Creator's Roomの倉庫

Creator's Roomの倉庫です。

ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題、FBIが捜査再開 大統領選に打撃

2016-10-29 | 国際

FBI、クリントン氏の捜査再開 新たなメール「発見」

米連邦捜査局(FBI)は28日、民主党大統領候補のクリントン氏(69)が国務長官時代に私用メールアドレスを使っていた問題で、新たなメールが見つかったとして、捜査を再開したことを明らかにした。

投票日が11日後に迫るなか、大統領選で優勢のクリントン氏にとって、打撃となる可能性もある。

FBIのコミー長官は同日、米議会あてに送った書簡で、捜査チームが新たに「捜査に関連すると見られるメールを見つけた」と報告。

「FBIが適切な捜査を行うことに合意した」として、捜査を再開したことを明らかにした。

ただ、捜査にかかる時間や、致命的な内容が含まれている可能性があるのかなどについては現段階で不明としている。

(朝日新聞デジタル 2016年10月29日 10時41分)

クリントン氏「FBIは事実公表を」 捜査再開受け

クリントン氏は遊説先のアイオワ州デモインで記者会見し、「選挙まであと11日しかなく、投票もすでに始まっている。

FBIがすぐに、関係する事実を公表すべきだ」と求めた。

「捜査の結論は変わらないと自信を持っている」とも述べた。

クリントン氏によると、FBIからは連絡を受けておらず、捜査の状況は分からないという。

側近の別れた夫に関する捜査が、新たなメールが浮上するきっかけになったとの報道については「聞いているが、何を信じていいかわからない。

だからこそ、FBIが情報を公開すべきだ」と話した。(デモイン=中井大助)

ハフィントン・ポスト  2016年10月29日 17時12分 JST

/////////////////////////////////////////////////////////////

ほぼ独走状態に入りつつあったヒラリー氏ですが、投票日まで11日後に迫った本日、FBIがメール問題で再捜査を決定しました。

既にこういった状況だったのですが、オクトーバー・サプライズになるかもしれません。

米大統領選ヒラリー氏勝利「確実」で早くも払い戻し アイルランドのブックメーカー AFP

ヒラリー陣営はFBIに対して、かなりヒステリー的に怒っているようで、FBIに情報公開を求めていますが、捜査資料を現段階で公表できるわけありません。

冷静さを欠いてしまうほどの打撃なのでしょうか。

記事にある「側近の別れた夫に関する捜査が、新たなメールが浮上するきっかけになったとの報道」とは、これですね。

FBIが捜査再開 クリントン氏の新メールを発見 投票日まで11日、選挙戦に打撃 産経

クリントン氏の最側近の一人、フマ・アベディン氏と夫のアンソニー・ウィーナー元下院議員が使っていたコンピューターから新たなメールが見つかった。

ウィーナー氏は9月、未成年者に性的な写真などを送っていたと報じられた。

ウィーナー氏もFBIの捜査を受けていますが、ヒラリー氏の側近であるフマ・アベディン氏と夫のウィーナー氏が共用で使用していたパソコンからヒラリー氏の捜査に値するメールが出てきたと推測されています。

トランプ氏は28日、ニューハンプシャー州での演説で捜査再開に触れ、「おそらく、ついに、正義が下されるだろう」と言及。

聴衆は「彼女を投獄せよ」と連呼して応じた。

トランプ氏はウォーターゲート事件を上回るスキャンダルだと言っています。

これはことと次第によっては「オクトーバー・サプライズ(10月のイベント)」となるかもしれません。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「暴言やめる」と宣言=神の... | トップ | 南極の氷河、予想以上に急速... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事