季節の「うえの」

上野周辺の四季折々の見所や、地元民ならではの楽しい情報を中心に、日本茶に関する話や明日から使える?発見をお届け致します。

桜の終わり、青天を衝け

2021-03-30 13:07:52 | Weblog

いよいよ令和3年の桜、ソメイヨシノも終盤、峠を越えました。

 

桜は、あっという間に咲き、あっという間に散る。今は、上野公園入り口の枝垂れ桜もその主役を明け渡しました。

 

 

夜桜もとてもきれいです。

 

上野はどうしても、桜の名所という位置づけを頂いているので、テレビでも人出などで取りあげられましたが、

 

29日(月)の夜7時頃。通常期よりはこの時間の人は多いですが、この程度で、密にもならず、お酒を召し上がっているかたもいらっしゃいません。

 

 

さてさて、話は急に変わり、この桜の道を奥に抜ければ、そこは「寛永寺」&「谷中霊園」です。

 

現在、NHK大河ドラマ「青天を衝け」が、好評放映中であり、個人的にも大変面白いドラマだと毎週楽しみにしております。

 

現在、劇中で活躍している方々も、出身も信条も功績も身分も皆さん違うでしょうが、御眠りになっている所、お墓という点ではご近所さんです。

 

 

ここは、桜が美しい「家綱公勅額門」です。この奥に歴代将軍の墓所があります。(非公開)

13代将軍・徳川家定公・天璋院篤姫の墓所もこの奥です。(谷中霊園・寛永寺裏手)

 

先週、急逝されてしまった「老中・阿部正弘」の墓所です。(渋沢栄一のお隣さん)

才能溢れる、またイケメンと名高い、そして、色々意見をまとめる苦悩を演じられた、大谷亮平さん

素晴らしかったですね。もう、阿部正弘といえば、この人!というイメージです。

 

 

そして、15代将軍・徳川慶喜公の墓所です。こちらは、普段でもお参りできます。(柵の手前までですが)

 

歴代将軍と違い、一般の墓地の中にあります。

 

そして、この慶喜公の墓所を向き、慶喜公を拝すように建てられているのが、

渋沢栄一のお墓です。墓所まで、忠義を尽くされるその配置には、お人柄がうかがえます。

 

 

いよいよ、次週から青天を衝く活躍が

見られそうですね。大変楽しみです。

 

 

コメント

私は『ロボット』ではありません。の、認証画面【解答編】

2021-03-27 15:30:06 | Weblog

一応、昨日の答えを載せさせて頂きました。

 

お茶にも、「品種」があるんだ!と知って頂けたら嬉しいです。

 

ちなみに、「やぶきた」が日本の茶の生産量の約80%栽培されております。

 

ので、ほぼほぼ「やぶきた」ですね。

 

来月になるといよいよ『新茶』が出てきますが、いやまや静岡を抜いた鹿児島の新茶が、いち早くお目見えします。

 

鹿児島では、「ゆたかみどり」という品種が、やぶきたと半々くらい(おおざっぱに)で、あと残り色々な品種なので、

 

早い時期の「鹿児島新茶」を見つけたら、それは「ゆたかみどり」ですので、是非とも飲みくらべてみてください。

 

下の画像も、画像では同じように見えますが、味・香りは結構違います。

 

私ども茶業者の「青年団」では、毎年「闘茶会」という茶の競技会で、このお茶を審査して何の品種か回答する競技種目もあります。

 

この画像だけで、もし分かった方!あなたは優勝できます。

 

 

コメント

私は『ロボット』ではありません。の、認証画面【問題編】

2021-03-26 15:47:20 | Weblog

上野の桜も満開を迎えました。

 

本年も宴席は禁止で、警備員も巡回中。

 

皆様一方通行で、桜にカメラを向けておられました。お酒が入らない花見は、逆に新鮮で、

 

上野公園は元々寛永寺の境内なので、どこか清らかな感じもします。

 

 

さて、少し前、青森県の「りんごの認証」画像が、SNS上で話題になりましたので、

 

 

私どもも「お茶の品種」を手遊びで作ったところ、当店ツイッター上で

 

 

反響ゼロでしたので、一抹の寂しさが成仏いないため、こちらに掲載させて頂きました。

 

 

ご笑納くだされば幸いです。

 

 

 

ちなみに「中生品種」とは、日本茶の国内最大の生産量を誇る「やぶきた」品種を中心に、

 

それより早く摘採(お茶摘み)出来るのを、早生(わせ)品種といい、それより遅いのを晩生(ばんせい)と言います。

 

日本茶の加工は時間がかかり、一気に「やぶきた」が集中すると、工場の効率も悪くなり、お茶も一番いい時期(摘採時期)を

 

逃したりしてしまうので、品種を色々と分けて植えることで、作業を分散させたり、また風味の違いで、消費者に色々と楽しんで頂くように

 

生産家の方々も工夫をしているものです。

 

 

コメント

上野の桜☆開花状況 2021年3月16日

2021-03-16 15:47:39 | Weblog

先日、東京の開花宣言が出ました!早いですね

 

上野公園のソメイヨシノはまだまだつぼみがほころんできた程度ですが、一部いつも早い木は数輪咲いているものもありました。

 



先日の「都立公園お花見自粛」の報道で、上野公園の桜も観られないのか?というお問い合わせもよく頂きますが、



本年は、昨年と違って、公園内に入ることは出来ます。ですが、「宴席」など座っての飲食はご遠慮いただいております。(警備員巡回してます)




 

 

ちなみにですが、先日の報道ではさも今年は厳しい対策をしているように報道されました。


                                保坂まさひろ議員(都ミファ)FBより

 

 

が、これは例年の対策です。毎年、植栽に入り込んで宴会をする人がいて、木々の根や草木が痛むので

桜の時期には対策をされています。

ちなみにこれは2018年の画像です。植栽には同じように対策がされています(この時は宴席が設けてあります、懐かしい・・・)


例年よりちょっと早いかな~?もしや政治的パフォーマンスか?と思いましたが、むしろ開花宣言の早さから鑑みても

全く例年通りの、ちょうどいい時期の施工でした。

 

ソメイヨシノはまさにこれからですが、「コマツオトメ」はちょうど見頃です。

 



 

そして、今一番の見ごろは、上野の奥の院「寛永寺」境内の「三春の滝桜(孫)」です。

 

ソメイヨシノが咲くと割と人出も多くなるかもしれませんが、最近は、

 

公園内もひと駅前で降り、歩いて通勤されているような方もお見受けするようになりました。

 

是非とも感染対策をされて、気持ちいい春の空気を感じて頂ければと思います。

 

まだ宣言下ですので、お近くにお越しの際でお時間あれば

 

当店も「貧者の一灯」を↑↑↑

 

 

 

 

コメント

片側通行の上野公園 「密です!」

2021-02-25 11:19:21 | Weblog

緊急事態宣言が出されて一カ月半。いよいよ宣言解除が見えてきました。

 

そんな中で、先日「都立公園の駐車場を閉鎖し、上野公園など片側通行にする」という東京都の発表がありました。

 

確かに、お花見のシーズンになれば、やはりそういった対策も大切ですし、毎年(コロナ前まで)も警備員さんが片側通行を案内していました。


しかし、なぜ今それが出てくるのでしょうか?特に都政にモノ申すブログではございませんが、少し疑問に感じます。

 

きっと、花見シーズンに向けた牽制球ではないかと思いますが、正直今じゃないであろうと思います。

 

来月の中頃や、緊急事態あけくらいならまだしも・・・

 

 

平日の昼下がりの上野公園です。

 

 

並木の外側の小道は未対策ですので、本当に混雑したらあまり意味がありませんね。

 

むしろ現在は、この片側のせいで逆にソーシャルディスタンスが取りにくいですね。

(グループで2,3人歩いていたら、追い越す時に近くなります。今まで大きく離れて抜かせましたが)



まあ、一市民が政策の是非は申しませんが、現在はこんな感じですというご報告でした。

(ただ、日曜日は散歩の方、散策の方が増えるのは確かです。)

 

 

ちなみに、緊急事態宣言中につき、上野動物園は臨時閉園中、西洋美術館はメンテナンスで長期休館中、

そして東京国立博物館、国立科学博物館は特別展はありません(平常展のみ)。ですので、公園内は通常期に比べても

人がいないと言える状況です。(もちろん噴水広場のイベントもありません)

 

どちらにしても、皆さましっかりと感染対策、健康の維持に心掛け頂き、また上野の杜が復活したあかつきには、

 

お越し頂けますことを心よりお願いを致します。

 

 

上野公園はかま腰(入口)のカンザクラ(早咲きの桜)は、満開に近づいています。

 

 

そう、上野公園の密は「寒桜」です。

 

 

 

コメント

立春

2021-02-04 14:33:53 | Weblog

 

二十四節気のはじめであり、この日から数えて八十八日目が『八十八夜』です。

 

 

今年は、昨日がスタート。 上野公園の「カンザクラ」も満開の見ごろを迎えました。

 

 

皆様にとって素晴らしい春にあらんことを☆

コメント

春のうららの・・・まで

2021-01-13 14:24:42 | Weblog

春の日差しをかすかに感じる日も増えてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

世の中には、緊急事態宣言が発出され、不要不急の自粛を要請されている状況です。

 

当地のアメ横も、よく取材のカメラが商店街を撮影し、何となく多そうに見え、人出がありそうですが、

 

実際は、閑散としています。閑散と言っても、誰もいないわけではもちろんありませんが、行きかう人のほとんどは、

 

ただの通行の方々です。場所がら駅前の繁華街というよりは、上野、御徒町エリアは乗り換えなどのアクセスの関係で、歩く人が


街の多いのも特徴ですので・・・(ガード下の飲み屋さんも人はいらっしゃいますが、これは年中季節天気問わずいらっしゃるので、

 

我々も人出というより、日常という感じで見てしまってますが)

(本日午後2時頃)

 

ただ、今週から街を歩くビジネスパーソンの方は明らかに減りました。ですので、上野アメ横エリアは、まさに閑散としています。

 

 

さて、そんな中、上野公園では早咲きの「カンザクラ」が花を咲かせ始めました。

 

コロナコロナの中ですが、季節は着実に春に向かっており、自粛の中にも春の日差しを感じると、

 

なにか明るい気持ちになります。やはり、春は私たちにとって、希望の季節なんだと感じます。

 

 

一日も、早く収束の方向に向かい、上野公園の春を笑顔で楽しめる日を心待ちにして、桜の咲く頃には

コメント

上野「亥の市」<亥の日割>(うえの いのいち いのひわり)

2021-01-02 16:53:53 | Weblog

御徒町⇔上野を走るJRの車窓から、神社?お寺?が目に入ったことはありますでしょうか

 

そこは、現在2階建て風になっており、下は「二木の菓子」やアメ横の商店が入り、階段を上がって上にあります。

 

名前は「摩利支天徳大寺(まりしてん とくだいじ)」と言います。

 

摩利支天は、毘沙門天や弁財天などと並ぶ、仏教における守護神のおひとつです。

 

毘沙門天にトラ(寅)が、弁財天にはヘビ(巳)が仕えるように、摩利支天にはイノシシ(亥)がお仕えしています。

 

その由来から、十二支の亥の日が御縁日とされてきました。

 

また中世戦国時代には「軍神」として武将に信仰され、八幡大菩薩と並び、武士の守護神としてその名が広まりました。

 

「摩利支天を知りその名を念ずるものは如何なる事象からも害されることなし」と伝承され、

 

「運を開き、厄を除き、勝利に導く」御利益を授けてくださるとのことです。

 

百年前の「スペイン風邪」流行の際には、病魔に打ち勝つための御利益を求め、

 

多くの人々が摩利支天に参拝に列をなしたそうです。

 

また徳大寺の摩利支天像は、聖徳太子のお手彫りの尊像と江戸幕府記録に伝わり、

 

日本三大摩利支天の一つとされております。

 

その摩利支天徳大寺の「亥の市」が令和3年に復活します!

なぜ復活かといいますと、実は江戸時代には、とても有名な縁日として、多くの人で賑わい大人気だったそうです。

 

しかし、戦後、上野界隈に闇市が出来るようになると、闇市と縁日では警察も取り締まりや警備が大変な負担になるので、

 

縁日が自粛する形で長らくその名を聞くこともあまりない状態でした。

 

 

そして、今年からこの縁日(12日に一回まわってきます、干支と同じです)に、

 

「亥の日割」と称して、既存の店舗が独自の割引セールや、その日にしか販売されない商品などが出たりと、

 

お得で面白い「縁日」になります。食べ物の屋台とかは出ませんが、縁日の日は、ぜひとも上野にお越しいただければと思います。

 

↓(1月の縁日)

 

コメント

謹賀新年 2021年

2021-01-01 11:20:05 | Weblog

 

新年明けましておめでとうございます

 

      本年もよろしくお願い申し上げます。

 

                                         令和3年 元旦

                     

(上野本店は、元旦より営業致しております。)

 

コメント

今日のアメ横@2020年大晦日

2020-12-31 18:00:10 | Weblog

(正午頃↑)

 

本日も、お昼ごろはアメ横通り商店街は、多くの人がいらっしゃいました。

 

ただ例年と違い、にぎやかな感じではありません。

 

また、買い物のお客様よりも通りとしての人の流れがあるのかな~という感じです。

 

この人通りにご賛否あるかと思いますが、一応、記録的に写真を載せました。

 

(↑ 2時頃)少しすいてきました)

 

(↑ 4時頃 多そうに見えますが前後は、すいています)

 

年末は、テレビではすごい人出のように映ってましたが、

全体的には空いています。(一部集中すると混んで見えますが)

 

 

いつもと違う年末、いつもと違う年越しではありますが、皆さま、安全に留意して、

 

うがい手洗い、密を避けて、良い年越しをお迎えください。

 

本年も、ご愛読いただき誠にありがとうございました。

 

来年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

コメント