ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



TOCANA2/17,2017より転載)

http://tocana.jp/2017/02/post_12380_entry.html

人類に共通する最大の死をもたらす病は「ガン」ではなく「老化」である。歴史を通じて老化による死だけは誰も治療することができなかった。その老化に対する治療法が、我々が生きている間に現実になる可能性が出てきた。


■1980年代にテロメアの存在が注目される

ThinkstockPhotos-516282921.jpg

画像は、Thinkstockより

 実は老化を引き起こす原因と、老化を止める方法は1980年代にすでに発見されている。我々の細胞の遺伝子にはテロメアと呼ばれるカウンターが備わっている。細胞が分裂するたびにテロメアが短くなっていき、短くなるほど細胞分裂のペースは遅くなる。子どもの頃あれほど簡単に治った擦り傷が、中年になると傷口がふさがるのに時間がかかるようになるのは、テロメアが短くなるせいだ。

 そしてテロメアがある短さに到達するとそれ以上細胞は分裂しなくなる。生涯を通じて50回ほど細胞が分裂すると、そこでその細胞はそれ以上、分裂しなくなるのだ。新しい細胞が古い細胞にとってかわる新陳代謝が起きなくなり、体は老化した細胞ばかりになって、老人となり人は死んでいく。

 その老化した細胞の遺伝子のテロメアを書き換える方法も発見されている。テロメアというカウンターをハッキングして、長さを長く戻す。そうすると老化したはずの細胞がふたたび細胞分裂できるようになる。

 1980年代にこのことが発見されると、いよいよ人類が老化しない時代がやってくると大いに期待されたものだ。しかしその期待はあっという間に打ち砕かれた。


■老化の次に出てきたガン問題

 テロメアをハッキングした細胞は高い確率でガンを引き起こすのだ。

 老化をテロメアの書き換えで克服した人は、確実にガンになる。つまり老化の治療によって、老化の次の二番目に死に至る病を引き起こすのだ。それがこれまで老化治療が突き当たってしまっていた壁だった。

 だが、そのガンの治療に革命が起きているのが現在だ。小野薬品が発売した夢の新薬と呼ばれる「オプジーボ」は、肺ガン患者の2割に対して、増殖を抑えるだけでなくガン細胞がほぼ消えてしまうという画期的な結果を出したことで話題になった。

 実はオプジーボの成功は、ガン治療革命のひとつの側面でしかない。なぜオプジーボが2割の患者に効いて、言い換えると8割の患者に効かないのか? それがプレシジョンメディシン(精密治療)と呼ばれる最先端の治療革命に関係する話だ

これまでのガン治療は、肺ガン、大腸ガン、胃ガンのようにガンが発生する部位に応じてタテ割りの治療法が研究されてきた。ところがプレシジョンメディシンはガンを発生させる遺伝子変異を分析して、遺伝子変異別の治療を行う。

 オプジーボは分子標的薬の一種で、ガン細胞を引き起こす異常なたんぱく質を標的にして、ガン細胞の免疫機能をピンポイントで阻害する。

 このような分子標的薬が効くのは肺ガン、胃ガンといったタテ割の分類ではなく、遺伝子変異を起こしているDNAが同じかどうかというヨコ割の分類が関係してくる。だから同じ遺伝子が関係しているガンなら違う部位でも同じ新薬が効く場合があるし、同じ部位のガンでも新薬が2割の患者にしか効かないことがある。そんなことも近年わかってきた。

 そしてIBMが誇る人工知能のワトソンが、そのプレシジョンメディシンの解析に乗り出し始めた。これまで提出された無数のガン治療薬についての論文をワトソンが読みこみ、どのようなDNA変異を持つガン患者であれば、どの治療薬が効く可能性があるのかをビッグデータ分析し始めているのだ。

 近い将来期待されることは、ガンを引き起こす遺伝子変異がすべて特定され、それらすべての遺伝子変異をターゲットとしたピンポイントの治療薬が開発されることだ。数十年で医学はそこまで進化する可能性がある。そうなればガン撲滅という夢が現実のものとなる。

 さて、話は戻ってその先だ。仮にガンが撲滅したらどうなる? そう。人類はガンを心配せずに全身の細胞のテロメアのカウンターをハッキングすることができるようになる。

 体中の遺伝子を20代のときのカウンターに書き換える。そこで必然的に起きるガンは根治できる。結果として80代の老人が20代の身体を取り戻すことができる。その夢の世界に人類は近付きつつあるのである。
(文=ホラッチョ

■ホラッチョ
フューチャリスト。グローバル情報と歴史をもとに鋭く未来予測を展開するが、周囲からは理解されずホラだと思われている。

 

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヘイジさんが紹介されているTAOの世界的なヒットはアトランティス文明を起源とする欧米物質文明の終焉と新しい精神文明の誕生を象徴するイベントである。宇宙文明の雛型(ひながた)は欧米からではなく、日本から生まれ出ることになるであろう。
(世界の文明が規則的な周期で物質文明と精神文明の交代をくり返していることは村山節氏の800年周期説が説明している)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




マヤ暦

不良星人:つまんねぇ記事書くなよ!おまえは翻訳だけしてろ!!
☆サムライ:無礼者!削除いたす!!

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




(匿名さんからの投稿)
おはようございます!

現在進行形でも、まわりの現象とのシンクロニシティを頻繁に感じますが、
僕はとくに、自分が何故それまでとは対照的な非現実的な世界に興味がでているたのか、過去のどういった経験がこの道に進めているのか、ということよく考えます。

シンクロニシティを単なる偶然と言われてしまえば、それで自分も納得できるほど片付いてしまうものなのですが、以前ここでも紹介した映画「コンタクト」の主演女優「ジョディー・フォスター」の言葉にはっとさせられました。

ジョディー・フォスターがインタビューで語ったこと

「この映画は宗教と科学のお話なの。とても難しいテーマだわ。
ひとつ私に言えることがあるとすれば、
ある音楽家が、発表会で自分でも驚くほど素晴らしいメロディーを奏でられたとき、それを神様からの贈り物と解釈するか、日々の練習の賜物と解釈するか、それは自由よ。
重要なのは、「素晴らしいメロディーが奏でられた」という事実なの。
私はそうおもうわ。

僕はこの言葉をきいて、自分の感じるシンクロニシティが「神様の仕業」なのか「たんなる偶然」なのかを深く考えずに楽しめるようになりました。

(長い前置きになってしまった...

僕と同じ30代のひとが子供の頃に熱中したアニメのテーマ曲を調べてみると、なかなか興味深いアセンションとのシンクロニシティを感じます。
たくさんあってまとめて有るのですが、その中でも特にわかりやすいものを
Youtubeの動画つきでいくつか挙げますので、どうぞ見てみて下さい。
歌詞が面白いんですよー。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1978年 (僕は0歳
西遊記 ED「モンキーマジック」ゴダイゴ

http://www.youtube.com/watch?v=WxQiCy7sEF4

僕が生まれた当時、堺正章さん主演の西遊記が流行したようです。
そのエンディング曲がヒットして、僕も子供の頃の記憶にあります。
翻訳された歌詞を最近みてびっくりしました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1987年 - 1989年放送(僕9,10歳)
ビックリマン - 主題歌「ドリーミング・A・GO・GO・」

http://www.youtube.com/watch?v=tlMdYvY_WuU

僕の年代ではビックリマンシールが大ブレイクしました。
日曜日に少し早起きしてこのアニメを見てました。
天使と悪魔の戦いそのまんまなのですが、でも、いま起こってる現実の
戦いとかなりシンクロニシティを感じます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1987年 - 1989年放送(僕9,10歳)
ビックリマン - エンディング「スーパーウォーズ」

http://www.youtube.com/watch?v=WtFYLtjKWbE&

歌詞中、最初は闇に黒く塗りつぶされているのを、天使は
白く塗り替えそうとする。というところに「おや」と感じました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1989年 - 1990年(僕11,12歳)
新ビックリマン - 主題歌「セント・ジュエルを探せ」

http://www.youtube.com/watch?v=m9RxNlvYdsY

ビックリマンは子どもたちが主人公で、
「セント・ジュエル」という特殊な役割を持った主人公グループが
悪魔と戦うのがテーマです。この曲は歌詞がロマンチックですきです!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1986年 - 1989年放送(俺8~10歳)
聖闘士星矢 - 主題歌「ペガサス幻想(ファンタジー)」

http://www.youtube.com/watch?v=RTa0ENwF2bo

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1984年~ (俺6~10歳)
北斗の拳 - 主題歌「愛をとりもどせ!」

http://www.youtube.com/watch?v=Sv39WKUCScg

この曲面白いです。現実に生きる男の荒れた歌詞のあと、
クリスタル・キングさんの声で、ハイヤーセルフかを連想させる
対照的な歌詞に切り替わってます。(1分過ぎ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1989年 - 1996年放送(僕10~ 歳 最後まで観て無かったけど)
ドラゴンボールZ -OP「WE GOTTA POWER!」

http://www.youtube.com/watch?v=xnjIucLp8tc

9.11が自作自演という確信をして、「陰」の世界に足を踏み込んだとき、
自分は頭がおかしくなったのか?と不安になることがおおくて、
この曲を何度もきいて元気だしてました。(笑

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1989年 - 1996年放送(僕10~ 歳
ドラゴンボールZ -ED「僕たちは天使だった」

http://www.youtube.com/watch?v=3pIOzkmS1pg

個人的に、曲のタイトルも歌詞も直球すぎて凄いです。
歌詞は以下です。

Angel・・・Angel・・・Angel・・・

時に埋もれた 記憶の彼方
そうさ僕達は 天使だった
空の上から愛の種を 撒き散らして
この地球から悲しみ消したかった

ねぇ 広いブルー・スカイ
見上げていると 勇気が沸かないか・・・今でも

To My Friends 背中の羽はなくしたけれど
まだ 不思議な力 残ってる
To My Friends 光を抱いて 夢を見ようよ
ほら 君の瞳に 虹がかかる

街に汚れたと 君は言うけど
今も透き通る 涙がある

雲の広場でカンケリして 月をすべり
ハートの矢で 人を恋に落とした

そう描くビジョン
現実にする 魔法があったんだ・・・ほんとさ

To My Friends 明日を信じ続けていれば
この砂漠も楽園に変わる
To My Friends 傷つき そして学んでいこう
今 愛のつぼみが 胸で開く

To My Friends 背中の羽はなくしたけれど
まだ 不思議な力 残ってる
To My Friends 光を抱いて 夢を見ようよ
ほら 君の瞳に 虹がかかる

Angel・・・Angel・・・Angel・・・

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

色々なものがこうやって記憶の片隅に残っていて、
それが当時と今で増幅されて顕在意識に沸き上がって来てる気がします。

ここで紹介したのは一部なんですけど、まとめてる最中に不思議な子とに気付きました。自分の強く覚えているものは、だいたい10年の周期で現れてます。10歳 20歳、30歳と。
そして、インターネットによって、30歳のときに20歳と10歳のころの記憶を呼び覚ますトリガーが発動した気分です。

なにか10年のリズムのようなものがあるのかなぁと、考えてます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(「うーたん」さんからの投稿)
Invasions, the Animated Short Film
CGで描かれた宇宙人と地球をテーマにしたアニメーションです。6分ぐらいの短編に綺麗にまとまってるのでお暇なときにみてくださいね。クロップ・サークルが素敵でした。
にほんブログ村 トラコミュ おもしろいサイトへ
おもしろいサイト


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(「うーたん」さんからの投稿)
僕はここにたどり着くまでの過程で、何度も何度も選択をしてきました。ある時は、これまで見てきた映画・アニメ・マンガのストーリーが何らかの"象徴"として見え、選択のヒントの1つとなったと、振り返ってみて思います。みなさんにもそういった作品はあると思いますが、楽しめそうなのがあれば教えて頂きたいです。僕は最近世界のシークレットの存在に気付いたので、あまり気付けていないのですが、衝撃を受けた作品を紹介します。

海外ドラマ「LOST」
現在進行形の人気ドラマで、僕はこのドラマをみながら、なんだか現実で調べている事と被っている気がして、沢山ヒントを得られました。
旅客機の墜落で無人島にたどり着くところから始まるのですが、思考の現実化、引き寄せの法則、フリーエネルギーやフォーカスチャンネル、輪廻転生などいろいろな話題が詰め込まれて、視聴者は推測して楽しめます。

涼宮ハルヒの憂鬱
アニメでしか見ていませんが、僕の中で何度も「あれ、もしかして本当のことなの?」と後から考えさせられた作品です。思考が現実化するヒロインと、それを制御する主人公のやりとり、統合思念体とよばれる、宇宙人もでてきます。

マトリクス
紹介するまでもないですね。
今になってこれを見直して、体に電気がビリビリきました。 WBが配給している映画は、こういうテーマが多いきがします。

ドラゴンボール
この作品のストーリーは、宇宙の出来事を予言したものじゃないかと最近思っています。ドラゴンボールをwikipediaで調べてみると、作品の中の西暦のようなものがあるのですが、なんだ古代文明から現代文明、その先の未来を象徴的に表してるように感じました。

アバター 今年12/23上映の映画
宇宙NOW!とふるやの森へ迷い込んだ(笑)のと同時に、この映画のストーリーを知って仰天しました。 映画の中で出てくる地球人は、完全にプレアデス星人がモデルで、たどり着く奇跡の惑星こそ、地球そのものです。アバターのポスターには、プレアデス星団が映っているようにも見えます。 WBが日本のアニメAKIRAを実写映画化するのも楽しみです。

他にも沢山あるのですが、こんな話をできる場所がなくてむずむずしてたので勝手に書かせて頂きました。

にほんブログ村 トラコミュ おもしろいサイトへ
おもしろいサイト


コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )




猫なべ
とんでナベに入る冬の・・・
↓こちらも・・オイシソウ!(笑)
動物「メニュー集」
にほんブログ村 トラコミュ おもしろいサイトへおもしろいサイト


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ