あんみつとシナモン

ハイキング・山散歩・観光旅行・
美味しい店・美術鑑賞・等々
おすすめしたい事だけを
載せています。



目黒雅叙園の百段雛まつりを見てきたぞ~!

2018年03月17日 | 芸術鑑賞
目黒駅から徒歩10分の
目黒雅叙園では
1月19日~3月11日まで
百段(階段)雛まつり
開催していました。





毎年違う地域の
お雛さまが集います。

今年は近江・美濃・飛騨
お雛さま達です。

大名家の姫君の
婚礼調度や
近江商人として
栄えた旧家に
伝わる逸品です。

ほとんどのお雛さま達
撮影不可。

以下の写真は
撮影可能な
素朴なお雛様
郷土玩具です。





郷土玩具のお雛様

















人形作家 原孝州の
お雛様

赤ちゃんのような
愛らしい丸いお顔が
癒されます。




今年、見学できなかった人は
来年も違う地域の
お雛様で
開催するはずです。

女性なら百段雛まつり
豪華絢爛な時を
過ごしてみてほしい。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加山又造展に行こう!

2017年09月07日 | 芸術鑑賞


横浜高島屋8階のギャラリーで
9月10日まで
加山又造展を開催しています。

加山又造生誕90年を記念して
約70点の作品を展示しています。


京都西陣の和装図案を
生業とする家に生まれた加山又造(1927~2004)
終戦直後の混乱と伝統絵画の
危機に直面しながら
西欧の様々な絵画を吸収しつつ
独自の表現へと発展させ
戦後日本画の革新を担う
旗手として活躍しました。

華麗な装飾美の屏風絵、
斬新な裸婦画絵、
後期は水墨画、
陶器や着物の絵付けなどにも
取り組みました。

躍動感と生命感に満ちた日本画の
世界にしばし浸ろう








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルチンボルド展に行こう!

2017年08月18日 | 芸術鑑賞


花や野菜、動物などを組み合わせて
人の顔を描く
ちょっと奇怪で不思議な画家
アルチンボルド展
行ってきました。

彼の絵画は
上野の国立西洋美術館で
9月24日まで展示されています。

ジュゼッペ・アルチンボルド
(1526~1593年)
ミラノ生まれ。
神聖ローマ皇帝に仕え
ウィーン、プラハで活躍。

肖像画などを形成するパーツは
とても繊細で図鑑の絵のように精密。

アルチンボルドの作品が約100点も
みることができるのは
日本では初めてだそうです。

この機会にぜひ天才のユーモア
体感しに行ってください。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネイチャーズベスト傑作写真展に行こう!

2017年08月01日 | 芸術鑑賞


日比谷公園内日比谷公会堂の隣にある
日比谷図書文化会館
その1階の特別展示室では8月9日まで
世界が見た、驚きと感動の大自然
ネイチャーズベスト傑作写真展
を開催。





この会場は
カメラ撮影OKなので
嬉しくて(コンデジで)撮りまくりです。

ネイチャーズベスト
1995年にスタートした世界最大規模の
自然写真のコンテストです。

写真のジャンルは、
野生動物・植物・風景などの
あらゆる営みが対象です。

歴代の受賞・優秀作品など、
選りすぐりの写真約80点(展示替えあり)を
紹介してます。

尚、撮影者・作品名・撮影年など
(ブログ記事では)記載していません。





クラウンアネモネフィシュ
イソギンチャクと共生する。





絶滅危惧種のアオウミガメを、
保護活動をしながら撮り続ける写真家。





作品の近くに寄ると
つぶらなイタチの目に
森の景色が映っていた。





ホッキョクグマの家族と
日没の黄金の光線。





-30°に下がると
エンペラーペンギンの子供達は
円陣を組み寒さから身を守る。





ヘリコプターで見下ろす風景。
干潟に足跡をつけながら
進んでいく14頭のシマウマ



愛らしく微笑ましい動物たちの表情は、
この地球・自然がかけがいのない
大切なものであることを
私達に強く訴えかけていました。


この写真展を通じて
絶滅危惧種・環境問題などに
関心を持つ いい機会だと思いました。


                





同じ1階にある常設展示室(無料)も
覗いてみました。

江戸・東京をテーマした
千代田区の歴史を展示しています。





千代田区地域の原始から古代まで
遺跡や出土品の展示を見てから

この地域を支配していた江戸氏について。

日比谷のジオラマが興味深い。





江戸幕府による270年の平和な世を解説。





近世大名屋敷から政府機関、
世界有数のビジネス街への
推移の過程を勉強。


                





常設展示室を出たら
ちょっとお茶を飲みたくなりました。

1階の奥には図書室喫茶があります。





静寂な空間。
ここはまったく Library です。
今日は女子同士で来てしまった。
喫茶店感覚でおしゃべりはしにくいいです。





コーヒーとケーキで
ちょっと休憩したら
早々と退席します。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリック・カール展に行こう!

2017年07月21日 | 芸術鑑賞


砧公園の中にある世田谷公園で
7月2日までエリック・カール展
開催していました。

アメリカを代表する絵本作家
エリック・カールの約160点の
原画と作品を展示。

鮮やかな色、シンプルで温かい物語。
絵本「はらぺこあおむし」など
自然と生物、動物の美しい世界でした。


親日家の彼がきものをモチーフに描いた
アート作品も楽しくオシャレでした。



これからの開催スケジュール

京都美術館「えき」KYOTO
7月29日~8月27日まで

岩手岩手県立美術館
10月28日~12月10日







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大エルミタージュ美術館展に行こう!

2017年07月20日 | 芸術鑑賞




六本木ヒルズ森タワーの52階、
森アーツセンターギャラリー
大エルミタージュ美術館展
6月18日まで開催していました。

現在は名古屋の愛知美術館にて
9月18日まで開催しています。


ロシア、サンクトペテルブルグにある
エルミタージュ国立美術館。

世界三大美術館と言われています。

女帝エカテリーナ2世が収集した美術品
85点の絵画を展示していました。
それも国別・地域別になっていたので
とても鑑賞しやすかった。

愛知の次の展示は
10月3~翌年1月14日まで
兵庫県立美術館で開催です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂本龍馬展に行こう!

2017年07月19日 | 芸術鑑賞


東京目黒の雅叙園で6月25日まで
坂本龍馬展を開催していました。

高知県立坂本龍馬記念館
今年新館建設と既存館前面リニューアルのため
1年間休館するそうです。

その間、国内4か所の巡回展だったのです。

昨年京都と長崎で開催し、
現在は静岡市美術館で8月27日まで
開催しています。


雅叙園の百段階段の各部屋で
龍馬が知人にあてた30点の手紙、
姉・乙女の帯や岡田以蔵のピストルなど
展示していました。





北辰一刀流玄武館の監修で
龍馬が暗殺された京都近江屋での
再現シルエット映像は迫力があり
大変面白かった。












京都近江屋の建物模型。



この再現ッシルエットが静岡でも
再現されているのかわかりません。
でも、静岡オリジナルで何か特別に
イベントを開催しているようですね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中目黒の「郷さくら美術館」に行こう!

2017年05月15日 | 芸術鑑賞


中目黒駅から徒歩5分、
目黒川近くに郷さくら美術館
あります。

東横線で
中目黒から代官山に向かうとき
ビルの屋上に見える郷さくら美術館の看板が
以前からとっても気になっていました。

目黒川の桜が終わって
川べりを散策する人が少なくなる頃
ここに来てみました。





さとと読みます。





2017年3月4日から5月28日までは
桜花賞展を開催しています。

これからの活躍が期待される日本画家30名が
満開の桜を描いています。

美しく素晴らしい桜の競演でした。

妖艶な桜も描かれていて
しばし見とれて絵の世界に
引き込まれそうになるほどです。

この時期、
ここにきて本当に良かったと
思いました。

ぜひ、おすすめの美術館です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩合光昭の写真展「いぬ」を見に行こう!

2017年04月11日 | 芸術鑑賞



渋谷東急百貨店本店では
4月18日まで
写真家岩合光昭氏の写真展
いぬを開催しています。

ねこ派か?いぬ派か?
どちらかを選ばなくてはならないとしたら
わんちゃん大好きいぬ派です。

ただし、にゃんこのアメリカンショートは好き。
ワンちゃんは柴犬好きだから
どんな犬種・猫種でもいい!
という訳ではないのです。

今回、岩合さんの写真展には
大好きな柴犬
柴犬によく似ている北海道犬の写真が多い。

その為わざわざ東急本店に行きました。

会場は3階のイベントサロン
入場無料です。

岩合さんが被写体に愛情を注ぎながら
低い目線で語りかけるように撮る。

人と犬は生活を共にしてきた
長い歴史があります。

それが感じられるほっこりする
いい写真展でした。

会場がそれほど広くないから写真は
35点位。
写真がとてもドデカい。
せめて、3分の1位の大きさにして
もっと柴ちゃんの展示写真を多く見たかった!
(前期・後期で入れ替えする)

柴犬北海道犬の違いを知りたくなり
ネットで検索したら
柴犬北海道犬を飼ってらっしゃる方の
ブログを見つけました。

あまりに可愛いので紹介します
犬種の違い、勉強になります。
ここから検索柴犬茶々と北海道犬きなこの違い






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西洋美術館で「シャセリオー展」を鑑賞しよう!

2017年04月09日 | 芸術鑑賞


現在 上野国立西洋美術館では
フランスの画家
テオドール・シャセリオー展を開催しています。
5月28日までです。

私が行ったのは平日の4月4日。
上野駅公園口改札は花見に行く人だらけで
改札を出るのも容易ではなかったのです。

今日の私達は桜には興味がなく
ただ西洋美術館が混んでませんように…
願いながら向かいました。

結論から言えば、
空いているほうですね。
外の賑わいとはまったく別の
神聖な芸術の世界に没頭することができます。
とは言っても絵画の前は常に3~4人の人だかり。
多少人の間から鑑賞ということになる場合があります。
でも世界遺産の美術館の内部は
静寂に包まれていました。


シャセリオーはあまり知られていない画家です。
1819年 カリブ海で生まれ、
8歳で古典主義の巨匠アングルの元に入門するも
ロマン主義に傾斜し20歳で師から離れました。
しかしアングルの優美な線描はそのままに
独自の作風を模索していたようです。
公共建築物の天井や壁装飾を描き
宗教画も得意としてましたが
37歳で急死しました。

今回は絵画約40点、水彩・素描約30点、
版画約10点を展示しています。

その当時パリで最も美しい女性の一人と言われた
カバリュス嬢の肖像
その気品溢れる華やかな美しさに圧倒され 
しばらくその前から離れることができなくなりますよ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加