

4.ハリケーン・イルマを解消し、無害化するために柔らかなピンクの光をイメージしてください。

この柔らかいピンクの光がハリケーンの通り道にいる、全ての人々とその財産を守ることをイメージしてください。

この状況が可能なかぎり最もポジティブな方法で解消されることをイメージしてください。



理解していただきたいのは、この惑星はまだ解放されておらず、イベント前には地球の状況は大きく改善しないということです。したがって、地球のニューアトランティスのエネルギーグリッドを、チンターマニストーンと瞑想で、強化し続けることがきわめて重要なのです。

さて最後に、こちらを聞いて元気を出してください。

Victory of the Light!

(翻訳:Takanobu Kobayashi)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




働かなくてもいい社会を実現するには?より転載)

http://paradism.hatenablog.com/entry/2017/07/06/181713

光の勢力の現在の主な焦点はプラズマエンティティであるヤルダバオートの「頭」、プラズマトップレット爆弾、ブラックストーン、そしてこれらすべてに関連する初期異常の掃討をしているところです。これはとても慎重に扱うべき作戦で、それが完了するまでは、多くの情報を提供できないことがわかっています。

 この作戦の完了に向け、イベントへ続くであろう突然の思いがけないブレイクスルーがあるでしょう。
 
 キメラグループは銀河連合艦隊の侵犯についてますます不安になっていて、地球低軌道の防衛体制を強化しています。アメリカ陸軍第六師団創設の背後には彼らがいます。

http://news.antiwar.com/2017/06/29/house-votes-to-make-space-corps-the-sixth-branch-of-us-military/

(記事要約:空軍から分離したアメリカ陸軍第六師団を創設し、宇宙空間での戦闘担当とする。)

この極秘対応に多くの下院議員が不意打ちを食らっています。 

https://federalnewsradio.com/defense-news/2017/06/house-panel-votes-to-split-air-force-create-new-u-s-space-corps/

(記事要約: 新しく創設された米国陸軍第六師団の提案にそんな話は聞いていないという議員がほとんどだった)

http://www.foxnews.com/us/2017/06/23/space-warfare-america-could-soon-have-new-branch-military-protecting-outer-space.html

 (記事要約:アメリカ軍は宇宙を守るための陸軍の新たな師団を創設する)

また、空軍自体も地球低軌道における銀河連合とキメラが潜入している光の勢力に対する最後の防衛線である、空軍との間で想定される衝突に備えています。 

http://mysteriousuniverse.org/2017/06/the-us-air-force-is-preparing-for-war-in-space/

 (記事要約:米空軍は宇宙戦争の準備をしている)

 イベント前にその陸軍との軍事衝突はあり得ることで、もしそれが起こるなら、それは短時間で劇的な、範囲の限定されたものになり、キメラを完全に打ち負かし解消することになるでしょう。

一方で、光の勢力は完全開示を推し進めています。

最初の明るい兆しはこの新しく提言された「第十惑星」です。それは以前提言された「第九惑星」より本物の惑星Xにもっと近いです。

https://uanews.arizona.edu/story/ua-scientists-and-curious-case-warped-kuiper-belt

 (記事要約:冥王星をはるかに超えたところに、地球や火星の大きさの惑星がある)

https://www.space.com/37295-possible-planet-10.html

(記事要約:地球と火星の中間の大きさで、氷で覆われている惑星が太陽系の外側で周回している)

以下の図からわかるように、この新しく提言された惑星の軌道要素は本物の惑星X にかなり近いです。

 f:id:paradism:20170706085055j:plain 

プラネットX ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

 

 NASA(決して率直に答えないという意味の略でもある)はアレックス・ジョーンズがロバート・デイビッド・スティールにインタビューしたとき、秘密宇宙プログラムの存在を否定することを強いられています。そのインタビューは主流メディアで取り上げられました。

http://exopolitics.org/slave-colony-on-mars-claim-goes-mainstream/

http://phibetaiota.net/2017/07/michael-salla-expolitics-including-mars-colony/

https://www.space.com/37366-mars-slave-colony-alex-jones.html

しかしイーロンマスクの火星移住計画は主流の支援を受けていて、どのみち人類は地球の隔離状態を突破し、宇宙へ向かうでしょう。

https://www.space.com/37200-read-elon-musk-spacex-mars-colony-plan.html

 (記事要約:イーロンマスクは火星に100万人が住む都市を作ろうと計画している)

一方惑星地表では、サンジェルマン伯爵の導きのニューアトランティスの一環として、惑星のエネルギーグリッド内にある力のある特定の物体や場所を活性化し始めています。

 活性化のプロセスにある一つ目の場所は小トリアノン宮殿の近くにある愛の殿堂です。

http://en.chateauversailles.fr/discover/estate/estate-trianon/english-gardens#the-love-monument

トリアノン宮殿の建物内にある動く鏡の間はサンジェルマン伯爵に伝授されたランバル公妃とマリーアントワネットによって1776年にアトランティスの女神の秘儀が定着した場所です。

フランス王妃は女神の秘儀を教わりました。ここに理解する準備ができている人向けの隠された証拠があります。

f:id:paradism:20170706085140j:plain

 活性化された小トリアノン宮殿はロングアイランドの愛の殿堂を経由するレイラインを通じて強力な女神のエネルギーを送り、アメリカ東部のプラズマ異常ヴォルテクスを効果的にヒーリングしています。

新アトランティス・ライン(アントワイン)|海野いるか堂

f:id:paradism:20170706085245j:plain

 活性化のプロセスにある他の力のある物は聖イシュトヴァーンの王冠です。

 f:id:paradism:20170706085329j:plain

 聖イシュトヴァーンの王冠 - Wikipedia

 http://www.lmrkat.hu/szentkorona.html

 この護符の力はシリウス星系からの強力なエネルギーを送信していて、ヨーロッパを破壊しようとしているカバール勢力と対峙しているヴィクトル・オルバーン(ハンガリー首相)の背後にいるポジティブなテンプル騎士団に力を与えています。

彼はソロスに反対しています。

http://dailycaller.com/2017/06/29/hungarian-pm-soros-threatens-the-peace-in-europe-with-his-mafia-network/

 (記事要約:ハンガリー首相ヴィクトール・オルバーンは、ヨーロッパの平和を脅かすマフィア・ネットワークを持つジョージ・ソロスを非難した。)

 カレルギー計画の主要促進者である アンゲラ・メルケルによって開始されたヨーロッパ文明の破壊に彼は反対しています。

 http://www.renegadetribune.com/angela-merkel-kalergi-plan-destruction-white-race/

 https://sovereignwales.com/2016/09/20/the-genocidal-kalergi-plan-to-destroy-the-indigenous-nations-and-peoples-of-europe/

 ポジティブなテンプル騎士団と以前のオーストリア=ハンガリー帝国からの白貴族の多くがヨーロッパのために立ち上がっています。

 https://visegradpost.com/en/2017/06/23/the-central-european-defence-cooperation-commited-against-mass-migration/

 (記事要約:中央ヨーロッパの国が不法大量移民に対処するため独自警備計画が話し合われた。)

 ここにヒントがあります。

http://www.rumormillnews.com/esterhazy_connection.htm

 公表するように許可を得たときは、地政学的情勢に影響を与える他の力のある物や場所についての情報を公表していくでしょう。

 Victory of the Light !

  The Portal: Planetary Situation Update

翻訳:Takanobu Kobayashi

VIDEO

 

Cobra: Planetary Situation Update - July 5, 2017

https://www.youtube.com/watch?v=g72zgw9k89k

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




VIDEO

Cobra Interview By Rob Potter - May 11, 2017

https://www.youtube.com/watch?v=MALy1pj79pA

Transcript

Cobra Interview by Rob Potter [transcript]

http://www.starshipearththebigpicture.com/2017/05/11/cobra-interview-by-rob-potter-transcript/

◆フル・バージョン(完全版)閲覧を希望する視聴者は、銀河連邦フォーラムまでお問い合せください。

http://flatheat177.ning.com/

参照

コブラインタビュー抜粋

http://ameblo.jp/macofan/entry-12273982046.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




everybody welcome to the goldfish report
I'm your host Louisa and today we have
another XO geopolitical roundtable
continuing our series of uniting the
light with Cobra Cobra welcome back to
the goldfish report thanks for joining
yes yes thank you and of course our
returning guests to the goldfish report
Benjamin Fulford welcome again Benjamin
thanks for having me on okay and of
course today riding shotgun with me and
as a guest and co-host is our friend our
Appalachian American Winston
how are you Winston okay so we're gonna
start today party we're gonna start
today with well let's see Cobra just did
an interview it was published yesterday
we have a lot of topics still have
questions about that and of course
Benjamin also just released his recent
report this week and I think what we're
going to start with right off the top
and is they the issue of really kind of
the whole aspect of the whole light
worker community is really very I would
say burdened by carrying the weight of
the reality of these false flags of
these attacks in the United States to
steer the narrative and to steer
engenders clearly not for the best
interests of the American people but
really I wanted to ask both Cobra and
Benjamin to get started and I guess I'll
let Cobra go first this time because
Benjamin went first last time
Cobra who's controlling the waking up
group like who's behind it like for
instance the women's lib movement we
knew that that was a Rockefeller funded
project from you know based on the
interview by Aaron Russo about Nicholas
Rockefeller and he explained how that
whole women was engineered to they had
other agendas so who's really behind
they know that there's a community of
people waking up and so who's behind it
and what
it look like basically the real control
of the way candy group is not on the
physical plane the basically turn X
rupees on the plasma plane I was
speaking a lot about this in the past
about the plasma scalar weapons and all
the our core network under non-physical
planes and actually the whole
incarnations process is being controlled
so in many cases many circumstances in
the lives of awakened individuals are
controlled by those forces and this is
what some people describe as karma karma
is in many cases are not in all cases
but in many cases engineered reality to
delay and postpone the awakening of
those of us who came here to this planet
in your missions you know Cobra and I
speak about the same thing but you use
very different phraseology and concepts
it's sort of like one person is talking
about the rain guard the other guy is
talking about stratocumulus clouds but
they're really describing the same thing
with a different sort of set of world of
words and stuff so you know that the
level I'm operating on what I see is
information is getting out and ways that
it couldn't before and that's causing a
change in the what I call the newest
fears like the mind atmosphere it's the
collective thinking of humanity about
what to do in the future and it's no law
and the people who were steering us
towards a certain end are losing control
thanks to the new Gutenberg press that
is the Internet and thanks to I believe
the Asians you know explaining to the
West how they view the West and then
Westerners saying oh my goodness or they
look at us as slaves and and you know
it's a complex process but essentially
it's a psychological process of deciding
what we do in the future and in that
sense you could say it is on the
non-physical plane
and and if you want to call that plasma
that's probably in line with what
physics has to say well you would agree
that that obviously what you just said
is that the Internet's having a huge
impact so you would think that they
would know that and they would be out
there and controlling that opposition
because I think it was women who said
the best way to control the opposition
is to lead it
so not leaving any stone unturned which
they usually don't who is leading the
opposition here can you identify them
anyone I think there was a bunch of
people who are playing roles I mean it's
it's not like in the past we're just
killing a Martin Luther King or a
Kennedy could stop it there's too many
of us now I would be hard-pressed to put
it you know it sometimes it's sort of
like a situation is ripe so that a
thousand people invent the same thing at
around the same time and that's sort of
what's going on but definitely the Asian
secret societies and they're moving
they're played a big role I think the
people who first started uncovering /
like Terry Mason helped start this
process a lot of people in the US
military who've been upset since the USS
libertarian Liberty incident in
have been behind this a lot of people I
think it's a collective thing okay
Winston did you have any comments or did
you have a good question no I'm happy to
listen I don't need to contribute this
really spend your time with Benjamin and
helpers okay well we're gonna one of the
reasons I'm asking that is because
there's some confusion about this this
global currency reset which is very
Winston can really contribute this
conversation so so yesterday I was
reading Cobras new interview and Lynn
did a wonderful job she's so lovely she
did an excellent job with all her
wonderful questions and and Cobra made
yeah you had commented about this global
currency reset specifically these are V
the exchange and and I think that there
was still some confusion about it and I
know Benjamin talked about it in your
last update as well
that there's definitely an agreement
that there's going to be some kind of
global currency reset but exactly how
that's going to happen is a little bit
unclear you had stated Cobra in your
article that that there was not going
that there was there was a
misunderstanding perhaps about the RV
did you want to did you want to clarify
what you what you said understandings
here because they are quite a widely
spread many speaking widely
optimistically
about the RVs revaluation of certainly
particular appearances
I'm speaking about something else the
financial reset is not a revaluation of
certain particular currencies like
Zimbabwe but a global restructuring of
the financial system now we are still
operating under the Bretton Woods
Agreement so that whole planet planetary
financial system is structured in a way
that benefits the Cabal the way the
money is transferred the way the banking
operates is structured purposely in a
way that does not benefit humanity so
the life forces are working behind the
scenes for many years and I know that
Benjamin knows a lot of that is because
it is some of this is there is an
alternative financial infrastructure
built as we speak globally in many
countries around the world and this is
preparation for revamping or
restructuring of the financial system
and it is not just about if they're
owning certain currencies it is about
putting the whole financial system on a
new basis and this basis has few
elements one of those elements which
will be partially backed by gold because
the financial system needs to have
physical enter and the recent
developments are about cryptocurrencies
I will be speaking about
cryptocurrencies at a bit later
so shall we get into the areas but what
I'm saying is that the whole banking
system is a computer network and this
computer network is in the hands of the
other cabal the Swift as a mode of trace
a switch system as a mode of
transferring money is completely under
control that metal and that metal
originates the mainframe computers are
in York in JP Morgan headquarters and
the resistance movement has food viruses
internet computer network and began
shutting down and when they do shut down
at the moment of the event the light
forces will take over the whole
financial system at once so the banks
will be closed for a week or so new
system gets online it will be under new
rules that people dictate under the bar
so this is the basic idea we that we can
discuss you're in danger okay Benjamin
go ahead did you want to comment on that
yeah now it is true that there are con
artists out there selling zimbabwe Araki
and vietnam currency saying it's gonna
be worth trillion times more my own
sources told me it was the bushes were
behind the iraqi dinar thing so all i
can say is that a lot of the people in
the US military and the agencies a lot
of very powerful people have bought into
this and all I can say to these people
is that we will try to compensate them
for their you know but not not in not in
the way the Karman are talking about but
at least try to get their money back
from this these scammers when this is
all over but as Cobra says it's not
about these currencies it is about the
entire system which is really the
process of deciding what we as a species
do in the future and you could see for
example you have the American project
for a new st century right whereby
written by the neocons talking about war
and invading the Middle East and and
grabbing coil and putting out bio
weapons
and then you have the Asians they're
saying let's build the highways and
bridges and universities nature reserves
so which do you want to choose you know
and so and the other thing is having you
know started my first reporting job
covering the Bank of Japan you know more
than thirty years ago I've looked at
this for a long time and worked my way
up the system to figure out who's in
charge and above the royal families you
do have this group of people who were
literally trying to artificially create
Armageddon kill % of humanity and
enslave the rest this is something I've
provided proof to various authorities
and stuff when these are the Zionists
these are these religious fanatics
who've been trying to take us down this
road and they they very nearly got there
this is a very close run thing but
fortunately they have been defeated and
and we're just dealing with a rearguard
action at this point you every time they
try to start a world war  it's stopped
and they just it's not gonna happen and
there's gonna be some last-minute stuff
they're gonna do for sure it's gonna be
in places like the Ukraine they failed
to do anything which Iran they're
failing with North Korea you know it's
gonna be messy but they've lost that's
the bottom line and yet and and you know
even these false flags well like this
Las Vegas thing it's not like in the
past where everybody in America would
say you know let's go invade Syria and
kill Isis because of what they did in
Las Vegas it's more like you know people
are figuring out right in real time hey
this is some show being put on by the
FBI it's full of contradictions in other
words their old tools of control are
failing them and they're scared very
scared I saw I didn't listen to the
entire George Bush jr. in speech he put
out but I just looked a little bit at
his face and that man is very very
scared and for good reason

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰もが金魚の報告を歓迎
私はあなたのホストルイーザであり、今日
別のXOの地政学的円卓会議
私たちの一連の
コブラコブラとの光
金魚が参加してくれてありがとう
はい、ありがとうございます。
ゲストを金魚の報告書に戻す
ベンジャミン・フォルフォード再びベンジャミン歓迎
私を大丈夫にしてくれてありがとう
コースは今日私と一緒に散弾銃に乗って
ゲストとして、共同ホストは私たちの友人です
アパラチアアメリカンウィンストン
どうやってウィンストン大丈夫なの?
今日始めるパーティー
今日はよくコブラがやったのを見てみましょう
インタビューは昨日発表された
私たちはまだたくさんのトピックを持っています
それについての質問やもちろん
ベンジャミンは最近彼の最近のリリース
今週報告すると、私たちは何をしていると思うか
トップからすぐに始まる
彼らは本当に種類の問題です
全体の光の全体像
労働者のコミュニティは本当に私は
体重を負担すると言う
これらの偽の旗の現実
米国のこれらの攻撃は
物語を操り、指揮する
最高のものではない
アメリカ人の利益
本当に私はコブラと
ベンジャミンを始めようと思っています。
今度はコブラを最初にしましょう。
ベンジャミンが最後にやった
目を覚ます人をコントロールしているコブラ
後ろの誰のようなグループ
インスタンスの女性のlibの動き
それがロックフェラーの資金提供を受けていることを知っていた
あなたからのプロジェクトは、
Aaron Russoによるニコラスのインタビュー
ロックフェラーと彼は、
全体の女性は、彼らが持っていた
本当に背後にある他のアジェンダ
彼らは、
人々は目を覚ますので、後ろにいる人
そして何
それは基本的に実際のコントロールのように見える
キャンディーグループが
物理的な平面は基本的にXを回す
プラズマ面上のルピー私は
これについて過去に多くのことを話している
プラズマスカラー兵器とすべてについて
私たちのコアネットワークは非物理的
飛行機と実際に全体
化身プロセスが管理されている
多くの場合、
目覚めた人の命は、
これらの軍によって制御されており、これは
いくつかの人々がカルマのカルマとして描写するもの
多くの場合、すべての場合にあるわけではない
しかし、多くの場合、現実化された現実
覚醒を遅らせ、延期する
この惑星にここに来た私たちのもの
あなたのミッションでコブラと私を知っている
同じことを話すが、あなたは
非常に異なる表現と概念
それは一人の人が話しているようなものです
他の男が雨のガードについて
stratocumulus雲について話していますが
彼らは本当に同じものを記述している
別の種類の世界のセットで
言葉やことを知っているので、あなたは
レベル私は私が見ているもので動作している
情報が出てきて
それは前にできなかったし、それが原因で
私が最新と呼ぶものの変化
それは心の雰囲気のような恐怖です
人類の集団的思考について
将来何をすべきか、それは法律ではない
私たちを操作していた人々
一定の端に向かって制御を失っている
新しいグーテンベルクのプレスのおかげで
インターネットであり、私は信じてくれてありがとう
あなたが知っているアジア人は、
彼らは西洋をどのように見ているのか
西洋人はオハイオ州の私の良さか彼らを言っている
私たちを奴隷として見てください
それは複雑なプロセスですが、本質的に
それは決定の心理的プロセスです
将来私たちがやること
それはあなたがそれが
非物理的平面
その血漿に電話したい場合は
それはおそらく
物理学はあなたが同意すると言ってもいいです
明らかに、あなたがちょうど言ったこと
インターネットは巨大な
あなたは彼らが
それを知り、彼らは外に出るだろう
その野党を支配して
私はそれが女性だと思ったからです。
野党をコントロールする最善の方法
それを導くことです
どんな石をも残さないように
彼らは通常誰を導くのではないのですか?
反対はここでそれらを識別することができます
私がそこにいると思う人は
役割を果たしている人々は私がそれを意味する
過去のようなものではない
マーティンルーサーキング、または
ケネディはそれを止めることができた
今私は置くのが難しいでしょう
それはあなたが時々それを知っている
状況が熟しているように、
千人が同じことを発明する
同じ時間のまわりでそれは一種です
何が起こっているのですが、間違いなくアジア人
秘密結社と彼らは動いている
彼らは大きな役割を果たしていると私は思う
最初に暴露を開始した人/
テリー・メイソンのように
米国で多くの人を処理する
USS以来動揺している軍隊
リバタリアンのリバティーは、
これの背後にある多くの人々私は
それが大事なことだと思う
ウィンストンはあなたにコメントをしたかしたか
あなたはいい質問があります
聞く私はこれを寄付する必要はありません
本当にあなたの時間をベンジャミンと過ごす
ヘルパーたちは大丈夫です
私がそれを求めている理由は、
これについていくつかの混乱があります
非常にグローバルな通貨のリセット
Winstonはこれを本当に貢献することができます
私はそうだったので、昨日の会話
コブラの新しいインタビューとリンを読んで
彼女はとても素敵な仕事をしました
すべての彼女と素晴らしい仕事をした
素晴らしい質問とコブラが作った
あなたはこのグローバルについてコメントしています
通貨のリセットは具体的にはV
私はそこにあると思います
まだそれについていくらか混乱していました。
ベンジャミンがあなたのことについて話したことを知っている
最後の更新
間違いなく合意があること
何かのことが起こるだろう
グローバル通貨のリセットが、正確な方法
起こることは少しです
あなたがコブラをあなたの
それがないと書いた記事
そこには
おそらくRVについての誤解
あなたは明確にしたいと思っていましたか?
あなたが言ったことを理解しているもの
ここにはかなり広範囲なので
広く話す
楽観的に
確かにRVの再評価について
特定の外観
私は何かについて話している
財務の再設定は、
特定の特定の通貨
ジンバブエ、しかし世界的なリストラ
金融システムは今私たちはまだ
ブレトンウッズの下で活動している
惑星全体の惑星
金融システムはある意味で構造化されている
カバールに利益をもたらす方法
お金は銀行と同じように転送されます
営業は意図的に
人類に利益をもたらさない方法
生命力は、
長年のシーンと私はそれを知っている
ベンジャミンはそれが大好きです
これはいくつかの
代替金融インフラ
私たちが世界中で多くの人に話しているように
世界中の国々がこれです
改造の準備または
金融システムの再構築
彼らがそうしているかどうかだけではありません
特定の通貨を所有している
金融システム全体を
新しい基盤であり、この基盤はほとんどない
これらの要素の1つ
部分的に金に裏打ちされる
金融システムには
物理的な入力と最近の
開発は暗号化に関するものです
私は話すつもりです
少し後にcryptocurrencies
私たちはその分野に入るでしょうが、
私は言っているのは、銀行全体
システムはコンピュータネットワークであり、これは
コンピュータネットワークは、
他のキャバルは、トレースのモードとしてスイフト
モードとしてのスイッチシステム
送金は完全に下です
金属とその金属を制御する
メインフレームコンピュータは
ヨークではJPモルガン本社と
抵抗運動は食物ウイルスを持っている
インターネットコンピュータネットワークが始まり
シャットダウンしてシャットダウンするとき
イベントの瞬間に、ライト
力は全体を引き継ぐ
金融システムはすぐに銀行のように
1週間ほど閉鎖されます。
システムがオンラインになると、新しいものになる
人々がバーの下で指示するルール
これは私たちができる基本的なアイデアです
あなたが危険にさらされていることを議論してください大丈夫ベンジャミン
あなたはそのことについてコメントしたいと思いましたか?
ええ、今、それは詐欺があることは事実です
ジンバブエ荒木を売っているアーティストたち
ベトナム通貨はそれが起こると言っている
私の1兆倍の価値がある
ソースは茂みがあったと私に言った
イラクディナールの事の背後にあるので、すべて私は
言うことができるのは、多くの人々が
米軍と政府機関は多くの
非常に強力な人々の中に買った
これと私はこれらの人々に言うことができるすべて
我々はそれらを補償しようとしているということです
あなたが知っているが、そうではありません
カルマンの話し方
少なくともお金を取り戻そうとする
これからのこれらの詐欺師たちは、これが
コブラが言ったように
これらの通貨については、
実際にはシステム全体
私たちが種として何を決定するか
将来するとあなたのために見ることができます
あなたはアメリカのプロジェクトを持っている
新しい世紀の権利のために
ネオコンによって書かれた戦争について話す
中東に侵入して
コイルをつかみ、バイオを出す
兵器
そしてあなたは彼らがいるアジア人がいる
高速道路を建設しましょう
橋と大学の自然保護区
あなたが知っているものを選択したいのですか?
もう一つはあなたを抱えている
最初の報告業務を開始したことを知っている
あなたが知っている日本銀行をカバー
30年前より私は見てきました
これは長い間、私のやり方で働いた
システムを立ち上げて誰がいるのか把握する
あなたと王室の上にあなたとチャージ
このグループの人々は
文字通り人工的に作成しようとする
ハルマゲドンは人類の%を殺し、
残りの部分を奴隷にする
様々な当局に証拠を提供した
これらがシオニストであるとき
これらは、これらの宗教的な狂信者です
誰が私たちをこれに連れていった
道路と彼らは非常に近くにそこに着いた
これは非常に近いことですが、
幸いにも、彼らは敗北しました。
我々は後援を扱っているだけだ
彼らは毎回、この時点で行動します
それは停止している世界の戦争を開始しようとする
彼らはそれが起こることはありません
最後のものがいくつかあるだろう
彼らはそれが確かにそれをするつもりだ
彼らが失敗したウクライナのような場所で
イランの何かをする
北朝鮮は失敗している
厄介になるだろうが、彼らはそれを失ってしまった
一番下の行とまだ、あなたは知っている
これらの偽の旗でさえこのように
ラスベガスのようなものではない
アメリカの誰もが
あなたがシリアに侵入しようとしていることを知っていると言う
彼らがしたことのためにイシスを殺す
ラスベガスは人を知っているようなものです
リアルタイムで右に考えている
これは、いくつかのショーは、
FBIは他の国に矛盾している
彼らの古い制御手段は
それらに失敗し、彼らは非常に怖がっている
私は聴いていないのを見ました
ジョージブッシュジュニア全体 スピーチで彼は置く
私はちょうど少し見た
彼の顔とその人は非常に非常に
怖がって、正当な理由で

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




world-renowned physicist dr. michio kaku
made a shocking confession on live TV
when he admitted that HAARP is
responsible for the recent spat of
hurricanes in an interview aired by CBS
dr. Kaku admitted that recent man-made
hurricanes have been the result of
government weather modification program
in which the skies were sprayed with
nano particles and storms then activated
through the use of lasers in an
interview Michio Kaku discusses the
history of weather modification before
the CBS crew stopped him in his tracks
you know they were talking about climate
change yesterday and now we're learning
that scientists and researchers are
looking at how to change the weather on
purpose that's right lasers now could
one day manipulate rain and lightning
CBS this morning contributor Michio Kaku
is a physics professor at City College
of New York professor nice to see you
extraordinary seeing Al Gore and Bill
Clinton there together with Charlie
wasn't it that's right yeah they did not
get into this discussion but it is
fascinating I mean lasers really to
change the weather that's right well as
Mark Twain once famously said everyone
complains about the weather but no one
ever does anything about it well instead
of doing a rain dance we physicists are
firing trillion want lasers into the sky
to actually precipitate rain clouds and
actually bring down lightning bolts this
is potentially a game-changer but this
is experimental it's experimental
however in the laboratory so far it
works when you have water vapor and you
have dust particles or ice crystals you
can precipitate rain it condenses around
the seeds these seeds can also be
created by laser beams by firing
trillion watt laser you rip apart the
electrons creating what I call ions and
these ions act like seeds like dust
particles bringing down rain and even
lightning any good well I
this is fascinates me in part because
too I remember reading the stories that
China had used this during the Olympics
that the USSR had used this after
Chernobyl to create rain clouds I mean
did those really work them we have some
of these capabilities now inconclusive
even in the  the CIA used this to
bring down monsoons during the
war - I shot the Vietcong governments
have been alleged to allege - right yeah
now we realize that for decades now
these governments have been alleged to
have experimented with weather control
but not being conclusive this time we're
begging in the laws of physics rather
than simply waving our hands and Adri
mumbo jumbo we're actually using
trillion watt lasers now and in the
laboratory sure enough they precipitate
rain out of water vapor sure enough you
can actually bring down electricity down
look down the beam so what does it mean
for drought areas that need to have rain
for crops and if they don't have him
there's the consequences of famine well
the bad news is if it's a clear blue sky
it's not going to do anything at all
because it only takes water vapor that's
already in the air and condenses it
however for floods for agriculture
farmers for people planning waiting
parties football games you name it
outdoor events in agriculture and
flooding and even hurricanes all of them
could be subject to weather modification
incredibly interesting professor Michio
Kaku thank you so much the high
frequency active auroral research
program or better known as harp was
created in the early s as part of an
ionosphere research program jointly
funded by the US Air Force the US Navy
the University of Alaska Fairbanks and
the Defense Advanced Research Project
agency better known as DARPA according
to government officials HAARP allows the
military to modify and weaponize the
weather by triggering earthquakes floods
in Eric Ames what do you think is HAARP
causing all of these powerful hurricanes
that has developed this year to form or
is it just a natural phenomenon leave
your comments below this video thanks
for watching



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(PFC JAPANより転載)

https://www.facebook.com/groups/1576036749359629/?multi_permalinks=1667763633520273%2C1667491576880812¬if_t=group_activity¬if_id=1492869110988772

何度も言及しているプラズマ・スカラー兵器に加えて、今では彼らは直接エネルギー照射をする兵器を最大限使用している。ターゲットは主要なライト・ワーカーとライト・ウォーリアーで、あからさまに地上から取り除こうとしている。
それはライト・ワーカーとライト・ウォーリアーは統合された意識を持ち、地球規模の戦争を起こすカバルの計画の主な障害になっているからだ。

直接的なエネルギー兵器は物理的な電波、レーザー、極超短波、音(波)、プラズマビーム兵器により標的の能力を奪うことが出来る:

https://en.wikipedia.org/wiki/Directed-energy_weapon
https://en.wikipedia.org/wiki/Active_Denial_System
https://en.wikipedia.org/wiki/Pulsed_energy_projectile

これらの兵器は世界各地のカバルの諜報員により使用され、一般人の重要人物をひどく苦しめている:

http://nesaranews.blogspot.com/…/urgent-national-security-a…

https://sitsshow.blogspot.com/…/gang-stalking-directed-ener…

またカバルは一般人を多く買収し無自覚にこれら犯罪の協力者にしている。これらの無自覚の人々は風変わりな望遠鏡で標的にスパイ活動を行っているだけだと考えているが、実際は直接エネルギー照射兵器で放射線を当てている:

https://stop007.org/home/how-is-it-all-possible/

ある精鋭の機動部隊は主要な犯行実行者を各国で排除し始めており、彼らは発砲を先に、尋問はその次に行う。彼らは、故意、無自覚にかかわらずこれは人道に対する犯罪であり対処されると警告を発している。

ロシアの電子戦システム、ヒビヌイ( Khibiny) による戦闘能力は18日火曜日に試験し確認された。北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)はアラスカを超えて麻痺させられた。下記のレポートは一部正しい:

http://www.whatdoesitmean.com/index2285.htm

ここで言う必要があることはNORADが混乱しているすきにプレアデス人が地上に対してある行動を起こたということだ。

下記の記事はDARPAや米空軍の中にいるネガティブな派閥への警告として発信されたもの:

http://tass.com/defense/942027
(昨年よりロシアは、大気圏外からの部隊や民間施設への攻撃を守ることが出来る地上電子戦システムによるの試験を開始した。)

またサンフランシスコ、ニューヨークの停電も偶然ではない:

https://www.rt.com/usa/385646-blackouts-hit-la-ny-sf/
https://www.inverse.com/…/30643-power-outage-nyc-sf-la-coin…

今、全てのライト・ワーカーとライト・ウォーリアーにとって最重要なことは人間として可能な限りの光を発し固定する事(すでに限界を超えて我々は試されているのは十分承知しているが)。ここにとても効果的な参考例がある:

https://higherdensity.wordpress.com/…/merging-with-i-am-pr…/
(純白の光の柱を通してあなたの波動を高める)

もう一つ、極めて重要なことは多くの人たちを直接エネルギー照射兵器の現実を知らせること。もっとも簡単なことは下記の記事をブログやSNSを通じて拡散する事:

http://nesaranews.blogspot.com/…/urgent-national-security-a…

我々の一体となった認識や意識がこの状況へ変質だろう。これまで数え切れないほどそうしてきた様に。

Victory of the Light!

Situation Update

http://2012portal.blogspot.jp/2017/04/situation-update.html?m=1

・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(PFC JAPANより転載)

https://www.facebook.com/groups/1576036749359629/?multi_permalinks=1663841843912452%2C1663693700593933%2C1663683197261650¬if_t=group_activity¬if_id=1492101625308770

f:id:paradism:20170414083940j:plain

Atuko Kimisima

 コ ブラ情報更新:4月13日付 平和瞑想はクリティカルマスには達しなかったが、巨大な成功を収めた。この緊迫とした状況で瞑想を行うのに準備にわずか4日 間と平日という都合が悪く、カバール達がほとんど完全にこの瞑想についての知らせについてフェイスブックをブロックしたにもかかわらず。

レジスタンスが予測した通り、火曜日が一番最大の緊張状態でした。特にオルシーニ家、パラビシーニ家という黒貴族が、エンドゲームの予言を実現させる為にカザリアンマフィアを使ってオメガグリッド内部でドゥーム33(Doom33)という報復手段の世界崩壊のプログラムを活性化しようとしました。

そ の企てに対し、プレアデス人達は素早く数時間後に防ぎました。幾人かのキーとなるロシア人、中国人の軍部の人間と接触をとった事によってです。それはそれ 以外の理由でも可能になりました。何故なら地球上のエネルギーグリッドに対しての私達の瞑想によるエネルギー支援があった為でした。

プレアデス人達はプーチンと短い議論をしました。彼が個人的に好まないある種の事について話しました。しかし、状況が切羽詰っており、リスクを選ばざるを得ない事を説明し、プーチンが光の勢力と共に共闘する道を選んだのでした。

この世界レベルでのサーベルのガタガタがすぐに止まる事が無いとしても、次のオプションがテーブルの上に乗っています、緊急状況のレベル次第ですが、暴露、公開とそして排除のプランです。

ディスクロージャーは地球外生命体の存在についての機密情報、金融リセットとイベントについてロシアと中国のメディアを通して全面公開する事を意味しており、これは既に実際始まっています。

 排除については、ロシアの特殊部隊であるスペツナズがイルミナティネットワークについて対処する事、アンホーリーフォー邪悪な四人組(ブッシュシニア、キッシンジャー、ラムズフェルド、チェイニー)に対してから始まる事を意味しております。

暴露はプーチンがその事について以下のように話しているという事で直ぐに始まりました。
https://www.rt.com/.../384333-putin-idlib-attack.../

私達の瞑想とプレアデス人達の介入の結果により、突然平和交渉が起こりました。
https://www.rt.com/usa/384633-trump-russia-lasting-peace/

フ ルディスクロージャーで敗北する事を恐れた闇の勢力達は、NASAが土星の衛星エンケラドゥスに地球外の生命体の可能性について急遽発表しました。これは 地球の歴史においてメインストリーム(マスメディア)が私達は(宇宙でたった一つの生命体でない)孤独では無い可能性を公式に初めて認めました

ド ラゴン筋はカバールの代表が今降伏について交渉している事を伝えてきましたが、レジスタンスはその結果については懐疑的です。北朝鮮での紛争がまだ解決し ておらず、するべき作業がまだ沢山あるのです。プレアデス人達は更にアクションをとり、レジズタンスは最大限の警戒をし続けるでしょう。

最大限の警戒、ブラックアラートはまだ続いている。

Victory of the Light!
以上、光の働き手さんtwitterより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO&MUSIC

平和瞑想 2017-4-11 / PEACE MEDITATION (Japanese)

https://www.youtube.com/watch?v=aU1oz1LTX4s

ARTICLE

台湾カンファレンス・ノート 17年3月

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/04/taiwan-conference-note.html?m=1

4月4日:シェルダン・ナイドルニュース

http://ameblo.jp/lightworkers/entry-12264527869.html

NASA“新発見”発表へ、地球外生命の可能性は?

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170413-00000000-jnn-int

US & Russia ‘will work out fine’: Trump promises ‘lasting peace’

https://www.rt.com/usa/384633-trump-russia-lasting-peace/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新ほんとうがいちばん4/9より転載)

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1870.html

転載元:NowCreationさんより

Planetary Situation Update
世界情勢のショート・アップデート

キメラグループの掃討は続いています。光の勢力はヤルダバオト・エンティティーの頭――そこにはすべてのプラズマ異常とブラズマ・トップレット爆弾、ベール の全プラズマ・スカラー・テクノロジーがあります――を集中的に浄化しています。キメラは、自分たちが敗北しそうになることを認識し、鍵となるライトワー カー及び光の戦士へのプラズマ攻撃を強めました。その攻撃たるや、残忍なんてものではありませんでした。


水 曜日に銀河連合とアシュターコマンドの光の勢力は、地表近くのプラズマのネガティビティーの完全排除に、全勢力をあげて取りかかりました。光の勢力が隔離 された地球の内部に直接介入する度に、キメラの報復を招いてしまいます。キメラは最初に米国と北朝鮮間で核攻撃の応酬をさせようとしました。

https://www.rt.com/usa/383652-keane-north-korea-nuclear/

https://www.youtube.com/watch?v=jV0GRuR99ZM&feature=youtu.be

水曜日に地下基地の一つで限定的な核攻撃の応酬があり、キメラに仕えている一定数のドラコが蒸発したものの、光の勢力は小型核爆弾の範疇を超える核兵器の地表での応酬を許しません。

キメラは、自分たちに核兵器の使用が許されていないことを察知し、通常兵器で世界戦争を引き起こす手段に打って出ました。

アルコンとイエズス会のネットワークを通じて、彼らは、トランプがシリアを攻撃するように圧力をかけました。

https://www.rt.com/news/383782-us-strikes-syria-tomahawaks/

トランプは議会の承認無しに攻撃を行いましたが、それは明らかに憲法違反です。

http://www.washingtonexaminer.com/tim-kaine-trump-has-no-congressional-authorization-for-syria-strike/article/2619644

この軍事行動は、アルコンのパルミラ奪還の試みを助けるものです。パルミラはシリア・ペンタグラムの極めて重要なボルテックス・ポイントです。


http://www.presstv.ir/Detail/2017/04/07/517062/Syria-Daesh-Palmyra-US-Russia-airbase

https://www.rt.com/news/383826-isis-used-us-airstrike-syria/

闇の勢力のプランは、トルコとイスラエルを紛争に巻き込み、中東全域に紛争を拡大することです。

http://presstv.ir/Detail/2017/04/06/516998/Turkey-Iraq-PKK

彼らはプーチンを挑発したいのですが、彼は優秀なプレアディアンの軍事戦略家たちと連絡を取り合っているので、外交、国際世論、シリア軍への軍事支援――米国と直接衝突するのではなく――を手段にしながら賢く振る舞う公算が高いです。

トランプのシリア攻撃の口実となったイドリブでの化学ガス攻撃が、偽旗であったことが、国際社会にだんだんと知れ渡っています。

http://russia-insider.com/en/politics/real-justice-syria-gas-attack-moscow-submits-evidence-new-resolution-unsc/ri19455

https://sputniknews.com/middleeast/201704051052334782-idlib-chemical-attack-no-facts/

http://theduran.com/confirmed-chemical-weapons-in-idlib-were-stashed-by-terrorists/

https://sitsshow.blogspot.com/2017/04/ron-paul-says-chemical-attack-in-syria-makes-no-sense-all-signs-point-to-a-false-flag.html#more


ホワイトヘルメット関係の記事:

http://www.veteranstoday.com/2017/04/06/swedish-medical-associations-says-white-helmets-murdered-kids-for-fake-gas-attack-videos/

http://humansarefree.com/2017/04/chemical-weapons-attack-in-syria.html

今、トランプ信者はようやく酔いをさまし始めています。

http://www.mirror.co.uk/news/politics/donald-trump-bombed-syria-biggest-10178367

光の勢力は、この軍事紛争をできるだけ激化させないために、彼らにできることは何でもするでしょう。ドラゴン筋も、この紛争は長引かず、激しいものの制限されていることを認めています。レジスタンスは、次の火曜日に状況がピークに達するものと予想しています。

女神は平和を望んでいるので、平和になるでしょう!

PS. 私がこの記事と、より重要な次の記事をアップしようとしたとき、世界中で数時間bloggerがダウンしたため、投稿が遅れました。

http://downdetector.com/status/blogger

面白い「偶然」です。

Victory of the Light!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考過去記事
【1】

惑 星地球のエネルギ・グリッドを巡る最終決戦は、2017年1月~4月の間に繰り広げられています(中略)この波によって、太陽系から殆どのネガティブ・プ ラズマが実質的に一掃されました。レジスタンスから、月の軌道の外側領域からプラズマ異常を検出できなくなったという連絡が来ました。それはつまり、ヤル ダバオートの「触手」が完全に消失して、「頭部」だけが残ったことを意味します。私たちの活性化以降、ヤルダバオートの「頭部」のヒーリングは予想よりも 早く進んでいます(中略)コンゴ上空にある惑星オーラのエネルギ・フィールドの亀裂は閉じられました。これが惑星周りのエネルギ・グリッドに対してポジ ティブな連鎖反応を引き起こし、エーテル界やプラズマ界のアルコンの支配を急速に失わせ、地球上に残る重要なエネルギ・ヴォルテクスを解放しています。(コブラ3/1,2017:エーテル界解放報告
【2】
一 方では、キメラ・グループの掃討は続いています。光の勢力はようやくキメラに対するいくらかの支配を手に入れようとしています。うまくいけば、4月中旬に 良いお知らせを届けられるかも知れません。惑星上にいまも残っているキメラ・グループのメンバーは約180人だけになりました。彼らは小さな集団ですが、 非常に強力で危険な集団です。彼らはプラズマ・トップレット爆弾につながっているトップクォーク・反クォーク凝縮物をロング・アイランドに保持することで、惑星地球の隔離状態を維持しています。彼らはアメリカ・ロシア・中国の軍部の重要地位に潜入しており、その大半はアメリカ空軍の中にいて、善良なETからのコンタクトを地球全体で効果的に防いでいます。(2017/3/28付:コブラ 短信報告
【3】
引き続き、キマイラグループ掃討作戦が行われています。キマイラグループは、ヨーロッパの地から排除されました。ロングアイランドが、彼らの最後の拠り所になっています。彼らは量子兵器機械設備を維持するために、粒子加速器(RHIC:重イオン衝突型加速器)が必要だからです。(2014/9/16付コブラ:続・地球惑星の最新情報/キマイラグループが必要とする“粒子加速器”、他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存

保存

保存

保存

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(PREPARE FOR CHANGE JAPANより転載)

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/01/new-atlantis.html?m=1


翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
 
ニュー・アトランティスとは、圧縮突破のサポートとなる地表エネルギ・グリッドに与えられたコードネームで、イベント後の新しい社会のコードネームでもあります。
75,000年前の旧アトランティスでは、ポールシフトが起きていました。その前に、赤道の位置はいまとは違う場所にありました。そのため、その時の惑星全体のエネルギ・グリッドも今とは違っていました。

75,000年前の時代までに、地球上のエネルギ・グリッドは完成されていて、完全にアセンデッドビーイングの制御下にありました。赤道の回りには多くの 神聖な神殿が建てられていました。次の画像の赤い線が示すように、旧アトランティスの赤道は南米とアフリカ大陸を横切っていました。


興味深いことに、惑星上のエネルギ・ヴォルテクスの多くはいまだに旧アトランティスの赤道上に位置していることを確認出来ます。

実は、ニュー・アトランティスのプロジェクトは旧アトランティスにあったヴォルテクスを、まもなく完成する新しいエネルギ・グリッドに同調させているのです。
ニュー・アトランティスは何千年間も続けられてきた光の勢力のプロジェクトです。プロジェクトに関わっている主要人物の一人はセント・ジャーメインです。彼はフランシス・ベーコンとして転生していたときに書いた「ニュー・アトランティス」という小説の中で、このプロジェクトの中身を人類に明かしました。その中で、彼は能力主義に基づくユートピア社会を描写しました。その次のセント・ジャーメインとしての転生では、彼はアメリカの独立を助け、合衆国憲法の制定に強い精神的影響を与えたことで、アメリカで新しい社会を共同創造しようとしました。



#NewAtlantis
ここにはニュー・アトランティス・プロジェクトの過去の進展について、非常によく書けた記事があります。記事はオカルト教義を正しい視点で捉えているため、ニュー・アトランティスに興味のある人は必読です。

加えて、セント・ジャーメインは1775年にパリで、ある秘密のミステリースクールを創設しました。それがアメリカの独立に手を貸した秘密組織でした。
そのミステリースクールを構成していた星の同胞団のメンバー達はその後、パリにある三つの主要なポジティブ・フリーメーソン支部に加入し、そのメンバーに影響を及ぼし、結果的に様々な出来事の行方に広範囲の影響を与えました。
パリの九姉妹支部に加入したグループはその支部のメンバーであったベンジャミン・フランクリンを通して、アメリカの建国に影響を与えました。
2つ目のグループは、星の同胞団が目的とする真のオカルト知識を広めるために、パリのフィラレテス支部に加入しました。そのフリーメーソン支部のオカルト知識は、現代の西洋スピリチュアルやオカルト学問の大部分の源泉になりました。
3つ目のグループは、パリのカリオストロ・イシス支部に加入しました。その支部はイシス崇拝秘儀の主な情報源となり、その情報の断片がのちに一部のメンフィス・ミスライム支部に残されています。

イシスの秘儀の謎を今明かすことはまだできませんが、そのある一面を理解していた人は地上にほんの数人しかいませんでした。そのうちの一人はカリオストロでした。イベントが起きるまで、それについてはこれ以上何一つ言えません。
今、ニュー・アトランティスを完成させるため、私はセント・ジャーメインから協力を求められています。一言で言えば、ニュー・アトランティスの惑星エネルギ・グリッドは、圧縮突破・イベント・新しい社会を実現するために必要なエネルギ・ツールです。
その目的を実現するために、地球上のチンターマニ・グリッドは重要な手段の一つです。地球上のどこかの地中にチンターマニストーンが埋め込まれる度に、その地点に大きな天使が定着し、直径数キロのエネルギ・ヴォルテクスを形成します。


Vortex7
地球上に定着する天使の数がクリティカル・マス(臨界数)に到達すると、ヤルダバオート生命体の頭部は分解し始めるでしょう。
チンターマニストーンはアトランティスで有名なブルーストーンです。ブルー・アップルとも呼ばれるブルーストーンは、ポータルを開けるためにカタリ派に使われました。

言うまでもありませんが、カタリ派の持っていたチンターマニストーンは元々女神イシスから来たものでした。イラクのモスル近くのニネベには、地球で最も重 要な女神ヴォルテクスの一つがあります。そこで、ウンタースベルクのフーベルトゥス・コッホが女神イザイ(イシスの分身)から直接石を授かりました。その 石はテンプル騎士団が最初に受け取った見本となって、カタリ派に渡りました。
イスラム国がニネベを破壊しようとするのは決して偶然ではありません。
これらは巡り巡って、エネルギ・グリッドを巡る戦いに行き着きます。そして今、光の勝利は目前にあります。ニュー・アトランティスは今かつてにないほど輝き出すでしょう。


Victory of the Light!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 VIDEO

NEW ATLANTIS (COBRA)

https://www.youtube.com/watch?v=_-2fh8SUuE4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Kent Dunn Intel Update – Mass Arrests Planned for January 2017, Healing Light Ships, Purging of Negative Inner Earth Groups

Editor Note: I’m still not sure what to make of these “Intel” updates from Kent Dunn. I haven’t been able to find very much information about him or his sources, so while these updates remain interesting please use discernment. Some of the information does ring true when you begin connecting the dots with all of the other recent rumors, gossip and intel, but honestly I could write one of these reports tomorrow — but it wouldn’t necessarily make it true. I remain cautiously optimistic.

Justin from Stillness in the Storm wrote a note about discernment on one of these videos and I completely agreed with his thoughts, so I’d like to included it here on this one as well:

Stillness in the Storm Editor: I cannot confirm if the reports offered below are accurate. Discernment is advisable. And if anyone does have any data to confirm or deny this information, please send it to me.

This is yet another update by Dunn that seems to pull from other data sources, such as Cobra, Corey Goode, William Tompkins, and others. Whether or not he has his own sources (independent of the aforementioned) or is just parroting others remains to be seen.

REGARDING KENT DUNN — BE ADVISED:

I have received a swath of feedback about Kent Dunn’s claims and information. Some people say he is a total fraud or shill but offer no evidence to support their claim. Others believe what he says without question, citing how well it resonates with their own beliefs.

In my personal view, in some cases, Dunn speaks about real issues that can be verified with some research. In other cases—especially regarding certain events—Dunn’s claims cannot be verified. For example, he recently alleged that mass arrests were taking place in various locations around the globe, which cannot be verified using normal means—as the mainstream media will not report on these things even if they were happening. Some seem to think that because an assertion is either unbelievable or unverifiable it is untrue, but this is not a valid basis to refute a claim’s validity.

As a result of the difficulty in validating Dunn’s information, it provides an excellent venue to test and improve our holistic discernment skills. This is one of the reasons why I am sharing his information—not because I believe it blindly.

As a result of the sensational aspect of some of Dunn’s claims, some people dismissed them entirely. I suspect that such dismissal is based on, what I call, incredulity bias—the idea that something can’t be true because it is too unbelievable. But incredulity is not a valid reason to dispute a claim….

Hilton Hotel Family Tied To Global Pedophile Network

Kent Dunn has been off for the past few days and much has happened. The Hilton family, famous for the establishment of the Hilton Hotels and socialite/celebrity heir Paris Hilton are involved in a global pedophilia network.  Kent Dunn sends out an alert to the White Hat and White Knight special forces to investigate the Hilton Hotel in Branson, Missouri.

A quick google search for Hilton Hotels in Branson, Missouri turns up a couple of Hilton affiliated hotels. The upscale resort venue is called Hilton Promenade at Branson Landing, which features fine dinning, golf course, located within a shopping and entertainment district.  More information about the Hilton hotels in Branson, Missouri can be seen at the following link http://www.hiltonsofbranson.com/.

Mass Arrests

After January 1, 2017 the U.S. government has 15,000 arrest warrants.  They have about 30,000 FBI agents to act on these arrests warrants which are targeting dark cabal members. 10,000 bankers from around the world have already been arrested.

Anunnaki and Negative Inner Earth Groups

The Anunnaki bloodline families that have been born on earth are not allowed to leave the planet.  Some of them have switched sides and are now working with the light warriors, asking for protection because they know that their time of rule has ended.

Kent Dunn says that multidimensional light beings such as the Archangels and God are actively trying to shift the frequency of the earth to higher vibration frequencies to match that of 7th dimensional all the way up to 16th dimensional energy frequencies.  This is done in order to force the negative inner earth groups to the surface of the planet. Kent Dunn states that the energy will be so intense on these negative beings who live in inner earth, that they will not be able to handle the new energy changes.  Kent Dunn is quoted as saying “they are going to be bleeding from every orifice”.

Kent Dunn names some of these negative groups as the ReptiliansAnunnakiArcturians.  The light forces are purging this earth of all negative energy influences.  Other E.T. groups aligned with the so called “Light Forces” will move their space ships into position around earth during this influx of energy.  When the negative beings in inner earth emerge from out of the ground, the ‘E.T. Light Forces’ will capture them.

 

It should be noted here that to claim a whole group or race is negative is not accurate and is more of a racist ideology. Just as if one human commits a horrible act, the entire human race is not responsible for the action of that one individual.  Doing a search of the Arcturians brings up more positive messages than negative ones.  More information should be provided by Kent Dunn about this group since other messages in the alternative community contradict Kent’s message of the Arcturians. 

Could it be that Kent Dunn is trying to convey the message that negative beings who are not in frequency alignment with the incoming galactic waves of energy will be severely effected? 

Based on the more general interpretation of the incoming energetic waves affecting beings of lower vibrational frequency would correlate better with information coming from Corey Goode and David Wilcock.  As you may know they have been relaying messages from the Blue Avians and Sphere Being Alliance stating that the Blue Spheres are actively trying to soften the impact of the galactic waves of energy hitting earth.  The Blue Avians mention that if the cosmic energy was not being buffered at this moment, humanity would be experiencing something to the effect of “end time madness”.

Here is a brief dialog about the galactic waves of energy between David Wilcock and Corey Goode.)

Corey: And with all of these new influxes of galactic energy that are coming in through the sun and being buffered by the spheres, we’re seeing a lot of strange behavior in people. And they’re not immune from it.

David: Right. So this vibrational increase is causing, as you’ve said to me off camera, end time madness. People are acting more crazy. They’re emotionally agitated. You also mentioned that their karma, old karma is coming up for them.

Corey: Right. People are being forced into karmic cycles until they learn what they need to learn and accomplish what they need to accomplish. – Source: Sphere Being Alliance

The report from Kent Dunn is very hard to fathom even for the already awakened community so it will be interesting to see how this frequency bombardment on earth actually affects each individual person as opposed to specific groups or races of beings.

Star War’s Actress Carrie Fisher and Her Family

Kent Dunn continues to make some incredible claims about how Star War’s actress Carrie Fisher and her famous mother Debbie Reynolds were part of the cabal and had many dirty secrets, suggesting that both Fisher and Reynolds were murdered this past week.  Apparently Fisher’s daughter Billie Lourd is also “in on it” and Kent Dunn does not know how Mrs. Lourd will be dealt with.

New Zealand

Kent Dunn says that the dark cabal are planning to move to New Zealand for an unknown reason.  The White Hats and White Knights are aware of this situation and will not allow the cabal to retreat to New Zealand.  Kent Dunn says to look for something to happen near New Zealand very shortly.

Antarctica

Kent Dunn states that in February 2017, space ships will start coming out of the Antarctica bases for the purpose of healing people.  The healing ships will be able to scan an individual in 3 minutes to identify a persons health problems and in 8 minutes completely heal an individual of any health problems including age regression.

This intel update concerning Antarctica is unique as data from other sources have not mentioned these types of operations occurring out of Antarctica.  It would be interesting to get comment from Corey Goode about this specific intel coming from Kent Dunn.

DNA

Humanities DNA is waking up from its slumber and changing due to the cosmic influx of energies.  Everything is shifting and working according to a divine plan.

Global Currency Rest & Revaluation of Currencies

Currency rate changes are supposed to come out today. Kent also heard that January 2017 is supposed to be the best time for people who hold currency.

Kent Dunn addresses the skeptics and negative reactions to his intel and commentary.  Kent says that his contacts are putting their life on the line to bring information out to the public.  This is Kent’s mission to disseminate truth to the public.

Gary Larrabee ends this video with a religious prayer.

End of Video



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Google翻訳による)

From the Federal Reserve to a New US Republic via a Global Currency Reset

2016年6月24日

maxresdefault

2016年6月17日以降の過去1週間のイベント

Judy Byington、MSW、LCSW、author、 "Twenty Two Faces" CEO、Child Abuse Recoveryによって2016年6月24日に編集され更新されました。 www.22faces.com www.ChildAbuseRecovery.com

2016年6月17日 、米国最高司令官、米国防総省では、スタッフのチーフスの頭と新しい米国の共和国の一般ジョセフ・ダンフォードの大統領1.は、平和のための世界的な力に米軍の移行について議論する国連平和維持サミットを取り上げました。 :米軍は現在、彼のスピーチの全文をここに見ることができるなど、強姦、窃盗の不祥事を起こし破損しているし、不十分な訓練を受けた国連平和維持軍に取って代わるだろうhttp://usun.state.gov/remarks/7340は大使サマンサによって備考パワー: usun.state.gov https://geopolitics.co/vital-issues/ben-fulford/in-a-first-us-supreme-司令官-一般-ジョセフ・ダンフォード・アドレス--アンとしてヘッド共和国/

2016年6月19日により2は、グローバル通貨リセットはのスケジュールは、特定の世界の出来事に依存していた、マスタープランと一致したすべての主権国家のために、財務的、政治的、軍事的コンプライアンスを確保するために戻って開催されていると言われました。

米国のための計画の3パートは、オバマ大統領とバイデン副大統領は、決闘の辞職をテープで留めていると言われたときに2015年9月にロールアウトし始めました。 ハーグの世界裁判所において、彼らは米国に対するトゥーソンの裁判と有罪判決を受けたと主張した。

4.バチカン銀行の長(カバールの薬物、武器、子供、人身売買の資金を調達することで知られていた)フランシスコ教授は、ジョン・ボーナー上院議員の辞任を要求したと言われ、ワシントンにいた時その9月。

5.その同じ2015年9月ジョン・ベイナーは辞任し、ポール・ライアンは下院議長に就任しました。

6.これは、スピーカーの位置を受け入れるために彼の決定を下す前に、ライアンは、オバマ氏の辞任演説2015年9月を目撃したと述べました。 明らかにRyanは、翌年には、偶然にも巨額の財政的財政的水和と一致しない、暫定米国の共和国大統領となることを、古代中国の長老とBRICS諸国から保証していた。

7.オバマ氏とバイデン氏の辞任演説は、昨年9月に発表されたもので、世界通貨建ての公表発表と全く同じ時期に発表される予定だった。 これらのイベントは、6月の終わり2016年、または2016年7月4日独立記念日のお祝いにより期待されました

8.これらの予定されたイベントは、RVが静かに出入りするための自然のマスメディアのイベントをカバーするために予定されていた。

9.この計画は、ポール・ライアンが、新たな公正な株式フラット税の導入を含む、新しい資産と金を基にした米国通貨制度の慎重な取り扱いを保証する経済戦略を盛り込む機会を得ることができると言われた。

それはプライベートな管轄権に最高裁の例を移動された新しい米国の共和国の下で働いて演技米司法長官があったことが報告された2016年6月21日で10。 https://www.youtube.com/watch?v=kxLooTsjbvo

11.米国最高裁判所は、明らかに判例法を審理するために500件の再入国裁判所を静かに追加したと思われる。 スコトゥスのために作用して、それらの例数はすでに米国最高裁判所の決定を却下していた: https://www.youtube.com/watch?v=72RX_bArFSI

12.米財務長官は常にPeurto Ricoの米国法人の一員であったが、現在はDunford将軍がReno Nevadaからその地位を掌握していた。

13年前に議会を通過したネサラ法では、ほとんどの行を導入することが、新しいアメリカ共和国の意図であったが、腐敗した政治家によって抑えられていた。 これらの行は、クレジットカード、モーゲージおよびその他の銀行債務をゼロにし、米国の所得税制度を廃止し、非本質的な新規項目に14%の税金を課し、裁判所と法律問題を憲法に戻した。

14.明らかに日曜日2016年6月19日に中国はBRICSに参加していた他の世界の指導者に近づきました。 オバマ大統領が世界通貨建て債務を凍結する脅威を続けていれば、世界の国々は米国に対して禁輸措置をとることに全員が同意した。 https://www.youtube.com/watch?v=2goBwhh3EiA

15.グローバル・カレンシー・リセットを実施するためには、次の3つのことが必要でした。A.中国元は、世界準備通貨バスケットの一部にならなければなりませんでした。 この決定は2015年10月に行われました。

B.新しいUSN / TRNをリリースしなければならなかった。 新しい通貨が印刷され、全国の倉庫に保管されていることがわかりました。 その記者会見はいつでも来ることができる。

C.キャブロック・コントローラー、主にロスチャイルドは、引き離すための降伏または合意のポイントに来なければならなかった。 レポートに基づいて、それは起こっている過程であった。

16.国内の米国通貨の創設は、世界的な金融システムの再計画された再開と同時に起こっていた。 ロスチャイルドの家族が2015年6月中旬に連絡を取ったように、「新しい各地区は新しい通貨のために独自の引当金を保有します。 各地区は、様々な商品で裏付されるアジアの通貨のバスケットの一部となるだろう」

17.ロスチャイルドの別のシニアは、欧州のWDS加盟国に対し、家族は現在の問題を「調整した後で」そのまま残すと語ったが、ブッシュとロックフェラーの派閥は、イルミナティとの関連と計画新しい世界秩序の

18.イルミナティはISIS戦闘機が失敗したと認めたようだが、残りのISIS戦闘機は最後に闘うと予想された。

19.上海派閥関係者の中国政府高官は、地区の理解は、現在の国連安全保障理事会常任理事国5人、 アフリカ、中国以外のアジア、中国、インド、ロシアを含むヨーロッパ、イスラム世界、北米と南米の7つの地域グループの代表者に代わっている。

フランスの批准された最近のパリ気候変動協定を確認した国防総省の筋は、BRICS諸国と米国の "すぐに"米国は金と資産を裏付けた通貨枠組みと世界通貨の再設定を偽装したと見ている。 この新しいシステムでは、排出量の割合は世界のGDPの割合に等しいと見られるため、中国はこのシステムで世界の通貨を20%支配するだろう、と情報筋によると、 この新しいシステムは、自然界の生態系が価値を持ち、かつこれまでになく保護されていたことに勝る大きな利点を持っていました。 例えば、熱帯雨林は炭素吸収源として大きな価値があり、それをカットするのは非常に高価です。

21.何年も前、ペンタゴンの軍事情報機関のポール・レイン氏は、インドネシアの秘密のナチス潜水艦基地を報告した。 インドネシアのCIA筋は、インドネシアのナビレにそのような拠点があることを確認した。 潜水艦は、新しい金融システムで使用するために金を輸送していると言われました。

22. 2016年6月21日中国は金バックYaunだ立ち上げました。 中国はすでに世界貿易のために米ドルの受け入れを拒否し、連邦準備制度の崩壊を支援し、ロンドンのゴールドフィックスを置き換えると予想される世界的なゴールドベンチマークを設定していた。 フィリップティルトン - 中国の元は正式にゴールドバック

23. 2016年6月23日に英国はユーロ圏から撤退しました。

24.連邦準備制度理事会が違法に保有していた800兆ドル、27兆ドル、9兆1000億ドルの納税者の金を使って、米国国家債務を償還しようとする試みは、カバールによって絶えず挫折していた。 数百万人がクリントン財団によって押収された。 現在、これらの資金のほとんどは、グローバル通貨のリセッションを待っている欧州の銀行口座にあります。

25.「ワンタにイーグルOne "連邦準備制度理事会での汚職約間もなくことが放出されたドキュメンタリー、この予告編を参照してください: http://eagleonetowanta.com/

26.米国の通貨制度についてのドキュメンタリー映画もあり、カバール、CIA、9-11(現代のグローバル通貨建て替えが行われたときに起こった)、ジョンソンとブッシュ大統領、そして大統領の暗殺ケネディ ケネディが殺害された右の前に、彼は連邦準備制度を閉じていた文書に署名した。 https://www.youtube.com/watch?v=U1Qt6a-vaNM

保存

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ