ソーラーな日々 (旧題:晴れたら お日様クッキング~ブログ)

ソーラークッキングをはじめました。
晴れたら、クッキング開始。
暑い夏も寒い冬もお日様のご機嫌次第です。

安納芋を焼いてみた(エデュ)

2014-03-31 16:08:50 | ソーラークッキング(エデュクッカー)
2014.3.31
 安納芋を焼いて(蒸し焼き)みました。
結果 成功。

データ 天気 快晴 風は少しあり(おもりを置かないと倒れるくらい)
    夏置き型、割り箸は透明袋の中にいれ、その上に、丸形飯ごうを置いた
    おおよそ 30分ごとに太陽に方向に向きを変えた
安納芋 4個(合計約350g)
二つは、それぞれ、水を通してホイルに包む
二つは そのまま、直接 飯ごうにいれる

丸形飯ごうに、アルミホイルとそのままの、4個の安納芋を一度にいれ、蓋してクッキング開始
11時50分から13時20分まで、約1時間30分、一度取り出し、中の芋に竹串を刺してみた。串は通るがやや固い、
再加熱
13時30分から15時30分まで、約2時間
今度は、串がすっと通った。飯ごうの内側にも水滴がついていた。
合計3時間30、太陽加熱した。

コメント
 時間はかかったが、蒸し安納芋ができました。
 今まで使っていた、箱形ソーラークッカー「サンシェフ」だと、1時間半くらいで出来上がるので、思ったよりも時間がかかりました。途中で取り出したため、温度が下がった事も、時間がかかった要因と考えられるので、次回は、2時間から2時間30分でやってみたいと思います。
 
 食感は、サンシェフ製はねっとりとした食感に仕上がりましたが、エデュ製は、乾いた感じに仕上がりました。
芋の扱いの違いもあると思います。
 サンシェフ製は、ラップフィルムで1個ずつ包みますが、エデュ製は、飯ごうの空間が広いので、「蒸す」よりも「焼いた」感が強いと思われます。
コメント

エデュクッカー003i

2014-03-29 11:34:13 | 日記
私が使っているソーラークッカーを紹介します。
ソーラークッカーは大きくわけて3タイプ(バラボラ、箱、パネル)あり、
今回使用したのは、パネルタイプの「エデュクッカー003i」で、足利工業大学の中條先生が開発されたものです。

画像の中央には、丸形飯ごうが置いてあります。
飯ごうの中に、材料を入れて、透明袋で包み、エデュクッカーを太陽の方に向けておけば、晴天なら、お米2合が1時間半で炊きあがるそうです。
今回は、初回なので1合でやってみましたが、条件の良いときに、2合でやってみたいと思っています。

コメント

「エデュクッカー003i」で、初クッキング。

2014-03-29 09:28:45 | ソーラークッキング(エデュクッカー)
2014、3、28
 天気は快晴だったけれど、角度の調整がむずかしく、1回目は、お湯が温まった程度・・。
時間を変えて、リベンジ。2回目はうまくできました。

データ 
 夏型置き、丸形飯ごう使用、割り箸使用
 米 1合
 水 1カップ
 12時~14時30分くらいまで(正確な時間は計りそびれた)

コメント
 お焦げもできず、お日様の力だけで、ご飯が炊けました。
 ちょっと、感動!
コメント