ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



(機械翻訳による)

https://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=https%3A%2F%2Ftheunredacted.com%2Falternative-3-secret-space-program%2F&edit-text=

1977年、英国のAnglia TVは、世界を変えるほど巨大な話を明らかにした人気のサイエンス・レポート・ストランドの版を放送しました。

このエピソードは、オルタナティブ3と題され、トップの科学者たちの間で謎の失踪の捜査を開始しました。 それに続くのはセンセーショナルだった。

発見された科学者たちは、地球上で起こる生態学的大災害を予期して、火星の基盤を構築するために設計された秘密の秘密スペースプログラムに募集されました。

Anglia TVはすぐに警戒された視聴者からの呼び出しで砲撃されました。 警報は、オーソン・ウェルズの1938年の世界戦争のように、オルタナティブ3が実際にはかまらないという理由で、彼らに言われていたものではありませんでした。

ドキュメンタリースタイルで制作され、当初は4月1日に放送されることを意図していたこのプログラムは、賞を受賞した脚本家David Ambroseが書いた巧みなフィクションでした。

比較的曖昧ではあるが、オルタナティブ3は1977年に最初に放送されて以来、永続的なインパクトを与えてきた。多くの人は今、ショーで描写された架空の出来事が現実を反映していると信じている。

秘密宇宙ミッション、月と火星の拠点、さらには世界の宇宙船の宇宙飛行船についての何百もの陰謀理論に影響を与えています。

架空のオルタナティブ3は、記者とビデオテープをデコードし、1962年に火星への共同US / USSRミッションの映像を公開します。このような驚くべき概念には何か真実がありますか? 世界の超大国の宇宙計画は、一般に認められているよりもはるかに進んでいるのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO

Alternative 3: Secret Space Program Designed to Save the Elite From a Global Catastrophe?

https://www.youtube.com/watch?v=0Pl66ccBYvg

Transcript

Altanative3:Secret Space Program

https://theunredacted.com/alternative-3-secret-space-program/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




#11:00-

in 2010 on XO politics radio hosted by alfred lamber mont weber incredible revelations about planet Mars were disclosed
Mr. Andrew Basiago a Cambridge educated lawyer who practices law in Washington State and Miss Laura Eisenhower the great-granddaughter of the united states president dwight d Eisenhower boldly revealed astounding claims that a secret
Mars base funded by black budget military and intelligence sources has been established as a survival colony in the event that solar flares nuclear war or some other catastrophe ends human life on Earth on XO politics radio
Laura Eisenhower exposed a covert intelligence operation in 2006 to infiltrate her personal life and recruit her for a secret Mars colony project as well Andrew basiago revealed that twice in 1981 he was actually teleported from a CIA facility in California to a secret United States base on Mars

Mr. Basquiat go turn the cover-up of the Mars colony Mars gate and called for a congressional investigation of the United States presence on Mars is Eisenhower stated that alternative three the notion that trillions of dollars of
resources are being spent to protect human life by placing it on Mars should give way to alternative 4 a new public awakening to achieve a sustainable civilization on earth such claims sound like the wildest fiction worthy of an
ian fleming through a novel or double 07 movie but closer examination of these revelations suggest a more disturbing plausibility

In june of 1977 a documentary edition of science report was aired on anglia TV in Britain that
examined alternative three an investigation of rumors that scientists had determined that by the early years of the 21st century the earth surface would be unable to support life due to pollution leading to catastrophic
climate change it was proposed that there were three alternatives to assure humanity's survival alternative won the first involve the detonation of a nuclear bombs in the stratosphere
in order to allow the pollution to escape into space alternative to the second alternative was the construction of elaborate
underground bases alternative three the third alternative was to populate a survival colony on Mars

Shortly after this video was aired it was debunked as a hoax a clever dramatization parading as an investigative news report however this fiction was in part based on solid evidence that alternatives one
two and three were seriously proposed programs author lecturer and researcher Milton William Cooper served as a member of the office of naval security and intelligence
while on duty as a harbor and river patrol boat captain at Da Nang and the
doghouse River security group in Vietnam
William Cooper was awarded several medals for his combat leadership and
heroism in his book behold a pale horse Cooper reveals classified Defense Department files to
which he had access during his service with naval intelligence this briefing data confirmed the alternative three scenario a symposium was held in 1957 which was attended by some of the great scientific minds than
living they reached the conclusion that by our shortly after the year 2000 the planet would self-destruct due to increased population and man's exploitation of the environment by secret executive order of President Eisenhower mj-12 scholars were ordered to study this scenario and make recommendations from their findings
MJ-12 confirm the findings of the scientists and made three recommendations called alternatives one two and three on May 22nd 1962 a space probe landed on Mars and confirm the existence of an environment which could support life not long afterward the construction of a colony on the planet Mars began in earnest today's cities exist on Mars populated by specifically selected people from different cultures and occupations taken from all over the earth a public charade
of antagonism between the Soviet Union and the United States has been maintained over all these years in order to fund projects in the name of national defense when in fact we are the closest allies

curiously in 1957 the very same year mentioned in Cooper's classified military files that reference the alternative three symposium a walt disney television program entitled Mars and Beyond publicly stated today as we
face the serious problems of overpopulation and depletion of Natural Resources the possibility of Mars becoming a new frontier is of increasing importance in our plans for the future is there any substance to this alternative three urban legend in 1961 shortly after the discovery of the Van Allen radiation belt that surrounds our planet hollywood released voyage to the bottom of the sea a fantastic thriller where the Van Allen belt actually catches fire to save the planet from
roasting an atomic missile is launched into the belt extinguishing the blaze a solution curiously reminiscent of alternative one and today we see our skies lace with chem trails used for the alleged purpose of filtering solar radiation because of the depleted ozone layer could this be a modern variation of the alternative one objectives

In May nineteen ninety five former defense department engineer the late Phil Schneider revealed the black budget is a secret of budget that Garner's twenty-five percent of the gross national product of the United States
the black budget currently consumes one . 25 trillion dollars per year
at least this amount is used in black programs like those concerned with deep
underground military bases presently there are 129 deep underground military bases in the united states such
testimony in furs that alternative to is substantial and serious it's fairly well known that the Defense Department has been building underground facilities even since the days of the Cold War when threat of nuclear exchange
with the Soviet Union seemed a clear and present danger markings on the huge
boring machines clearly reveal their military utility according to the testimony of mr. basiago and his Eisenhower alternative 3 has already progressed far beyond the theory stage suggesting that fantastic advances in classified space transportation technologies have pushed this project into solid reality as well obviously preserving our human genome is
a worthy endeavor establishing colonies on Mars or other holes in space as insurance against unforeseen earth cataclysms or Wars seems a humane noble pursuit but it is such an admirable project convenient
cover for darker ambitions does a breakaway military industrial conglomerate entertain plans to occupy Mars and the rest of the solar system in a covert scheme to advance the territorial ambitions of a hidden
totalitarian order is a secret fraternity of privileged elitists engaged in refashioning humanity into a species of their own invention how ironic it would be to find we've launched the War of the Worlds scenario in Reverse with an aggressive army of human invaders from Earth descending upon the Martians.

The increasing frequency of natural disasters is making human survival on planet earth more tenuous
each year we see more earthquakes tsunamis solar flares severe storms and volcanic eruptions but are they man made in
retrospect it appears that Western civilization has been deliberately designed to self-destruct by the early years of the 21st century.


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




the glory days of NASA

today the military-industrial complex is

marching towards world dominance through

space technology on behalf of the glow

to find out how and why the space

program will

used to fight all future Wars on earth

and from space it's important to go back

in time to understand how the public has

been misled about the origins and true

purpose of the space program if we

really want to understand what's going

on in space today and what's happening

with the plan to put weapons in space I

think it's instructive to go back and

understand the origins of the u.s. space

program and to do that you have to go

back to Nazi Germany Hitler recruited a

brilliant young rocket scientist by the

name of Verner von Braun who had a

weekend rocket Club to come to work for

the Nazis to build the v and v rockets

they were used to terrorize the cities

of London and Paris and Brussels towards

the end of World War two and for von

Braun and his team they set up along the

Baltic Sea

a place called peenemuende there was a

research and development centre for the

Nazi rocket operation and to this place

at peenemunde a the Nazis brought

thousands of Jews and French resistance

fighters to serve as prisoners

essentially slaves to build this

production effort the British found out

about it went in and bombed the entire

operation and so the Nazis said we've

got to move to a more secure location

and down inside of central Germany

there's a mountain chain called the

hearts mountains and in that mountain

there's a huge tunnel where the Nazis

were storing military hardware

well they cleared the whole thing out

move the entire rocket operation into

the tunnel named it middle work and just

outside the mountain tunnel at middle

work the Nazis built a brand-new

concentration camp called Dora and to

Dora the Nazis brought , Jews

Gypsies French resistance fighters

homosexuals communists even a black

American GI were brought there to serve

as slaves for the operation

well inside the mountain tunnel the

slaves began to sabotage the operation

they left screws unturned they urinated

on the wires so that when von Braun and

his team were launching the rockets they

were going haywire so they sent their

team in to find out who was doing this

they identified  of the slaves and

summarily hung them in front of everyone

as a warning that you will not interfere

with this operation

well eventually the Allies even closed

in on this place too and on the day that

they did von Braun and his team fled for

the hills knowing that if they were

captured here they would be accused of

crimes against humanity one of the first

to arrive at this place was an  year

old American GI by the name of Hugh

Carey who later became governor of New

York State and he said when they arrived

what they discovered lying at their feet

was thousands and thousands and

thousands of dead bodies and come to

find out , of the , slaves at

this place perished at the hands of the

Nazis well you know immediately after

the war the US and the Allies created

the Nuremberg trials and which time we

brought the Nazis to justice for their

crimes against humanity but , of the

top Nazis never went to trial they were

smuggled into the United States by the

US military in under a program called

Operation Paperclip smuggled in through

Boston and West Palm Beach Florida

and Verner von Braun and his rocket team

 of them along with  copies of the

v rocket were sent to Huntsville

Alabama where von run became the first

director of NASA's Marshall Space Flight

Center what's interesting is the other

, Nazis who were they well some of

them were brought to the United States

to work for the CIA

others were brought to the United States

to do the LSD drug experiments and the

MKULTRA mind experiments during the

's where people were drunk jumping

out of windows some of the Nazi

scientists that in Germany had been

taking Jews and putting them in freezing

temperatures to see how the body would

react to that

were sent to wright-patterson Air Force

Base in Ohio and were put in charge of

the US military flight medicine program

and so when you take , of the top

Nazi scientists and essentially cede the

military-industrial complex

the question I have is do they bring

with them an ideological contamination

well not only did von Braun go to work

for NASA but the guy that was in charge

of the v flight test program up at

peenemunde a along the Baltic Sea guy

by the name of Kurt Debus became the

first director of the Kennedy Space

Center in Florida and then the man that

recruited von Braun Major General walter

dornberger the guy that was sent by

Hitler to recruit von Braun to come to

work for the Nazis he became

vice-president of Bell AeroSystems

Corporation in New York that made its

riches building the helicopters for the

war in Vietnam in fact when NASA was

created the US military freaked out

you're going to have a civilian space

program you can't do that the military

has to be in charge of space oh don't

worry don't worry the military was told

from the first day we're going to have a

NASA Oversight Committee that ensures

that the Pentagon control

the space program and Major General

walter dornberger the Nazi that

recruited von ronn was appointed to

that NASA Oversight Committee in fact in

 dornberger testified before the

United States Congress saying that

America's top space priority should be

to quote conquer occupy keep and

utilized space between the earth and the

moon and in fact later on in a speech

before a national missile industry

conference dornberger told the assembled

gentlemen I didn't come to this country

to lose the third world war I lost two

already and then finally the man that

was in charge of production and middle

work inside the mountain tunnel there in

Germany



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Arthur Rudolph he became the first

project director of the nasa saturn v

rocket program that took the united

states

so these are the essential origins of

the u.s. space program and so when we

hear this slogan master of space that is

on the building of the US Space Command

headquarters in Colorado Springs at

Peterson Air Force Base do we not find

an ideological similarity between master

of space and Hitler's slogan Deutschland

uber alles Germany overall but what were

the major implications of the space act

they simply said that we were to pursue

the development of activities in space

for the benefit of all mankind

well let's take a look at this US Space

Command what is it it's the command that

has been put in charge of controlling

space and it has just recently been

merged with the old Strategic Air

Command so now that the the space guys

if you will and the old bomber guys and

the missile guys are all part of the

same command and the Space Command put

out a planning document a few years ago

called vision for  on the cover of

it you see a satellite hitting targets

on the earth below let's take a look at

some of the language in this so-called

vision for  the Space Command says

that in the future because of corporate

globalization of the world economy they

expect that there's going to be a

widening gap between the haves and

have-nots between the rich and the poor

all over the world and as a result of

that the Pentagon predicts that there's

going to be more and more regional

instability around the world because

people that are under the boot of these

multinational corporations are going to

organize they're going to try to

organize unions they're going to

organize to get these corporations from

controlling their governments and the

Pentagon says you know we can't put a

marine on every single street corner of

the world to suppress these populations

but with space technology in place we'll

be able to see everything hear

everything

and essentially target everything in

every place on the earth and the vision

 says that space superiority will

emerge as an essential element of

battlefield success

future warfare vision for  also

talks about dominating space and

controlling space and they actually

define control of space they say control

of space is the ability to assure access

to space freedom of operations within

the space medium and I think most

importantly of all they say an ability

to deny others the use of space so here

we are % of the world's population

we're going to deny other countries the

use of space because we are going to be

the masters of space

if you take a look at the Space Command

website and you take a look at the plans

they have it's mind-boggling I mean they

are trying to put in motion plans which

in effect could allow some command post

in Colorado Springs Colorado mountains

to instantaneously attack any part of

the world without warning from space

platforms with either nuclear or other

high disruptive destructive weapons and

to chance they think to cut back on

forward basing and simply to hold the

whole world in thrall to instant

destruction with you know Mach and

hypersonic drones giving instant

surveillance of whether somebody's

crossing a street in some Australia or

something like that

well we now know that the Persian Gulf

War in the early s was actually the

first space war ever with us satellite

supremacy we were able to pre identify

all of Saddam Hussein's military targets

before the war ever began and in the

first two to three days of that war we

bombed over  percent of Saddam

Hussein's targets intentionally leaving

just a tiny sliver of capability in

place that we then played cat-and-mouse

with over the remaining weeks of the war

where we used a hundred cruise missiles

at a million dollars apiece tested out

new stealth bombers and new laser

weapons and so coming out of that war

the Space Command said my god whoever

controls space is going to control the

earth below whoever controls the space

will win all the wars on the earth and

so we now know that the Kosovo war the

war would Yugoslavia was actually the

second space war and the war with

Afghanistan was the third space war and

in that war with Afghanistan the United

States introduced a whole new weapon

system called the UAV the unmanned

aerial vehicle a pilotless plane that

flies over Africa

Stan sending back what is called

real-time split-second time streaming

video via satellite back to MacDill Air

Force Base in Tampa where general Tommy

Franks was sitting watching the

television screen is it Taliban is it al

Qaeda is it a wedding and in a moment he

could push the button and the UAV the

unmanned aerial vehicle which the

Pentagon has nicknamed the predator

could fire in real time could fire and

hit the target on the earth below all

done in split-second by satellite

technology and so the Pentagon calls

this increasing the kill shame and in

George Bush's new war with Iraq the

latest space war the Pentagon has tested

out a whole new military doctrine called

shock and awe so today with the United

States controlling space we are able to

absolutely win every war on the earth

there is no challenger on this earth

able to stand against us at the same

time the Bush administration is

introducing this program called national

missile defense the idea of having a

bullet hit a bullet in deep space in

order to protect the continental United

States from attack by the so-called

rogue states well I would submit to you

that this idea of national missile

defense is really a Trojan horse

that it has nothing to do at all with

defense but in fact it's about

controlling space dominating space and

denying other countries access to space

so the United States could be the master

of space and the master of the earth

below that we can control the

battlefields of the earth and it's not

beyond realisation I'm in the u.s. is

there's nobody else is there's no space

race the u.s. is in it alone no other

country is willing to put the huge

amount of

money into efforts to nominate by

extreme violence at the cost of lots of

social cost you know the American people

are being asked to turn over the

National Treasury to the Pentagon

because so-called missile defense will

literally cost us hundreds and hundreds

and hundreds of billions of dollars and

how will we pay for this through cuts in

education health care job programs

environmental cleanup this is the way

the Bush administration and their allies

their corporate allies their aerospace

allies who view space as a new market

this is how they intend to pay for these

programs but besides this idea of

national missile defense that they say

will protect us from attack by the rogue

states and from even China China who

today only has  nuclear missiles

capable of hitting the United States

besides national missile defense though

there's a whole new program underway and

it's called theater missile defense TMD

the idea of theater missile defense is

you don't wait until the missiles get

way up into deep space



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




you forward

deploy your systems and surround this

so-called defending rogue state and try

to hit their missiles immediately after

they're launched in what's known as its

boost phase and so today the United

States is moving to deploy theater

missile defense in the Middle East and

in the Asian Pacific region we're going

to put theater missile defense on Navy

ships each

destroyers that are made at Bath Iron

Works in the state of Maine and on these

Aegis destroyers they will be outfitted

with interceptor missiles that will be

deployed throughout the Asian Pacific

region in addition to the Aegis

destroyers the United States will also

deploy theater missile defense on trucks

ground-based launchers and also on the

airborne laser a converted Boeing

with a laser beam on it snows flying

hours a day seven days a week

over this so-called offending area now

when I started thinking about this China

has  nuclear missiles capable of

hitting the United States if you've been

to Walmart or k-mart anytime recently

you know we're China's very best

customer is China going to attack its

best customer knowing that we have

of our own nuclear weapons that we could

hit them back with it just doesn't make

sense but then I found an article in The

Washington Post a while back called for

the Pentagon Asia moving to the

forefront and the article says that we

are going to manage China the United

States is going to manage China the

article says that we're going to double

our military presence in the Asian

Pacific region in fact we are now

lengthening and widening the runways on

Guam and Wake Island in the Pacific to

handle the b- bombers and also we're

now pre positioning cruise missiles on

Guam and we are going to deploy theater

missile defense systems in Japan what we

now call our unsinkable aircraft carrier

where today we have , US troops

deployed and right next door to Japan

and South Korea where we have , US

troops deployed and where bush is now

heating up tensions between the United

States and North Korea we're going to

deploy theater missile defense in South

Korea which will only anger the North

Korean government even more making them

feel like we are closing in on them

and that they must respond by escalating

their own military hardware we're going

to deploy theater missile defense

miles off the coast of mainland China in

Taiwan which will make China feel like

they've got to respond and they've got

to go now and build more nuclear

missiles to meet this growing threat you

know after / I began to look at this

whole map of this Asian Pacific region a

lot differently previously I was just

looking at the coastal region along

China's coast where the United States is

talking about deploying these theater

missile defense systems but after / I

now look at China's inland mortar an

area that we now call Central Asia we

know a lot more about it today we know

that the United States has set up bases

now in this Central Asian region and

that as President Bush has said we're

going to be there a long long time

and so today we've set up bases in

Afghanistan in Uzbekistan and Tajikistan

and throughout this region and come to

find out we now know that this Central

Asian region has some of the largest

deposits of oil and natural gas in the

entire world lose Becca Stan has the

largest gold mine in the entire world

so clearly this response from / to go

to war with Afghanistan and to take over

Afghanistan I would submit to you is

part of a larger geopolitical strategy

now underway what gives me confidence in

saying that is that I recently read a

book by former national security adviser

to the Carter Administration a guy by

the name of is a big new Brzezinski and

the book is called the grand chessboard

and in that book Brzezinski has two very

important graphs one of those graphs

shows oil pipelines coming through

Afghanistan taking the oil into ports in

the Arabian Sea where US oil

corporations could then move it to Asian

Pacific markets that are expanding now

and demanding more oil in fact we found

out that in  the Unocal corporation

one of their vice presidents testified

before the Congress of the United States

imploring Congress to help put a more

compliant government into Afghanistan so

that Unocal could then get agreements to

build the oil pipelines through that

region and so in Brzezinski's book then

he lays out what he calls two key

collision points that if the united

states is going to control the oil and

control the markets in this emerging

asian pacific region the one collision

point is the coastal region along china

where today we're moving to

to deploy theater missile defense

systems and the other collision point is

in the Central Asian region where today

we are setting up bases since / to

supposedly go after terrorists in the

Space command's other planning document

of importance called the long-range plan

they lay out their final vision control

not only of the Middle East or the Asian

Pacific but control of literally the

entire earth with the new technologies

under way the successor to the shuttle

that is being worked on today for

example what they're calling the

military space plane it would fly down

from orbit drop an attack on the earth

and then go back up into space and also

the space-based laser what they're

calling the Death Star at the Pentagon

the industry magazine Aviation Week and

space technology recently reported on a

Space Command computer war game set in

the year

and in that computer war game it was the

u.s. against China



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




For those of you unaware of details from the Philadelphia Experiment; the brilliant minds involved; the aliens involved; a WW2 Project funded by the Navy yet a private project of Nikola Tesla, strap on your space-belts…you won’t believe the sensory explosion!  Following transcripts tell a phenomenal story THROUGH TIME that is thoroughly documented and hardly known.  Participants are allowed to talk because, ‘who would believe it?’

     Synthesized from many hours of interviews with the late Al Bielek are the following quotes.  Al Bielek began his life as Ed Cameron.  His story is too unbelievable to believe.  And yet, this little-known and unheralded man may have saved the world!  The quotes reveal an amazing account of history that is generally verified.

 

     We begin with the U.S. interest of developing a cloaking device; a means to render an entire Navy ship INVISIBLE during the Second World War…   

PhiladelphiaExperiment1Al Bielek (Ed Cameron):  ‘It was alien technology.  We simply didn’t have the theory but we had the technical expertise and capability to build the hardware to their specifications.  Our government has been working with aliens for years.’

‘Tesla was there.  After he retired from RCA, he was almost full-time on the Project.  He still had other projects…since he was the Director, all the ideas were his.’  Tesla slowly became disenchanted with the Project when he realized his ideas were not being used for the benefit of humanity.

     Tesla wanted a type of ‘Zero Point’ wristband for the sailors onboard the Eldridge to ground them during the Experiment.  Without the wristbands, they could be floating; lost in space and time or in total disorientation.  The government did not want to spend extra money on the wristbands.  Tesla left.

‘After Tesla left the Project, Dr. John von Neumann took over.’  [John von Neumann was a Hungarian-born American pure and applied mathematician.  He made major contributions in fields of mathematics, functional analysis, physics, quantum mechanics, economics (game-theory), computer sciences, self-replicating machines and statistics.  He was a principle member of the Manhattan Project].

      Ed Cameron was Von Neumann’s former student at Princeton.  Ed and his younger brother Duncan reported to the Institute for Advanced Studies in Princeton, N.J. in January of 1940 and soon were assigned to the Project.

[my duties] ‘…to keep tabs on the Project (Philadelphia Experiment, first known as Project Rainbow); understand the Project; contribute whatever help to the Project; write reports…January ‘40, they still had not had a successful (invisibility) test.  They had an aborted one in 1936 for invisibility that didn’t work which gave them some indication they were probably going in the right direction.’

[Von Neumann told them] ‘…brush up on quantum physics, which he helped to invent, you’re going to have to unlearn quite a bit of what you learned in the school.  You weren’t taught correctly about gravity; you weren’t taught correctly about Time and time-fields…’

‘He (Von Neumann) taught us what Time is and how you can manipulate Time.  He taught us correct views on gravity.  Einstein completed his Unified-Field Theory in 1938.  He originally had it completed in 1929 and gave a copy to Lord Russell in England to review.  Lord Russell said ‘the world is not ready for this’…perhaps the fact that you could use these equations for Time Travel.’

We used the equations of Einstein’s…what they were trying to do and eventually did do is produce a localized warp in the time-field which would surround the object you wanted to make invisibleenough to distort light waves and electro-magnetic waves and so forth to pass around the object or through the object…’

(First test was a success, Sept. 1940; which led to the major Project).  ‘…gave it a name, ‘Project Rainbow.’  OK, the Navy will fund the Project from now on…Roosevelt announced to Tesla: well, you made that ship invisible; now, we’ll give you a real ship to make invisible.  He ordered a battleship (USS Eldridge) into the Philadelphia Navy yard…this went on through December, 1940…Tesla had to decide how much power and what equipment to build…’

‘They sent us (Ed and Duncan) out to sea on the USS Pennsylvania…on December 5th (1941) we received orders, which were cut for our return to Pearl Harbor…we were about to board a plane in Alameda when we were stopped by a Navy Captain and took us to see Hal Bowen Senior.  And, he was the Director of Naval Engineering…he said gentlemen, your orders have been cancelled.  We have reason to believe the JAPANESE ARE GOING TO ATTACK PEARL HARBOR in the next 48 to 72 hours.  We don’t want you there; you’re too valuable to us…’

‘Of course, Pearl Harbor was bombed.  The Pennsylvania was not hit.  Roosevelt and Secretary of the Army, Marshall, knew all about it.  They set it up; to get us in the War on England’s side.  The entire fleet was ordered to turn up at Pearl Harbor.’

[October,1943 test later known as the Philadelphia Experiment] ‘…He (Captain Harrison) could not see where the water was…it looked like a Black Hole…is it really a hole?  What’s going on?’

‘The test crew on Eldridge was right around 30 in number; total…you could see the ship through a greenish haze.  But, you could not see it on radar, which is what they wanted.  Then, there was a blinding flash of (blue) light.  The ship disappeared!  The waterline disappeared; just plain bay water…with that, there was panic on the carrier.  They tried to raise it on radio and could not…about four hours later, the ship returns to the same spot from where it departed!’

‘(There was) pandemonium on the ship…They sent a boarding party out…first thing they see is two sailors buried with the steel deck, dying or dead.  They find two more…they were essentially dead…fifth man was still quite alive…he had his hand buried in the bulkhead…removed his hand and gave him an artificial hand later.  He was the only one of those five that lived…’

‘(Some) were fading in and out of visibility, disappearing and coming back like you see in so many science-fiction movies today with excellent special-effects.  This is what was actually going on on the Eldridge!’

‘(Sailors on deck) made noises, mumbling like they were totally insane.  Those below deck were alright with exception of one man…The fields could not penetrate that much steel (below deck).’

‘(There was) some superficial damage (to the ship); a bent railing.  There was no damage to the main structure of the ship…’

‘One (buried) in bulkhead was our younger brother, Jim.  At this point, Duncan panicked.  He headed for the railing, looked back at me like saying aren’t you coming along?  Well, I had gone over to brother, Jim; he was crying and conscious.  His head and shoulders were out of the steel…’

‘Duncan jumped overboard…and went back to the future.  He was not there when the ship returned to its normal space/time.  I was.  And, I made a report…I told them Duncan and I had been to the future in 1983 and all this and they (top brass) looked back at me with unbelieving stares…I told them Duncan jumped overboard, disappeared and went back to the future…that was the logical conclusion.’

[On Eldridge] ‘Those on deck seemed to be insane; some babbled about ETs.  I didn’t believe it.  I didn’t believe it until I saw the paperwork from Oscar Schneider (Phil’s father)…up to that point, I had not seen an extraterrestrial or seen them on the ship…it all occurred after…after we jumped overboard…the ETs came and went.’

‘There were those (sailors) who were FADING IN and OUT of VISIBILITY, literally doing a domain-change from this reality to another and back…some went to an alternate reality; some never came back.  And, many died within a year…’

‘In terms of 1943 time, it was about 4 HOURS (gone)…Elapsed time for the Eldridge being in hyperspace and time which Duncan and I spent in 1983, it was approximately 12 HOURS.  Time is not linear; it can be BENT.  (Al/Ed claims to have spent 6 weeks in 2137 and two years in 2749!…explored in Part 2).

‘Those guys were exposed to the magnetic fields for quite a long time and it was almost lethal.  Today, we know this sort of thing.  At the time, it was unknown.  ONLY TESLA SUSPECTED IT and suspected quite correctly what the problems might be.’

‘There were five others missing that also jumped overboard and disappeared.  Why Duncan and I survived?…Our survival was arranged by someone for a purpose.  The other guys were not supposed to jump…whoever was looking out for us was not looking out for them and they evaporated.’

[When the Camerons returned to the Eldridge]  ‘We saw sailors disoriented; let’s get out of here; we decided to jump…thought we could swim about a half mile to shore.  We both jumped and we could only see grey fog.  That’s when things got very strange.  There was no water.  We just kept falling, falling, falling…in a state of panic.  We came out of this into a brightly lit area like open sky and a cloudy-effect; moving through the sensation like we were FLYING.  Some higher Power was doing this for a reason, but we wound up in (the year) 2137!

PE_conspiracy

[The following interview of Al Bielek comes from Brad and Sherry Steiger’s great book ‘The Philadelphia Experiment & Other UFO Conspiracies.’  Brad and Sherry were kind enough to grant permission to print quotes, which primarily concern Nikola Tesla]:

     ‘He (Tesla) rejoined them in perhaps the late ‘30s.  Because of his close connection with FDR…Tesla had been called to Washington to do work for the government.  He was assigned to several projects, the principle one of which later resulted in the Philadelphia Experiment.’

     ‘One of Tesla’s projects was the so-called ‘Death Ray.’  Most people don’t know this but the machine was actually built by the U.S. Army in 1938-’39 and was tested in New Mexico…the ray truly worked.  It was so devastating and its effects so terrible that the government decided that it was too dangerous for anyone to control.  They destroyed the working model; they destroyed the records; they destroyed the plans.  The officers in charge said that they would rather see the thing destroyed than be put into possible use by an enemy.’

     ‘In 1940 Tesla proposed a similar system to the British, but in the form of a Particle Beam weapon system…actually an earlier development of his.  He was also turned down by them.’

     ‘There was another participant who is rather well known to UFOlogists because of his work with electro-statically controlled UFOs.  I refer to T. Townsend Brown, who was excellent at the nuts and bolts application of physics.’

     ‘Tesla was in charge of Project Rainbow at the time, and Von Neumann, a superior mathematician, seemed to be next in command.  In September of 1940, we applied coils and a generator to a mine sweeper and accomplished a successful transition into invisibility.’

     ‘It was now imperative that Project Rainbow produce successful results as soon as possible.  Tesla had designed special generators and coils and an elaborate radio frequency generating system.  Everything was built to endure powerful electro-magnetic and radio frequency fields.’

     ‘He (Tesla) became very concerned when he learned that the Experiment would now include a live crew.  He protested that the scientists had no true idea of what would happen to the personnel onboard the ship.  Everyone always talks about the genius of Tesla.  Without taking any of his genius away from him, it must be admitted that he was a very unusual person.  I am convinced that he had a definite extraterrestrial connection.’

     ‘An acquaintance who used to work with Tesla has said that he talked to ‘someone’ off-planet everyday.’

     ‘He (Tesla) insisted that the Navy give Project Rainbow more time…they told him to forget it.  There was a war on…in March, 1942; all the levers were pulled to place the test ship, a battleship, into invisibility…and nothing happened.  I remain convinced that Tesla sabotaged the Experiment…there was no way that he would risk that many human lives…he left the Project, and ten months later, on January 7, 1943, he was found dead in his hotel room in New York.’

     ‘We (Duncan and I) saw crewmen all around us going crazy; so we jumped off the ship.  But, instead of landing in the water of the Philadelphia harbor, we landed in the grass at the Montauk Army Base on Long Island, New York.  Dr. Von Neumann was waiting for us.  It is said that he died in 1957.  No way!  He was there in Montauk in ‘83.’

     ‘We had somehow been sucked into hyperspace and been pulled into the future…Well, a UFO (craft) was sucked along with us to Montauk – and it was dismantled there!’

     ‘The most important piece of equipment on the Eldridge was Tesla’s ‘ZERO TIME GENERATOR.’  This incredible device was created to lock into the basic Zero Time of our galaxy.  It provides a physical-cosmological lockup that must be in place before one can attempt any exotic experiments in teleportation, invisibility or whatever (through hyperspace).’

PE_ship

        http://www.youtube.com/watch?v=8Rlvm8SfYy8

See the Hollywood version; full movie available on YouTube that is shockingly close to true events where our fragile, electro-magnetic world was nearly torn apart!  Few understand how true the film is with characters of Von Neumann and Tesla if you look close.

In the wartime film made in 1984, David Herdeg and Jim Parker are stationed on a ship in an experiment to make it invisible to radar.  The experiment goes horribly wrong.  Herdeg and Parker are the only survivors [represented Ed and Duncan].  They both Time Travel, because of the experiment, and find themselves in the Nevada desert in the year 1984.

 —

PART 2 will cover the Montauk Project, the other 1983 end of the ‘Rainbow,’ and the real Future and far FUTURE!

 dugx@sbcglobal.net

Fantastic Philadelphia Experiment

PS  THE PHILADELPHIA EXPERIMENT LINKS

The Philadelphia Experiment was a naval military experiment alleged to have been carried out at the Philadelphia Naval Shipyard in Philadelphia, Pennsylvania, USA sometime around October 28, 1943. The U.S. Navy destroyer escort USS Eldridge was claimed to be rendered invisible (or “cloaked”) to enemy devices.
The U.S. Navy maintains that no such experiment was ever conducted, and details of the story contradict well-established facts about the Eldridge itself, as well as commonly accepted physics.



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




メデCityブログより転載)

シーズン3、エピソード7

デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド

http://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-inner-earth-into-the-hall-of-records.html 

DW: 『コズミック・ディスクロージャー』へようこそ。私は司会のデイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッドをお迎えしています。これから話すのはたいへん な情報ですね。これまでの話で、UFO信仰に関与してきた人達、まずゼカリア・シッチンはいわゆるイエス・キリストの預言啓示者のような存在としていまし たが実はアヌンナキの預言啓示者であったことを伝えてきました。アヌンナキとは地球で金を採掘した地球外生命体ですが、ギルガメシュ叙事詩にもある原始労働者アダムに関するストーリーは実際、創世記ノアの方舟の短縮版なのかもしれません。さぁ皆さん、これを絶対の真実として受け取ってください。

それで、シッチンが言っていた言葉の意味をあなたは自分で調べたとのことですね。自力で勉強したと。

CG: 調べました。

DW: どうでした?

CG: 3週間以上かけて。

DW: どうでしたか?

CG: 合致しなかったんです。ネットで学者たちが書いていた説明の方が意味が通るんです。そしてゴールド採掘の話など書いてありませんでした。

DW: 本当に?

CG: そんな話はなかったんです。

DW: わかりました。他にシッチンが言ってたこと– もう言ってしまいましょうか。シッチンの推測では、スーパー・アース(超地球)というものがあり、シュメールのタブレットではそれはティアマト (Tiamat)という名前で、それが破壊されて小惑星帯になった、とのことでしたね。

そしてあなたの話では、その女性祭司や他に同盟の人達から、太陽系で破壊された惑星からやってきた生存者による人間文明があったとのことでした。

CG: 破壊されたか、もしくは居住不可能にされたか。

DW: わかりました。さらに前回、シュメール語のくさび形文字で書かれたデータはきちんと翻訳すればきわめて正確なものだと女性祭司が言っていた、とも言いましたよね。

CG: ただ見て、きちんと読まず、こうあって欲しいという内容に変えてしまっていると。

DW: ティアマトですが。それが破壊され、ここに生存者が来たという惑星ですか? それは合ってますか?

CG: はい。インナー・アースの人達もそう言ってます。ある惑星、スーパー・アースが小惑星帯の辺りに存在していました。

DW: なるほど。

CG: そうですね、彼女と話していた内容にまた戻りましょう。

DW: どうぞ。どうぞ。

CG: 彼女は、何十億年も前の、とてもディープな内容について話し始めました。

DW: 何十億年、ですね。

CG: はい。その頃、ガーディアンズ(Guardians)という古代種族がいました。ずいぶん前に、私達の周波数域から出て行った存在です。彼女によると、これが秘密宇宙プログラムのいう古代ビルダー種族だということです。

彼女らのガーディアンの呼び方はとても難しくて言えないのですが、ガーディアン種族はきわめて進化したパワフルな種 族で、銀河のここら領域、この星団を護っていたそうです。そしてガーディアンの領域、スペースを侵そうと思うようなETグループは一切いなかった。彼らが この周波数域を出て行った後も、エネルギーのバリアを張って自分たちのゾーンを護っていたそうです。

一方でこの太陽系で生まれた、この太陽系の他の惑星にいたあるとても攻撃的で先進技術を持ったグループ達が、うっか りしたのか、兵器か何かでかなりの打撃を生じさせ、ある惑星を大規模破壊してしまった。そして、ガーディアンの保護フィールドもエネルギーレベルで壊して しまったんです。その最中に宇宙中に向けて信号を送ったため、ありとあらゆるET達がガーディアンのスペース内に押し寄せました。

DW: ドラコがやって来た時期については以前、スマートグラス・パッドの推定で確か37万5千年前だったと言ってましたね。だいたいそれ位だと書いてあったんですよね。

CG: 34~37万年前だと聞いています。

DW: 370000年前。なるほど。だと、一なるものの法則でスーパー・アースが破壊された時期と符合しますね。

CG: ええ。さらに50万年前、ドラコの前に他のグループもこの辺りに来ています。ドラコが初めてではない。

DW: なるほど。

CG: そして、彼女らのいう遺伝子ファーマー(栽培)グループが来始めました。このグループがやって来て、他の惑星の生き残り達を避難民として地球に移住させま した。これが原因となり、この太陽系のここ、私達の地球上でありとあらゆる大規模な問題が生じ始めたのです。この壮大規模にわたる遺伝子その他の実験、す べての始まりはこれです。そしてこの実験は単に遺伝子に限りません。霊的(スピリチュアル)な実験でもあります。

彼らは、ありとあらゆる実験をしているのです。

DW: では、この保護のための隔離が解かれた途端、大規模な移住が可能となったんですね。

CG: そうです。

DW: そして皆、移民をもてあそび、操作し、いじくり回して実験を行ったと。ではスーパー・フェデレーション(Super Federation )の面々の中にはこんな昔にここに来た者もいるんですか?

CG: はい。

DW: それで、その大実験というのは。この時すべてが開始したんですね?

CG: はい。インナー・アースの人達はそう言ってます。

DW: これであらゆる事が繋がります。とても興味深いですね。

CG: スマートグラス・パッド上の情報もいろいろと繋がりました。ですが、これも地表の人達を騙してきた、と認めている人達からの情報です。このインナー・アー スの人達は自らをETや神と名乗ってきたわけですから。ですから私は批判的見解をキープしていましたが、それでも多くの事が符合し、あらゆる情報が繋がっ てゆき、もう驚くばかりでした。

そして彼女が言ったんです、ガーディアンズが戻ってきて以来、すべてが変わった。と。

DW: どういうことですか?

CG: 彼らはスフィア・ビーイング・アライアンス(Sphere Being Alliance)をガーディアンズと呼んでいるんです。彼らがガーディアンズと言っているのは、スフィア・ビーイング・アライアンスの事です。

DW: これもまた、大きな展開ですね。

CG: 彼女らはずっとマインドを介してガーディアンズに話しかけてきたのですが、ガーディアンズが交信に応えてくれず、その理由を知りたがっていました。理由を– 彼女らがガーディアンズにお目にかかりたい、その理由を。

DW: 彼女らが? どういう意味かわかりません

CG: インナー・アースの人達はガーディアンズにお目にかかりたかったんです。

DW: ですよね? なぜ拒否されたのか知りたかった。

CG: ええまぁ、どうして相手にしてくれないのかを。認めてもくれないと。

DW: ええ、それは心痛いですね。

CG: 他のET達も同様で、秘密宇宙プログラムや秘密地球政府も同じでした。

DW: そこに現れたのが、ハリーポッターの言葉で言うところの「穢れた混血児」で、この男性だけがガーディアンズと話を通すことが出来る、と。

CG: そう。それで私は彼女に、スフィア・ビーイング・アライアンスが言っていたことを伝えました。ここにはポジティブなETもたくさんいるが、彼らにも底意が あるので自己奉仕の部分も数パーセントあると言っていましたよと。彼女はそれを受け入れず、そう言うなら、ガーディアンズも自己奉仕になりませんか? と言いました。それで私はどう意味ですか?と。

彼女いはく、ガーディアンズにも底意があってここにいる。彼らにも底意はあると。

DW: 一なるものの法則では、私達がインターネットにアクセスするように彼らはロゴスに直接アクセスできる。そしてその意志に従っているとあります。

CG: 私は彼女の言うことに答えられませんでした。それで、どんな底意がある? と尋ねました。すると彼女は言いました。

高周波の彼らも存在(being)です– 彼らには、その下の周波数域に控えている私達と未解決のままの繋がりがあり、それで彼らはソース(源)に戻ってゆけないんです。私達は彼らが戻ろうとする のをパラシュートのように後ろから抑えている。だから彼らが前進するためには、ここに戻ってきて私達の成長に手を貸さなければいけないのです。だから彼ら にも底意はあります。

DW: 一なるものの法則に、地球上の人間が一人残らず4次密度に移行するまでチャネリングをしているグループは6次密度から7次密度に行けない、と伝えていま す。大ピラミッドを建てるという過ちをおかしたためです。彼らはピラミッドがアセンションのツールとなると考えたのです。ところが宗教とピラミッドを繋い だことでエリート達がこれを取り込み、イルミナティと呼ばれるものに変えてしまったと。

CG: それで、これについて彼女にどう答えたらいいか私には分かりませんでした。

DW: 次回は私を地下に連れて行ってくれたらいいよ。彼らさえよければ、私から説明してあげるから。

CG: 他にもいくつか話題にあがりました。私には理解できなかったんです。運命のカルマについて話したんですが、彼女らはカルマを完全には受け入れていないと。それが、私には矛盾しているように思えて。

DW: カルマの働きを認めてないんですか?

CG: そうです。

DW: 本当に?

CG: それで、その話になりました。だって、カルマを理解出来ないなんてどうしてでしょう? いまこうしている間だって、生きていればカルマが見えてくるはずです。

DW: 一なるものの法則で言うと、インナー・アースの人達は3次密度というより4次密度的な印象ですね。

CG: 彼らは4次密度の存在だと言っています。

DW: なるほど。一なるものの法則で言うと、3次密度のカルマは4次密度よりも100倍強力で苦痛だということですね。4次密度ではカルマの結果が返ってくるま でずいぶん余裕がある。私達の現実ではジョン・レノンも言った通り、カルマは即座に返ってきます。インナー・アースの人達はそんな目に遭っていないのか も。かなり興味深いですね

CG: ええ。それで私達は会話を終え、立ち上がって出て行こうとしました。すると彼女はこの図書館エリアの次の階を見せたい、と。それで二人で下の階まで歩いて 行きました。下の階は巨大なフロアで、あの卵形の椅子が並んでいて、大勢の人たちが座っていました。後ろにリクライニングしている人もいれば、輪になって 座っている人達もいました。

DW: みな合わせて百人単位で?

CG: 大勢です。

DW: なるほど。何百人もいたと

CG: ええ。大勢いました。

DW: 騒がしかったですか? みな話していました?

CG: いえ。まったく無音でした。

DW: そうなんですか?

CG: 私達は部屋の片隅から真中を通って、もう片方の部屋の隅まで歩いてゆきました。

DW: 仕切りはまったくなかったのでしょうか、それとも小部屋になっていましたか?

CG: 仕切りはありませんでした。

DW: そうなんですか? 巨大な部屋でみな座っていて–

CG: ええ。

DW: そうですか。ほう。

CG: 彼女が言いました– 私達はテレパシーでコミュニケートしています。接続しているんです。口頭で話しているのではありません。と。そこにいる人達はみな、 そこに座って地表の人間がマインドを介して話しかけてくるのを待っているか、もしくはこちらから地表の人間に話しかけているか、いま人間と実際に話してい るところだと言いました。

DW: つまりチャネリングのことですね。

CG: ええ。

DW: うわー。

CG: テレパシーによる交信です。もう一つ別のエリアがあり、そこでは人々が座っていました。図書館の記録ホールからの情報を皆で共に見ながらテレパシー・コン ファレンス(テレパシー会議)をしている、もしくはくつろいだ状態で情報を見て話しあっていると彼女は言っていました。

DW: 以前この番組でざっと触れたことがあるんですが、あなたのパート1からのレポートを読んだ人なら覚えているでしょう、ゴンザレスがインナー・アース評議会 に短いスピーチをした時、彼らが一斉にゴンザレスを責め始めましたね。その時に言ってましたよね、彼らはテレパシーを使って地表のコンタクト相手の人間達 に敢えて偽情報を渡すつもりだと言っていたと。人間側はインナー・アースからこうやって情報を得ているというのに、彼らはガーディアンズから強要されて情報を明け渡している、ということで。

CG: ええ。彼らのコンタクト相手の中には彼らに疑問を抱き始めている人が大勢出てきた、と言っていました。彼らは地上に行く、とも言っていました。そのコンタ クト相手の人々と段階的にコミュニケーションをとる、彼らは特別なのだと伝えると言っていました。他に詐欺同然のコミュニケーションを受け取っていた人達 もいました。私達がそれを暴露したので、彼らとしては快くは思っていなかったんです。

彼らのやっているプログラムは、人類がある程度のプログラミングを霊的に克服するために不可欠だというのが彼らの考えです。彼らにとって戦略として必要なことなんです。

DW: つまり運営上のセキュリティですね、それならカバルと変わりありません。カバルは自分達の秘密を守りたいがために偽情報を植え付けているんですから。ほ う。ネットを通じてあなたの情報をフォローしている人達は、私とあなたがこの件についていつも週末になるとメールをやり取りしていることもご存知でしょう。

私達は決して名前を挙げたりはしませんが、あなたが番組上で私に話したことをすべて取り込んでチャネリングとして伝えているらしい人(チャネラー)が毎週出てきます。そして時にその情報を大きく変え、すべてをアレンジし直して自分達のストーリーに混ぜ込もうとしてい る。どうも毎週、そういうチャネラーが出てくるみたいです。

それで、そういう人達は、一部だけかもしれませんが、実際にインナー・アースからの影響を受けてそういうストーリーを作り上げてるんでしょうか?偽情報を使って真実を曇らせようとしているって言われました?

CG: ええ。私はすべてのチャネリングが汚染されている、と言うつもりはありません、ですが圧倒的に大多数は干渉行為であり、地下グループと繋がっている人々は自分の事を特別だと思っていて、霊的な力・能力についても自信過剰になっています。

DW: まぁそれに–

CG: それにこの地下の存在達、彼らは自分達のことを何者と装い、霊的な情報をたくさんもたらしていることか。自分達が地下にいるので、私達が地下に彼らを探しに行かないようにしているんです。

DW: それで、地下グループは地表の人達に何を伝えているんですか? 地表の人達に話しているなら、必ずしも真実の情報を伝えているとは限りませんね。

CG: 彼らはアセンディド・マスターやあらゆる星系からのETとして人々にアプローチしています。人々の信念体系で宗教的アイコンを名乗る時もあります、そうしてポジティブな情報を渡すのです。

人間を傷つけるようなネガティヴな情報を与えてはいません。彼らから見て、私達のネガティブな遺伝子や環境的プログ ラミングと思えるものを人々が克服し、より良いものとなるよう彼らはサポートしている。そうやって離れたところから遠隔という形で社会を変えていこうとし ています。遠隔で影響を与えているんです。

DW: 彼らにはホログラフィーの幻姿を作り出す力はありますか? 彼ら自身の姿や、彼らがこう投影させたいと思うような姿を作り出したりします?

CG: 彼らは人のマインド内にそういうものすべて生じさせることができます。

DW: なるほど。本でありますね。アセンディド・マスターを見たという。直接会ったとか姿が現れた、と言ってますから、確かに彼らにはそのような技術があるのでしょう。

CD: ええ。多くの場合、双方が貢献し合っているからそのような経験が成り立つのです。通信の相手の星系や宗教アイコンは、(地表の)人々からの提供内容です。双方向コミュニケーションなんです。ですから、地表の人々もこの幻想の一端を担っているのです。

DW: ではインナー・アースの連中は、人類に霊性の種を植えている感覚なんですね。

CG: 遠隔でね。

DW: 良い面と悪い面があるけれど、私達の攻撃性を減少させ、惑星の振動を上げるため、すべてはこの究極の目標のためということで良い面の方が勝っているということですね。

CG: ええ、それから運営上のセキュリティを守るため、彼らの文化を守り、私達から攻撃されないようにするためでもあり。

DW: なるほど。

CG: それで。最後のフロア、記録のホール(the Hall of Records)を除いては報告すべきことは以上です。記録のホールは、とても重要なことが関係してきます。

DW: すばらしい。さっそくお聞きしましょう。

CG: 一番下の階に降りて行ったのですが、私達は中に入れませんでした。とても明るくなっていました。

DW: 中に入れないとは、どういうことですか? バリアが張ってあったのですか?

CG: 中に入れなかったんです。ずっと下まで完全なドームになっていて。平らになっているところが一切ありません。全体がドームになっていて、ガラスはないけれど窓のように中を見通すことはできました。ただ、何らかのフィールドが張ってありましたが。

DW: それで、ドームのフロアはあなたの立っている場所より低くなっていたのですか?

CG: いえ。一番下の階で、ドームは高いところにあって私達は上ってゆきました。ですがとても熱くて中には入れませんでした。無菌室のようになっていて、完全に 調節されていました。人は出入りできなくなっていました。部屋にはクリスタルが一つありました、クリスタルの洞窟にあったのとそっくりのものです。

DW: あなたが11歳の頃に話をしたという、あのクリスタルの洞窟?

CG: そう。

DW: ほう。

CG: 彼らはそのクリスタルを育てるためにその状態においていたんです。

DW: 育てる?

CG: ええ。

DW: へえ。

CG: 上の階にいた人達も、テレパシーでこのクリスタルが持っている情報に繋がっていました。

DW: すごいことではないですか? その人達がどんな情報をクリスタルから得ているのか、彼女から聞きました? そのクリスタルにはどんな情報があるのか、彼女は話しましたか?

CG: いえ。

DW: あぁ。

CG: いえ。彼女はクリスタルを私に見せ、チェンバーの中でクリスタルを育てているところだと。彼らはクリスタルから情報を引き出しているのだと言ってました。 それで、私の(クリスタル洞窟の)経験を分かち合うことがなぜそこまで重要なのかがわかり、そしてその経験がそこのすべての人達にシェアされるというのも 理解できました。

DW: もう一つ面白いことに、ラプトールって– ヴァージンと宝を護る龍のアーキタイプ(元型)なんですね。卑劣で鳥のようなレプティリアンはドラゴン(龍)、宝はクリスタル。あなたは偶然中に入り、宝を見た。彼らが欲しかったのはただこれだけなんですね。

私達、混血人種の側から彼らに提供できるものがあるとすれば、あなたのクリスタル洞窟での経験しかない、と言われたって言ってましたよね。このクリスタルはドラゴンが守っていて、彼らは近づけないから、って。

CG: ゴンザレスは、それは違うと言ってました。彼らは私達を必要としている、でないと私達にアプローチはしてくるはずがないって。

DW: 彼らからはガーディアンズに話せないんだから、彼らが助けを必要としているのは明らかですよね。

CG: この後はもう簡単に終わりました。他の人々がそれぞれの領域から戻ってくるので、私達はもう一度戻って浄化の儀式をせねばならないと彼女に言われました。この時は前よりも随分恥ずかしい思いをしました。

DW: 前よりも随分恥ずかしかった?

CG: かなり恥ずかしかったです。一人一人が– 今回は水の中に複数の人達がいて、その人達に浄化されたんです。

DW: そうなんですか?

CG: ええ。水の中に入って台に乗り、浄化をされたんです。

DW: TSA(運輸保安局)のチェックポイントみたいですね。

CG: そう。それで私は–

DW: 服を着ていないというところが違いますが。

CG: ええ。私は衣服を脱ぎ、台に上がり、浄化を受けて、そこから下りて身体を拭き、元着てきた服を着ました。

DW: 最初から最後まで儀式的なプロセスだったんですか? なるほど、わかりました。はい。

CG: 服を着てそこから出て女性祭司のところに行きました。彼女は部屋の真ん中から6~9メートル離れたところに私を連れて行きました。互いに別れを告げ、私が部屋の真ん中に歩いて行くと閃光が現れ、私は自宅のリビングに戻っていました。

DW: へええ。

CG: インナー・アースにいた間、時間拡張効果もありました。

DW: 行った時間から戻ってきた時まで、時間は経過していなかったということ?

CG: 長時間行っていたのに、です。

DW: この先どうなると思います? この女性祭司やインナー・アースの人達との初めてのミーティング以来、彼らとテレパシーや何らかの形でコンタクトはありましたか?

CG: 私は、この情報についてかなりの時間をかけて考えてきました。この時の情報の多くを検証するためインターネットで調べていました。特に古代シュメール語や ゼカリア・シッチンのことはかなり調べました。こういった情報で、ネット上で検証できることはほとんどありません、それでも検証できるものがあれば確かめ たかったんです。それ以外は、ただ– 驚いてぼーっとして、何度も何度も考えました。この経験は私を変えた。人生が変わってしまうような経験だったんです。

DW: それと、オフカメラの時に言ってましたよね — それとも番組録画中だったかな? 思い出せませんが– この時以来、直感的なことが前よりずっと頻繁に起こり続けているって。

CG: ええ。一緒にいる人達の感情がわかったり、何を考えているか、何を感じているかが感じられるんです。それも強力にね。これは女性祭司とマインド融合で繋がったために強くなったもので時間が経てばなくなるものなのか、それとも新たな変化が起きたのか。わかりません。

DW: へぇ。それもすごいですね。

CG: えぇ。

DW: まだまだこの先もお伝えすることはありますよ。実際にこれまでの内容を見返し、話題にしてきたことをすべて見直したんですが、『コズミック・ディスクロージャー』で放映する内容はまだまだたくさんあります。私は司会のディヴィッド・ウィルコック、ご視聴ありがとう。

翻訳:Rieko

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




宇宙NEWS LETTERより転載)

 アメリカ軍産学複合体が秘かに進めてきたとされるタイムトラベル/火星テレポーテーション計画、“プロジェク ト・ペガサス”―。このSFもぶっ飛ぶような信じがたい極秘計画は、ある内部告発者によって暴露された。驚くことに青年時代のオバマ大統領は、テレポー テーション要員だったというのだ。あまりにも壮大で信じがたく、全米を当惑させた驚愕プロジェクトの真相は何だったのか―。

全米を驚愕させた奇想天外な内部告発

「現役大統領バラク・オバマは、20歳前後の学生時代、DARPA(国防高等研究計画局)とCIA の極秘タイムトラベル/テレポーテーション計画、“プロジェクト・ペガサス”の実験要員に密かに選抜され、火星上に建設されたアメリカの秘密基地に2度以 上、テレポートした! 同プロジェクトに関わった複数の元要員が国家陰謀の〈内部告発者〉として名乗り出て、〈火星で若き日のオバマに会い、話も交わし た〉と暴露証言している―」
 今年の正月早々、季節外れのエイプリル・フールのような、奇想天外過ぎるニュースが流れて、アメリカ中を沸かせた。インターネット上では昨年の夏頃から 話題になっていたトンデモ話のネタで、当初は黙殺しようとしていたホワイトハウスも、マスコミにつつかれて当惑し、1月10日、国家安全保障会議のスポー クスマン、トミー・ヴィーター氏が、ジョークに紛らせながら、“大統領の火星旅行”を真っ向から否定するマスコミ向けの公式声明を発表した。
「オバマ大統領は、絶対に火星になど行ってません。『火星人マーヴィン』がお気に入りでよく見ていることが、火星旅行を意味するわけではないとすればの話ですが…」

 しかし、メディアをさらに唖然とさせたのは、このトンデモ体験告白に踏み切った内部告発者たちの中心的存在が、ただの変人ではなく、複数の一流大学で複数の学位を修め、在学中から環境生態学者として多数の論文を発表し、現在は環境保護の弁護士として活 動する、社会的信用も高い知識人だったことだ。
 その人物の名はアンドルー・バシアゴ。今年50歳。社会的地位も高い知識人のバシアゴが、己の地位と名誉を台無しにしかねない危険を恐れずに、声を大にして内部告発する理由はただ一つ。
「アメリカの政府・軍・情報機関・軍需産業・軍事科学者が一体となった、いわゆる軍産学複合体は、宇宙と人類の歴史に関する真実の情報を徹底的に隠蔽し、自国民はもちろん、世界中の人民を完全に騙している!!」
 もっと具体的には―
「アメリカはすでに1960~70年代に、極秘のタイムトラベル実験に成功した」
「アメリカは同じ技術を転用して、月や火星に瞬間移動できるテレポーテーション実験にもすでに成功済みだ」
「アメリカはこのタイムトラベル/テレポーテーション技術を駆使して、すでに火星上に秘密基地を建設している」
「火星には生命が存在し、地球生物に似た高等生物もいる。また、レプティリアン型文明人がいて、今も地下都市に大挙居住している」

 バシアゴをはじめとする内部告発者たちは、自分たちが“生身で見聞きした”という実体験を直接証拠に、「アポロ宇宙船やスペースシャトル、国際宇宙ステーションなどは、世界を騙す見せかけの宇宙開発計画に過ぎない」と口を揃える。
 あまりにも一般常識からかけ離れて見える、にわかには信じがたい体験告白だが、はたして彼らの主張はどこまで真実なのか? あるいはひょっとして、全てが新手の謀略情報工作の一環なのか? そこに真実のかけらがあるのか、一つ一つ追ってみよう―。

                   *

 一枚のピンボケ気味の古いモノクロ写真がある。写真のちょうど中央には、髪の毛が現代風に長めの、どことなく場違いな感じの少年が写っている。ぽつねんと両手をポケットに突っ込んだまま、左の方に視線を向けている。
 少年の向こうには長いスカートの女性が佇み、銃や軍旗を巻いた旗竿らしいものを抱えた兵士たちが整列し、さらにその向こう、画面いちばん奥の右から左ま でいっぱいに、沢山の群衆が何重にも立っていて、どうやら演壇とおぼしきものを取り囲んでいるようだ。
 これはいったい何の場面の写真なのか? 米国のCIAとDARPA(国防高等研究計画局)の極秘タイムトラベル/テレポーテーション計画“プロジェク ト・ペガサス”の中心的内部告発者バシアコ弁護士によれば、画面中央の少年こそ、「11歳のアンドルー・バシアゴ少年が、1863年へとタイムトラベルし た時の姿」なのだという。
 それもリンカーン大統領が奴隷解放を旗印に戦った南北戦争さ中の1893年11月19日、同大統領が行った後世名演説として有名になる、あのゲティス バーグ演説の現場を見届ける任務を与えられ、直前の時間帯をターゲットに、1972年のアメリカから時空トラベル装置で送り込まれたというのだ。

 バシアゴ弁護士によれば、自分が写り込んだこの写真を古雑誌の中に発見したのは2003年のことで、全くの偶然だったという。リンカーンを待ち構えていた自分が、まさか誰かに写真を撮られたとは思ってもいなかったので、ひどく驚いたという。
 この軍と情報機関の時空トラベル実験は、トップシークレットだから、たとえ関連する映像データは存在するとしても、故意のリーク以外には外部に漏れるこ とは絶対にありえない。1863年の時点では、写真技術が発明されてから30年以上経っていて、ネガポジ式も開発されていたから、おそらく当時の新聞記者 が何枚か撮影した中の1枚だった可能性が最も高い。

 バシアゴの証言によると、1972年のゲティスバーグ行き時空トラベルの出発地点は、ニュージャージー州イーストハノーバーのとある軍事科学施設内の時空実験室(後年“ジャンプルーム”と呼ばれるようになる)だった。
 詳細は明らかにしていないが、バシアゴが“量子置換”法と呼ぶ時空トラベル方式による時空移動の体験は、ひどく激烈なものだったという。バシアゴのフェ イスブックから、該当部分をそのまま引用すると―「私は、量子密閉高圧空間のコハク色の深淵内で枝分かれする一連のワームホールの中を、猛烈な勢いでなだ れ落ち続けた。途中で私の靴はもぎ取られ、私はほとんど方向感覚を失って、異常な興奮状態に陥ったまま、ゲティスバーグ北西の道路際に突然ポンと飛び出し た…」
 なお、バシアゴはあの写真の中で立っていた数分後、「自分を過去に送り込んだ“プラズマ密閉室”の“量子場効果”が切れて、気がついたら“ジャンプルーム”に戻っていた」と説明している。

 バシアゴ弁護士の主張するところでは、2008年にまずインターネット上でカミングアウトしてマ スコミの注目を浴び、内部告発に踏み切ったDARPAとCIA共同の極秘時空トラベル計画“プロジェクト・ペガサス”では、実は1968年までにすでに数 通りの時空トラベル方法が実験段階に達していたという。
 バシアゴがカミングアウトするまでの約10年間、その下準備としてペガサス計画について調べられるだけ調べたところでは、全ての時空トラベル技術開発の原点は、天才発明家ニコラ・テスラの最晩年の時空研究に遡ったという。
 テスラは米海軍極秘の軍艦不可視化計画「フィラデルフィア実験」に協力したが、実験当年の1943年1月、ニューヨーカーホテルで孤独死した。直後に国防総省とFBIが部屋から貴重な研究実験データを洗いざらい持ち去ったとされている。

 バシアゴは、“量子置換”法をはじめとした“テスラ技術”に基づく様々な時空トラベルの方法に関する技術を、総合的に“ジャンプルーム・テクノロジー”と名づけている。
 同じペガサス計画だが、別進行の“仮想時空トラベル”方式とでも呼ぶべき“時間透視機探査プログラム”も実施され、1970年代初頭に一応の成果を見た という。一方では1960年代後半、ペガサス計画は密かに選抜した年少の子どもたちを過去に送り込んで情報収集に当たらせる実験をスタートさせていた。
 バシアゴがそうとは知らぬまま、この計画に初めて参加させられたのは、1967年。
 当時まだわずか6歳の時で、後述するように父親の仕事関係の縁で選ばれたようだ。

 ここでDARPA(国防高等研究計画局)について説明すると、これは形式上は国防総省に属する が、他の部局からは完全に独立していて、CIA同様、合衆国大統領に直に報告義務を課された直轄機関である。インターネットの軍事用原型やGPS(全地球 測位システム)を開発したことで知られるように、もっぱら最先端テクノロジーに基づく軍事用新技術の研究開発を行う専門組織だ。開発アイディアは全て一般 公募のため、全研究目的が公開される建前なので、極秘研究などはないとされているが、バシアゴに言わせれば、職員数も含めてそれはあくまでも表向きに過ぎ ない。
 当初は軍事用目的で開発されたインターネットの原型がそうだったように、実際にはその裏でたくさんの秘密プロジェクトが進行しているという。ペガサス計画もその一つに過ぎなかったのだ。

“ペガサス計画実験要員”を担ったのは少年少女だった

 6歳のアンドルー・バシアゴがその計画に初めて徴用された1967年当時、父親のレイモンド・ F・バシアゴは、政府契約企業で土木建設業界の最大手、ラルフ・M・パーソンズ社の上級プロジェクトエンジニアで、しかもテスラ応用技術に関するパーソン ズ社とCIAとの主任技術連絡員だったという。
 その日、父親のレイモンドは幼いアンドルーを車に乗せて、ニュージャージー州ウッドリッジのカーティスライト飛行機エンジン社の製造施設に連れていった。
 バシアゴ父子は第68号棟に入った。そこには、とても奇妙な形状の装置があった。高さ約2.5メートルのバーレン(丸かっこ)形で、外側に湾曲した金属柱が2本、3メートルの間隔で向かい合っていた。実は、これこそが時空トラベルの入口だった。
 父子はその奇妙な装置の手前に立った。操作系の技術者がスイッチを入れると、2本の柱の間にまばゆい放電のカーテンが出現し、まるできらめく光の瀑布のようにゆらめいた。
 次の瞬間、父親はアンドルーの手を引っ張ると、2人でその光のカーテンめがけて飛び込んだ―。
 すると、目の前に光のトンネルがあった。このあと出口まで数秒かかって通り抜ける間、周囲で他の人々や出来事が、ものすごいスピードでめまぐるしく現れ たり消えたりするのが見えたという。トンネルを抜け出た次の瞬間、出口は背後で閉じて消え、2人は見知らぬ丘陵の中腹に立っていた。当時は幼いアンドルー は知る由もなかったが、後日、その場所はニューメキシコ州サンタフェの州議会議事堂のすぐ近くと分かったという。
 これがペガサス計画におけるバシアゴの最初の時空トラベル体験となる。ただしこの時点では、場所から場所へ空間移動(つまりテレポート)しただけなのか、それとも過去か未来かに時間も移動(タイムトラベル)したのかは、幼いバシアゴは知らなかった。

 バシアゴ自身の証言によれば、自分に課された任務をはっきりと自覚してペガサス計画に積極的に参加するようになったのは、1970年の夏、8歳から9歳になる頃だった。
 当時は他にも実験要員に選抜された同じ年頃の少年少女が多数いて、バシアゴは彼らとチームを組まされて、国防総省がバックアップする高等学習プログラム を受けることになる。チームの各メンバーは、実験と訓練を兼ねて、カーティスライト・テレポートからニューメキシコ州サンタフェまで、定期的に時空トラベ ル体験を積まされた。
 サンタフェは、同じ州内にひしめく多数の国防総省関連施設、たとえばロスアラモス国立研究所、ホロマン空軍基地、サンディア国立研究所などへの連絡地点 として好都合だったのだ。サンタフェからの帰りの旅には、いつもサンディア研究所内のジャンプルーム、“サンディア・テレポート”が使われたという。

 しかし、初期の時空トラベル実験には色々な問題点があり、悲惨な事故もしばしば発生した。あるケース では、少年が目的地に到着する際、体の一部がほんの一瞬だけ遅れたために、両足がちぎれてしまった。子どもが時空トラベルの最中に失踪したきり、帰ってこ なかったケースも何件かあったと、バシアゴは回想する。
「あらためて振り返ると、成人してからテレポートスパイ活動に携わるために必要な訓練だったとはいえ、我々は皆、哀れな実験用モルモットに過ぎなかった」
 バシアゴは2009年11月、超常現象テーマ中心の人気ラジオトーク番組「コースト・トゥ・コースト」での長時間インタビューで、そう述懐している。

 初期のペガサス計画のような危険と不可測性に満ちた実験プロジェクトで、当事者のCIAやDARPAがなぜ子どもたちを被験者に選んだのか、5つの理由が推測できるとバシアゴは言う。
 ?国防総省としては、時空トラベル体験が子どもに及ぼす精神的・肉体的影響をテストしたかった。
 ?別進行の時間透視機探査プログラムでも、成人が中に立つと形成されたホログラムが崩れるので、子どもがどうしても必要だった。
 ?子どもの心は未経験の白紙状態なので、成人が見落とすものも見落とさない。
 ?子どもの訓練生が成人すれば、表向きのNASAの宇宙計画と同時進行するDARPAの裏の時空計画に適応しやすい。
 ?異なる時間線移動が原因で、成人は時に精神異常をきたすこともあるが、幼少期から訓練された成人は、時空トラベルの精神障害に対処できる優秀な時空トラベル要員になれる。
 カーティスライト・テレポートの時空トラベル装置は、テレポートだけでなく、限定的ながらタイムトラベルも可能だった。バシアゴによれば、“ダイアル”の調整次第で過去・未来いずれの方向へも、2年前後のタイムトラベルができたという。
 ペガサス計画では色々なタイプの時空トラベル手段が研究開発されていた。その中には伝統的なタイムマシン方式もあった。1972年の夏、バシアゴが連れ ていかれたのは、ニューメキシコ州セリロスの旧レクリエーション施設内のバスケットボールコートに設置されていた、いかにもタイムマシンといった風情の機 械装置だった。
 ただし、時間線を自由に行き来できるわけではなく、このマシンは近未来の2045年を定置点として、そこまで飛んでは帰ってくる方式のようだった。

“スターゲイト”と命名されたそのマシンは、巨大な金敷台のような形状をした金属構造物で、底面近くに開いた出入口から青い光が出ていた。一段高いその出入口には、短い金属タラップが床面から出ていたという。
 バシアゴたち時間飛行士たちは、それぞれの視点から入手した未来70年間の情報を携えて、1972年に帰還した。バシアゴが見た2045年の世界は、も しそれまでにあったとしても、大災厄の痕跡は少しもない平和で静穏な、高度に進歩した社会だったという。
 ちなみに大ヒットしたSF映画「スターゲイト」とそのテレビシリーズのタイトルもアイデアも、「けっして偶然ではなく、おそらくペガサス計画からのリーク情報がヒントになったに違いない」とバシアゴは断言している―。

保存

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




宇宙NEWS LETTERより転載)

ハシアゴが火星テレポートで見たもの

 1972年以後、中学・高校・大学時代を通して8年間、アンドルー・バシアゴはペガサス計画と は無縁になり、一般の子弟と同様の学生生活を送ることになる。だが1980年早々、当時カリフォルニア州チャッツワースに住んでUCLA(カリフォルニア 大ロサンゼルス校)に通っていた19歳のバシアゴに、突然コートニー・ハントと名乗るCIAのベテラン工作員が踏み込んできた。ハントの目的は、ペガサス 計画の次のステップとして、バシアゴに火星テレポート実験を承諾させることだった。
 結局、バシアゴはその年の夏、同州北部のシャスタ山麓にある小さな2年制短大シスキュー・カレッジで、3年間の“火星トレーニング研修講座”を受けることになる。
  これは、火星環境の実状と対応の仕方を学ぶテレポート要員の訓練セミナーで、研修生はバシアゴを含めて10代半ばから19歳までの男女学生10人。講師は 米陸軍の科学技術インテリジェンス(諜報)将校で、当時は軍事機密だった遠隔透視(リモート・ビューイング)研究のパイオニアとされるエドワード・デーム ズ少佐だった。

 バシアゴの証言によれば、この選抜された10人中7人まで、親がCIAと密接な繋がりがあり、バ シアゴの父レイモンドも含めて、親たちもみな火星セミナーを聴講したという。そして後年バシアゴは知るのだが、同じ研修クラスに若き日のバラク・オバマが いたのだ。ただしオバマ青年は事情があって、当時は“バリー・ソエトロ”と名乗っていた。
 デームズ少佐は、講義の中で、恐ろしい真実を包み隠さず打ち明けたという。
「我々がこれまでに火星へ送った兵士や科学者・技術者は9万7000人に上るが、そのうち5年後まで生き残れたのは、わずか7000人だけというのが実状だ」

 少佐はさらに、火星には知能のある人間型生物もいることが分かっているが、当面一番厄介な問題 は、地表に棲息する様々な肉食動物の餌食にならないよういかに対処するかだ。種類によっては逃げられるが、出会ったら最後で相手を倒せなければ殺されるだ けという凶暴な猛獣もいる、と詳しく教えた。
 予想される危険な事態に備えて、バシアゴは火星に出立する直前、CIAのハントから個人的に追加トレーニングを受けたという。

 研修の最後にハシアゴたちはデームズ少佐から、今回の火星テレポート計画の持つ意義をこう教えられた―。
「我々の目的はまず第1に、地球を宇宙の脅威から防御する防衛体制を確立することにある。また第2には、君たち民間人を火星へ送り込むことによって、アメ リカが火星における領土主権を主張する法的基盤を確立することだ。そしてこれらの目標が達成されたあかつきには、人類が大挙して火星を訪れるようになる未 来への展望がある。
 君たちに課された使命は、火星のヒューマノイドと生き物たちを君たちの存在に順応させることだ。君たちの仕事は見られることで、食べられることではない」

 こうして火星セミナーの研修を終えた10人の若者は、1981年から83年にかけて、ロサンゼルス国際空港に隣接するカリフォルニア州エルセグントのヒューズ航空機社ビル内の“ジャンプルーム”から、それぞれ個々に何回か、火星へテレポートすることになる。

 バシアゴが昨年9月20日付で出した声明によれば、この火星トレーニング研修と火星テレポート体験を終えてしばらくしてから、何らかの心理的ブロックをかけられたらしく、当時の記憶は今でも曖昧で、部分的にしか回復していないという。
 バシアゴがもうひとつ記憶にとどめているのは、1981年から83年の間に、火星のジャンプルーム付近で、研修生仲間だったバリー・ソエトロことバラ ク・オバマ・ジュニアに出会ったことだ。その時バシアゴは何度目かの火星訪問中で、ジャンプルーム施設の丸天井の下で壁によりかかって座っていたが、そこ へ火星の平原地帯から帰還したらしいオバマ青年が、ジャンプルームに近寄ってきて、目の前を通りすぎようとした。
 その時、バシアゴと視線が合い、相手に気がついた。オバマは思い入れを込めてこう言ったそうだ。「お互い、遠くに来たもんだな!」
 ちなみに旧姓バリー・ソエトロは、火星セミナーの翌1981年、母親アンの再離婚を機に以前のバラク・オバマ・ジュニアに戻り、名門コロンビア大学に転 学。さらにハーバード大ロースクールを卒業して、順調に大統領への道を歩み始めたことが分かっている。

 それにしても、SFも裸足で逃げだしそうな、あまりにも奇想天外なバシアゴの体験告白を、我々 はどう評価すればいいのか。変人の妄想と片づけるのはたやすいが、それにしてはバシアゴ当人の経歴は、オバマのそれと比べても遜色ないほど、立派な知識 人、教養人であることを裏付けている。それだけの知性の持ち主が、自分の地位と名誉を賭けてまで、虚言、妄言を弄して世間を騙すことに血道を上げるとは、 到底考えられない。
 2008年にカミングアウトして以来、あまりに過激な主張をほかの軍産学複合体内部告発者たちからさえ白い目で見られながら、孤独な闘いを続けてきたバシアゴに、最近やっと心強い味方が現れた。
 1980年の火星セミナーに参加した10人の若者の一人、最年少のウィリアム・ブレッド・スティリングス(44歳)が「バシアゴの証言は全て真実だ」と名乗り出たのだ。
 スティリングスはバージニア州生まれで、ロッキード社とNASA―JPL(ジェット推進研究所)の分析官を務めた元海軍情報部員の父トーマスに、幼年期 からインテリジェンス社会で育てられたという。最近まで海軍軍人として、生物学応用技術の仕事をしていた。
 昨年8月、スティリングスはバシアゴと感激の再会を果たし、お互いの記憶が細部まで合致することをあらためて確認したという。
「あのクラスにはたしかに、ソエトロと名乗っていたオバマがいた。火星にジャンプした時もオバマに再会したよ。火星基地ではCIAのハントにも出会ったのを覚えている」

 さらにもう一人、バシアゴやスティリングスとは無関係だが、2006年から翌年にかけて、 CIA工作員らしき男から“火星秘密植民地”行き地球脱出計画に是非参加してほしいと、執拗に勧誘された女性がいる。ローラ・マグダーリン・アイゼンハ ワー。今年38歳。名前から分かるように、アイゼンハワー第34代合衆国大統領の曾孫に当たる。彼女はニューエイジ系の神秘主義芸術家で自然環境保護論者 でもある。
 曾祖父は、1961年の大統領離任演説で、軍産複合体の陰謀支配の危険性を警告したことでも有名だ。曾祖父の理想を受け継ぎ、軍産複合体の支配と陰謀に 反対するローラを選んで、CIAが陰謀計画へ加担の誘いをかけた意図は分からないが、単なる偶然ではないことは確かだろう。

火星基地の真相を暴露する“関係者”たち

 「火星には生命が存在する。基地も複数存在している。私自身も火星にテレポートされ、知性のある火星文明人と会談した!」
  2009年7月25日、スペイン・バルセロナで開催された「ヨーロッパ宇宙政治学サミット」の公開席上で、“リヴァモアの物理学者”とだけ肩書を紹介され たヘンリー・ディーコン氏は、淡々とした口調で静かに打ち明けた。だが、出席者の誰もが、本名はアーサー・ノイマンとすでに知っていた。カリフォルニアの LLNL(ローレンス・リヴァモア国立研究所)の元所長で、かつては国防総省やNASAの重要なプロジェクトにも関わっ
たれっきとした物理学者だったからだ。 国家陰謀の内部告発者として2006年にカミングアウトして以来、自ら顔を曝して逃げも隠れもしないのに、ヘン リー・ディーコンの仮名を使ってきたのは、ここから先は国家の安全保障を直接侵害するという限度―言い換えれば、己を危険な立場に追い込まない限度すれす れをよくわきまえているからだという。

 LLNLは2009年、世界最大のレーザー核融合施設を完成させたと発表したが、ディーコンことノイマンの主張によれば、実はこのレーザー核融合技術の開発段階で、部外秘に相当するとんでもない事態が発生したという。
 ごくごく微細な一点に超々高エネルギーの配列レーザービームの集中砲火を浴びせて、核融合反応を発生させた途端、“時空の織り目”に亀裂を生じさせてし まったのだ。「時空連続体に亀裂が走るとどうして問題なのかというと、それが大きかろうが小さかろうが、割れ目は割れ目だから、そこに入ってほしくない 色々なものが入り込んでくるんだ。信じられないだろうが、生き物も入ってくるし、何かのエネルギーも入ってくるし、“ありとあらゆる気味の悪いもの”が 入ってくるんだ。
 そういった時空の亀裂はあらゆる厄介な問題の原因になるから、リヴァモアの科学者連中はET(異星人)たちの助けも借りて、総出で修復しようと必死にな る。連中はこっちの目的が何なのか、ちゃんと分かっているに違いない。ただし、いつもうまくいくとは限らないけどね」

 ノイマンの主張によれば、フィラデルフィア実験にせよペガサス計画にせよ、どんな時空をいじく る極秘計画にせよ、結果的に時空トンネルを作って瞬間移動するという真実に変わりはないという。「そしてここ数十年の間に、軍産学複合体は様々な実験プロ ジェクトを実行して、とうとう“スターゲイト”テクノロジーを産み出した―時空連続体に潜在するポータル(出入口)をこじ開けて、時間と空間を瞬間移動す る手段をね」

 ノイマンの指摘によれば、そうしたポータルの一つが地球と火星を永久的にリンクする“スターゲ イト”となって、軍産学複合体が見えないところでこっそりと、沢山の基地を火星上に建設し、科学者たちがこの両惑星の間を日常的にしょっちゅう行ったり来 たり、テレポートするようになっているというのだ。実際にノイマン自身が、まだリヴァモア研究所で現役だった頃、火星基地の一つにテレポートして、1時間 予定の会議に出席したが、そこには火星の地下都市で生活する高度文明の火星人類代表も参加していたそうだ。
 ノイマンはさらに、火星の秘密基地について意味深なことを打ち明けた。
「火星にはスターゲイトを通して資材を送り込むのはもちろんだが、代替手段として宇宙艦隊が物資を大量に運搬供給して建設された、広大な全自動化基地も一つ存在している」
 それ以上は詳しく話そうとはしなかったが、アメリカは陸海空・海兵隊の正規4軍のほかに、実は極秘の“宇宙軍”をすでにこっそり地球や火星近傍の宇宙空間に配備しているのかもしれない。

  その可能性を全く別の角度から裏付けたのが、イギリスのコンピューター・ハッカー、ゲーリー・マッキノン(47歳)だ。マッキノンは2001年~2002 年当時、権力側に隠蔽されるUFOやフリーエネルギーの重要情報を暴き出す目的で、アメリカの国防総省やNASAのコンピューターに侵入した。
 修正前と修正後のUFO写真ファイルや、北半球を覆うほどの巨大円盤母船の画像などを探り当てたが、いちばんショックを受けたのは、見慣れない名前が並 ぶ“非地球出身士官リスト”とか、海軍艦船名簿には存在しない艦名の船から船への転任命令書などを発見したことだ。しかも、どの艦名もUFO史上重要な役 割を果たした将官クラスの名前ばかりな上、海軍艦船ならUSS(合衆国船)と頭につくはずが、USSSと記されていた。
 どう見ても“合衆国宇宙船”の頭文字としか考えられなかった。
 マッキノンの発見は、近未来の“宇宙戦争”に備えて、軍産学複合体が秘かに超法規的に編成した“宇宙軍”の存在を裏付けるものかもしれない。
 米国防総省がマッキノンを法廷に引きずり出そうと今も躍起なのは、そのへんに理由がありそうだ。

保存

保存

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




宇宙NEWS LETTERより転載)

 

陰謀説と宇宙のスターゲイト

 

 アンドルー・D・バシアゴ弁護士は、2008年に『火星生命の発見』を発表し、軍産学複合体の陰謀 と支配のいわゆる“内部告発者”としてカミングアウトした。以来、これまで紹介したような奇想天外な体験告白を発表したおかげで、同じ内部告発者でも、か なり浮いた存在になっている。一つには、軍産学複合体の内部告発者は通常、元々政府や軍や情報機関で働くうちに告発しなければならない秘密を知ってしまっ た人たちだが、バシアゴは少年時代と大学生時代に、強制的に時空トラベル実験プロジェクトの被験者にされただけで、軍産学複合体の組織内では全く仕事をし たことがないからだろう。
 火星テレポート実験の終了後に強力な心理ブロックをかけられたせいか、ペガサス計画の被験者だったことは中年になるまで記憶から全く消えていたが、世紀が変わった頃から被験者だった記憶が少しずつ甦ってきたらしい。

 

  バシアゴの“ペガサス体験”と“火星体験”に関する記憶で、これまで思い出した分を、全面的に肯定し支持する最高の理解者は、宇宙政治学者アルフレッド・ L・ウィーバー博士だ。1942年生まれのウィーバーの経歴も、バシアゴに劣らず教養豊かな知識人であることを証明している。名門イェール大学出身で、国 際法で博士号を取得。国際的な宇宙法の基盤となった有名な宇宙条約(宇宙憲章)の共同起草者となる。以来、作家、法律家、未来学者、平和運動家、そして宇 宙兵器禁止条約の推進運動家など幅広く活躍している。 そのウィーバーが現在最も重点を置いている活動が「宇宙政治学」なのだ。
 宇宙政治学とは、地球外文明が昔から地球を訪れている証拠はすでに出そろっているが、アメリカと主要諸国の政府機関と軍部の双方によって、その証拠が隠蔽され続けてきた、との大前提の上に成立する学問研究の新分野である。

 

 彼の宇宙政治学的信念は、「宇宙は生命に溢れている」というもので、人類以上の文明レベルに到達した知的生命体が無数に存在する。大多数の異星人は物 質・精神共に高い文明レベルに達していて、平和で理想的な“宇宙社会”を構成し、超高度の時空トラベル技術を自在に駆使し、宇宙中を自由に往来していると 確信している。
 だが、軍産学複合体はそのような宇宙の真実を知りつつ、UFO由来の宇宙技術やフリーエネルギー技術を隠し、自分たちの利益独占のみに利用している―。
 ウィーバーにとっては、バシアゴの仰天するような内部告発の主張こそ、自らの宇宙政治学の主旨にぴったり合うように思えるのだろう。

 

 もう一人の宇宙政治学のパイオニアが、オーストラリア生まれのマイケル・サーラ博士だ。メルボ ルン大学で哲学の修士号を、クィーンズランド大学で政治学の博士号を取り、2004年までアメリカン大学で教鞭を執ってから独立し、ハワイにUFO/ET 問題専門の宇宙政治学研究所を設立。以後はここを拠点に活動範囲を世界に広げている。
 サーラの宇宙政治学的信念はウィーバーとは大前提は同じだが、対照的だ。どれほど高度な文明レベルに達しようが、肉体を脱ぎ捨てられない生物である限り、地球外知的生物の思考と行動は地球人類と変わらない、とするのだ。
 異星人も人間と全く同じで、“いい奴”もいれば“悪い奴”もいる。地球社会を裏で支配する軍産学複合体と、秘かに何らかの密約を結んだり、結託して行動する異星人がいてもけっしておかしくない―。
 したがってサーラの考えでは、人類に接触してくる地球外知的生命体に対しては、相手の真意が判明するまでは常に警戒を怠らず、人間行動学・軍事学と宇宙政治学的分析に基づく外交戦略と情報戦略をもって対処すべきとするのだ。
 当然ながら、バシアゴを無条件に支持する同僚のウィーバーに対しては、学者の理性をどこへ放棄したのかと厳しく批判する。

 

 そこでサーラはこう結論する―。
「2人とも自分ではそれと気づかないうちに、マインドコントロールの餌食となり、何らかの陰謀計画に加担させられているのではないか?
 彼らが課された任務は、火星の秘密プロジェクトについてちょっぴり真実を暴露することだが、ただ、その発表の仕方があまりにバカバカしいので、そのような主張を真剣に研究したいと思っている人々に、かえってそっぽを向かせる結果になる―」

 

「これは古典的な心理戦術の一つであり、真実は皆の目に曝されながらかえって隠れてしまい、何が起こっているのか真剣に調査しようという気持ちを躊躇わせてしまうのだ。
 バシアゴはペガサス計画の被験者の時代に、ウィーバーは多分エール大学時代(当時、“松明と鉤爪”という秘密結社のメンバーだったと本人も認める)、あ るいは市民活動家の時代に、さりげなく洗脳されてしまった可能性がある。とりわけバシアゴの場合、ほかの内部告発者がそうすることで結果的に職を失うこと が多いのに、現在もなおワシントン州で堂々と弁護士業を営んでいられるのは、実は軍産学複合体の陰謀の一端をそれと知らずに担っているからだ。バシアゴは 純粋な内部告発者ではなく、見せかけの内部告発者、というのが私の結論である」

 

 バシアゴの正体に関するサーラ博士の鋭い指摘には、非常に納得できるところがある。
 しかし、それでも博士の言う通り、バシアゴの主張の核心的な部分だけは真実に違いないようだ。それは何なのか?
 ほかの多くの火星テレポート体験者の内部告発とも共通する核心部分は、タイムトラベル/テレポーテーション技術から誕生した“時空瞬間移動装置”だ。現 実問題として、すでに多くの宇宙科学者たちが、“天然スターゲイト”は実在すると考えている。時空連続体に、極端に強力な電磁場とプラズマによって形成さ れる通称“ワームホール”(プラズマトンネル)だ。ワームホールは空間と空間を短絡するメカニズムだから、宇宙と宇宙の間、次元と次元の間、パラレルワー ルドとパラレルワールドの間にも想定することが可能だ。
 これに理論物理学者たちの“量子宇宙多世界解釈”(エヴェレット/ホィーラー説)、“量子宇宙多歴史解釈”(ファインマン説)を組み合わせれば、理論上 はあらゆる枝分かれした時間線世界を“親殺しのパラドックス”も心配することなく、過去へも未来へも時空トラベルできることになる。

 

 また、ハワイ在住の異端の天才物理学者ナシーム・ハラメインは、宇宙のあらゆる恒星(太陽)の 中心に時空特異点(事象の地平線)が存在し、地球外または超次元の宇宙文明が、それを“スターゲイト”として利用している可能性を指摘する。最近、太陽近 傍で出現している超巨大物体―UFOは、この太陽スターゲイトを介して異星や異次元、異宇宙から飛来している、とハラメインは主張している。

 

 宇宙政治学者サーラ博士が断じたように、アンドルー・バシアゴ弁護士は、やはり“見せかけの内部 告発者”なのか? 疑惑に包まれたまま、バシアゴは今年もテレビやインターネットのYou tubeに自ら進んで出演して、アメリカの“極秘火星進出計 画”の明白な証拠という“秘密基地”“秘密植民地”の米議会調査の一刻も早い実行を要請している。バシアゴはまた、国防総省とNASAが火星進出という “厳然たる事実”を隠蔽しようとしている不誠実な態度を非難し、ウォーターゲート事件になぞらえて、“マーズゲート”と命名した。
 一方、火星の秘密植民地行きを勧誘されたローラ・アイゼンハワーも、しばしばバシアゴと一緒に、あるいは単独で各種のメディアに登場し、「この“第3の 選択”に投じる数兆ドルもの無駄金を、人民の新たな目覚め、環境に優しく自然と共存する新地球文明の建設という“第4の選択”に使ってほしい」と懇願し た。

 

 そして、バシアゴ弁護士とローラ・アイゼンハワーは、2010年3月、地球外の惑星への人類のプレゼンス(植民と定住)について、次のような声明を発表した。
「地球は過去、幾多の災厄に見舞われ続けてきた。だから我々はほかの天体にも人間の植民地を建設して、ヒトゲノムを守らなければならない。とはいえ、その ような計画が秘密のベールに包まれると、政府が個人の自由意思を奪い取り、人類の全未来に影響を与える問題の討議から人間自身を閉め出し、惑星の運命を変 えかねないので、我々は自由の民の良心にかけて、そのような計画はけっして軍産学複合体の暗い通路ではなく、公民の精査という明るい陽光の下で進められる ことを要求する」

 

 はたしてアンドルー・バシアゴは、どこまで真実を語っているのか? 公には、NASAの火星へ の有人宇宙探査は、これから準備と様々な段階を経て、実現するのは20~30年先ということが米国政府からも発表されているが、バシアゴら内部告発者が語 るように、すでに時空トラベル技術によって、火星へのルートが開かれ、多くの人間が火星に進出し、基地も存在しているのだとしたら、表向きの旧来のロケッ ト技術による莫大な予算をかけた宇宙開発計画は、何のためにあるのだろう。
 NASAとペンタゴンのコンピューターに侵入したゲーリー・マッキノンが確認したように、アメリカ軍は、すでに“宇宙艦隊”というにふさわしい火星へも 往復可能な宇宙船も、秘密裡に所有しているのかもしれない。これは表向きの宇宙開発にも対応したものだが、もう一方では地球―火星間の“スターゲイト”を 通じて直接、人間や物資を送り込んで、着実にプレゼンスを広げる。一見、矛盾するようだが、そういう二面作戦が行われているのではないか。
 また、多くの内部告発者が、火星に存在するという地球人類とは別の存在について言及している。これに関しても多くの人は、下手なSFのように思えて、に わかには信じられないだろう。私なりにこれまで研究したところでは、火星の現在の環境は、通常言われているよりずっと地球のそれに近く、そこには古代のそ れを含めて人工構造物や地下都市のようなものが存在していることを既に確信している。

 “マーズゲート”の真相は明らかになるのか、それとも、これまで通り当局とメディアの徹底した 無視によって、うやむやのまま過ぎていくのか。すでに確認したように、これらの中に、見過ごせない事実、真実が存在している。その中には、現行科学のパラ ダイムをはるかに超えるとてつもない発見、事象がある。時空トラベル/テレポーテーション技術一つをとっても、そこから全く未知の世界と次元が見えてく る。
 そのテクノロジーとは、機械装置による人工的な一種のアセンション(次元転移、次元移動)だ。一部の人間が極秘にそういうテクノロジーを独占し、勝手に用いているのだとしたら、これも非常に危険なことで、人類全体に対する背信行為といっていい。
 少なくとも、その事実は必ず暴露され、公開されなければならない。
“マーズゲート”の向こうに、驚くべき宇宙の真相と真実が垣間見えている。
 火星に関しても、そして太陽に関しても。そのことが公のニュースで報道される日も、そう遠い先のことではないだろう―。

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グラウンディングをしてハイアーセルフとつながる際に六角柱クリスタルを四隅に置いて結界を張ると良いそうです。ネットショップを探してみましたが、品切れだったり高額である店が多いようです。どなたかお薦めの商品をご存知でしたらお知らせください。
画像:Atlantean Crystals

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




Kindle 2 Electronic Book Reader ($299)
現存するなかで、おそらくベストな電子書籍リーダー。
1. 6インチのeInkスクリーン。
2. WhisperNetサービスで無料インターネット接続と60秒での書籍ダウンロードに対応。
3. 豊富な書籍コンテンツ。他のどの電子書籍ストアとは異なり、新刊書もそろえる。
4. ePubサポートはナシ。PDFは変換サービスを経由して使用可能。
5. 簡易な操作性。
6. Kindle for iPhoneにより、購入した電子書籍をiPhone/iPod Toubhcで読める。

Kindle 2の全機能についてはAmazonサイトをチェックするべし。
関連ポスト(英語):Kindle 2のレビュー

kany bookshelf
参照
Kindleをひと足早く体験!日本語版の登場はいつ?

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




東京のマンションから伊豆の山荘に移って先ず考えたのが「自然との共生」だった。エアコンを使わないと決めたのは良かったが・・さすがに冬は冷えこむ。ハロゲンヒーターを使ってきたが電気消費量が大きくて去年は何度もブレーカーが落ちた。何か別の暖房器具を入れようと探していて目に入ったのがサンルームだった。遠赤外線なら量販電気店にもあるが・・もう少し調べてみることにしよう。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




こんな商品は売れるだろうか?
画像:のーん
普段着るデザインとしてはアダムスキーが会った金星人の服がいいと思うが・・
狩塊-KARIKATAMARI-

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




A4 TECH Game Mouse X-718JP-1

A4 TECH Game Mouse X-718JP-1

販売価格¥2,728

アキバ系ゲーマーに大人気!アキバの専門ショップでしか買えなかった商品が新登場!1クリックで3連射できる“3XFire Button”を搭載。ウィンドウのアイコンをダブルクリックする動作もワンタッチ。解像度が2000/1600/1200/800/600dpiの5…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ

にほんブログ村 トラコミュ 卸値直売へ
卸値直売


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ