黒ラブのいる生活

らびぃH29年12月29日永眠
らびぃの生きた証としてタイトルはそのまま残し 
日常を備忘録として書き留めています

シエンタの車中泊用ベット作り

2019年05月10日 | 車 バイク

シエラの車中泊用ベットを見て作りたそうにしてた人がいたので手伝った

ほんとは両サイドの小物入れの上に作りたかったけどヘッドクリアランスが無くなるので極力下げることに

2列目のシート倒した状態でその上に板を乗せて極力ヘッド高を取る

そうなると両サイドの型取りが手間

薄い発泡スチロールの板のようなもので型を取る

2列目のシートと高さが揃うよう何度も高さを確認し水平だしして

その位置で型を取る

カップホルダー(ひじ掛け)の上に作るのならものすごく時間は短縮できるし強度も出るんだけど

この位置と比べると5㎝ぐらい高くなる

ここの5㎝は出来上がった時かなりの窮屈さを感じた

何度も何度も修正

出来たらその型でコンパネを切る

今回も型枠用の耐水コンパネを使用

ほぼ型取り完了

合わせて見ながら細かい場所を修正

出来上がったのでペーパーで角を落とす

イレクターパイプで高さを調整しながら足を作る

仮止めで全部作って問題なくなったら接着剤を入れる

位置決めのために敷いてた発泡ブロック

ほぼ出来上がり

大人2人の体重なら大丈夫でしょう

クロルルを乗せるので真ん中シートを起こす時もあるため

今回は3分割にしてる

真ん中(2列目)シートを起こした時のスペース

この状態でも荷室が2段になるので収納力はかなりアップ

3人乗りの状態実際には高齢のルルが自力で上がれないだろうと思って2列目フロアーから座席に上がれるようにしている

1人の車中泊なら大丈夫

前脚は左右独立してつけているので左右どちらでも同じ条件で取り外すことができます

2列目を倒すとかなり広いスペース完全にフラット

材料費4万くらいかかったのかな?

時間は材料購入からだと延べ4日ぐらいかかったかな

車のシートや車体は一切加工してませんので数分あれば元の車に戻せます

クレームは受け付けません(笑)

 

数日後ベットを出した状態でくろるるの乗り降りができたら便利って

実際には高齢のルルが乗り降りきついので前方を分けて低いシートに上がれるようにしてたがやっぱり全部つけておきた様子

単純に考えたらスロープ付けたら簡単だけどこの高さだと相当長くなる

長くなると重くなる 収納のためには二つ折りにしないといけに

長くなるとスロープの幅も広げないと落ちる可能性あり

現実的に2mのスロープ積み込むのは難しい

止めました(笑)

代替品としてらびぃが年とってきた時真っ先に上がれなくなったのが玄関の土間から廊下の30㎝

登ろうとするタイミングで軽くリードを持ち上げると登れる

階段式を採用

もっと弱ってきた時は補助ハーネスを使い始めるので同じようなタイミングであげると簡単に上げることができる

ってことで作ってみました

 

リアゲートからの踏み台

出先でも使えるように常時積み込んでおくためコンパクトになるよう足は折れるようにする

折れるようにすると今度は強度が出なくなる

20数キロのラブが飛び乗るので静荷重と違い衝撃的にかかる少なくても2~3倍の荷重に耐えないといけない

結構これは悩んだ

足が垂直に立ってなおかつ折れ曲がり簡単に固定できるようにするためこの部分だけ

取り外せるようにしてある

段差の調整ができるようネジ式の足

車側は重量を車が受け止めてくれるよう引っ掛ける

 

完成です

 くろは若いので簡単にポンポンと登ってた

るるは初め躊躇してたがリードを持ち上げ誘導したら簡単に飛び乗れるようになった

これで暫くはルルにも飼い主にも負担かけずに上げることができるでしょう

使った時の写真が届いたので追加しときます

 

 

使わない時は後ろの下の段でも入れれるし運転席後ろに差し込み可能

今回軽くするためコンパネを使わず40cm×90㎝の桐の板を使ったので3,500円材料代がかかりましたが軽く出来上がりました。

疲れた

人の車は気を遣うからもうやめた(笑)

 

 

 

コメント (12)   この記事についてブログを書く
« れんげ祭り | トップ | 伊達なうわじまお城祭り 前編 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピィ)
2019-05-10 14:53:18
下に荷物が置けて、上がベッド。
すごく便利そう。
予想外に寒い時などの余分な布団も入れておけそうですね。
またひとり (SOU△)
2019-05-10 15:22:52
車中泊仲間がまた一人増えたのかな?
それにしても、泊車作り屋さんができそうな勢いです
型紙をとっておけばシエンタの泊車作りを請け負えそう

そういう自分は今日、ニュービートルの後ろで寝られないか、体を入れてみたところでした
ホビオで旅に出れば問題なく車中泊できるのですが、なにしろ坂道上らないので‥
こんにちわ、べるさん (たか)
2019-05-10 18:08:21
羨ましい!
べるさん、こちらにも出張して下さ~い。
僕も・・・私も・・・・・・・・と暫くは帰れなくなるかもしれませんが
このブログを見たらウズウズしている人間がアッチにもコッチにも出てきそう。
しかし大したものですね、べるさん!

私の車はやっぱり靴置き場が問題でした。

ピィさんへ (べる)
2019-05-10 18:10:39
荷物を積むスペースはかなり増えましたね
衣装ケースみたいなのが丁度入る高さなので
要らないものは全部隠せるとようでした
スワオキの大容量電源も準備してましたので
電気毛布1晩中使うことができます
寒い時も大丈夫です
ラブ2匹なので抱きついて寝たら暖かそううだけど朝起きたら毛だらけは覚悟しないといけないです(笑)
SOU△さんへ (べる)
2019-05-10 18:16:05
犬2匹連れて車中泊してるましたね
早速横浜帰る時使ったようでやっぱり
完全にフラットになると寝やすいようです
ビートル 車内の形状が思い出せない
シエラでもできるんだから1人分確保するのは大丈夫でしょう
けどホビオがあるからもったいないですね
快適な車中泊できそうですけどね
登らないのがご愛敬 お先にどうぞって
昔流行ったステッカー貼っときますか(笑)
Unknown (shirei0904)
2019-05-10 18:25:41
お久しぶりです!
もう〜お見事過ぎて、凄いの一言です。
是非是非、セカンドライフのお楽しみに役立てて下さい(^ ^)
当てがい細工しか出来ない我が家にも、
是非〜
お待ちしています(^ ^)

いつも、出掛けたい衝動にかられる記事を(笑)
ありがとうございます♩
たかさんへ (べる)
2019-05-10 18:34:19
季節物のタイムリーなネタを優先してアップしてたので遅れてしまいました
私のシエラでさえなんとか寝るスペースとれるのですからほとんどの車が同じようにできるでしょうね
全く車を改造しないで何時でも元に戻すようにするための細工に時間がかかります
この車にスペースだったら犬乗せなければ
ほとんどの荷物はベットの下に格納できそうです 
としちゃん横浜帰るのに夕方出て途中車中泊して帰ったみたいですよ
Shireiさんへ (べる)
2019-05-10 19:07:28
お久しぶりです
いつも読み逃げですみません
キャンプブームで車中泊も流行ってて
色々なキットも発売されているようですけど
高すぎてなかなか手が出ませんので
自分で工夫するしかないですね
この車黒とイエローのラブ2匹連れて移動してる人なのでベット下のスペースは
便利だったようです

どう作るかを考えるのが時間がかかるので
実際には数日ああでもないこうでもないってない頭を使って頭痛がします(笑)
ご夫婦でけん引免許もって大きな箱引っ張てたの凄いですね
憧れますね  子供が小さい時セレナを買ってなんとかキャンプできるようにいじったのが精一杯でしたね
そう言えばあの当時友人が引っ張ってたの
フランスベットのトレーラだったような気がする 間違いかな? 遠い昔の思いです
Unknown (ゆうこ)
2019-05-11 22:47:30
>シエラの車中泊用ベットを見て作りたそうにしてた人がいたので
 という書き出しで読んでいたけど、…あれ、私、くろるるままのブログを読んでたかな・と、ふとそんな気がしたら、出てきた出てきた、くろるるちゃん。
 るるちゃんのための「ハードタイプの収納ケース」階段 https://ameblo.jp/clover20031020/entry-12459472562.html ベルさんの真心のたまものだね。
>人の車は気を遣うからもうやめた(笑)
 お疲れさまぁ。

 それにしても、としちゃん、すごいよ、横浜までいつも運転。800㌔超!ほんと、凄い。気持ちのいい人、すてきな人です。私なんて、としちゃんの小指の力もない。
 末筆になりましたけど、地震、大丈夫でしたか?
ゆうこさんへ (べる)
2019-05-11 23:38:26
こんばんは
両方のブログ見てる人はどちっがどっちなのかわからなくなりますよね
実際に作る前にどう作るか考えるので数日かかってるんです 決まれば部品買ってきて
一気に作るのでそれほど難しくはないんです
飛び乗る台も収納のこと考えてどう作ろうかって1日悩んでました
私の車車中泊仕様にして未だに使ってないんですけど
としちゃんは横浜帰るのに早速使って
熟睡出来たって大喜びしてますね
先越されました
遊び行く時だけは元気な人でしょう
宇和島いる時でも毎日写真撮りに行ってましたね 今度も横浜帰ってすぐにドックランで一日遊んでたみたいですから60前のハイパーおばちゃんです(笑)

地震は不思議と感じませんでした
今度の地震はちょっとおかしい 
伊方原発も感知せずって言ってましたから
揺れるとこと揺れないとこの差が激しかったようです

コメントを投稿

車 バイク」カテゴリの最新記事