季節の「うえの」

上野周辺の四季折々の見所や、地元民ならではの楽しい情報を中心に、日本茶に関する話や明日から使える?発見をお届け致します。

ローソン 「茶師十段のアイス」を食べてみた。

2022-10-05 12:03:27 | Weblog

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 

昨今、お茶を使ったスイーツが多くなりましたが、その中でもキニナル商品がローソンより発売されました。

 

 

その名もUchi Café 茶師十段関谷祥嗣監修茶葉使用」した、抹茶とほうじ茶のアイスです。

 

 

 

話は聞いていましたが、なかなか手に取る機会がなく、いよいよ買いに走ったら、すでにない店舗の方が多く、

 

 

 

ようやくほうじ茶のフローズンパーティーを見つけましたの購入しました。

 

 

例のごとく、外野の高みから偉そうにコメントしたいと思います。

 

 

 

題して【茶師九段が吟味する茶師十段のアイス】

 

 

 

アイスには「第56回の全国大会で九州初の十段・・・」と説明がありました。

 

 

 

56回大会は今から約13年前の大会ですね(今年で69回ですが、約というのは通常年1回ですが、

 

 

コロナ禍で試験的に行われたものが回に入ったかどうか未確認の為、スイマセン)

 

 

 

ちなみに私も参加しておりましたが、まだ弐段あたりだったかと思います。

 

 

しかし、この13年の間、九州勢の実力がグッと上がってきまして、現在では九州というくくりでの十段は結構いらっしゃいます。

 

 

 

本当は抹茶アイスも試したかったのですが、抹茶アイスの抹茶はなんと宮崎県産。関谷十段のお膝元です。

 

 

がしかし、私の認識ですと「宮崎って抹茶生産してたっけ?」というもの。

 

 

抹茶と言えば、やはり京都の「宇治」や愛知県の「西尾」がメジャーですが、

 

最近では輸出にターゲットを絞って鹿児島県が県を挙げて抹茶の生産を奨励しています。(有機など)

 

 

調べてみますと、宮崎県も生産していました、勉強不足でしたm--m

 

ただ篤農家が「県内で唯一の碾茶(抹茶の原料)を生産し・・・」とあり、3軒くらいの茶商が、それこそ有機で盛り上げている最中っぽい感じです。

 

 

生産量がどうなのかはわかりませんが、この方々だけで有機のように手間のかかるもの、ましてや抹茶が、全国展開のアイスの原料になるほどの販売量があるとは思えないので、原料には単純に興味がわきました。

 

 

ほうじ茶は、焙じる技術は世界的にみても非常に高い付加価値ですが、原料茶は基本「番茶」(収穫時期の遅い大きい葉のお茶。味は渋い。値段は安い)を使うので、まあ、どこでも生産できます。

 

 

しかし、抹茶とほうじ茶、お茶ブームの主役ですが、ピンキリですが全然値段も違いますが同じ値段のアイスになるんですね。

 

 

衣装の価値で例えるなら、舞踏会に行ったシンデレラと、屋根裏にいるシンデレラの差くらい。(例が悪いですか・・・?)

 

 

仮に、ちょっとしたお点前使いたい場合は40g1000円程度がいいかなと思います。ほうじ茶も、そこそこ美味しいのが飲みたいとなると100g500円程度をお勧めします。

 

グラム単価、約5倍の差です。

 

 

前置きが無くなりましたが、食べた感想です。

 

 

ほうじ茶を濃くして飲んだ時のような「余韻」は再現できているので、結構味はしっかりつけているなという印象です。

 

 

ただ、急須でいれたお茶のように長くは続かないので、全体的にはさっぱり、あっさりした印象です。

 

 

決してまずくはないので、お好きな方は小売価格250円超という値段さえ良ければいいのではないかと思います。

 

 

一番驚いたのが、上蓋開けたらすぐに食べれるところでした。

 

 

通常ですと中に、アルミでシールされたカバー的な蓋がありますが、衛生的な完璧さになれた近頃でしたので

 

 

若干の心配はありましたが、まあエコですしこれからこうなるのでしょう、きっと。

 

 

 

しかし、どうでしょうか。「茶師十段」というと話題性と箔がつくので高級品にみえます。

 

 

 

とあるお茶好き方のSNSでは「茶師十段飽和状態」と揶揄されていました。

 

 

私自身は現役なので、来年度いよいよ茶師十段への挑戦です。

 

 

 

名前を知ってもらうためには、こういう売り出し方も良いですが、正直「監修」する部分の制約が多いする気がするので、

 

 

 

引き続き、当店の大ベテランの筆頭茶師、先輩茶師の背中を見ながら、この大会で培った見識、日本の各産地のお茶の特徴や茶品種の特性を勘案して、

 

 

 

お客様方に喜んで頂ける、その年の黄金比率のお茶のブレンド(合組・ごうぐみ)が出来るようになっていきたいと思います。

 

 

 

しかしもし、来年以降、私が<茶師十段のパウンドケーキ>とか、大手から出していたらすいません、お許しください(笑)

 

 

 

駄文を長々と失礼いたしました。もし、ローソンで見かけたらお試しください。また感想など教えてくださると嬉しいです。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

茶の君野園上野店スタッフ

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

たんけん僕の街

2022-10-03 17:28:19 | Weblog

上野地域

 

 

ただの昔話です。

 

 

上野で育った私は、小学校もこの界隈です。

 

 

 

むかし、周年行事や新聞社の何かの取材の際に『航空写真』なるものが撮影され、見せてもらうことがありました。

 

 

 

それは職員室の前に拡大して貼ってあり、自分の家はどこか?友達の家はどこか?などみんなでまたワクワクしながら、

 

 

 

そして真剣に探していたことを思い出しました。空から見る自分の街は、本当に特別で格別でした。

 

 

 

そして、現代。グーグルマップでは世界中色々なところの「航空写真」や地図を見ることが出来ます。

 

 

 

もちろん、自分の街の懐かしの路地や、あの時目を凝らして見つけた友達の家も、今では玄関先まで行くことが出来ます。

 

 

 

なんだか【タケコプター」に【どこでもドア】みたいですね♪

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上野へお出かけの下調べに!

2022-09-23 11:51:25 | Weblog

季節が急に秋になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 



この連休も台風の影響がありそうなので、お出かけの方はくれぐれもご注意ください。

 

 

 

さてさて、秋本番を前に夏に開催していた美術展がひと段落の時期を迎えました。

 

 

 

芸大美術館の特別展「日本の美術をひも解く」もいよいよ今週末で閉幕。


 

 

やはり会期末、わりと多くの人で賑わっています。特に時間指定券はないようですが、

 

 

 

場合によっては入場規制がかかるそうです。作品が出るだけ人も出る「伊藤若冲」の掛け軸も10幅も出ていますし、

 

 

 

まさに芸大美術館ならではのセンスのいい作品が集結しています。

 

 

 

上野にお越しになる家族では、子供は動物園、おじいちゃんおばあちゃんは美術館、あとで合流のような方も多いですが、

 

 

 

なんのなんの、もちろん動物園は最高に楽しいですが、美術館も子供大歓迎なんです。この芸大の特別展も中学生以下は無料

 

 

 

ボストン美術館展は、高校生まで無料です。コスパ最強!

 

 

 

「けど、子供飽きちゃうでしょ?」

 

 

 

いえいえ、子供用に解説パンフレット、クイズ形式のものなど配られ、作品をより楽しめるように工夫されています。

 

 

 

子供たちに感想を聞くと「楽しかった!また来たい」と。(当店社員が子供と)

 

 

 

教科書に出ている作品の本物が見られて、日本を代表する国宝の作品を間近で鑑賞出来て、何度も言いますが「コスパ最強」です。

 

 

 

 

なんなら、コストゼロ(交通費を除く)ですので、コストゼロ×最高の美術ですので、皆さん一緒にお出かけください。

 

 

そして、前出の東京都美術館の特別展「ボストン美術館展」も10月2日までです。

 

 

 

もしかしたら、台風情報で皆さんお出かけにならないかもしれませんので、安全が確保しながらお越しになれる方には好機かもですが、安全第一です

 

 

 

そして、前置きが長くなりましたが、お出かけになる前にちょっと上野のことを調べると、歩くのその道すがらも楽しさが増すかと思います。

 

 

 

こんなサイトがありますので、↓↓↓是非ともご参考にして頂き、素敵な上野時間をお過ごしくだされば幸いです。

 

芸大アートプラザ

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芸術の散歩道2022

2022-09-09 16:25:07 | Weblog

 

上野公園の中には、知る人ぞ知る芸術スポットがあります。

 

 

「芸術の散歩道」と言われる、旧奏

 

 

楽堂の前のスペースに、藝大生の選ばれた卒業作品が展示されています。

 



本年度も展示が始まって少し経ちますが、例年の展示スペースから見ると、まだ全部ではないように思います。(想像ですが)

 

 

上野散策、また美術館の帰りなどに少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京藝術大学の文化祭 通称【藝祭】げいさいが開催されました。

2022-09-07 13:19:44 | Weblog

強い雨と風の荒れた天気の先週金曜日、待ちに待った「藝祭」が開催されました。

 

 

この文化祭は、学生だけではなく美術好き、芸術好きの多くの方も楽しみにしており、毎年多くの方で賑わいます。

 

 

しかしながら、まだまだコロナ禍ということもあり、自由に見聞きすることが出来ず、学内に入っての鑑賞・演奏会などは

 

 

 

事前予約にしないと入れません。そして、その事前予約も、人気アイドルコンサート並みにすぐ完売してしまったので、

 

 

 

残念に感じた方も多かったと思います。

 

 

 

ですが、数年前より、旧奏楽堂の前の『芸術の散歩道』で露店形式で多くの学生さんたちの作品を販売しており、そちらは

 

 

 

雨でも風でも歩いて通ることが出来ないほどの大盛況ぶりでした。(写真撮るのを忘れました・・・スイマセン)

 

 

 

 

私も、もはや20年以上にもわたって買い続けている「藝ティー」を買うべく物色して参りました。

 

 

 

 

藝ティーは、藝大生がデザインしたTシャツです。歴史はよくわかりませんが、少なくとも私が初めて購入した、24年前にはすでに

 

 

 

結構売っていたと記憶しております。(当時は学内の出店みたいなところで)

 

 

 

本年は、下記を購入しました

 

 

そして、今年は「急須」も手に入れました。

 

使い勝手もよく、色合いがとてもシブイ一品です。

 

この絵馬は、上野倶楽部(上野中通り商店街などいくつかの商店街が発信する上野の魅力を伝える取り組み)と、藝祭がコラボして

 

 

製作されました。デザインは、藝大院生の一ノ瀬さん、販売は摩利支天でにおいて500個限定でした。

 

 

 

来年は、社会的情勢も今よりも改善し、気軽に藝祭が楽しめればよいな~と感じる次第です。


 

また、2023年も近くなりましたらご案内できれば思います。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いよいよ今週は『芸祭』(東京芸術大学文化祭)だー-!

2022-08-30 15:07:46 | Weblog

 

毎年、楽しみにされている方も多い、芸祭。

 

今年は、<上野倶楽部>とのコラボイベントも開催です。

 

ぜひぜひ、今週末は上野へ

 

上野倶楽部コラボ企画

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うえの8月号 2022年上野のれん会

2022-08-26 16:48:04 | Weblog

人気の『うえの』

 

今月もウェブ版で大好評公開中です。

 

 

月刊うえの8月号

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上野の名建築(非公開)

2022-08-22 12:15:56 | Weblog

野と言えば、世界遺産の「国立西洋美術館」をはじめ、東京国立博物館や数々の美術館、博物館など、

 

 

建築においても、一級・一流の地域であることは、ご周知のことと思います。

 

 

 

そんな中にあって、上野の奥の院・「東叡山寛永寺」の門前に、人知れず佇む民家があります。

 

 

 

ここは長年、茶道具屋さんとして知る人ぞ知る名店でありましたが、このほど、ご主人様がその歴史に幕を下ろされました。

 

 

 

ここは、店舗兼家屋でありましたので、もちろん内部まで拝見する機会は今までありませんでしたが、

 

 

 

ご主人様のお引越しにともない、特別に見せて頂くことが出来ました。

 

 

 

 

実は、この建物の設計は、「城の崎にて」や「暗夜行路」で有名な文豪・志賀直哉、

 

 

 

 

その弟で建築家でもあった「志賀直三」によるものとか。

 

 

 

 

お世辞でも広い坪数ではないですが、内部は非常によく、また面白く設計されており、


壁?のような階段

 

外観からは想像できないくらい広く感じ、部屋数もあり、現代でも使い勝手の良いつくりと感心します。

 

 

まるで、兄の直哉の小説のごとく、実用的で洗練されています。

 

店舗の洒落た梁

 

残念ながら、現在は某企業が所有されており、見る機会はありませんが、もし、お近くをお通りの際は、

 

 

 

外観のみですが、お楽しみ頂けると、歴史の香りを感じて頂けるかと思います。

 

 

 

上野は、我々が知らないだけで、まだまだこんな発見があるのかと思うとワクワクします。

 

 

 

皆様も是非ともご自身の新しい発見を見つけに上野にお越しください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うえの夏祭り2022と国立科学博物館

2022-07-19 16:02:38 | Weblog

区内の小学校は明日終業式を迎えます。いよいよ夏休み本番です!

 

 

 

さて、休みはお勉強?の方は頑張ってください。しかし、ちょっと疲れたら上野にお越しください

 

 

(恒例!袴腰の提灯も設置。当店も献灯させて頂きました)

 


今年は、恒例「うえの夏祭り」が開催されます。とは言っても、残念ながらパレードは中止です。

 

 

しかし、イベントは盛りだくさんですので是非お時間があれば。

 

 

 

 

また、上野公園の国立科学博物館では「化石ハンター」が開催されています。

 

 

この時期、自由研究にも大人気のカハクの特別展ですが、本年は「化石」です。

 

 

 

特別展のみならず、常設展だけでも1日いられるほどの見ごたえですので、

 

 

 

 

お出かけしてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上野公園、”新”インスタ映えスポット

2022-06-21 15:29:46 | Weblog

 

上野動物園正門前に、<インスタ映え>?スポットが出来ました。

 

ここで写真を撮れば、幸運が訪れ、カップルなら恋愛成就できると、

 

今日から信じることにしました

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする