ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



日刊ゲンダイ(関西版) 2012年11月14日販売

冬眠前の森の熊@morinokuma3

ゲンダイが見事にドジョウの悪巧みをあばいてるな。解散強行で自分にたてつく70人以上の民主党議員を追い出して、残った議員の選挙に資金をつぎ込む。240人擁立で80人当選なら惨敗だが120人擁立で80人当選なら善戦だとか。やはり落選させなきゃだめだ。

斉羽@bianconoce

【首相、小沢氏潰し着々 輿石氏との「密約説」に激怒 年内解散で軍資金断つ!】 『国民の生活は二の次』 『小沢憎し』で解散時期を決める?  原発推進・消費増税・TPP参加で「自・公・民+維新・みんな」で大連合?  <

 

 

たむごんの白熊ニュース

総選挙12月4日公示、16日投開票 野田政権決定

野田佳彦首相は14日、衆院を16日に解散し、総選挙を実施することを決めた。14日夜、首相官邸で開かれた政府・民主三役会議で、選挙日程を12月4日公示、同16日投開票とすることも決定。衆院選は2009年8月以来となる。

野田首相は、14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に次期通常国会での議員定数削減と、それまでの議員歳費削減の確約を得られれば「16日に解散してもいいと思っている」と提案。これに対し自民党は14日夕に幹部会合を開き、受け入れる方針を決めた。石破茂幹事長は記者団に「わが党として首相の発言を誠実に受け止め、協力する方針を決定した。手法は今後話し合う」と述べた。 

公明党の山口那津男代表も同日夕の記者会見で「選挙制度の抜本改革は、解散後の次の通常国会で行うなら合意は可能だ。これから努力したい」と応じる考えを表明した。

gooニュース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« 【拡散希望】... GFLJ11/15:今... »
 
コメント
 
 
 
 (ごっくん)
2012-11-14 19:20:18
中国党大会が終わった直後の今回の解散発言に、なにか裏はありますかね?
銀河連邦フォーラムのトップページビデオ「バーシャル2008~」には、宇宙生命体とのコンタクトは2025年いこうとありますよね・・・
なにが本当なんですかね?
 
 
 
総選挙12月4日公示、16日投開票 野田政権決定 (flatheat)
2012-11-14 19:46:50
野田佳彦首相は14日、衆院を16日に解散し、総選挙を実施することを決めた。14日夜、首相官邸で開かれた政府・民主三役会議で、選挙日程を12月4日公示、同16日投開票とすることも決定。衆院選は2009年8月以来となる。

 野田首相は、14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に次期通常国会での議員定数削減と、それまでの議員歳費削減の確約を得られれば「16日に解散してもいいと思っている」と提案。これに対し自民党は14日夕に幹部会合を開き、受け入れる方針を決めた。石破茂幹事長は記者団に「わが党として首相の発言を誠実に受け止め、協力する方針を決定した。手法は今後話し合う」と述べた。

 公明党の山口那津男代表も同日夕の記者会見で「選挙制度の抜本改革は、解散後の次の通常国会で行うなら合意は可能だ。これから努力したい」と応じる考えを表明した。

gooニュース
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2012111407570.html
 
 
 
今回の解散劇とファーストコンタクト (flatheat)
2012-11-15 08:12:33
この解散表明は、裏側で自民・公明と画策した緊急の選挙対策です。目的は生活党と他の脱原発政党の提携をこれ以上進ませる前に選挙に入って、次期、自公民+維新+太陽α連合政権を実現することにあります。国民の対応としては、300小選挙で脱原発統一候補を擁立することを各政党の国会・地方議員事務所に要請することです。要請方法は以下をご参照ください。
・・・・・
この選挙で脱原発国民が勝つために出来ること、すべきこと、今の想い・・・(街カフェ11/15)
http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/11/post_e457.html
・・・・・
銀河連邦は、「古い政治システムに代わる新しいシステムが登場して、これまで権力のある地位に立つことのなかった新しい誠実なリーダーが国民を導くようになる」と伝えてきました。

公式ディスクロージャーとファースト・オープンコンタクトは、国民に選出された脱原発衆議院議員が構成する新しい日本政府の下で、再選されたオバマ大統領と連携して実現することになるでしょう。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。