あんみつとシナモン

ハイキング・山散歩・観光旅行・
美味しい店・美術鑑賞・等々
おすすめしたい事だけを
載せています。



新宿西口の和食「音音」に行こう!

2016年10月18日 | グルメ(新宿とその周辺)


新宿西口から徒歩5分にあるのが
和食レストラン新宿音音センタービル店です。





特別食べる店を決めていない時、
ブラブラしていて
この音音オトオト)を見つけたら
入店してしまいます。
それほど、味に関しては問題ないのです。
以前は恵比寿店の音音に急に入り
まあまあだったので
そこをブログで紹介しました。

上野店でも何回か食べたことがあります。





この新宿店は2002年に開店したようです。
私が初めてここにきたのは
8年位前のような気がする。
それから4回位は来店してるはず。

放射線状にテーブルがあり
個性的だな~と思っていました。





吹き抜けの高い天井は解放感があり、
軟らかい自然光が気持ちがいい。

衝立がしっかりしているので
隣のテーブルの会話が聞こえない。
だから私達は仲間の会話にも集中できて
話が弾むのです。

今日は土曜日。
土・日・祝日限定のランチにしました。

季節の彩り会席 
壱の膳、弐の膳、参の膳、ご飯、味噌汁、香の物、甘味、コーヒー
3,000円です。





壱の膳
 産直鮮魚二種盛り
 季節野菜のバーニャカウダー





弐の膳
 自家製造りあったか豆富
 




 同上
 豆富を人数で取り分けます。
 塩やたれでいただきます。
 
 手作り豆富は音音の看板商品か?
 どこの支店にもあった気がする。
 確かに美味しいです。 
 




参の膳
 季節の煮もの、季節の揚げ物

炊き込みご飯赤出汁香の物





甘味
 6種類の中から選べます。
 私は、滋養鶏玉子と和三盆のブリュレ。

ブリュレだ~い好き





コーヒーまたはフレーバーティ
 勿論私はコーヒー以外。




国産の食材にこだわっています。
産地がはっきりしている食材しか使わないそうです。
お米はひとめぼれ使用。

伝統的な和食を創作和食にしているので
気らくに味わうことができる店です。

完全個室もあり、
大人数も音音です。








コメント

新潟のあてま高原リゾート「ベルナティオ」に泊ろう!

2016年10月16日 | お泊り処

のんびり温泉でも行きたいね~」なんて
よく会話に出てくる言葉ですよね。

そんな時、新聞に掲載されていた
このホテルの広告が目に止まりました。
新潟県十日町市のあてま高原リゾート ベルナティオです。

一泊二食往復直通バス付で
2人1室(洋室)一人14,300円(平日)

割安なお値段だけではなく、
おしゃれなリゾートホテルだそうで
それも気にいりました。

ということで、9月の下旬に
行ってまいりました。





東京鍛冶橋駐車場(JR東京駅徒歩7~8分)を
ゆっくりの9時40分に出発。

平日は道路も混んでなくて、
予定よりも少し早めの13時10分にホテル到着。





ここは本館入口玄関。

ホテルの敷地は東京ドーム109個分も
あるそうです。





ここは別館入口玄関。

このホテルの敷地内には
本格18Hホールのゴルフ場もあります。
結婚式ができるチャペルなど施設が充実。

コスモス畑(ベルナティオ花たいら)の満開には
少し早かったけれど、玄関前は
色々な初秋の花々が美しかった。





本館入口から入ると左手にフロント。
誰もいないのは、夜間に写したから。





ロビーから本館入口を見る。





ロビーにはハロウィンのデコレーションが。





同上





同上





私達2人の部屋はツインルーム。





約35平方メートルの広さで
ゆったりくつろげる客室。
隣室との2部屋続きのコネクトルームに
なってました。





窓の外は、
きれいに整備されたゴルフコース。
プレーをしている人が遠くに見えた。
あまりお上手ではない方のボールが
飛んできそうで、ちょっと恐いかな
(ま、そんなことはないんでしょうが)





夕食はロケーションもいいダイニングルーム「コスモス」で。
旬の食材を使ったブッフエ形式。
和食・洋食・中華と約55種類の料理。
味付けはまあいいですね。
でもここは新潟!
ご飯は魚沼産コシヒカリなのです。
満腹になっても、ご飯は必ずたべましょう!

特に塩だけでにぎった塩にぎり
絶品だと口コミに書いてあったのです。
残念ですが、それは食べなかった!

その他食事処は
ステーキレストラン「アイリス」
郷土料理の「ぶな」
があるので連泊しても嬉しい。





客室棟の廊下の窓から見えたコテージ。
おしゃれなフィンランドログハウス。
ワンちゃんと泊まれるログハウスもあります。

お風呂は露天風呂や大浴場、貸切風呂。
アルカリ性単純泉の茶色がかった透明で、
トロッとして肌に気持いいお湯。


ここのホテルの営業努力は半端ないです。
500円で色々な半日ツアーを組んだり
2,000円~7,000円くらいで多彩な越後の一日ツアー、
ホテル近くの自然散策や
当間山(あてまやま)トレッキングなど
そのほか、沢山のイベントがありました。

このホテルはリピート率が良いそうです。
わかります。私達もまた来ようかな~と
思ってしまいました。

往復バス料金1泊2食(2人)14,300円プランは
2016年11月30日まで予約できるようです。
なんと11月の平日は
この料金からさらに1,300円引きですって!
但し予約の際は「新聞限定宿泊プラン」と言ってね。








コメント