こころがかるくなる心理カウンセラーかきかわのブログ

山口市で心療カウンセリングルームを営みながら日常のエピソードをまじえて泣いたり笑ったり感情を動かすお話を掲載しています。

ブログ移転のお知らせ

2018-01-10 22:48:52 | 日記
この度ホームページリニューアルに伴いブログも新しくリニューアルスタート致しました。

これまでありがとうございました。

新しいブログ

http://ameblo.jp/kakikawa-net/

職場の人間関係に疲れた時どうすれば良いのでしょうか

2018-01-05 17:51:54 | 日記
働いている人にとっては避けられないのが職場の人間関係の問題だと思います。

職場の悩みで最も多いものでもあります。せっかく希望の会社に就職しても辞めたいと思う人も少なくありません。

見方を変えれば職場の人間関係の問題さえ解決できればストレスも減りますし、良いこと尽くめです。

では、どうすれば良いのでしょうか?
上手くいかない人がいるとすれば、まずは自分の考え方とのズレに着目してみてください。

例えば、「ここのところが分かりづらいので教えてください」と上司に訊ねると、上司からは、
「それは前に教えただろう。すぐに聞くんじゃなくてマニュアルを読め」と言われた。




(自分の考え)
①上司は始めに分からないことがあれば何でも聞けと言っていたから訊いたのに、その通りにしたらキレられた。

②マニュアルを読めというけれど、接客している時などは見ているヒマもない。

次に自分はどういう「べき思考」を持っているのか考えます。

(自分のべき思考)
①上司は訊けばいつでも親切に教えてくれるべきだ。

②上司は今の状況をいち早く把握してマニュアルを読むヒマがない事ぐらい気づくべきだ。




上記の例のように状況に対して自分がどういう考えを持ち、どのような「べき思考」があるかを検証します。

まずは徹底的に自分の「べき思考」の棚卸しをしてみてください。

その上で、自分と全く同じ「べき思考」=「価値観」の人はいないことを冷静に受けとめましょう。

このように活字にすれば、「私も同じ考えだ」という人もいると思いますが、もっと突き詰めていくと、「ヒマがあるかないか?」という一語をとっても時間の使い方、優先順位のつけ方はひとぞれなので、似ている考え方の人は存在しても、各々事情が異なるのですから完全一致は無いのです。

それを踏まえて、仕事をしていく上で最低限、お互いの価値観のすり合わせが必要なところだけは話し合うことです。

この例を活用すると、上司はマニュアルを読むのは就業時間内で難しければ、就業時間外でやるべきだと考えているとします。

それに対して、自分は就業時間が終われば自分のプライベートの時間なので、残ってまで読む気はないとすれば平行線ですよね。

働いていくということは、お互いの「べき思考」の折り合い地点を見出すことから始まるのです。

折り合うためにはいくつかの話し方を頭にたたき込んでください。

「先ほどはご指摘くださりありがとうございます。あれから◯◯について考えてみましたが、△△のところが分からないので教えていただきたいのですが」

「お忙しいところをおそれいりますがよろしくお願いします」

カウンセリングの際、このことをお伝えすると、「私はそんなに上手く言えません」
「なんで、ありがとうとかおそれいりますとか、いちいち言わないといけないのですか?上司ってそんなに偉いんですか?」
と言われることがあります。

これは、上手く言えるとか言えないとか、どちらが上かというような次元でもなくビジネスマナーとして身につけていただきたいことです。

仮に上司から部下に言う場合も細かな言い回しは異なっても、相手に仕事の手を止めさせて尋ねる時、相手の時間を奪う行為でもあるのですから敬意を込めて話す気持ちを持って欲しいと思います。

ともあれ職場の人間関係は難しいです。

仕事というものが介在しなければ一生ご縁がないような相性が悪い関係性の人とも、家族よりも長い時間一緒に過ごすことが余儀なくされるのですから。

職場の人間関係について、自分は苦手だと決めつけず、細かな問題について丁寧に対処し、言葉足らずな部分はスキルを身につけて向き合ってみてください。

きっと新たな展開がみえてくると思います。

カウンセリングルーム
かきかわ統合医療相談室


カウンセラーとの相性について

2018-01-03 01:38:08 | 日記
私はカウンセリングにおける効果が最大限に活かされるときは、カウンセラーとの相性が良かった時だと感じています。

これはカウンセリングのみならず、医師、美容師、エステティシャン、何にでも言えることだと思います。

では、相性の良い人を選択するにはどうすれば良いのでしょうか?

数年前までだと知り合いから聞く、雑誌やフリーペーパーを見るといった方法が多かったかもしれませんが、最近ではネットで調べることが多いでしょうか?

探している方々は、自分に合う人を見つけたいと思っているのと同様に、集客する側は、それ以上に自分のところと相性が良い人が来てくださる方を求めています。

では相性の良し悪しの見極め方は理解されていますか?

例えば、「今、夫婦関係が上手くいっていなくて夫に本音が言えなくなっている。子育ての悩みもある。最近は考えすぎて眠れないこともある。時々頭痛もある。離婚したら先の暮らしの目処が立たない。そもそも自分がどうしたらいいのかわからない。子供は学校へ行くのを時々渋ることがある」(30代主婦)

(☆実際にはこのように複数の悩みが重なることが多いのです)

では、この女性はどこに行けば良いでしょうか?

〜*〜

身体症状: 眠れないこともある、時々頭痛もある

気持ちの問題: 夫に本音が言えない、子育ての悩みを抱えている、離婚を含めてどうしたらいいのかわからない、夫婦関係が上手くいっていないと感じている、子供の登校しぶりが気になる




日常生活で何が最も困っているのか優先順位をつけてみてください。仮に身体症状が最も困ることならば、その治療を優先することがベターでしょう。

では、そのためにはどうすれば良いのでしょうか?病院で診断を受けて薬を飲むのも方法ですが、これまでにマッサージを受けたりその他軽い運動などで自分なりの方法があるならそれも良いでしょう。

そして身体症状がとれれば気持ちの問題も自ら解決していけるならそれで良いでしょう。

ところが、身体症状が一時的に取れても気持ちの問題が解決していないため、症状がぶり返す。新たな症状が出てくる。気持ちの部分をスッキリさせたい。

こうした場合は、カウンセリングが向いていると思います。

病院or東洋医学や民間療法orカウンセリングと言うよりも、うちに来られる人の半数以上は他の治療法&カウンセリングとされています。

なぜなら、役割が違うからです。

つまり相性の良いところを選ぶ場合、全てお任せ出来る一箇所のところを選ぶことが難しい場合、分割して利用する選択も視野に入れていただきたいのです。

その他、離婚しようか婚姻継続か、まだ揺れている時は夫婦カウンセリングを利用して、離婚となれば弁護士に相談する。

離婚協議中も精神的に苦しい時はカウンセリングを利用するなど専門家を使い分けることも考えてみてください。

予定では1月10日前後にはホームページをリニューアルしまして、皆さんの個々のニーズにお応えできるかどうか見てもらい、選択しやすいよう時代に合ったサービスも増やしていく所存です。

とはいえ、人それぞれ悩みは異なるのですし、利用するかどうか迷っていらっしゃる時はメールや電話でご連絡いただけると幸いです。

声のトーンやテンポも相性があります。

うちの場合、カウンセリング料金は直接面談で1時間3000円で低料金設定のため、経営コンサルタントからは安すぎてかえって良くないのでは?と言われることもあるのですが、なぜこの料金を貫けるのかと言うと、自宅の一室を活用しているため家賃がかかっていないこと。

人を雇用せず、心療ルーム兼自宅のメンテナンスや経理関係は夫が手伝ってくれていて人件費をかけていないこと。

低料金でずっと行いたい理由は、一回だけのご相談の場合も多い反面、自己啓発やうつの再発再燃を防ぐ目的などで、複数回通いたい人にとっては保険診療ではないカウンセリングは医療費控除の対象にもならず3000円でも負担が大きいこと。

もっとカウンセリングを身近に感じていただいて、病気に陥る前にストレスマネジメントや能力開発に役立てていただきたい、普及してほしい願いからです。

自分の内面に気付き、自分の能力を最大限に活かし、自分の変容は家族など周囲の人へも良い影響を与え、人生を好転させていく。

そんなお手伝いが出来ることが私の願いです。

相性の良いカウンセラーを選ぶコツは、「こう言う風なことを望んでいるのです」と最初に言ってみることです。

実直なカウンセラーならば、自分に何が出来るかを説明してくれるでしょう。

山口市のカウンセリングルーム
かきかわ統合医療相談室

子供の頃の記憶と付き合う方法

2017-10-24 23:46:45 | 日記
私には心身が疲れた時に必ず思い出すことがあります。

それは、子供の頃のことです。

幼い頃から運動が苦手だったので体操教室やスイミングスクールに行かされていましたが、今もハッキリと記憶しているのは、まだ全く泳げず水が怖くてプールサイドで大泣きしているところを母に連れられやってきて、スクールの先生に水に投げ入れられたことです。

小学校一年生の夏休みのことでした。
確かに夏休みの終わり頃には少なくとも水に浮くことができて、他の子と同様にプールの授業を拒まないようになったのですから母いわく結果オーライだったのかもしれません。

ただ、今でもプールは嫌いです。(笑)

昔は、どこのお宅でも大なり小なり同じようなことがあったのかもしれませんが夏休みの宿題の中でも自由研究や朝顔の観察記録などは、完全に母親の作品でした。観察記録の絵は写実的すぎて凄かったです。

絵の課題に関しては、毎年小学校時代は春に写生大会があり全校生徒が校外で描くのですが、現地で仕上がらなければ宿題になりました。

その仕上げをするのは、美大を出て絵が得意な母で、それも到底小学生の作品には見えなかったでしょうし、皮肉なことに、その絵が賞を取って、私にとっては穴があったら入りたいぐらい恥ずかしいことでしたが、母にとってはそれが今でも自慢です。

自分のことですから母がいくらやってあげると言っても断れば済むことだったのかもしれませんが、小学校低学年の私には難しいことでした。

思えば、優秀だと評価されるためには大変熱心な母でしたし、他のことも母から褒められたいがために尽くしてきたのかもしれません。

しかしながら、親が子供の学校の課題に関わり、子供の成績に強い影響を与えられる時期にはすぐに限界がきます。

高学年になり、学習内容が難しくなってくれば、自力で何とかするしかなく、それでも中学生ぐらいまでは、特に優秀ではないにせよ、母親が不機嫌になるほど悪い評価になることもなかったのです。

ところがさらに高校に進むと得意科目と不得意科目の明暗がハッキリ分かれて、少なくとも親が期待するほど自分の頭が良くないことを思い知らされます。

なぜ心身が疲れた時に、当時のことを思い出すかというと、染みついた劣等感と今の現状と似ているところを感じるからです。

昔母からよく言われた、「一番でないと意味がない」ということ。叱られた時には「あんたを賢い子に産んだのに、努力が足りない」運動音痴なことについては「お母さんもお母さんの兄弟もみんな運動が得意なのに、本当にうちの子なの?」と笑われたこと。

これらは評価基準を勝手に決めた、我が家だけのルールに過ぎず、大人になった今では気にすることもないことかもしれませんが、繰り返し言われた否定的な言葉は刻印のように深いところに残っています。

特に、何事においても楽しむことより、結果重視。他者にどう思われるかを重視する癖がついていると、人生全般においてワクワクするような夢をみつけて切り拓くことが困難になりがちです。

では、そこから立ち直るには?

私は、こうした思い出が蘇るのを心身が疲れている時だと言いましたが、元気な時は、母が言った「一番」を社会が認める一番ではなく、自分が納得できるオンリーワンだと置き換えられています。

それが立ち直りの秘訣です。

そして、うちの母は良くも悪くも親バカで、自分の子が何らかの形で「一番になる」と世の中で唯一信じてくれています。

皆さんの中にも、親や祖父母から過大な期待をされ、期待通りになれないとがっかりされ、自分自身も理想の自分になれないと辛い思いをされている方が大勢いらっしゃると思います。

ひょっとすると、あることにお金や時間を使いすぎて、それを回収するために、このまま続けてもどうにもならないことは薄々気づいていながら、方向転換できずにドロ沼化していることもあるでしょう。

これは学生、社会人両方に言えることです。

自分の心に正直になってみる。
そこが原点回帰です。

かきかわ統合医療相談室

秋の憂うつへの対処法

2017-10-13 13:33:47 | 日記
毎年9月の半ばから11月頃にかけての時期は、このままで良いのか迷い、一歩も進めないというような相談が多いです。

たとえば進路決定の前の学生さんだと、この時期は受験する学校を最終的に決める段階にあると思います。

社会人の場合は、4月から夏頃までの時期は新しい仕事、人間関係など育てて行く時期です。秋になると成熟した実を収穫する、いわば一つの答えが出てきている頃かもしれません。

この時期になり、居ても立っても居られないような気分に陥るとすれば、ありのままを受け取ることへの抵抗と言えるでしょう。

なぜ抵抗が起こるのかというと、現在の自分の状態は、自分あるいは自分にとって影響力のある人々の価値観からみた理想の自分とはギャップがあると感じるからです。

私たちは成長段階で、様々な価値観の刷り込みがなされていて、「常識的な人間にならないといけない」「常識的であることとは周囲の人から受け入れられていること」というようなことが挙げられます。

周囲の人から受け入れられるとは、誰もがよく知っていて信頼される職業に就いているとか、有名な学校を出ているというふうなブランドイメージは特に地方都市には根ざしている考えだと思います。

また、もう一つの問題があります。
私たちが欲するものを手に入れたとしても、幸福だと感じられないことがある点です。

・収入が多い
・結婚している
・若い
・健康
・高等教育を受けている
・知的レベルが高い

このような条件について、満たしていれば幸せであるとは必ずしも言い切れません。

この50年間で豊かな国々での購買力は倍以上になっているにも関わらず、生活満足度が変化していないという調査結果があるそうです。

むしろ実収入のあらゆる水準で何よりもお金を最優先する人は、自分の収入や生活に対する満足度が低いと言えるでしょう。

皮肉なことに物質主義が幸福度に対して逆効果にも見えてきます。

生産年齢(15歳以上65歳未満)の人の多くは、上記のことが、幸福度に直結するか否か疑問を持ち始めていて、そのためどのように生きるのが良いのか?混迷しているのだと思います。

そして子どもたちは混迷している先輩世代を見て、さらに迷っているのではないでしょうか?

秋が深まるこの時期の悩みについて、成熟した実を納得して受け取ることが出来ない人は、まずは今の状況について何ら評価することもなく感情を取り除いて見つめてみてください。

私たちは、ある見方だけに偏る習性があり、違う見方を同時にすることが出来ないのです。

近くがよく見える老眼鏡をかけていては遠くが見えなくなるのと同様、こうあるべき、こうあってほしいという思考を退けて床の間に壺を飾るような感じで、ただ置いてみてください。

それがどのような形であれ、唯一無二の作品に相違ないのです。

収入が多いから幸せなのではなく、お金を生かすことが出来るから幸せ。

結婚しているから幸せなのではなく、社会性が増してより充実感が得られるから幸せ。

というふうにある条件をどう生かすかで、変わるものなのです。

今からすぐに出来る自己暗示の方法をお伝えします。

「私は今、とっても幸せ。なぜならば.....」

この「.....」の言葉を考えて声を出して言ってみてください。

これが、実りを受け取る方法です。

かきかわ統合医療相談室