あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

宇宙メッセージめぐり大論争 宇宙人は友達?それとも恐ろしい侵略者?

2015-03-31 00:50:46 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

2015.3.30 http://www.sankeibiz.jp/express/news/150330/exh1503300001001-n1.htm より

 地球外知的生命体に向け、宇宙空間にメッセージを送るのは是か非か。今年に入り、米国でこんな論争がヒートアップしている。

 高名な天文学者やSF作家、実業家らが両陣営に分かれて議論を展開しており、将来人類を滅ぼす原因となるかで見解が分かれる人工知能(AI)をめぐる論争に続き、全米の関心を集めている。

 博愛主義、証明できぬ

 AP通信によると、事の発端は2月中旬に米カリフォルニア州サンノゼで開かれたアメリカ科学振興協会(AAAS)の年次大会で、この問題が議論されたこと。これを受け、米宇宙ベンチャー「スペースX」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO、43歳)や約70個の惑星を発見し「惑星ハンター」の異名を持つ米天文学者のジェフリー・マーシーさん(60)らが地球外生命体に向けたメッセージ送信を控えるよう求める請願運動を始めたのだ。

マスク氏らは、メッセージを受け取る地球外生命体が善良な存在か悪意に満ちた存在かを事前に予測することは不可能だと主張。こうした“宇宙人”は米SF映画「E.T.」(1982年)に登場する優しく紳士的な知的生命体などではなく、地球は瞬時に征服されてしまうという考え方で、車いすの英天才物理学者、スティーブン・ホーキング博士(73)らもこうした説を唱えている。ホーキング博士はAIが将来人類を滅ぼす可能性にも言及している。

 米SF作家で天体物理学者でもあるデービッド・ブリン氏(64)はかつてヨーロッパ人が米大陸に渡り、虐殺や疫病をもたらした例を引き、「地球にやってくるのは博愛主義の宇宙人に違いないなどという不確かな仮説に孫たちの将来を委ねることはできない」と訴える。

 「交流で知的恩恵」

 これに対し、メッセージを受け取って反応を返すことができるのは地球人より高度な文明を持つ宇宙人であり、交流によって知的な恩恵を得られると考える研究者も少なくない

 地球外生命の発見を目的とする非営利団体「SETI研究所」(本部・米カリフォルニア州)のダグラス・バコッホ氏はマスク氏らの動きに対抗する形で記者会見を開き、レーダーやレーザー技術を使って積極的にメッセージを宇宙へ送る必要性を強調した。

 SETI研究所によると、米SF映画「エイリアン」(79年)に出てくるような凶暴な異星生物に今更地球の存在を気付かれまいとしても無駄だ。

 地球人は過去70年以上もラジオやテレビの電波を宇宙空間に垂れ流し、米航空宇宙局(NASA)にいたっては地球の文化を伝える音や画像を収めたゴールデンレコードを無人探査機「ボイジャー」に載せて太陽系の外へと旅立たせている。

 バコッホ氏は「これはわれわれが銀河系倶楽部に加わるための試みであり、エイリアンに侵略される危険なんて皆無だ」と語る。

 一方、74年にプエルトリコにあるアレシボ電波望遠鏡から宇宙に向け初めての電波メッセージを送ったことで有名な米天文学者、フランク・ドレイク氏(84)は、宇宙との交信が実際に実現する可能性は「極めて小さい」と達観している。

 電波メッセージは地球から約2万5000光年の距離にあるM13球状星団に向けて送信されたが、2万5000年後にメッセージがこの星団に到達する前に地球の文明は1万年程度で滅んでしまっていると予測しているからだ。

 「じゃあ、なんでメッセージを送ったかって? それは好奇心からさ」とドレイク氏は語る。古代ギリシャやローマ時代のメッセージが長い歳月を経ても今に残っているように、こうしたメッセージが将来、宇宙のどこかの星に伝わることになれば、確かにロマンを感じさせる話ではある。(SANKEI EXPRESS

 

 


宇宙関連で・・

(c)UNIVERSAL PICTURES

映画「博士と彼女のセオリー」オリジナル予告編 “車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士の半生と、

彼を支え続けた妻と­の純愛を描く感動のヒューマン・ラブストーリー<iframe src="http://www.youtube.com/embed/mvAiA-GZElA?feature=player_embedded" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>

迫真の演技と役者魂に脱帽! オスカー獲得のエディ・レッドメイン、


これ、配役決めた人すごい、博士から一転、悪い宇宙人になった・・・ 

 
知能の高い異星人に統制された地球を舞台に、唯一無二の存在である地球人の女性と、彼女を守る使命を負った男の壮大な体験を活写する

 収穫されちゃたまんないわw

映画『ジュピター』予告編【HD】2015年3月28日公開 <iframe src="http://www.youtube.com/embed/FLq7BgDKmdo?feature=player_embedded" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>



ホーキング博士が「天国も来世もない」と暴言す!

ついに本性が??。。宇宙人も認めないといってました( ゜д゜)ン

認めたら怖いそうです。。

リーディングで、主の光が当たると、本性が出て、こうなるんですか?。

コメント

ナニが性奴隷ですか!父は慰安婦の”赤ひげ先生”偽りの歴史教育を廃しましょう!

2015-03-31 00:45:00 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

http://nippon-end.jugem.jp/?eid=4582 より

ナニが性奴隷ですか! 父(麻生徹男)は慰安婦の ”赤ひげ先生” ~どうか、父の思いを正しく受け止めてほしいのです。降りかかる火の粉を払いのけ、偽りの歴史教育を廃しましょう! (歴史通1月号より)

JUGEMテーマ:「慰安婦」問題について

”私たちは自分の手で、子や孫に本当のことを伝えていく必要があります”

覚醒してから、常々そう思っている中、一人でも多くの人に知ってもらいたい内容が多々ありますが、今日はそのなかの一つを久々にご紹介させていただきます。 どうか、最後までお読みくださいませ。

歴史通1月号より

ナニが性奴隷ですか!父は慰安婦の”赤ひげ先生”

元福岡女学院大学非常勤講師 麻生徹男氏二女・天児 都(あまこ くに)

降りかかる火の粉を払いのけ、偽りの歴史教育を廃しましょう!

■濡衣塚の伝説

福岡市の御笠(みかさ)川と国道3号線にはさまれた石堂橋のたもとに、「濡衣塚」という古跡があります。「無実の罪を負わされる」という意味の「濡れ衣」の語源となったとされる伝説で有名です。その伝説は『筑前続風土記』<聖武天皇の頃(724~749年)、佐野近世(さのちかよ)と云う人が、京より筑前の守(かみ)として就任したが、京から連れてきた妻が亡くなり、筑前国の女性を後妻とした。後妻が先妻の娘を殺そうとくわだて、海人(あま:海に潜って貝類や海藻を採集する漁を生業とする人)に金品を与え「姫君が夜な夜な私の元に来て釣り衣(着物)を盗んでゆく」と噂をいうように仕組んだ。それを聞き起こった父親が娘の所に行くと、娘は噂通り「濡れた衣」をかぶって寝ていた。これは実は後妻が娘が寝入ったときに着せたものであるが、父は激怒して娘を殺した。その翌年、殺された娘が父親の夢に出てきて二首の歌を詠んだ。父親はその娘に罪が無いことをさとり、後妻を里に返し自分は出家した>

この言い伝えにより、身に覚えのない罪を負う事を「濡れ衣」を着るというようになりました。私の父、麻生徹男(あそうてつお)も、この伝説のごとく濡れ衣を着せられ、今もなお、その誤解は流布され続けています
(※参考:麻生徹男ーWikipedia )

1989(平成元)年に亡くなった父は、37(昭和12)から41(昭和16)にかけて、日本軍の軍医として中国戦線にあり、この間に慰安婦と慰安所の写真資料と慰安婦に関する論文一篇の第一級資料を残しました。

しかし、この資料が悪用され、父は「慰安婦強制連行」の責任者のごとく言われるようになったのです。

1993年8月、河野洋平官房長官が発表した、いわゆる「河野談話」により、韓国が盛んに日本の政府に「慰安婦問題の関係者を処罰しろ」と声高に主張しはじめて、その折、私の父のことも話題にのぼりました。ジョージ・ヒックス著『慰安婦』(1995年)は、韓国人のゴーストライターが書いたもので、父について真実ではないことを書いています
(※参考: ジョージ・ヒックス著『性の奴隷 従軍慰安婦』←ちなみに、本の内容紹介には以下のように書かれています。↓
著者ジョージ・ヒックスは公文書、慰安婦へのインタビューをとおして、日本政府が隠蔽しつづけている組織された慰安制度を解明、暴露する:「BOOK」データベースより
いまだに罰せられていない戦時の日本の蛮行、従軍慰安婦制度。当時の公文書、元慰安婦へのインタビューを通して日本政府が隠蔽し続けている組織されたその制度を解明:「MARC」データベースより)

韓国人たちは「慰安婦強制連行」の責任者として父の処罰を求め、父が既に鬼籍(きせき)に入っている(死亡している)と知ると、娘の私のところに押しかけてきました。当時、私は病院に勤めておりましたが、勤務先にまでしつこく電話をかけてきたのです。

この降りかかる火の粉を払いのけるという意味で、上海より上海へ』(1993年、石風社)を上梓(じょうし)しました。それは、父が兵站(へいたん)病院の軍医だったころに記した日記をもとにして綴った回想録です。慰安婦たちや慰安所の写真も掲載しました。この本を上梓し事実が世に出てから、資料をとりに来る者はなくなり、非難する声も小さくなり、非常に楽になりましたが、それでも事実を確認せず、いまだに父に濡れ衣を着せようとする人たちがいます。その原因は千田夏光著『従軍慰安婦』(1973年)に父が強制連行の責任者のようにほのめかして書いてあるからです。
(※参考:千田夏光(せんだかこう)-麻生徹男軍医に関する虚偽記載と謝罪 ) 

また、日本も、中国や韓国から濡れ衣を着せられています。慰安婦を韓国は挺身隊とか性奴隷と言っていますが、事実ではありません。そうだとわかっているならいいのですが、最近の、歴史を正しく知らない人たちが、無意識のうちに朝鮮・韓国側になびいていることが心配でなりません。その状況を打破するために、若い人たちに資料を公開しようと、2010年『慰安婦と医療の係わりについて』(梓書院)を上梓したのです。


■「花柳病ノ積極的豫防法」

父・麻生徹男は昭和21年南太平洋の戦地から復員して、祖父の跡を継ぎ産婦人科医として福岡市で働き始めました。昭和32年9月、博多の情報誌「うわさ」に、「戦線女人考」という中国戦線における体験をもとに書いた一文が掲載され、慰安婦のことを紹介しました。
(※参考:「従軍慰安婦」 軍医麻生徹男「戦線女人考」(写真集):真実を知りたい さんブログ

父は学生時代から亡くなる直前まで日記をつけており、手紙を受けたこと、誰かに会ったこと、その住所や連絡先などが記されています。これらと書簡をもとに、退院後は「残務整理」と称して精力的に自分の撮った写真を整理し、自分自身の体験を書き残しました。

父が戦争中に書いたのは、1939(昭和14)年、九江軍医分団の研究会にて花柳(かりゅう)病について講演し、陸軍に提出した「花柳病ノ積極的豫防(よぼう)法」という性病対策レポートです。 
(※参考:「従軍慰安婦」と軍医 麻生徹男) 

その父のレポートには、検黴(けんばい:梅毒に感染しているか否かを検査すること)、禁欲、花柳病(性病・性感染症)の認識、狭義の予防法などが書かれております。約100名中、20名程の邦人に花柳病罹患(りかん)者が多く、年齢も高かったことを語り、その結語に、「アルコールの制限、即ちこれに代わるものとして、より高尚なる娯楽施設を必要とす。音楽、活動写真、図書あるいは運動が良い。娼楼(しょうろう:女郎屋)にあらざる軍用娯楽所の設立も希望す。斯(か)くして自ら禁欲を意とせざるの良風を養成す可(べ)きなり。検黴は的確にして厳正なるべし」と書かれています。

レポートでは娼楼ではない軍用娯楽所(音楽、活動写真、図書など)設立を希望しているのに、なぜ強制連行と結びつけるのでしょうか。娼婦は必要不可欠であると訴えたかのように読み間違え、事実を検証しないまま、広めた人たちがいるのです。


■軍隊における性病対策

父の戦争体験は、中国大陸と南太平洋のニューブリテン島ラバウルの2つの地域でのことです。1938(昭和13)年始めに慰安婦検診を命ぜられ、慰安婦とかかわるようになりました。

慰安婦については、医療の問題を抜きにしては語れません。そもそも、慰安所が作られたのは、性の管理と、性病の予防管理のためという2つの目的のためです。

江戸末期から明治初期にかけて、日本人女性にもイギリス軍及び他のヨーロッパ諸国の慰安婦だった人たちがいました。

日本国内では駆黴(梅)(くばい)院(=娼妓が性病に罹患しているか否かを検査し、罹患していればこれを治療した病院)が1867(慶応3)年、横浜にでき、次いで長崎、神戸にできました。

港で売春を行う娼妓(しょうぎ)の梅毒罹患の検査を提唱し、巡回指導したのは、英国の軍医ニュートンです。江戸末期に横浜、長崎、神戸に英国の医師が駆黴院を作ったのは、船で寄港するイギリス人及び他のヨーロッパ人の性病感染予防のためであり、これは植民地政策により海外に発展していたヨーロッパの国々の性病対策の方式でした。これにならって日本も明治初年に駆黴院を日本各地に設置していきました。

その後日本政府は1871(明治4)年に駆黴院をつくるように民部省が示達(じたつ)し、72(明治5)年に大阪、74(明治7)年東京、79(明治12)年福岡に駆黴院が設立されました。明治14年に英国軍の交代時期を利用して、日本は独立して自分たちで検診を行うようになりました。

日本軍は1918(大正7)年~22(大正11)年のシベリア出兵の折に、梅毒感染による戦力低下と、その後の壮年層の死亡多発の打撃が大きかったため、その後外地において、慰安所を軍が管理して性病対策を行うようになりました。ヨーロッパのやりかたにならって、上海の慰安所において慰安婦検診を陸戦隊員、領事館警察の立会で週2回行うようになったのです。

慰安婦は、大東亜戦争の終る1945(昭和20)年8月15日まで続き、その数は推定8万~14万人と言われています。また、大東亜戦争後、アメリカ軍の慰安婦にされた女性も大勢いました。


■婦人科診察台とコンドーム

父の残した資料は民族間の紛争をあおるため、また、性的興味のために扱われるものではありません。

父が強制連行の責任者であるかのように扱われた時、「誤解を解くために、事実を書いて本にしたらどうか」と言ったことがありました。しかし、父は「自分は事件の当事者であって、それを解釈するのは他の人なのだ。だから私は自分の体験したことだけを手記として残しておく」と言いました。事実だけを述べる科学者の態度に徹していて、また、後の世代への信頼感がありました。

どうか、この父の思いを正しく受け止めてほしいのです。

そこで、私は戦時中の父の日記をまとめた『上海より上海へ』の本の中に、「花柳病ノ積極的豫防法」レポートと、慰安婦関係の写真「戦線女人考」を一括して入れました。父は趣味で写真をやっていまして、昔は今ほど写真に通じた方もいないので、部隊長から写真を撮るように命ぜられていたそうです。

その中には、写真①のような、父の考案による「婦人科診察台」もありました。また、写真②は「突撃一番」というコンドームです。
(※参考:突撃一番ーWikipedia
※なお、写真は、歴史通1月号にてご覧くださいませ。

これを本に掲載したのは、慰安婦との係わりは医療に関するものであり、1937年当時、日本が性行為感染に対する対応を行っていたことを知ってもらうためでした。

(中略)


■戸塚弁護士の「性奴隷」発言

私たちは「慰安婦問題」を正していかねばなりません。そのためには、帚木(帚木 蓬生:ははきぎ ほうせい)さんのような方や、論客の方々のお力も必要でしょう。しかし、彼らに頼ってばかりではなく、まず、私たち一人一人が自分の国の歴史を正しく知ることが大切です

父の残した資料を巡って、様々な人との出会いがありましたが、アメリカや中国、韓国人の視点で日本を見て、自国を貶めている人たちが多くいることは驚きでした。

「慰安婦問題」を利用してきた人たちがたくさんいます。国内はもちろん、国外においても日本叩きの道具にされ、日本に対する間違った認識が世界中に流布しているのが現状です。こうした中傷に迎合する人たちがいますが、誤った中傷や非難に反論できる人がたくさんあらわれてほしいと思います。

私は『上海より上海へ』を上梓した当時、まだ不勉強だったものですから「南京事件が起こったから、レイプ対策として急きょ日本で慰安婦を集めたのだ」と、慰安婦は南京事件の傍証(ぼうしょう=間接の証拠)と一般的に言われていたので、うっかりとその立場で解説を書きました。

しかし、父の日記、手紙、メモなどを調べ、資料をつぶさに調べていくと、決して南京事件の傍証などではありませんでした。他の方々の研究を見ても、南京事件は蒋介石と、その諜報機関の作り話であることがわかってきました。そして、それを極東国際軍事裁判で事実であるかのように語り、中国人に証言させ、また、その証言を日本人がいまだに信じつづけているのです。

「性奴隷」という言葉は、1992年2月25日に国連人権委員会で、戸塚悦郎弁護士が、慰安婦を「性奴隷」だとして日本政府を攻撃することに使ったのが始まりで、北朝鮮・韓国が挺身隊と共によく利用し、2007年以降にアメリカで使われるようになりました
(※参考:従軍慰安婦で、日本の名誉を売った二人の弁護士 by藤岡信勝氏)

18世紀末よりヨーロッパで売春を取り締まるための法律が考えられましたが、各国は公法の中に売春認可を入れて体面を失うことは避け黙認の形をとり、実際問題として性病蔓延を防ぐために、他方の警察力を使って取り締まりを行ったのです。

日本も売春を犯罪とみなし、1873(明治6)年に犯姦条例(刑法)を制定しました。しかし実際には守られずに76(明治9)年1月に犯姦条例廃止。府県は売春を行政的に取り締まることとし、2月に娼妓梅毒検査規則を作り、77(明治10)年性病患者統計調査が始まります。
(※参考:統計表一覧 政府統計の総合窓口

こんな難しい問題を何も知らない人たちが簡単に「性奴隷」と名付け、犯罪の中に入れられています。奴隷・レイプは犯罪です。私はこうした微妙な問題も常に意識して発言しています。


■強姦被害者4千人

終戦後、中国や朝鮮半島からの引揚者の中の在留邦人女性は、混乱の中でソ連や中国の兵隊や朝鮮人に乱暴をされ、妊娠したり性病に罹患した人がたくさんいました。女性たちは自衛のため髪を短く切り男性の服装をしましたが、それでも逃れることができず、妊婦の多くはそのような姿をした人たちでした。

戦勝国側の一方的な裁判で戦犯とされた人々の名誉が回復されず70年が経とうとしているこの国には、引揚時に強姦の被害を受けた人たちが少なくとも4千人いて、沈黙のままこの国の政治を見守っています。日本は敗戦国として賠償金を払っているのに、条約を締結した後にも補償と言ってお金を要求してくる諸外国の者たちにも、日本が受けた被害を明確に示すべきです。

ドイツではベルリン陥落後25万人の女性が被害に遭い、それらの被害はきちんと記録に留められています。たとえ密かに処理するような命があったとしても、ドイツのように、事実として資料は残すべきなのです。

父の資料をまとめ、また、自分自身も勉強を進めていくにあたって、問題の正しい解決において、資料がいかに大切であるかを知りました。


■いまだアメリカの洗脳の支配下に

歴史がきちんと学ばれていないところでは、嘘がとめどなく広がってゆきます。今もなお、日本の子供たちの教科書は、極東裁判で展開されたアメリカのウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(=War Guilt Information Program' 略称WGIP、戦争に対する罪の意識を日本人に植え付ける洗脳計画)によるマインドコントロールのもとにあります。

戦後60年以上の年月を経て、アメリカによるマインドコントロールの事実が明らかにされているにもかかわらず、日本人がいまだに自虐史観に閉じ込められ、日本が弱体化の一途をたどっているのは、自分達が受けた洗脳と言論弾圧に対する自覚がないからです。自分自身を正当に評価できていない状態にあるのです。

私たちは自分の手で、子や孫に本当のことを伝えていく必要があります。そして私たちも、親や祖父の世代を「悪」と切り捨て、戦後からの歴史を立ち上げている左派の流れにいつのまにか乗っていて、親や祖父の世代に対する感謝の念を表さずにきたことをお詫びすべきだと思います。

父祖の世代が命がけで戦ってくださったおかげで今日の私たちがあります。1919年に人種的差別撤廃提案を提出し、戦い続け、植民地支配からアジアの国々を解放したのは私たちの父の世代の人たちでした。

日本は好戦的な国々に囲まれ、戦いに引き込まれ、戦いを止めることができず敗戦を迎えました。

平和はお題目ではなく、自衛軍を持って周囲の国々に侵略を許さぬことにより守られます。戦いの勝者に法を守る精神の欠如がありますが、私たちは法の精神を掲げて気高く生きる国家として蘇(よみがえ)りたいものです。

そのためにも、偽りの歴史を教育から排除して、事実に基づいた教育を行い、自立した日本人の憲法をつくり、アメリカと対等の条約を結ぶことが必要です。政治の道具にされず、深い洞察力をもつ学問の基礎が日本に築かれることを願っています。


 



一部転載、させていただいた記事です

コメント

発明 「NHKだけ写らないアンテナ」筑波大学視覚メディア研究室が開発

2015-03-31 00:13:52 | 日記

やっとで出ました、NHKの映らないTV

というかアンテナですか!!

でも放送法64条(受信できる設備があれば受信料契約をすべし)が

無意味になります。

良い番組もありますが、南京大虐殺、従軍慰安婦など日本が悪いことをしたと

世界に向けて放送している売国奴放送です。

こんな自国を辱める放送局になぜ受信料を無理やり払わねばならないのか?

映らないTVをなぜ作らないのか?と思っていたが。。。

アンテナで細工するとは、やはり悪は長続きしませんね。

 

理想国家日本の条件 さんより転載です。

 2015/03/30/ (月) |

http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-19703.html より
ソース:http://www.excite.co.jp/News/it_g/20150330/Slashdot_15_03_29_1748221.html

1 あるAnonymous Coward 曰く、筑波大学視覚メディア研究室が、「NHKだけ映らないアンテナ」を開発したという。この成果は、今年4月25・26日に開催されるニコニコ超会議2015にて行われる「第8回ニコニコ学会βシンポジウム研究してみたマッドネス」に応募されている(第8回ニコニコ学会βシンポジウム ― 研究してみたマッドネス 応募者紹介 No.13)。


スカイツリーから送信されているNHK地デジの2波に対応する物理チャンネルは26chと27chで、この2波の中間にピークを持つノッチフィルタ1つで減衰できる点がポイントのようだ。NHKは地デジ技術の特許を多数所有しており、知財権の制約によりNHKが映らない地デジ対応テレビを国内で販売することはできないが、アンテナ同軸ケーブルに挿入するフィルターは問題ないという。

なお、単一や複数の物理チャンネルを減衰させるコネクターフィルターは、遠距離受信や混合のためにすでに市販されている。この発表に関してNHKとの受信契約に関するコメントが多数寄せられているが、このようなフィルターを使用しても契約が不要とはならない可能性がある。

たとえば国会では、マンションでBSデジタルを一括受信して各部屋に配信している場合にBSデジタル対応テレビを購入した場合、衛星配線を行っていなくても簡単に接続できるので衛星契約が必要であると答弁されている。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20150330/Slashdot_15_03_29_1748221.html
 
2 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 09:56:43.84 ID:5fno8qiB0.net
やったぜ
 
5 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 09:57:40.64 ID:El8t41vg0.net
神はいた
 
8 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 09:57:50.39 ID:QBI3NcHx0.net
思いっきりワロタ
 
9 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 09:58:42.70 ID:9YUmXW+N0.net
2日早いエイプリル・フールかと思ったんだが・・・
 
10 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 09:58:56.61 ID:ZVvhs+kL0.net
スクランブルをかけるほうが 金もかからないし公平だけどな。
 
18 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:01:25.31 ID:yfFadu8R0.net
写らなくても払わなきゃいかんのだろ
 
25 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:02:55.29 ID:h0203v7L0.net
スクランブルにしてくれ
49 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:06:46.98 ID:E/1ZI4440.net
ノーベル賞決定だわ!!
 
55 :名無しさん@1周年[age]:2015/03/30(月) 10:08:25.42 ID:5rtM184X0.net
よくやった。国民が待っていた発明だ。
 
33 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:03:57.59 ID:9dmUPlz/0.net
NHK「ネットがあるから(震声)」
 
129 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:21:25.96 ID:Kmzbwj7q0.net
スクランブルをかけない理由に緊急時の対応とあるが
緊急時にスクランブルを解除すればいいだけなんだけど
 
186 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:29:47.36 ID:E/1ZI4440.net
世界で一番嫌われてる国営放送ってNHKだけだろ  自信があるわ
 
200 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:31:44.61 ID:xsOFbDaK0.net
どうせネットからも徴収するんだから意味ないだろ
 
216 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:33:25.94 ID:MmQXbzeX0.net
電波よこすな
 
236 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:37:23.92 ID:eSAOKVQx0.net
ノーベル賞ものですよこれは
 
261 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:43:00.21 ID:BVBkdLfL0.net
民放もみるものないしな
TVそのものがいらないわ
 
207 :名無しさん@1周年:2015/03/30(月) 10:52:16.00 ID:1bBxbTWW0.net
こんなものが開発されるとは

やはりNHKを要らないと思う人は多いという証左だな
 
コメント

「抗日」を叫ぶと、中国共産党が「非合法政権」だとバレる件

2015-03-31 00:05:18 | 日記

建前のどこと戦争したかでなく、お金が儲かれば良いという

現実主義者です。

正義はなくお金で動く民衆、国家になると、

将来に望はないですね。

 

ザ・リバティーweb  より

中国と台湾が、過去、日本と戦った「業績」をめぐって、微妙な綱引きを繰り広げていることを、このほど、産経新聞(25日付ネットニュース等)が報じた。

 

記事によると、「抗日戦争勝利70周年」をめぐって、中国が9月に北京で軍事パレードを行う。これに対し、台湾は「抗日戦争を主に戦ったのは中華民国だ」と反発。「抗日戦争勝利」を記念する行事を7月から10月に実施する上、盧溝橋事件が起きた7月7日にシンポジウムを開き、日本が降伏文書に署名した9月2日にも記念大会を開くという。

 

日中戦争を含む先の大戦の日本を悪者とイメージさせる「抗日戦争」という表現には反論したいところ。だが今回注目したいのは、中国(中華人民共和国)と台湾(中華民国)の「正統性」についてだ。

 

まず、確認すべき事実は、現在、中国大陸を支配する「中華人民共和国」政府は、毛沢東が率いた「共産党」政府であり、日本と戦争をしたことがないということ。当時、日本と戦ったのは、蒋介石が率いた「国民党」政府である。

 

1945年夏、日本が降参した後も、中国大陸では共産党と国民党の内戦が続いた。そして49年、毛沢東が武力で蒋介石を台湾に追い出し、一方的に、中華人民共和国の建国を宣言した。

 

それ以来、毛沢東の流れをくむ共産党政府は、いかに自分たちが日本をやっつけたかということを宣伝して、中国を治める正統な政権であることを内外に誇示してきた。だが、それはウソだ。

 

もう一つ重要なのが、国際連合(国連)に関する問題。国連は1945年10月に発足したが、その国連の憲法とも言われる「国連憲章」には、現在も常任理事国の一つとして、「中華民国」と記されている。つまり、本来、国連の常任理事国は「台湾」なのだ。

 

以上、2つの論点をまとめると、現在、中国大陸を治めている共産党政府は「非合法政権」であり、本来、国連で常任理事国として振る舞うことも許されない、ということが言える。

 

そもそも、人民解放軍は、国家の軍隊でなく、共産党という一政党の軍隊である。日本で例えれば、自民党が軍隊を持っているようなもの。つまり、共産党の意向で軍隊を動かし、特定の人や組織を弾圧しているわけだ。

 

このような恐ろしい「非合法政権」が治める"国"に対して、国際社会は、経済的な利益を得ようとすり寄っているが、それは正しいのか。今一度、考える必要がある。(飯/格)

 

【関連記事】

Web限定記事 「筋金入りの親日家、李登輝・台湾元総統が日本人のサムライ魂を呼び覚ます!」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7486

 

2010年12月号記事 日本よ、沖縄よ。 蔡焜燦 台湾のサムライからのメッセージ

http://the-liberty.com/article.php?item_id=815

 

2015年4月号記事 検証 日本の統治 vs. 欧米の植民地 アジアを繁栄させた日本 - 戦後70年企画 日本の誇りを取り戻そう

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9234

 

2015年3月号記事 日中戦争では残虐だったのか? - 日本軍は世界一人道的だった - 「永遠の0」も描かなかった真実 Part1

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9098

コメント

大塚家具 「私情」でなく「市場」の声を 長女・久美子社長が続投

2015-03-31 00:02:36 | 日記

ザ・リバティーweb  より

大塚家具の「お家騒動」は、株主総会で議決権の61%を得て、創業者の大塚勝久氏の会長退任と、その長女・久美子氏の社長続投が決まった。大塚家を除くと、株主の8割が久美子氏を支持したことになる。

 

依然として勝久氏が筆頭株主であるため問題の火種が消えたわけではないが、親子の経営権をめぐる争いが一旦決着した。

 

同社は勝久氏の社長時代、会員制を導入し、従業員が同伴して接客するスタイルで業績を伸ばし、一時期、家具販売業界トップの売上高を誇った。だが現在は、そのスタイルに抵抗を感じる顧客も増え、価格が高いイメージを持たれるなどして、新興勢力のニトリやイケアにシェアを奪われている。

 

その中で久美子氏は、父親が築き上げた従来のビジネスモデルの再構築を掲げ、高価格・中価格帯の単品買いの顧客や、法人の顧客を取り込む戦略を立てた。単品買いの顧客のニーズに沿うように既存店を改革、未出店地域や専門店の新規出店のほか、百貨店などとの提携販売の強化、ホテルや高齢者住宅、企業などをターゲットとしたBtoB事業の強化といった施策を進め、近年、同社の株価を押し上げた。

 

久美子氏と勝久氏のどちらの戦略が正しいか否かは、一概に断定できない。どちらにも長所短所があるだろう。だが、外国企業の参入などで激化する競争の中で、企業が生き残っていくためには、常にイノベーションが必要であり、現状維持は「死」を意味する。

 

今回の騒動の結末は、株主が、従来のビジネスモデルにこだわる勝久氏の"私情"よりも、時代の変化に柔軟に対応しようとする久美子氏の経営戦略を評価したという点で、"市場"の声が優先されたと言えるのかもしれない。

 

久美子氏はお詫びを込めたセールを検討しているというが、なかなか抜け目がない。これからの信頼回復についても注目していきたい。(泉)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『イノベーション経営の秘訣』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1267

 

【関連記事】

2015年2月27日付本欄 大塚家具のお家騒動は事業継承の問題

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9278

コメント

ユネスコ記憶遺産 「南京大虐殺」資料は 歴史のねつ造だ

2015-03-30 00:39:35 | 日記

自民党は動かない??

国民のための政党ではないのですね。

 

理想国家日本の条件 さんより転載です。

 

詳細

ユネスコ記憶遺産 「南京大虐殺」資料は 歴史のねつ造だ - 幸福実現党が中国に「待った!」 -

戦後70年 日本の誇りを取り戻そう

 2015.03.27  http://the-liberty.com/article.php?item_id=9361 より

 戦後70年を迎えた今年、中国はこれらの資料を「南京大虐殺の証拠」として、記憶遺産への登録を目指している。

「南京大虐殺」はプロパガンダ

 しかし、その内容を調べてみると、写真や映像に日本軍の蛮行はなく、虐殺や強姦も伝聞情報であることが分かった。虐殺を裏付けるものではなく、意図的にねじ曲げられた情報だ。

そもそも、これまでの日本の学者たちの研究により、南京大虐殺は日本を悪者にするための戦後のつくり話であることが分かっている。中国がそれを持ち出し続ける背景には、現在の自国の軍拡を正当化する思惑がある。中国にとって、南京大虐殺は反日プロパガンダ(政治宣伝)の道具に過ぎないのだ。

 日本政府は、中国の「ねつ造」に対して全力を挙げて反論しなくてはならない。

  ユネスコ記憶遺産とは

 人類の資料上の遺産を、忘却、放置、そして意図的な破壊などから守るため、1992年にユネスコが設立した事業。 現在登録されている資料は200点近くに上り、ベートーベン直筆の交響曲第9番の草稿や、藤原道長の日記『御堂関白記』などがある。通称は「世界記憶遺産」。

 中国とユネスコの"怪しい"関係

 中国は近年、アフリカへの支援などを通じてユネスコに急接近している。

習近平・中国国家主席は昨年3月、ユネスコ本部(フランス)に訪れてイリナ・ボコバ事務局長と会談した(上写真)。記憶遺産への登録を実現させるための布石と見られる。ボコバ事務局長も昨年9月、「私たちは、中国と特別な関係にあると言える」と述べるなど、中国とユネスコが"親密な関係"にあることは公然の事実だ。中国が登録申請していたことが報道された昨年6月、菅義偉官房長官は記者会見で、「中国が政治的意図を持って申請したと判断されれば、抗議の上取り下げるよう申し入れる」と述べたが、その後、政府の表立った対応は見られない。中国のプロパガンダ(政治宣伝)に対し、完全に腰が引けている。

 これに対し、幸福実現党は「中国は日本の国際的立場を貶めるために、ユネスコ記憶遺産への申請をしている」と訴えてきた。同党は、登録阻止を目指した署名活動を全国で展開。集めた署名を4月中に内閣府に提出する予定など、日本で唯一、本格的に抗議している政党だ。

 このほど同党は、中国がユネスコに提出した資料に反論する文書を作成した。以下にその一部を紹介する。


 中国の申請内容1

 「日本軍の蛮行写真」

 反論  加害者が不明

「日本兵が中国人の首を軍刀で斬り落とす」とされる16枚の写真の1枚。しかし、東中野教授は「中国がでっち上げた写真」と指摘する。真冬のはずなのに、日本兵とされる人たちの服装は軽装で、腕まくりをする人も見える。また、手前の人物の靴も軍用の靴には見えない。中国が「南京大虐殺」「従軍慰安婦」に関する資料を、ユネスコ記憶遺産に登録申請しました。しかし、日本政府は明確に反論しません。幸福実現党としては、これらの資料は中国の政治宣伝の一環であると判断せざるを得ません。 

◇ ◇

まず初めに、南京が陥落した当時、日本軍の蛮行の様子を写したという16枚の写真についてです。

この写真は、南京城内の写真館(金陵照相館)の店員だった羅瑾氏が、日本兵が持ってきたフィルムを現像し、抜き取ったものとされています。フィルムが公になった経緯は次の通りです。1937年から39年の間のある日、日本兵から2本のフィルムの現像を依頼されました。作業中、「日本軍による虐殺の決定的写真」と考え、日光の下で焼付を行い、自分用に余分にもう1組を現像。その一部を抜き取り、保管していました。しかし41年ごろ、写真を持っていると身に危険が及ぶかもしれないと考え、捨てました。

同年春のある日、知人の呉旋氏が、草むらから偶然見つけ、保管。呉氏は戦後、中国国民党が日本兵の戦争犯罪を裁く南京軍事裁判を開いた際、その写真を提出しました(注1)。

(注1)1995年、中国・香港・台湾の合作で製作された映画『南京1937』など。

 真冬の南京を写した写真ではない

 しかし、この写真は「いつ」「どこで」「誰に」撮影されたかが一切不明で、「日本軍が暴行した証拠」と認めることはできません。

 写真の日本兵とされる人物の服は非常に軽装であり、南京大虐殺があったとされる12月から2月の南京(この時期の平均気温は3~5度)で、冬を越せる服装には見えません。歴史学者の東中野修道・亜細亜大学教授らは、写真を詳細に分析した結果、「撮影時期は5月末か6月初め」と指摘しています(注2)。

 また羅氏は、「写真は日本兵からもらった2本のフィルムから現像した」と証言しましたが、当時の技術では、1本のフィルムから現像できる写真サイズは1種類のみです。2本なら、多くても2種類のサイズでしか現像できないはずですが、16枚の写真は大きさがバラバラで、少なくとも5種類あります。合理的に考えれば、南京裁判に提出するために、他の写真を寄せ集めたものでしょう。

 このように、写真が現像された経緯と証言を付き合わせれば、南京戦と関係がない可能性が高いのです。これをもって「南京大虐殺があった」とは言えません。こうした関係のない写真を集めなければならないということは、逆に「なかった」と考えるべき根拠になります。

(注2)東中野修道・小林進・福永慎次郎著『南京事件「証拠写真」を検証する』(草思社)。

 


中国の申請内容2

「マギーフィルム」

反論

 日本軍の「虐殺」は一切映っていない

この映像は、「数千の市民が縄で縛られ(中略)機関銃や銃剣、ライフル、手榴弾で殺された」との字幕説明がある。だが、見えづらいが、市民の腕には日の丸の腕章がある。日本軍が中国兵と市民を区別している可能性が高い。

手前の女性は、満面の笑みだ。

 二つ目は、通称「マギーフィルム」と呼ばれる映像フィルムです。 南京安全区国際委員会の委員であったジョン・マギー牧師が、日本軍が南京を統治した当時の様子を16ミリフィルムに収めたとされています。映像には、けが人や、それを手当する病院関係者の様子などがあり、英語の字幕で「日本軍の仕業」と説明しています。

 同フィルムは当時、南京ドイツ大使館付き書記官ゲオルグ・ローゼンや、アメリカ人宣教師ジョージ・フィッチなどの手に渡り、フィッチはアメリカの政府関係者や新聞社などに持ち込み、日本軍の残虐さを示す資料として宣伝しました。

 虐殺の様子はまったく映っていない

 しかし、この「南京大虐殺」の様子を唯一、映像で確認できるとされるマギーフィルムには致命的な欠陥があります。

 映像には日本軍が虐殺を行っている様子が、まったく映っていないのです。日本軍の蛮行を示すのは、後から付け加えられた字幕説明のみ。当時、中国国民党軍の兵士たちが略奪、殺人、強姦を働いていたので、けが人や亡くなった人々はその被害者の可能性があります。

 一方で、「安全を求めて別のキャンプへ移動する難民女性のグループ」と字幕説明されているシーンには、不安と緊迫感が漂う状況下かと思いきや、女性たちが笑顔を浮かべている様子が映っています。

 日本軍とはまったく関係のない映像を使って、字幕による印象操作を行っています。少なくとも、これをもって「虐殺」の証拠とは言えません。

マギー氏「殺害の目撃は1件」

 そもそも、撮影者のマギー氏自身が疑わしい人物です。

 戦後、極東国際軍事裁判(東京裁判)に証人として出廷したマギー氏は、日本兵による多くの虐殺や強姦があったことを証言しました。

 ところが、日本側の弁護団から、「あなたが実際に目撃した殺人は何件でしたか」と尋ねられると、「たった1人です」と返答。しかも、その1人は日本兵の制止を振り切った不法戦闘員(便衣兵)と見られる人物を射殺したもので、国際法上認められている行為です(注3)。

 強姦についても、マギー氏による目撃は2件のみで、そのうちの1件は日本兵と中国女性が一緒にいる場面を目撃しただけだったのです。

 ちなみに東京裁判で、マギー氏は同フィルムを証拠提出していません。フィルムが日本軍の蛮行を証明できないことを、本人は分かっていたのでしょう。

(注3)軍服を着用し戦争法規を守っている戦闘員は捕虜の資格を持っているが、軍服を脱ぎ捨てて民間人に扮した戦闘員を殺したとしても、国際法違反には問われない。2003年のイラク戦争でも、日本軍に似た掃討戦を米軍は行ったが、虐殺とは呼ばれていない。

 


 中国の申請内容3

 「虐殺を記した日記」

 反論

日本軍による虐殺の目撃はゼロ

1937年当時の南京略地図。水間政憲著『ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実』(PHP研究所)より。

 三つ目は、2001年12月に見つかったとされる程瑞芳氏(当時62歳)の日記です。

 中国の申請資料には、「南京大虐殺を記憶するために、程氏の日記は重要な資料の一つ」と記載されています。

 南京陥落当時、程氏は南京の金陵女子文理学院の寮長で、難民所で看護婦として働いていました。国際赤十字・南京委員会のミニー・ヴォートリン氏の助手として難民保護を担当。その間、程氏は日本軍の虐殺や強姦などを日記に残したとされています。

程氏は虐殺を目撃していない

 しかし、程氏の日記は、「聞くところによると~」「~そうだ」などの伝聞表現ばかりで、肝心の虐殺を目撃したという記述はどこにもありません。日本兵による性暴力についても、日本兵によるものかはっきりしない目撃が1件あるのみです(注4)。

 仮に中国が主張している2万人以上の強姦があったのなら、出産時期に当たる翌年10月には、急激に人口が増加しないと辻褄が合いません。ところが、近現代史研究家の阿羅健一氏は、「南京での出生記録には1938年10月に出産や、それ以前にも中絶の件数が増えたという記録はありません」と指摘しています。

 また阿羅氏は、「当時、安全区の宣教師は、本国からの支援を得るために、日本軍の悪行を誇張して報告しなければならないという背景がありました。ヴォートリン氏の日記の記録と、日本の大使館に報告された被害には大きな開きがあります。日記の記述が誇張されていることは明らかです」と語っています。

 程氏も外国からの援助を受け続けるために、「日本軍の犯罪」を誇張する内容を記していた可能性は否定できません。というのも、日記全体の比重に占める難民救済に関する記録があまりに少ないからです。

国民党軍をかくまった宣教師

 さらに日記には、「日本軍が安全区に侵入し、市民を連行・虐殺した」とあります。しかし南京の安全区は、上海のように中立的な軍隊が存在したわけではありませんでした。実際、降伏を拒否した国民党軍の一部の兵士は、軍服を脱いで安全区に逃げ込み、抵抗を続けました。日本軍がそれらを掃討したのは正当な戦闘行為ですが、"民間人の虐殺"と誤解されています。一方、国民党軍をかくまう行為は中立性を約束してつくられた安全区の趣旨に反し、国際法違反でもあります(注5)。

 結局、程氏の日記には、自分で目撃した虐殺の記述はなく、伝聞情報に依拠しています。そもそも、裏付け調査のない日記自体、「証拠」としての能力が低いのです。

 程氏の日記を「アンネの日記」に見立てて、国際社会に「日本=ナチス」という印象を刷り込もうとする中国側の狙いが透けて見えます。

(注4)反日親中であった程氏や宣教師たちは、実行犯を確かめずに記録し、日本軍の仕業として報告書をつくった可能性がある。(注5)安全区のジョン・ラーベ委員長は、独シーメンス社の中国支社長として、国民党軍に大量の武器を売却していた。


中国の申請内容4

「日本兵の供述書」

  論「強要された自白」は信用できない

太田氏の供述書の一部。

 最後は、南京大虐殺に関与したとされる太田寿夫氏や永富博之氏などの日本兵の供述書です。

 中国の新華通信社などによれば、大虐殺があったとされる時期の1937年12月15日、太田氏は日本軍が15万人の死体を遺棄していた場面を目撃したと言います。

 果たしてこの供述書は信頼に足るものでしょうか。

中国に洗脳された日本兵

 実は敗戦後、中国で収容されたり、裁判にかけられた日本兵は、「日本は帝国主義」などの共産主義をベースにした洗脳教育を受け、自白を強要されました。

 撫順戦犯管理所に服役した藤田茂中将は、「最後に私は斯かる罪行を犯さしめたる裕仁(昭和天皇)に対し、心より憎恨と斗争を宣言せんとするものであります」と供述したほどです。彼らは中国側の許しを得られるまで自白を強いられ、それが供述書とされています。

 中国共産党軍幹部を毒ガスで殺害したなどの罪を認めた鈴木啓久中将は、79年に次のように語っています。

「ありもしないことを住民がなんだかんだいいますからね。『鈴木部隊が、ここにこういう風に入って来た』と住民がいうので、『そんな所に私の部隊を配置したことはありませんよ』といったって、『住民の言うことは間違いはない』というのだから」(注6)

 日本兵は中国に洗脳されるか、嘘でも暴行や虐殺を認めなければ、刑務所から出ることができなかったのです。そうした環境下でつくられた供述書に信ぴょう性はありません。

供述書は矛盾だらけ

 太田氏の供述書も同様です。同氏は「15万人の死体処理を見た」と証言していますが、その部下であった梶谷健郎軍曹の日記には、「太田の着任は25日」と書かれています。つまり、太田氏は15日に南京にいなかったことを意味し、明らかに矛盾しています。

 戦後に強要されてつくり出された供述書は、「南京大虐殺」自体が政治宣伝であることを示しています。

(注6)仙台陸軍幼年学校の会報『山紫に水清き』。

 「南京大虐殺」がなかった根拠はここにある

日本軍は敵兵と民間人を区別していた

日本軍が、中国兵と一般市民を区別するために身体検査を行っている様子。日本軍が無差別虐殺を行っていたのなら、身体検査をする必要はない。抵抗しなかった捕虜は、南京の復興に向けて労働に当たった(『支那事変画報 大阪毎日東京日日特派員撮影』昭和12年12月21日発行より)。

 

南京市の通りには死体は一つもない

南京が陥落した当日の12月13日、市内の大通りである中山路を進軍する大野宣明大佐が率いる部隊。虐殺肯定派は「通りは死体が転がり、まさに血の海だった」と主張しているが、路上には、死体などが一つもなく、「虐殺」の痕跡は見受けられない(同日、熊崎特派員撮影。掲載元は『支那事変画報』昭和13年1月27日発行より)。

 

日本軍は敵兵にも手厚く治療した

日本軍の衛生隊は、南京外交部に野戦病院を設け、中国人の負傷兵も治療した。「虐殺」するのなら、治療は不要だ(12月20日、林特派員撮影。掲載元は『支那事変画報』昭和13年1月27日発行より)。

 

南京市民は日本軍を歓迎し、打ち解けていた

12月20日、中山路の一角にて、おもちゃの自動車などで中国人の子供たちと戯れる日本兵。南京陥落からわずか1週間のうちに、日本軍は市民と打ち解けていた(同日、林特派員撮影。掲載元は『アサヒグラフ』昭和13年1月19日号より)。

 中国の提出資料は、矛盾と嘘に満ちていました。ここでさらに、南京大虐殺はなかった根拠を4点に絞って挙げます

 

(1)国民党員が世界に"告発"

 当時、「南京における日本兵の蛮行」に触れたのは、英マンチェスター・ガーディアン紙のティンパーリ記者が、1938年7月にロンドンで出版した本でした(注7)。

 しかし彼は、中国国民党・中央宣伝部の顧問であり、同党から資金提供を受けていたスパイだったことが戦後に明らかになっています。つまり、国民党は外国人記者を買収して、日本軍の蛮行をでっち上げたのです。当時、各国政府やメディアが問題にしたかった事実を見ても、それがプロパガンダであることが分かります。

 また事件があったとされる当時、米ニューヨーク・タイムズ紙などの大手紙が大々的に報じたのは「アリソン米国領事殴打事件」でした。これは38年1月26日、日本軍の調査区域内に立ち入る権限を持たないアリソン領事が区域内に入ろうとしたところを日本兵が制止。それを無視した同領事に日本兵がビンタした事件です。

 近現代史研究家の水間政憲氏は、「欧米紙は当時、アリソン米国領事殴打事件を数日間にわたって報道しましたが、逆にビンタを超える大きな事件がなかった事実を意味しています」と指摘しています。

(注7)ハロルド・ティンパーリ著『戦争とは何か――中国における日本軍の暴虐』(邦訳版)。

(2)国連は非難決議を採択せず

 さらに、別の事案で何度も対日非難決議を行い、日本に厳しい目を向けていた国際連盟(国連)も、南京での日本軍の行いについて非難決議を出していません。

 水間氏は、「当時、国民党代表の顧維均は国連の理事会で、『(日本軍が)南京で2万人の虐殺と数千の女性への暴行』があったと演説しました(注8)。ところが、国連は非難決議を採択していません。中国によるプロパガンダと見切っていたのでしょう」と語っています。

 日本と戦っていた国民党の蒋介石も当時、外国人記者を相手に約300回の会見を行いましたが、1度も「南京大虐殺」に触れていません。「虐殺」が後からつくられたものであることが分かります。

(注8)1938年1月26日から開催された「第100回国際連盟理事会」。同理事会は過去に、南京・広東に対する日本の空爆に対する非難決議を採択していた。 

(3)遺体処理の記録はねつ造

「南京大虐殺」がねつ造であることは、遺体を埋葬したとされる団体「崇善堂」などの記録を見ても明らかです。

 戦後に開かれた東京裁判で、「虐殺」発生後から4カ月間、約11万体の遺体を処理したとされた崇善堂ですが、当時の資料には、本格的に活動し始めたのは、事件後から8カ月経った後と書かれています(注9)。

 また他の資料では、同団体の活動欄には「未亡人の救済」「保育」などを手掛ける慈善団体と明記されており、埋葬の活動実体はありませんでした(注10)。合理的に考えれば、この11万体という数字は「虐殺」があったことにするために、後からねつ造されたものです。

 東京裁判では、そうしたねつ造資料が、日本側の反証を受けることなく、次々と「虐殺」の証拠として採用されました。偽証罪が問われず、中立国の判事がほとんどいなかったなど、東京裁判には数多くの問題点があります。

(注9)南京日本商工会議所編『南京』1941年発行。
(注10)南京市政府秘書処発行の『民国24年度版(昭和10 年)南京市政府統計報告』。

(4)南京の人口は増加に転じた

 最後に中国の申請資料には、「南京の人口は100万人で、大虐殺があった後、人口は半分以下となった」とあります。

 確かに南京の人口は100万人でしたが、これは36年夏の時点を指しています。当時の記録では、戦火を避けようとした南京市民の多くが疎開したため、陥落直前の人口は12万~20万人まで減り、その多くが安全区に避難したのです。日本軍の入城で南京の治安が回復すると、疎開者の一部が戻り始め、南京陥落から1カ月後の人口は25万人にまで回復しました。

 もし「虐殺」があったのなら、人口が増えるはずがありません。中国の資料は、疎開で急減した人口すらも「虐殺」の根拠にしており、恣意的な印象操作と言わざるを得ません。

 このように、さまざまな研究によって「南京大虐殺はなかった」ことがすでに学術的に証明されています。

◇ ◇

幸福実現党は、中国が政治的につくり出した申請内容に強く抗議するとともに、ユネスコに対して冷静な判断を求めます。

日本政府は中国のねつ造に反論せよ

  日本の研究では、「南京大虐殺」が戦後のつくり話であることは明らかだ。しかし国際社会では、「大虐殺はあった」と信じ込んでいる人が大半である。そうした人々は、そもそも中国で「南京大虐殺」の研究がなされていない事実を知るべきだろう。

 一党独裁の軍事政権下では、自由な歴史の研究や検証、議論することは許されない。すべて政府の発表が"正しい歴史"として扱われるのだ。

 今回、中国への反論文書を作成した幸福実現党の釈量子党首は、こう語る。「中国の歴史のねつ造は、1989年の天安門事件を振り返れば分かります。中国政府は、民主化を求める学生たちを『暴徒』と呼び、軍隊を出動させて銃撃したり、戦車でひき殺したりしました。この事件を研究することは許されず、学生たちを評価する学者や活動家たちは投獄されています。ユネスコはこうした事実に気づいてほしいです。少なくとも、中国の政治宣伝に加担すべきではありません」

日本は歴史問題で窮地に

 安倍政権は、中国の申請に抗議したものの、具体的に何の対抗策もとっていない。現在、ユネスコの最大資金処出国は日本だが、もし中国の資料が登録されるなら、資金支出を凍結するなどの強い姿勢を見せなければならない(注11)。

 中国の動きを座視すれば、日本は歴史問題で窮地に立たされる恐れがある。中国は、ユネスコ記憶遺産のほかに、南京大虐殺記念館を「世界文化遺産」に登録する動きを見せている。歴史問題で中国と共闘する韓国も、2016年に「従軍慰安婦」に関する資料をユネスコ記憶遺産に登録申請する予定だ。

 日本は、これまで以上に中国によるプロパガンダへの対処に力を入れなければならない。国際社会では、黙っていることは相手の主張を認めることに等しい。日本には間違いを間違いと主張するだけの気概が必要だ。

(注11)ユネスコへの最大資金拠出国はアメリカだが、同国は2011年より資金拠出を停止している。そのため、現在は日本が最大分担金拠出国。

 

関連記事 

ユネスコ記憶遺産なぜ日本政府は反論しないのか? 判明! 中国がユネスコ記憶遺産に申請した「ねつ造」資料

コメント

百田尚樹氏、古賀茂明氏の「報ステ騒動」を厳しく批判「言語道断」

2015-03-30 00:35:26 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

http://news.livedoor.com/article/detail/9944762/ より

28日、作家の百田尚樹氏がTwitterで、元経産省官僚の古賀茂明氏が引き起こした一連の騒動を厳しく批判した。

ことの発端は、27日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)に遡る。古賀氏はコメンテーターとして番組に出演し、国内外の情勢を解説していた。

ところが中東情勢について触れる前、突然「今日が最後ということでですね、テレビ朝日の早河(洋)会長とか、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長のご意向で」などと、自身の番組降板について語り出し、古舘伊知郎氏から強い抗議を受けたのだ。

その後も、古賀氏は安倍政権を批判する最中、「(報道ステーションの)プロデューサーが、今度、更迭されるというのも事実」といきなりコメントし、古舘氏が制止している。そして、番組終了時には、古舘氏が「一部にですね、承服できない点もございました」と本音を漏らすこととなった。

百田氏は、「現役の放送作家として言えば、先日の『報道ステーション』の古賀茂明氏のコメントは言語道断」と批判した。百田氏は小説「永遠の0」などの著者として有名だが、人気番組「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ)の構成を長年にわたって手がけている。

百田氏は「構成にはない憶測と主張、さらに偏見に満ちた政治的をコメントを、カットできない生放送を使って茶の間に流すなどの行為は許されない」と持論を展開し、古館氏の対応も「落第」とした。



そして、あるTwitterユーザーが「視聴者を最後までテレビの前に釘付けにしたんだから勝ちと思いましたけど」と感想を告げるも、「それでいいなら生放送で女性キャスターがオッパイ出せばもっと釘付けにできる」と切り返している。



(´▽`) 




 

 

更新『報道ステーション』が放送事故!「古賀ジャック」がネット上で話題

コメント

海自ヘリ護衛艦「いずも」のロゴマークが決定 「ヤマタノオロチ」と「天叢雲剣」がモチーフに!

2015-03-30 00:31:06 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/43364626.html より

3月25日に就役した海上自衛隊最大となる新型ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(基準排水量1万9500トン)のロゴマークが決定した。ロゴマークは、一般募集の中から梅原敦氏のデザインが採用された。 

 デザインは、「いずも」という名前から受けるモチーフをわかりやすく表現。“ヤマタノオロチ”を背景とし、そのヤマタノオロチを討伐した際に生み出されたとされる“天叢雲剣(草薙の剣)”を中心に配置することによって、圧倒的な力を抑え込むさらなる強力な存在というイメージで表現しているという。隠し要素として円形としたヤマタノオロチを赤色にすることで、日の丸のイメージも盛り込んであるとのことだ。 

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0326/blnews_150326_9669275383.html 
引用元: ・http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427368302/


日の丸のイメージかぁ..。。納得しました(´▽`) 

 


no title


31: 名無しさん@1周年
>>1 
いいデザインだよマジで


32: 名無しさん@1周年
>>1 
萌え絵だったらどうしようと思ってスレ開いたが安心した


81: 名無しさん@1周年
>>32 北斎も当時の萌え絵だよ。日本の伝統・文化だね


84: 名無しさん@1周年
八岐大蛇って>>1みたいな龍っぽいデザインと 
名前の通り蛇そのものなデザインがあるがどっちが正解なんだ


2: 名無しさん@1周年
いいね 


3: 名無しさん@1周年
二番館は「うおつり」がよろしおます


60: 名無しさん@1周年
>>3 
三番館は「たけしま」がよろしおます


4: 名無しさん@1周年
格好良い


5: 名無しさん@1周年
次こそは「天照」だろ


6: 名無しさん@1周年
漢字で出雲だったらもっとよかったのに


48: 名無しさん@1周年
>>6 
やまとの文字もいいではないですかw


8: 名無しさん@1周年
強そうだな


10: 名無しさん@1周年
こりゃあ、凄く迫力があるデザインだ。 
下手なゲームとかアニメのデザインなんか、 
まったく足元にも及ばんよ。 
なんてえか、自衛艦がアニメに寄ってんの? 
米軍とかはマークが昔からアニメ化してるのも有るし。


12: 名無しさん@1周年
>新型ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」 

大津波災害時、救助作業の拠点になる発想だろが、 
そうならないことを祈るよ。 

中韓のアホはほっときな。


13: 名無しさん@1周年
アメリカとかの空母と比べると、もっさりしていて、コレジャナイ感が凄いです


18: 名無しさん@1周年
ヤマタノオロチが強酒に酔って寝込んだ寝首を掻かれて、 
その遺体のしっぽから出てきたんだっけ?>あめのむらくものつるぎ。


24: 名無しさん@1周年
スサノウノミコトにしろよ。わんぱく王子の大蛇退治のキャラをロゴにすれば良かったのに。


27: 名無しさん@1周年
首が8本ならナナマタノオロチではないのか


28: 名無しさん@1周年
憎しみの化身 
どんだけ戦争したいんだ安倍


37: 名無しさん@1周年
あ、いいなこれ


40: 名無しさん@1周年
昭和17年にタイムスリップしてあげて欲しい。 
十分大型正規空母として使えるわ。


41: 名無しさん@1周年
マスゴミがこぞって空母くうぼして国民に向けて議論しろだ言ってるなw


46: 名無しさん@1周年
RAM-CIWSが付いてるからどうせ無敵なんだろ?


47: 名無しさん@1周年
センスあるなw


49: 名無しさん@1周年
こりゃ大変だわ神々様に叱られるわ


53: 名無しさん@1周年

特ア的に八岐大蛇ってどうなの


62: 名無しさん@1周年

F35が8機搭載出来ると言うことかもしれないw


63: 名無しさん@1周年
ガフトノーシュとか言ってる人はアニメの見過ぎですよ


73: 名無しさん@1周年
>>63 
星界軍の始まりである


コメント

下村博文・文科相を市民団体が告発 会費名目で資金が流れている

2015-03-30 00:24:32 | 日記

ザ・リバティーweb  より

「政治とカネ」の問題で追及を受けている下村博文・文科相。このほど、大阪の市民団体「政治資金オンブズマン」が、政治資金規正法違反(虚偽記入など)の疑いがあるとして、下村氏らに対する告発状を、東京地検に送ったことを各紙が報じている。

 

記事によると、告発の主な内容は、下村氏の支援者がつくる全国の「博友会」のうち、東京以外の博友会が、政治団体の届け出をしない任意団体であるにもかかわらず、年会費名目で集められた資金が、下村氏が代表を務める政党支部「自民党東京都第11選挙区支部」に寄付されている点だ。

 

告発状の添付資料には、下村氏が文科相に就任した2012年以降に出されたとみられる「近畿博友会」の「規約」があるという。規約には、年会費の振込先として同支部が指定されており、近畿博友会が下村氏の政治資金集めに関わっていることを示す、明らかな証拠という。

 

この問題について、民主党の柚木道義・衆議員は27日の衆議院文部科学委員会で質問。「近畿博友会」の規約について問いただすと、下村氏は「初めて見た」と関与を否定。博友会の元幹部が実名で「講演料を手渡した」と告発しているが、その件についても下村氏は「受け取ったことはない」と否定した。

 

また、柚木議員は告発状の最後に、「全国の地方博友会、政治団体として、どこにも届け出をせず、政治資金収支報告書も提出されていないので、その結果として裏金作りが容易に可能になったと言えるだろう。従って、その裏金の使途を解明するためにも、強制力を有する御庁(東京地検特捜部のこと)において、徹底的に調査をつくしていただく」と記載されていると紹介した。

 

下村氏はこの1カ月余りの追及の中で、「お車代」「暴力団関係者からの寄付」の存在について、当初否定するものの、翌日には撤回して認めるなど、その発言は二転三転している。

 

下村氏の発言がどこまで真実なのかを調べるために、市民が告発という手段に頼らなければならない現状は悲しい。文部科学省は、道徳教育の強化を進めようとしているが、そのトップにはもっと誠実な人物が就くべきではないか。

 

【関連記事】 

2015年2月26日付本欄 【速報】下村博文文科相が「違法献金」 週刊文春報じる

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9272

 

2015年4月号記事 「幸福の科学大学」不認可問題 文科相の判断は憲法違反である 小浜 逸郎氏インタビュー

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9224

コメント

立花隆氏がNHK・BSの番組で「死が怖くなくなった」臨死体験は脳の作用ではない

2015-03-30 00:21:37 | 日記

ザ・リバティweb  より

ジャーナリストの立花隆氏が、臨死体験について世界の研究者を訪ねながら、最新の研究成果を紹介していく様子をまとめた、「シリーズ 死ぬとき心はどうなるのか 立花隆“臨死体験"を追う」がNHKのBS1で、24~26日の3夜連続で放送された。昨年、NHK総合で放送された「死ぬとき心はどうなるのか」に未公開映像を加え、再編集されたものだ。

 

番組では、臨死体験が、最新の脳科学の研究により、脳の働きで説明ができるとした。例えば、臨死体験をした人の多くが、体験中に強い幸福感を感じるのは、死に瀕するときに脳内の辺縁系と呼ばれる部分が化学物質を大量に出すからであり、また、体外離脱の感覚は、脳内の側頭葉が刺激を受けたときに生じやすいという。自分の意思で夢の内容を操ることができる、明晰夢という夢についても触れ、臨死体験はこの明晰夢に近いとした。

 

しかし、脳の働きで説明できない臨死体験や神秘体験の事例はたくさんある。脳神経外科の世界的権威であるエベン・アレグザンダー医師は、自身の臨死体験の中で、その存在も知らなかった生き別れた妹と会ったという。また、ある男性は、手術中、医師の行動を見たと証言しており、その内容は手術室からは知る由もない情報だった。

 

最新の科学の知見を追うのは興味深いが、結論として、「死後の世界があるのかないのかは分からない」というところで終わっているところが残念だ。

 

番組のおわりに、立花氏は、臨死体験の調査を通じて「死が怖くなくなった」と語った。確かに、死の瞬間に限れば、脳内の化学物質により幸福感を感じることが分かったから、本当にそう思ったのかもしれない。しかし、死後に待っているものが、あの世なのか、無なのか。これについて明確な答えがないまま、「死は怖くない」というのは、強がりのように聞こえる。

 

あの世はあるか、ないか、結論はどちらかだ。あの世の存在を信じ、死後は天国に行きたいと願い、思いや行動を整えて生きるか。あの世はないと信じて、生きるか。「死への恐怖」が気になる立花氏はそろそろ、あらゆる臨死体験を合理的に説明できる「死後の世界」の存在を認めるべきだ。(居)

 

【関連記事】

2015年3月21日付本欄 立花隆が「死ぬとき心はどうなるか」の謎を解けない理由

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9390

 

2014年10月23日付本欄 「死が近しいものになってきた」から怖くないという立花隆氏 あの世の研究は十分ですか

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8636

 

2014年10月号記事 NHKへの公開質問状 なぜ超常現象を否定したいのですか?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8327

コメント