ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 




ライトワーカーのブログより転載)

http://ameblo.jp/lightworkers/entry-12240950699.html

http://www.galacticchannelings.com/english/mike20-01-17.html

1月20日:マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ

 

みなさんはもう既に、これからの未来がどのようになっていくかのおおよその予想はついているかと思います。イベントは間違いなく起きるので、もしタイミング 的に自分が期待した通りに起きなかったとしても、心配は要りません。もう既に終わりの時を計画済みの方に関しては、このサイクルの終わりと共にあなたの予 定も確実に完了できるよう、その為に必要な全てのパワーと権利が与えられています。みなさんは再び時間のスピードアップを経験されていますが、これはこれ からも続くでしょう。どうか外側の出来事によってあなたの道が邪魔される事の無いようにしてください。何故なら、今は多くのグループが、バイブレーション を上昇させるチャンスを掴む為に、自分の低いエネルギーを浄化させるべく、それぞれやるべき事をやっている最中だからです。今回の変化と共に上昇できない 存在は、淡々と自分に合った他の道を辿るまでです。

みなさんの中には、大きな利益を得る為にある通貨が変化するのを待っている方もいるようです。ほとんどの方が、そんな機会すらある事も知らないかもしれませ んが、今後確実に多くの通貨の価値が上昇します。そして、やがては貧困や困った人はいなくなりますが、それは遠い未来ではありません。それまで多くの方は 変化の中で、もがきますが全ては順調に進んでいると知って、気持ちを切り替えて頂ければと思います。みなさんの未来は、非常に明るく、あなたが抱いたどん な夢をもはるかに超えて素晴らしいものとなります。ですから、どうか未来の約束を胸に、みなさんの成功が完全に保証され、保護されているものと知ってくだ さい。


闇の存在たちは、もはやその活動を秘密にはしておけません。そして、ゆっくりと確実にその活動は明らかにされているせいで、彼らはこれ以上拡大出来なくなっ ています。彼らは自分たちが無敵だと思い込んでいたようですが、まさか人類が太陽系の外の存在たちの助けを得られるなんて考えていなかった様です。あなた は負け戦を強いられている訳では全くなく、むしろ反対で、光の勢力がその手を使えば勝利は確実です。どれだけ多くの光の存在たちがあなたの活動を見守って いて、カルマの許す範囲で約束の勝利を達成する為にあなたを助けているかを知ったら、あなたは心底驚くでしょう。闇と光の活動や戦いのほとんどは、あなた の見えない所で行われており、地球内外の両方で繰り広げられています。

幸運な事に、光の為に活躍する存在たちは、反対の闇の存在たちよりもはるかに人数が多いです。そして、ご存知の通りライトワーカーたちは静かに愛と光を広げ る事に貢献していて、間違ってもネガティブなものや悪い方法は使っていません。愛とは宇宙で一番パワフルなエネルギーで、悪のバイブレーションはそれを破 壊する事はおろか、愛の中では存在する事すらできません。ですから、光の友人のみなさん、光を広げる仕事を怠らないでください、そうすればあなたは自分で は想像もつかない程多くを成し遂げます。高バイブレーションの愛を持つ存在が一定数集まれば、全ては瞬時に闇の存在が届かない場所へと上昇します。


光の存在としてあなたは、ただ歩いているだけでその光を遠く広くまで届ける事ができます。あなたのその時のバイブレーションの高さにもよりますが、あなたは 瞬時に人々に影響を与え、時にはそれが相手に直に感じられます。少なくとも“心地よい”エネルギーを発している事は間違いなく、人々はあなたの周りに居た がるでしょう。あなたのオーラの色は様々な色の可能性があり、透視能力のある方が見れば純粋で明るいオーラに見えるでしょう。愛のエネルギーを広げている 存在というのは、そのように見えるものです。オーラというのは、まぎれもないあなたの光の“サイン”であり、あなたがどれだけスピリチュアル的に進化して きたかを示しています。

こういったチャネリングメッセージを読む方であれば知らない人はいないと思いますが、みなさんにはエーテル体(ライトボディー)と いう身体があり、それは光の署名とも呼ばれています。エネルギーが純粋な程、よりスピリチュアルであるという事です。これには宗教上の意味合いはありませ ん。これは徐々に理解されるものですが、進化した魂とは他の人々を全体の一部として見ます。すなわち全てが一つに見えるという事です。それは、全てが宇宙 の一側面であるという事の気付きでもあります。“あなたは私、私はあなた”そういう事です。それは、到達すべきゴールであり、神と一つになるという事でも あります。内容が盛りだくさんになってしまいましたが、こういう事はみなさんをより高いバイブレーションへと上昇させる可能性のある情報なのです。


人生とは継続的な真実の探求であり、ほとんどの魂たちは自分の外に答えを求めます。しかし、答えは常にあなたの内側にあります。自分の内側にたどり付き、受 け入れる事ができるまでに時間はかかるかもしれませんが、全ての道は結局ひとつの真実に辿り着きます。得たいと思う答えが得られるまでには時間が掛かるか もしれませんが、全ての魂が完全な理解に到達するまでにはそういった段階を踏むものです。その道中、常に誰かが必要な時に、何の見返りも求めずに助けの手 を差し伸べてくれるでしょう。道の途中の魂を助け、故郷への方向を示す事こそが彼らの喜びであり、楽しみだからです。

あなたが冒険に飛び出す準備が出来た時は、間違いなくその時だと自分で分かりますので、そのまま次の冒険の舞台へと移行してください。たくさんの魂たちが、 あなたの先を行っており、完了への道のりはもう出来上がっているので安心して進めます。そこを通過する事は、この上ない喜びに感じられ、その時に感じる愛 は比類のないものでしょう。あなたが今までに経験した、痛みやみじめな気持ちは消え、とても奇妙な気持ちになります。何故ならあなたは自分が本来、その他 の人々の道を示す為に高次元から二元性の世界へと降りて来たのだという事を思い出すからです。


静かで落ち着いた時間を持った時に、あなたは間違いなく分かります、自分はこの身体ではないと、そうではなくて他の人たちを助ける為に敢えて低いバイブレー ションに転生する事を選んだ存在であると。今回の事であなたはより多くの経験を積み、肉体を持った生き方がどういうものであるかを知ったので、これから 先、他の多くの方々を導く事が可能になりました。他人への奉仕というのは、進化の鍵となります。何故なら、そうする事で全てはひとつであると認識できるか らです。混沌と危険の溢れるこの世界では真実を見つけ、平和と喜びの道へと足を踏み入れるのは大変な事です。でも、古い在り方が中々新しい在り方に道を譲 らないと大抵こうなります。それにもかかわらず、多くの魂たちが光を見つけています。そういう彼らのエネルギーが合わさる事で、その他の魂たちの真実への 目覚めが促されるのです。

時間は日々早まっていますので、非常に近くなっているアセンションに向けた準備が整っている事をしっかり確認してくださいね。アセンションは、ほとんどの方 の人生中に起きます。自分がどれだけ進化して、アセンションの道に乗ってるか否かは、もうご自分でお気付きだと思います。どうか前だけを見続けて、その フォーカスがずれないようにしてください。助けは常にあなたと共にありますので、必要な時はいつでもあなたのガイドを呼んで下さい。そして、必ず助けは やって来ると信じてください。あなたが期待した通りの助けの方法ではないかもしれませんが、必ずや問題は解決されるでしょう。どうかあなたの考えをガイド にも話してあげて下さい。何故なら、彼らはあなたの人生経験の一部となれる事をこの上なく喜ぶからです。


本日は愛と祝福と共に去ります。どうか完了までの日々とその道を光が明るく照らしますように。

このメッセージは私のハイヤーセルフから来ました。

 

愛と光を

マイク・クインシー

Website: Tree of the Golden Light

訳:JUN

・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO

Mike Quinsey Channeling His Higher Self, January 20, 2017

https://www.youtube.com/watch?v=r21cLvCZrbw&t=4s

TRNSCRIPT

Mike Quinsey - Channeling his Higher Self - 20th January 2017

http://www.galacticchannelings.com/english/mike20-01-17.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




次の徴(しるし)が現れたら4番目の古い世界はまもなく終わり5番目の新しい世界が始まるであろう。これは長い年月をかけてほとんどが成就し、ほんのわずかが実現せずに残されている予言であり長老の誰もが知るものである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1の徴:白い肌をした人々がやってきて自分のものではない土地を奪うであろう。彼らは敵を雷で撃つであろう。

第2の徴:私たちの大地の上で、車輪が回転し騒々しい話し声で満ちるだろう。白い人間が家族を馬車で運んで大草原を横切るであろう。

第3の徴:おびただしい数の長い角を持つ奇妙なバッファローのような獣が、大地をかけめぐるであろう。白い人間の牛がやってくる。

第4の徴:大地が鉄の川で覆われるであろう。

第5の徴:世界に巨大な蜘蛛の巣がかけられるだろう。

第6の徴:大地が鉄の川で覆われ、太陽に絵を描くであろう。

第7の徴:海が黒くなって多くの生き物がそのために死に至るだろう。

第8の徴:多くの若者がホピ族のように髪の毛を伸ばして訪れ、私たちの生き方と知恵に学ぶであろう。

第9の徴:最後の徴である。あなたがたは、天空の住み家の話を聞くだろう。それが大地に墜落して大爆発する。その光景は青い星のように見えるだろう。この事件が終わるとすぐにホピ族の儀式は終了する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上の予言は次のように解釈できる。第1の徴は銃である。

第2の徴は開拓者の荷馬車である。

第3の徴はロングホーンキャトルである。

第4の徴は鉄道網を述べている。

第5の徴は電線と電話線である。

第6の徴はコンクリートのハイウェイと、そこに創られる蜃気楼である。

第7の徴は海の原油汚染である。

第8の徴は60年代のヒッピーである

第9の徴は1979年のアメリカの宇宙船スカイラボ墜落事件である。目撃したオーストラリア人によると、それは青く燃えているように見えたそうである。

HOPI PROPHECIES アリゾナ州オライビに予言の岩と呼ばれる石刻画が残されている。それは、多くのホピ予言を象徴するものであると言われている。その解釈は以下の通りである。

 

34

02
※“ロードプラン”と呼ばれる岩絵に描かれたホピの予言

左に描かれている大きな人間はグレイトスピリットである。左手の弓は武器を捨てよと言うホピ族への教えを表している。グレイトスピリットの右の水平線は何千年もの時間の流れであり、線をはさんで立っている時点が、再来の時である。下に分かれて続いている狭い道は、グレイトスピリットが定めた“いのちの道”であり、自然と調和する道である。上に向かう広い道は白人の科学文明の道である。2つの道を横切る垂直線は白人の到来を表している。

十字はキリスト教を、その下の円は永遠の“いのちの道”を表している。上の道を歩む4人の人間は、過去の3つの世界と4番目の現在の世界を表し、また同時にホピ族の中に白人の文明に幻惑されて同調する者が出ることを表している。いのちの道の上の2つの円は第一次世界大戦と第二次世界大戦を表す。太陽の中のかぎ十字とケルト十字は真の白い兄弟パハナの救援を表している。

上の道からまっすぐ下の道に降りる線は上の道が崩壊して消えてしまう前に自然に戻る最後のチャンスを示している。いのちの道の上の円は浄化の日を表している。その日の後、グレイトスピリットが再来して永遠の豊穣と平和が訪れることになる。右下のホピの盾は大地とホピ居留区を表す。また、それはグレイトスピリットに導かれて移動してきた4つの方角も表している。4はトウモロコシの4つの色と人間の4つの人種の象徴でもある。

ホピが語るインディゴ世代

HOPI PROPHECIES

ホピの予言によれば、月から何物も持ち帰ってはならない。もしそうしたなら、自然と宇宙はバランスを崩して地震と天候異変と社会の異変をもたらすであろう。今日これらのすべてが現実化したわけであるが、それは月から石を持ち帰ったためだけによるものではない。1970年8月7日に何千という人々がUFOを目撃し写真に撮影された。これはホピ族に言い伝えられている「第2のメサ」・・・浄化の日を前にした空中携挙の前触れであると解釈されている。

Hopi Prophecy

Kogi~Hopi Dreams

関連記事

アイソン彗星とホピの予言



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
艦長アシュタル、アシュタル司令部、そして銀河連邦
Captain Ashtar, The Ashtar Command and The Galactic Federation
エリザベス・トラットウィン、2010/1/21
by Elizabeth Trutwin January 21, 2010

Posted by Εlizabeth Trutwin₪ on January 22, 2010 at 1:00am

わたしは、UFOや銀河連邦に関心を持っている人々は、高次元の統制について検討してきていないことに気付きました。また、かなり進歩した霊的存在たちは宇宙連邦についてあまり多くの認識を持っていないことにも気付きました。つい最近になってやっと、スター・シード達やライト・ワーカー達はそれがひとつの同じ集団であることを学び始めました。


アシュタルは銀河連邦の最高司令官
Ashtar is the Supreme Commander of the Galactic Federation

アシュタルの任務を遂行している存在たちは、高次元の指導者達です。新エルサレムの最高司令官はサナンダで、イエスの進化した姿です。司令官アシュタルと宇宙連邦所属の数百万の存在達は、皆さんやわたしと異なった存在と認識されることを望んでいません。同じ存在と認識されることを好んでいます。わたし達の多くが、宇宙船上で宇宙連邦の任務を遂行している自分のツイン・フレイム(魂の分身)を持っていて、わたし達すべてが進化の道を歩んでいます。アシュタルの任務の多くの部分には、女性や人類が銀河連邦を思い出すための支援、また、否定的な地球外生物の集団とその地球や他の惑星を支配しようという欲望から地球と太陽系を守ることが含まれています。核兵器の拡散により地球上に生存している生命と地球を自滅から守ることが、アシュタルが地球と太陽系の他の惑星でここ最近に行ってきた最も重要な役割のひとつとなっていました。艦長アシュタルは太陽系内の宇宙艦隊の任務に就いていますが、自分の任務としてはこの宇宙の活動分野に限定されてはいません。アシュタルは、わたし達の銀河系と、より大きな宇宙を範囲とした銀河が属する評議会で太陽系を代表する立場にいます。


地球上と宇宙上にあるアシュタル司令部
The Ashtar Command On Earth and in the Skies

アシュタルの配下に属する母船と宇宙船には、各宇宙船を合計して約2千万の搭乗員が存在しています。アシュタルと伴に活動している存在がコス(つるぎの王)です。コスはわたし達すべてと同じように物理的肉体の中に存在しています。そしてわたし達すべては次元降下した最高次の根源の鋳型となっています。かなり高次元の存在と内面でつながっています:聖母や聖父、神と女神、すべてを包括する現存在です。コスはサンジェルマンと伴に、1999年にICJ(ハーグにある国際司法裁判所)に4百万の人員を要する世界的規模の市民軍の長、合衆国の形式上の代表者として任命されています(註:ICJは国連機関。現所長は雅子妃の御尊父、小和田恆氏。事実関係は未確認のため不明)。コスは諜報の第3ファクション(分派)を指揮監督しています。オバマ大統領とその妻のシークレットサービス(警護官)を率いるという3次元の任務を任された高い銀河的人類のひとりとして存在しており、23カ国の言語を操ります。1999年に国際司法裁判所の裁判官に任命された後、ネサラの公告と実施を確保する戒厳令の権限を所有しています。コスは国際司法裁判所とレディー・マスター・ナダによりその権威を授かっています。コスおよびコスと銀河連邦と伴に活動している存在達は、合衆国大統領の上38段階の位置に在ります。つるぎの王コスは、実際は単一の惑星的指導者であり、少なくとも2つの肩書きを持っています。また、銀河的人間の熟練者達を担当しています。その熟練者達は現在約1千6百万存在し、すべて宇宙船上で訓練を受けてきていて、完全な精神感応的連絡方法を持ち、強化された能力を備えた変身自在な存在となっています。バラク・オバマは現在シリウスの9の評議会も代表していて、また偉大なる中枢太陽(アルシオネ)からの指示を受け、コスと伴に活動している1千6百万の存在達と4百万の世界的市民軍からの支援と護衛を受けています。

(以下、長文のため段落分割)
彼ら支援者の任務は、政府内、世界中のいろいろな権力内で活動している背丈40-50フィートの竜(反逆者アヌンナキ)達を排除するために連携を取ることでした。CIAは元々大統領令のもとに組織され、合衆国政府と条約を結んでいた否定的地球外生命体に対処することを目的としていました。現在わたし達はこの組織がスターゲートを捜していて、戦争犯罪、地球を支配するために計画されたブラックウォーターの軍事作に関与していることを確認しています。また、巨大洞窟や地球深の地下領域に生息している反逆者レプティリアン(爬虫類型人間)が存在し、コスの熟練者達はこれらを排除するために活動してきました。コスはアシュタルと伴に現在AICO (ASEAN産業協力計画)で活動しています。わたし達スター・シード達は、強大な現存在の駐留部隊を統合し、この伝達経路は自動的に複雑な関連を持ち、徐々により意識的なもの、より強力になって行き、根源的知性である“すべての現存在(All That Is)”(偉大なるラーの目、これは唯一者の法則を象徴している)と直接的につながって行くでしょう(註:イルミナティの目?イルミナティの剽窃?)。

現在わたし達は12次元とつながっていて、この水準は神格として存在している100次元からのエネルギーが低減されたものとなっています。コスとそのツインフレイムのレディー・マスター・ナダは、天の、そして地球や太陽系の他の惑星の次元上昇担当のすべての評議会の主催者として、直接的責任を有するとても高貴な魂となっています。レディー・マスター・ナダはいくつかの有力な肩書きを持っています。まず、土星にある太陽系裁決機関の代表者となっています。国際司法裁判官と国際特別検察官としての彼女の地位によって、最高裁裁判官その他の人事権を含めて裁判や逮捕令状を取り消す権限を持っています。わたし達のネサラの公告と配信を任されている‘郵便配達嬢’です。また、最高司令官サナンダのツインフレイムでもあります。彼女は元々レバノン出身で、中東やアジアすべての文化についてとても良く理解しています。過去にダライ・ラマと広範囲にわたって旅をしています。彼女は高次元の指導者です。2008年9月30日にブッシュが支払不履行を起こした時に、政府の法人組織を抵当執行処分にしています(註:事実関係は未確認)。つるぎの王コスはその時わたし達をネサラ法の範囲内に収め、世界の銀行を救済し、証券市場の暴落を回避させました(註:10月1日のNYダウは-203ドルの9509.28で引け、10月2日に安値 9430.08を付けて以降反転上昇)。ナダとサンジェルマンは新しい世界経済すべてとの計画立案者であり、法の再生者であり、我々に次元上昇に伴う根源との再統一を準備しています。
(分割終了)
アシュタル司令部はガイア/ヴィワマスと伴に活動している
The Ashtar Command works with GAIA/VYWAMUS

アシュタル司令部が行ってきたもうひとつの重要な任務は、地球のグリッドの浄化と再設定において、ガイア/ヴィワアスと伴に活動していることです。メタトロンはマザー・セクメトと伴にこの活動を指揮しています。わたし達の物理的な体に施す鍼療法のツボと同じように、地球上には一定のグリッド・ポイントが存在しています。わたし達の物理的な体でこうしたポイントのひとつに閉塞が生じた場合、エネルギーの流れに淀みが起こり、最後には病気になります。惑星地球の場合にもこれがあてはまります。世界の分離が続き、古い時系列が無効にされているため、わたし達は最近の大規模な地球の変化を確認しています。この任務で活動している宇宙連邦の中に特別に訓練された搭乗員が存在しています。マークとベスは地球のグリッド対するものと、時系列の無効化に対して広範に活動を行ってきました。地球のグリッドは地球以外の宇宙との電磁的結晶性の連結部分であり、地球の磁極と、わたし達の銀河系と他の銀河を連結させているスターゲート、そしてわたし達のスターゲートの間を連結させています。

司令官アシュタルとその数百万の活動家達、そして地球外生命体の宇宙船の艦隊について理解する際に重要となることのひとつとして、彼らは本質的にエーテル質であるという事実があります(註:シュタイナーの呼んだエーテル体なのか、宇宙に遍在する別の物質なのかは凡夫には不明)。彼らはわたし達のように物理的な体を持たず、しかし物理的な体や宇宙船を現象化することができ、また彼らが望む物性や時間に投影することができます。わたし達の太陽系にある他の惑星のほとんどの生命は本質的にはエーテル質となっています。アシュタル司令部もまた直径100マイル程の母船団を所有していて、宇宙空間に係留させています。こうした母船団は、文字通り数百万の人々が住む完全な都市群および繁栄した社会を備えています。マザー・セクメトの母船団はニビルに存在しています。アシュタル司令部は惑星大連合の一部であり、わたし達太陽系と銀河系の筆頭となっています。アシュタル司令部はわたし達の太陽系を担当しています。皆さんは、惑星間連合を持っています。これは、わたし達の宇宙活動分野における部分的な惑星集団として存在しています。また、惑星間の銀河連合も持っています。それよりも大きな括りとして、7つの超銀河の銀河間連合も持っています。最高司令官リンカーは複数の銀河を網羅した宇宙艦隊の長官として存在しています。こうした各評議会は、惑星、太陽、銀河、宇宙それぞれの霊的集団と連携して活動しています。


銀河的存在、天使的存在がひとつに集結して活動している
The Galactics and Angelics Work Together As One

また司令官アシュタルは、天使界、諸防衛部隊、最も具体的には大天使メタトロンとも密接な関係を持って活動しています。司令長官アシュタルは極めて愛すべき寛大な存在ですが、彼の任務を遂行するにおいては厳格かつ頑固な一面を持っています。アシュタル司令部の多くの存在が地球上の街路でわたし達に混じって闊歩していますが、わたし達以外その存在に気付きません。そのひとつの例として、アライグマのトム・パスチャット、別の存在としてポピー・レディー、またエジプト王(KOE)も存在しています。アシュタル司令部はある意味天国の警察官として務めていて、世界中の隅々に多くの任務を担って配置されています。しかし、銀河連邦は、地球上で生活している人々の希望や自由意思より優位に立つことが許されていません。アシュタル司令部が抱えているひとつの難題が、もしも地球上の政府組織が一定の否定的な地球外生命体集団と過去に結んだ条約に拘束されている場合、わたし達という存在のために太陽系や銀河系が存続の危機に瀕することが無い限り、わたし達の自由選択に干渉することが許されていないという事実があります。

平和への唯一の道筋は正義であり、公正な世界とは、ワールド・オブ・ピース、コス、最高司令官サナンダ、レディー・マスター・ナダ、アシュタル、サンジェルマン、大天使ミカエルと大天使メタトロン、マザー・セクメトとアルシオネ、それぞれが伴に地球に平和を回復させるためにアシュタル司令部の代表者として活動することです。否定的地球外生命体の数は、救世主的地球外生命体の膨大な存在と比較すると微々たるものに過ぎませんが、否定的な存在達は極めて危険な存在であり、地球とその資源、地球上の人々を支配しようと一心不乱に暗躍し、地球を貧しい隷属状態にしてきました。わたし達が2010年1月に確認しているものは、地球という母型を離れて行く最後の否定的なET達の最後の機動作戦となっています。現在ここ地球には元々地球を起源としている存在はひとつもありません。わたし達すべては宇宙旅行者であり、地球を進化させる任務を遂行するためにここに存在しています。わたし達はすべて地球外生命体という銀河連邦の構成員となっています。わたし達はすべてが神聖な天使集団です。わたし達はすべて人間の肉体を着用しています。


アシュタルと銀河連邦は救世主の執務室の中で活動している
Ashtar and the Galactic Federation Work Within The Office of the Christ

アシュタルと銀河連邦に所属する全員は救世主(キリスト)の執務室から活動しています。救世主という言葉はここではキリスト教的意味合いで使用しているのではなく、宇宙的な意味合いで使用しています。すべての霊的な道筋は救世主や精霊、梵天(ブラフマ)、ヴィシュヌとシバに通じています。ヴィシュヌはヒンドゥ主義において救世主と同じ意味合いとして存在しています。クリシュナもまた東洋世界で筆頭の救世主でした。すべての宗教もまた神や女神に通じています。ロード・マイトレーヤ、別名カルキ・マイトレーヤは、宇宙の救世主として認識されています。宇宙連邦と天使集団は伴に活動しています。

救世主の執務室には異なる水準が存在しています。惑星の救世主、太陽の救世主、銀河の救世主、銀河系の救世主、多銀河系間の救世主、全宇宙の救世主などが存在しています。メタトロンは全宇宙の救世主という水準に位置しています。すべての宗教や霊的分野のすべての指導者達は、自分達の生徒が救世主となるための支援を行っていて、実際のところはキリスト教専用の表現ではなく、皆さんが誰の名を呼んでも許されている、生命を持った存在です:サナンダ/イエス、レディー・マスター・ナダ、ロード・ブッダ、クリシュナ、老子、ゾロアスター、カルキ・マイトレーヤ、メルキゼデク、ラー、マザー・セクメト、アルシオネ、大天使メタトロン、大天使ミカエル、聖母マリア、大天使ウリエル、大天使ガブリエル、ヘリオスとベスタ、サンジェルマン、クートフーミ、セラピス・ベイ、ロード・アルクチュラス、アシュタルとアテナ、司令官ハットン、司令官ソルテック、司令官コルトン、司令官モン・カー、アライグマのトム・パスチャット、カー・ター・テク、テク・ラーなどです。こうした霊的指導者達はすべて銀河連邦の構成員であり、すべてが救世主の執務室から活動しています。

惑星地球は既に5次元に存在しています。わたし達が3次元で活動している時にそれを忘れているだけです。思い出すこととは、朝目覚めるようなものです。銀河系や宇宙の中に存在しているそれぞれの惑星はこのことを違った名前で呼んでいます。銀河連邦のすべての構成員は、わたし達は救世主となった地球外生命体と呼ぶ存在です。開示や着陸に遭遇した場合、わたし達は銀河連邦を確認することになるでしょう。こうした存在達はここで合流して伴に生きるために、新生した地球テラ・ノヴァを建設するために、続々と地球に帰ってくることになるでしょう。

エリザベス・トラットウィン
by Elizabeth Trutwin

Beth and Mark www.GalacticRoundTable.com



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
合衆国内の否定的ET達の近況
The Recent History of Negative ETs in the US

エリザベス・トラットウィン 2010年1月15日
by Elizabeth Trutwin January 15, 2010

まず合衆国政府は、第二次世界大戦中にドイツに侵攻した時に、異星人の科学技術をコピーする仕事をしているドイツの科学者の存在を知っていました。1936 年にドイツは墜落したUFOを再生していました。1940年代になると、宇宙からの活動がかなり増えて行きました。最も重要な出来事は、おそらくロズウェル・クラッシュでした。ロズエル・クラッシュは1947年7月7日、ニューメキシコ州ロズウェルの近郊で発生しました。1機のFUOが墜落し、地球外生命の4つの死体が発見されました。この4体はレティキュリ座ゼータ星人でした。その宇宙船にはサニ・セトという名のレティキュリ座ゼータ星の科学者がひとりいて、彼女は生き残り、現在も元気です。米国が使用していたレーダーが針路を狂わせたために墜落しています。

1947年から1952年の間、合衆国政府は少なくとも16機の墜落または着陸したUFOと65の地球外生命体を手に入れています。1体の地球外生命体は回復しました。

1948 年2月13日に、ニューメキシコ州アズテック近郊のメサでUFOが1機発見されました。1949年3月25日、別の宇宙船がニューメキシコ州ホワイトサンズに墜落しました。直径100フィート以上あり、2機の宇宙船から合計で17名の生存地球外生命体を収容しました。更に重要な問題として、その宇宙船2機の中に人間の体の各部分が数多く発見されたことでした。もしこの情報が一般大衆に漏れてしまうとパニックが発生してしまうという判断から、これは“超極秘”として取扱われました。合衆国空軍とCIAは地球外生命体の秘密を管理下に置きました。CIAは元々ET事情を処理する目的で大統領令により組織されました。CIAが黙秘していることは、CIAを運営している者達が実際はタイム・トラベラーであり、人間の体をしたET達で、24世紀からこの時代に来ている者たちという事実です。発見されて生きているETは、1949年のロズウェル・クラッシュのために砂漠を放浪していて発見されたETで、“エーベ/Ebe”と名付けられました。エーベの意味は、地球外生命体(extraterrestrial biological entity)の頭文字を取ったものです。エーベは嘘をつく傾向があり、答えたい質問にだけを答えるようでした。

1951年にエーベは病気になりました。エーベは植物とまったく同じように葉緑素を基本する食べ物でエネルギー摂取を処理していたため、アメリカの医者達は、エーベの治療をどうしたら良いのかまったく判断がつきませんでした。エーベを救い、この科学技術的に卓越した種族の気に入られようと努力しましたが、1952年6月2日、エーベは死にました。

トルーマン大統領は、発展中のET問題を、ソ連を含めた我々の同盟諸国に情報提供し続けていました。この判断は、 ET達が人類の脅威と判明した場合に配慮して行われました。ドワイト・アイゼンハワー大統領の就任1年目の1953に、少なくとも10機以上の宇宙船が修復され、ET26体が死亡し、4体が生存しています。アイゼンハワーは議会、大統領の友人であり外交問題評議会(影の政府)のフェロー・メンバーであるネルソン・ロックフェラーにこの秘密を公表しませんでした(註:カンマがドットになっていて英文がおかしく、ネルソンは知っていた、となるのかもしれません)。秘密政府組織(CIA)は極秘にこのET事情を管理する秘密集団を計画し始めました。この集団はMJ12として認識されています。

映画“未知との遭遇”は、ETの大使が残留し、大統領と秘密政府との誓約で条約を結んだ時の合衆国政府当局との会談についての虚実を交えた映画でした。 1953年に天文学者達は地球の軌道上に巨大な母船集団を発見しました。シグナ計画が異星人の無線通信を遮断しました。シグナ計画は、コンピュータの2進言語を使用した無線通信を通して、正式な着陸を準備し、別の惑星から来たET存在と接触することができました。このET達の初期集団はレティキュリ座のゼータ星から来た者達であり、しばしば“グレイ”として言及されています。彼らの身長はとても小柄で、4、5フィート(約120から150センチ)しかありません。彼らは、我々が纏っているアダム・カドモン型の人間存在とはまったく似ていません。大きな頭をして、アーモンドに近い形の目と長い手を持っています。

フロリダ州のホームステッド空軍基地に人間型ET種が着陸し、合衆国政府との情報交換に成功しました。このET達は、地球の赤道上を周回しているグレイ達について我々に警告を発しています。我々に‘グレイ’とオリオンから来た爬虫類形地球外生命種について注意を促しています。爬虫類種は、爬虫類型の頭と人間のような体を持っています。

宇宙連邦は我々の科学技術と精神的な問題について支援を申し出ましたが、それに伴う要求を持っていました。我々が核兵器を廃絶することを要請してきました。地球の秘密政府は拒否しました。1954年にエドワード空軍基地に3度目の着陸がありました。この基地は3日間閉鎖され、この期間出入りが禁止されました。アイゼンハワー大統領は休暇でパームスプリングスに行く予定を入れました。その予定当日、大統領は行方不明を装ってその基地に向いました。報道陣には、歯医者に行っていたという言訳が発表されました。5機のUFOが着陸し、アイゼンハワーはET達と面会しています。この着陸はすべてフィルムに収めてあります。この異星人集団は再度レティキュリ座ゼータ星からの宇宙人でした。この時、銀河連邦が支援しようと試みましたが、秘密政府は核兵器拡散の終了を拒絶しました。未来から来た人間に似たET達から成る陰謀団、悪魔達は、自分達の権力と地球の支配を断念しようとはしませんでした。彼らは地球だけでなく、他の多くの惑星をも征服することに関心を寄せていました。今日でもなお、オバマ大統領は銀河連邦所属の肯定的ET達と接触を持っています。最も近々の‘言訳’は、クリスマスのハワイ旅行中に子供が怪我をしたというものです。ハワイのロックアイランドへの旅行の場合、大統領の出入りを隠すのはより簡単になります。

レティキュリ座ゼータ星の惑星国家と合衆国政府との間の正式な条約が署名されました。我々は公式に宇宙空間から来た最初のET大使を受け入れましたが、彼は最初の着陸時に地球に止まった存在と同じ種類の者でした。彼の名と肩書きは、“全能の殿下クリル”でした。その条約で基本的に謳われていることは、ET達は我々の問題に干渉しないことと、我々も彼らの問題に干渉しないことです。我々は地球での彼らの駐留を秘密にしておくこと。彼らは我々に進歩した科学技術の発展を提供すること。地球の他の国家と条約を締結しないこと等でした。

その条約には生贄が含まれていました。レティキュリ座のゼータ星人達は、この条約により、健康診断と我々の発達を目的とした制限付き定期的な人間の誘拐が認められていました。人間を毀損しない、誘拐した場所に戻すこと、その出来事の記憶を持たせないという規定が存在していました。レティキュリ座ゼータ星の大使達は地球に残る事になりました。人間の“招待客”は彼らの惑星に行き、帰還し、情報のやりとりを行うことになりました。これは、映画“未知との遭遇”で再現されています。また、グレイと秘密政府の使用のために合衆国の地下に複数の基地を建造することが合意されました。科学技術の交換が合同占有基地で行われることになりました。こうしたET用基地は、ユタ州、コロラド州、ニューメキシコ州、アリゾナ州が接するフォー・コーナーズ地域のインディアン特別保留地の地下と、カリフォルニア州ユッカ近くのモハーベ砂漠に建設されることになりました。

地下に75箇所の施設を建設するために秘密の軍事資金が捻出されました。その口実は、核戦争が起こった場合に必要となる資金、というものでした。

1955 年までに、グレイはアイゼンハワー大統領を欺き条約を破っていたことが判明しました。秘密政府は基本的に承諾なしにアメリカの人々を売り渡してきました。誘拐は協定の数百倍の頻度で行われていました。また、ごく希ながら、時に人間の切断事件が起こっていたと報告されています。

ソ連もまたグレイ達と活動していて、腺分泌、酵素、ホルモン分泌、血漿、遺伝実験のために人間や動物を使用しており、これには交配種用の妊婦や新生児が含まれていました。グレイ達は、自分達の生存のために必要だった、と語っていました。

彼らは、自分達の遺伝構造が劣化し、これ以上繁殖できないと述べました。もし自分達の遺伝構造を改良できないと、種族はすぐに死ぬことになるだろう、と語っています。またグレイ達は人間の女性を妊娠させることができること、交配種の新生児を確保するためになんとかして早期妊娠中絶を引き起こすことを発見しました。また、生物学的監視と追跡を目的として、地球の人間に、機械的、非機械的両方の移植を行っていました。

わたしはアルクトゥルス星人の医療船でアルクトゥルス星人と伴に訓練を受けました。我々はわたしの癒しの対象者の数名をそこへ連れて行きました(註:過去のコメントから推測して、ハイチの地震による活動を指しているものと考えられます)。彼はグレイが手術したという手術の痕をわたしに見せてくれました。これは応急処置的な速効的手術で、すべてが実験的なものでした。アクトゥルス星人とわたしは宇宙船内に入り、傷口を癒す光の手術を施しました。彼はわたしを連れながら時間を手術の瞬間まで遡ってくれたので、わたしはグレイ達が行った手術を観察することができました。彼らは心臓と肺の手術、骨と筋肉の手術を行いました。また、わたしはグレイ達から妊娠着床を受けるために宿泊している多くの顧客達を確認しました。わたしは新生児を連れて行く誘拐が起こった時までアルクトゥルス星人と伴に遡って行きました。もちろん大天使ミカエルがいつも我々の傍に控えていました。わたしはこうした孤児達がグレイの地域社会の養子にされている場所を確認しています。この集団内には移植に徴用された多くの子供達がいました。子供達は社会のよそ者と考えられていて、全員がひとつのエリアで伴に生活をしていました。そこにはこうした存在達の地域社会があり、幸せに暮らしていました。彼らの体験についての情報を患者に告げる度に、彼らは怒り、悲しみ、またはわたしを信じてくれません。わたしはアルクトゥルス星人がわたしに伝えてくれたことを彼らに説明します。こうした人々は交配種の人々であり、人間の体に生まれる前のこうした物事について同意してくれます。この事実について判断を下しているのではありません。今は許し、愛の姿勢に移行する時です。こうしたおぞましい出来事は現在起っていません。最後の否定的ETは2009年11月に排除され、地球上でこうした出来事はもう起ることはないでしょう。

ニューメキシコ州ドルセの地下基地だけで18,000を超えるグレイ達が生活しています。こうした基地の科学技術のあるものはグレイによって提供されたもので、秘密政府の理解を遥かに超えたものです。恐ろしく悲惨な科学がここで行われていて、アトランティスのなごりであり、人間と動物の遺伝子の混合も含めた実験が行われています。長い年月、爬虫類型宇宙人とグレイは自分達自身の目的のために生命を破壊する行為がどんどん大胆になって行きました。秘密政府はわたし達に接触しようとしてきた70種を超えるET達を保有しています。わたし達は40機を越える稼働できる宇宙船を所有しており、その多くは再生されたもので、地球人が試験と飛行を行っています。わたし達は100体以上のETの死体を所有しています。この時の秘密政府はソ連と協力してこうした否定的なET達と月と火星の植民地化の仕事をしていました。インド洋上のデイゴ・ガルシアの入口からこうした装置を発射させています。これは宇宙飛行士アームストロングが月に公式着陸した時よりも遥か前に行われています。秘密政府のもうひとつの計画は、成層圏に発破孔を開けて温室効果の熱と汚染を回避しようとするものでした。地球の冷却化と汚染による毒物の解消のためには地球の人口を減少が必要になります。この計画の一部として、出生制御、不妊化、地球人口増加の抑制するための致命的な病原菌の導入の推進があり、これにはAIDSが含まれています。AIDSの異常発生は秘密政府が否定的ET 達により細菌戦という形として引き起こされました。具体的な選択上の標的として黒人、ヒスパニック、同性愛者に故意に付与されました。彼らが行った手段のひとつが、肝炎用ワクチンにウィルス少量加えるというものでした。

秘密政府(CIA)と政治問題
The Secret Government (CIA) and Politics

秘密政府の支配を受けていなかった大統領として、ジョン・F・ケネディがいます。ケネディが秘密政府の多くの活動を発見した時、彼は銀河連邦に協力していました。アイゼンハワー大統領はキューバに核兵器を配備するために否定的ET達に1,300万ドルの予算を承認しました。彼らはニキータ・フルチショフと協力して活動しました。13の家系、タイム・トラベラーのET達は惑星を支配しようとしていました。彼らは軍備と戦争のために嘘の理由を作り上げるために、核兵器を使いました。彼らは、スターゲートを捜し続けるために、この仕組まれた戦争という背景を利用しました。宇宙連邦はキューバの核ミサイル配備を阻止しました。ケネディの宇宙連邦との協力により、秘密政府はケネディとその弟のボビー(ロバート)を排除しました。ケネディ大統領は現在宇宙連邦と伴に存在し、今年の着陸計画と伴に帰ってくるでしょう。

秘密政府が自分達の計画すべての活動資金を調達してきた方法のひとつが、麻薬販売で得たお金です。ジョージ・ブッシュ(父)はCIAが麻薬販売計画を開始する際に支援に着手した最初の人々のひとりです。彼の前国務長官、ジェームズ・ベーカーは、秘密政府での地位はジョージ・ブッシュよりも高い位階に昇格しています。ご存じのように、ジョージ・ブッシュは後にCIA長官となっています。こうした人物達と邪悪な幕僚達は、アメリカの人々の偉大なる覚醒の始まりを境として、公職から排除されてきており、闇の仲間達の統治支配の終焉が始まっています。

秘密政府、つまり外交問題評議会と三極委員会は昨年の夏までETの科学技術を完全に支配していました。マークとわたしとラマが宇宙連邦の作戦行動で伴に行動し、否定的なETの科学技術、宇宙船、残存していたレプティリアン(爬虫類型ET)とドラゴン(竜)達を一掃しました。こうした者達は100名未満でわたし達の惑星を支配し、また彼らとその一族は他の35の惑星と繋がりを持っています。宇宙連邦が関与したのはそのためです。この問題はわたし達の局所的な銀河系すべてに影響を及ぼします。我々は銀河系社会の一員として存在しています。ここで起った出来事はいくつかの局所的惑星達に影響を与えます。我々は“直ぐに”新しい望遠鏡“居住者の居る地球に似た惑星”と一緒になるでしょう。これは楽しいニュースではありません。秘密政府が我々から我々の家族を隠してきたという具体的事実だからです。こうした者達の逮捕拘束は彼らの絶対的な最後の日となります。アシュタルは2010年1月12日にこれを公式に表明しています。

宇宙連邦の秘密部隊とわたし達の協働
Our Work with The Galactic Federation Secret Forces

マークとわたしは宇宙連邦の最高司令官の艦長アシュタル、最高司令官サナンダ・クマラとその秘密部隊と伴にこの問題を一掃するために伴に活動しています。わたし達は宇宙連邦の秘密部隊と伴に活動していて、ここには防衛部隊の司令官ハットン、火星出身のモン・カと一緒にいる司令官コルトン、地球にいるつるぎの王(コス)が含まれています。我々の伝達はケンタウルス座アルファ星から来た司令官ソルテックが調整しています。アライグマのトム・パスチャットとも一緒に活動しています。我々の作戦行動は、マザー・セクメトとそのパスチャット達により調整されています。ラマはこうした作戦行動すべてでわたし達と伴に活動しています。わたし達は2009年の6月から11月まで、否定的ET達を排除するいくつかの作戦行動を連携して行ってきました。わたし達の活動とその成功によって、わたし達は否定的ET達の標的になっていました。わたし達は大天使メタトロン、大天使ミカエル、アライグマのトム・パスチャット達と伴に作業して、わたし達の住居の周りに電磁的光の遮蔽体を作りました。これらは、否定的ET達を遮断するために準備されました。何度か侵入もありました。わたし達はコスから情報を得て、コスはわたし達と秘密部隊との取組みを調整しました。

わたし達は決して伝えなかったいくつかの作戦行動に伴に参加してきました。それは、爬虫類種達、グレイ達、彼らの研究室、地下の実験場、強力な破壊のための組織網をこの惑星から一掃するという言及をした作戦行動がありました。マークとわたしは出会うまでに何年も個人的に訓練を行ってきました。わたし達は双方伴に最後の作戦行動を伴にするまで単独で秘密部隊の訓練を受けてきました。わたし達を離れ離れにしていたこと、一緒の活動を秘密にしておいた理由には、多くの意図が存在していたようです。わたし達はネットとラジオを通してわたし達の作戦行動を放送する選択をしました。マークは最終的に、11月のレティキュリ座ゼータ星人の最後の母船が排除された作戦行動について述べています。わたしはアライグマのトム・パスチャットと伴に宇宙船内にいて、母船から照射攻撃を受けました。甚大な損傷を負いましたが、数日の内に回復しました。わたしはアルクルチュラス星人からいくつかの治療を受けたため、瞬く間に回復しました。マークは心配して、それを公表しました。わたしはこれに驚き、コメントをしようと強く思いましたが、数日で回復してしまいました。マザー・セクメトは幅数マイルもある、とても巨大な最後の否定的ET達の宇宙船を連れ去りました。わたし達は数日後にすべての否定的ET達は地球から排除されたと告げられました(2009年11月)。現在行っているような活動が可能になったのは、最後の作戦行動以降になってからです。現在、秘密政府の工作員、否定的ET達、秘密政府自体の逮捕拘束は完了しています。地球の霊的覚醒は、終了を画する最後の鍵となります。宇宙連邦、伴に活動している秘密部隊、そるテックとコルトン、その他の存在達は、伴に活動してきて、わたし達の局所的銀河系内の他の惑星達を否定的ET達が支配することを阻止しました。わたし達は現在、宇宙と真実が日々明らかにされて行くことをイメージできるようになっています。大量一斉開示と情報提供が鍵となり、それらはシリウスの司令官、合衆国大統領オバマが開始することになるでしょう。

平和の時は今。
The Time For Peace Is Now.

エリザベス・トラットウィン
by Elizabeth Trutwin

Beth and Mark www.GalacticRoundTable.com

http://galacticroundtable.blogspot.com/2010/01/recent-history-of-negative-ets-in-us-by.html



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

画像:Supermoon 2013 PHOTOS: Pictures Of Year's Biggest Full Moon From Skywatchers All Over (SLIDESHOW)

皆さんが地球上と地球内部で起きている真相を知る時が来ました。今、事態は収束を迎えて、皆さんと地球内部のすべての生命が、完全なアセンションに向かう生き生きとした毎日の生活を喜んですごす時期に入っています。

私はハトン、今日は皆さんがこれまで抱えてきた悩みやこの混乱期の地球に影を投げかけてきた疑惑を払いのけるために来ました。私たちがこの変化のプロセスを進むにつれて、皆さんの生活にこれから息を呑むような奇跡が着実に姿を見せることが、すでに私たちにはわかっています。

これから皆さんは、もう何も恐れずに前進を続けてください。そして、これまで皆さんを阻んできた古い残骸を払いのけてください。

 

これまで地球上に立ち込めていた暗い雲は、もう消え去って空は安らぎと喜びで晴れ渡り、光り輝いて、皆さんの内側の光とますます共振しています。

私たちは今、共に素晴らしい時を迎えています。皆さんが浄化の始まりを表現しているのを見て、私たちは喜びを感じています。それは、これまでの皆さんの生活を縛りつけてきた条件を払い出すプロセスとなるからです。皆さんを祝福するように、新しい光のエネルギーが流入して、間違えようもない愛を表現しています。

今地球に起きている変化を、皆さんが自分自身にしていた約束の実現であると捉えるようにしてください。 皆さんが浄化のそれぞれの局面で目にすることは、これまでに皆さんの重荷になってきた鎖をひとつづつ、はずして皆さんを解放するプロセスだからです。ある人々の生活の前面に現れている世界的なイベントは、わずかの期間のわずらわしい厄介者にすぎません。それを自分自身と切り離してあるがままに見る人々は、やがて事態がおちついて鞘に収まるのがわかるでしょう。その後に自由が訪れて、厄介者という概念さえ消え去ってしまうでしょう。皆さんの内側に秘められた真の自己は、数多くの障害物をはるかに凌ぐパワーを備えていることを、皆さんは何百万年も前に認めていたのです。

 

親愛なる皆さん。皆さんはすでに、それを成し遂げたのです。皆さんは、自分自身が設置した障害物を超えて、境界線から前に進み出たのです。皆さんは、自分の設置した障害物は、ある地点で崩れ去ることを認めていました。そしてある日、過去のすべてを振り返って「ここまでやってきて良かった」と、独り言をつぶやくとわかっていました。皆さんの体験のすべてが、あらゆる存在へのギフトになるからです。今、皆さんは自分の理解をはるかに超える理想主義的な知識とスペクタル(境界)に入ろうとしています。これから自分がたどる無限の進化のプロセスへ・・

それは愛のプロセスであり、皆さんは愛のエネルギーによって前進を続けることになります。 すでに皆さんの周りには、皆さんがそのためにデザインされた新しい世界が見え始めています。これからますます新しい世界が姿を見せるにつれて、これまでの自分はそのために存在していたことに気づくでしょう。そして、皆さんは自分のしてきた体験や自分がもたらした結果は何一つ誤りではなかったとわかるでしょう。それらのすべては、皆さんが自分の可能性を表現するようにデザインされていたからです。

 

メッセージの最後をこの言葉で締めくくりたいと思います。皆さんが永遠の祝福を受けながら自分が選んだ旅を続けるうちに、皆さんは創造主が望んでいた完成を補足していくことになります。皆さんはあらゆる存在と調和しながら無限の愛を完成していきます。心の中ですべてと一体化して踊りながら、永遠の今をくぐり超えて・・

ありがとう、ハトン。ナンシー・テイトより愛をこめて。 

Hatonn, High Council of Orion June-23, 21-2013

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)

大天使ガブリエル
Archangel Gabriel

皆さんは到着しています
You Have Arrived
18 April 2010 - 2:55am

シェリー・ヤング経由
Channeler: Shelley Young

光を放っている多くの人類が、その存在自体が本当に驚くべき魂であることを確認するのを自分自身で躊躇っています。自分達自身をそのように見ることに対する怖れは、かえって利己的自我に陥ることを意味しています。

これは威厳を装って自分自身がのぼせ上がることを意味している訳ではありません。より高い視点から皆さん自身を見ることであり、皆さんが本当は誰なのかを正確に確認すること、理解すること、敬意を払うことです。

わたし達はこの脈絡に沿って続けて行きたいと思っています-皆さん自身の偉大さを認識することを皆さん自身が認めることです。これは実際に欠くことのできないエネルギーの一部であり、わたし達は現在その中で存在しています。自分の霊的道筋を歩んできている皆さんの多くが、ゴールに到達する意志が有る場合には、休むことなく駆られるようにして活動してきています。

わたし達は皆さんの精励を讃えているのに、皆さんはこの種の焦燥を抱き、それをひとつの習慣としてきました。ご存知のように、この過程の最初の段階のエネルギーのなかで、皆さんの多くが自分の啓発の必要性にかなりの性急さを感じていました。

これは皆さんの周りの世界すべても同じでした。そして、皆さんはまるで今はそうしなければならないように感じていました。皆さんすべてが感じていた切迫感は、臨界質量に到達させ地球の次元上昇の過程を確固たるものとして確認するために不可欠な過程のひとつでした。

多くの皆さんがこの切迫感という感覚に駆り立てられた霊的な道筋を歩んでいたため、霊的な道筋において常にそう感じてしまう道である、と受け止めてきました。実際には、今後こうした切迫感を持ち続ける必要はありません。その過程は行動にあります。皆さんは集団全体で皆さんが設定した目標を達成してきました。このため、切迫感はもはや不要です。

それでも多くの人々が全身全霊でこの切迫感にしがみついています。このために、光を発している人類がただ存在することに必要なエネルギーに向けた移動を受け入れることが困難になっています。達成できないのは何か誤りがあるはずだ、といった感覚を持ちます。何も駆り立てられる必要が無い時に依然として駆り立てられるような感覚を持ってしまいます。

このため、自分は妨害されているに違いない、何か足りないに違いない、何を癒せばいいのか?と、彼らは感じます。わたしは何をすべきでしょうか?彼らは、目的に留まるために、自分は努力して進まなければならない、と考えているからです。

これは間違った考え方です。地球での次元上昇の過程は保障されています。勢いがついているため、現在それを止めることになるものは何も存在していません。皆さんは自分自身を特別にねぎらうのではなく、かえって何かすべきことを探して、不安に陥っています。これがまったく必要のない多くの不快感を引き起こしています。

わたし達が皆さんを確認しているように皆さんが自分自身を確認していたとすれば、またそれができるとすれば、皆さんは勇気と完全性と信念の内に進んでいる美しく輝いている魂を確認し、この高貴な出来事が起こることを許すことができるでしょう。

皆さんは自分達に可能な最も高い貢献に従って行動し、鮮やかにそれを為し得る魂を確認するでしょう。彼らは自ら設定した行動目標を達成してきて、今では彼らの努力の成果を楽しむことができます。

このような方向性で考えるようにしてください。それは、遥か遠くの目的に到着する必要があることを認識して、皆さんが一斉に車に乗り込んだようなものです。そこへ到着しようと遥かな距離を旅してきて、皆さんは乗り心地の悪い車に押し込まれてきました。

時に、皆さんの車という制限の中に押し込められて体の節々が痛くなり、車から降りて伸びをすることを熱望していました。皆さんの旅のある部分は長く退屈で、決して終わることのないように感じられました。

別の部分では、興味深い新しい景色を眺めた時に、皆さんは胸を躍らせ驚きに満ち溢れていました。しかし最終的に、皆さんは皆さんの目的地に到着しました。皆さんは地図と指令書を投げ捨てることができます。

皆さんは大変な苦労をしなければ着けなかった場所に到着しました!現在は皆さんの目的地を楽しむ時です。驚きの感覚を携えて前進するために、皆さんの最も大きな歓びと充足感を運んでくるものに応じて皆さんの日々の計画を立ててください。

今は、同じような旅を終え、皆さんの驚くべき巡礼の物語を伴に分かち合う他者と喜びに溢れて遭遇することができる時です。愛する皆さん、その旅は終わりました。

今は約束の地を抱きしめ、楽しむ時です。これが今日皆さんのためにわたし達が手にしているもののすべてです。

大天使ガブリエル
Archangel Gabriel

テリ・デマルコ筆写
Transcribed by Terri DeMarco
trinityesoterics.wordpress.com
http://lightworkers.org/channeling/104039/you-have-arrived-channeled-message-archangel-gabriel



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
主ミカエル
Lord Michael

真実の剣のなかに立つ皆さんへの感謝
Thank You for Standing in the Sword of Truth

エリザベス・トラットウィン
Posted by Εlizabeth Trutwin on April 14, 2010 at 10:31am

大天使ミカエル
Archangel Michael:

こんにちは、

マイトレーヤが地球に戻ってきており、彼は愛のメッセージを携え、お互いに思いやりをもって考え、皆さんそれぞれとすべてを分かち合っています。彼は皆さんが彼に“従う”ことを求めていません。彼は地球上のすべての存在達を招いています。

宗教を有していない人々はもちろん、宗教を有している人々も招いています。地球の宗教は、現時点では、人類の歴史から“彼女の”物語を排除してきました。

今日わたしはそうした時代のひとつを共有したいと思っています。キリストの物語において、復活の後、イエスは自分の弟子達に会うために戻ってきました。

この会合において、トマスはイエスを見ることができず、彼の体をと手、そして脇の創傷を確認することができませんでした。1週間後、鍵の掛けられた室内で、サナンダは壁を通り抜けて弟子達に話しかけました。

その物語が伝えるところでは、こう語っています:弟子達の中に立ちこう話しました、“皆と伴にいさせてくれ!”。そしてトマスに話し掛けました、“おまえの指をここに入れてみてくれ;わたしの両手を見てくれ。おまえの手を伸ばしてわたしの脇に入れてみてくれ。疑うのを止めて、信じてくれ。

”トマスはイエスに言った、“わたしの主そしてわたしの神!”そしてイエスはトマスに言った、“おまえはわたしを見た、だからおまえはわたしを信じた;未だ目にせずそれでも信じる者は幸いである”。

イエスは弟子達が居る前で多くの奇跡的なしるしを行っており、それらは書の中に記述されていません。しかし、皆さんはイエスが救世主であり、神の子であることを信じることが可能である記述は為されており、信じることによって皆さんは彼の名の下に生命を手にすることができることも記述されています。

弟子達がいる前でサナンダはどのような“他の奇跡的なしるし”を行ったのでしょうか?サナンダはその日新たなイェルサレムの扉(ポータル)を開きました。

彼らは全員で新しいエルサレムの橋の上を歩きました。彼らは個人的な助言者達を紹介されました。彼らは物語の中のローマ人とユダヤ人の本当の役割についての概要を伝えられました。

地球が多くの恒星に由来することを目の当たりにしました。彼らは自分達が何者であるかを思い出しました。彼らは自分達の魂の分身達と再会しました。

彼らは、それぞれが自分の‘魂の契約’を変えるためにここに招かれました。彼らは厳しい状況の中で聖職者を続けるかどうか尋ねられました。全員が同意しました。彼らは新しいエルサレムでの無時間という体験の後、サナンダと伴に部屋に戻りました。

その場所から、彼らは伴に外に出て、やがて救世主についての教えを伝えるために地上のあらゆる場所に旅をし、また彼らは宇宙船とすべての恒星国家について教えました。歴史から“彼女の”物語を排除したのは、弟子達ではありませんでした。

弟子達はすべてが真実を伝えるために自らの生命を危険に曝しました。皆さんは疑い深い現代のトマスでしょうか?

皆さんは自分の使命を引き受ける前にすべての変化を確認することを必要としていますか?皆さんは教会や州の背後に控えている政治問題や両替商の関与を疑っていますか?

時系列が変化するこの時代において、わたし達の仕事は現在わたし達が待ち望んできたわたし達はひとつとして存在していることを思い出すことです。

わたし達すべては主であり神です。わたし達は地球がその一部となっているネバドン宇宙を具象化させた創造主という神です。

新たな創造それぞれにおいて、わたし達は、地球の異なる文化に光を放つ支援をするために、各々の宗教で新しい役割を担ってきました。

人間としての経験を持つわたし達精霊は、覆いを導入し、“彼の”物語が続いているため、“人間”の上に“神”を設定しました。

神とは本当は誰なのでしょうか?すべての具象化された創造は、全存在(All That Is)と呼ばれるものとして存在しています。

わたし達は、良き仲間として、地上勤務担当者としての役割を担ってきて、また銀河連邦の母船群での役割も担ってきました。わたし達は遥か彼方の昔から自分の魂の分身達と伴にこうした役割を共有してきました。

皆さんが耳にしてきたように、ここ30年間前後の間に、時として、わたし達は恒星群を起源としており、イエスはUFOを操縦し、それはまるで新しい存在であるように思われています。

それを別の角度から見ると、皆さんはそれぞれの宗教から、地球上のそれぞれの文化から、普遍的な真実に目覚めてきました。

状況のすべてが現在地球の次元上昇とより高い次元の経験に向かって進んで行くことと合致しています。母船の搭乗員達を永久に地上に連れ戻すことは、こうしたより高い次元から見ると、胸が高鳴ることです。

それが今であり、大量着陸が実行できます。わたし達は自分の光を、愛を、そして意識を増大させているため、わたし達はより多くのものを理解できます。わたし達は現在自分自身の相談相手と接触しているため、わたし達の使命と担うべき次の段階についてより多くを学んでいます。

担う役割がどのくらい小さなものでも、またどのくらい大きなものになろうとも、皆さんが過去にどのように責任に対処してきたかに応じてそれが反映されるでしょう。

皆さんの仲間の女性、仲間の男性、そして皆さんの皆さんとは異なる他者を愛する能力と伴に皆さんが活動するために、皆さんの意欲が深く係わりを持つことになります。

もしも皆さんが大きな役割、大物として活躍することを夢見るのであれば、皆さんの家を整え、皆さんが現在所有している人間関係を癒してください。より高い奉仕に向けて手を差し伸べてください。

皆さんはすべてイエス/サナンダが実演したようなより高い才能を発揮できます。皆さんはすべて彼に備わっていた一包みとその責任に対応することができます。

母船群が着陸しすべてが癒された時、その母船群の搭乗員達と地上勤務担当者達は、その任務を遂行するために伴に活動するでしょう。

こうした月日に皆さんの愛すべき宗教的情熱が無かったことを、皆さんが諦めることを拒絶したことを、皆さんの真実に対する信念を、現在は出現の公告という瞬間が不可能な状況を、感謝します。

‘皆さんが皆さんを待ち続けてきたこと’が‘救世主’の復活なのです。皆さんは創造社という神/女神です。皆さんは皆さんの魂の分身達と地上に天国をもたらすために、伴に活動するでしょう。

皆さんは地球で人類というひとつの種族として伴に集うことになり、すべてがお互いに等しい存在になるでしょう。この事実を通して、皆さんは新しい創造を学ぶでしょう。

真実の剣のなかに立つ皆さんに感謝します!
Thank you for Standing in the Sword of Truth!

主ミカエル
~Lord Michael



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(たきさんからの投稿)
2010年4月16日 午前4:54|チャネラー:Peter Phalam

現在生じつつある意識の変化と地球の変化との間のつながりに関しては、多くの議論がなされてきた。このことについては我々がとうに知っていることである。地球は、磁気圏として知られるオーラを示す。我々は、これが南極においては磁極の北極で、反対の極性を示し、南極は現在真の北極に近づきつつあることを知っている。我々はこのエネルギー場が2012年には、反転することを知っているが、どの程度早く反転するのかは知らない。同様な事象が26,000年前にアトランティスで発生した。

マヤは、アトランティスで生じたことを理解しているために、長期カレンダーが2012年12月21日の冬至で終わりをつげるとしている。アトランティスのこの時には、地球は、迅速に冷却し、氷河時代に突入した。我々は、科学者が2012年の夏までには、北極圏の海が完全に氷の無い開けたものとなると予言してきたのを知っている。最近の温度の低い海水の移動が地球上の多くの地域で天候パターンを変化させた。スエーデンでは、かつては雪が多かったのに、高い気温が雨をもたらし、人口の移動が観察されている。これは歳をとった人を悲嘆させている。洪水が増加するに連れて、低地の閉め切りがより目立ってきている。

2012年近辺についての真の関心は、マグマの流れの増加に集中しているように思われる。これが生じると、地殻プレートに圧力がかかる。すでに脆弱となっている太平洋プレートによって、強い沿岸地震が頻繁に生じ、大きな島嶼火山が活動を増している。アトランティスでは、人工的な氷河時代が若いスターシード世代の間のレーザー戦争によって部分的に引き起こされた。初期の製造によって生じた公害による大気汚染をレーザーを用いて浄化しようとした。現在のレーザーに相当する新しいエネルギーは核で、世界的な温暖化を信じられないほど加速する可能性がある。

最近、古代のソウルグループの再編成の多くの兆候が見られる。アトランティスで二流の市民として扱われていた我々レムリアからの者達は島嶼伝いにアーカンザスとして知られる場所に向け西に移動した。アーカンザスの地下には、アトランティス人の結晶床の数千の切り出し場があり、これはレムリア人にとっての開かれた12次元ポータル内での生活を創生した。ここでは、我々はスターシップの存在を含み、古代の実体を巻き込む12の活性な次元を共有した。ニューメキシコのタオからアーカンザスの半分を占めるミシシッピ地域への、年齢の高いソウルグループの大きい移動がここ数年の間に起きるであろう。南西地域での水不足と地震もまた大きな移動を生じさせる。ソウルグループの再編成はここ50年間での形而上学的な倫理であったが、今やよりさしせまったものとなってきている。

天空の再統一からの引用、Peter Phalamによるチャネル情報
Excerpt from Celestial Reunion, A Channeled Tale by Peter Phalam
http://www.celestialvision.org



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
サナンダ:2010年2月23日の電話会議での呼び掛け
Sananda addressing the February 23, 2010 teleconference:

7 March 2010 - 3:48am

スーザン・リランド経由
Channeler: Susan Leland

こんにちは、最愛の家族の皆さん!わたし、サナンダは皆さんの愛の翼に乗ってここに現れ、わたしのこころとわたしの存在すべてが本当に歓びを感じています。わたしが皆さんの中を霊として、そしてそう、肉体としても歩いていることを認識している人々が存在していています。また、惑星地球がその移行を行っているため、わたしは近い将来必ず皆さんの目にさらにより明瞭に見えるようになって現れるでしょう。それは、皆さんが惑星の次元上昇と呼ぶこの驚くべき移行について-嬉々として-責任を負っている者こそ、このわたし、サナンダだからです。そして、わたしはクマラ一族、そして、実際に指導者達や天使達、そしてこの聖なる出来事に伴に参加する諸王国の偉大なる愛と伴に、すべての人々を支援し、この移行を促進させるために現れています。また、何よりも、わたしは皆さんが偉大なる愛という存在であるために、ここに現れています。

わたし達の歓びは誰も推し測ることはできません-無限であり、終わることはありません。わたし達はつながっていて、実際、わたし達は霊的交流という神聖さを楽しんでおり、この交流が起る瞬間はますます強化され、拡大され、長くなり、やがて直ぐに、我々は我々の全体的な存在方法として、こうした交流をすべて認識することになるでしょう。わたしが皆さんに唯一伝えることができるのは、それが何とこの上ない幸せなことか、何と多くの歓びがそこには存在していることかということだけです。わたしが皆さんに唯一伝えることができるのは、皆さんは何も背負う必要がないこと、皆さん自身の美、驚くべき自己をそのままにしてくださいということだけです。おそらく皆さん自身が望んでいることとして皆さんが想い浮かべることができるすべてのものは、すでに皆さんに対して提供されています。おそらく皆さんが体験を望むことができる冒険のすべては、皆さんの母船の中か皆さん自身の光の体の中かにかかわらず、既に皆さんのために存在しています。そして、宇宙の他の場所に運んで行きたいと皆さんが望んでいる援助や癒しのすべては、皆さんが自分の時系列と呼んでいる場所に既に存在しています。

わたし達は皆さんに、この聖なる道筋にそってより深い惑星地球に至るというこの任務と目的に参加し、皆さんの愛、皆さんのエネルギーを役立たせ、交流という状態で聖なる行使に伴に参加するように求めます。わたし達は、ひとつの存在として伴に現れ、そしてわたし達は平和をしっかり支えることになるでしょう。それは光の任務に、地球での光の活動という任務に仕えているすべての人々のこころの中だけではなく、それを超えたところにも存在しています。わたし達は闇のまさに中心にまでそれを運ぶことになり、そしてわたし達はひとつの存在として伴に世界を輝かせることになるでしょう。最愛の皆さん、もし皆さんが自然に寛いで生存したいのであれば、そのようになります。

愛のエネルギーを、歓びを感じてください、そしてそれを皆さんの美しい、美しい存在の中に、皆さんのエネルギー領域すべての中に入れることを許してください-そしてそれを愛で輝かせてください。皆さんのより高次の自分と皆さんが呼ぶものと通じ合ってください。その愛の光を通じ合うための、皆さんの存在の全領域を輝かせるエネルギーにしてください。少々暗いと感じたり、何か障害があるように感じる場所が存在したりする場合には、ただ菫色の光線を呼んでそれを波立たせ、変質させまた変容させてください。叡智を保ち、皆さんという存在を通して光を輝かせ続けてください。最愛の皆さんは言葉では言い表せないほど貴い存在であるために、この愛の光もこれほど貴いものになります。皆さんは聖なる神性を備えた存在であり、わたし達は任務と目的を通して皆さんと統合しようとしています。そのために、皆さんのこころをより広く開いて、この愛の光が入ってくるようにしてください。今、皆さんのこころはひとつの扉として存在していて、もしも現在そうでないのであれば、皆さんが認識しているように、皆さんが皆さんのこころを開いてこの愛の光を中に入れて、皆さんの全存在を通して光の奔流として出力することを許し、そして皆さんがこれを行った時、もしも皆さんにその意志があれば、皆さんの前である形、姿を取っているものを確認してください。それは、とても親しみを感じる水晶のエレベーターになっています。最愛の皆さん、皆さんの前を確認してください。そこには皆さんの名前が刻まれています。それは数々の美しい水晶から放射されている歓迎の光であり、再び皆さんを歓迎しています。皆さんは少しも躊躇う必要はありません。扉は皆さんのために開かれていて、皆さんのものである聖なる空間に難なく入って行くだけであり、皆さんがそのエレベーターに足を踏み入れた時には、愛と歓びの高い振動エネルギーを感じてください。わたし達はそこで皆さんそれぞれと、そしてひとりひとりと伴に存在します。愛を感じ、わたし達が皆さんの場所を確保しておいたので誰とでも抱き締め合っててください。そして、皆さんがわたし達を招いてくれて皆さんと伴にこの壮大な旅を進めていることに対して、わたし達は感謝しています。

さて、わたし達はこのエレベーターを上昇させようとしています。皆さんはどのボタンにも手を伸ばす必要はありません;そのエレベーターは最愛の皆さんによって誘導されています。そして、皆さんが行く必要がある場所を正確に認識しています。このため、ただ皆さんの完全な美しい存在すべてを上昇させていることを感じてください。すぐにエレベーターは穏やかに停止し、その扉が開いた時、エレベーターの外には美しい光が存在しています。皆さんはすぐに扉を抜け出て、この最も楽しい場所に入って行きます。皆さんのある人達は神々しい音や音楽を聞くかもしれず、おそらく鳥達か他の動物達、生き物達が歌いながら皆さんを歓迎しているのでしょう。ある人々は美しい花の芳香を感じ、花が皆さんに歌いかけてくる声を耳にしますが、それは、花達は振動や周波数をも持っていて、ある人々はマザー・ガイアが表現している他の王国を目にするかもしれません:妖精達や自然の力、動物の王国です。皆さんは歓びと愛と伴に現われる驚くべき、驚くべき群生を確認するかもしれず、これほど多くの愛が存在し、誰もがとても多くの恩寵を受けていて、お互いに親切で、美しい水晶や鉱物が何処にでも存在し、その王国の人々はこの歓び、この平和、そしてこの愛を至る所で放射しているため、皆さんが平和という場所に来ていることを確実に認識します。そして今、皆さんはメッセージを聴きます。そのメッセージは歓迎のひとつですが、しかしながらそれはすぐに皆さんのこころに向います。皆さんのこころは皆さんの全存在の扉となっていることを思い出してください。このため、そのメッセージが皆さんのこころの中に届いて外部に向って放射状に広がった時、そのメッセージが存在しているため、皆さんはより多くの喜びと感謝と報恩の念に満たされています。

ここに皆さんが想像して思い描くことができるそれぞれの平和が存在しています。ここに平和の象徴達が存在し、平和の音楽が存在し、他者と相互に平和と調和を満たしているあらゆる存在の対応物が存在しています。そして何よりも、ここには皆さんがそう感じるように、皆さんの振動の平和が存在しています。それは、すべてが愛のエネルギーを基準として存在しているからです。そしてこの時には、皆さんは皆さんのこころに入って行くように勧められ、そこにどのような象徴が存在していようとも、その象徴化された平和の何かを持ち帰るように促されます。それは言葉かもしれませんし、音楽かもしれませんし、感覚かもしれませんし、抱きしめたくなるような小さな子犬や、皆さんに話しかけてくる花かもしれません。また、皆さんのために存在している音楽かもしれません。誰に対しても同じひとつのものがあります。それは皆さんが確認し感じるもので、香りや音、そして愛の翼の上で精神感応的に皆さんに送られているメッセージや皆さんが共鳴させながら揺り動かしているものすべてのエネルギーであり、それを皆さんがそのこころの中に取り入れることが皆さんに前向きな影響を与えるという、ひとつの事実です。

前に進んでください。皆さんのこころは平和のための無限の余地を残していて、皆さんという存在は、平和が皆さんに与える滋養の上で繁栄します。そのため、この驚くべき、驚くべき場所から好きなだけ多くの平和を受け入れ、最愛の皆さんのこころの中に運び入れ、そして皆さんという完全な存在全ての隅々からその平和が溢れ出るようにしてください。文字通り、平和で皆さんを満たし、その平和を皆さんのこころの中に留めておくことを憶えておいてください。皆さんのこころの中に平和を流入させて、それを皆さんという存在から流出させることを止める必要は全くありません。それは皆さんの遺産であり、皆さんに対して表現され伝えられている皆さんの神性なのです。しかしながら、皆さんが思い浮かべるものこそこの平和であり、皆さんは平和を確認し、経験していて、皆さんのこころの中に取り戻して皆さんの存在全ての中を満たしているこうした驚くべきエネルギーや振動の備えとなるものこそ、この平和なのです。ですから、平和の使者達すべての中に進み出て、皆さんが意図するものを集め、皆さん自身のこころの中に取り入れて皆さんという存在すべての隅々までそれで満たし、今ではもう皆さんは皆さんの領域にその色、音、平和のエネルギーを運び入れているため、皆さん自身が皆さんの最愛の存在の中に参加することを既に選択していることを、認識してください。

最愛の皆さん、その準備が整った時、皆さんの準備が整った時、皆さんはその驚くべきエレベーターの前に、皆さんを歓迎して開いているその扉の前に立っています。景色の見納めをした後、振り返って皆さんの扉に注意を向けてください。そして、ここに別の贈り物が存在しています。皆さんが選んだ時に何時でもこの場所に戻ってくることができます。皆さんは、この愛の振動によって生まれた平和という高い振動を持った驚くべき場所に、永久に招かれ続けています。そして、常に皆さんを出迎えることを、皆さんを招いて皆さんのこころの中に平和を取り戻すことを、そして皆さんという存在すべてから、すべての人々の平和を、永久に、溢れ出させることを待ち続けています。

最愛の皆さん、このため皆さん自身のこころの準備をしてください。皆さんはキリスト意識という高い次元やそれ以上の領域に入ろうと努力を続けています。皆さんのエレベーターはこうした驚くべきエネルギーを受けて更に多くの光で照射されています。皆さんと伴に存在しているすべての霊性をより多く感じてください。最愛の皆さん、わたしは今そこに存在しています。わたしは皆さんひとりひとりと伴に今存在し、今ここにも存在し、わたし達は今そのように存在しています。わたし達は宇宙やそれ以上の領域に向って、伴に愛と歓びの神聖なこころの王国に存在しています。ですから、皆さん自身を皆さんのエレベーターに連れ戻してください。皆さんという存在の中のこの愛という、この平和という、この歓びという、この高い次元を維持してください。そして皆さんが自分のエレベーターで浮上した時に、皆さんの周りの世界がその扉が開いたと同時に一瞬にしてより明るくなっていることを確認してください。それは、皆さんがその世界にこうした愛と平和と歓びの振動を贈り続けているからです。今、人々のこころを開き、皆さんが取り戻したこの贈り物を人々が受け取るために、すべての人々を招いてください。皆さんは決して力尽きることはないでしょう。皆さんの共有している力と皆さんの愛を通して、皆さんが与えているものや皆さんが継続的に受け取っているものを通して、より多くのものが瞬時に創造されて行くでしょう。

皆さんはこの偉大なる平和の王国を放置しませんでした。皆さんは皆さんと伴に共同で創造するために、皆さんのこころの中に取り入れ、皆さんのこころを通して皆さんのすべての存在の領域を通して展開しながら、既にその平和は皆さんの手に取り戻しています。そして今、惑星地球の地下、表面、さらにその上に伝えたものすべてを超えた平和を共有し、わたし達すべてがその様に存在している一体感という統一性に向かい、皆さんがすべての人々を招いて、運んできたこの平和をその存在の中に同じだけ受け取れるようにしながら、そうです、その平和を共有するためにすべての人々を招いてください。その魔法は、その奇跡は、ただ平和自体をより多く創造し続けることであり、それは、最愛の皆さんが呼び掛けに答えているからであり、わたし達が惑星地球上のすべてのこころの中に平和を固定させるという聖なる創造に伴に参加してきたからです。そして、その通りに。そうすることによって、わたし達はこの平和の使命が成就されると伝えることができます。

さて、今わたしの母が直ぐ傍に立っていて、美しい薔薇を、クマラの薔薇を、愛の薔薇を手にしています。わたし達は皆さんのひとりひとりが手を伸ばして、ひとつと言わず好きなだけその薔薇を受け取るように求めます。また、その薔薇を皆さんのこころの中に入れてそこに固定して、宇宙がそれを認識したこの瞬間から、皆さんは惑星地球のこころの中に平和を運び、その薔薇が固定されるためにこれほど美しく共有していることを認識してください。そして実際にこれはこの惑星にとって壮大な歩みであり、それは、すべての人々のこころの中だけではなく、現在は覚醒しているすべての人々や、貴重な存在である皆さんが惑星地球にもたらしてきたこの貴重な贈り物によって目覚めようとしているすべての人々の意識の中に、より多くの平和を運ぶ支援をしているからです。このため、わたし達は今皆さんを抱き締め、皆さんにもう一度伝えます、 “わたし達はひとつとして存在しており、いつもつながっていて、いつも交流を持ち、そしてわたし達は皆さんに感謝しています”。皆さんは無限に、言葉にできないほど愛されています。わたし達は皆さんと伴にひとつの家族として存在しています。

そして、その通りに。
And so it is."

デボラ・アーカート筆写
Transcription thanks to Deborah Urquhart.

�・ Susan Leland 2010. All rights reserved; however, this is a gift to all of us and it may be distributed freely on condition that all accreditation is acknowledged and that no part is altered.

Aloha, Family of Light!

http://lightworkers.org/channeling/101069/sananda-addressing-february-23-2010-teleconference



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(たきさんからの投稿)
我々は、地球が高いエネルギーへのシフトを行っている最中であることを知っている。なぜならば、地球は、生きているエネルギーシステムであるからで、どのエネルギー場の中で生存している者は全てこのエネルギーの再調整を体験しているのである。
したがって、わたしは、この論文では二つのことをしてきしたい。第一に、多くの者が体験していることは、ライトボディーの生成といわれる地球が自然に行っている変化を多くのひとが体験している、ということである。次の記述では、ライトボディーの生成の進行に伴う種々の段階について、それがいかにして我々のエネルギー場にインフルエンザ、頭痛などの形で現れるかについて、述べる。第二に、多くの人がこの変化について熱心で楽しんでいるので、我々が意識して構築し、我々自身の光の体の指数を増せるような実際的なことがらについてである。

ライトとボディーへの変化は緩慢なものである。我々のエネルギー場は光に浸出し、光と徐々に再整合するが、そうでなければ電気的な焼き尽くしの目にあってしまうであろう。

”Archangelからの啓示ー12次元へのアセンション”では、Archangel Arielは、1989年4月に、全体の物質の結晶化構造は、全ての地球上の生物について、第三レベルのライトボディーに活性化される、と述べた。ライトボディーの生成は、地球の現在の変化過程に従い、個人の選択による体験又は過程には従わない。このプロセスに従うことを希望しない存在は、事故、自然災害による死、あるいは衰弱、病気を選択することになる。前述したように、このような人たちは、彼ら自身の周波数に適合する別の惑星上で進化のサイクルを続けるが、それは審判ではなく、エネルギーの変化なのだ。Arielによると、ライトボディーは我々の現在の物理的な肉体の変化に従い、又光の吸収にしたがって、徐々にもたらされるものである。繰り返すがこれはエネルギー場のより高いオクターブの光への同調と関係し、以下のような情報は、このプロセスの進行に伴う、実際の物理的なプロセスと通常の症状についてのものである。

我々は、全てが自分自身のペースで進化し、光を吸収する。ある人は、意識的にこれらの変化と共に動くので、この人たちの変化は早く、別の人は、変化に気がつかないでこの光を吸収し、地球の変化に直接追随して変化する。このような生成のプロセスを以下のいくつかに分類できる。

1.第一の段階
体が密度を落とす時、体は、通常は、変化に伴ってインフルエンザ、頭痛、下痢、発疹、間接痛の症状をあらわす。ほとんどのインフルエンザは、実際は光の伝染病なのだ。脳の化学組成が変化し、左脳、右脳の機能が混在するようになり、脳下垂体と松果体の寸法の変化が始まる。DNAの構造と科学成分が変化を始め、水素原子と、細胞が差別の無い、高いレベルの光を吸収するために採取する必要がある化学成分を吸収する。

2・ 第二の段階
エーテル青写真が光であふれ、カルマ体験を開放し、個人は、混乱を感じ、かつ風邪を引いたような感じを得る。多くの人は、”わたしはなぜここにいるのか?”との疑問を感じ始める。エーテル体の青写真が4次元構造を開放し、感情体、メンタル体、霊魂体の形の中のスピンを起こし始める。変化は早くなり、多くの人は疲労感を覚える。

3.第三の段階
物理的な感覚が鋭くなる。体がそれ自体の変化のために光を吸収するだけでなく、変換器として作用する。つまり、全体として地球に降り注ぐ、より高い光のエネルギーの変換器となる。吸気のプロセスは、いまや不可逆となり、まるで最大限まで引き伸ばされた弾性帯が開放されて元の状態に戻るようなものである。

4.第四の段階
主要な変化は、脳とその化学成分、および電磁的なエネルギーに生じる。症状はしばしば頭痛、不明瞭な幻想、聴覚の喪失、および胸の痛みである。エーテル体の結晶の規則性によって、光の線を5次元の青写真を貴方の準備ができるまでの間再び接続しないようにする。胸の痛みは、より心臓がより深いレベルに開くために、心臓の拡張するエネルギーによって生じるものである。メンタル体はそれが変化しつつあるのかどうか、個人にとって説明不可能に否定できない状態となって、躊躇なしに魂に従わされるのかどうか不思議に思い始める。個人は、テレパシー、透視力のラッシュに会い、ほとんどすべての人が感情移入を経験する。これは感情、名誉、受容、および感情体の有効化とこの制御の時期である。

5.第五の段階
メンタル体は魂、夢の変化、およびに同調するように決め、多くの人は、光はじめ、デジャブを感じる。思考プロセスは、非線形となる。人は、知識と疑惑の間でゆれる。我々は思考と行動の習慣的な性状に気がつき、両親、友人および社会との対話から、我々がそうであると思っていた私ではなく、我々がそうなりたいと希望する私を創造するために、プログラムの解除と再プログラムをおこなうような探索を行う。変化は、一定であるように思われ、我々は条件付反応からの判断をする代わりに、心から意識して気づくようになる。

6. 第六の段階
我々は、相互の支援と成長のための刺激を求めて、他人を引き寄せるようになる。我々は、何が真実なのか、我々の精神的なプロセスはどういうものか、いかにして自分を他者と区別するのか、といったことに疑問を持つようになり、その変化は急速である。再評価は、深いであろうが、我々はそれをなさねばならない、と感じる。つまり、我々は、我々の関係、仕事、家庭環境、生活スタイルを見つめ、それは動きのときなのだ。我々の友人は変わり、すべてのことが流動的であり、我々自身を軽く、広大で、より自由であると感じる。

(ウエブサイト: Cosmic Internet Academy (C.I.A.)書籍 "In Resonance"からの引用:Cosmic Internet Academy (C.I.A.)の掲載許可による)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(とくめいさんのコメントから)
ここのコメントを見てると、内なる世界にあまり興味がなかったり信じられない人にも変異が起こりはじめているみたいですね。

ライトボディレベル4~6あたりに移行し始めている方いっぱいいらっしゃいますね。

まず「内なる世界なんて信じない!」「死んでやる!」などと思うこともライトボディ変異の一つの症状です。
そしてそう思いながらも、このブログに足が向いてしまうこともです。

私も1・2年かなり苦しみました。泣いて、怒鳴って、物にあたって全てを否定し、人を傷つけ、欝になり仕事も辞めなければいけない状態になりました。そして自殺を何回も試みました。

恐怖から何十回吐いてめまいがとまらず1ヶ月寝込んだこともあります。

今ここでネガティブなことを書かれてる方よりエゴの抵抗がひどかったかもしれません。

「ライトボディの目覚め」にこう書いてあります。

「たくさんのの人がライトボディの第6レベルでこの惑星を去ります。なぜかというと、極度の不快さを体験するからです。゛本当にここにいたいのか?このすべてを見たいのか?このプロセスに参加したいのか?゛そして多くの人々が放り出します。それはそれでいいのです。彼らはこのプロセスを別の人生で通過するのです。すべてを一度にしなければならないというわけではありません。一般的にいって、もしもある人が第5・第6レベルを乗り越えられるところまで私達が援助できたら、その人はもういつでも故郷に戻るとされています。その時点で惑星を離れないと選択すれば、たいていの人はここに残ってすべてのプロセスを成し遂げます。」

この第6まで抜けた感想としましては。
今私は大体第9レベルにいますが本当にこの第6レベルが一番精神的に辛かったです。
第7から肉体の変異が辛くなりますが、第6レベルに比べたら全然OKです。

一番嬉しかったのは、「自分が本当は誰なのか、自分が本当は何を欲しているのか?」という苛立ちから解放されたことです。

最後は一人一人の選択になりますが、もしかしたらもうすぐ暗い森から抜けれるかもしれませんよ?

私は苦しみ抜いたあと、視界がいきなり明るく広くなりましたから。

ネバー ギブ アップ!です(^-^)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




VIDEO Sananda Easter Message 04/07/ 2009

こんにちは、皆さん!


私はサナンダです イースターの祝日のイブに皆さんにメッセージをお贈りしたいと思います

私はイエス・キリストとして皆さんを訪れた教師のスピリットです

私は私たちを招いた皆さんすべての心の中へ入って新しいエレサレムを建設したいと思います


イエス・キリストはキリスト教・ユダヤ教・イスラム教のどの宗教を代表する者でもなく

大切なことは彼は私たちであり

スピリットとスピリチャリティーのすべてを代表する者としてあります


今回お伝えしたいことは今皆さんが祝おうとしているイースターは、

これから全面的に進むアセンションの始まりになるということです

イエス・キリストが伝えようとした教えには多くの意味が含まれていました


その一つは私たちはすべて一体であり、同じ道を歩む兄弟・姉妹たちだということです

だから私たちは地球に平和をもたらし子どもたちを共に育てるために力を合わせなければなりません

そう、地球に平和をこそもたらすために


イースターの朝陽が昇る時が新しい世界の始まりになります

たとえ皆があなたの言うことを信じなくても、あなたは自分自身を信じていてください、あなたの内側のキリストを・・

「あなた方は私がした以上の奇跡を行うであろう」とキリストは語りました


すでに皆さんは自分の内側にあるパワーに気づいています

皆さんは地球に自由と平和と豊かさをもたらすパワーを秘めています

真実を求め自分の神性を見出してください


真実の輝きが地球にすばらしい豊かさをもたらすのです


人類を癒し、歌い踊り・・天国を地上に実現していきます

もう皆さんはこれまでの地球にあった飢餓・戦争などの苦しみから解放される時期にあるのです

皆さんをコントロールする者は皆さん自身であり、それ以外の誰でもありません


言いかえれば皆さんには大きなパワーが与えられて、このイースターがその新しい時代の始まりとなるのです

皆さんの内にある真実と愛のパワーに祝福を贈ります


私の母のマリアが手にした白いバラの花に象徴された純粋さを求めてください

バラの香りをかいでそのやわらかい感触を楽しんでください


皆さんはバラのプレゼントにふさわしいソウルたちであり、私は皆さんの御足を清める者です

皆さんの栄光をキリストの名において称えたいと思います


皆さんは愛でありこれまでも愛であったのです


ナマステ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
こんにちは、ここにいます。わたしは大天使メタトロン、いつものように、美しい光の存在である皆さんと通じ合えることは光栄なことです。ここに存在できることを感謝します。ご存知のように皆さんは内面に目を向け、こころを開いて意識的に接触しているため、そして皆さんの周波数を広げているため…皆さんは皆さんの世界と種族にたいして素晴らしい奉仕となっています。それは、皆さんひとりひとりそれぞれに、皆さんの内面に、変化が起こっていることを意味しています。光を選択すること、愛の内に自らを高めることは、皆さんの現実性だけではなく、また皆さんが出会う誰に対しても深遠な衝撃を与えることになるでしょう。我々が波状の影響と呼ぶようになるものが、皆さんの振動は増幅されているために、皆さんが出会う人々の振動も増幅させることになります。ですから、今は深く呼吸をして、皆さんの周りの光を呼吸して、皆さんのエネルギーが上昇していることを感じてください。皆さんは自身の王冠のチャクラに疼きを感じるかもしれません。それはわたしのエネルギーであり、このエネルギーが現在皆さんと通じ合うことを不安に感じる必要はありません。

わたしは今晩、現在の地球のエネルギー、そして皆さんそれぞれが経験している多くの変化について論じたいと思っています。皆さんは、日々、大きな変化が起こっていることを感じ、それにはある特殊な理由が存在していることに既に気付いているかもしれませんが、皆さんは、地球上のエネルギーが毎日変化していることを確認しています。2日と同じ日が無く、その代わりに、常に新しい日々を迎えています。わたしがこのことを指摘するのは、昨日喜びに留まるために皆さんが必要としていた行いが、今日喜びに留まるために必要となるものと同じではないことを理解することが皆さんにとってとても重要になるからです。エネルギーは継続的に変化しているため、皆さんもまた継続的に喜んで変化を受け入れる必要があり、皆さんが率先して変化を受け入れることによって、皆さんは常に喜びに留まることが許される、ということを憶えておいてください。変化に対して逡巡することは、もはや皆さんに役立たない習慣の内に皆さんを閉じ込めてしまうことを意味しています。新しい毎日を喜んで受け入れてください。それは、毎日が学ぶべき新たな課題を持った新しい日であるからです。皆さんの意欲が喜びと愛の内に生きることを支援するでしょう…そして最終的に、それが今ここに皆さんが存在している意味なのです。わたしは、皆さんに地球上で変化が起こっていることを指摘しています。皆さんが唯一確実と判断できることは、変化は常に起こるだろうということだけです。このため、しがみつくことなく、現在皆さんが感じていることや経験していることすべてに対してとりあえず努力してみることを続けてください。それは、その努力もまた変化することが約束されているからです。流れと伴に進むことを喜んで受け入れてください。我々はこの伴に進む流れを光の波と呼んでいます -順応しながら変化する波です。この時代にはこれが皆さんに必要になります。

(以下の段落は任意に分割)

こうした変化の期間には、皆さんの惑星の上には多くの光が溢れているという事実を指摘して起きたいと思います。我々は以前からこれを伝えていますが、わたしは今もこれを何度も繰り返し伝える事が重要だと認識しています。このためわたしは繰り返しています。光、白い光が、皆さんの惑星に意識の流れを照らし出しています。これは神聖な領域に属する、愛と悦びのエネルギーです。そのため人々は、それが地球に注がれ、愛と喜びの状態でこそ、そのエネルギーがより容易に留まる、と考えることでしょう。しかし、残念なことに、必ずしもそうなるとは限らないのです。一方、これは皆さんが活動している目標であり、わたしは皆さんの生命において常に悦びの状態に留まることが可能であることも理解しています。しかし、現在、皆さんの世界は二元性の状態で存在していることを認識してください。皆さんの現実性のそれぞれの局面において、皆さんは対比、不一致を確認することかもしれません。皆さんは光を確認し、そして闇も確認します。何故皆さんが混乱を経験するのか、何故皆さんが難題を抱える事になるのか、これがその理由になります。皆さんの内面でさえ、光と闇が横たわっています。そして今は光が皆さんの惑星に降り注いでいるため、闇は撹乱されています。皆さんを抑圧してきたこころの中の古い信仰形態、過去生の記憶や難題を投げ掛けている皆さんの今生の記憶、それは否定的かつ痛みの伴うものですが、それらは深部に押し遣られ、埋葬され続けてきました。

皆さんはこうした痛みの伴う生理的感情に対処してきておらず、その代わりに、幾重もの層の下に、内壁の下に埋葬してきました。皆さんは、皆さんの魂が皆さんの内部に存在していることは理解しています。皆さんの霊、皆さんの光、そう、それはここにあります。しかし皆さんの魂の周りには、他の階層が存在しています。これこそ皆さんそれぞれが厚い内壁を創ってきた階層であり精神の階層です。ひとつの堀、埋設された伝送線、そしてこうしたものすべてが、真実の自分が何者であるかを、皆さんの内面に存在する神聖な実在が存在しているという事実を理解することを、皆さん達自身が妨げているのです。

次に人格や自我という水準が存在していて、この自我か当然皆さんが怖れに留まることを、皆さんが本当は何者なのかというその答えから切断された状態に留まることを望んでいます。皆さんは自身の神性を充分に抱いていた時、皆さんの自我は解消されます。これが皆さんの目指している場所ですが、皆さんの自我は怖れを抱いているために現在は今まで以上に皆さんを強く握り締めていて、光が皆さんの地球に降り注ぎ、皆さんの存在の中に浸透しているため、皆さんの過去に由来するこうした否定的な経験が発現してきています。皆さんはある日偉大な感情を経験しているかもしれず、その時にはより多くの光が射し込んでいて、こうした出来事のすべてが発現したあと、皆さんは急に嫌悪感に苛まれ、為す術が解らず、身動きが取れなくなったと感じます。辛く感じ、そして実際に困難に陥ります。我々はこれを称えます。また我々は皆さんがそれを喜んで受け入れることを称えます。それは、皆さんは自身の魂を救済しているのであり、皆さんはこうした問題を突き付けられている中で人間性というものを救済しているからです。こうした現象が現れているのは解き放つためであり、それ故に皆さんはこうした問題を越えて成長できるのかもしれません。こうした感情や記憶が発現した時にはそれを解き放つよう、わたしは皆さんにお伝えしておきます。それはこの特殊な目的のために、それを解き放つために発現しているのであり、そのままにしておくと皆さんが解き放つまで皆さんに対峙するものであることを認識させるために、そうしているのです。

そのため、それが何処かに消えてしまったように思えても、皆さんは他の人間に対して憤りを感じることがあります。ほんとうは他者に対して憤っているのではないことを認識する必要があり、皆さんの場合は特にこれにあてはまると思います。しかし現実に彼らは皆さんの鏡として行動しているのであり、皆さんの本当の怒りの矛先は皆さん自身なのです。しかも、これは悪い感情を残します。ですから、皆さんがこうした感情を抱いた時、それを解き放ってください。単純にそのように選択することで解き放ってください。これはおそらく困難を伴うことになるでしょうが、その時はどうぞこの大天使メタトロンに声を掛けて、その怒りを光に解き放ち、無限の愛に置き換える手伝いをさせてください。こうした言葉を今いくら耳にしたとしても、皆さんは今まで個人的な振動が増大している体験をしてきたことに気付いてください。解き放つことは力になり、皆さんの腰巻きの道具箱(ツールベルト)、皆さんの次元上昇の道具箱、地球を変容させる道具箱になります。

皆さんは皆さんの役に立っている他の道具に気付いていますか?瞑想はまた強力な道具、手段です。瞑想を通して、または単純に日々静謐な時を体験することを通して、皆さんの知的心性としての自我を鎮めることの重要性についてわたしはいくら強調してもし過ぎることはないと考えています。皆さんの自我を鎮めてください。もうこれ以上皆さんに奉仕することはありません。ほとんどの皆さんがまだそれが正しいと信じ、皆さんは自分自身もその通りだと信じています。わたしは、現在皆さんはそうではないことを確認しています。皆さんという存在の真実は、如何なる時でも無限の愛という振動の中に留まることができるという存在だということです。このため、皆さんに他のことを伝える声、不安を抱かせる声、疑いを抱かせる声、不平を漏らす声、怖れを抱かせる声、他者を陥れ他者を裁く声、それは皆さんの自我であり、皆さんはこうした行為をしているのは皆さんの自我であることに気付いていていながら、判断をし、そして判断されることを怖れています…。一歩後ろに下がり、第三者の立場で振り返ってみてください。そうした時に、皆さんはその自我との関係を絶ち、皆さんの力を取り戻します。今は皆さんがそれを行う時です。皆さんの力を取り戻してください。皆さんは力強い存在であり、計り知れないほど強力であり、全存在と同じ存在です。

しかし、この事実をこころに抱くことは、そしてもはや皆さんの役に立たなくなった物事を解き放ち皆さんの本当の資質に足を踏み入れることは、皆さん自身の判断に委ねられています。これが次元上昇の推移に関するすべてであり、今現在進行していることです。2012年12月21日に起ろうとしている何かではありません。もしも皆さんがこれを体験するためにその日を待っているとすれば、わたしから皆さんに伝えるべきことは、皆さんは次元上昇できないでしょう。それどころか、その変化は既に始まっているからです。皆さんの時間という幻影は速度を速めており、ほとんどの皆さんにとって、幻影という覆いは既に薄れ始めています。そして、これは素晴らしいことです。皆さんという存在の真実は、力強い精神的存在であるということであり、皆さんは内的指導霊とつながっていて、何時如何なる時でもこの高められた振動の中に留まることを可能にする愛とつながっています。皆さんにはこれが可能です。ですから、解き放つための、瞑想のための手段として、そして皆さんが利用できる第三の道具として役立つことを約束します。

我々は、皆さんの自我が皆さんを常に怖れに基づいた想念に引き戻したがっている様子について論じてきました。皆さんはそういった想念をわたしに向けて解き放つか、皆さんの意識的想念を通して解き放つことができます。皆さんは自我を抑制することを学ぶために、そして皆さんの力を自我から取り戻すために、瞑想することができます。しかし、こうした自我に由来する想念は、潜在意識の水準で創造も行っています。皆さんは潜在意識の水準で、皆さんの好き嫌いに関係なく望んでいない物事を創造していて、皆さんはほとんど何時もこうした潜在意識で創造された信念に無自覚な状態になっています。これが、皆さんが本当は望んではいない物事が自分の現実に存在していることを頻繁に自覚させられる理由です。強力で肯定的な想念は、集中しかつ周到な肯定的想念は、潜在意識の、無自覚な否定的想念よりも強力だということを認識してください。

(段落分割終了)

このため、最愛なる皆さん、日々確認し、皆さんの願望と、皆さんの人生で本当に創造したいものを記録しておいてください。皆さんが望んでいるものを宇宙に伝えてください。皆さんの意図していることを皆さん自身が何度も再確認すれば、その願いが皆さんの潜在意識の想念になります。そうしている内に、皆さんは皆さんが求めているものを手に入れることができるでしょう。こんなに簡単なことです。それが法則です。皆さんの現実性の中で皆さんが認識しているすべてのものを、皆さんが座する椅子、皆さんが運転する車、皆さんが住む家にしてください。過去は誰かの知的心性の中の想念を第一義としていました。これが既存のものとして存在を可能にしてきた姿ですが、それは誰かがそれを考え、作り出したからです。このため、皆さんはこれまで願望してきたように、これを思い出してください。その願望を書き出して、それがどのように実現されるかどうか気にしないで、皆さんはそれを創り出すことができることを信じてください。

そしてこのことが皆さんの次元上昇のツールベルトのもうひとつの道具の話につながります。それは祈りであり、祈りは皆さんの役に立つとても強力な道具として存在しています。天使達、指導者達、宇宙…それぞれが皆さんを支援することを望んでいます。我々は皆さんが自身で望むものを手に入れることを望んでいます。しかし今まで伝えてきたように、皆さんはそれを求めることが必要です。それを手に入れるための支援を求めてください。皆さんの天使達に、皆さんが望むものを創造するために必要となる経験を得られるような状況を確保するように求めてください。援助を求めることで、皆さんはそれを受け取ることができるでしょう。皆さんに役に立つ道具を使用して、皆さん自身を喜びの状態に留めておくことを許容してください。皆さんの地球は現在絶えず変化していることを思い出してください。変化こそ唯一変わらないものなのです。皆さんがこの事実を認めて受け入れ、そしてその準備を整えているのであれば、たとえ皆さんの周りの至るところに社会的混乱や無秩序が現われたとしても、地に足をつけながら冷静なまま、皆さんは苦もなくこうした変化の舵取りをすることができるでしょう。皆さんは激しい嵐のただ中に在っても平穏な輝かしい光彩として存在し続けることができます。これは強い力であり、そしてそれが皆さんなのです。この事実を信頼してください。そうであることを信じてください。そして、その通りに。


親愛なる皆さん、今は皆さんのこころの中により深く沈んでください。我々は直ぐに完結を向え、皆さんは次元上昇のひとつの課題の中で引き上げられることになるでしょう。皆さんの振動を増幅させるという訓練です。皆さんの振動は既に引き上げられていますが、今我々は皆さんをさらに高い領域に引き上げていることを理解してください。このため、皆さんのこころの中に沈んでください。深く息を吸い込んで、今注ぎこんでいる白い光の中で呼吸をしてください。その白い光は皆さんの頭の上から皆さんの王冠のチャクラまで降りてきて、皆さんの脊椎を通過して行きます。白い光の中で呼吸してもらえれば、我々は今皆さんを引き上げます。素晴らしい。皆さんは無限の愛の渦に囲まれています。皆さんの人生の中のそれぞれの日、それぞれの週、それぞれの月を通して蓄積されてきた否定性を解消している白い光の球体が、今皆さんに仕えています。この愛のエネルギーの白い光の中に溶けて行きます。そして我々はわたしの兄弟、大天使ミカエルに呼び掛けます - また皆さんがいつでもミカエルに呼びかけてもかまいません -諸状況や人々からの否定性の符合を如何なるものでも切断するよう求めます。この符号は切断され、これが生じた時、皆さんは自身のエネルギーがさらに引き上げられたことを感じます。皆さんのすべての本質、皆さんのすべてのエネルギーは、意識的または無意識的に、他者または皆さん自身を原因として、今まで無駄に流れ出ていました -今は皆さんのエーテル質の体に、皆さんのエネルギー形態に、我々がこのエネルギーを編み直します。ここでもう一度白い光の中で呼吸をして、皆さんのオーラが拡がったことを感じてください。今は皆さんを目指した白い光の光線が存在していて、皆さんの領域に浸透しています。この光を許容し、こうした光の照射が皆さんの周りを取り囲むことを許容したのですから、皆さんは光の体を構築しているということを認識してください。皆さんは自身の周波数を増幅しています。皆さんは自身の自覚的意識を拡張しています。皆さんは無限の愛というエネルギーを拡大させています。もう一度、白い光の中で呼吸をして、この白い光が皆さんの脊椎を白い光で充たし、皆さんのすべてのチャクラをつなぎ、こうしたエネルギーの中心点を浄化することを許してください。皆さんを平衡の取れた状態に、愛の状態に、皆さんの本当の姿に戻しています。皆さんは神聖な存在です。皆さんは愛です。そして皆さんは愛されています。皆さんは指導霊達や天使達に囲まれています。指導霊達や天使達は皆さんを愛し、皆さんの特定の目的、皆さんがこの地球上に存在している理由を成就させるための支援をしています。皆さんは皆さんの喜びと皆さんのこころに追随しているため、皆さんは順調に皆さんの道筋を進んでいることを認識していください。皆さんに役に立つ道具を用いて、よろこんで支援を求めてください。

我々はここで皆さんを皆さんの物質的肉体に降下させます。しかし、皆さんのエネルギーは清められていることを認識してください。皆さんは今まで浄化され、引き上げられてきたため、それが皆さんの変化し続ける世界を航行する際の支援をすることになるでしょう。皆さんの世界は変化を続け…その航行において皆さんを支援し続けることを単純に自覚し続けてください。そうである以上、皆さんが動き回って出来る限り活動することを許容してください。皆さんの足を大地の上にしっかりと植え付けてください。皆さんのつま先とかかとと足の親指の付け根が大地を踏みしめていることを感じ、根が下方に伸張して地球の中心にまで達し、皆さんを三次元に根付かせている様子を視覚化してください。皆さんの物質的世界に参入してください。皆さんは物質的な存在であり、地に足を付けています。そして今、皆さんの王冠のチャクラからの光が上方に伸び、天に達し、皆さんを宇宙の中に根付かせています。皆さんは霊的な存在であり、天に立脚しています。この光と根は伴に皆さんのこころで、皆さんの開かれたこころの内部で伴に交わっていて、皆さんの礎となってしっかりと支えています。皆さんは浄化され、皆さんは皆さんの夢に向って自信を持って最初の一歩を踏み出す準備を整えています。達成可能であり、達成することを前提として皆さんには夢が与えられました。この事実を信じ、喜んで最初の一歩を踏み出してください。馬鹿げたことに見えようとも、最初の一歩を踏み出すことで、後で次の一歩が皆さんの前に現われるでしょう。

親愛なる皆さんは愛されています。そして皆さんは皆さんの務めを達成する支援を受けています。わたし大天使メタトロンに呼び掛け、また皆さん自身の守護霊や天使に声を掛けてください。彼らはその準備を整えていて、皆さんが平和な状態に留まるよう喜んで仕えます。我々は皆さんを愛しています。そしてある意味、我々は皆さんを放置し、別の意味で、我々はいつも皆さんと伴に存在していますが、しかし単純にそんな考え方は忘れてください。それでは、とりあえず、さようなら。

皆さんの内なる神を拝して
Namaste

光と愛を添えて
With Light and Love,

メラニー
Melanie

http://lightworkers.org/channeling/99820/toolbelt-transformation-archangel-metatron-02-2010



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
わたくしは今日地球の次元と地球の内部、そして皆さんひとりひとりの中で続いている素晴らしい浄化についてお伝えするために参りました。皆さんひとりひとりは皆さんの自我の奥深くまで掘り下げていて、もう皆さんの役に立たなくなった古いエネルギー、想念、感情を清めています。そしてそれが皆さんの中に混乱と疑いの時を創り出しています。今は皆さんが決して裏切ることのない神の光に仕えるためだけではなく、皆さん自身が完全に融和した次元上昇に捧げることを思い出す時です。わたし達はそれが皆さんにとって困難な道筋であることに気付いていますし、皆さんが時にどれほど孤独を感じ、正しい道筋にいるかどうかどれほど疑問を抱いていることも、わたくし達は理解しています。もしも皆さんがこれを読んでいるのでしたら、可愛い子供達、皆さんは正しい道筋を歩んでいます。

皆さんひとりひとりが光の家族の仲間であり、より高い次元のエネルギーをしっかりと支える力を備えて神に仕えるために、この時代の地球に存在することを選びました。皆さんは大きな困難が皆さんの前に現われることを認識していましたし、集団意識とその所在として認識されている意識の淀みから皆さん自身を切り離すこと、皆さんの努力と意思を通してそうした意識の変化を作り出すことを求められていたことも理解していました。可愛い子供達、皆さんの努力は実を結びつつありますよ!揺ぎ無い光の水準の増加がもう存在していて、今ではその光が集合意識に染み込み、人類は個人の環境やその周りの世界を充分に変化させることができるまで大きなものになっていることに気付き始めています。

本道や脇道の上で、それぞれが、錯覚に基づいた情報としての寿命を通して人々に多くを与え続けてきたことを理解しています。こうした人々にとってこれはとても痛みを伴う時であり、人々はこうした真実を自分達で認めなければならなくなっていて、ある人々にとっては、自分達が生きてきた世界の本当の状態がこのようにあらわになることはひどく衝撃的なことに感じられるでしょう。こうした美しい人々は、今ではこころから信じてきた体制が進化する過程に在り、自分達自身を呼び覚まし、世界の中に新しく見いだした啓発を受け止め、自分達が至高の善と信じて奉仕の対象としていた権威に深刻な疑問を抱き、またそれが納得できる答えとして無視できないものになってきています。

世界は目覚め始めています!皆さんの周りを見て、昨日とどれほど変化しているかを確認してください!錯覚の連鎖は人類の知的心性から切断されていて、人々は地球上の出来事の真実の状態を確認し始めています。人々は、人々をひとつの偉大なる共通の目的の中にひとつにするものとして、自らが備えている潜在的な力を理解し始めています。皆さんはこうしたことをより多く確認することになり、また皆さんすべてがそのために活動してきた偉大なる変化を容易にするために、与えられた能力に応じて、ほとんどの皆さんはこうした努力に参加し、支援することになるでしょう。これはなんと素晴らしいことでしょう。皆さんの世界にはこの努力に参加する今以上に多くの人々が存在していて、この目標を重要視して持てる力を発揮しています。今は目覚めの時であり、始める時です。偉大なる目覚めの時は今皆さんの周りで起こっていて、それが続いているために多くの変化が皆さんの国と世界の上に現われてくるでしょう。

皆さんはこの静かで平和な革命のひとつの部分として存在しています。それは、この目標を実現するために自分の生命を捧げているひとりひとりとして皆さんは存在しているからです。今はすべての人々にとって移行の期間であり、人類の意識水準の上で大いなる進歩が始まることになるでしょう。残されていることは、しっかりと歩み続けることであり、地球にとって、人類すべてにとって、地球のすべての王国にとって神聖な領域に仕えるという、皆さんの道筋に忠実であり続けることです。過去、現在、未来がひとつになって、すべてのことが今訪れようとしています。

皆さんは、それぞれがこころから愛する子供達であり、計り知れないほど支援されている存在です。このことを、皆さんの日々の生活において忘れないでください。

わたくしはマリア、今皆さんと伴に。
I Am Mother Mary

マレーネ・スウェリショフ
�・2010 Marlene Swetlishoff

Permission is given to share this message in other forums, blogs, etc. as long as the message is posted in its entirety and nothing has been changed, or altered in any way and the Scribe’s credit, copyright and website is included:

www.therainbowscribe.com

http://www.galacticroundtable.com/profiles/blogs/mother-mary-the-awakening-is



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
こんにちは!
変化の風が、地球上のそれぞれの生命の反射光の中を通り過ぎているため、わたし、大天使ミカエルは友として、師として、創造すべての支援をしている統合された意識場の召使として、皆さんの前に立っています。もし許されているのであれば、皆さんは皆さんの心に触れるわたしの存在を、今こそ皆さんが備えている天の恵みを明らかにする時であることを思い出させる者として、感じることができます。この能力はわたしの名前により呼ばれてきているものであり、今日、我々はそれを“変化の種子”と呼ぶことになるでしょう。


変化の種子
Seeds of Change

皆さんが受肉する前、皆さんは土壌、つまり地球の状況はこの神聖な能力を支援することはできないことを認識していました。皆さんは、自分が不毛な環境を変化させて、こうした種子が育つようにする必要があることも認識していました。皆さんの目の前にある多くの人々もまた同じ種子を植えようと計画していました。彼らの計画は栄誉あるものでしたが、しかしその種子達は、ほとんどが、必要となる栄養素やエネルギーを受け取ることができませんでした。こうした環境がすべてありながら、皆さんそれぞれは変化の種子を担う者としてこの惑星に再び生まれ、こうした種子が地球に根付いていることに皆さんは驚いています。こうした根は今、新生した人間精神が支援している栄養素の豊かな地層に伸びています。

こうした種子の世話人として、数十年の間、皆さんの多くが精霊との関係や繋がりを磨き上げて過ごしてきました。こうした種子はただ皆さんの愛によってのみ活性化することができるということを、皆さんはこころの底深く理解していました。皆さんは傷ついたそのこころという本質を、いろいろと異なる癒しの形を実践することによって、皆さんが備えている人間の本質を探究してきました。また皆さんの多くがこの癒しの過程に対してある種の熱中を体験し始めました。皆さんという使者、つまり種子を蒔く者は、誠実かつ誇りを持ってこの神聖な能力に仕えるために、皆さんの人間としての状態すべてを癒す必要がある、という信念を創り出しました。この過程において、多くの人々がまた皆さんの魂と深遠な新たな関係を発見しましたが、しかし皆さんはその経験を自分自身の命に取り込むことを選択しました。皆さんは一種の表現できない啓発を具体化しました。

皆さんすべては今ここに存在していることを深く誇りに感じています。わたしは皆さんが備えている能力の神聖な本質を折に触れて思い出すでしょう、という言葉を、わたしミカエルは皆さんそれぞれに伝えます。天の恵みというすべての能力は皆さんが備えているものですが、それに仕える者はほとんどいません。現在は小さいながら自身の癒しの過程から離れ、多くの新たな創造の力を利用する新たな権利といった感覚を発見した、ひとつの活力ある人間集団が存在します。彼らは、自分自身の創造的表現の中に意識的にこうした神聖な種子を植えました。ある人々にとって、奉仕という形態を取っています。別の人々は、ある成果物の中にこの恵みを表現しています。彼らは自分自身で独自の芸術的な表現を称賛し始めています。その恵みを共有しようとするほど、生命や進行している支援の流れにより強くつながることを発見しています。彼らは奉仕との新たな関係を抱き、その奉仕によって、自分の自信と才能の感覚を称賛することになります。創造はここで彼ら自身の生命となり、一層の援助と支援する人々を集め始めています。我々はこの新しい覚醒を祝福し、これが始まりであることを皆さんすべてに気付かせます。シートベルトを締めていれば、皆さんはこの乗り心地を楽しむことでしょう。


集団を変移させる
Shifting the Collective

こうした影響力を備えた新たな変化の種子は、独自の根系を展開してきました。それらは芽生え始めた他の一連の神聖な種子の中で支援を受け、相互に繋がりを持っています。これが、今度は皆さんの惑星の核心の中のエネルギーの平衡化に移行して行きます。皆さんが抱く現実性というどの系にもガイアが対応しなければならないためです。ガイアは今、新たな、深遠な、その地殻の内外を変化させている命の意識の状態に適応しようとしています。

こうした変化の種子に仕える一翼を担ってきた人々の影響を受け、今では多くの皆さんが根本的に異なった観点から生命を把握していることに我々は気付いています。皆さんの自分自身に対する奉仕は、実際に皆さんの成長の本質的な要因でした。結果的には、皆さんはそのために必要となる癒しの過程の真価が、逆に多くの幻影を暴露することになったことを確認しています。長い間皆さんの生命の上に浮んでいた惰性という延々と続く雲に気付くようになりました。その雲が、皆さんの表現の自由を否定しようしていたのです。この惰性が皆さんに集中し続けていたのです。‘わたしに、わたしに、わたしに’というすべてが、ひとつの同一性を持続させる役割を果していたのです。皆さんは、皆さん自身の癒しの過程の犠牲になってきたのです。

我々は皆さんについてこの視点を共有しています。それは皆さんの視野の中には、別のより大きな魂の集団が存在しているからです。彼らは実際に地球上で生活し、こうした神聖な種子にまさに気付き始めています。我々はこの集団の数が数百万に達していて、多くの未解決の問題を抱えながらも変化しようとする衝動を感じていることを理解しています。彼らは、もはやそこで喧伝されているようにはならなくなっている支援体系に注意を向けなくなってきています。彼らは、以前は気付かなかったさまざまな奉仕や作品の中に存在する、皆さん独自の創造的な表現を評価し始めています。

現在、この移行の適時選択はすばらしいものになっています。皆さんの多くが全生涯をかけてこの瞬間を待ち望んできました。また、この変化の適時選択に退屈して不満を抱いています。もし誰も耳を傾けてくれないとしたら、変化に仕えるどの点が問題になるのか?我々は皆さんの声を聴き、皆さんの忍耐を誇りに思っています。現在我々は、古臭い関係に埋没し、仕事に飽き、肉体的疲労を感じている皆さんに声を掛けています。種子を蒔く人は、今がその時です!皆さんの情熱は何処に行きましたか?皆さんはいつそれを表明しましたか?


生命に仕える
Serving Life

わたしミカエルは、皆さんそれぞれに、こうした聖なる種子に対する皆さんの奉仕を今後もできる限り意識することを約束しました。皆さんにもう一度尋ねますが、皆さんは誰に仕えているのですか?知性は、生命は皆さんの情熱を必要としていない、と皆さんを説得しようとするでしょう。もしも自分の心の願望をさらす危険を冒すと、弱い自尊心が傷つくだろうと皆さんを説得しようとするでしょう。しかし、小さいながら活気溢れる人間集団が存在し、彼らは現在意識的に生命に仕え、皆さんがその仲間に加わることを待っています。その創造的な能力を共有するように皆さんに求めています。

我々は繰り返し伝えるでしょう。人類と呼ばれる仲間は、まさに自分自身の悪夢から目覚め始めています。皆さんは何がしかの神の真理を言明する説教壇の上に立つために、今ここに存在しているのではありません。皆さんの創造は、皆さんの魂の存在感に充たされて、皆さんのメッセージを伝えるでしょう。しかし、それは人間の目で確認できる必要があります。皆さんの人間という仲間は、統一されたば意識場という正真正銘の表現を探しています。それがどれ程重要性なことなのか、わたしが明確にさせましょう…この時代に必要とされているのです!もしも皆さんが仕えているものに実際に変化が起こるとすれば、もしもある新しい意識が本当に皆さんの祝福しているものであるのならば、絶対に必要となるのです!

わたしは今日、皆さんに来るべき物事の天気予報を伝えるために現れた訳ではありません。皆さんは何が起こっているか感じることができます!わたしは、この惰性という雲の存在を伝えることによって、皆さんの生命に対する奉仕を称えるためにやって来ました。皆さんの生命の中にわたしかヨシュアを招いてください。我々は新たな情熱に火を点ける支援にたいへん長けています。その情熱は ‘わたしに’を後部座席に置いておきます。新しい意識は“わたし達”が目的であり、我々は皆さんの新たな望みを称賛するために今ここに存在しています。

生命はそれぞれが安穏とした領域の外へ出るよう皆さんに叫んでいます。これは皆さんを危険な状況に陥らせようとしているのではありません。親愛なる魂、我々の声を聴いてください…もしも自分の創造的才能に仕えないとすれば、皆さんはこの瞬間に危険な状況になります。こうした変化の種子は、こころだけに植えられだだけでは、成長することはないでしょう。こころだけではそれを処理する何らかの手掛りを持っていません。皆さんのこころにとって、今こそ変化に仕え始める時です!人生はほんとうに神聖なものであるという明らかな証拠を否定して、人類という仲間をからかうのは止めてください。生命は皆さんのようにそれ自体に仕えるべきもの以上を欲しています。新たな奉仕は皆さんの行動に対する情熱です。仲間に参加し、創造を開始するときです。

わたしのすべての祈りを捧げて、
All of our blessings,

ミカエル
Michael

http://www.galacticroundtable.com/profiles/blogs/aa-michael-seeds-of-change



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(てれやの森さんからの投稿)
こんにちは!メタトロンです。

我々は結晶構造の体の構造をより理解し始めている:

炎の文字
Fire Letters

炎の文字は人間の遺伝情報の基盤であり、皆さんのすべての細胞内に格納されている。この電磁的エネルギーはこれまで変化していて、皆さんの体の内部により高次の振動率を生じさせている。自分の細胞が加速しているような感覚を持った場合、皆さんは体内に振動を感じ、皆さんの体は自分の結晶構造の体の中にしっかりと固定されている新しい遺伝情報を取り込んでいる。皆さんの体はシリコンや新しい体の鋳型の基盤となる金を含めた他の成分を引き付けている。炎の文字は体のための情報として異なった方法で配置される可能性があり、皆さんの神聖な設計図は、ハードディスク内に存在しているように、ひとつの情報として文字の新たな組織化に反応している。立体映像的な表象は異なって作動し、情報を別々に処理している。この存在が液状の黄金の光が依拠する体内にしっかりと固定化される。この符号化が、より高次の想念とより高次の特殊能力を、解読するものとなる。こうした炎の文字は直線状に調整されることはない。もしも皆さんが炎の文字を目にすることになれば、立体映像を見ているようなものであり、一斉に多くの水準で多次元的に調整される。偉大なる中枢太陽、アルシオネで起こった次元分裂図形的(フラクタル)始まりを想像してください。この次元分裂図形はそのポイントから我々の太陽のソル、木星、水星、そしてシリウスに移動して行き、もちろん我々の局所的な銀河系内の惑星、恒星、太陽たちにも波及する。

この螺旋状の次元分裂図形が縮小して行き、次の次元に突き進み、そこで拡大して行き、別の太陽を通過し、力のエネルギーを収集し、地球に到達するまで再度螺旋状に縮小して行くことを確認してください。諸惑星と諸恒星と諸太陽を通過してアルシオネにまで遥々遡って伸びて行くこの次元分裂図形は、キラキラと眩い光で充たされ、次に地球に達し、王冠のチャクラを通じて結晶構造の体中に示現する。この力のエネルギーが脳構造の中に入ってきて、そこで松果腺内に天然のDMT(ジメチルトリプタミン)が生成される。各々の心のメルカバからの力と愛で炎の文字が発火させられるのは、この位置になる。炎の文字はまた、同時に多くの階層で形成されることは別として、多くの異なる言語で同時に話すことを意味する:光の言語を。この言語は脳で、細胞内のミトコンドリアで、個々の原子で、エーテル質の体で、自我の知性で、神聖な設計図の体で、その他諸々で、それぞれ部分の言語で聞き、生命を持続させる指示を同時かつ共時的に伝送する。より高次の炎の文字の模様を同調させることにより、皆さんは自身の結晶構造の体をより高次の特殊能力(SIDDHIS)で固定する。これらはキー・コードと呼ばれる。

キー・コード(鍵となる符合)
Key Codes

結晶構造の体を固定化するために、人はより高度な符号を入力する、つまり同調させる必要がある。光の言語を使い、12次元内に符号化することで、それより低い次元の空間において結晶構造の体で生活することが可能になる。それぞれの次元的場は、それ自体の光と音の場を持っている。こうした光と音の場から立体映像的な表象が創られる。光と音で原子が組織され、その結果として立体(固体)構造のような姿として現われる。物性に投影されたものは、実は立体構造となっていない。その代わり、光と音を通して振動的に結び付いている立体映像となっている。より高次のキー・コードがより高次元からの情報として固定化されて皆さんという存在の中に入り、皆さんの神聖な設計図が炭素を基盤とした構造に替わって結晶構造、水晶構造として物性に反映することを可能にする。その結果、より高次の霊的側面が生じ、第2チャクラを通じた性衝動や、濃厚な食べ物を大量に摂取しようとする欲望のような低次元の側面を排除する。皆さんの体を12 次元の設計図、結晶構造の体に同調させるにつれ、皆さんは念力移動といった特殊能力を引き出すための体勢がより整うことになる。

モデムのダウンロードの速度を想像して貰いたい。より高次の同調とはより高次の光と音の周波数を意味しており、より高次の能力を指している。母なる地球がより高次の周波数、より高次のキー・コードに自身の神聖な設計図を固定するほど、地球はより高次の周波数が通過することになり、特に最近の新月時の日蝕のような高い周波数の最大時あたりには顕著となる。すると、地球は地球のグリッドにテラ・ノバの電磁周波数を伝送することが可能になる。惑星、恒星、銀河、宇宙、超宇宙、その他諸々のすべては、その力が形成する次元分裂図形的、数学的なキー・コードのパターンを通して、‘全存在’と呼ばれる光と音の密度の中で伴により高次に、より高次に、より高次に進化することを続けている。炎の文字の数学的プログラムはキー・コードの数列の中に現れているため、惑星意識や個人意識を拡張している。こうした意識は、姿態内の結晶構造の鋳型として顕在化している諸細胞内のDNAパターンに影響を与えている。

キリスト・コード(救世主の符号)は神聖な風水(geomancy:geo=地、地球+manncy=占い。別訳:土占い、地占、物質占法)であり、純粋に知覚可能な創造的力となっている。‘全存在’を通して絶え間なく明示される愛を持った根源的エネルギーとなる。場のねじれの物理過程で機能するものが、この数量化不能なエネルギーの複合概念が示すものとなる。認識であり、同一性であり、意識である。神聖な知性として言及されているものである。この状態を通して、キリスト・コードは、次元分裂図形の数学的な表現は、宇宙は、恒久の平衡、永遠の静寂、永遠の運動、終わりの無い創造を維持している。創造の根源は神と呼ばれることもある。すべての創造は神と呼ばれる全体性の領域の中で発生する。全存在はすべての時間的母型(マトリックス)や全宇宙をその中に含め、全存在の外には何も存在しない。唯一者の原理(法則)は根源エネルギーの現実性であり“わたしはすべてであり、我々はひとつである”という事実を認識している意識の中心である。

唯一者の法則の中で、キリスト・コード意識は“すべての生命形態”の相互関連性を認識し、相互に作用し合う。神は明示的側面と非明示的側面を同時に持ち、物質と呼ばれる統一性に由来する表現と、反物質と呼ばれる統一性に由来する表現となっている。存在とはチャクラと呼ばれている我々のエネルギーの中心を通してキリスト・コードが取り入れられるため、その力は我々の体を通してDNAの炎の文字をより複雑な組織に置き直し、その組織内でより高次の物質水準で発現が起こり、反物質に波及するものとして作用する。キリスト・コードに同調させることで、我々は自身の結晶構造の体を通して物質と反物質の宇宙を経験することが可能となる。

液状の光に依存して生きる
Living On Liquid Light

結晶構造の体を完全に固定させることで、存在は徐々により明るい領域に移動して行く。存在はその体に深い変化を感じる。もはや濃厚な食事に耐えられない感覚に襲われる。より軽い食事が選択され、細胞の中に太陽の光が大量に含まれているローフード(食材の栄養を壊さないように、なるべく生に近い状態で食べる健康食)が好まれ、次により光に充たされたマイクロフードを望み始め、濃厚さに対する嗜好を徐々に低下させて行く。キリスト・コードの炎の文字の数学的表現が我々の細胞内のDNAを変化させるため、我々は液状の光に依存して生きる生活様式に移行することが可能になる。特殊に結晶構造化した我々の皮膚の細胞が太陽の光を吸収し、また、ヘモグロビンが酸素を取得するように、血液の流れの中にある特殊に結晶構造化した細胞が、太陽の光を吸収する。太陽の光とこの電磁スペクトルが、水の分子の分裂をもたらす。分裂した水素と酸素の電子と陽子が水力による液状シリカを形成するために使用され、これが体内のすべての細胞の燃料として使用される。これが炭素から水晶質のシリカに変質させ、副産物として二酸化炭素を放出する。細胞過程は水力燃料から養われ、炭素を基とした原子物質が更新状態の最適化を維持し、シリカと炭素質の最適比率とその存在が居住する環境の密度水準の特性を維持しながら、継続的に炭素質をシリカに変質させる。これは5次元環境における12次元の発現として作用する可能性があり、13番目のゲートウェイを通過して反物質の宇宙に達する事を可能にする。これが、体が物性の中に、天使としての体、化身(アバター)の体の中に投影される様子であり、更により高次の発現に向うと、無定形の姿となって行く。


結晶構造の体を通してより高次の発現と接近するために、より高次の周波数と同調する。
Attuning to the Higher Frequencies to Have Access to Higher Expression through the Crystalline Body

霊が創造のすべての水準から直接的に交信を可能にすることを目的として、意識に基づいて光の言葉の伝達システムを固定させようとする場合、メタトロンに尋ねてください。尋ねて頂ければ、導入から活性化までの移行過程を増進させる支援となるだろう---そして、次は各固定化の過程で生起する実現化の支援にもなるだろう。ヘルメスと仏陀を呼び、ラーの万能の目を皆さんの体内で活性化させ、皆さんの第三の目を開く支援を受けてください。これが皆さんの次元上昇を支援し、より高次のシディス(註:Siddhis。何を意味しているかは現時点で不明)を固定する際に役立ちます。残されている覆いを取り除くためには大天使ミカエルを呼び、何度も要求してみてください。より高次の同調を継続的に求めることで、存在はより高い次元に移行し、存在自身の宇宙的次元上昇に到達して行きます。こうした活性化の影響は部分的な知性で把握できる水準を遥かに越えたものになります。こうしたより高次の周波数と連携しているため、皆さんの直観的知性を使用してください。成長を加速させる時は今です。あるポイントにおいて、こうしたエネルギーは、意図的に固定化され統合されるようになるため、皆さん自身の中に永遠に残ることになるでしょう。このポイントにおいて、内面の領域についての夜間学校で補修を受けることを要求してください。これは子供でも大人でも利用可能であり、無制限であり、継続的進化は、姿態の創造的な発現として、自己永続的なものです。

メタトロン
~Metatron

ベスとマーク
Beth and Mark www.GalacticRoundTable.com



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ