ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



VIDEO 謹賀新地球 2018(Happy New Earth 2018)

旧年中はご支援ありがとうございました。

2018年はいよいよ本格的なコンタクト活動がスタートします。

私たちの活動へのご支援とご参加をお願いします。

銀河連邦日本(GFLJ)

古谷 茂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(PFC Japanより転載)

https://www.facebook.com/groups/1576036749359629/

MUSIC

Abba - Happy New Year

https://www.youtube.com/watch?v=gtfy6-qeq1oAbba - Happy New Year

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【再掲】“イベント”抄訳 (2013年5月10日 コブラレジスタンス情報)

間近に迫るイベントに備えるために~2015/2/4台湾コブラコンフェランスにおけるいくつかの課題
- 最初の数週間、イベントの前後に我々は最大限に試験される。
イベントの直前にカバール(秘密グループ)は<完全に気が狂う>であろう。
それによってブログで呼びかける緊急瞑想があると思う。
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-400.html

”イベント”・・・2013年5月10日 抄訳
Abstract from http://www.veritasgalacticsweden.net/the-event

”イベント”のプラン

プランはいつも存在している。光の抵抗運動 (LRM)は着実に”イベント”の実現に向けて作業をしてきている。マトリックス(囚人を人工的な現実の中に閉じ込めておくコンピュータプログラム)の ハッキングをする道があることを、LRMは知っていた。この論考を2013年3月2日に書き起こした時点でついにマトリックスは崩壊し、今では”イベン ト”を起こす完全な時を図るだけの問題になっている。今表面上の全ての、変革が必要なあらゆるレベルのものにますます多くの光が照射されるようになってい る。マトリックスが今は崩壊したので、この光は日々増加し、変化は急激になっている。次第に、日に日にマトリックスは解体されてゆく。アストラールプレー ンとエーテルプレーンはまだ完全ではない。私たちが制御していないネガティブな物事が私たちの上に降りかかってきた時には、白色光の保護を利用する必要が ある。

当初の最長3日~7日

”イベント”の始めの数時間の間には、銀河の勢力が通信衛星と通信局を占拠する。あなた方はこの惑星上、及び周辺で起きていることについての情報を受け取ることになる。LRMはウイルスを侵入させ、ロ スチャイルドの金融システムのコンピュータープログラムにコードを打ち込む。これはもちろん既に試験済みであり、数十億ドルを、ためしに引き出した事があ る。したがって彼らはこれが作動することを知っている。このウイルスはコンピューターのメインフレーム内の口座を閉鎖させる。クレジットカードは動作しな くなる。銀行も閉鎖される。

この時点で資金の移動の手段はなくなる。現金、及び、金銀のコインを手にしておくよう勧められる。

ある商店は開かれたままであろう。ある商店は現 金、金銀を受け取るだろう。銀行が閉鎖されると、人々はパニックを起こしがちになるだろうが、パニックを起こす必要はない。お金を廃却すべきではなく、最初の数週間使用できないだけなのである。なぜなら、このお金は後に有効になるからだ。逮捕が完了するまでの数日間だけ混乱が見られるだろう。

新しいことが起きてから45分以内にスーパーマーケットは文字通り空になるだろうから、3日~7日分の食料を常に確保しておくことが賢明であろう。多くの奉仕活動をしなければならないことが分かっていない限り、ガ ソリンタンクを満タンにしておけば十分であろう。全ての物の一週間分の蓄えが必要である。これらの初期の混乱時期には、十分な水と食料の確保を確実にして おいて欲しい。

数日以内に、新しい金融システムが稼動するだろ う。やがて、カバールが奪取していた黄金が人間の手に戻されるだろう。カバールは、真の黄金を所有しておらず、タングステンゴールド(外側だけが黄金のタ ングステン)を製造している。私たちは彼らが作り出している幻想を信じているだけで、それが機能しているのだ。100ドル札の製造には、たったの2ドルしかかからない。新しいシステムが稼動すると、それは黄金を背景にした通貨の流通を意味する。

この”イベント”の後には、再評価が行われる。それは私たち全てにとっての遷移の時である。全ての人は必要とするものを入手できる。

イベント発生前、発生後の配布資料を作成しました。印刷される方は、こちらをダウンロードして、ご利用下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO 人類史的転換期の地球に降り注ぐ祝福の光

GFLJ12/20,2017:人類史的転換期の地球に降り注ぐ祝福の光
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/f16ab4c501c3af9c9cf83f8c5553105a
クリスマス前に重大な公式発表が行われる見通しが高まっている。プレアデス評議会は、ジェイムズ・ギルランド氏を通して、地球解放のための直接介入の指揮権を発動するという発表を公開している。
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/277587b8e531ab936a2b5f2b7f7e73b8
映画『非認可』をDVDで公開したグレア博士を支援する銀河連邦艦隊は巨大宇宙船のデモンストレーション飛行をニューヨーク上空で行ってイギリスのエクスプレス紙が報道した。
http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/ny-ufo-ufo-30

公式発表は
・・・・・・・・・・
① 隠されてきたアメリカ政府と異星人グループの非公開コンタクトと提供されたテクノロジーを悪用した闇の勢力の犯罪行為の公開

 ・9・11と3・11の真相

 ・偽旗テロ事件と不正選挙の真相

② 現在の金融システムの違法性と新しい金融システムへの移行

 ・通貨の発行権を独占した各国中央銀行の国有化

 ・誰にも生活の保障を可能にするシステムへの移行

③ NESARA公布の主旨と世界平和の確立に向かう軍備の縮小

 ・核(プラズマ)兵器の即時廃止

 ・最低限の自衛力を残して他の軍備力を廃止する

 ・あらゆる戦争と国家間の紛争を終結する世界平和宣言の公布

・・・・・・・・・・

になると予想される。

並行して行われると伝えられた闇の勢力の大量逮捕は、すでに始まった!

フルフォードレポート英語版(12/18):米軍はハザール暴徒を検挙するために 1,000の未公開告発を持って世界中に展開する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




VIDEO GFLJ12/23/2017:欧米の主流メディアが一斉にディスクロージャーを開始した

もはや主流メディアは地球外文明の真相を隠し続けることはできない。問題は、なぜ各国の政府やマスコミがこれほど重要なテーマを扱うことを避けてきたのかという理由にある。

フォックスやCNNなどの主流メディアの報道がまじめにUFO/ET情報を取り上げるようになった背景には、グレア博士たちを中心とするディスクロージャー運動の提供する情報が広く世界的に受け入れられて、情報がエクソポリティックス(EXOPOLITICS)などの代替ニュースや市民メディアによって拡散されていった経緯がある。

さらに連日のように動画サイトに投稿される宇宙船目撃情報がツイッターなどで拡散されている状況を政府やメディアが無視できなくなっている状況もあげられる。

情報の拡散が主に英語で行われているために、日本国民は世界的な情報ネットワークから切り離されて、今何が起きていてそれがどう展開していくかという見通しを十分に持つことができず、国内の政治の混乱と政府による生活破壊の表面的な現実に視野を狭まれて、目先的に反応することで終わってしまっているケースが多い状況がある。

UFO/ET情報の隠ぺいと世界の政治の混乱は、1つの根本的な原因から発生している。

世界を裏側でコントロールする闇の勢力(ET軍産複合体)は、数千年にわたって各国の政府をコントロールして国家間・人種間の紛争や戦争を計画的に作り出してきた。近年は気象兵器や核(プラズマ)兵器を使って大規模な人工災害を引き起こして、政府に圧力をかけて国民の恐怖心をあおって国家を戦争に巻き込む戦略が数多く用いられてきた。

1890年代にニコラ・テスラが実験に「成功」した地震兵器が1923年の関東人工地震に応用されて、1944年の東南海人工地震、阪神人工地震、3・11核テロへと規模を拡大し続けていった理由は、将来世界規模で計画されている世界核戦争の軍事兵器を日本で実験しようとした闇の勢力の戦略があったからであり、広島・長崎の原爆投下は核兵器の威力を日本で実験して戦後の国際政治をリードする計画が隠されていたのである。

銀河連邦を中心とする宇宙の平和勢力は、とりわけヒロシマ・ナガサキの原爆投下に強い危機感を抱いて、1947年に宇宙船の意識的な墜落事故を発生し1952年にワシントンDCでデモンストレーション飛行を行って自分たちの実在を示すと共に、1953年以来ジョージ・アダムスキー氏やビリー・マイヤー氏らと非公式のコンタクトを行い続けて、宇宙連合の思想を地球人類に理解させる努力を続けて、今日に至っている。

メディアの報道は宇宙船の出現を現象的に伝える報道に終わっている。

銀河連邦はディスクロージャー運動を支援して政府の公式発表を急がせる目的でデモンストレーション飛行を実施している。

公式発表に続いて、公式コンタクトが開始した後、銀河連邦は自分たちのメディアを通して、直接地球人類にメッセージを発信すると伝えている。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Article

UFO&宇宙人研究の第一人者スティーブン・グリア博士の講義に感動! UFO撃墜からフリーエネルギーまで… 極秘情報を次々暴露!!

http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/ufo-ufo

GFLJ6/10,2016:銀河連邦と連携する地球上の光の勢力の活動の歴史

http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/gflj6-10-2016

GFLJ2/8.2016:人類が迎えている歴史の転換点(ターニングポイント)

http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/gflj2-8-2016

Video

◆Is the MSM Starting to Believe in UFO's & Aliens? Fox News "The Five" on the Secret DOD UFO Program

https://www.youtube.com/watch?v=bvuH9omwDyU

◆Dr. Steven Greer : The Biggest HOAX in Human History

https://www.youtube.com/watch?v=NhP_R8Eyyt4

GFLJ9/13,2017:関東人工地震(1923)と東南海人工地震(1944)が引き起こされた理由

http://flatheat177.ning.com/video/gflj9-13-2017

MUSIC

Victory is Near 432Hz

https://www.youtube.com/watch?v=mR5BnIMgP_w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




銀河連邦から地球へ

 銀河連邦は4,500万年以上前に闇の勢力と戦うために設立されました。

銀河系全体に及ぶ600以上の文明で構成され、司令部はリラ星雲とアルシオーネ星系に置かれています。

私たちは地球文明の最初から皆さんを見守りずっと導いてきました。

その間私たちのス ペースシップはずっと皆さんの惑星の上空を飛行してきました。それを皆さんはUFOと呼んでいます。

 

しかし、多くの皆さんが真実を受け入れる用意ができて いないために私たちは皆さんと交流することができないのです。

皆さんが私たちの存在を知らずにきた責任は闇の勢力にあり、彼らは地球外生命体が邪悪であるという宣伝を広めてきたのです。

まだ皆さんの多くが私たちを受け入れる用意ができていないのはわかっていますが、もしすぐに私たちが姿を現さな ければ、闇の勢力の奴隷状態から皆さんを解放することができないのです。

 

そこで創造主の許可を得て、地球全域に着陸する決定をしました。その 時にはもう私たちの実在を否定する者はいなくなります。

アシュタルの任務を遂行している存在たちは、高次元の指導者達です。

新エルサレムの最高司令官はサナンダで、 イエスの進化した姿です。

 

 

銀河社会には組織分裂と組織間の抗争は存在しません。

中心にアシュタルコマンド(銀河連邦司令官)がいて、その周囲に太陽系スピリチャルハイアラーキー・銀河系惑星連合・次元間連合が一体となって活動しています。

多次元宇宙の各次元に光の勢力が配置されていてその中心でアシュタル司令官が指揮をとっています。

 

アシュタルコマンドは地球が属する銀河系宇宙の最高司令官なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネット上では「光の銀河連邦は危険」「光の銀河連邦(GFL)と銀河連邦は似て非なるもの」「光の銀河連邦はごくわずかの惑星で成り立っています。ほとんどはレプトイド=グレイのシステムです。」などの偽情報が流されていますが、これはこれから人類が公式コンタクトを開始する宇宙ファミリーへの間違った認識を広めて、銀河連邦日本(GFLJ)への不信感をあおろうとする情報工作活動ですので読者はご注意ください。

GFL(Galactic Federation of Light)を「銀河”連合”」と訳したのは、GFLサービス(たき)の独善で、読者の混乱を避けるために、シェルダン・ナイドルの日本語公式サイト「日本PAO」の用語に準拠して「銀河”連邦”」に訳語を統一するべきだという進言を聞き入れすに「銀河”連合”」の組織名称を広めて混乱をもたらしました。

(PFCジャパンは、「地球の属する銀河系宇宙から”自発的”にプロジェクトに参加した”星団国家(スターネイション)」という意味で銀河”連合”という用語を翻訳で採用している」と伝えています。)

 

銀河連邦は、地球が属する銀河系宇宙とそれ以外の銀河系宇宙と内部地球(インナーアース)連合は宇宙連合に統合されて、霊的階層(スピリチャル・ハイアラーキー)と連携して、地球と地球人類のアセンション(次元上昇)をサポートするプロジェクトを展開していると伝えています。

 

宇宙連合内部の組織区分はペンディング(保留事項)として、公式コンタクト開始後の説明を受けるまで待つ段階にあります。

恐怖心と不信感をあおろうとする偽情報に惑わされないようにご注意ください。これから私たちの向かう高次元世界には、愛と真実以外の低次元のエネルギーは存在できないことを覚えておいてください。

太陽系勢力関係図(2016/5/24更新)

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




VIDEO 大量逮捕:永田町の懲りない面々に神の裁きが下りる時

見よ、わたしは、すぐに来る。この書の預言の言葉を守る者は、さいわいである。

これらのことを見聞きした者は、このヨハネである。わたしが見聞きした時、それらのことを示してくれた御使(みつかい)の足もとにひれ伏して拝そうとすると、 彼は言った、「そのようなことをしてはいけない。

わたしは、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書の言葉を守る者たちと、同じ僕仲間(しもべなかま)である。ただ神だけを拝しなさい」。

またわたしに言った、「この書の預言の言葉を封じてはならない。時が近づいているからである。

不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ。

見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。

わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。

ヨハネの黙示録第22章

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新ほんとうがいちばんより転載)

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-2164.html

MUSIC:Vangelis - Conquest of paradise

https://www.youtube.com/watch?v=WYeDsa4Tw0c

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




VIDEO 人類史的転換期の地球に降り注ぐ祝福の光

クリスマス前に重大な公式発表が行われる見通しが高まっている。プレアデス評議会は、ジェイムズ・ギルランド氏を通して、地球解放のための直接介入の指揮権を発動するという発表を公開している。

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/277587b8e531ab936a2b5f2b7f7e73b8

映画『非認可』をDVDで公開したグレア博士を支援する銀河連邦艦隊は巨大宇宙船のデモンストレーション飛行をニューヨーク上空で行ってイギリスのエクスプレス紙が報道した。

http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/ny-ufo-ufo-30

公式発表で予想される内容は、①これまで隠されてきたアメリカ政府と異星人グループの非公開コンタクトと提供されたテクノロジーを悪用したきた闇の勢力の重大な犯罪行為の公開② これまでの金融システムの違法性と新しい金融システムへの移行 ③NESARA公布の主旨と世界平和の確立に向かう軍備の縮小になると予想される。並行して行われると伝えられた闇の勢力の大量逮捕は、すでに始まった模様である。日本国民をだまして核戦争に導く計画を立てていた政財界の要人たちに審判が下る瞬間も近い。

天界の祝福がこめられたクリスマスプレゼントが、まもなくすべての人類に届けられるであろう。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


CNN12/20,2017:米国防総省のUFO研究、地球外生命の証拠「確信」と元責任者

(CNN) 米国防総省で極秘のUFO研究プロジェクトの責任者を務めていた元高官が18日、CNNのインタビューに応じ、地球外生命体が地球に到達している証拠はあると確信すると語った。

「私の個人的な確信として、宇宙にいるのが我々だけではない可能性を裏付ける、極めて説得力の高い証拠がある」。そう語るのは、国防総省のUFOプロジェクトを率いていたルイス・エリゾンド氏。

同プロジェクトの存在は、米紙ニューヨーク・タイムズなどの報道で明らかになった。

 

 ニューズウィーク12/18,2017:米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

<UFOやエイリアンの脅威を信じた米上院議員らの提案で発足したプロジェクト>

米国防総省に、未確認飛行物体(UFO)と地球外生命を調査する極秘のプログラムが存在したことがわかった。米軍兵士の目撃情報も明らかになった。

この飛行物体を目撃した海軍のパイロットらの音声記録によれば、UFOは一機だけでなかったらしい。「奴らの一群がいるぞ」と、一人のパイロットは言い、他のパイロットはこう答えた。「ウソだろう。奴らはみな風に逆らって飛んでいる。200キロ近い風速なのに。あれを見ろ」

国防総省は、プログラムが立ち上がる前に米軍機のカメラが捉えたビデオも調べている。

2004年のビデオには、カリフォルニア州サンディエゴ沖を飛ぶ明るい卵型の物体が映っている。物体を追跡した戦闘機のパイロットによれば、旅客機ほどの大きさだったという。

先端航空宇宙脅威特定計画の予算は、国防総省の年間予算の0.004%と小さかった。10年以上も存在が知られなかったのは、一つにはそのためだ。それでも予算がついたのは、ネバダ州のハリー・リード上院議員(民主党)らUFOを信じる一部議員のおかげだ。

(PFC JAPANより転載)

https://twitter.com/PFCJAPAN1

MUSIC

Yanni - The Rain Must Fall

https://www.youtube.com/watch?v=Iq3zo432sAU

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お名前を明記してよいですかとお聞きしましたら、山本太郎氏も、山本乃夫子氏も、いい­です。「事実は事実ですから」と。その勇気に敬意を表し、感謝します。で、みなさんに­、2015年05月03日、憲法記念日のその日に、横浜、みなと・ミライに現れたUF­Oを紹介します。そのとき山本太郎氏は、何人かのクルーとともに、ヘリコプターに乗っ­ていました。そのとき、画面の背景に、UFOが写りこんでいたというわけです。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで表立って姿を見せることの少なかった銀河連邦(宇宙連合)の宇宙船(SS)のデモンストレーション飛行が2015年5月3日に山本太郎議員のヘリコプター中継放送に登場した。

銀河連邦は、これまでのマシューメッセージやサ・ルー・サのメッセージを通して、とりわけ3・11以降の日本国民の脱原発市民活動への支援の意思を伝えてきた。

新しい地球文明の幕開け

平和的・合法的に原子力エネルギーの放棄を実現する日本国民の政治活動は、宇宙文明全体の強い要請でもある。日本の数多くの市民活動家の中心として、山本太郎氏の果たしてきた役割には世界はもとより、宇宙全体からの注目と賞賛が寄せられていることを、銀河連邦は憲法記念日という歴史的な意味の深い日を選んで、山本氏が中継するライブ放送に宇宙船の姿を見せることで示そうとしたのだと考えられる。

2015年8月・・・今、日本国民は戦争と平和という大きな分かれ道に立っている。日本国憲法の平和原則は軍事力による国家間の紛争解決を放棄することを明確に宣言しているのであり、一つの内閣の閣議決定だけで憲法の原則を「解釈改憲」して、自衛隊の海外派兵を認める行為は明白な違法行為である。

加えて、2012年の衆議院選挙以降の都知事選などの主要選挙で大がかりな不正選挙が行われた可能性が高いことを数多くの証拠と証言が証明している事実がある。本来、国民に意思を公正に反映するための選挙で、不正が行われたとすれば、それは民主主義の根幹を否定する重大な犯罪であるにもかかわらず、日本の裁判所は100件を超える申し立てを無視して、提出された証拠についての審査を完全に放棄している信じがたい状況がある。

SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)が、問いかける「民主主義とは何か?」という問いに日本政府は答える能力を備えていないので、私が代わりに答えよう。

民主主義とは、納得ずくで道理に照らして国民の誰もが正しいと考える判断を選択する政治姿勢であり、判断が大きく分かれる案件に対しては、決定を留保して充分な論議を重ねる誠実な態度である。さらに、国民が判断を行うために必要とする情報を隠すことなく公開する公正さを報道機関に要請する政府の適切な指導が前提となる。

したがって、およそ日本には民主主義は存在しないし、これまでも存在しなかったのである。

☆F★

PS 18日から私用でしばらくアクセスを中断します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




https://www.facebook.com/daitofuruya/posts/10152533744472043?comment_id=10155127166297043¬if_id=1513593763336825¬if_t=feed_comment

山本太郎議員の宇宙船映像の公開は、日本の政治の大きな変化の幕開けとなる。これから日本の政治家に、世界はもとより宇宙全体を視野に入れた政策の立案が求められる時代が訪れることになるからである。これまでの日本政府と政治家が宇宙文明に対する認識をどう発表したかを振り返ってみたい。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

GFLJ9/23,2014:日本政府に宇宙の真相公開を求める活動を始めよう

フリーエネルギー研究所所長の井出治さんは、2012年に公開された対談で2007年9月14日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた月探査船「かぐや」が、さまざまな建造物や宇宙船を撮影していた可能性が高いと述べている。

「かぐやの調査結果が全く(ほとんど)公開さ れていない理由は、一般に知られては困る多数の建造物(や宇宙船)が撮影されていたためだと思われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国の探査船が撮った月面映像 (陽毬) 2012-02-19 19:05:52

これは、ディスクロージャーを導くための、良い資料になると思います。というのは、中国が撮った月面映像と日本が撮った月面映像が異なるという点です。
同じ月面を撮った映像なので、中国の映像にはあるが、日本の映像にはない、ということはあり得てはなりません。日本の映像に手を加えられている(消した?)可能性もあるということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かぐやが打ち上げられた直後に町村元官房長官が国会 で山根議員のUFO質問に対する答弁を行い、国会後の記者会見で”個人的にそういうもの(宇宙船)はあると思う”と答えている。」

・・・・・・・・・・

政府は18日、未確認飛行物体(UFO)について「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。山根隆治参院議員(民主)への答弁。UFOに関する政府の公式見解は初めてという。

UFOを巡っては、仏国立研究機関が今年3月、ウェブサイトで目撃情報を公開したほか、米航空宇宙局(NASA)は65年の「墜落説」に関する部内文書の存在調査に乗り出している。

山 根氏が「近年、目撃情報が後を絶たない。我が国の安全上の観点からも、情報収集は喫緊の課題だ」とただしたのに対し、答弁書は「特段の情報収集や外国との 情報交換、研究はしていない」「わが国に飛来した場合の対応も検討していない」などと、つれない回答に終始。ただ、町村信孝官房長官は記者会見で「個人的 には絶対いると思う」と述べ、こうしき見解と「対立」する見方を披露した。
(毎日新聞2007年12月18日)

○町村信孝官房長官は18日午後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)について政府が存在を確認していないとの答弁書を作成したことについて、「政府答弁は政府答弁であり、私は個人的には、こういうものは絶対いると思っております」と語った。会見の詳細は以下の通り。

--先日民主党の参院議員から未確認飛行物体(UFO)に関する質問主意書が出され、本日、政府としては存在の確認していないなどとする内容の答弁書が出されたが、この質問の内容や答弁書の内容について長官の考えは

-- 「うーん、まあ、あのー、政府のそれは公式答弁としてはですね、UFOの存在は確認していない。だから、対策なども特段検討していないという極めて紋切り 型の答弁しかないだろうと思いますけれども、あのー、私は個人的には、こういうものは絶対いると思っておりまして。個人的な、個人的な意見でありまして、 政府答弁は政府答弁であります。そうじゃないと、いろんなところにあるね、ナスカ(の地上絵)のああいう、説明できないでしょ。と、思っているんですけれ どもね。ま、ちょっと、これ以上広げないようにします。どうも。毎回、こういうご質問をお願いいたします」
(産経新聞 2007.12.18)

○【山根議員のUFO質問主意書】

質問第八四号
未確認飛行物体に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第74条によって提出する。
平成19年12月10日
山根隆治
参議院議長 江田五月 殿

未確認飛行物体に関する質問主意書

近年、我が国のみならず、各国において地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体(通称UFO。以下「UFO」という。)を目撃したという情報が後を 絶たないが、我が国の安全上の観点、国民的な不安と関心からもこれに対する情報収集と確認作業は喫緊の課題であると考える。
そこで、以下質問する。

1 政府としてUFOについてどのような認識を持っているのか明らかにされたい。
2 政府及び関連機関等でこれまでUFOに対しどのような情報収集や研究、対応を行ってきたのか明らかにされたい。行っていないとした場合、それはどのような理由からか明らかにされたい。
3 UFOが我が国に飛来した場合に想定される対応について、政府の見解を示されたい。
4 航空自衛隊がUFOを探知してスクランブル(緊急発進)をしたことがあるのか明らかにされたい。
5 アメリカを始めとする友好国等との間で、UFOについての情報の交換をこれまで行ってきたのか明らかにされたい。
6 国民や民間団体から寄せられた情報の整理、分析、確認作業は、国のどの機関で行うのか明らかにされたい。

右質問する。

「UFO存在確認していない」政府が公式見解(2007年12月18日)質問主意書

民主・海江田代表驚きの「告白」 「UFOの存在を信じている」

民主党の海江田代表は「UFOの存在を信じている」らしい...

民主党の海江田万里代表が「UFOの存在を信じている」ことを明かしたのは、東京スポーツ(2014年11月27日付)のインタビューでのこと。海江田代表は「いつ聞いてくれるか待っていたんだよ(笑い)」と、まだかまだかと待ちかまえていたかのように、こう答えた。

「UFOの存在は信じている。古代文明には、宇宙人が(地球に)来ていたんだと思っている。ぼくは『ディスカバリーチャンネル』(米国のテレビ局で放送される世界最大のドキュメンタリーチャンネル)でUFO、宇宙人の特集のときはずっと見ているよ」

   東スポはこの答えに、「意外な反応が返った」としている。

GFLJ9/6,2014:闇の勢力と異星人の共謀は戦前から続いている

上の動画では日本防衛庁の国家秘密文書が紹介されている。それによると1954年(昭和29年)5月1日に自民党香川連合会に届いた防衛庁の書類で、アメリカ海外調査局の支局長とおぼしき人物から防衛庁幹部に与えられた極秘の情報をメモしたものと思われる。

(内容の一部)

54年5月1日 OSI ミスター・ヤマダ

一時CIAからの申し入れで中止されていた米空軍によるUFO情報・資料の収集が再開された。

これは国連の宇宙科学委員会の要請に基づくものとされているが、実際は最近(4月26日?)メキシコとの国境付近で原型に近い(アダムスキー型)UFOの墜落物が発見されたためである。航空自衛隊ではUFOを専門に取り扱うセクションはないのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




地球上では現在、スピリチュアルな変容が(大規模に)進んでいます。それは、『実在』からチャネルされて流入するエネルギーが、地球と人類の高いレベルへ向かう進化を加速しているからです。【注1】

この高い『愛のエネルギー』に触れた人々は誰もが地球文明の進化のプロセスを支援したいと感じるようになります。

この12年間、私は数多くの愛する仲間たちと地球上のパワースポットを旅して、高い周波数の『愛のエネルギー』をチャネルして、ネガティブなエネルギーを地球上から浄化するワークを続けてきました。

2011年の11月に、私は10人の愛する仲間たちとバミューダ・トライアングルにあるビミニ諸島を旅しました。【注2】

ビミニ諸島の周辺は、アトランティス大陸の最大のエネルギーセンターでした。

そこはアトランティス文明のヴォルテックスだったのです。【注3】

ビミニ諸島で実施したワークを報告する前に、アトランティス文明の歴史をお話ししたいと思います。なぜなら、今日の地球文明はアトランティス文明(の崩壊のプロセス)とよく似た動きを見せているからです。

地球文明の過去1000年の歴史で、高度な科学テクノロジーを備える8つの地球外文明が(地球文明に介入して)最終的に自滅する道を歩んできました。

彼らはテクノロジーと権力を乱用してスピリチュアルな進化を拒んだからです。

自滅への道を歩んだ地球外文明はヒューマノイド異星人と非ヒューマノイド異星人の宇宙飛行士でした。

彼らの使用した破壊兵器は現在の地球人が知る兵器を何千倍も上回る破壊力を備えていました。

その理由は宇宙エネルギーを悪用したためでした。

これは、フィクションではなく、地球の本当の悲しい歴史です。

彼らのテクノロジーは強力な波動技術を発達させて、地上の生物種をかけ合わせて新種を作り出しました。

恐竜が地上に出現して、新しい文明を建設するために別の宇宙飛行士グループによって絶滅させられたのは、そのような経過によるものでした。

この新地球文明もまた宇宙兵器を乱用して、火星と木星の間にあった惑星を破壊しました。

現在その場所に残されているアステロイド・ベルトはその破壊された惑星の残骸です。【注4】

約100万年前に別の宇宙飛行士グループが地球を訪れて植民地を建設しました。

レムリア文明とアトランティス文明は彼らによって建設されたのです。

当時の地球は、現在とは全く異なる地形でした。

レムリア大陸が太平洋上にあり、大西洋上にはアトランティス大陸がありました。

アトランティス文明は、現在の地球人類の文明よりはるかに進化していて、巨大なクリスタルと強力な宇宙エネルギーを利用していました。

アトランティス人の寿命は1000歳に達し、高次元の存在と交信してタイムトラベルする能力さえ備えていました。

アトランティス大陸の周辺には数多くの島々があり、地球上の他の地域には植民地が建設されていました。

アトランティスの領土にはさまざまな異星人種が暮らし、『実在』と調和するスピリチャルな生活が営まれていました。

彼らの宇宙に関する知識はそのようにして増大して宇宙エネルギーを利用するテクノロジーが発達していました。

約70万年前に彼らの社会は崩壊し始めました。エゴの肥大化と自らを「神」と見なす傲慢さのためです。

大半の人々はスピリチャルな文化的伝統を失い、無数の仲間を操作(支配)して人間と動物の交配実験を行いました。

古代から伝えられた人魚や ミノタウロス (人身牛頭の怪物)、キュクロープス(一つ目の巨人)、海獣の起源がそこにあります。

彼らは権力欲とテクノロジー妄信に憑りつかれてレムリア文明との世界大戦を開始しました。地球全体を自分たちの所有する領土であると信じ込んだためです。

彼らは自分たちの宇宙兵器とクリスタルテクノロジーを強く過信して、約12,000年前に古代世界戦争で自分たちの大陸すべてを失ってしまいました。

破壊的エネルギーがすべてを粉々にして、アトランティス文明の遺跡は現在の地球上にはほとんど残されていません。

スピリチャルな伝統を引き継ぐアトランティス人の中には、宇宙船で大災害から避難した人々もいました。

大災害はポールシフトと皆さんが現在「大洪水」と呼ぶ破滅的被害を地球にもたらしました。

彼らはそ長い年月が過ぎて、他の異星人グループが地球上の別の地域に訪れました。彼らはそこで他の生存者たちに自分たちの高度な知識を伝えたのです。【注5】

大災害の後に、エジプトやギリシアなどの古代文明が、数学や天文学、医学、建築学などの高度な知識を突然身につけた理由は、そこにあります。

彼らは空中浮揚(反重力)テクノロジーを利用して地球上の無数の地域にピラミッドを建設しました。

アトランティス文明崩壊時の権力とハイテク兵器の乱用は、より小規模ではあるが現在の世界でも再びくり返されています。

現在でも、すべてをコントロールしようとする権力者たちによって、軍事力の開発や戦争の秘密計画、宗教団体とドラッグによる奴隷支配、そして地球資源の貪欲な浪費が続けられています。

地球人類を支配する闇の権力者たちは、何兆ドルもの資産を軍備力やドラッグの開発に費やす一方で、地球上から飢餓をなくして調和のとれた地球文明を建設しようとはしていません。

その原因の多くは、地球人類が愛と光の中で調和のとれた生き方をする方法を、いまだに学んでいないためです。

多くの地球人類は今も光と愛を嘲笑って、エゴと傲慢さの増幅と貪欲、憎しみが当たり前の生活だと錯覚しています。

そのような生活は、自滅に至るだけの道であるとも知らずに・・・

これまでに数多くの文明が同じ道を通って自滅していきました。

地球人類がスピリチャルな光と世界的な愛を持って生きるなら、他の惑星で達成できた光に満ちた幸福な文明に移行できるのです。

そのために私は生活のすべてをライトワークに捧げてきました。

未来へ向かう地球の中心的なエネルギーは『愛』であって「憎しみ」「破壊」「苦難」ではないと信じるからです。

これからも私は、愛する仲間と共に地球上のヴォルテックスとして知られるエネルギースポットを巡る旅を続けるつもりです。

私たちライトワーカーのエネルギーがいっそう強力になって、地球上にヒーリングの効果がさらに広がることを願って・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【注1】

シェルダン・ナイドルやサ・ルー・サなどのチャネリングメッセージはスピリチュアルな地球外文明は、共通の宇宙創造主を信仰し、その意思に奉仕することを使命とするさまざまな宇宙文明の集合体であると伝えてきた。地球上の「宗教」は、教祖や宗教団体幹部を権威づけて信者を支配するために闇の勢力が作り出した人類奴隷支配システムであるとしている。

このことは、モーゼ・釈迦・イエスキリストの教えが誤りであったという意味ではなく、各宗教の開祖が残そうとした教えを、後の宗教団体が歪曲して、信者奴隷支配に悪用してきた歴史を述べようとしている。「神」という言葉が偽りの宗教によって歪曲されてきたために、ふるやの森では「創造主(Creator)」を翻訳に採用してきた。旧約聖書に「わたしは『ある』という者である」 (I am who I am, the Great I Am)と記されているように、モーゼとキリストは後世に「神」を偽る偽預言者が輩出することを見越して、聖書の随所に警告を残していると考えることができる。

『実在(Existece)』という言葉でアラーエが語る宇宙創造主の意味は、宇宙の中心から万物に注がれる『愛のエネルギー』を指しているのかもしれない。

【注2】

 バミューダトライアングル - Wikipedia

バミューダトライアングル(Bermuda Triangle)は、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコバミューダ諸島を結んだ三角形海域。昔から飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説がある。この伝説に基づいて、多くのフィクション小説映画漫画などが製作されている。


バハマ諸島 - Wikipedia

バハマ諸島(バハマしょとう)は、フロリダ半島の東から南東、大アンティル諸島の北側に位置する、北大西洋上の島々西インド諸島の一部。大部分をバハマが占める。南東部のタークス・カイコス諸島イギリス海外領土である。

ビミニ - Wikipedia

ビミニBimini [ˈbɪmɨn])は、バハマ西端、マイアミフロリダ州)から東へ81km(53マイル)に位置する諸島

バミューダトライアングルでの巨大なピラミッドとスフィンクスの発見(2012/09)

2014年1月1日



二人の科学者、 Paul WeinzweigとPauline Zalitzkiが潜水ロボットを用いて海底に巨大都市があることを確認した。このいくつかのスフィンクスと少なくとも4基の巨大なピラミッド、及びその他の構造物を含む古代都市の場所は、驚くべき事に、伝説のバーミューダトライアングルにある。Terra Forming TerraのArcleinの報告によると、この証拠は、同時に起きた水位の上昇と地面の沈降によって海中に沈んだ都市の存在を示している。この災害は前回の氷河時代の末期に起きた可能性がある。極地の氷床が突然融解して界面上昇を招き、特に北半球で著しかった。海岸線は変化し、アゾレス周辺での土地の喪失が見られた。島、大陸が海水中に没した。

【注3】

この動画でアラーエは「ヴォルテックス」、「エネルギーセンター(アトランティス文明を保護するパワーの中心)」と定義している。世界各地に建設されたピラミッドの意味は、宇宙の中心から流入するエネルギーをチャネル(経由)する基地だったと考えられる。

【注4】

小惑星帯 - Wikipedia

小惑星帯(しょうわくせいたい、アステロイドベルトasteroid belt)は、太陽系の中で火星木星の間にある小惑星軌道が集中している領域を指す言葉である。ほかの小惑星集中地域に対して、それらが小惑星帯と呼ばれるようになるかもしれないと考えられるようになったころから、区別のためにメインベルト (main belt) とも呼称されている。

【注5】

地球全域を破滅させた大洪水と、その後に残された生存者が先史文明を再建するのを支援するために訪れた地球外文明の存在については、各国に残された神話や伝説が現在に伝えている。

 5章 シュメール文明とアフリカ : 地球人のルーツ(Project Vega)

 メソポタミアには伝説の生き物のアプカルルという魚があり、バビロニアではオアンネスと表された。発掘された彫像によると、頭から背中にかけて魚をかぶったような姿をしている。それは身体の前部が人間、後部が魚、という姿である。神話のなかでは、アプカルルは古の賢者であり、人々に知恵を授けたとされている。彫像は守護精霊として7体セットで用いられた。

 紀元前3世紀にバビロニアの神官ベロッソスがギリシア語で著述した『バビロニア史』によれば、アルリムのことを「人が動物の如くあった時、下の海(ペルシア湾)から人の頭と魚の体を持った半魚人(オアンネス)なる者が現れてアロロスと民衆に文明と法律を与えた。」としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

プレアデス人アラーエのメッセージ17 アトランティス バミューダ・トライアングル

Excerpt from Part 17-Pleiadian Alaje-Lightwork-Atlantis Bimini

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

Sanae Sonia Aichi added 3 new photos.

世界の海を全部合わせたより3倍も大きい海が、地球のコア近くで発見された!

Massive ‘ocean’ discovered towards Earth’s core(New Scientist6/13,2014)

『この発見によって地球の表面を覆っている海がどこから生じたのか、手がかりが得られるだろう。

地球コア近くに発見された海は、700キロメートルにもおよぶリングウッダイト というマントル中のブルー色の鉱石の岩の中にあった。

水を含むリングウッダイトが発見されたダイヤモンドサンプル

研 究家たちは、リングウッダイトが隕石中に見つかる鉱物であることから、この地球奥深くに発見された 海も、そして地球の表面を覆う海も、太古の昔、地球が形成された時期に彗星がぶつかった時に運んできたと考えている。また、世界の海が今日までそのままの 大きさを保ち続けることができたのは、この発見された地球コア周辺の巨大な海があったからかもしれないと考えられる。』

「地球空洞説」は、アメリカの極秘情報をリークして世界の注目を浴びた元CIA職員のエドワード・スノーデン氏により、再び話題に上がっていました。

●CIA元職員スノーデン暴露 米国政府が隠す「高度文明 地底人」の正体

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1970年代の初頭にESSA(アメリカ政府の宇宙開発機構)が打ち上げた人工衛星:ESSA-7が撮影した北極の画像に巨大な穴が発見された。

●13 Pieces of Evidence Supporting the Hollow Earth Hypothesis


アメリカ海軍のリチャード・バード少佐は1947年にオペレーションハイジャンプと呼ばれる大がかりなプロジェクトで南極の上空を飛行中に内部地球に誘導されて、アガルタ(内部地球)のアセンドマスターとのコンタクトを体験した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バード少佐の日記

「私たちの街へようこそ、少佐。」

繊細な年輪の刻まれた顔立ちの男性が長いテーブルの前に座って語りかけた。彼は私に椅子の1つに腰を下ろすように合図をした。私が椅子に座ると彼は指先を組んで微笑んだ。そして柔らかい声で次のメッセージを伝えた。

「私たちがあなたをここへ招待したのは、あなたが高潔な人柄で地表世界で名の知られた方だからです、少佐。」

地表世界!私は半分息を呑んだ。

「そうです。」マスターは微笑んで答えた。

「あなたが現在いる場所は、インナーアース(内部地球)のアリアニの領土です。私たちはあまり長くあなたの任務を中断させるつもりはありません。私たちはすぐにあなたを、少し離れた地表世界に送り戻す予定でいます。

しかし、少佐、今私はあなたになぜここへ案内されたかを説明したいと思います。私たちの重大な関心は今、皆さん地球人類が日本のヒロシマとナガサキに最初の原子爆弾を投下したという事件に注がれています。

その緊急時に私たちは、”フラグラッズ”と呼ばれる飛行船を地表世界に送って何が起きたかを調査しました。親愛なる少佐、それはもちろん、もはや過去の歴史となっています。でも話を続けさせてください。

お 分かりのよう に、私たちは皆さん地上人類の戦争を始めとする野蛮な行動に干渉することは避けてきました。しかし、今、私たちは介入せざるをえません。皆さんは人類には 許されていないレベルのテクノロジー、とりわけ原子力エネルギーを手にしたからです。すでに私たちの密使が地上の権力者にメッセージを伝えています。今あ なたは選ばれて、ここで私たちのインナーアースの世界が実在することを目撃しています。

お分かりのように、私たちの文化と科学は地表人類より何千年も先に進んでいます。」

そこで私は話をさえぎって質問した。「しかしマスター、そのことが私と関係があるのですか?」マスターは私の心を深く突き通すように見つめてから、答えた。

「皆 さん地上人 類は、もはや引き返すことのできない地点にまで到達しました。地上の権力者たちは自分たちの権力を失うよりも、自分たちの世界を破滅させる方が良いと考え ています。1945年以来、私たちは皆さん地表人類とコンタクトを試みてきました。しかし私たちの努力は敵愾心によって妨げられたのです。私たちの飛行 船”フラグラッズ”は攻撃され、敵意にあふれた戦闘機によって追跡さえされました

わ が息子よ。で すから、今あなたに告げます。皆さんの世界には巨大な嵐が襲いかかっています。尽きることのない黒い憎しみがこれから長い年月にわたって続きます。皆さん の手の内には解決の方法がありません。皆さんが手にした科学力には安全対策はありません。やがて危険なテクノロジーが皆さんの実らせた文化の果実を踏みに じるでしょう。そして人類のすべてが巨大な混乱の中に投げ込まれます。

皆さんの今回の世界戦争はこれから人類に訪れる危機のほんの幕開けにすぎないのです。私たちはここにいて、すべてを明らかに見通しているのです。違いますか?」

「いえ」私は答えた。「それがこれまでに起きたことです。暗い時代が訪れて、5年以上にわたって続きました。」

「そうです、息子よ。」マスターが答えた。

「暗い時代は再び世界に戻って覆い幕のように世界を包むでしょう。でも、皆さん地表人類の中に嵐を突き抜けて生きようとする人々が現れます。

私たちは廃墟と化した皆さんの世界に新しい世界が生まれ出る光景を遠い先に見通しています。

彼らは失われた伝説の宝を求めにここを訪れるでしょう。それは私たちが安全に保管してあるものです。

その時が来たら、私たちは再び前に出て、皆さんの文化と生活を蘇らすでしょう。その時までに皆さんはもう戦争の無益さを学び終えているはずです。

その時から皆さん地球人類は、再び科学と文化の豊かな果実を取り戻して新しい地球史を開始することになります。

わが息子よ。ぜひ、お伝えしたメッセージを携えて地上に戻ってください。」

この結びの言葉で私たちのミーティングは終わりを迎えたように思えた。私は夢見心地でしばらく佇んでいた。それでもそれが現実に起きたことだと分かってはいた。我とも知らず私は軽く会釈をした。それが敬意からか親近感からかも分からないままに・・

突然、私は自分をここに連れてきた2人のホストが傍らに戻っていることに気づいた。

「こちらです。」

ホストの1人が手振りで知らせた。私は立ち去る前にもう一度マスターを振り返った。彼の繊細で年季の刻まれた顔にやさしい微笑みがあふれていた。

「ごきげんよう、わが息子よ。」彼は愛情深いほっそりとした手で合図しながら語りかけた。そしてミーティングの終了をジェスチャーで伝えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●【転載】地底世界からの情報伝達が始まった!

NASAが地底人の文明が発したと思われる電波を受信した。 NASA上層部の人物が匿名を条件に明かしたその内容は 、おおよそ次のようなもののようである。

電波は地下数百キロの地球深部から届いたものである。 NASAの専門家たちは、その電波は高度に進化した知的生命体からの信号であると判断している。  何者かが我々に向けて通信してきていることは明らかある。 その正体が何であれ、 その存在は数百キロの厚い地殻を突き抜けて、地上に到達する信号を送る技術を持っていることは確かである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイケル・サラ博士は2016年4月28日に「内部地球のメンバーが公式に地表世界に姿を現して人類とのコンタクトを開始する」というコーリー・グード氏の情報を発表した。

●Inner Earth Beings Take First Step to Openly Reveal Themselves to Humanity

まもなく開始する公式コンタクトは、シリウスやプレデスの銀河連邦のメンバーと共に、アガルタ連合のマスターたちとの再会も含まれることになる。

その瞬間が目の前に近づいている。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【再投稿】ディスクロージャーを前に

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/9b6a12e07faa24b349733775f96df2e2

現代になって政府と地球外生命体の共謀が密接に行われた一例がアドルフ・ヒットラーの時期のドイツに見ることができる。テクノロジーがこの国を発展させたが、それは攻撃的な目的に使用するためのものであった。ドイツは地球外生命体にとって利用しやすい恰好の候補だったのである。人類への「実験」に関する協定が締結されて、ロケットを始めとする高度な推進力がもたらされた。同時にそれは人類の大量殺戮の開始でもあった。(敗戦後に)ドイツの科学者たちがペイパークリップ・プロジェクトを携えてアメリカに亡命し、ETとの(共謀)関係とナチス思想がアメリカ(の影の組織)に引き継がれて今日に至っている。

1950年代に入ってアメリカ政府と(ネガティブな)ETとの間に人類を実験材料とする実験を行う協定が締結された。彼らは通常の地球人を対象に生物実験を行って自分たちの生物学研究に利用しようとしたのである。この当時の実験が子どもたちの失踪やアブダクション現象のルーツとなっている。

ディスクロージャーのもう一つの側面は地球人類が作りだした(闇の)組織による汚染である。これは何千年も前に自分たちを宇宙から降臨した超越的な存在として崇拝させた宗教に起源がある。現在の宗教の多くがこれらの古代の信仰にルーツを持っている。このような人類社会への浸透は彼ら:アウトサイダーたちが人類の形体にシフトできるという能力によるものである。何千年にもわたってこのことはこの惑星の隠された一面であった。財産や名声を得た人々は、人類のように見えるが後になって先住地球人類とは似つかない行動をとり始めるアウトサイダーに憑依されているケースが多いのである。そのような行動の背後には他のETとは異なって彼らには感情やモラルが欠落していることがあげられる。もし注意深く調べてみれば、アウトサイダーによる大衆操作が政治・法人・銀行・宗教・スポーツそしてメディアの各分野に現われている。これは彼らの人類コントロールの主要な手口であり、これからのディスクロージャーで次第に表面化することになる人類史の醜い側面なのである。

地球先住ETではないETから入手したテクノロジーと開発につぎこんだ何十億ドルもの資産によって月面と火星上に秘密軍事基地が建設された。エイリアン・テクノロジーはHAARPのようなプロジェクトの中心となり恐怖心を駆り立てるバイブレーションを放送することで大衆の行動のコントロールが行われた。このようなマインドコントロールは人類を権力者に服従させて殺人兵器を作りだすために定期的に実施されてきた。

2001年9月11日の陰謀の全体像を取り巻く情報から真相をふるい分ける必要がある。これらのイベントの背後にある真相は次第に表面化することになるが、主要メディアが伝えていたようなテロ事件ではなかったことはもはや明白である。もちろん、そこで行われた行為は合法性のある戦争や拷問でもないし、国家行政と関わるものでもない。このイベントのヴェイルをはがせば、そこに人類の奴隷化をめざすメディアと宗教団体の共謀が明らかになるだろう。同じように、空を覆うケムトレイルは地球温暖化を緩慢にする善意の取り組みどころか、今では人類すべてを汚染している重金属と生物兵器に満ちているのである。このような生物兵器はワクチンに用いられているものと関係しているが、緩慢な病気による病死に代えて即死による死亡者を増加するようにデザインされているのである。

したがって、(これから皆さんが通る)「滑りやすい坂道」は本当に滑り落ちる危険に満ちている。いったんこれまでお伝えしたような可能性に皆さんが心を開けば、そしてその信ぴょう性を納得のいくまで自分で調べれば、皆さんはもはや地球での自分の存在をこれまでの慣習的な見方で見ることができなくなってしまうのである。最近人間の身体で地球を訪れたより優秀な種族は先住人類の福利とそのアセンション・プロセスに奉仕している。もし自分たちの利益のために活動しているグループが実在し、彼らが地球をコントロールしているとすれば、人類が自分たちだけで彼らの奴隷状態から脱出することはできない。人類は外部からの援助を必要としている。

そしてその「外部の者」がここに大勢いてまさにその活動をしているのである。彼らはソウルの協約の一部としてのその使命を持って地球に転生してきた。彼らはウオークインとして地球を訪れてオリジナルなソウルと入れ替わっていることもあれば、人間に形を変えて地球に来ている場合もある。今この瞬間にも何百万ものソウルは人類の福利を促進するために積極的に活動している。さらに教育関係や他の団体で人類を新しい考え方や生き方に目覚めさせる活動に専念している者たちもいる。最近この惑星に加わったソウルたちに関して最も重要な真実は彼らが明確に人類の進化と地球のアセンションに奉仕していて、すべての活動が創造主との一体化の枠組みの中にあるという点である。

ディスクロージャーの幕が開けば、ただちに「滑りやすい坂道」が目の前に見えてくるだろう。なぜなら、ディスクロージャーの一面が明らかにされるなら、地球を取り巻くスペースシップの艦隊の実在は言うまでもなく、人類の中にいる非先住ETの果たしてきた役割も完全に暴露されることになる。それは非先住ETによる政府・銀行・法人宗教団体及びメディアのコントロールを明らかにしていくことになるのである。その結果、一般の人々はついに自分たちがいかに奴隷化されてきたかを悟ることになる。その後に混乱が始まるだろう。そしてその混乱の中から新しい地球が生まれ出ることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポール・ヘリヤー元カナダ国防相TVインタビュー(日本語字幕)

https://www.youtube.com/watch?v=HTqDbY4dggs

アイゼンハワー大統領のひ孫が伝えるET侵略①

https://www.youtube.com/watch?v=IWjADsLPfRs

台湾でロハス:人間製UFO

http://425.blog.jp/archives/1800741.html

MUSIC:Jon & Vangelis...Change we Must

https://www.youtube.com/watch?v=AQC2Eyv2dyk

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アメリカで大量逮捕が着実に進行している。9・11と3・11の真相が暴露されて、首謀者が逮捕されるのもまじかになっている。ポール・ヘリヤー氏の異星人実在の真相暴露をイギリスの主流メディアが報道した。各国政府による公式発表に備える情報公開と思える。

☆F★

新ほんとうがいちばんより転載)

◆ 旧体制崩壊、欧州・中東・アフリカに広がる革命の波
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪2017/12/04 VOL441≫

12月1日に開催された皇室会議において、平成の時代があと1年5ヵ月程で終わることが決まった。次の元号は是非とも「明るい未来」を想像し得るものにして欲しい。また偶然か否か、「平成」最後の1年でハザールマフィアによる世界支配も終わる見込みが高まっている。

それに向けて、いま最も激しい動きを見せているのがアメリカだ。ハザールマフィアに対するパージ劇の最新展開として、先週トランプ政権の元大統領補佐官マイケル・フリンが司法取引に応じ、バラク・オバマやヒラリー・クリントン、パパブッシュ、ジャレット・クシュナーなどについて証言を始めたとCIA筋が伝えている。

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/trump-russia-investigation-jared-kusher-michael-flynn-latest-a8087936.html

また、先日11月24日にはハリウッド映画の大物スターであり監督も務めるメル・ギブソンが、アメリカにおける「ハザールマフィア支配の崩壊」にも関わる驚くべき発言をしている。

BBCの番組「Graham Norton Show」収録後の舞台裏で、メル・ギブソンは記者団などに対して「ハリウッドのエリートたちは、毎年大量の子供たちを虐待している」と証言、「子供たちを殺して血を収穫し、肉を食べる。彼らは、その行為が彼らに生命力や繁栄を与えると信じている」と述べている。

(嗚呼、悲しいではないかより転載)

今世界が激しく動いている。
11月18日に米海兵隊がCIA本部を占領した。
その影響でアフガンの400箇所のヘロイン生産拠点が爆撃された。
アメリカ軍産複合体の中で内戦が起きている。
アメリカの大物政治家を含む逮捕者が4200名以上に上っている。
まだ発表されていないが、すでに始まっている。
トランプ大統領のツィッターを見ればわかる。
もう一つ大きな展開は、北朝鮮がアメリカを始め世界のどこにでも核爆弾を送ることができることを見せた。
これで北朝鮮が潰されない、核戦争のカードがアメリカが切れなくなった。
地球の今後を平和的に決めるしかない。
それはある意味でよかった。
リビアのようにあきらめると滅茶滅茶にされる。
これによって旧体制の全面戦争が切れなくなった。
イスラエルのネタニヤフ首相が、イランと戦争をすると言う発言をしたことに対して、
イスラエルの国防長官がイスラエルはイランと戦争しませんと言っているので、最後の悪訳が失脚し始めている。
日本では加計学園で私物化学兵器を作ろうとしている安倍政権が問題である。
今、アメリカンの第七艦隊の幹部440人のうち対象60名が収賄罪事件で捜査されている。
これでハリーハリスのアジア地区最高司令官が首になる。
それによって横田基地で身を潜めているマイケルグリーンとりチャード・アーミタージも保護されなくなる。
そうすると安倍政権と311大量殺人の犯人たちも、ようやく逮捕される。
311の関係者に言う。今のうちに降伏すれば、まだ許しがある。
嘘を言い続ければ刑務所、あるいは死刑になる。
世界は激変していて、ドイツのメルケルも失脚、911のサウジ王子たちも逮捕された。
アメリカではジョン・マケイン、ヒラリークリントンも逮捕された。
やっと正義の味方が勝っているので、人類の解放を楽しみにして下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TOCANA12/4,2017より転載)
異星人は過去何千年にわたり地球を訪問しており、冷戦時代には混乱の原因となっていた――カナダの元国防相であった人物の証言が話題となっている。英「Express」他が報じた。1130PH-1.jpg
ポール・ヘリヤー氏。画像は「Express」より引用


冷戦時のUFO事件を元国防相が暴露

 今回エイリアンが何千年も前から地球を訪れていると語ったのは、冷戦時代の1960年代にカナダの元国防相を務めていたポール・ヘリヤー氏だ。ヘリヤー氏は1995年からエイリアンとUFOの実在、そして政府当局との共謀関係について暴露しており、UFOコミュニティでは著名な人物である。無論、以前トカナでもご紹介したことがある。

 ヘリヤー氏によれば、この数十年間、地球には少なくとも4種類のエイリアンが訪れているという。また、冷戦真っただ中の1961年に50ものUFOが編隊を組み、ロシアからヨーロッパにかけて横断するという事件があったことも暴露した。当時の軍最高司令部はこの異常事態に慌てふためき、非常ボタンを押す寸前であったという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




JamesGilliland11/20,2017:Messsagefrom Plejadians

http://operationdisclosure.blogspot.jp/2017/11/james-gilliland-message-from-pleiadians.html

 

11月19日に銀河連邦に加盟する惑星評議会がすべて集結して、プレアデス評議会に地球文明をアトランティスとレムリア文明以前の状態に回復して、地球上の動植物と人類の遺伝子を宇宙法則に適合する状態に復元する作業の指揮権を委託することに同意した。

暴虐的な圧政と自由意思を与えた神聖な権利を侵害する行為は、人類に危害を及ぼす限度を超えて地球文明を破滅に追い込もうとしている。

この解放運動は、主に意識とエネルギーの領域で19世紀から開始して効果を及ぼしてきた。

解放運動は、この間進行し続けているが、それは宇宙法則が許容する範囲に限られて、不干渉の原則と呼ばれる神意に沿う活動であった。

しかし、ネガティブな勢力の活動は許容限度を超えて極端に至っているために、地球人類と地球環境を保護するために主要な強制的介入が必要であるという決定が行われた。

悪意のある異星の訪問者たちとアルコンと呼ばれる勢力の排除が進んでいる。

ドラコニアン・グリッドは分解されつつある。

ネガティブな勢力と連携する一味の活動は終了しつつある。これは多次元の勢力の連携する活動による。

地球上で非人道的な行為が絶えないのは、地球が悪意のある地球外勢力の支配下にあるためです。

彼らの人類をだます手口は暴露されて、もはや許容の限度を超えています。人類は今目覚めるべき時を迎えています。

皆さんは自分たちの本当の歴史を知るべきです。創造主の真の性質と人間であることの意味を・・・人間は神(女神)なのです。

皆さんは神の似姿として創造され、地球外からの訪問者と同様に進化した存在なのです。

皆さんには神のDNAが備わっていて、それがすべてのアブダクションとハイブリッドを説明します。自分の神をコントロールするよりそれを称えるべきです。

皆さんは騙され続けてきたのです。そして、無数の方法で意識を操作されて誤った認識を押し付けられてきたのです。皆さんが摂取する水道水・食品に混入された添加物・遺伝子組み換え食品・巨大製薬企業・ワクチンに含まれた毒物・果てしなく続く戦争・・・すべては、アルコンまたはドラコニオンの組織によるプログラムの一部でした。

皆さんはまもなく彼らの支配から解放されて、彼らが用いてきた手口のすべてが明らかにされます。圧政と戦争、病気による利益産業、見えない世界で操り人形をコントロールする人形使いたちはその役目を終えて、皆さんの世界から取り除かれます。

これは、宇宙法則と創造主の法に基づく惑星文明と評議会の決定です。皆さんは目覚めの時を迎えました。自らの尊厳を取り戻して、皆さんの惑星を再生しましょう。

天にあるごとく、地もそうあれ!


As above so below

JamesGilliland11/20,2017:Messsagefrom Plejadians

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/25b3b9cbf68e108efa5b425a7829de31

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )