goo

『図解でわかる 速読のすごいコツ』が出版されました

 12月24日、『図解でわかる 速読のすごいコツ(以下、『図解/速読』)が出版されました。

 2004年出版の『速読らくらくエクササイズ』・2008年の『キャリアが高まる 速読勉強法』同様、教室で実施しているトレーニングの基本形をほぼそのまま掲載しています。ふだんの生活で取り組みやすいよう、すべてのメニューをこなしたときの時間を60分に設定しています。さらにトレーニング回数が少ないという「声」を参考に、WEBで追加教材(問題)をダウンロードできるようにしました。190ページの本書+ダウンロード問題120ページ=計310ページの本となります。

 『図解/速読』は、「なぜ試験勉強にクリエイトのプログラムが役に立つのか」という疑問に答えるかたちの講義パートと、実際のトレーニングを盛り込んだ実技パートの2つに分かれています。

 「教室でBTRメソッドを提供しているクリエイト速読スクールでは、比較的小規模ながらも難関試験への合格者を次々輩出しています。最難関の司法試験では、1993年以降29年連続75名の最終合格者が出ています(p26)

  なぜ多忙な司法試験受験生が、試験に直接関係のない目と脳のトレーニングをするのか? 講義パートでは、その理由を図解を交えながら解説しています。読んでいただければ、クリエイトのプログラムを信頼に価するものと判断していただけるはずです。また、教室に通っている生徒さんにも、それぞれのトレーニングがどのように繋がっているのかを理解する一助になるはずです(さっそく「1冊購入して納得し、友達にしました」という生徒さんを見つけました

 実技パートでは、教室同様のトレーニングをたくさんのコツとともに紹介しています。
 初めて取り組む方のためへのアドヴァイスから、より高みを目指す方のためまでアドヴァイスが満載です。教室に通う生徒さんにも初めて聞く話があるはずですので、そういう意味でもお得感があるかもしれません。



 松田からのお願いは、ただ通読して終わりではなく、各教材に「とりあえず、まず1回トライ!」してみてほしいですただの読み物では、何も解決しない! 進まない! が、このプログラムの大前提としてあります)

 トレーニングを行ううえでイチバン大切なのは、集中できる環境を整えることです。自宅で集中できる方は自宅で、外のほうがよい方はカフェなど人目のつく場所で。広めの机と、落ちついた環境が用意されたら、ストップウォッチ片手に用意スタート! です(書き込んでもコピーしても、どちらでも)。「1回トライ!」が終わってから、前半の説明部分を読み通していただければ納得感が増すはずです。

 さらに集中できる環境は教室です。自分の空いた時間で手ぶらで受講できます(初回の無料体験レッスンのみ予約が必要です)勧誘などはありませんので、集中してトレーニングを受ける環境を探している方は、ぜひ一度「体験」においでください。


 最後に、
はじめに」でも紹介した、落合陽一さんのコメントを紹介します。

 「高校時代、受験勉強のついでにSEGという塾の速読講座に通ったのですが、その経験は今も役に立っていると感じます。/仕事で膨大な論文や資料を一気に読まなければならないことも多いのですが、速読を身につけると、本を読みこむのには時間がかかるという先入観がなくなります。おかげで研究や仕事の能率は格段に上がったと思います。目は鍛えるものという発想も新鮮な発見でした

 20年程前の冬期講習(3時間×5日連続)を、覚えているばかりか、「今も役に立っている」と本に書いてくれています。

  あなたは20年後に何をしていますか? そのときでも「役に立」つ「武器としての速読」を身につけてみませんか。  



 2021年12月26日 クリエイト速読スクール
              代表 松田 真澄

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 現場ではなく... 必ずや飛躍する、 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。