虹色仮面 通信

神出鬼没なオッサンが毎日感じたことを取り留めなく書き連ねます

公募

2018-06-20 07:38:25 | スポーツ

日刊スポーツより。

日大は19日、大学ホームページでアメフト部の新監督とコーチを同部OB以外から若干名、公募すると発表した。

その紹介文は日本語と英語の両方で書かれており、外国人監督を起用する可能性も出てきた。

http://www.nihon-u.ac.jp/information/2018/06/8126/  <了>

文面を見る限り、血の入れ替えをする気のようだ。どういう人たちが、どれだけ応募するかわからないが、前向きに捉えればチャンスになる。

どのようになるのか興味深いけど、当面注目されるから、やりにくいだろうなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観光列車のイメージ

2018-06-19 06:53:51 | ビジネス

Responseの記事より。

四国キヨスクは7月5日、四国鉄道発祥の地である多度津駅(香川県多度津町)付近に、JR四国の観光列車をイメージした「セブン-イレブン」をオープンさせる。

四国キヨスクでは、2014年に宇多津駅(香川県宇多津町)にセブン-イレブン・ジャパンと提携した「セブン-イレブンKiosk」店舗をオープン。以来、19店舗が展開されたが、今回の20店舗目は、多度津駅が観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の始発・終着駅であることから、外壁に同列車のイメージをデザインする。

この店舗は、多度津駅北側駅前ロータリー入口にある跨線橋横に設置。観光列車のイメージをデザインしたコンビニ店舗は全国でも珍しいという。

オープン前日の7月4日には、16時から18時までプレオープニングが行なわれる。<了> 

こういう試みはいいですね。コンビニの店内も観光列車の雰囲気ならば、もっと素敵なんだろうなぁ。そこまではさすがに無理か?

できれば北海道発だったらよかったけど、こういう発想や取り組みの気運が高くないから、出遅れるのも仕方がないか。やり方次第なんだけどなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モタモタできないぞ

2018-06-18 08:57:46 | 乗り物
HTB北海道テレビより。

JR北海道はきょう国交省や道などと協議を行い、単独では維持困難とする12線区のうち札沼線など4線区について廃止する方針を示しました。

JR北海道は17日、国交省や道などに対しグループの経営再生の見通しを示しました。その中で、単独では維持困難とする12線区のうち、札沼線の一部や留萌線など4線区を廃止しバス転換する方針を明らかにしました。

今年中に沿線自治体の合意を得て、2020年度をメドに廃止したいとしています。残りの8線区については国や道、地元に維持費用の負担を求めたうえで5年ごとに存廃を検証していきたいと話しました。

また国に対しては、北海道新幹線の札幌開業が予定されている2030年度まで財政支援を求め、その後は経営自立を果たしていきたいとしています。

北海道新幹線については現在の想定よりも高速化し、札幌-東京間を4時間半で結ぶことで利用者増加へ繋げたい考えを示しました。<了>

札沼線など4線区の廃止はやむを得ない判断でしょう。

また今回は廃止されずに済んだ8線区に関しても、自立させる方向性が見出だせないと早晩廃止されるのは明らかです。バス転換なども含め、総合的かつ建設的に地域の公共交通を検討していく必要があるのは言うまでもないことです。

今までのように他者に押し付けるのではなく、自立できる方法を考えないと先細りしてしまいます。さぁ妙案が出てきますかね?

PS.画像の銚子電鉄を参考にしてみるのもひとつの方法だと思いますが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

降伏文書

2018-06-17 06:49:05 | 文化

先の大戦に敗れた日本。今から73年前のこと。

降伏した約半月後、東京湾上に浮かべられたアメリカの艦船ミズーリ号で調印された降伏文書(複製)である。

先月、江戸東京博物館に行ったときに展示されていたものである。当時の日本の外務大臣である重光葵の署名はもちろん、画像の真ん中にはマッカーサーの署名も確認できる。

調印されたのは、1945年9月2日。国際的にはこの日が終戦と認識されている。日本も終戦の日を8月15日から改めるべきだろう。

歴史を変えた文書である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民鉄キャリアトレイン

2018-06-16 07:28:36 | 社会

乗りものニュースより。

東急電鉄や東京メトロ、名古屋鉄道、阪急阪神ホールディングスなど11社は2018年6月15日(金)、勤務場所の都合で働き続けることが困難になった社員を相互で受け入れる枠組み「民鉄キャリアトレイン」を立ち上げました。

Large 180615 careertrain 01人材を相互に受け入れる枠組み「民鉄キャリアトレイン」のイメージ(画像:東京メトロ)。

大手私鉄各社では、配偶者の転勤や家族の介護などで会社を退職し、他地域に移動する社員の増加が将来の大きな課題のひとつといいます。「民鉄キャリアトレイン」は、そのような事情が生じた際に、本人の希望と受け入れ会社の事情に合わせて、参加各社間で活躍の場を提供するというものです。

参加するのは東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、京王電鉄、東京メトロ、小田急電鉄、西武鉄道、名古屋鉄道、近鉄グループホールディングス、阪急阪神ホールディングス、西日本鉄道の11社。これら各社はそれぞれ東京、名古屋、大阪、福岡を拠点とし、鉄道事業を基盤に不動産事業など地元の生活に密着したビジネスを展開しています。

11社は、各社社員が経験したノウハウを「共有財産」と捉え、「民鉄キャリアトレイン」により相互に即戦力として活かすことで、優秀な人材の確保につなげる狙いです。一方、各社従業員にとっても、私鉄ビジネスのキャリアを継続することで、働きがいや働きやすさの享受が期待できるといいます。

社員の受け入れ可否は受け入れ側会社が判断するものとし、形態は、転籍のほか出向など、幅広い対応も考慮します。再度の転居などで元の会社に復帰、再入社することも認める場合があるといいます。また、今後、参加会社の拡大も検討します。<了>

このような同業他社間での連携した取り組みは今後増えてきそうですね。人手不足が深刻になる昨今、人材の流出を極力避けるために、そして労働者も継続的に働ける仕組みは幅広く求められるに違いない。民間主導なのも良いですね!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡のぬれ煎餅

2018-06-15 06:56:53 | ビジネス

昨日、成田空港の売店で目にして買ったものの物語。

長文ですが、よろしければお付き合いください。

以下、銚子電鉄ホームページより抜粋。

銚子電鉄は千葉県最東端の銚子市を走る、全長僅か6.4kmの小さな私鉄です。
そんな鉄道会社が販売している「ぬれ煎餅が起こした奇跡の実話」をご紹介させていただきます。

銚子電鉄は過疎化による人口減少や、観光客の減少により年々乗客数が減り、行政からの補助金で何とか運行を維持している状態でした。
昭和30年代に年間250万人以上いた乗客は、平成に入ると100万人を切り、いつ廃線になるかと不安を抱えながら仕事をしていました。

平成18年、恐れていたことが現実に変わりました。
当時の社長に横領が発覚。その額は1億円を超え、すでに行政からの補助金は打ち切りになっており、倒産の危機が目の前に迫ってきました。

しかも、時を同じくして国土交通省の監査が入り、老朽化した線路や踏切の改善・修理の命令も出されました。3カ月以内に線路・踏切などの改修をしなければ運行停止。それには約5,000万円もの費用が必要で、会社にとってこれは“死刑宣告”とでも言うべきものでした。

そのうえ車両の法定検査(自動車の車検のようなもの)が1ヶ月後に迫り、費用は1,000万円。これら多額の費用は月間運賃収入が900万円の赤字会社がとても確保できる額ではありません。社員の給料さえも全額払えない状況で、この時の通帳残高は僅かに200万円。銀行からの追加融資も元社長の横領問題で望めず、会社存続は絶望的な状況でした。

それでも何とかしなければならない…
出来る事といえば、数年前より製造・販売を開始した副業の「ぬれ煎餅」を売ることだけでした。

電車を走らせる為に、「買って下さい、買って下さい。」来る日も来る日も必死になって売り歩きましたが、そう簡単に売れるものではありません。現実の厳しさを思い知らされました。
「本当にこんなことに意味があるのか?」「私達が思うほどに銚子電鉄は必要とされてないのか?」
そんな思いが頭をよぎり、やる気を失いかけていました。

もうダメかと諦めかけていたある日の朝、パソコンを開くと、膨大な数のメールが2,000…3,000件…!
「ぬれ煎餅」のご注文が今までに見たことがないようなペースで入り続けていました。
一瞬、わが目を疑いました。一体これはどういうことなのだろう…?

実は3日前の夜、「もはや残された時間はあと数日、このままでは完全に資金ショートを起こしてしまう。何かしなければ。」・・そう思った時にふと思いついたのが、インターネットでぬれ煎餅の購入を呼びかけることでした。

「ぬれ煎餅を買って下さい。電車修理代を稼がなくちゃいけないんです。」
という言葉が自然と頭に浮かび、思わずホームページに書き込みをしたのです。

この書き込みを見た多くの人がインターネットの掲示板やブログ(日記)などで、「ぬれ煎餅の購入」を呼び掛けてくれたためでした。
そのメッセージに10日間で10,000人以上のお客様が共感してくれたのです。

その後テレビなどにも取り上げられ、ぬれ煎餅は爆発的な売上げを記録しました。
この売上げにより「車輌の法定検査」や「老朽化施設の改修」などの費用を賄うことができました。
これはまさに思いもよらぬ「奇跡」でした。

そして、ご注文をいただいた多くのお客様からメッセージが添えられていました。
「年金生活なので、これが精一杯の買い物でした。ごめんなさい…。」
「彼女との初デートに銚子電鉄を利用しました。その時、僕が緊張しているのを見た車掌さんが話しかけてくれ、二人を和ませてくれました。その時の彼女は、今僕の妻です。子供も二人できました。僕達を結びつけた銚子電鉄、あの時の優しい車掌さん、今度は僕が助ける番です。」
「子供達がお金を出し合いお煎餅を注文しました。銚子電鉄がんばれ!」
「私が小さい頃、去年亡くなった母と銚子電鉄に乗った大変楽しい思い出があります。優しかった母との思い出の一部がなくなってしまうのは悲しいです。絶対に守ってください。ずっと応援します。」

メッセージを読んでいると涙が溢れてきました。「ありがとうございます。ありがとうございます。」ただ感謝の言葉しか思い浮かびませんでした。

私は「苦しいときに助けを求めることは、恥ずかしいことではない」ということを学びました。
あの時、ホームページにぬれ煎餅の購入を呼びかけて本当に良かったと思っています。もし呼びかけていなければ、もう銚子電鉄は確実に廃線となっていたことでしょう。
また、このような奇跡が起きることもありませんでしたし、お客様の温かい気持ちを知る機会もなかったと思います。

そして今は「多くの人からいただいた温かい想いを、自分達がどれだけ返せるか!」「人のためになれるか!」「このご恩は返さなければいけない!」と強く思っています。
だから、私達は電車を走らせ続け、「電車に乗って楽しかった」と思って頂けるように、そして「このぬれ煎餅を食べた人が美味しかった」と、一時でも幸せになれるように、これからも全力を尽くします。

また、この話を読んでいただいたお客様が、「人の心の温かさ」や「諦めない気持ち」、「困った時は素直に助けを求める」など、現代社会の人達が忘れかけたものを思い出し「人と人との温かいつながり」が増えるきっかけになれたら嬉しいです。

今でもぬれ煎餅をご購入していただいたお客様から「電車大丈夫?」と心配されたり、「電車運行がんばって!」と激励を受けたりしています。お客様に恵まれ本当に幸せです。

これからも、様々な問題がおこるかもしれませんが、従業員一丸となって頑張っていきます。

銚子電気鉄道株式会社 専務取締役 山﨑勝哉(当時 経理課長)<了>
 
昨夜、味わいながら、またこのぬれ煎餅の物語を読みながら、いただきました。
ちょうど1年前、銚子へ足を運んだ際は、時間が早くて買えず仕舞い。やっと違う場所ではありますが、買え(食べ)ました。
濃いめ醤油の味わいとしっとりした食感、なかなか癖になります。
皆さんも機会があれば、是非お買い求めください。
最後に、銚子電鉄の皆さん、これからも頑張って!応援してますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1日遅れですが・・・

2018-06-14 06:06:44 | スポーツ

昨日6月13日はプロレスリング・ノアの創業者であり、人気プロレスラーでもあった三沢光晴選手の命日でした。

広島での試合中の事故で亡くなってから9年。いまだにあのニュースを聞いたときの衝撃を忘れられない。

昨日の夜は彼の入場曲であった「スパルタンX」を聞きながら、在りし日の思い出に浸った。

全盛期(全日本時代)、会場で彼の試合を見ていて、会場内に響きわたるエルボーの打撃音は衝撃的だった。そのせいで彼の肘は変形し、やや不自由だったという。そりゃあれだけの打撃をし続けていれば、変形もするだろう。

彼の事故後、プロレス界は紆余曲折ありながら、また形を幾分変えながら復興の兆しが見えてきた。その状況を、あの世からどう見ているのだろうか?

あの世でも、かつてのライバルたちにエルボーを見舞っているのだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

難しいのか?

2018-06-12 08:17:30 | 乗り物

日刊工業新聞より。

独紙ビルト日曜版は10日、独自動車規制当局の連邦自動車局(KBA)が、自動車大手ダイムラーのディーゼル車のエンジンから排ガスをコントロールする違法な装置5点を発見したと報じた。

それによると、KBAはこの装置が欧州連合(EU)の最新の排ガス規制「ユーロ6」に対応したダイムラーの新型ディーゼル車の大半に使われていたと疑っており、対象は約100万台に及ぶという。

ダイムラーの広報担当者はこの記事についてコメントを控えると述べた上で「われわれは全面的に、包み隠すことなく、KBAや連邦運輸省と協力している」と語った。<了>

同じドイツのフォルクスワーゲンも数年前に排ガス不正問題があり、その後は厳しい経営状況にあったのは記憶に新しい。そして、今度はダイムラーもディーゼル車で同様な不正が…。

最新の技術をもってしても、最新のディーゼル車の排ガス規制は困難だということか?

近年、日本でディーゼルといえばマツダだが、こちらもディーゼル車関連のリコールはそれなりにあるようだし、排気ガスや煤の問題は完全にクリアされたとは言えないらしい。

ディーゼルエンジンはとても優秀な機関(動力)だと思っているが、排気ガスの浄化との両立はかなり困難であるのは確かなようだ。

やはり世界的な流れからして、電気自動車(EV)へシフトしていくのは間違いなさそうですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨天順延

2018-06-11 07:47:27 | ビジネス

今日の関東地方、台風5号と梅雨前線の影響で終日、雨降りとのこと。

外を覗いてみると、雨音が聞こえるくらいの雨が降っています。

今日は屋外での業務だったため、7時過ぎの段階で中止(順延)が決定。かつて(ドーム球場がない頃)のプロ野球のようです。昨日の段階でほぼ難しいのはわかっていたのですが…。

仕方がないので、今日は家でダラダラしながら過ごします。さぁ何しようかなぁ。家での時間の過ごし方が、昔から得意じゃないため、どうしようか思案しています。まずは部屋の掃除をしようかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発言の意図は?

2018-06-10 08:11:08 | スポーツ

まずはスポーツ報知の記事より。

国際親善試合 スイス2―0日本(8日、スイス・ルガノ)

FIFAランク61位の日本は8日、アウェーの親善試合で同6位のスイスに0―2で敗れた。前半42分にPKで先制され、後半37分に2点目を許した。決定機はほぼなく、西野ジャパンは初陣から2連敗。日本としては5年ぶりの3連敗にも西野朗監督(63)はテスト段階であると捉え「危機感はまったく感じていない」と強気。一方で、一部の選手は危機感を口にした。W杯1次リーグ初戦コロンビア戦(19日)まで残り10日。強化試合は12日のパラグアイ戦のみで不安は募る。

疲れがにじんだ表情とは正反対に言葉は強気だった。「危機感はあるのか」との質問に、西野監督は珍しく語気を強めた。「なぜネガティブにならなければいけないのか。チャレンジを前向きに捉えられる状況。チームとして危機感は、まったく感じてはいません」。照準はあくまでW杯初戦とする指揮官は、自らに言い聞かせるように前向きな言葉を並べた。<了>

「本番」を前に、やたらと風当たりが強い西野ジャパン。いろんな事情があるにせよ、ギリギリになって代表チームを率いることになった西野監督。正直、この大会は初戦が重要なのは言うまでもなく、ここで惨敗するようだとズルズルと3敗して帰ってくるだろう。おそらくその可能性が最も高い気がしています。

そんな向かい風の中、西野監督の「危機感はまったく感じていない」発言は個人的に注目している。そして「なぜネガティブにならなければいけないのか。チャレンジを前向きに捉えられる状況。チームとして危機感は、まったく感じてはいません」とも付け加えた。

リーダーである指揮官がネガティブになるよりは健全であると、私は考えています。選手たちは皮膚感覚でネガティブになる中、それに逆行したとも思える指揮官のポジティブコメント。士気を高めるために意図的に言っているのか、もしくは本音で言っているのか、本番直前だから勘繰るしかないが、これがどう作用するのか?とても興味深い。

できることなら、選手たちが極めてポジティブに考え、本番に臨めば今の実力は出し切れるのではなかろうか。それで負けたのなら仕方がないくらいの開き直りが必要な状況だけに、この発言の意図や目的の結果がとても気になりますし、心理カウンセラーとしても注目しています。

あとはピッチ上で選手たちがポジティブな状況で試合に臨めるか?そこが最も重要なだけに、その部分の調整をしっかりやってもらいたいですね。

いすれにしても間もなく、その結果がわかります。さぁどうなりますか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加