ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



(「原発要らない、福島返せ…」福島出身の女性は拳を突き上げた:11日夕、国会議事堂前。写真:田中撮影)

「再稼働反対」「原発とめろ」……晩秋の冷たい雨が降る霞が関の空に参加者たちのシュプレヒコールが響いた。福島の事故から1年8か月が過ぎた。これまで何十回、霞が関で抗議活動が行われてきたことか。先進国でここまで根強く国民の批判を浴びる政府も珍しい。

 自転車デモを流行らせたメンバーの一人(30代男性・江戸川区)は自分に誓うように話す。

「10年位前から原発の危険を感じていたので、事故の後は2週間くらい眠れなかった。これからどうなるか心配だが、後には引けない。もうやるしかない」。

 夫と共に板橋区から参加した主婦(60代)がいみじくも語った。

「私たちには子供はいないが、未来の子供たちが引き受けるものを考えると不憫でならない。経団連の冷酷な大人どもは何を考えているのだろうか。もう原発はやめるしかない」。

 官邸前、霞が関、国会前の再稼働反対集会はこのところ参加者の減少が指摘されていたが、きょうは雨天にもかかわらず最盛期の賑わいが復活したようだった。日本のどこかで原発が動いている限り集会は続き、抗議の人が絶えることはない。

デモ禁止された市民が包囲 霞が関、国会に響く「再稼働反対」 (田中龍作ジャーナル)

・・・・・・・・・・

上の記事のメント欄にはあいかわらず嘲笑的な妨害コメントが目につくが、もはや「何人集まったか」は問題にはならない。東京都のみならず全国から無数の人々が、ネットを通して呼びかけ合って国会を囲んで「再稼働中止」「原発はいらない」と叫んでいる事実がここにある。この声の広がりを示す場がこれからの東京都知事選挙である。原発再稼働の策略を隠す「脱原発依存」「原発ゼロ」の詭弁にだまされてはいけない!

今度こそ都政を都民の手に取り戻すチャンスを逃さないようにしよう!

 



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



« TPPをめぐる政... 相違と対立を... »
 
コメント
 
 
 
未来 (朝日)
2012-11-12 18:57:59
日本中央銀行廃止デモも、やってほしいU+203C
 
 
 
再稼働中止を実現しましょう (flatheat)
2012-11-12 19:27:29
国民の生命と安全を守ることが今、緊急に重要な課題です。

読者へ

ハンドルのないコメントは掲載しない方針ですのでご了解ください。
 
 
 
Unknown (疑問)
2012-11-12 23:58:09
ふるやさんは、NESARA公布とかアセンションとか間近に迫っているという話を信じている割には、
未だに世俗的な運動から離れないんですね。
未だに善だ悪だ言ってておかしくないですか?
 
 
 
無党派層はどこへ (596)
2012-11-13 08:36:00
以前は民主党を支持していたのですが、民主党のあまりにもふがいなさに落胆し、今は無党派層です。
原発廃止は大いに賛成なので、今回は原発廃止に賛成する政党に投票しようと思っています。
民主党は全て根本から作り変えなきゃ駄目でしょう。
 
 
 
そのとおりです (flatheat)
2012-11-13 10:18:18
政党にとって選挙前の公約は決して放棄してはならない生命線です。菅直人・野田佳彦民主党政権の公約放棄路線を見限って離脱した国会議員の皆さんにぜひ希望を託したいと思います。

『国民の生活が第一』は社民党・共産党の他、減税ニッポン・新党大地(真民主)などの地域政党、そして民主党離脱議員の設立した諸政党と手を結んで「オリーブの木」のネットワークを創設することで日本国民の皆さんのご期待に答えようと連携を進めています。

脱原発国民連合は、国民レベルで生活+オリーブの木と連携してすべての小選挙区で脱原発統一候補を擁立する活動を進めて、これからの都知事選と衆議院選で勝利を勝ち取って、新しい国民のための政府樹立を実現したいと願っています。

私たちはまだ準備段階にありますが、ひとりでも多くの皆さんのご参加を期待しております。

連絡は藤島までお願いします。
kochi53@triton.ocn.ne.jp
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。