あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

役所の介入は=規制強化で経済衰退である

2013-07-31 08:50:07 | 日記

有る程度の規制は必要だが、許認可権限を持っている官僚は権限拡大を常に狙っている。

この権限を拡大することは国民にとって不便さを拡大するものである。

自己責任の原則が強くして自由であるべきである。

国が悪い、政治家が悪いと責任転嫁をする国民性では役所の権限が大きくなるばかりである。

役所が許可した原因により事故が起きた場合は、責任は民間に押しつけるだけである。

 

Yahooニュースより

<noscript>

現在JavaScriptが無効になっています。
Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。
JavaScriptの設定を変更する方法はこちら

</noscript>

高速バスツアー廃止で、戦略見直す長距離バス業界の苦悩~値上げ検討、業界縮小懸念も

 

 東京-名古屋2000円~、東京-大阪3000円~、東京-仙台2000円~。インターネットで長距離高速バスを検索すると、こうした情報がたくさん出てくる。これら格安高速バスは、8月1日から急激に減るかもしれない。

 乗客を乗せて高速道路を走るバスは大きく分けて2種類、路線バスとツアーバスがある。格安の高速バスはほとんどが後者で、いわゆる観光バスなどの貸し切 りバスと同じ種類だ。旅行代理店が企画して集客し、その実際の運行を貸し切りバス会社に委託する形になっている。8月1日以降は路線バスに1本化され、従 来のツアーバスの形態では営業できなくなる。路線バスは主に大手バス会社が国の認可を受け、停留所を設けて、決まった路線を定期運行する形だ。

 ツアーバスが廃止となったきっかけは、昨年4月、群馬県の関越自動車道で乗客7人が死亡した高速ツアーバス事故である。運転手が過労から居眠り運転していたのが原因だった。

●路線バスとして継続する事業者は4割程度

 都市間ツアーバスの利用者は、2005年には約21万人だったが、国の規制緩和により新規参入事業者が増え、10年には約600万人が利用している。そ の半面、過当競争となり、「立場の強い旅行会社がバス会社にコスト削減を強要し、安全対策がおろそかになっている」との指摘が、バス業界から上がってい た。また、関越道の事故で、運行の責任主体などが不明確な点や安全上の問題が浮き彫りになった。国土交通省が昨年、高速ツアーバスの運行会社を調べたとこ ろ、全体の64%の会社が、運転手に必要な休憩を取らせていなかったり、長時間運転をさせたりしていたということが判明した。

 高速ツアーバスが廃止となり、新たに路線バス事業の認可を得るには、停留所を設けるほか、バス6台以上を保有する必要がある。国交省によると、高速ツ アーバス業者は昨年9月時点で、旅行会社などの企画側が58社、請負側の貸し切りバス事業者が228社の計286社あったが、新たに路線バス事業を申請し たのは、7月23日時点でその約4割の111社にとどまっている。その理由として、新制度で義務付けられた停留所設置などのほか、運転手の増員などの負担 増があるだろう。

 運行を継続する事業者も戦略の見直しを迫られている。新聞社の取材に対し、エムケイ観光バス(京都市)は「8月以降は値上げせざるを得ない」と説明して いる。最大手のウィラーアライアンス(東京都)はこれまでの子会社3社体制から、全国の運行エリアごとに新たなバス会社を7社設立して10社12営業所体 制に変えた。

 申請は今後も受け付けられるが、審査には約3カ月かかり、マーケットの大幅縮小となるかもしれない。多くの高速ツアーバスが運行されてきた東京と、大阪 や名古屋、それに仙台を結ぶ路線は、8月以降の帰省ラッシュにバスが不足し、予約が取りづらいといった影響が出ることも予想される。

 学生や若者のように、交通費を少しでも安くして旅行を楽しみたいという人には残念だろう。また、夜間高速バスは21~23時台に出発して、目的地には早朝到着するため、多忙なビジネスマンの利用者も多いが、そんな人たちにも影響があるかもしれない。

●規制強化は経済に悪影響か

 規制緩和・撤廃すれば、ほとんどの場合において、その業界のマーケットは大きく広がる。逆に規制を強めれば、そのマーケットは一気にしぼんでしまう。 今、アベノミクス「第3の矢」として規制緩和の行方に注目が集まっており、安倍政権と官庁(霞ヶ関官僚)との攻防が焦点だ。ほとんどの官僚は許認可権限を 手放したくないわけで、規制緩和など自らする理由もない。逆に、何か問題が起きれば、役所は「ほら見たことか」とばかりに規制を強めてくる。

 昨年7月、食品衛生法の基準が変わり、飲食店で牛の生レバーが食べられなくなった。一昨年4月、北陸の焼き肉チェーンで、ユッケなどを食べた5人が死亡 した食中毒事件が発端だった。生食用肉提供の規制が形骸化していたことが問題視され、批判を受けた厚生労働省が厳罰化へと一気に舵を切ったのである。

 高速バスの安全運行は大前提であり、利用者大半の感覚としては、今回の国交省の措置は仕方がないというところかもしれない。生レバーの事件とは同レベル で考えることはできないだろう。結局、自由なマーケットが順調に拡大して経済発展に寄与するには、事業者らの倫理観と自立した生活者の消費行動が重要であ り、さもなければ役所の介入を招くことになってしまう。

横山渉/ジャーナリスト

コメント

米上院、尖閣問題で中国非難決議案を採択 

2013-07-31 00:17:59 | 日記

日本も「航行の自由に日本の国益がかかっている」と言えないのかね。

情けない自民党政権です。

 

米上院本会議は29日、沖縄県・尖閣諸島周辺や南シナ海で示威行動を活発化させる中国を念頭に、領有権の主張や現状変更を狙った「威嚇や武力行使」を非難する決議案を採択した。

決議は「アジア太平洋地域の航行の自由に米国の国益がかかっている」と指摘。

その上で、尖閣諸島は日本の施政権下にあるという米国の認識が「第三者の一方的な行動によって変わることはない」として、日米安全保障条約に基づき米国が対処する方針も揺るがないことを強調した。(共同)

コメント

「首相も天皇も靖国参拝を」

2013-07-31 00:15:45 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

「首相も天皇も靖国参拝を」

号外が出ていました。

http://the-liberty.com/files/20130726-amtrs.pdf

 

 

       

 

また、本日は、このような記事がありました、

 

「靖国参拝は静かに」 麻生氏、国基研で見解

産経新聞
2013年07月30日08時02分
http://news.livedoor.com/article/detail/7905659/

 

(`・ω・´)参拝を取りやめるなら、

自民党は今までと、何も変わらないではないのか・・
という声もあるようです。。
世界中で暗躍する、反日工作、に対して、言葉で一つ一つ反論し
説明する時間も無いなら、行動で示すほかないでしょう

 

「首相、靖国参拝見送り」の一部報道、安倍首相は気にせず参拝を
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/040e4dfe2e47f3cfe8ce587c30ee1f93


日本が先の大戦でアジア諸国を侵略し悪事を働いたという、自虐史観の
洗脳から日本人を解放し、「人種差別や植民地からアジア諸国を解放した
正義の戦争だった」という真実を、日本国民に知らしめ、

 300万人の英霊に感謝を捧げるために、ぜひ安倍首相には
 
毅然と靖国参拝を実行していただきたい

 

 

日本に誇りを取り戻す(`〇ω〇´)

コメント

日本をレイプ国家に貶めた「河野談話」の罪

2013-07-31 00:10:52 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

日本をレイプ国家に貶めた「河野談話」の罪

[HRPニュースファイル713]転載


 ◆「河野談話」「村山談話」を葬り去る「大川談話」

7月26日、幸福実現党・大川隆法総裁による「大川談話」が発表されました。

(全文:【プレスリリース】「大川談話—私案—」の発表について

⇒ http://info.hr-party.jp/press-release/2013/1884/

「大川談話」は、「河野談話」「村山談話」がもたらした自虐史観、そして
自虐史観による「改憲の縛り」から日本を解放し、「日本の誇り」を取り戻す
ための談話であり、安倍首相の参考として提言されたものです。

「大川談話」が発表され、既に政界、マスコミ界を中心に、大きな反響が
出始めています。

「大川談話」には、「本談話により、先の『河野談話』『村山談話』は、遡って
無効であることを宣言する」とあります。

本日、明日にわたって、特に「河野談話」「河野洋平という政治家」について
言及致したいと思います。

 ◆「河野談話」とは?

「河野談話」とは、1993年、宮沢内閣で官房長官を務めていた河野洋平氏が
発表した従軍慰安婦についての調査報告について述べた「談話」です。

「談話」とは、政府見解ではありますが、両院の賛成多数をもって成立した
ものではなく、法律とは異なり、法的拘束力は無く、公務員を拘束するもの
ではありません。

「河野談話」の主旨は、政府調査の結果、「数多くの慰安婦が存在したこと
が認められ」、「旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」。

そして、「本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等
が直接これに加担したこともあった」「慰安所における生活は、強制的な状況
の下での痛ましいものであった」というものです。

こうした調査結果を受け、政府として「お詫びと反省の気持ちを申し上げる」
という談話です。


 ◆日本をレイプ国家に貶めた「河野談話」の罪


「河野談話」において、最大の焦点となっている点は、慰安婦が民間業者に
よる単なる商行為、ビジネス行為だったのか。それとも、「軍・官憲による
強制連行」があったのか、ということです。後者であれば、国家としての
責任問題になるからです。

現在に至るまで、日本政府はあらゆる調査を行っていますが、「軍による
強制連行」の事実を示す証拠は一つも出ていません。韓国側の資料でも、
客観的証拠は一つもありません。


この点について、「河野談話」は曖昧な表現に徹しています。

当時の官房副長官だった石原信雄氏は「加藤談話では強制性まで踏み込めず、
韓国側が納得しなかったという背景があった。河野談話は、当時の状況を考えて
出したもの」「結論として強制連行を裏付ける資料は見つからなかった」という
裏事情を語っています。(『週刊新潮』2007/3/22号)


すなわち、「河野談話」は、国内向けには「強制連行を認めていない」という
スタンスを見せつつ、韓国に対しては「強制連行を認めて、謝罪した」という
姿勢を示し、当時、加熱していた韓国との歴史認識問題の打開を図るための
「政治的談話」だったと言えます。

しかし、その後、「河野談話」が独り歩きし、「日本政府が公式に強制連行
を認めた」として、韓国、中国、米国を中心に、「日本はレイプ国家」
「二十世紀最大の人身売買」などといった汚名が日本に降り注いでいます。


 ◆今こそ、「河野談話」を葬り去る時!


さて、この「河野談話」について、安倍首相は総理就任前までは、これを
捨て去り、新たな「安倍談話」を発表し、正しい歴史観を明らかにすること
を訴えていました。

しかし、安倍首相は、5月24日の閣議で、「河野談話」について、安倍内閣
として継承する内容の答弁書を決定しました。
(5/24 時事「河野談話を継承−政府答弁書」)

これは、安倍総理も国益を損ねる判断に加担したということであり、一部の
保守系からも強い不満の声が上がっています。


現在、幸福実現党は、従軍慰安婦の嘘を明らかにし、日本の誇りを取り戻す
国民運動を展開しております。

自虐史観が、憲法改正にも大きな影響を与えており、自分の国を自分で守る
ためにも、大きな障害になっているからです。(つづく)


(文責・こぶな将人)

参考:7/31(水)発刊
『「河野談話」「村山談話」を斬る!日本を転落させた歴史認識』
(大川隆法著、幸福の科学出版)⇒ http://info.hr-party.jp/2013/1876/

 

コメント

熱い夏でうんざりの方へ「アラスカの日常」

2013-07-31 00:09:02 | 日記

熱い夏でうんざりの方へ、

これが日常だと?アラスカの日常があまりにも現実離れしている



う だるような夏の暑さが続く中、アラスカの平均気温は2℃と超クールな地方です。しかしいくらアラスカと言えども夏はやはり熱いようで平均気温は14℃、暑 いときは30度を超える真夏日になることも。逆に冬ともなれば一気に気温は下がりマイナス40℃以下という極寒の地に。そんな気温差の大きいアラスカの日 常はいったいどのような生活を送っているのだろうか、チラリと紹介し気分的に涼しくなっていただきたい。

only_happen_in_alaska_43


only_happen_in_alaska_24


アラスカにもマクドナルドはあるようです。ブロガー等の情報によるとポテトやハンバーガーなどのレギュラーメニューは存在。インドに行った際は牛肉のハンバーガーが無く、すべてチキンでしたが同じアメリカなので牛肉のハンバーガーがあっても当然ですね。

ちなみにアラスカのマックには「トナカイ」のハンバーガーがあるという都市伝説もありますが信憑性は定かではありません。地方ネタとしては面白いのですが、希少なトナカイ肉の確保と加工の手間を考えると大量生産されている牛肉パティを輸送したほうが安価な気もします。

そんなトナカイではなく、角の大きなヘラジカは日本でいう「馬」や「牛」のように運搬用の家畜となっているようですが、車との衝突で事故が絶えないとか。

—やはり寒い


only_happen_in_alaska_01


only_happen_in_alaska_12


only_happen_in_alaska_02


ただでさえ暑いのに、今から寒さなど想像できない日本。一方アラスカでは厳冬期ではマイナス45℃という猛烈な寒さ。しかし現地の人であればそれは紛れもない「日常」。マイナス10℃?今日はあったかいね、そんな会話さえ聞こえてきそうです。

おまけにそとで結婚式を挙げるなどなかなか日本では考えられないロマンティックな演出もあるようです。こんな寒くても二人の愛は炎のように熱い。そんな熱い結婚式を味わいたければ是非ともアラスカで挙げてみてはいかがだろうか。

アラスカで結婚式以下サイトで受け付けているようです。
http://www.haishirokuma.com/alaskawedding.html

写真をもっと見る方はこちら
http://bit.ly/13usGiY


(ライター:たまちゃん)

コメント

韓国のりや冷麺に人糞(大腸菌)の混入が判明 外務省が日本国民に注意呼びかけ!

2013-07-31 00:00:10 | 日記

韓国に毒されたうつみ宮土理です。

日韓親善大使として、韓国の糞をまき散らしています。

 

保守への覚醒 さんより転載です。



☆韓国で冷麺・のり巻きなどから大腸菌 食品検査結果


在大韓民国日本国大使館は、韓国食品医薬品安全処による食品検査の結果を発表した。検査対象は夏に多く消費される食品。韓国国内1599ヶ所で2038件を検査した結果、59件で大腸菌などが検出されたという。

 
調査対象は、「冷麺・コングクス(豆乳に麺を入れた料理)」「のりまき・すし」「弁当」「かき氷・サラダ」「食用氷」など。検査の結果、冷麺・コングクスで47件の大腸菌が検出され、のりまきで8件の大腸菌と4件のセレウス菌が検出された。他の食品からは検出されなかった。

 
同大使館は「食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、発生する危険性がたくさん潜んでいます」と注意を呼び掛けている。

http://yukan-news.ameba.jp/20130728-194/





▲「チョッパリはこれでも喰らえ!」と日本への輸出キムチに痰唾を吐く韓国女。



大腸菌と言えば聞こえがいいが、要するに人糞や動物糞が日常的に混入していると言う事である。



韓国をよく知る者は、韓国の食材にはとんでもない混入物があると言うことはすでに織り込み済み、しかし初めて韓国への旅行予定者は人糞・寄生虫の卵混入、食材の使い回し、料理への痰唾吐き、などは当たり前だと覚悟するしかない。



「韓牛のユッケニダ」とか言って犬肉のユッケが出てきたり、「疲れに良く効く漢方酒ニダ」とか言って人糞酒トンスルが出てくる国が韓国だ。




▲今でも闇で購入できる人糞酒トンスル。


▲韓国産キムチに紛れ込んでいるノロウイルス、こんなの食べたらあの世行きだ。



「やはり本番のキムチは美味しい」などと感心している日本人旅行者を見かけるが、韓国産キムチには人糞・寄生虫の卵・ノロウイルスなどが混入しているのがデフォだ。



思い切り加熱した食べ物以外を韓国で口にすることは不可である。そういう意味では韓国のりや冷麺や刺身類などの生ものは極めてヤバイ食べ物。韓国人が大好 きな唐辛子みそ「コチュジャン」や、韓国人が自慢する年代物の「塩辛」から大量のウジ虫や寄生虫の死骸破片や寄生虫の卵が見つかった例もある。



日本人と韓国人では不潔な食品に対する免疫力・抵抗力が全く異なることを理解しなくてはならない。韓国人が何気なく食べてる物を日本人が食べると命すら落 としかねないこともあるのだ。どうしても人糞・大腸菌・寄生虫・ノロウイルス・痰唾混入の国に行きたい人は3度の食事は全て日本から持参する事が必須だ。

コメント

【韓国による反日キャンペーンに終止符を】

2013-07-30 01:09:15 | 日記

日本の平和ボケがなかなか治らないのと同じで

韓国の反日教育も治らないでしょう。

治るとすれば、互いに痛い目に逢うまででしょうか?

 

理想国家日本の条件 さんより転載です。

【韓国による反日キャンペーンに終止符を】

 高木よしあきオフィシャルサイトから転載

http://takagi-yoshiaki.net/4132.html


サッカーの東アジアカップで、政治的なメッセージを記した横断幕を
掲げるなどして、スポーツの世界でも反日キャンペーンを展開する韓国
ですが、米国内においても、韓国系の団体が従軍慰安婦像を設置する
(※)など、反日キャンペーンを強めています。

 しかし、韓国がそうあってほしいという歴史と、実際の歴史は異なって
います。

日本軍が組織的に慰安婦を集めたという証拠はありませんし、韓国側
の主張する20万人の慰安婦という数字も、当時の人口を考えても嘘で
あることがすぐにわかります。

また、元従軍慰安婦という女性の体験談の内容も一貫性がありません。

 韓国側は、真実味が乏しい従軍慰安婦問題を、真実であるかのように
主張するために、躍起になって慰安婦像を設置しているように見えます。

 一方で、こうした韓国側の行動に対し、日本は十分な反論をしてこな
かったことも問題です。
 既に、米国内では、「日本軍が慰安婦20万人を強制連行した」という嘘が
広まっています。

 日本が、過去に行ってきた謝罪外交も、こうした誤解に拍車をかけています。

 その結果、根拠の無い主張を展開する韓国側に「日本は歴史を直視すべき」
と言われる始末です。
 やはり、日本は、韓国側が展開する反日キャンペーンに、事実は事実として
キッチリと反論すべきです。

 これは、日韓両国民の友好を築くためにも必要なことです。

 そのためには、日本軍による強制連行の証拠はないにもかかわらず、
強制連行を実質的に認めたとされる河野談話は早急に見直すべきです。


 強制連行説は誤りであることは明らかになっています。

 日本政府は、「大川談話—私案—」をもとに、河野談話と村山談話を
白紙撤回し、真実の歴史認識に基づく新たな談話を発表すべきでは
ないでしょうか。

 ※:7月28日付産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130728/kor13072818130006-n1.htm

コメント

英BBC国家イメージ調査…爆笑…やはり嫌われ孤立していく 中共と韓国(笑)

2013-07-30 01:07:05 | 日記

保守への覚醒 さんより転載です。



☆【経済裏読み】やはり嫌われ孤立していく中国と韓国…英BBC国家イメージ調査


英国放送協会(BBC)の海外向け放送「BBCワールドサービス」は、各国が世界に与える影響が良いか悪いかを聴く調査を行い、インターネットなどで公開している。


いわば国家のイメージ調査で、日本は例年、好感度上位組だ。ところが2013年調査で、日本は前年の1位から4位に転落。中国、韓国との足の引っ張り合いや、安倍晋三政権の経済政策・アベノミクスが理由のようだが、それでも4位にとどまったのは、日本の信頼の高さを示している。

 
■足を引っ張られても4位

 
2005年に始まった国際世論調査で、BBCワールドサービスが企画し、カナダの民間調査会社グローブスキャンなどが実施。各国報道機関の協力で、昨年12月から今年4月の間、25カ国の約2万6千人を対象に、17の国・地域に対する印象を電話や対面で調べた。

 
総合結果で、日本が「世界に良い影響を与えている」とした評価は51%と前年から7ポイント減少し、「悪い影響」は6ポイント増の27%。好感度が下がり、反感度が上がった。

 
主な理由は中国、韓国に足を引っ張られたためだ。両国の日本への評価はもともと悪いが、今回の調査はさらに拍車がか かり、中国では「良い」の17%に対し「悪い」が74%。韓国は「良い」21%、「悪い」67%。両国とも前年より「悪い」が増え、尖閣諸島や竹島の領土 問題、従軍慰安婦問題で、日本との摩擦が高まったことをうかがわせた。

 
他国を見ると、米国やドイツでも日本の評価は下がった。時期的にみて、アベノミクスでの円安進行に伴う経済への不安感で、警戒感を持たれたようだ。

 
ただ、政権交代という激震の時期にもかかわらず、日本は高い評価を維持したともとれる。





■中国は好き嫌いで2極化

 
中国は前回の5位から今年は9位へと急落。この国は、好かれているか、嫌われているかがはっきり分かれているのが特徴だ。

 
中国が援助しているナイジェリア、ケニアなどアフリカ諸国では高評価。パキスタンも高い。

 
一方で欧米諸国での評価は軒並み昨年を大幅に下回った。昨年来、米国は中国からのサイバー攻撃に不快感を示し、EUはダンピング防止のために中国が設けた高い関税に猛反発している。中国は安全や貿易で主要国の反感を買っているようだ。

 
日本、韓国ともに中国に対する評価は悪く、日本で中国の影響を「良い」としたのは5%、「悪い」は64%。中国は領海、領土で不当な権利を両国に対し主張している。これは当然だろう。


■孤立する韓国

 
韓国は総合結果で10位。前回の12位から2ランク上がった。とはいえ、その中身を見ると、なんとも寒い

 
「良い」が「悪い」を上回ったのはインドネシアとガーナの2カ国しかない。前年と比べると米国をはじめ、カナダ、ドイツ、フランスなど総じて評価が下がっている。おしなべて嫌われているのだ。

 
韓国は歴史認識を巡り、日本が孤立すると声高に叫んでいるが、孤立しているのは韓国自身ではないだろうか。(一部略)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130729/frn1307290907000-n1.htm








国家間の信頼関係は、民度と信頼性と潜在能力、そして感性の問題だからね…、共産党1党支配の中共はさておき、自称先進国だが実のところ未開の土人国家である韓国に取っては致命的だ。



ファンタジー物語を好み、妄想の世界をさまよいながら起源主張を繰り返し、ウリナラマンセーの世界を確立させるよとする国には孤立の道しかないのは当然だ。



●インドネシアで韓国の評価が「良い」が「悪い」を上回ったのは何故か?



インドネシアと韓国の間で、練習用戦闘機T50−I型(ロッキード・マーティンが設計し韓国が製造を許された練習機)の売買契約がある。この練習用戦闘機 は、当初予定では今年9月にインドネシアに輸出されることになっている。韓国メディアは、「2025年までにこの戦闘機の売上は世界市場の25%を占める ようになるだろう」と馬鹿な妄想を垂れ流していた。



ところが、インドネシアは2011年から専門家60人を韓国に派遣して750万ドルも投入させられた。しかしこの事業が突然2014年9月まで延期されてしまう、インドネシアは「詐欺にあったようなものだ、2年半の我々の努力が水の泡になった」と韓国政府を批判している。



「やはり韓国は韓国だね」と言う事になるのだが、そのことを知らずに両国が友好関係にあると思っているインドネシア人も多いのだ。



●もう1国、「良い」が「悪い」を上回ったガーナはどうなのだろうか?



2012年7月、日本の三井物産が、韓国企業と組み、ガーナで火力発電所の拡張工事を受注したことと関係がありそうだ。ガーナの発電事業会社のタコラディ・インターナショナルからの受注だ。三井物産は2014年11月の完成を目指している。



この事業を主導しているのは勿論三井物産だ。今回は韓国の建設会社「韓国電力技術」と組むことでコストを抑え受注につなげた。ガーナで韓国は、自らが主導する工事のように装い、他のアフリカ諸国での受注を得るようロビー活動している。ガーナでは日本と韓国は友好的な極東の兄弟国だとの認識が根強い。



この2国には、韓国人の「息を吐くような嘘」が功を奏して「良い」との評価を得られたようだ。しかし、主要先進国G7各国の韓国に対する評価は総じて急降下を続けている。韓国はおしなべて西側先進国には嫌がられているのだ。







同じく孤立化に悩む1党独裁政権の中共に急接近した朴槿恵の属国外交と、焼け石に水のクネノミクスが韓国の孤立をさらに深刻化している。



「大韓民国の経済発展のためには徹底的に日本を孤立化さすことだ!」と意気込んだ朴槿恵。安倍首相の脱特亜の頭脳的外交に圧倒的な軍配が上がる結果となった。朴槿恵には今後とも難しいかじ取りが強いられそうだ。できるかな? 外交下手の大統領閣下に…。

コメント

【サッカー日韓戦】菅官房長官、「国際試合で、今回のような横断幕が掲げられたことは極めて遺憾だ」

2013-07-30 00:45:45 | 日記

しかし、日本の政治家から出る言葉としては遺憾の言葉しかないのかね?

日本の恩恵を仇で返す韓国には経済制裁をすべきです。

歴史を忘れた民族とは韓国人のことですよ!!

保守への覚醒 さんより転載です。

 

▲バ韓国人がスタジアムに『李舜臣』と『安重根』の大型垂れ幕を掲げる…




☆「サッカー横断幕極めて遺憾」


菅官房長官は、午前の記者会見で「FIFA=国際サッカー連盟では、応援時に政治的主張を行うことを禁じており、事実関係を確認している。東アジアカップという国際試合で、今回のような横断幕が掲げられたことは極めて遺憾だ」と述べました。


そのうえで、菅官房長官は「FIFA、日本サッカー協会に事実関係を確認中で、事実関係が明らかになった段階で、FIFAの規定などを踏まえて適切に対応したい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130729/t10013367971000.html




東アジアカップ2013日韓戦で、バ韓国人が、またもやスポーツに政治問題・歴史問題を持ち込み、日本に対する侮辱的行為を平然と行った。完璧にFIFAの規定違反である。やはり彼の半島にはイカレタ精神病患者しかいないようである。




▲「ライバル日本に負けて悔しい、気分が悪いニダよ!」と洪明甫(ホン・ミョンボ)監督。



さらに試合では韓国側のラフプレーも続出。弱いくせにラフプレイと反則アピールだけは天下一品だ。試合後「ライバル日本に負けて気分が良くない」と洪明甫(ホン・ミョンボ)韓国代表監督は顔をひきつらせ火病寸前。



ライバル?誰が?…韓国政府と韓国国民は、その前にサッカーの国際試合をする資格がある国なのか、胸に手を当ててよーく考えてみるんだな。気違い民族には反省は無理か?…。




▲サッカー日韓戦で歴史問題の反日横断幕。FIFA規定違反の疑い。
ハングルで『歴史を忘れた民族に未来はない』と書かれている。




1-1の同点できっ抗した中で後半戦が始まったが、韓国代表チームの反日サポーター「赤い悪魔」が突然後半戦の応援を拒否した。これに反し日本の遠征応援団は反対側のゴールポストの裏に席を占めて秩序ある応援を繰り広げていた。



反日サポーター「赤い悪魔」は後半戦の応援を拒否した理由として、「準備して行った大型垂れ幕を大韓サッカー協会に強制的に撤去されたためである」とFBを通して明らかにした。



この日、「赤い悪魔」の応援席には『歴史を忘れた民族に未来はない』という横断幕が掲げられた。これはFIFAに政治的な文面と解釈される可能性がある。 ビビった韓国サッカー協会がハーフタイムにコソコソと撤去したのだ。当然のことのように「赤い悪魔」が火病をおこし後半戦の応援を拒否したのである。



スタジアムの『歴史を忘れた民族に未来はない』 とのハングル横断幕。日本に対して最大級の侮辱の意味を込めた横断幕なのであろうが、不思議と韓国人自身のことを自己紹介しているように見えてしまうのだ(笑)。そこらへんが韓国人の超間抜けなところなのだが…。










韓国にサッカーをする資格などない理由はまだある。日刊スポーツは28日、「ザック日本を丸裸!韓国屋上から練習撮影」と題した記事で、韓国代表のユニフォームを着た韓国協会のスタッフとみられる人物が日本代表の公開練習を宿泊施設の屋上から完全撮影していたと伝えた。



記事によると、この人物は三脚にビデオカメラを設置し、最初は完全非公開の韓国の練習を撮影。日本がアップを終えて11対11の練習を始めると、ビデオカメラの向きを韓国から日本に変えて撮影を続けたという。



それに対する韓国サッカー協会の弁解がこれだ、「当時、(韓国代表の)近くで日本代表が練習していたので、カメラの方向が重なったようだ」。「屋上から撮影していたビデオ分析官は、日本が練習をしていることを知らなかったニダよ」である。



(韓国のラフプレー)


韓国の選手が明らかに故意の肘打ちで青山が負傷・・イエローカード 日本vs韓国 2013東アジアカップ YouTube
駒野と高萩が危険なタックルをうける 東アジアカップ 日本VS韓国 YouTube




試合に負け、応援マナーでも負けた韓国。『李舜臣』や『安重根』の大型垂れ幕と、『歴史を忘れた民族に未来はない』との巨大横断幕の件はハーフタイムで撤去したと言えども許される行為ではない。



日本サッカー協会は、ロンドン五輪での韓国人の「竹島パフォーマンス」の時のような甘い対応は最早許されないぞ!至急FIFAと韓国サッカー協会に厳重抗議をするべきである。

コメント

参院選で池上彰氏以上に"タブー"を犯していたのは?

2013-07-30 00:44:58 | 日記

創価学会が日蓮宗から破門されて宗教法人の資格が亡くなっていることを

明らかにする公にすることがタブーなのです。

宗教法人格がなくなると莫大な税金を払うことになるからです。

そのタブーを破ったのが、幸福の科学です。

 

ザ・リバティーweb  より

参院選投開票日に生放送された、テレビ東京系の「池上彰の参院選ライブ」に対する評判が、選挙後、雑誌やネットなどで取り沙汰されている。「タブーに踏み込んだ」などの点が評価されている。

 

4時間の生放送だったこの番組は、在京民放各局の選挙特番の中では、唯一、平均視聴率「10%超え」を達成。その要因は、何とも言っても時事問題や社会問題を分かりやすく説明することに関しては右に出る者がいない、ジャーナリストの池上彰氏の出演に尽きるだろう。

 

メインキャスターを務めた池上氏は、堅苦しい選挙特番とは異なり、候補者たちに対して、視聴者目線で、歯に衣着せぬ質問を浴びせた。特に際立っていたのが、公明党の佐々木さやか候補(神奈川選挙区)に対するものだ。「公明党を応援することが、創価学会の人にとっての宗教活動、功徳を積むことになるんですか?」「創価大学のご卒業ですよね? ご本人も創価学会員なんですか?」

 

こうした姿勢が視聴者の心とらえたのか、放送以降、様々な媒体で評判になった。「テレ東・池上彰の選挙特番視聴率10%超え民放特番で圧勝」(ネットニュース「オリコンスタイル」7月22日付)/「『宗教と政治』タブーも容赦なし池上彰の選挙特番に大喝采」(「日刊ゲンダイ」ネット版7月23日付)/「民放トップの超高視聴率を叩き出した池上彰さん選挙特番の『タブーなき質問』」(「週刊ポスト」8月9日号)

 

確かに、創価学会と公明党の関係について質問する辺りは、既存のテレビ業界では「タブー」かもしれない。だが選挙報道を含め、大手のテレビや新聞がこれまで宗教についてほとんど触れてこなかったこと自体がおかしい。

 

立党以来、「宗教政党」を前面に出して戦う幸福実現党は、今回の参院選でも自民党とともに全選挙区に候補者を擁立したが、多くのマスコミが限りなく小さく扱ったり、“丁寧に"無視し続けた。だが、池上氏の番組が当たった背景には、今までマスコミが伝えてこなかったことや隠してきた情報そのものが、実は、視聴者や読者にとっての「知りたいこと」だったという事実があるのではないか。

 

実は選挙期間中、池上氏以上の"タブー"を犯していたのが、幸福実現党だったことはご存じだろうか。大川隆法・幸福実現党総裁は、政治家やキャスターなどの守護霊を次々と呼んで霊言をおこなった。7月9日には池上氏の守護霊を呼び、その際に、氏の守護霊はこう語っていた。

 

「それぞれの宗教には、『どこに触れられると、突如、怒り始めるか分からない』部分がたくさんあるので、マスコミが、みんな宗教ネタを怖がってるのは、実は、タブーが分からないからなんですよ。『うちは、これを言われたら、虎の尾を踏むことになりますよ』という部分が、一般には分からないんですよね」(『池上彰の政界万華鏡 ―幸福実現党の生き筋とは―』大川隆法著)

 

この霊言は、翌日10日に全国の「幸福の科学」の支部などで公開が始まり、18日には書籍となって書店発売が始まっている。この日程を考えると、21日の 選挙特番における池上氏の活躍ぶりには、この霊言の“後押し"があったと言えるかもしれない。いずれにしても既存マスコミは、宗教をタブーとせず、真剣に向き合うべきだ。(格)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『池上彰の政界万華鏡』大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=986

 

アマゾンの同書紹介ページ

http://www.amazon.co.jp/dp/4863953615/

 

【関連記事】

公開霊言抜粋レポート 池上彰氏守護霊が本音激白――参院選、憲法、自民党、安倍首相、そして幸福実現党について

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6310

コメント