ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



【再投稿】ディスクロージャーを前に

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/9b6a12e07faa24b349733775f96df2e2

現代になって政府と地球外生命体の共謀が密接に行われた一例がアドルフ・ヒットラーの時期のドイツに見ることができる。テクノロジーがこの国を発展させたが、それは攻撃的な目的に使用するためのものであった。ドイツは地球外生命体にとって利用しやすい恰好の候補だったのである。人類への「実験」に関する協定が締結されて、ロケットを始めとする高度な推進力がもたらされた。同時にそれは人類の大量殺戮の開始でもあった。(敗戦後に)ドイツの科学者たちがペイパークリップ・プロジェクトを携えてアメリカに亡命し、ETとの(共謀)関係とナチス思想がアメリカ(の影の組織)に引き継がれて今日に至っている。

1950年代に入ってアメリカ政府と(ネガティブな)ETとの間に人類を実験材料とする実験を行う協定が締結された。彼らは通常の地球人を対象に生物実験を行って自分たちの生物学研究に利用しようとしたのである。この当時の実験が子どもたちの失踪やアブダクション現象のルーツとなっている。

ディスクロージャーのもう一つの側面は地球人類が作りだした(闇の)組織による汚染である。これは何千年も前に自分たちを宇宙から降臨した超越的な存在として崇拝させた宗教に起源がある。現在の宗教の多くがこれらの古代の信仰にルーツを持っている。このような人類社会への浸透は彼ら:アウトサイダーたちが人類の形体にシフトできるという能力によるものである。何千年にもわたってこのことはこの惑星の隠された一面であった。財産や名声を得た人々は、人類のように見えるが後になって先住地球人類とは似つかない行動をとり始めるアウトサイダーに憑依されているケースが多いのである。そのような行動の背後には他のETとは異なって彼らには感情やモラルが欠落していることがあげられる。もし注意深く調べてみれば、アウトサイダーによる大衆操作が政治・法人・銀行・宗教・スポーツそしてメディアの各分野に現われている。これは彼らの人類コントロールの主要な手口であり、これからのディスクロージャーで次第に表面化することになる人類史の醜い側面なのである。

地球先住ETではないETから入手したテクノロジーと開発につぎこんだ何十億ドルもの資産によって月面と火星上に秘密軍事基地が建設された。エイリアン・テクノロジーはHAARPのようなプロジェクトの中心となり恐怖心を駆り立てるバイブレーションを放送することで大衆の行動のコントロールが行われた。このようなマインドコントロールは人類を権力者に服従させて殺人兵器を作りだすために定期的に実施されてきた。

2001年9月11日の陰謀の全体像を取り巻く情報から真相をふるい分ける必要がある。これらのイベントの背後にある真相は次第に表面化することになるが、主要メディアが伝えていたようなテロ事件ではなかったことはもはや明白である。もちろん、そこで行われた行為は合法性のある戦争や拷問でもないし、国家行政と関わるものでもない。このイベントのヴェイルをはがせば、そこに人類の奴隷化をめざすメディアと宗教団体の共謀が明らかになるだろう。同じように、空を覆うケムトレイルは地球温暖化を緩慢にする善意の取り組みどころか、今では人類すべてを汚染している重金属と生物兵器に満ちているのである。このような生物兵器はワクチンに用いられているものと関係しているが、緩慢な病気による病死に代えて即死による死亡者を増加するようにデザインされているのである。

したがって、(これから皆さんが通る)「滑りやすい坂道」は本当に滑り落ちる危険に満ちている。いったんこれまでお伝えしたような可能性に皆さんが心を開けば、そしてその信ぴょう性を納得のいくまで自分で調べれば、皆さんはもはや地球での自分の存在をこれまでの慣習的な見方で見ることができなくなってしまうのである。最近人間の身体で地球を訪れたより優秀な種族は先住人類の福利とそのアセンション・プロセスに奉仕している。もし自分たちの利益のために活動しているグループが実在し、彼らが地球をコントロールしているとすれば、人類が自分たちだけで彼らの奴隷状態から脱出することはできない。人類は外部からの援助を必要としている。

そしてその「外部の者」がここに大勢いてまさにその活動をしているのである。彼らはソウルの協約の一部としてのその使命を持って地球に転生してきた。彼らはウオークインとして地球を訪れてオリジナルなソウルと入れ替わっていることもあれば、人間に形を変えて地球に来ている場合もある。今この瞬間にも何百万ものソウルは人類の福利を促進するために積極的に活動している。さらに教育関係や他の団体で人類を新しい考え方や生き方に目覚めさせる活動に専念している者たちもいる。最近この惑星に加わったソウルたちに関して最も重要な真実は彼らが明確に人類の進化と地球のアセンションに奉仕していて、すべての活動が創造主との一体化の枠組みの中にあるという点である。

ディスクロージャーの幕が開けば、ただちに「滑りやすい坂道」が目の前に見えてくるだろう。なぜなら、ディスクロージャーの一面が明らかにされるなら、地球を取り巻くスペースシップの艦隊の実在は言うまでもなく、人類の中にいる非先住ETの果たしてきた役割も完全に暴露されることになる。それは非先住ETによる政府・銀行・法人宗教団体及びメディアのコントロールを明らかにしていくことになるのである。その結果、一般の人々はついに自分たちがいかに奴隷化されてきたかを悟ることになる。その後に混乱が始まるだろう。そしてその混乱の中から新しい地球が生まれ出ることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポール・ヘリヤー元カナダ国防相TVインタビュー(日本語字幕)

https://www.youtube.com/watch?v=HTqDbY4dggs

アイゼンハワー大統領のひ孫が伝えるET侵略①

https://www.youtube.com/watch?v=IWjADsLPfRs

台湾でロハス:人間製UFO

http://425.blog.jp/archives/1800741.html

MUSIC:Jon & Vangelis...Change we Must

https://www.youtube.com/watch?v=AQC2Eyv2dyk

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このサイトのメッセージはマーク・キメルと地球以外の惑星の存在とのコミュニケーションによるもので、そのメッセージは最高次元のキリスト意識から発信されたものであることが確証済みです。メッセージはインパクトの大きさによって並べられていますが、タイムシークエンスに沿って読まれたい場合は一番下の2008年9月のメッセージから読み進めてください。それぞれのメッセージは地球の置かれている状況の詳細・宇宙における地球人の位置・私たちの未来のポジティブなイメージ(自発的に活動した場合の)を伝えています。このメッセージを皆さんにお伝えすることで、それが皆さんの興味を引き出して地球上に新しい文明を建設する活動に参加する決意を固めるのに役立てれば幸いです。私は常に皆さんがそれぞれ特有の真実を発見してその真実を生きることを願うものです。

このメッセージは2009年の「マークのコーナー」に75番目に投稿されたものです。今日も私は宇宙の聖なる存在「アドリアル」の訪問を迎えています。次のメッセージは私たちが共同で作成したものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さん、こんにちは。このメッセージをお伝えできてうれしく思います。マーク・キメルの協力を得てメッセージの編集と詳細の補足をお手伝いいただきました。この共同プロジェクトの最後の言い回しが特に気に入っています。

地球以外のスターシステムの生命体の実在の真相がまもなく発表されます。しかし、それは長い坂道のほんの突端にすぎません。さらにはるかに大きな真実の膨大な側面を皆さんはこれから見ることになるからです(もしオープンであるなら)。これからお伝えする情報の中には、なじみのあるものもあれば全く新しいものもあると思います。私たちが願っていることは、大きな真相の主要な面に皆さんが触れてその詳細を自分で調べ、このメッセージの真偽を自分で検証されることです。さらに私たちが願うことは、皆さんがこれらの真実を良く理解して、彼らの支配から解放される道は3次元のボックスに閉じ込められた状態から抜け出すことによって達成されることに気づかれることです。この主題に精通された方はぜひ目覚めつつある他の皆さんに全てを説明していただきたいと願っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これから明らかにされる真相は政府がガス湿地や気象観測気球と同列にしてUFOの実在を公表するなどというレベルをはるかに超えるものになる。さらにそれは、知的生命体が実在する惑星が宇宙に存在するなどというレベルの話でもない。他の惑星に生物が実在するなどということは容易に科学的に理解できることである。真相はETのスターシップが地球上空に姿を見せるなどというレベルをはるかに超える衝撃的な事実なのである。

真相はこうである。皆さんが仲間の地球人だと思っている人々に混じってETは(今も)地球上を歩き回っているのだ。そしてそれらのエンティティー(存在)は皆さんの生活にこれまで関わってきたし、今も関わり続けているのである。

それでは、発見の旅を始めよう。この惑星の多くの政府が先ず行ったのは、地球「先住民ではない」エンティティーと地球人との関係を隠す情報操作だった。この関係は軍部関係者と情報機関の選ばれたわずかな者たちだけの機密事項にされてきた。 一部の国々では法人やNGOなどの組織内でこの関係が知られてきた。「先住民ではない」という意味は「数千年前に地球人の祖先としてスターシード・プロジェクトによってこの星に派遣されて地球人の99パーセントを占める4つの種族ではない」という意味である。この点は後で、「先住民ではない」ということと「エイリアン」ということをさらに明確に定義したいと思う。

地球外生命体の到着についてはこのサイトに発表されたし、他のソースでも情報を入手できる。これまでにもすでに多くの地球外生命体が地球を訪れてオリジナルな人類の種に混入してきたのである。しかしこれはディスクロージャーの中でも初歩的なパートであり、歴史の真実にすぎない。もっと高度で難解なパートは非先住ET種族が政府と共謀して99パーセントの先住地球人の利益に敵対してきたという事実である。特定の地球外生命体によって介入を受けることは地球及び地球人類にとって害悪であるが、彼らの影響は地球上の組織と人類の信念に浸透してきた。このこともこれまでのメッセージで伝えてきた点であるが・・

現代になって政府と地球外生命体の共謀が密接に行われた一例がアドルフ・ヒットラーの時期のドイツに見ることができる。テクノロジーがこの国を発展させたが、それは攻撃的な目的に使用するためのものであった。ドイツは地球外生命体にとって利用しやすい恰好の候補だったのである。人類への「実験」に関する協定が締結されて、ロケットを始めとする高度な推進力がもたらされた。同時にそれは人類の大量殺戮の開始でもあった。(敗戦後に)ドイツの科学者たちがペイパークリップ・プロジェクトを携えてアメリカに亡命し、ETとの(共謀)関係とナチス思想がアメリカ(の影の組織)に引き継がれて今日に至っている。

1950年代に入ってアメリカ政府と(ネガティブな)ETとの間に人類を実験材料とする実験を行う協定が締結された。彼らは通常の地球人を対象に生物実験を行って自分たちの生物学研究に利用しようとしたのである。この当時の実験が子どもたちの失踪やアブダクション現象のルーツとなっている。

ディスクロージャーのもう一つの側面は地球人類が作りだした(闇の)組織による汚染である。これは何千年も前に自分たちを宇宙から降臨した超越的な存在として崇拝させた宗教に起源がある。現在の宗教の多くがこれらの古代の信仰にルーツを持っている。このような人類社会への浸透は彼ら:アウトサイダーたちが人類の形体にシフトできるという能力によるものである。何千年にもわたってこのことはこの惑星の隠された一面であった。財産や名声を得た人々は、人類のように見えるが後になって先住地球人類とは似つかない行動をとり始めるアウトサイダーに憑依されているケースが多いのである。そのような行動の背後には他のETとは異なって彼らには感情やモラルが欠落していることがあげられる。もし注意深く調べてみれば、アウトサイダーによる大衆操作が政治・法人・銀行・宗教・スポーツそしてメディアの各分野に現われている。これは彼らの人類コントロールの主要な手口であり、これからのディスクロージャーで次第に表面化することになる人類史の醜い側面なのである。

地球先住ETではないETから入手したテクノロジーと開発につぎこんだ何十億ドルもの資産によって月面と火星上に秘密軍事基地が建設された。エイリアン・テクノロジーはHAARPのようなプロジェクトの中心となり恐怖心を駆り立てるバイブレーションを放送することで大衆の行動のコントロールが行われた。このようなマインドコントロールは人類を権力者に服従させて殺人兵器を作りだすために定期的に実施されてきた。

2001年9月11日の陰謀の全体像を取り巻く情報から真相をふるい分ける必要がある。これらのイベントの背後にある真相は次第に表面化することになるが、主要メディアが伝えていたようなテロ事件ではなかったことはもはや明白である。もちろん、そこで行われた行為は合法性のある戦争や拷問でもないし、国家行政と関わるものでもない。このイベントのヴェイルをはがせば、そこに人類の奴隷化をめざすメディアと宗教団体の共謀が明らかになるだろう。同じように、空を覆うケムトレイルは地球温暖化を緩慢にする善意の取り組みどころか、今では人類すべてを汚染している重金属と生物兵器に満ちているのである。このような生物兵器はワクチンに用いられているものと関係しているが、緩慢な病気による病死に代えて即死による死亡者を増加するようにデザインされているのである。

したがって、(これから皆さんが通る)「滑りやすい坂道」は本当に滑り落ちる危険に満ちている。いったんこれまでお伝えしたような可能性に皆さんが心を開けば、そしてその信ぴょう性を納得のいくまで自分で調べれば、皆さんはもはや地球での自分の存在をこれまでの慣習的な見方で見ることができなくなってしまうのである。最近人間の身体で地球を訪れたより優秀な種族は先住人類の福利とそのアセンション・プロセスに奉仕している。もし自分たちの利益のために活動しているグループが実在し、彼らが地球をコントロールしているとすれば、人類が自分たちだけで彼らの奴隷状態から脱出することはできない。人類は外部からの援助を必要としている。そしてその「外部の者」がここに大勢いてまさにその活動をしているのである。彼らはソウルの協約の一部としてのその使命を持って地球に転生してきた。彼らはウオークインとして地球を訪れてオリジナルなソウルと入れ替わっていることもあれば、人間に形を変えて地球に来ている場合もある。今この瞬間にも何百万ものソウルは人類の福利を促進するために積極的に活動している。さらに教育関係や他の団体で人類を新しい考え方や生き方に目覚めさせる活動に専念している者たちもいる。最近この惑星に加わったソウルたちに関して最も重要な真実は彼らが明確に人類の進化と地球のアセンションに奉仕していて、すべての活動が創造主との一体化の枠組みの中にあるという点である。ディスクロージャーの幕が開けば、ただちに「滑りやすい坂道」が目の前に見えてくるだろう。なぜなら、ディスクロージャーの一面が明らかにされるなら、地球を取り巻くスペースシップの艦隊の実在は言うまでもなく、人類の中にいる非先住ETの果たしてきた役割も完全に暴露されることになる。それは非先住ETによる政府・銀行・法人宗教団体及びメディアのコントロールを明らかにしていくことになるのである。その結果、一般の人々はついに自分たちがいかに奴隷化されてきたかを悟ることになる。その後に混乱が始まるだろう。そしてその混乱の中から新しい地球が生まれ出ることになる。

他のスターシステムの存在のディスクロージャーに関する真相に関して、私たちが皆さんにお伝えしたいポイントは以上である。自分たちの奴隷化のメカニズムを理解してほしい。そしてそのような人類奴隷化の陰謀のすべてをそぎ落とすのが現在なのである。皆さんの現在置かれている状況を見つめてほしい。それは希望を持てない状況ではないが、3次元のツールだけを用いて修復することはできない。高次元の存在に進化することによってのみ、皆さんは奴隷状態の難局から救出されるのである。

このメッセージを今お伝えするのは、もうまもなくディスクロージャーの光が射しこもうとしているからである。

ディスクロージャーを単なるUFO実在の発表だけに終わらせてはならない。真実は人が認めたがること以上に入り組んだものである。地球上の権力に真実と人類奴隷化の共謀をごまかすことを許してはならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私はアドリル、この宇宙の神聖な存在。地球人類の高次元への移行を祝福して援助するためにここにいます。ありがとう、アドリル(マーク・キメル)。この共同作業がディスクロージャーの表面を超えた真相を人々に気づかせることになると信じています。

他のメッセージはマークのコーナーを参照ください。

The Slippery Slope of Disclosure



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NASAは「月の秘密」を隠蔽して来たと言われる。中でも、特に「月の色」、すなわち「月面の色彩」に関して、色を飛ばして白黒の月面というイメージを演出して来た。それを最新のコンピュータテクノロジーによって暴露したのが、ムーン・ライジングという映画である。「ムーン・ライジング」は、ホセ・エスカミーラ(Jose Escamilla)によって2009年に公開された。IT技術やCG技術などの映像解析技術はアポロの時代には存在しなかった。しかしこれを使えば、いったん隠蔽された映像も復活させることができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

「ムーン・ライジング」:月の秘密がついに暴露された!

みなさん、こんにちは。

昨日は「月の裏側(The Dark Side of The Moon)」を紹介した。今日は、「月の秘密」に関する非常に興味深いYouTube番組を見つけたのでこれを紹介しよう。

「月というのは、非常に明るいのでいつも黄金色に輝いて見える」、「だから、月の色は灰色」というのがこれまでの相場であった。それゆえ、日本の「かぐや(Kaguya)」が撮った写真も「白黒」である。一方、月の背景に浮かぶ地球は、「地球は青かった」のことば通りの天然色の青色。ここに「月の色の秘密」が隠されている。

この問題に真っ先に取り組んだものは、リチャード・ホーグランド(Richard C. Haogland)やジョン・リアー(John Lear)であった。ジョン・リアーのホームページ(The Living Moon)には、「総天然色の月」がある。これが「本当の月の姿」である。


したがって、日本の「かぐや(Kaguya)」の組織(すなわちNASAの日本版のJAXA)やNHKもまた、欧米の「秘密隠蔽組織」の子会社の1つということになるだろう。さもなくば、これほどまでに馬鹿げた「白黒の月面」を惜しげもなく披露するはずがないからである。

ちなみに、NHKは「2つのスピカ」などを作って必至でNASAのエージェントぶり発揮しているわけだから、その関係の深さを自分で暴露しているようなものである。ウィリアム・クーパーがかつて言ったように「NASAは税金の無駄以外の何物でもない」ということは記憶しておくべきだろう。まあ、JAXAやNHKはあまり信用できない組織であるから、我々が税金や受信料をまじめに支払う必要はなさそうだということになろう。

ところが、今年に入って、アメリカの研究者を中心に1つのドキュメンタリー映画が製作されたようである。「Moon Rising」である。このダイジェスト版がYouTubeに存在した。これを以下に紹介しておこう。実に面白いものである。

ウィリアム・クーパー講演パート9:「JFK暗殺の真相」と「真の宇宙計画」」に紹介したように、ウィリアム・クーパーが20年前に以下のように暴露した:

「月面基地は「ルナ(Luna)」とあだ名を付けられていましたが、この基地はアポロ宇宙飛行士たちによって目撃され、映像におさめられました。ドーム、尖った塔、サイロに見える高い円形構造、月面の跡に編み込まれたかのように残された「T」の形をした鉱物採取の乗り物、そして信じられないほど大きな宇宙人の円盤や小型円盤が写真にあります。それは、実際にはアメリカ、ソ連そして宇宙人の月面基地です。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




旧ほんとうがいちばんより転載)

転載元:ブログ「世の中おかしい…」さんより

2013年3月3日金曜日からワシントンDCで行われた市民公聴会にて示された元CIA職員とされる匿名の人物によるビデオ証言です。

UFO作家であり歴史家であるリチャード・ドーランはこの匿名の人物に2013年にインタビューを行いました。

差し迫った腎不全に直面し、この人物は秘密にしておくには重要すぎると感じ、機密情報をあえて開示しようと考えたのです。

このビデオの中で、彼は米陸軍に仕え、CIAの為に働き、米空軍のプロジェクトブルーブック(米国空軍UFO公式研究のひとつ。)でも働いていたと主張しています。


画像

2013年3月5日
アメリカ (場所は明かされていません)


■はい。私達が段々と年をとってくるにつれて・・・
私は77歳です。
永遠には生きられないでしょう?
ですから、もし、この 血を綺麗にする処置が上手くいかなかったら、その時には おそらく私の腎臓が動かなくなるまで残り数ヶ月なんです。
だから今回インタビューを受ける事にしたんです。

○あなたが経験して見てきた事はそれについて知らない人々にとって非常に重要なのですね。

■そうです。

○まず最初にあなたの軍でのキャリアから始めさせて下さい。
そして正確にあなたの経験が何であったのかに進ませて下さい。

■軍の微兵での事でした。
私はアメリカ陸軍に入りました。
その後に米国南東にある信号訓練センターに私は送られました。

○それは何年の事でしたか?

■1958年の事です。信号訓練コースを終了しました。
当時、ラジオテレタイプコースを終了したんです。
(※ラジオテレタイプ:2台のテレタイプ端末を無線で接続した電気通信システム。堅牢な短波通信が必要とされる用途が大部分である。世界各地の陸海軍で使用される。)
それと暗号コースも終了したんです。
暗号コースには5人のインストラクターがいました。
彼らは兵役を降りるところでした。
ですから彼らは上位5人の生徒達を引き抜いたんです。
そして私はクラスで3位だったのです。
ですから私はインストラクターとして引き抜かれました。

○さて、当時はまだCIAでは働いていないんですよね?

■いません。

○まだなんですね?

■まだです。

■翌日に上司が私の所へやって来て、そして彼は言ったんです。
「臨時収入を得たくはないかい?」って。

■それで私はお金はいいですねって言ったんです。
それで、彼はやり遂げる事ができるんだって私に説明したんですよ。
私達は仕事の為に最高機密であるホワイトハウスのQ許可を得なければならないって言うんですよ。
(※Qクリアランス:米国エネルギー省のセキュリティ許可証、米国国防省トップシークレット許可証及びクリティカル核兵器の設計情報に相当する許可証。)

それで思ったんです。
本当にかなり限られた事なのかもしれないってね。

それでこれは何なのかって言ったんです。
それで彼は自分が米国東部のCIA長官なんだって言いました。
それで私は知らなかったって言ったんです。
すると彼は、君は知ってはならない筈なんだよって言いました。

上司が来た6週間後に私のセキュリティ許可証が下りました。
それで私は自分のCIAカードを得たんです。
それはIDカードでクレジットカードみたいでした。
ドアの所へ行って上からスキャンすると入って行く事ができるんだよ。

そして私の当時の名前は偽名も使っていました。
一度も本当の名前は使った事がありませんでした。
彼のいたプロジェクトで彼らと一緒に働き始めました。
それはプロジェクトブルーブックで、そしてそれは一部は詐欺の様なものでした。
(※プロジェクトブルーブック:アメリカ空軍公式UFO研究プロジェクト)

○ブルーブックのケースのいくつかは完全に架空のものだったと思っているのですか?

■そうです。
ですが私達が得たケースは、メリーランド州のフォートベルボアから来たものだったと思います。

○フォートベルボアですか?

■そうです。それでペンタゴンから来たものではありませんでした。
CIA本部から来たものでもありませんでした。
ですが私達はメキシコを始め、イタリアとか何かそういう特定の場所から報告書を得る事になっていました。
それで私達がしなければならなかったのは、私達にはそれを行う人々がいて、その報告書に従い、そこへ行き人々にインタビューし、
それがその事例ではないのか本物かどうか見るのです。

○彼らは海外へも行くんですか?

■そうです。私は行きませんでした。私はいつも国内にいました。
ですが一緒に働いていた人々… CIAはそれを行うんですよ。
私達は新しい報告書を得て、たぶん週に2、3回になってでしょうか。
私は楽な確約で軍隊に入ったでしょう?
だから本当に私は何の知識もなかったんですが、上司が私をプロジェクトブルーブックに入れて、これまで彼等が見つけてきた事というのがグレイだとか宇宙人だとかロズウェル事件だとか…

○最初にこれらがあなたに降りかかって来た時はどう感じたのですか?
最初にこれを知った時にはです。

■圧倒された感じになりましたよ。
こういった全てにです。わかるでしょう?
それで、こういった事をこれが本物でこれは違うって判断する人々に自分がいれるかわからないって言ったんです。
こういった知識がないのにです。わかるでしょう?

○それで彼は何て言ったんですか?

■情報が来たらそれがどの様になっているか見る能力を持たなければいけないと彼は言いました。

○そして他の事ではもちろん、あなたは本当に家族や親しい友人にそれを言う事もできないのは明らかですよね。

■そうです。誰にも言う事ができませんでした。
実際、私は誰にも言わないという誓いを立てなければなりませんでした。
多くのものは40年間です。
もっと長いものだと50年です。
それは2010年にオープンになりました。

○あなたはそれら全ての暗号仕事を行い、イメージや写真、ビデオを見ていたんですね。
それは1958年おそらく1958年以降の事でしょうか。
この後は何が起きたんでしょうか。

■当時プロジェクトブルーブックは不運な目に遭った感じだったんですよ。
当時の公正なメンバー達は、彼等は何もないと宣言した感じだったんです。

○そうでしたね。
彼等は全てのUFOは誤認識、デマ、(■気球だとか。)心理学的問題だとかって世界に言っていましたね。

■それで上司が私の所に来て言ったんです。
私達は二人共研究課題を知らなくてはならないってね。
それで私は「何処へ行くんですか?」って言ったんです。
私達は首都へ向かうって彼は言いました。
宇宙人について何か、全てを知ろうとするアイゼンハワー大統領やブッシュに会う事になるだろう。
MJ-12が見つけ出す筈であったのに一度も彼に報告書を送っていなかったんです。

○MJ-12というUFO支配グループの事を当時もMJ-12と呼んでいたのですね?

■そうです。
到着すると彼等は私達を呼び入れました。
そしてアイゼンハワーとニクソンがそこにいました。
そして彼等は言ったんです。
「我々はMJ-12やエリア51の人々を呼んだんです。ですが自分達のやっている事は政府は全く管轄外だ」と私達に彼等は言ったのです。
ですから、全般的に、過去全般的に、正当な理由も無しに地獄へ落ちろって彼に言わなかったんですよ。
だから彼は言ったんです。
「君と君の上司とで彼らの所へ飛び、彼らに私の個人的メッセージを伝えてもらいたいのです。」
それはこうです。
「引き受けていようがいまいが、彼らに伝えて下さい。来週迄にワシントンに来て報告して下さい。もしそうしなければ、コロラドから第一軍団(アメリカ陸軍)を得て、そこへ行き基地を乗っ取ります。どんな種類の機密素材があるかなんて関係ない。我々はそれをバラバラに引き裂くつもりだ。」

(※第一軍団(アメリカ陸軍):アメリカ陸軍の一つ。太平洋陸軍司令部の指揮下に入っており、必要に応じて環太平洋地域におけるアメリカ陸軍の活動を監督する任務をもつ司令部部隊である。司令部は、ワシントン州フォード・ルイスに置かれている。)
■我々がそれをバラバラに引き裂いてやるって言ったんです。

○アイゼンハワー大統領はエリア51を侵略するつもりだったんですね?

■そうです。第一軍団(アメリカ陸軍)を使ってです。

○では、あなたは上司と出かけ飛んで行き、到着して何が起きたのですか?全ての過程を説明してもらえますか?

■彼らは私達を13から15マイル南のS4へと連れていきました。そしてそれはまるで別々の車庫のドアが開く様でした。

○OK

■そして、それらの別々の車庫のドアが開くと別々の円盤型の船があって、一番最初のところにはロズウェルの船がありました。粉々に砕けた感じになっていました。ですが、明らかに全てのエイリアンたちは数人以外は死んでしまっていました。

○あなたはロズウェルの船を見たんですね? 他には何を見ましたか?

■ロズウェルの船は本当に奇妙で、何故なら、本当に重たいアルミホイルの様に見えたからです。それを横に揺り動かす事ができるんですよ。それを全て揺り動かすこともできるんです。おそらく全体で150から300ポンド位(68kg~136kg)の重さでしょうね。

○その船の動力源は何であったのかはわかりましたか?

■はい、それは…反重力だとかそういった類のものでした。実際、後になって反重力の数学的コードを得て、それは3×5(多分インデックスカードの事だと思います)でした。
たぶんそこには様々な種類のグレイ等がいて、

○どの様にその証拠を見たんですか?

■後になってS4にて私達が解剖フィルムを撮影したんです。
そうしたら大佐が言ったんです。
我々がここの中で持っているものは、我々はグレイエイリアンにインタビューしているという事です。

○わかりました。そこでその瞬間はどのように感じていたのですか?

■思ったのが、なんてこった、本物を見る事になるなんて思いもよらなかった。ビデオでしか見た事がなかったのに。

○その瞬間ちょっとしたドキドキがあったんですね?

■そうです。私の上司は中に入る事ができて、それで個人的見解を持っていました。

○そのグレイエイリアンはどんな姿だったのでしょうか?少し説明してもらえませんか?

■少しだけ東洋人の様に見えました。

○少し不思議に思ったのですが、ほとんど人間のように見えたのでしたら人間に見えない所はどんな所でしょうか?

■いいえ。人間の様には見えていません。肌のトーンや基本的に形やサイズが違います。

○例えば通常の人間と比べて頭のサイズはどの様に違いますか?

■脳がもう少し大きかったです。何人かは鼻が物凄く小さくて、そして耳はただの穴の様でした。口はもの凄く小さかったです。

○さて、一体ともかく、彼らはどうしてあなたをそこへ連れて行ったのですか?エイリアンを見せるのにどんな意味があるというのでしょうか?

■大統領の所へ戻って彼等が実際にそれを持っているのだと伝える為にです。

○では彼はこの時点では知らなかったのですか?

■知りませんでした。

○S4にエイリアンがいるという事をです。

■知りませんでした。

○そのエリアであなたは何をしていたのですか?そこで終わったのでしょうか?それとも他にすることがあったのでしょうか?

■はい。基本的に私達は終わった感じでエリア51に戻った時に、彼等はメインビルに私達を連れて行き、そこで私達はU2(アメリカの探索機?)を見たんです。
もちろん私達はそれが存在する事を知りませんでした。そしてSR-71のモデルを見ました。

○ブラックバードですね?

■ですから…先に行った様に現在のブラックバードではなく、前のバージョンです。

○その後直接ワシントンへ行ったのですか?

■そうです。

○どのようにしてそこへ行ったんですか?普通の航空ですか?

■私達は通勤者用旅客機に戻り、そこで空軍基地へ戻ったんです。そしてアイゼンハワー大統領のロッキードL-10エレクトラに乗りワシントンに戻ったんです。

○あなたとあなたの上司は、次に大統領に会うのですね?

■YES

○それを説明してくれますか?

■私達は2階建ての古い戦略諜報局倉庫で彼等に会いました。アイゼンハワー大統領とニクソンがいました。
そしてまたフーバーもいました。それで私達は何が起きているのかを聞かされたのです。
そして私達は彼らにエイリアンや全ての状況について伝えたんです。
それから・・・ブラックプロジェクト等についてです。
それで彼等は完全にショックを受けていました。
彼は初めてうろたえているのを表したのです。わかるでしょう?
彼はうろたえている様でした。

○アイゼンハワー大統領は確かに円盤が本当である事やエイリアンがいる事を知っていたと思うのですが、ですから不思議に思ったのですが、彼等は何に対して驚いていたのでしょうか?

■ブラックプログラムについて驚いていたのです。
アイゼンハワーは言いました。これは完全に秘密にしておかなくてはならない。わかるでしょう?私達はこれについて話す事はできないんです。

○あなたの実際の名前は…成長過程で使った名前はそこで使っていたのとは違う名前なのですよね?

■そうです。CIAではその名前は全く使いませんでした。

○さて、今日ではどうなのですか?あなたが公式記録へ行くとこれは未だに国家機密であり、先にあなたは特定の期間で期限切れになるセキュリティ設定の近いについて話していましたよね。

■50年です。

○ですがあなたは未だに懸念しているのですか?

■リンダ・ムルナウの電話ですが、彼女の電話は盗聴されていました。そして彼等は私の電話番号を得たんです。
そして電話会社を通じ、彼等は私を見つける事ができたんです。等々です。

○彼らがあなたを見つけた時に何が起きたのでしょうか?

■私はスーパーへ行くところでした。黒いリンカーン・タウンカーに乗った黒いスーツを着た二人の男がやって来ました。
私へ会いに来たんです。それに何も出版しない方が良い。そしてリンダにこれ以上それについて話さない方が良い、そしてリンダにそれ以上それについて話さない方が良いと言ったんです。
ですから当時そうしたんです。わかるでしょう?(話すのを)止めたんです。

○あなたを脅すにはそれで十分だったのですね。

■そうです。私でいるよりも無名のままでいる方が良いのです。一度も顔を出したり、そういった事はありませんでした。

○本当にインタビューに応じてくれてありがとうございました。

■はい。多分これは良いアイデアだったのです。それについて話すとずっと気分が良いからです。肩の荷が下りた感じがしますよ。

○本当に?

■何故なら何年もの間にしまってきた秘密から解放されたんですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類から隠され続けた重大な秘密を公開するために、自己の危険を顧みずに真実を語る勇気を示された先人の御霊に敬意と感謝を捧げる。
☆F★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(Google翻訳による)

ダン・ベリスチ、微生物学の博士号を取得し、米国の秘密軍事の元従業員、エイリアン、タイムマシン、秘密の政府の計画と人間の絶滅についての素晴らしい不可解な詳細。
 

Dan Burischは、1964年にカリフォルニアで生まれ、ネバダ州ラスベガス大学で微生物学と心理学を学んだ。 1986年に卒業し、ニューヨーク州で1989年に微生物学の博士号を取得しました。

幼少時からのスポーツファン、彼はバスケットボールをした。しかし、彼の真の情熱は科学であり、5歳の時に彼は最初の顕微鏡を与えられ、その後彼は後にロサンゼルス微生物学の最年少メンバーになった。

1986年、彼は米国のいわゆる「秘密の」政府であるラスベガス大学で予期せぬ訪問を受けた。これらの男性のうちの2人は、軍服制服で、才能を最大限に働かせる秘密のプロジェクトで働くことを提案しました。 1987年、刑務所の仮釈放に関するネバダ州政府事務所で働き始めました。 1989年、彼は組織サンプルを受け取り始めました。 Burischは別の場所でそれらを調べて、同じものの起源の場所に報告書を送った。 1989年、彼は秘密のプロジェクトといわゆるシャープストームに取り組みました。しかし、1994年、彼は地下51階にある "Century IV"に連れて行き、そこでは "水族館"プロジェクトに取り掛かりました。

そこでは軍隊が船舶や地球外の存在を所有していたことを知った。ある部門では、星系Z Reticuliの存在であるオリオン(Orion)と呼ばれる存在についての情報がありました。また、アイゼンハワー大統領の同意書の写し、P-50と呼ばれる存在、いわゆるオリオンズ。
ガリレオの湾と呼ばれる場所で、Burischはさまざまなタイプの宇宙船を見ることができました。そのうちの1つは、Bob Lassar(80年代にArea 51を作ったNasaの元従業員)の船でした。彼が見た船のもう一つは、1947年にロズウェルで墜落した船でした。

参照►FBIの文書は、地球外生命体の存在を明らかにし、その起源と技術

Burischによると、私たちは誤った宇宙人の概念を持っています。それは、エイリアンと地球外生徒が同じではないことを明確にしている。しかし、エイリアンは他の惑星から来た人間であり、地球外生命は将来的に人間であり、特定の問題を解決するために時間通りに移動するが、地球から来たものである。なぜなら、これらは実際には人間の進化何千年も

彼らは4つのグループに区別されます。彼らは文字Pで分類されます。文字Pは、現在の時間と将来を意味する年を意味します。たとえば、ロズウェルはP-24です。つまり、現在の時刻に24000年を加えたものです。他はJ ROD P-45、J ROD P-52、P-54として知られています。

彼は、これらのJRODは非常に苦しい病気に苦しんでいると言い、治療を見つけるためにこのプロジェクトに参加しました。彼は、これらの存在の女性の血液サンプルを採取したと主張し、2年間は、このプロジェクトを研究していました。

彼は友好的な関係を築くようになったと確信し、顔を合わせた会議の1つでは、この議論は彼に跳躍するプロトコルをスキップしました。彼はテレパシーで大量の情報を伝え、そこでは人類の3分の2が核破局で死亡したことを知ることができた。

人々の一部が生き残るために地下に隠れ、他の人たちはそれを表面上でやった。 24000年後、地球上の最も先進的な存在は、時間がたつにつれて移動することができ、1947年にロズウェルに旅したのです。ロズウェルの船は本当にタイムマシンでした。彼らは別の惑星から来たのではなく、地球から来た。

SEE►Hayu Marcaの「Stargate」とFBIとの関係:次元間旅行の証拠? (ビデオ)

「ロズウェルの翌日」という本を書いたフィリップ・J・コルソ大佐(1914年 - 1997年)によれば、存在は時空を旅することになった。彼らには2頭の脳があり、そのうちの1頭が船を制御していました。そしてそれらは再現されませんでした。彼はまた、船が技術進歩の鍵であることを確認した。

他のグループ消滅に「生存」、月に進化し、火星と最後にオリオン、からP-52、またはオリオンズは地上であるにもかかわらず、これらの点を植民地化、こと。

P-45は、核のカタルシスがその存在を正当化するために私たちの未来を通過するために、最もマキアベリシャンであり、喉が渇いています。これらは大多数の拉致事件の原因となっている。彼らは感情的な共感がない。

アイゼンハワーは、明らかな核災害を避けるために、これらの地球外グループと会った。この会議では、文明間の外交的議論が行われ、何が起こったのかに苦しみも覚えていなければ、人間を拉致するための合意が採択された。

オリオンズは、アイゼンハワー大統領に、約8センチメートル、さらに8センチメートルの長さの立方体を与え、将来を予測することができました。彼らは自分たちの生活の中でうまく選ぶことができるように、豊かで強力なものの間を通過しました。

参照►フィリップ・ジェームズ・コルソ、ロズウェルで生命のない地球外の身体を見たと主張した人の話

Burischは "Majestic 12"の命令で直接作業しました。彼の最も重要な声明の1つは、「スターゲイト」に関連するものです。彼らは地球で作られた装置ですが、地球外の技術があります。

Burisch博士によると、それらを作る方法に関する情報はSumeriasの表にあります。彼らは他の惑星外の文明とのコミュニケーションに使用されていました。それらを使用すると、ワームホールにアクセスできます。この巨大な装置の隣には、オブジェクトをワームホールに投げ込んで他の星に移動したり、人や物をある場所から別の場所に一時的に移動させたりできるプラットフォームがありました。

しかしBurischは、それはあまり信頼性がなく、実験の1つの間に人が死ぬのを見たと言います。このデバイスは「Looking Glass」とも呼ばれ、将来のイベントの可能性を見るために使用されました。彼らが見たように、これらのスターゲイツのために大災害が起こるでしょう。医者によると、地球上に50人のスターゲイツがいる。

すべてのスターゲイツは明らかに解体されているが、我々は今日でも絶滅の危機にある。

ミゲル・アンヘル・フエンテス

Ex trabajador del Área 51 Habla sobre los Extraterrestres, Stargate y el Cubo de Orión

参照



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(このスピーチはケネディー元大統領が死亡したパレードで車に同乗していたコナリー元アリゾナ州知事に手渡していた原稿をマウリス・オズボーン氏が読み上げたものである)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ国民、並びに全世界の市民の皆さん

私たちは今新しい時代への旅に向かおうとしています。人類の幼年期が終わり、別の新たな段階に人類は入ろうとしているのです。

私がお話している旅は私たちの理解を超える試練に満ちていますが、これまでの私たちの体験してきた数々の戦乱は私たちの世代がこれから迎える飛躍への特有な準備のプロセスであったと私は確信しています。

世界の市民の皆さん

私たちは宇宙で孤独でいるわけではありません。無限の知恵を備える創造主は自らの創造した宇宙に私たちと同じように知性を備えた多くの生命体で溢れるばかりに生み出されたのです。

私がなぜ権威を持ってこのように話すことができるか?

1947年にアメリカ軍はニューメキシコの砂漠地帯で正体不明の飛行物体の残骸を修復しました。その後、科学的な調査によって、この飛行物体は地球からはるかに離れた外宇宙から飛来したことが明らかになりました。その時以来、アメリカ政府はその飛行船に乗船していた生命体とコンタクトを続けています。

このお知らせは素晴らしく聞こえるかもしれませんし、恐ろしいと思われるかもしれません。しかし皆さんにお願いしたいのは、このニュースに不当な恐怖心を抱くことのないようにしていただきたいのです。

大統領として、私は皆さんにお約束します。

彼ら地球外生命体は私たち地球人類に害を及ぼすことは決してありません。

それどころかむしろ、彼らは私たち地球人類の共通の敵・・専制・貧困・病気・戦争との私たちの国家の戦いを支援することを約束しているのです。

彼らは人類の敵ではなく、むしろ友人であると私たちは結論しています。 

地球人類と地球外生命体は共に力を合わせてより良い世界を創造していくことになるのです。

これから訪れる毎日、毎週、毎月・・

皆さんは彼ら訪問者についてどんどん知るようになります。

なぜここに来ているのか、なぜ長年にわたって皆さんのリーダーたちがそのことを秘密にしてきたのか・・

皆さんに今お願いしたいことは、不安な気持ちではなく、勇気をもって未来に向き合ってほしいということです。

なぜなら、私たちは今、人類すべての永遠の夢であった世界平和のビジョンを手に入れることができたからです。

神の祝福をこめて

J・F・ケネディー

If President Kennedy Had Disclosed, What Might He Have Said?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

ケネディ大統領が読み上げようとした演説原稿

ロズウェル事件の真相:1989年ウィリアム・クーパー氏講演パート2より

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【CNN】生命を生み出す水の流れが古代から現代にかけて火星表面に存在してきた・・・NASAの科学者は9月28日(月)に地球外の惑星に生命が存在する可能性を明らかにすると共に、人類の火星旅行が実現する可能性を認める声明を記者会見で発表した。

の流れの発見それ自体は過去または現在に火星上に生命が実在する可能性を証明するものとは言えないが、川の流れが生命体が過酷な自然環境から避難する場所を提供してきた希望を抱かせる発見と言える。

「火星上の川の流れが、たとえ極めて塩分の高い水であるとしても、それは火星上に生命体が存在した場合に、それがどのようにして生存してきたかを説明する根拠になる。」

NASA惑星科学局長官( director of planetary science at NASA)のジム・グリーン氏(James L. Green)は述べた。

NASAの研究チームは マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter、略称:MRO)に搭載された高解像度カメラによる画像を分析して、長年にわたって川の流れと推測されてきた黒い線の光の波への季節的変化( light waves returned from seasonal dark streaks on the surface)を川の流れであると結論した。 (続く)

Liquid water exists on Mars, boosting hopes for life there, NASA says

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




決して私たちに来なかったアポロ11イメージ
48年前、Armstrongとaldrinは数えられないものを目で見て、表示できなかったものを撮影しました。 月の建築物の建物は、耐え難い真実を明らかにした。 私たちは一人ではなく、私たちは最初ではありません。
そういうわけで今日も、これは信じられないほど、NASAはこれらのミッションから失われたと言われている40本の映画を見つけられません。 真実を隠すために、彼らはウェブ上で偽の絵や絵を流していました。 もちろん、大きな秘密は月の詐欺でしか歪められない可能性があります。 そういうわけで今日の多くの人がまだ月に乗ったとは思わない。 そして、意思決定者は十分に得ました。 多くの人にとっては、そこに存在する真実の前に月の詐欺を信じることが好ましい。
どう思いますか? 本当に宇宙飛行士はすべて狂っていた。

IMAGENES INEDITAS DEL APOLO 11 QUE NUNCA SE MOSTRARON

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永きにわたって私たちの目から隠され続けてきた地球外文明の真相が、まもなく各国の政府から公式に発表されようとしている。ナチスドイツが1920年代に開始した秘密宇宙プログラム(SSP)は、戦後アメリカに引き継がれ、ドイツから亡命した科学者と共同で、月面や火星上に秘密基地が建設されて、ネガティブな異星人グループと共謀したNWO(人口削減)計画が、現在に至るまで押し進められてきた。

明らかに地球上空を飛行し続けてきた宇宙船とそれを操縦する異星人の実在を否定し、隠し続けてきた政府とNASAを始めとする宇宙開発機構の隠ぺい工作は、永遠に幕を閉じようとしている。2001年以降、真実の公開を求めるディスクロージャー運動の先頭に立って、勇気ある活動を続けてこられたスティーブン・グレア博士はこう語っている。

宇宙は知的⽣命に満ち溢れている。

それどころか、宇宙そのものが知性を持ち、⽣きているのである。

地球外生命体と新しい宇宙観(S・グリア博士1995年)

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(公式の発表によれば)1969年7月19日、アメリカのアポロ11号が人類として初めて月面着陸に成功し、これ以降、1972年のアポロ17号に至るまで、月面に人間が降り立っての調査が行われた。(と、される。)

調査の結果、月面には説明のしようもない不思議な物体も数多く存在することが明らかになった。アポロ計画は公式には17号で終わっている。当初の予定では20号までであったが、実際には17号以降にはまだ10回もの打ち上げが予定されていたという。しかしなぜか17号で突然打ち切りが決定された。

その後18号はアポロ計画の後のスカイラブ計画で使用され、旧ソ連との宇宙開発共同実験としてソユーズ宇宙船とのドッキングを成功させている。また、アポロ計画終了後、アメリカはロシアと共同で月探査の合同作戦を進めることとなり、その計画で19号と20号は使われる予定だったのだが、19号は事故により破損してしまった。

しかし20号は1976年8月16日、3名の宇宙飛行士を乗せて無事打ち上げに成功した。月の裏側に横たわる宇宙船らしき物体の調査が主な目的だった。このアポロ20号は、月面に人工物を発見し、それをコードネーム「ノアの方舟」と呼称している。月面とおぼしき地形に葉巻状の構造物が見てとれる。

実は、この物体は、アポロ15号が発見した謎の構造物で、その探査として極秘ミッションに赴いたのがアポロ20号なのだという。発見された宇宙船や廃墟、その他のオーパーツについてはNASAは一切のコメントを出していない。しかし1996年3月21日、ワシントンで行われた記者会見の場で、ジョンソン宇宙センターに勤務するケネディ・ジョンストンが「宇宙飛行士たちは月面に存在する遺跡、つまり透明なピラミッドやクリスタル質のドームなどをその目で見ている。」と発言をした。
アポロ20号が発見した月面人工構造物APOLLO 20 ALIEN SPACESHIP ON THE MOON

驚くべき報道が2002年10月5日、ロシアの新聞「プラウダ」の公式サイトで、ロシア語、英語、ポルトガル語で流された。「プラウダ」はレーニンによって1921年に創刊され、旧ソビエト共産党の機関紙として、発行部数1000万部を誇った権威ある新聞である。かつての隆盛さは失われているが、中国の「人民日報」と同じく、ロシアの官報として、西側には出てこない貴重な情報が流されることが多い。以下はその全訳文(2002年10月18日、電子版公式サイト)である。

2002年10月5日 プラウダ紙

月面上に都市発見!

地球外(異星)文明の理にかなった活動が、突然にわれわれの近くで姿を現した。しかし、われわれはその事実に対して、まだ心理的な準備ができていない。 われわれは「宇宙に存在する知的生命は人類だけなのか?」という疑問を、さまざまなメディアで多く見聞きするが、なんと、その存在が地球の衛星である月に認められたのである。 しかし、この発見は直ちに秘密事項として超極秘にランクされた。 それは人類存在の社会原理をゆさぶりかねないほど、信じがたいことだからだ、とロシアの新聞「Becherny Volgograd」は報じている。 ここにひとつの公式なプレス・リリースが存在する。

1996年3月21日、ワシントンのナショナル・プレスクラブで開かれたNASAの会合で、火星と月の調査に参加している科学者と技術者たちは、自分たちの研究発見に関する成果を報告した。

そこで、初めて月における人工構造物と物体の発見が発表されたのである。NASAの科学者たちはかなり用心深く、曖昧な表現を用いて、それらが人工物であると絶えず言及し、公表する情報はまだ研究下にあるので、調査結果は近い将来に公的に発表されるだろうと述べた。その席上、旧ソ連でも、月における異星文明の活動を証明する多くの写真や資料を所有していたことにも言及された。

つまり、異星文明の活動と痕跡が歴然としている月面の多くの場所を、アポロとクレメンタイン計画で撮影された何千枚もの写真やビデオは捉えていたというのである。会合では、アポロ計画で撮られたビデオ・フィルムと写真が公開され、人々はどうして今まで、そのような重大な事実が公表されなかったのか非常に驚いたが、それに対してNASAの専門家たちは次のように答えている。

地球外生命体が月面で、過去も、現在も活動しているという事実に対する人々の反応を、予測することはむずかしかったのです。さらに、ほかにも大きな理由があって、それはNASAの権限を大きく超えていました。(筆者註:NASAの権限を超える存在とは、呼称はさまざまだが、アメリカと欧米を支配する“超国家勢力”を指す。この超機密方針に反して、ケネディ大統領はアポロ計画の真の目的を公表しようとして暗殺されたといわれている)

だが、アメリカにおける月研究の専門家リチャード・ホーグランドは、それらの写真資料が一般に公表される前に、すでにNASAが手を加えていると語っている。彼らは写真をコピーする際に、部分的に手を加えて修正したり、ピントをぼかしたりしているというのだ。 ホーグランドや他の研究家たちは、異星文明が地球で活動する際の中継基地として、月を利用してきたのではないかと推測している。

こうした月面都市の遺跡――大規模な基地にそびえる巨大なドーム、おびただしい数のトンネルと散在する多くの建造物など――は数キロにもおよぶ範囲で発見されている。 月面の部分的に破壊されたいくつかの建造物は、自然の地質学的な法則を無視して配置され、幾何学的で複雑な構造をなしている。現在のところ、44の地域でさまざまな構造物が発見されているが、NASAゴダート宇宙センターとヒューストンの宇宙研究所は、それらの地域の調査を続行しているという。
UFOとアポロ疑惑 月面異星人基地の謎

参照

月面上に都市発見!(2)~2002年ロシアのプラウダ紙の記事より。NASAの科学者達は会合した~

アポロ20号が発見した月面人工構造物APOLLO 20 ALIEN SPACESHIP ON THE MOON

関連記事

ディスクロージャー8/19:NASAが隠してきた地球外文明の真相ー月面古代遺跡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(Google翻訳による)

メキシコの洞窟での地球外メッセージ(第2部)| Francisco Zeaのニュース
これはベラクルスの処女のジャングルです
1か月も経たないうちに
仮定で洞窟を発見した
到着する余分な地上の利点
この時点まで私たちは
5時間または孤独と
enigmaticaは私たちを歓迎しました
これを踏みつぶすことは実現可能です
入力する唯一の方法は非常に困難です
サイズが1メートル未満
背の高い
その石の壁の真下に
苔と土はこれらを暴露する
記号の洞窟絵
これまでになかった見知らぬ人
科学的に解釈された
ここにあなたの目を見ている顔です
彼の鼻を見る
ここで再びあなたのことを見ることができます
ここの目はあなたの体のタイプの顔です
このタイプは、
再び来た専門家
彼らはそれが灰色の灰色であり、
これはまた、
足跡と手の足跡
あなたはそれに慣れています
内の家に多くの象徴
キャビティはこれに基づいて何を見つける
専門家が神社になれる
今それは私の目を奪い、私たちはしません
声を出した
そこに何かがあったと考えることができます
それは多くの注目を集めています
古代
いずれかの場所でさえもなく
いずれかの問題のためにカルト
グルメ
主題は非常に何かだった
重要なのは彼らがあなたのために残した理由です
これらの研究者が
最初の探査も
エステラとの間には、
事故とそれが私たちがそれを見つけた方法です
最初の石
私たちが出発するのではなく、戻ってきた
まるで同じように驚いた
あなたはちょうど私達が戻って行く必要があることを
人の石の彫刻を探す
痩せたアーモンドの目をした
彼は彼が3本の指を持っていることを知っている
停滞している人
その単純な光景は一度
伝説はプレートを指す
誰がここにいたのか
私は丘の中に星があり、そこから来る
ここにいくつかのエンティティ
我々は存在について話している
エイリアンと何が起こるか
私たちは私たちがいる伝説に注意を払う
地上の存在を話す
内面に住む存在
土地とこの全体の領域が豊かであること
この種の物語
伝説は次に捨てない
今すぐこの最初の
研究段階
いずれの仮説も、
人々は彼がここにいると言います
パティア・イスタンタンはテストの形式だった
自然ですが、ここにいると言います
ここは飛んでいる皿です
別の特集
場所のいたるところに黄金の塵が散っている
最も驚くべきことは、私たちができることです
金箔粒子を見つける
例えばここには私の指に1本ある
索引
私たちはそれが金属だと言うことができます
金のようだ
私たちがまだ知らないどんな恐怖
パーソナルまたはボクスト
私たちはすでに考古学者にあなたの意見を持っています
貴金属としての色が
この岩に接近していた
私はそれがすべて偶然ではないと思う
彼女は考えている
科学的には何もない
これらの痕跡
すべてのnatasのように見えることは、
何が偉大なことができるの原則
研究と別のものは、ワードローブ
科学のパラダイムのすべて
そうでない可能性があります
まあ私の場合は私のように食べていない
考古学者
私はこの時点で閉じていない
ここに彼らは数字で残っている
幾何学と奇妙な図
その謎は引き続き
あなたの
間に起こった可能性のある接続
先祖文明と
書かれたメッセージを送るスペース
いくつかのマップがあります
復号された
しかし、ある日彼らは数字に足りる
ジョナサン・ラモスの実現
cuauhtemoc怒りアート画像と呼ばれる
ニュース

Extraterrestrial Messages in Mexican Cave (PART 2) | News with Francisco Zea


this is the virgin jungle of veracruz
where less than a month ago
discovered a cave with assumptions
extra terrestrial benefits to arrive
until this point we walked for more than
five hours or solitary and
enigmatica welcomed us in
squatting this can be realized is the
only way to enter is very difficult
in size or less than one meter
tall
beneath its stone walls full of
moss and soil expose these
cave paintings with symbols
strangers that so far have not
been interpreted scientifically
here is a face to see your eyes
see his nose
here it is possible to see again your
eye here is your body type of face
This type is color according to
specialists who came again
they mentioned that it was gray gray and
this also focuses a lot on the
footprint in the footprint and in the hand
so you're used to it
much symbolism to a house within the
cavity we find what according to this
specialist could be a shrine
now it catches my eye and we do not
gave the voice
we can consider that there was something there
that draws much attention in the
antiquity
then without even a place of either
cult for either issues
gastronomic
but the subject was something very
important and that's why they left it for you
and is that these researchers in their
first exploration also
found with estela are companeros
accident and that's how we found it
the first stone
we came back as not if we were leaving
surprised because just like all
you just saw we have to go back
look for stones engraving of a person
which has skinny almond eyes that
he is aware that he has three fingers of one
person who is stagnant
that simple sight is seen that it is once the
legend refers to a plate
who was here what is
I star in the hill and from there come
some to some entities here
we are talking about beings
aliens and what would happen if
we pay attention to the legends where we are
speak of intra-terrestrial beings ie
beings that live in the interior of the
land and that this whole area is rich
of such stories of this kind
legends then do not discard
right now in this first
research stage
none of the hypotheses was that the
people say that he was here
patia situan was the form of the test
it's natural but they say it was here
here is the flying saucer
another particular feature this
golden dust scattered all over the place
The most surprising are how we can
to find gold leaf particles
for example here i have one on my finger
index
we can say it's a metal
that seems to be gold
what kind of horrors do we still do not know
personal or vox
we already have your opinion to an archeologist
color as precious metal has been
kept close to this rock
I think it is not by chance all
has a sense, she thinks
scientifically there is nothing certain but
considers that these traces
to look like all natas mean the
principle of what can be a great
research and another so that wardrobe
all for their paradigms of science
can be a possibility because it is not
well in my case I do not eat like
archaeologist
I do not close at this time recorded
here they remain with figures
geometric and strange drawings
continue to be a mystery that
maintains the question about the
possible connection that could have occurred between
ancestral civilizations and
space to send a written message
there are some maps that have
decoded
but one day they add up to the numbers
the realization of jonathan ramos and
cuauhtemoc anger called art image
news

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(Google翻訳による)

 メキシコの複雑な洞窟システム
驚くべき発見が近づいた
プエブラとロックの境界まで
ルセヤダ石が見つかった
彼らには彫刻があります
一見エイリアンは十分な人々を示す
石はマヤの時代にまでさかのぼるかもしれない
これは、
外国人や人間と接触した
古代の発見は
3月に作られましたが、それはほんの少しでした
数日前に
不思議と墓石が現れた
マヤ文明との出会い
エイリアン
石は、
宝の探求者manuel Rangel v Garros
マスター検出器とホセOGGの方法または
彼らが共有したジャック検出器
探検と誤って発見
3ヶ月の洞窟の中に刻まれた石
前には、外国人のフォームを見つけるために
チームは何時間も歩かなければならなかった
彼らの前に下敷きに行く
3つのプライベート洞窟に達した。
プエブラとブルック・ルーズとの間の驚き
発見が行われ、2つの
洞窟に入り、そのうちの1人が見つけた
彫刻のある石がいくつかある
関係があったことを示唆
エイリアンの人生と人間との
他の洞窟では
宝探しの人はそれができると信じています
金の一つが何を示すか
上層部のようだ
宇宙船や石にも見られる
それを表すようなものです
エイリアンにも多くのシンボルがあります
まだ解読されていない石
地元の人々は、洞窟は
外人がいる場所の近くに位置する
宇宙船が閉じ込められたか、または
それは
これは洞窟を作った伝説です
グループが検索を開始し、
地主の助けを借りて
最初の3ヶ月前の訪問だけでなく、
彼らは洞窟に出くわしましたが、彼らは
また、彫刻された石が見つかりました。
フィギュアの写真
人間以外のJose Aguayoは、エナ
事実のために何も言えなかった
それは考古学ではないことをExplorers
彼らは、
デバイスを使って洞窟を作った
何かを見つけて、彼らは
洞窟を出る準備ができている
チームメンバーの1人に
事故と転落して、彼は沈んだ
車の水と砂ビダル
川彼らがチームを救助したときだった
メンバーと彼を解くようになった
彼らは彼が行った発見をした
発見が彼の
人生は刻まれたものの最初のものでした
遭遇を表す石
後で外国人レースで男の間
彼らはより多くの石を発見し、これらは示した
存在していた宇宙船
人間を見ていないと思われるもの
トウモロコシと他のシンボル

探検家は発見が明らかにする
マヤとアステカの出会い
文明と他人からのエイリアン
彼らは理論を持っていると彼らは言った
された人がいる
宇宙の中で難破され、その後
救助され、彼らが去る前に
彼らの滞在の証拠を残して
視界から隠された遠隔洞窟
彫刻された石は数多くあると言われています
彼らは刻印されたデザインを持っています
しかし、すべてのUFOを表示するように見えた
エイリアンと種族リーダーと一緒に
小麦の束と思われるもの
彼の手で研究者たちはまた、
洞窟の壁の絵文字
それはまた、
古代エイリアンの出会いがある
より多くの研究をして
石は真実であるか、偽造であれば
それが実在することが判明した
エイリアンは存在し、彼らは訪問した
地球はずっと前

参照

【衝撃】メキシコの洞窟で“完全にグレイ型”な古代エイリアンの壁画が新発見される! マヤ文明と宇宙人を繋ぐ決定的証拠か!(TOCANA9/15,2017)

http://tocana.jp/i/2017/09/post_14475_entry.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MEXICAN CAVE FINDS COULD BE PROOF OF MAYAN-EXTRATERRESTRIAL CONTACT

in a complex system of caves in Mexico
an amazing discovery has been made close
to the boundaries of Puebla and Rock
ruse yada stones have been found and
they have engravings on them that
seemingly show aliens enough folks the
stones might date back to Mayan times
and this may be confirmation that
contact with aliens and humans was made
during ancient times the discovery was
made in March  but it was only a few
days ago when the first images of the
strange and gravestones emerged
encounter between the Mayan civilization
and aliens
the stones were found by a group of
treasure seekers manuel Rangel v Garros
the master detector and Jose OGG way or
the jak detector they shared an
expedition and accidentally found a
carved stone inside a cave three months
ago which had alien forms to find the
cave the team had to walk for many hours
going through undergrowth before they
reached three private caves that were
between Puebla and Brock ruse surprising
discoveries were made and two of the
caves and in one of them they found
several stones with engravings that
suggest there had been a relationship
between alien life and humans in the
other cave they found metal in the
treasure seekers believe that it could
be gold one of the stones shows what
seems to be the upper part of a
spacecraft and also seen on the stones
is something that seems to represent an
alien there are also many symbols on the
stones that have yet to be deciphered
local people believe that caves are
located close to a place where an alien
spacecraft might have become trapped or
it could have become embedded in the
cave this is the legend that made the
group begin to search and they got the
help of the landowner and made their
first visit three months ago not only
did they come across the cave but they
also found the engraved stones which
feature pictures of figures that are
non-human Jose Aguayo said that the ena
could not say anything due to the fact
that it is not archaeology the Explorers
said that after they had looked at the
cave using devices but they had not
found anything and they were getting
ready to leave the cave
however one of the team members had an
accident and slipped and he was sunk in
the water and sand in the car Vidal
river it was when they rescued the team
member and began to untangle him that
they made the discovery he went on to
say that the discovery would change his
life and it was the first of the carved
stones that represented an encounter
between man in an alien race later on
they found more stones and these showed
a spacecraft along with a being that did
not look human and what looked to be
corn along with other symbols the

Explorer said that the discovery reveals
an encounter between the Mayan or Aztec
civilization and aliens from another
world they said that they had a theory
that there are those who were
shipwrecked in the cosmos and then
rescued and before they left they had
left indelible proof of their stay and
remote caves hidden from view the
engraved stones are said to be numerous
and they have engraved designs that are
varied but all seemed to show a UFO
along with aliens and a tribal leader
with what looks to be a sheaf of wheat
in his hand the researchers also found
pictograms on the walls of the cave
which also suggests that there was an
ancient alien encounter there is going
to be more studies made to find out if
the stones are real or fake if they are
found to be real it could be proof that
aliens do exist and they have visited
earth a long time ago

Mexican Cave Finds Could Be Proof Of Mayan-Extraterrestrial Contact

http://www.disclose.tv/news/mexican_cave_finds_could_be_proof_of_mayanextraterrestrial_contact/140241

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




元世界銀行上級職員のカレン・ヒューズさんは2014年3月に「世界の金融と宗教は長頭族の異星人にコントロールされている」という発表を行っている。 

世界各地で発掘されている「異様に長い頭蓋骨」が人工的に作り出したものではなく、地球人類以外の異星人のものであることは、「パラカスの頭蓋骨」のDNA鑑定で実証されている。

ペルーの博物館所蔵の頭蓋骨           頭蓋骨から画家が想像した復元図

Ancient Origins 

長頭族(コーンヘッドマン)については以下の動画がわかりやすくまとめている。

さらにカレンさんは6月に、ロシア・トゥデイのインタビューに答えて、長頭族は秘密組織を使って連邦準備銀行を操作して、自由に貨幣を製造する一方で各国の経済システムを破壊する陰謀を実行してきたと語っている。その結果、これまでの世界は「通貨戦争(Currency War)」状態に置かれてきたと語っている。

異星人による地球支配の歴史については、昨年5月のポール・ヘリヤー元カナダ国防大臣に続いて次々に寄せられる証言によって明らかにされつつある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元カナダ防衛大臣によるUFOエイリアン情報開示

-あなたはエイリアンに会ったのか?

会ったことはないがトロントから120マイルのところで肉眼でUFOを目撃している。

目撃情報では見た目は人間に似ている。グリーンマンのようなものから人間のようなものに至るまで何十という種類がいる。

中には米軍に協力しているものもいる。ラスベガスの繁華街を歩いていて目撃されたものもいる。背の高いもの、150センチ位で手足が細いもの、大きな頭、茶色の目。中にはデンマークや北欧人と間違う程見分けがつかない。

-彼らは好意的なのか、危険なのか?

それぞれのアジェンダを持っているが地球に関しては同じだと思うが、概して90%は好意的で人間を助けようとしている。ただ1,2の種類は好意的でない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アイゼンハワー大統領の曾孫のローラ・アイゼンハワーが伝えるETによる地球侵略 

地球が誕生する前から数々の宇宙戦争や天使の戦争が起きていました。地球が誕生すると同時にET(後に地球内部に移ったレプティリアン、ドラコニアン系のET、アヌンナキ)は地球をハイジャックし、人類を支配しはじめました。現在も様々な種族のETが地球を支配しています。 

彼らは闇のテクノロジー(ケムトレイル、メディアの情報操作、HAARP、宗教、政府)を使って我々人類をマインドコントロールしています。我々が実際に経験している世界は、マインドコントロールで操作された世界だったのです。このようなテクノロジーを使ってETは人類を何千年も前から支配してきたのです。 

これらのETの配下にはイルミナティや影の政府など、複数の派閥が存在していますが、彼らは現在、内紛状態です。人類は邪悪なETが支配する世界から抜け出られなくなっています。イルミナティの中にも人類を助けたいと考えている者もいます。 

現在、あまりにも多くの犯罪が横行しており、我々はこれ以上我慢できなくなっています。彼らの犯罪をただ傍観するのではなく何等かの行動に出る必要があります。世界人類が一体となって、彼等の犯罪を(法的処置などを含む)やめさせなければなりません。戦前からヒットラーとルーズベルトはETと協議を重ねた後、ドイツとアメリカはプレアデス人よりもグレイと手を組み、グレイのテクノロジーを手に入れました。

戦後、米政府はグレイから手に入れたテクノロジー(マインドコントロールの方法など)を防衛の目的だけでなく、邪悪な目的に使い始めました。戦後、米政府はこれらのテクノロジーを使って世界を支配してきました。 

アメリカに存在する影の政府はナチスやシオニストで構成されています。彼らはETと協定を結びましたが、実際にはETのテクノロジーを貰う変わりにETに降伏したのです。
しかし、このような動きは全てETによる地球支配、人類奴隷化の戦略の一環として初めから計画されていました。現在使われているHAARPやケムトレイルなどのテクノロジーはETから手に入れたもので、ETが最終的に人類を支配するために使っているのです。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロシアの声1/14,2014:1945年以降、米国を統治しているのは「エイリアン政府」

国は1945年以降エイリアン政府の施政権下にある。イランの通信社Farsによれば、異星人はドイツでナチスを操った後、今度は米国に取り憑いた。

元職員スノーデン氏が暴露した米国の諜報局NSAによる極秘プログラムの数々は異星人の考案によるものだという。

その目標は世界の全てを管理下におき、人類を奴隷化すること。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでに、地球人類に関与してきたとされる異星人はロズウエル墜落事件で生き残ったグレイ・タイプの異星人と古くから地球上で闇の勢力を使って人類に危害を及ぼしてきたとされるレプレティアン(爬虫類人)が上げられてきたが、カレンさんの今回の暴露証言で長頭族異星人も闇の秘密組織の中で大きな影響力を及ぼしてきたことが明らかになった。

なお、最新のモンタギュキーンのメッセージでは、人類を破滅させるための計画の立案に関わった異星人は「火星を追放されて地球に降り立った」種族であるとされている。影の世界政府が月と火星上に基地建設を進めてきた背景には、火星から追放されたネガティブな火星人の火星奪還計画が関わっているのかもしれない。この点についても、継続して調査したい。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ペルーのナスカ地方で発見された三本指のミイラは、専門家によるDNA鑑定の結果、プレインカ時代にナスカを訪れたヒューマノイド型の異星人であると認定されて、ペルーのメディアも真相をl隠すことができなくなっている。

プレ・インカ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB

プレ・インカ時代とは、インカ帝国()以前のアンデス諸文化を指し、

インカ帝国の歴史について、ウイキペディアはこう伝えている。

インカ帝国(インカていこく、スペイン語Imperio Incaケチュア語タワンティン・スウユTawantinsuyo, Tahuantinsuyo))は、南アメリカペルーボリビアチチカカ湖周辺)、エクアドルを中心にケチュア族が作った国。文字を持たない社会そして文明であった。

首都はクスコ世界遺産である15世紀のインカ帝国の遺跡マチュ・ピチュ」から、さらに千メートル程高い3,400mの標高にクスコがある。1983年、クスコの市街地は世界遺産となった。

前身となるクスコ王国13世紀に成立し、1438年のパチャクテク即位による国家としての再編を経て、1533年スペイン人コンキスタドールに滅ぼされるまで続いた。

インカは中央高原地帯のクスコで起こり、海岸部に広がっていった。考古学者は、標高5,300mに及ぶ高原の温帯で永久的な居住地の跡を発見した。彼らの高地における資産は、リャマアルパカビクーニャに限定されていた。

タワンティンスウユ(1438年–1527年)

インカによる征服の基盤は、彼らの組織であると信じられている。彼らの神の象徴は太陽神であり、官僚制度は11あった王のアイリュに所属する官僚による団体から成り立っており、家系は正皇后であるコヤとなった自らの姉妹との近親婚によって継続した。インカは平等の考えに基づいた社会であった。全ての人民が、生きるために働かねばならず、貴族ですら見本を示した。しかし数人の考古学者は、これが2つの階級からなる制度を支えるための建前にすぎなかったと信じている。官僚エリートが法を犯したときの刑罰は大して厳しくなく、このことは体制の維持のために上層階級が重要視されたことを意味した。

インカ帝国の拡張は、おそらくその気候条件の結果である。パチャクテクは彼自身が選び抜いた家庭出身の指揮官を訓練した。兵卒は、木製の柄と石製又は青銅製の斧頭を備えた青銅製の戦斧投石器ランス投げ弓矢、皮革で覆った木製の、綿或いは竹製の刺し子により武装した。攻略された属州においては、インカの官僚が従前の地方官僚の上に置かれた。これら官僚の子弟はクスコに人質に取られ、攻略された属州の忠誠の保証とされた。インカ帝国はケチュア語を公用語に、太陽崇拝を国教とした。また、急速な灌漑と台地栽培方式の開発により生産力を増強するために労働力を搾取し、肥料としては沿岸の島々で発見された堆積グアノを使用した。インカの社会制度は、儀式と神の名による強制により裏打ちされた厳格な権威主義政体を要したのだ。伝統的にインカの軍は皇子に統率されていた。

スペインによる征服

1532年にスペインのコンキスタドールがペルーに戻ってきたとき、インカ帝国はかなり弱体化していた。その原因としては、内戦が勃発したことや新たに征服された領土内に不安が広がったことが挙げられるが、それ以上に中央アメリカから広まった天然痘の影響が大きかったと考えられる。コンキスタドールは身長こそ少し高かったものの、インカには確かに途方もない高地に対応しているという利点があった。ピサロ隊の兵力は、わずか168名の兵士と大砲1門、馬27頭と決して抜きんでたものではなかった。そのため、万一、自隊を簡単に壊滅できそうな敵に遭遇したら、その場をどのように切り抜けるかをピサロはいつも説いていた。完全に武装されたピサロの騎兵は、技術面ではインカ軍に大きく勝るものであった。アンデス山脈では、敵を圧倒するために大人数の兵士を敵地に送り込む攻城戦のような戦闘が伝統的なスタイルであったが、兵士の多くは士気の低い徴集兵であった。一方、スペイン人はすでに近代以前に「鉄砲」(Arcabuz)などの優れた兵器を開発しており、イベリア半島で何世紀にもわたるムーア人との戦いを経験し、さまざまな戦術を身につけていた。このようにスペイン人は戦術的にも物質的にも優位であったうえに、インカによる自領の統治を断ち切ろうとする何万もの同盟者を現地で獲得していた。

最後のインカたち

スペイン人たちはアタワルパの弟マンコ・インカ・ユパンキ(一説に弟ではなく、下級貴族出身とも)の擁立を強行し、スペイン人たちが北部の反乱を鎮圧する戦いの間は協力関係が続いた。その間、ピサロの仲間ディエゴ・デ・アルマグロはクスコを要求した。マンコ・インカはスペイン人同士の不和を利用することを試み、1536年にクスコを回復したが、スペイン人たちに奪還された。

マンコ・インカはビルカバンバに後退し、彼とその後継者たちはそこで新しい「ビルカバンバ(Vilcabamba)のインカ帝国スペイン語版英語版」(1537年 - 1572年)を更に36年間統治し、スペイン人たちへの襲撃や反乱の扇動を続けた。 こうした状況の中、伝染病が壊滅的な打撃を与えた。さらに、ヨーロッパから到来した他の病気の波により更に人口は減少した。[3]1546年(推定)のチフス1558年インフルエンザ天然痘1589年の天然痘再流行、1614年ジフテリア1618年麻疹、こうしてインカ文化の残滓は破壊された。1572年、インカの最後の要塞が征服され、マンコ・インカの皇子で最後の皇帝トゥパック・アマルは捕らえられ、クスコで処刑された。ここにインカ帝国の政治的権威下でのスペインによる征服への抵抗は終結した。

CONFIRMED!! Mummies from NAZCA are Pre-Hispanic and NOT HUMAN !! Open your mind, tie the ends. 

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/94ca11a4c8701d0196a13792562c089a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(TOCANA6/24,2017より転載)

http://tocana.jp/2017/06/post_13628_entry.html

【動画】全身真っ白の「3本指のミイラ」が複数発見される! 医師「人間とは異なる1600年前のヒト型生物」DNA検査へ=ナスカ

南米ペルーのナスカで巨大な3本指を持つ不可解なミイラが複数体発見されたとのニュースが舞い込んできた。その異様な姿から、地球外からやって来た古代の宇宙人ではないかとも噂され、UFOコミュニティで大きな話題となっている。

ナスカで発見された3本指のミイラ、ついに宇宙人発見か!?

 問題のミイラはUFO探求サイト「gaia.com」の宇宙人探索チームが発見、今月20日にその模様を記録したドキュメンタリー映像が公開された。捜索チームには、メキシコ人の有名UFO研究家ハイメ・マウサン氏をはじめ、外科医で放射線技師のエドソン・サラサール医師、法医学の専門家ホセ・デ・ヘスス・サルセ・ベネニテス医師、生物学者ホセ・デ・ラ・クルス・リオス氏、サンペテルブルク大学学長のコンスタンティン・コロトコフ医師など、多くの科学者も参加。現在のところ無料で視聴できるのは最初のエピソードのみだが、メンバー限定の動画ではミイラのDNA検査の結果まで公開されているという。

映像では、ミイラらしきものがおもむろにダンボールから取り出されるシーンが映っているが、驚いたことに体表が真っ白だ。まるで石膏のような質感だが、これは腐敗を防ぐためのスキンパウダーだという。体育座りのように身をかがめているため分かりにくいが、身長は168cmと意外に大きい。パッと見たところ姿は人間にそっくりだが、異常に長い3本の手足の指、コーンヘッドと呼ばれる長頭、巨大な2つの目はおよそ人間らしくない。全体を見てみると、浮き上がった背骨や肋骨なども確認することができる。映像には、この一体しか映っていないが、同じ場所から同様の特徴を持ったミイラが複数体発見されているそうだ。  チームのコロトコフ医師は、このミイラは人間が変形したものではなく、人間そっくりの別の生き物であると断言。明言こそしていないが、古代の地球にやってきた宇宙人である可能性が高いということだろうか……?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディスクロージャー運藤の中心的なリーダーの一人として、精力的に活動を続けるスティーブン・グレア博士は、2017年6月18日にMUFONの主催者が公開した動画で、「ナスカのミイラの発見には私も最初は疑わしく感じていたが、このミイラについての科学的な研究のすべてを参照して、古代のナスカ地方でマヤ人とコンタクトしたヒューマノイドの異星人であると結論した。」と語っている。

Dr Steven Greer / NEW ALIEN BODY FOUND

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/94212f7e8dd0ee35c9c5c6af7adb9ff9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(機械翻訳による)

https://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fexopolitics.org%2Fslave-colony-on-mars-claim-goes-mainstream%2F&edit-text=

Infowars.comのホストであるAlex Jonesは、6月29日、米国海兵隊員およびCIAの秘密サービス担当官であったRobert David Steeleインタビューし、Marsの秘密のイベントに関するインサイダー情報をボランティアにした。 スティールは、ジョーンズに、火星の奴隷植民地と、子供が関わる「20歳と宇宙」の宇宙計画の存在について語った。

Steeleのコメントは、イギリスのデイリー・メール、 デイリー・ビーストワシントン・ポストなどの主要なニュースソースのいくつかでカバーされていたがそのすべてが単なる陰謀理論ではないとの見解を軽視した。

Steeleは、1976年から1996年にかけてUSMC保護区、知能のMajorランクされ、この間CIA秘密保持サービス(1979-1988年)でも働いた。 Steeleは1980年代に初めてテロリストを追いかけ、CIAを海兵隊情報の第二位の民間人に任せ、国の最新の秘密情報を作成する責任を負いました分析施設。 彼の個人的なウェブサイトは、深い国を脅かす複数のイニシアチブについて説明しています。

ジョーンズとのインタビューの間、スティールは言った:

これはあなたのリスナーを邪魔するかもしれませんが、実際には火星に植民地があると信じています。 それは、誘拐され、20年間の乗車で宇宙に送られた子供によって人口が集められています。 彼らが火星に着くと、彼らは火星の植民地に奴隷になること以外の選択肢はありません。 出てくるすべての種類の開示があります。

ジョーンズは、スティールが示唆していたことを支持していました。

私が知っていることは、NASAのミッションの90%が秘密で、高レベルのNASAエンジニアがあなたには分かりません。 あまりにも多くのことが起こっているが、それはすべてのものになります。 私はこれを知っています。火星には機械的な残骸がたくさん見られ、人々はそれが力学のように見え、彼らは陰謀理論家の束だと言います。 明らかに、彼らは何が起こっているのかを調べることを望んでいません。なぜなら、プローブが通過するたびにそれらが消えるからです。

毎日の獣のベン・コリンズはNASAに連絡して、ジョーンズのSteeleのインタビューに応え、次のような否定を得た。

「火星には人間がいません。 火星には活発な移動があります。 先週周りにはなかったという噂があった。 NASAの火星探査担当者Guy Websterは、The Daily Beastに語った。 しかし、人間はいない」

Steeleが作成したPhi Beta Iota Public Intelligence Blogは、 Collinの記事で、火星に奴隷にされた誘拐された子供たちに関する詳細が提供された:

ピーター・ベータ・アイオータ:スティールの指摘は著者に失われました。子供たちは誘拐され、「20歳とそれ以上の」ミッションで宇宙に送られて、地球を離れる時から火星に到着する時まで成長します。 ハイブリッドの人間を実験して繁殖させる地球外の「許可」、最終的に開示された地球外の技術、およびペンタゴンの地球外および地中のプログラム全体が公開された、複数のレベルの開示が行われます。

これは、スティールが火星の児童労働について話していたのではなく、長距離旅行の後に奴隷労働に強制された、地球から新しく到着した大人の話であることを明らかにした。

スティールの初期の声明と応答は、ワームホール技術を使った分類されたプログラムで働いていると主張していた秘密の火星のコロニーについて多くの告発者が何を言っているかで調べる価値がある。 これには、Al Bielek、Michael Relf、Andy Basiago、Arthur Neumannなど数多くの人が含まれます。

Steeleはこのような秘密の火星のコロニーが存在していることを証明しており、人員はワームホールや次回の公開で明らかになる他のエキゾチックな輸送システムを使ってそこに運ばれている。

しかし、上記の告発者の誰も、火星の奴隷労働について論じなかった。 最初のことは、2015年5月14日のインタビューで、1987年から2007年までの秘密宇宙プログラムのサービス中に何度も見たことがあるコーリー・グッド氏でした

はい、すぐに修理する必要のある特殊な機器の誤動作があったいくつかの機会がありました...。 これらのまれな機会に私たちは4〜6人の武装した警備員が会う場所に飛んで行きます。 私たちはそこにいる仕事に直接関係していない限り、何らかの理由で目の接触や人とのコミュニケーションをしないように指示されます...私たちは仕事の場所に直接護衛されます。 地元の施設のセキュリティチームは、私たちを非常によく見守り、作業が完了してテストされた後、私たちをシャトルクラフトに直接案内します。 私たちはツアーをしたいと頼まれたことは一度もありませんでした。夜に過ごしたり、施設の人員や住民と食事をとったりすることを勧めました。 しかし、私たちは人々の一部を見る機会を得ました。 彼らは通常、薄く、不健康で肉体的にも精神的にも見え、奴隷労働に非常に似ていました。

Goodeは、2015年6月20日、企業経営施設の検査を行うために火星に連れて行かれたと述べました。 グッドは 、奴隷労働条件と施設指揮官の説明を「暴君と全面過食症」と説明した。

グッドの主張は、2日後、6月22日にBBCが「火星の独裁を倒す方法」と題したストーリーを発表した。この記事では、イギリスの惑星間社会学会で、火星のコロニーが企業によって支配される未来社会の労働者の権利を踏みにじった無慈悲な独裁者。 独裁者は植民地そのものを破壊することなく打ち倒される必要があった。

BBCの記事の著者によると、リチャード・ホリンガム(Richard Hollingham)の会議によると、英国のセキュリティ・サービスであるMI6のロンドン本部から2ブロック離れた著名な科学者、エンジニア、哲学者が集まり、英国の大手エンジニアと宇宙愛好家によって議論されている「仮説的状況」は、グードがリアルタイムで起こっていると言っていたことと非常によく似ていました。

2015年11月16日に米国議会は、2022年まで宇宙鉱業に関連するすべての労働規制から企業を除外した。米国商業宇宙打ち上げのセクション106競争力法は、企業が自発的に米国の管轄区域に提出した場合、商業宇宙活動に対して「連邦管轄権 」を有するとの連邦裁判所を指定しています。

(g)連邦管轄権 - 第三者または宇宙飛行の参加者による、死亡、身体の傷害、または免許に基づいて行われた活動に起因する財産の損害または紛失の申し立ては、連邦裁判所の専属管轄権です。

事実、11月25日にバラク・オバマ大統領が署名した議会のこの行為は、火星や宇宙での奴隷労働虐待に巻き込まれたとされる企業に法的保護を与えた。

Steeleは、火星への移動の観点から、子供が長期間旅行するのに使用したワームホールを含む「20世紀の宇宙計画」を参照しました。 前述の告発者は、ワームホール技術をほぼ即時に説明しています。

だからなぜスティールによれば、誘拐された子供のための "20年乗り"? 彼らは火星への旅の間、他の秘密宇宙計画の任務を果たしていますか? Steeleは、「20年後の」秘密宇宙プログラムに何らかの形で暗黙のうちに言及したのですか? GoodeとRelfe は完了した主張していますか? 私はSteeleに連絡して、これらの質問や他の質問への回答を得ました。

これまで明らかになったことは、何十年もの間火星で奴隷労働が密かに起こっていたというGoodeの主張に対して、 Steeleの今後の公開は、Goodeと他の告発者が火星や秘密の宇宙プログラムについて主張してきたことをさらに証明するかもしれない。

主流メディアはSteeleの主張を否定するように見えたが、アレックス・ジョーンズは、火星の奴隷労働植民地と秘密の空間について初めて学んだ何百万人もの人々の急速な増加にこのような可能性を論じたそれをサポートするプログラムです。

©Michael E. Salla、Ph.D. 著作権に関するお知らせ

[ 更新:7月2日 - 上記の記事を改善するための彼の修正と提案のためにRobert David Steeleに感謝する]

[ 更新日:7月2日午後1時(日本時間午後1時) - Facebookは上記の記事にフラグを立てて、 人々がそれを共有したりコメントしたりするのを妨げている(下記参照)。だからTwitterYoutubeで ]

参考文献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO

Slave Colony on Mars Claim goes Mainstream

https://www.youtube.com/watch?v=QxMd4JefWsI

Transcript

Slave Colony on Mars Claim goes Mainstream

http://exopolitics.org/slave-colony-on-mars-claim-goes-mainstream/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(機械翻訳による)

https://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.stillnessinthestorm.com%2F2017%2F07%2Fnasa-denies-mars-slave-colony-exists-despite-claims-of-ex-cia-agent-and-whistleblowers.html&edit-text=

火星の奴隷のコロニーの高い奇妙さにもかかわらず、それが存在すると主張してきた人がいくつかいます。 同名の元大統領の孫娘であるローラ・マグダレン・アイゼンハワーは、人類の連続性のためにおそらく火星のコロニーに入隊するために募集されたと語った。 さらに、 Randy CramerCorey Goodeなどの他のいくつかの秘密宇宙プログラムの内部関係者は、何十年もの間、様々な秘密政府のプログラムが何百万人もの人々を拉致し、彼らを不毛の惑星に移したと主張している。 新兵は技術的な裕福さで暮らすと言われており、到着時に植民地が奴隷プランテーションとして管理されていることを発見するだけです。 だからこれらの主張が信じられないほどのものであれば、NASAはなぜそれに反応するのを迷ったのですか?

おそらく答えは、公衆がこれらのことを真剣に受け止めているということです。

人口の少なくとも半分が地球外生活の存在を積極的に信じていると考える. 2015年のNewsweek調査によると、 また、2001年9月11日の攻撃の公式説明に疑問を呈したアメリカ人は、38%にのぼり、10%は誰も信じていないと答えた。


今、2016年に、 アメリカ人の55%だけが大統領選挙で投票したと考える。 これらの統計が示唆していることは、人々が公務員に非常に懐疑的であるということです。 さらに、 古代エイリアン 、UFO Youtubers、エイリアンの影響を受けたメディアのようなテレビ番組の人気が高まっていることから、人々はこれらのトピックとそれらを取り巻く陰謀について圧倒的に不思議であることを示唆しています。


最後に、インターネットの時代が平均的な人物が公式宣伝を暴くことが容易になるため、政府、メディア、学界は信頼性の損失を被り続けています。

これ以上のことは、官僚的かつ制度的な欺瞞の大きさを徐々に認識し始めている人々による政府の不満と不信の像を描いている。 反論として、自由思想家は、地球からの奴隷に棲む火星のコロニーのように、一見野生の理論を楽しませることをより喜んでいる

この ような主張を確認するための具体的な証拠は出て い ないが、引き続きこのトピックに関心が集まっている。 また、秘密の宇宙計画が存在することを示唆する膨大な量の証拠があり、世界中の政府によって積極的に隠されています。


以下の関連記事では、ボーイングの広告を待つだけで 、火星に存在するコロニーへの明白な暗示が明らかになりました。

だから、元CIAの男性がNASAが火星の奴隷植民地を運営していると主張しているアレックス・ジョーンズ・ショーの 、最も影響力のある代替メディアショーの1つに行くと、その力は注目に値する。

クレームの否定は否定されているものではありませんが、 Steven Greer博士の最新の映画「 Unacknowledged 」で明らかにされたような、高度に進化した深刻な黒人政府のプロジェクトの証拠があれば、何らかの隠蔽が行われていることを示唆しています。


この段階で、火星のコロニーのこれらの主張は未確認のままであるが、反論されていない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ