クルマとバイクと読書の雑記

他のブログサービスから引っ越してきました。
クルマとバイク、ミステリーやライトノベルなどを楽しむ日常を綴るブログです。

USJへ

2017-03-28 19:08:52 | シグナスX

2年前、長男の中学受験終了祝いで、福島県のスパリゾートハワイアンズに行きました。

今回は次男のお祝いで、この日曜月曜に大阪のユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に行ってきました。

 

子供たちは当然ですが、妻も私もここは初めての訪問でした。

一度行ってみたいと思いつつ、大阪にあるのだからいつでも行けるなどと思って油断していたら、今年度でなんともう15年も経っていたんですね。

開園15周年を迎え、USJが新しく生まれ変わる「RE-BOOOOOOOORN!(リボーン)」というのを打ち出していて、初USJ訪問の年としてはかえって良かったかも。

 

RE-BOOOOOOOORN!パレード。

とっても派手で、なかなかよろしかった。

大昔(27〜8年前)に見た東京ディズニーランド(TDL)のエレクトリカルパレードを思い出したり。

 

一番の目当てはこちら。

ハリー・ポッターのエリアです。

ここは本当に良く映画の雰囲気が再現されていましたね。

ちょっと感動ものでした。

 

人の多さが大変でしたが、逆に閑古鳥が鳴くような状態だと気持ちが下がりますし、雰囲気はやはり混んでいる方が賑やかでいいですね。

各種の待ち時間はこのように凄まじい状態でしたが、ちょっと贅沢にEXPRESSパスを取っていたので、目当てのものは全てスンナリ入ることができました。

 

とにかく全てがすごくよくできているのと、園内が非常に綺麗に保たれているところに感心しました。

これは大昔にTDLで感じたのと同じものですね。

日本全国で失敗が多いテーマパークの中でUSJとTDLが衰えることなく集客しているというに納得です。

まさにディズニーとハリウッド映画という超人気コンテンツがテーマという強みと、造りそのものの高品質があり、収益があるのでそれを維持していけるという好循環なんでしょうね。

周囲にも、ここの年間パスを持っているという話をよく聞きますしね。

TDLに何度も行きたいから近くに家を買って、年間パスを使って日常的に通っているみたいな人も多いようですし。

どちらも好きな人にとっては、まさに「夢の国」なんですね。

 

一泊二日で、なかな高密度の非日常体験ができました。

 

 

読書の備忘録。

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 009 アリシゼーション・ビギニング

「ここは…どこだ…?」目を覚ますと、キリトは巨木が連なる森の中―ファンタジーの“仮想世界”に入り込んでいた。手がかりを求めて辺りを彷徨う彼は、一人の少年と出会う。「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」この仮想世界の住人―つまり“NPC”である少年は、なんら人間と変わらない感情の豊かさを持ち合わせていた。ユージオと親交を深めていくキリトの脳裏に、とある過去の記憶がよみがえる。それは、子供時代のキリトがユージオと一緒に野山を駆け回っている記憶だった。そしてそこには、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。名前は、アリス。忘れてはいけないはずの、大切な名前だった。ウェブ上で最も支持を得た超人気エピソード登場。」

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 010 アリシゼーション・ランニング」

謎のファンタジー世界に入り込んでしまったキリト。VRMMOチックなその空間で最初に出会った少年・ユージオ。“NPC”とは思えないほど感情が豊かなその少年と共に、キリトは央都“セントリア”に向かい、そして、二年が過ぎた―。キリトとユージオは、“北セントリア帝立修剣学院”の“初等練士”となり、それぞれ先輩であるソルティリーナとゴルゴロッソの指導を仰ぎながら、人界最強の秩序執行者“整合騎士”を目指す日々に明け暮れていた。央都を統べる“公理教会”の中枢にたどり着くため、二人はあまたの障害をはねのけ、学院にわずか十二人しか存在しない“上級修剣士”を目指す―!壮大なるヴァーチャル・ワールド・スペクタクル。」

この、これまでのSAOらしからぬファンタジー展開ですが、なかなか新鮮でいいですね。



あいま祐樹氏作「残留思念(サイコメトリー)捜査 2 消えた名門女子高生」

茗桜義塾大学の講師・渋谷一樹は、付属の女子高でも教鞭を執っている。その生徒、二ノ宮莉音が正体不明の人物から悪質な嫌がらせを受けていた。莉音の部屋に猫の頭部が置かれたうえ、謎の脅迫状が届けられたのだ。莉音の特殊能力を狙った犯行だと推測する渋谷は、莉音の安全のために奔走する。しかし騒動は莉音の大親友・葉月の失踪という最悪の形で事件化してしまう。犯人の狙いとは―。二人が再び難事件に立ち向かう!」

事件としては平凡。

でも莉音の健気さや葉月の聡明さが心地よい。


初野晴氏作「ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外編」

マレンと成島の夢は、穂村と上条の夢を叶えることだ―。部を引退した片桐元部長から告げられ、来年のコンクールへの決意を新たにする芹澤直子。ギクシャクした関係を続けるカイユと後藤朱里。部の垣根を越えてある事件を解決するマレンと名越。そして部のまとめ役の成島美代子…。清水南高校吹奏楽部に運命的に集まった個性的なメンバー。その知られざる青春と日常の謎を描く、大人気シリーズ書き下ろし番外篇!」

2015年にコミカライズされ、2016年1月にはアニメ化。

今度は実写映画化されと、本当に人気ありますね。

アニメ公式サイト

映画公式サイト

個人的にアニメは、原作の登場人物達のユーモラスな思考パターンの妙が表現しきれていなくて残念でした。

本作はハルタとチカ以外のメインメンバーの内面描写で、これがまた面白かった。


電子書籍では、

鰤 牙氏作「VRMMOをカネの力で無双する 5」

以上で87冊目。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

来年度から

2017-03-23 22:29:04 | 小ネタ

最近あった個人的なことなど。

まずは次男の小学校の卒業式がありました。

全く、子供の成長は本当にあっという間で、時が過ぎるのは早いものです。

 

 

早いといえば、今日は私の誕生日でもありました。

ついに50代へ突入です。

40歳になったときも何か重い感覚がこみ上げてきましたが、江戸時代なら人生を全うしたと言える年齢だけに、今回は更にですね。

しかし、病気や事故で早くに亡くなられるような人のことを思うと、この年齢まで無事に生きられたのは幸せなことです。

そう考えると、誕生日というものは重ねれば重ねるほどに、やはりおめでたいことなんでしょう。

 

しかし、40代の10年は本当にあっという間に感じられました。

きっと50代はもっとなんだろうなあ。

う〜む。

 

一方で楽しみなこともあります。

新年度より次男が中学校に入り、私学なので土曜日も授業があります。

ですので、長男次男とも土曜日は登校。

妻も普通に出勤日。

これまでの土曜日は、受験生の次男の付き合いで勉強のペースメーカーをしたり昼食を用意したり、塾の送迎をしたりして過ごす休日だったのですが、春からは基本的に好きに使える時間になります。

バイクで適当にフラッと出かけたり、妻にエスティマで出勤してもらいロードスターで遊びに行ってもいい。

こういう自由な土曜日が帰ってくるのは長男が小学校へ入って以来なので8年ぶりかな。

ちょっとワクワクです。

 

 

読書の備忘録。

 

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 007 マザーズ・ロザリオ

キリトが巻き込まれた“死銃”事件から数週間。妖精アバターによる次世代飛行系VRMMO“アルヴヘイム・オンライン”にて、奇妙な騒動が起こる。新マップ“浮遊城アインクラッド”、その第24層主街区北部に現われる謎のアバターが、自身の持つ“オリジナル・ソードスキル”を賭け、1体1の対戦ですべてを蹴散らし続けているという。“黒の剣士”キリトすらも打ち負かした、“絶剣”と呼ばれるその剣豪アバターにアスナも決闘を挑むのだが、結果、紙一重の差で敗北してしまう。しかし、そのデュエルが終わるやいなや、“絶剣”はアスナを自身のギルドに誘い始めた!?“絶剣”と呼ばれるほどの剣の冴え。そこには、ある秘密が隠されており―。『マザーズ・ロザリオ』編、登場。

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 008 アーリー・アンド・レイト

“SAO”中階層で、一人のプレイヤーが殺された。その殺害現場は、決してHPが減るはずのない“安全圏内”だった。これはプレイヤー・キルだと仮定するも、その殺害方法に全く見当がつかず…。奇怪な事件を、キリトとアスナが追う(『圏内事件』)。“ALO”伝説の聖剣“エクスキャリバー”。その獲得クエストがついに始まった。守護するモンスターたちの強さから一度は獲得を諦めていたキリトだったが、これを機に再び争奪戦に本格参戦する。しかし、このクエストには壮大な裏イベントがあり…(『キャリバー』)。“SAO”正式稼働初日。茅場晶彦によるデスゲーム開始の声明を受けた直後。キリトが決断した、このゲームを生き抜くための最初の一手。それは、ベータテスト時に攻略経験があるクエストを真っ先にクリアし、初期装備よりも強力な剣を獲得することだった(『はじまりの日』)。」

ユウキの話は、やはり泣けます。

次巻から、いよいよアニメ化されていない部分です。

 

以上で82冊読了。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

エスティマのタイヤ新調

2017-03-20 16:23:27 | エスティマ

今日は、妻が運転するロードスターと連れだって、マツダのディーラーでスタッドレスから夏タイヤへの交換をしてきました。

これまでは、ロードスターはマツダ、エスティマはトヨタでお願いしていたのですが、今回より両方ともマツダで。

どちらも一カ所で頼めると楽なのですが、なんとなく別メーカーの車の作業をお願いすることに抵抗感を持っていました。

でも思い切って申し出てみたところ、単純な有料作業は普通に収入としてありがたいとのことで。

ということで、これからはロードスター、エスティマとも一度にお願いすることにしました。

トヨタでなくマツダだったのは、単に自宅からの距離が圧倒的に近いからです。

 

ロードスターは、納車以来初めて本来の夏タイヤ装着ということで楽しみだったのですが、妻が実家で用事があるということで交換が済んで早々に乗っていってしまいました。

良い天気だったのに残念。

 

エスティマの方は、5月に控える車検前にタイヤを新調しておこうということで、ニュータイヤへの交換も同時にお願いです。

選んだタイヤはこちらです。

YOKOHAMA BluEarth RV-02

選択の基準は、「信頼できる国産メーカー」「ウエット性能重視」「価格もそんなに高くない」の3点で。

このタイヤのウエット性能の評価は「a」で、ここに関しては、ミニヴァン用タイヤの中では高価なモデルの代表的なREGNO GR-V2などよりも優れているようです。

静粛性や燃費の多少の差は気になりませんし、普通に走っている分にはドライ路面でのグリップ性能も、そう問題にはなりませんしね。

でも悪天候での安心感にはちょっとこだわりたいということです。

 

今回のネット購入に利用したお店「パーツショップWAVE

 

タイヤ交換後は、エスティマにタイヤを積んで帰宅。

シートの3列目をたたんで2列目を前に寄せて作ったスペースに、17インチ、18インチのタイヤ合計8本が普通におさまりました。

こういうところがミニヴァンの便利なところですね。

ロードスターが不便な分、エスティマの方も手放せません。

 

 

エスティマのスタッドレスタイヤは、冬を5シーズン過ごして残りこのくらいになりました。

スタッドレスタイヤとして、もうひと冬くらいは使えるかな?

 

それにしても、今日はポカポカいいお天気でしたね。

花粉攻撃がなければ、最高のバイク日和だったのですが。

 

 

読書の備忘録。

 

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 005 ファントム・バレット」

“SAO”事件から一年が経った。ある日。キリトは、総務省“仮想課”の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。銃と鋼鉄のVRMMO“ガンゲイル・オンライン”で突如発生した“死銃”事件。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実でも“死”に至る…。その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、“仮想世界”が“現実世界”へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、“GGO”へとログインする。“死銃”の手懸かりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手をさしのべたのは、長大なライフル“ヘカート2”を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。新エピソード突入。

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 006 ファントム・バレット」

銃と鋼鉄のVRMMO“ガンゲイル・オンライン”で発生した“死銃”事件を調査するため、“GGO”へとログインしたキリト。一見超美少女キャラと見間違えるアバターにコンバートされるトラブルに遭った彼だったが、スナイパーの少女・シノンのナビゲートにより、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント“BoB”に無事参戦を果たす。キリトは、銃が支配するこのゲームで唯一“光剣”を駆使、“BoB”を勝ち進む。その奇抜な戦闘スタイルが話題となり、徐々にゲーム内での知名度は上がっていった。そして“BoB”決勝。数多の強敵がひしめく“バトルロイヤル”の中、ついに“死銃”が姿を現す。果たして“死銃”とは何者なのか。本当に“仮想世界”から“現実世界”へ影響を及ぼすことができるのか…キリトは単身、“死銃”へと挑む!!『ファントム・バレット』編、完結。」

アニメ2期1クール目の内容。

アニメで省略されていた部分が詳しく語られているので、シノンが受けてきた苦しみとキリトが抱く苦悩がより切実にせまってきますね。


電子書籍では、

支倉凍砂氏作「狼と香辛料」

FUNA氏作「私、能力は平均値でって言ったよね! God bless me ? 4」

鰤 牙氏作「VRMMOをカネの力で無双する 4」

香月美夜氏作「本好きの下剋上 司書になるには手段を選んでいられません 第3部 領主の養女 3」


以上で80冊目読了。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

パンまつり2017、ホワイトデー

2017-03-15 18:43:15 | 小ネタ

先日、整備を受けて調子が戻っていたシグナスですが、数日経過した時点でまた逆戻りのような感じになってきました。

発進時の一瞬が、どうもギクシャクする。

微妙にかぶるというかノッキングというか、もどかしい。

ここだけは、ウエイトローラーを換える前の方が快適でした。

ちょっと速度がのると、明らかに変更前より俊敏ではあるのですが。

 

一体何が原因なのでしょう。

こうなると、交換したウエイトローラーの問題のような気がしてなりません。

もう一回、別のに交換してみようかな?

違うメーカーで、重さも微妙に変えてみて。

それでも一緒なら、今度こそ「こんなものか」と納得もできそうな気がしますしね。

 

 

 

 さて、今年もヤマザキ春のパンまつりを頑張っています。

昨年は平たい皿でしたが、今年はスクエア型のコンパクトなボウルです。

これもなかなか便利に使えそうなので、家族の人数分が目標です。

長男が学校で食べる朝御飯用に菓子パンをしょっちゅう買うので、あっという間にたまっちゃうんですけどね。

しかしこのパンまつりの食器って、色合いは綺麗だし頑丈だしで、本当に便利。

 

 

一昨日の帰り道。

高島屋に立ち寄りました。 

同じ界隈にある大きな百貨店は他に大丸があるのですが、こちらの方が駐輪場が広くて使いやすい。

価格関係なくレシート証明で2時間無料というのもありがたいです。

街中にバイク置き場がもっとあればいいんですけどね。

置き場所という点では、コインパーキングがいっぱいあるクルマの方が便利。

道を走る分には、小回りのきくバイク(特に2種原付など)が超快適。

ままならないものです。

 

 珍しくこんなところに立ち寄った目的は。

ホワイトデーのお返しを用意するためでした。

 

2017年はこういうの、という備忘録です。

 

 

 

読書の備忘録。

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 003 フェアリィ・ダンス

禁断のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』から現実世界に戻ってきたキリト。彼は攻略パートナーであり、想い人でもあるアスナのもとに向かう。しかし、結城明日奈は、あの悪夢のゲームからまだ帰還していなかった。困惑と絶望に包まれるキリト。唯一の手がかりは、鳥篭の中で佇む“妖精姿”のアスナという謎の画像データのみ。どうやら彼女は、高スペックVRMMO“アルヴヘイム・オンライン”というゲーム内に囚われているらしい。キリトはアスナを救うため、飛翔する妖精プレイヤーたちが交錯する“ALO”に飛び込んでいく…!!WEB上でも屈指の人気を誇った『フェアリィ・ダンス』編、スタート。」

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 004 フェアリィ・ダンス」

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO“アルヴヘイム・オンライン”にログインしたキリト。その次世代飛行系ゲーム“ALO”は、“魔法”という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして“妖精”となって空を駆け巡る“飛翔システム”と、“SAO”に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。“妖精”スプリガンとなったキリトは、アスナの幽閉先―全プレイヤーの最終目標“世界樹”目指し突き進む…!道中、妖精種族“サラマンダー”のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、“シルフ”の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。そしてついにキリトは“世界樹”の根元までたどり着く。しかしそのとき、リーファとキリトは互いの“秘密”を知ってしまい…。」

ALO編の2冊。

VRMMOが実現したら、人が空を飛べる体験が出来るんだなあと、作中世界が羨ましく感じます。

現実でも100年以内に実現できるかもしれないと思うと、ちょっと早く生まれすぎたなあと思いますね。

 


電子書籍では、

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝3 黄昏の竜騎士編 上」

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝3 黄昏の竜騎士編 下」

永島ひろあき氏作「さようなら竜生、こんにちは人生」

漂月氏作「人狼への転生、魔王の副官 03 南部統一」

壱弐参氏作「悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ 2」

山田まる氏作「おっさんがびじょ。 AKIRA & ISATO 2 わるものVS異世界ブラック企業」

壱弐参氏作「悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ 3」


以上で74冊目。


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに宇治川ライン

2017-03-08 18:42:32 | シグナスX

先日、たまたま仕事が早々に終わったので、午後から半日休みを急遽いただきました。

せっかくの機会ということで、久しぶりに天ヶ瀬ダム上流の宇治川ラインを走ることにしました。

元々好きなルートだったのですが、道路補修工事の片側通行信号がやたらと設置されている状況が長く、それに辟易して、しばらく遠ざかっていたのですが。

でも久しぶりに走ってみると、やはり気持ちいい。

バイクは、やはりこういう道を走ってこそですね。

飛ばさずに流すだけですが、すごく楽しい。

工事も、もう全然やってないやんか〜、と思いきや。

あ〜あ。

でも、ここともう一カ所だけだったので、許容範囲かな。

十分楽しめました。

楽しめるというと、バイクもそう。

たまたまTMAXではなくシグナスの日でしたが、125ccスクーターでも十分快適。

本気走りのライダーには物足りないのでしょうけれど。

このコースが上りでも下りでもない平坦だからパワー不足を感じないのもありますけどね。

上りを楽しむなら、やはり250くらいは必要かな。

マジェSとか、150ccクラスはどんな感じなのだろうか。

 

宇治川ラインついでに。

京都府下ラーメンランキングずっと1位、平日昼間のみの超強気営業の人気店「俺のラーメン あっぱれ屋」。

ちょうど2年ぶり。

今回は「濁とろ塩ラーメン大盛り」

うん、美味い。

 

 

 

はぁ〜、気分がいい。

やはり、いつも仕事している平日の昼間にノンビリって最高ですね。

 

 

読書の備忘録。

 

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 001 アインクラッド」

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する―。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずにログインした約一万人のユーザーと共に、その苛酷なデスバトルは幕を開けた。SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティーを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことに。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし―。個人サイト上で閲覧数650万PVオーバーを記録した伝説の小説が登場。

川原礫氏作「ソードアート・オンライン 002 アインクラッド」

クリアするまで脱出不可能のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』に接続した主人公・キリト。最上階層を目指す“攻略組”の彼以外にも、様々な職業や考え方を持つプレイヤーがそこには存在していた。彼女たちはログアウト不可能という苛烈な状況下でも、生き生きと暮らし、喜び笑い、そして時には泣いて、ただ“ゲーム”を楽しんでいた。“ビーストテイマー”のシリカ、“鍛冶屋”の女店主・リズベット、謎の幼女・ユイ、そして黒い剣士が忘れることの出来ない少女・サチ―。ソロプレイヤー・キリトが彼女たちと交わした、四つのエピソードを、今紐解く。」

アニメを見て読みたいと子供たちが言い出して、全巻購入しつつ読んでいなかったSAOに手が伸びました。

やはり面白いですね。

アニメより原作は情報量が多いところが良い。

 

電子書籍では、

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 5 冥門編 上」

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 5 冥門編 下」

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝 1 南海漂流編 上」

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝 1 南海漂流編 下」

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝 2 黒神の大祭典編 上」

柳内たくみ氏作「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝 2 黒神の大祭典編 下」

 

 

ゲート・シリーズ、やはり面白いなあ。

ストーリーやキャラクターがそれぞれ魅力的なのもいいですが、それに加えて自衛隊の諸々描写が最高。

武器、兵器、訓練、隊の運用から部隊編成とか、詳しく書かれているのが興味深過ぎる。

さすが、作者が元自衛官ということですね。

 

以上で65冊目。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加