あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

19146 ニューミサ@新潟県上越市 5月5日 「とん汁ラーメン」

2019-05-14 09:51:04 | 新潟・長野・山梨のラーメン
前回のエントリーは→こちら
富山県魚津市の『味噌ラーメン専門 山久』がお手本としたとの逸話が残っている
上越妙高の老舗 ニューミサ(にゅーみさ)
スキー場のロッジのような大きな建物と広い駐車場の路面店、近くには本館『食堂ミサ』もあります。

福島「平打ち熟成多加水麺食べ歩き」と「城歩き」の旅を終え、帰宅途中の新潟県。ラーメン王国新潟をNO-RAMENで通過するわけにはいきません(笑)
上越JCから上信越自動車道に入り向かったニューミサ。 手前にある本店も外待ちがありました。
広い駐車場は14時半だというのに満車、入り口からは人があふれているいつもの光景(笑)

広い店内は天井も高く凄く開放感がある。かたや右手にはカウンター席とちょっとした個室を思わせるグループ席。
お土産や限定のPOPなど見ているうちに、客の回転がはやくすぐに席へと案内される。




ミサといえば「みそラーメン」があまりに有名で前回ももちろんそれを食べたが2回目なので違うものをと考え、上越のご当地ラーメン??
豚汁にラーメンをいれたらこうなった(笑)

とん汁ラーメン 900円


具沢山の豚汁。じつは大好きなんです♡
冬場は温まりますよね~


ほんのり甘いのは野菜由来でしょうか、白味噌ベースに豚の油がからんで旨い~おふくろの味。
牛蒡・人参の出汁は美味い! 大根がいっぱい入っていてボリューム満点。白菜・もやし・豆腐、ちょっと一味を入れたらさらに旨い!

下味の塩分もしっかりして、表層の油と相まって「豚汁」が「とん汁ラーメン」へと昇華している。


ツルもちの自家製麺。麺の種類はこれ一手だと思うが一番食べやすく客を選ばない組み合わせ。


上越の「とん汁ラーメン」
今度は専門店を訪ねてみたいです(^^♪



♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のTwitterは→こちら

店名;ニューミサ
住所;新潟県上越市中郷区稲荷山367
電話:0255-74-2096
営業時間;9:00~21:00
定休日;火曜
駐車場;広い駐車場あり
地図;
コメント

18299 龍馬軒@新潟県上越市 7月13日 マイカーお別れドライブin信州その2 松本から小布施!

2018-07-19 08:48:40 | 新潟・長野・山梨のラーメン
前回のエントリーは→こちら
2015年7月以来の訪問

2016年に購入したマイカーの乗り換え前の最後のドライブ、安曇野・大王わさび農場から松本市内へ移動。
松本の城下町をぶらり、ところがこの日の天気は30℃を軽く超える猛暑日。 この炎天下ぶらり歩くのは地獄(笑)
かえるで有名な?松本なわて商店街こちら


なまこ壁の古い街並みが続く中町商店街こちら



日差しを遮るものが無く熱中症が懸念されたので冷所へ緊急避難
趣のあるカフェ 珈琲まるもこちら



今回が2回目の訪問ですが落ち着きますわ~


またまた生返りました (ゾンビかw)


上信越自動車道路小布施PA 道の駅小布施

ちょっとお土産を買うのもラヲタの遠足で覚えました♪


そしてお待ちかねの夕食
帰り道の途中にあってICから最短でしかも美味しいお店
初めて訪問した日は振替休業日、その後もついでとか、帰りにとか、結局一度も訪れることが出来ないうちに新店に移転してしまった上越高田の人気店 龍馬軒(りょうまけん)
上信越道の上越高田ICを降りて大型複合商業施設の交差点直進、すぐ右手JAえちごの大きな建物の向こう側に新築の店舗が見えてきます。新幹線高架の手前ですね。
外観は木造の古民家風、


麻婆豆腐麺も気になりましたが
こちらでは王道の一杯
濃厚担担麺 900円


濃厚胡麻風味の四川担担麺。底に潜む赤酢の酸味、ザーサイの食感。
上から順に食べ進と、練りごまの香ばしい風味と甘み、自家製ラー油の刺すような辛味と山椒の痺れる辛味、スープ本来の旨味、赤酢の酸味」と味の変化というか五味を刺激するスープはうまいの一言。


低加水のストレート細麺もスープを吸ってしんなりと馴染んで旨い。
でも今回は初訪の時の感動がないのはなぜだろう?
赤酢も妙に酸っぱくてちょっと限界を超えたわ(笑)


それは北陸のラーメンが美味しくなったからかもしれませんね♪
ごちそうさまでした。

そして無事走り切ってくれたEDIXありがとうございました(^^)/

♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;龍馬軒(りょうまけん)
住所;新潟県上越市上中田北部土地区画整理事業8街区1画地
電話:025-526-7751
営業時間;11:00 ~ 14:30(LO) 18:00 ~ 21:00(LO)
定休日;毎週月曜日 ※祝日含む
駐車場;あり
地図;
コメント

18298 きまぐれ八兵衛@長野県安曇野市 7月13日 マイカー最後のドライブ安曇野・大王わさび農場「つけめん」

2018-07-18 08:15:28 | 新潟・長野・山梨のラーメン
前回のエントリーは→こちら

長野自動車道、安曇野ICからほど近い
きまぐれ八兵衛(きまぐれはちべえ)
2014年9月以来の訪問。

2006年に購入したマイカー、乗り換え前の最後のお別れドライブ。
北陸道から上信越道、長野自動車道を経由して安曇野から松本を訪ねました。

ラヲタの遠足でもお馴染みの定番《名立谷浜PA》で小休止


姨捨PAで日本3大車窓の風景を楽しむ


目的地の『大王わさび農園』に行く前に腹ごしらえ、11:20分の到着は計ったようです(^^)/
奇しくもポールでの入店(笑)


今回初めて食べる
節系つけ麺 850円 +大(2.5玉)100円 


ぷりぷりモチモチの極太ちぢれ麺。 デフォは1.5玉(225g) 今回頂いたのは大で2.5玉(375g)
苦手なゴワ感のあるゆで加減だったらどうしようかと一抹の不安もあったが、プリもちで安心。
最初の一口は何もつけずにそのまますすります。 カンスイの臭いも若干残っていますが、おおむね小麦の香りが楽しめました。

続いておもむろにつけ汁に浸して一気にすすり上げます。
濃厚魚介豚骨醤油のつけ汁をたっぷりまとい旨い!


つけ汁はいわゆる「マタオマ系」豚骨と鶏でコクとキレがあった?(笑)煮干しの魚介と後追いする節の強烈な旨味。塩味もしっかりで塩分補給バッチリ!


後半は卓上の生にんにくをクラッシュして投入!
やっぱりナマはいいね!


ずっしりお腹にたまった麺、ハラパンです(^^♪

では目的地の大王わさび農場へ行ってきまーす♪ →こちら

まずは蓼川でボートに乗り涼を求めます


水車小屋とボート 蓼側の清流と深緑が別世界のようです


老朽化した水車が新しくなっていますが、苔むした風情がちょっとねぇ~(;^ω^)


湧水が畝の間を流れ、寒冷紗で覆われたワサビ田 涼しげです


湧水池には巨大なニジマス


夏場の日差しを遮るための寒冷紗 まるで黒い川のようです




途中のカフェで一服
すりおろしの山葵はほんのり甘くてうまい!


暑い日だったのでところてんのヒヤッとした食感とのど越しで生返りました(^^)/



そして後半は松本市内へ移動
続く、、、。


♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;きまぐれ八兵衛 (きまぐれはちべえ)
住所;長野県安曇野市豊科南穂高271-14
電話:0263-73-0408
営業時間;11:30~15:00  17:30~23:30
定休日;無休
駐車場;あり
地図;


コメント

17539 鐘旭@長野市 11月11日 昨年のリベンジ果たしました!移転後ハツホー長野県食べログNo1!真折れ昆布の塩、鮪節醤油

2017-11-16 09:15:46 | 新潟・長野・山梨のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨年7月に伺うも日曜日定休日で移転後ハツホーならなかった 鐘旭 (しょうき) に2014年4月以来の再訪。

今回は初めての善光寺参り、しかも「11月11日は麺の日」と言う絶好の機会にリベンジを果たすことが出来たのは「ラーメンの神様」と善光寺や当家ゆかりの浄土宗の開祖法然上人のご加護と感謝申し上げますって、ちと大袈裟でした

看板の無いラーメン屋さん、無機質な外観、行列があって初めてそれと気づく。


入口にはこんな張り紙が


提灯に灯がともっていたら営業中w


店内は厨房に正対したカウンター7席、高い椅子はまさに止まり木。 バーの居抜き物件でしょうか?
ほんとスタイリッシュでオシャレなバーって感じで、店主の装いもシェフな感じでシェレオツだわ!


カウンターからだと手元までよく観察出来て待ち時間がまったく苦にならない。


卓上の小物も決まっていますね~


この日のメニューは



真折昆布の塩ラーメン


澄みきった濁りのないスープ


昆布の旨みと一口に言うけど、これはスッキリ後口がいい
美味すぎないと言うか、まとわりつく感じが無い処が秀逸!


サクッとした麺


薄めにカットした肩ロースチャーシューが幾重にも重なってジュワー!
メチャ美味しかった!



鮪節中華そば


鰹節では無くマグロの節で摂った出汁
メッチャ美味しい!


上品で軽やかな旨み
アミノ酸がやや酸味を醸し出し、旨みが凝縮している。
醤油の塩味がやや立っている感じだったが、ぜんぜんオッケー!


店内は初めから終わりまで全く私語無し、軽快なミュージックが流れる中一流の料理を楽しむ極上の時間が流れていきました。
次も絶対来ますね~、「ごちそう様でした」「ありがとう」「美味しかったです」の最上級の言葉を残して暖簾を後にしました♪

♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;鐘旭(しょうき)
住所;長野県長野市鶴賀上千歳町1337
営業時間;11:00~14:00
定休日;日曜日、祝日
駐車場;なし、付近にコインパーキング多数あり
地図;
コメント

17441 麺処 くれしづき@長野県佐久市 9月10日 第24回ラヲタの遠足 3軒目

2017-09-18 10:30:49 | 新潟・長野・山梨のラーメン
今回のまとめ→こちら


上田市内から高速で佐久市に移動、15時の昼の部最終に間に合うか心配しましたがなんとかギリギリ滑り込むことができました。
2017年6月にオープンしたばかりの新店麺処 くれしづき


店内は右手に、厨房と正対するカウンター7席、左側に4人掛けのボックス席3卓と、こじんまりした空間にぎっしり詰め込んだ感じ。
先ほどの「ひばりや」と同じように手描き感満載のメニューにほっこりします。


塩らーめん 780円


醤油らーめん 730円


背脂めん 750円


塩白湯めん 900円 (昼の部限定)を4人でシェア


◆ ◆
塩らーめん
お店イチ押しの塩。
鶏ガラ魚介スープに丸みのある塩がなんともコク旨。 焦がしネギの芳ばしさとコクも加わって美味しい!


アングルが定まらずよく分からないが、麺は共通で淡麗系には合う。


◆ ◆
醤油らーめん


節や昆布など魚介の旨味と香りが立つ和風鶏スープ。 親しみやすく、オッサンの胃袋に優しい醤油味。


ツルシコの平打ち麺。 あっさり中華そばには合ってます。


◆ ◆
背脂めん


限定以外は鶏清湯スープがベースになっているようですが


ビッシリ浮かんだ背脂に思わず後ずさりしそうになりました(笑)背脂は丁寧な下処理が施されたとみえ、見た目よりアッサリ、スッキリした醤油スープでコク深い味わいでした。


そんなに吸い込みの良い麺では無かったと思いますが、ほんのり醤油を吸っていますね。


◆ ◆
塩白湯めん


昼の部限定の鶏白湯を頂くことができました。 塩と醤油が選べますがこちらは「塩押し」
濃厚にしてクリーミーな鶏白湯ですがややオイリー。 焦がしネギが入ってコクと芳ばしさがアクセントになっています。


麺は共通の平打ち中太麺。 ツルシコの玉子麺かと思われますが、せっかくの限定なら麺も変えたほうが良いかなと感じます。



食後のお口直し、一口サイズの杏仁豆腐のサービスが嬉しい@美味しい


ところで「くれしづき」ってどういう意味? 気になりますよね(笑)
店主にお聞きしたところ 1月を現す月の名称「睦月」に対して陰暦の名称のひとつに「暮新月(くれしづき)」という言葉があるそうです。
つまり店主の思いは年の初めの1月に通じる、地域1番、オンリー1、1番初めの初心を大切にという意味が込められている。
さらに修業先の「上越あごすけ」店主のお名前から一字「月」を頂いた(ちょっと後付けっぽいが)(笑)そうである。


スタッフはメニューの説明や接客も気持ちよく、忙しい中対応して頂いた店主にも感謝です。
今後ますますの繁盛をお祈りいたします(^^)/

♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;麺処 くれしづき
住所;長野県佐久市中込3466-5 宮沢ビル 1F
営業時間;ランチ 11:00~15:00 ディナー 17:30~21:00
定休日;火曜日
駐車場;お店向かいに4台
地図;
コメント

17440 らあめん ひばりや @長野県上田市 9月10日 第24回ラヲタの遠足 2軒目

2017-09-17 06:45:33 | 新潟・長野・山梨のラーメン
今回のまとめは→こちら

熊人から上田市内へ移動、当初予定していたお店が


「長期休業」していたため


第2案の らあめん ひばりや へ方向転換。


上田市役所などが立ち並ぶ市内の中心部で、上田藩主館跡に建つ日本一格式の高い校門として知られる「県立上田高等学校」の向かいにあります。

店内は厨房をコの字に取り囲むカウンターのみ14席ほどの広さで、女将一人での営業でした。


メニューや店内のPOP類にはいっぱい手書きのイラストが描かれ、アットホームな雰囲気が伝わってきます。


基本の鶏白湯スープとツルシコの麺は共通の様です。


しおらあめん 800円


しょうゆらあめん 800円


あごらあめん 850円


イマメンの さんまらあめん 880円 を4人でシェア


◆ ◆
しおらあめん


とても滑らかなクリームのような鶏白湯スープで、とろみはあるが脂が重くないので飲み干せるスープです。
スッキリとした塩は塩梅よく喉の渇きもありません!


◆ ◆
しょうゆらあめん


しおと同じくとても滑らかなクリームのような鶏白湯スープ、こちらはこっくりとした醤油で旨みを強く感じました。




◆ ◆
あごらあめん


クリーミーな鶏白湯にアゴ(飛魚)の旨みが加わった魚介スープ。 こちらもこっくりした醤油のコクと、アゴのほんのりした甘味が特徴。 舌に魚粉が残る位たっぷり使っているんでしょうね。



◆ ◆
さんまらあめん
 


イマメンというのは「いまどきの麺」っていう意味でしょうか? 女将ワンオペでお聞きすることが出来なかったのが残念です。

鶏白湯の魚介醤油。「さんま」はいわゆる「秋刀魚節」でしょうか? 今までも秋刀魚節のラーメンは幾度か食べましたが、こちらのスープは「節」ならではの薫香がほとんど無く、もちろん生臭いわけでもなく、スッキリ飲めるスープでした。


面白いのは練り物(薩摩揚)の上に大根おろしと生姜がのって、ワカメ白髪ネギのトッピングと豪華な盛り付け。
もしかしたら、秋刀魚の練り物だったのかも。 

やはり店主との会話が必要ですね~
メニュー名の由来やトッピングの意味、ラーメンに対する想いというものがきっと込められているハズですし
「いいラーメン、いい人との出会い」がこの遠足の趣旨ですからね(^^♪

♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;らあめん ひばりや
住所;長野県上田市大手1-10-5
営業時間;10:00~スープ終了まで
定休日;水曜日
駐車場;5台
地図;
コメント

17439 拉麺酒房 熊人@長野県上田市 9月10日 第24回ラヲタの遠足

2017-09-16 06:38:11 | 新潟・長野・山梨のラーメン
今回のまとめ→こちら
前回のエントリーは→こちら

2014年6月以来3年振り2回目の訪問となった長野県上田市の、拉麺酒房 熊人(くまじん)そのときとほぼ同じ時間に到着開店待ち。 当時は熊人からブイヨンの2軒を食べ歩き、奇しくも両店ともに畳敷きの店内だったことに感動を覚えました(笑)


ポールで入店したので好きな席に座ることが出来たんですが、今回も前と同じ一番奥の壁際の席を選んでしまいました(笑) なのでホームのような安心感があって、当時と同じ目線なのでその時の状況がハッキリ思い出されてきました。


まずは炒った小麦をつまみながら注文の品を待ちます。 ポリポリとした食感と芳ばしさが癖になって、退屈しません。


今回も 熊人特製水餃子 からスタート、1個90円(取り合わせで2個から注文可能)


普通の倍の大きさ(10センチくらい)があって 

しっかりした皮に包まれた餡は歯応えのあるあらびきポークとニラ・生姜、肉汁がズボンに垂れる位あふれ出ます。 タレには付けずこのまま食べるのが秘訣でメッチャ美味しい!


お友達は あんこ餃子(上記写真 3個の他に1個別皿のもの)、あんことクリームチーズがまさにスイーツと仰っていました(笑)
そういえば当時「あんこラーメン」というスイーツラーメンを食べたなぁ


薄口醤油拉麺 780円+追い鰹150円


煮干味噌拉麺 880円


つけめん3種盛り 1130円 


季節限定冷やし味噌2017 900円 を4人でシェエア


◆ ◆
薄口醤油拉麺


鶏(ガラ・もみじ)と魚介(鯖枯節・宗田枯節)のシンプルながら旨みたっぷりの薫り高いスープ。 外待ちしている際、厨房の換気扇からこの匂いが排気され食欲中枢直撃! 匂いだけでご飯が3杯食べられそうな妄想に駆られました(笑)
味付けは松本・大久保醸造の紫大尽という醤油だけの潔さ。
今回はオプションの「追い鰹 150円」をしたので、さらに香りが立ってメッチャ美味しい!


麺は地元上田産の「夢かおり」を自家製粉した粗挽き麺
 全粒粉ブレンドのつるモチな食感、小麦の香りがじんわり伝わってきます。


◆ ◆
煮干味噌拉麺


味噌拉麺のメニューが4種類と、つけ麺のタレにも味噌が2種類設定されているところを見ると熊人は「味噌押し」
地元 大桂商店 の奏龍大吟醸味噌「雅」を使ったいわゆる信州味噌ラーメン。
米粉でとろみをつけたスープはなんてまろやかでコク深いんだろう。


しかも煮干し粉をトッピングした煮干味噌のスープはザラッとした感じが野趣たっぷりで、異物感が全く気にならないのが不思議。
煮干しと味噌は抜群の相性でこれまたメッチャ美味しい!


麺はモチモチの太麺、平打ち縮れ麺でとろみの付いたスープとの絡みも抜群です。
 

◆ ◆
つけめん3種盛り


熊人でつけ麺が食べられるのは春・夏(4月から9月)限定
つけ麺はつけタレ、麺の量、麺の種類を選ぶシステムで、自家製粉・自家製麺に拘った熊人の自信の現れ。


まずつけタレは醤油・味噌・辛味噌から辛味噌を選び、麺は(細麺・粗挽き麺・太麺)の三種盛りにしました。
量がめっちゃ多い! そう言えば前回もつけ麺と餃子、あんこで腹パン。2軒でギブアップしたのを思い出しました(;´・ω・)

圧巻は太麺の食べ応え。 味噌に使っていたもちもちの平打ちの縮れ麺ですが、冷水で〆ると食感もまた変わりコシがあって最高。
細麺や、全粒粉ブレンドの粗挽き細麺はまるで日本蕎麦のような美しい肌合いと香りが楽しめます。
つけ麺の辛味噌タレだけでは飽き足らず、冷やし味噌のタレに絡ませたり、煮干し味噌のスープに付けたりと4人で来た甲斐のある食べ方で堪能しました。


脇に添えられたちいさな「なると」ひとつにも熊人の大きなこだわりが詰まっていました。 静岡県油比港・株いちうろこ の無添加ぐちいりなると巻き使用 


◆ ◆
冷やし味噌2017


こちらも地元大桂商店の大吟醸味噌「雅」を使った夏季限定の冷やしまぜそば。 地元の味噌(信州味噌)に甘酒を加えた、芳醇な香りと旨味たっぷりのタレ


大葉・茗荷・生姜・葱といった清涼感溢れる薬味がたっぷり


これに地元信州豚のロースを冷しゃぶ仕立てにしてトッピング
つけタレにくぐらせ、薬味を巻いて食べればメッチャ美味しい!!!


冷水で〆られたシコシコの中太麺は喉越しよく、小麦の香りも存分に楽しめる。


麺を食べつくした後のタレににつけ麺の細麺を絡めて食べたけど、これも美味しかった。

味噌押しの熊人で自家製粉・自家製麺とこだわりの食材を堪能しました。 あんこ好きの店主がつくる「あんこメニュー」も見逃せませんよ(笑) メニューが豊富なのでグループで訪れるのがいいですね(^^♪

♪ ♪
お店情報
拉麺酒房 熊人HPは→こちら
食べログ情報は→こちら

店名;拉麺酒房 熊人(くまじん)
住所;長野県上田市上田原1588-4
営業時間;11:30~14:00頃(売切れ次第閉店) 18:00~21:00(20:30LO)
定休日;月・火曜(祝日であっても基本的に休み)
駐車場;お店裏側に有り
地図;
コメント

第24回ラヲタの遠足in長野#6@熊人、らーめんこむぎや、くれしづき

2017-09-16 06:31:03 | 新潟・長野・山梨のラーメン
前回のエントリーは→こちら

第24回目となったラヲタの遠足。 今回は通算6回目の訪問となる長野県への日帰り遠征。
恒例となった北陸道名立谷浜PAテトラ前で旅の安全といい人、いいラーメンとの出会いを祈る。


富山の合流地点を8時に出発、北陸道上越JCTから上信越自動車道を進み、更科JCTを経て上田菅平IC下車。下道を上田市内に向け走り、第1目的地の 熊人 に到着したのが11:30の開店より30分ほど早い時間でした。

上田市熊人


2014年6月1日以来3年ぶり2回目の訪問、調べたら当時も11時前に到着して周辺を散策していました(笑)
白い外壁に木彫りの看板、信州の青い空、あの時の清々しい気持ちと何一つ変わらぬ様子に感激しました。
畳敷きの店内でゆっくりくつろぎ、1軒目から美味しいラーメンに絶好調のスタートが切れました。


上田市らーめんこむぎ
上田市らあめんひばりや
2軒目は上田市内に戻り、らーめんこむぎや に向かうも「長期休業」とやらで次候補の らぁめんひばりや へ 移動


真田丸ブームで湧いた昨年と違いやや静かになったとはいえ、街の至るとことには六文銭の旗印がたっていました。
お店は市内のど真ん中、上田藩主居住跡が残る城址の石垣に囲まれた県立上田高等学校の真ん前。
ワンオペで女将が仕切る鶏パイタンのお店でした。


佐久市くれしずき
3軒目は上田市内から上信越自動車道を通って佐久IC下車、八ヶ岳高原線と並行する国道を走り佐久市役所のすぐ手前。
くれしづき



到着は閉店15時の30分前でしたが先客10名はさすが人気店。
こちらの店主は上越の名店「あごすけ」出身との事で一部のラーメンやコックスーツにその片鱗を垣間見ることができました。またスタッフを含め接客態度が素晴らしく、とても好感が持てました。
ただ一つ残念なのは、1軒目で喰い過ぎ(笑) せっかくの美味しいラーメンを一部完食出来なかった事。 ごめんなさいね


帰り道のお楽しみ 上信越道小布施スマートインターから「道の駅オアシスおぶせ」へ立ち寄りました。


小布施の名物栗羊羹や地酒も買って満足、


お友達は地場産フルーツの調達に余念がありませんでした(^^♪


今回も楽しく、美味しい旅になりました。 皆さんに感謝、次回もよろしくお願いいたします(^^♪

コメント

17225 麺屋 奥右衛門@新潟県南魚沼市 5月14日 アゴすけ出身の店主が創る鶏の競演! 白湯も清湯もスパイスも

2017-05-23 08:58:03 | 新潟・長野・山梨のラーメン
今回のまとめは→こちら

南魚沼食べ歩き3軒目は上越の名店あごすけ出身で昨年の3月に新装開店した 麺屋 奥右衛門(おくえもん)


正面から入ると先ず外待合の空間、寒冷地帯だけに防寒対策は流石ですね。この雰囲気はあごすけ譲りw


入口には券売機と中待合いのウェイティングシート。新築で真新しく、明るく清潔な印象です。


店内は厨房に正対するカウンター席とテーブル席、仕切られた奥には小上がり席もあって、お一人様から家族連れ、小グループなどの需要にもこたえられそうです。


頂いたのは
丸鶏スープの 鶏塩麺 800円


丸鶏スープの 醤油麺 750円


白湯スープの 醤油白湯麺 800円


丸鶏スープの 爽辛麺 800円


以上の4杯を4人でシェアしました。

◆ ◆
丸鶏スープの鶏塩麺


こちらにもこごみがトッピング。 さきほどのらー麺天心でもありましたがさすが山里、旬の恵ですね。
こころが休まる温かみを感じます。

すべて共通の低加水自家製麺。 本当はスープに合わせて何種類か作りたのだが忙しすぎると店主。全粒粉ブレンドとか今後が楽しみですね。

◆ ◆
丸鶏スープの 醤油麺


甘味・酸味がないキレッキレの醤油。 ふわっと立ち上る節系の香りが鼻から抜けて旨みが口中に広がる。
ブランド鶏を使わないでもこんなに美味しいスープになるんだ~♪


◆ ◆
白湯スープの 醤油白湯麺


表層の油がかなり効いた鶏白湯スープ。フライドオニオンの芳ばしさが効いている。


食べすすむとスープがより白濁。 脂が強いせいか舌に油でコーテングされたようで味がボケて感じてしまった(;^ω^)


麺は共通の自家製細麺。


◆ ◆
丸鶏スープの 爽辛麺


丸鶏スープの鶏塩麺がベースでスパイスを効かせた変化球ラーメン。
ピリ辛スパイシーでメッチャ美味しい!
萎えかけた食欲をビビッと復活させる刺激!!

富山のちゃるめらぐっぴーにおけるスパイシー&チキンを彷彿とさせるが、スパイス感は全く及ばない。
とにかく初めから最後まで熱々のスープに驚愕(笑) これが一番印象に残りました。


◆ ◆
2軒目のらー麺天心でハラパンでしたが、なんとか完食。 これがホントの半飲・完食です(笑)



♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;
麺屋 奥右衛門 (おくえもん)
住所;新潟県南魚沼市四十日2578-2
営業時間;11:30~15:00 17:30~20:00 ただし,当面昼営業のみで夜営業はなし 材料切れ次第終了
定休日;月曜日
駐車場;あり
地図;
コメント

17224 らー麺 天心@新潟県南魚沼市 5月14日 創作系中華にワンストップの満足感! 拘りの集大成!

2017-05-22 09:01:44 | 新潟・長野・山梨のラーメン
今回のまとめは→こちら

清水で朝ラーからの
南魚沼2軒目は らー麺天心(てんしん)11:30開店でシャッターポール


店内は居酒屋風で正面突き当りに厨房と正対するカウンター


右手に小上がり席


ホールにテーブル席はありませんがカワイイ券売機が鎮座


その脇には食べ放題のお惣菜コーナー? キャベツの一夜漬けともう一つは山菜のこごみ
こんな緑鮮やかなこごみ、今が旬の地元の食材です。


「上越ラヲタの口コミ情報」で小南方というギョウザが美味しいとの事だったので先ずは前菜に(笑)
水小南包(4ヶ) 500円


焼小南包(4ヶ) 500円


ギョーザというので簡単に考えていましたが大きい! しかも肉厚の大きな皮でもっちり食べ応えがある。 オニオンスライスやピーマン、フライドオニオンが盛り付けられ、甘酢のタレが掛かっています。



中の餡は挽肉と大根など地元の食材がたっぷり詰まったジューシーなもの焼きはパリパリ


水餃子はしっとり


小南包とは小さな餃子の中に南魚沼の食材が詰まっているという意味だそうです。 これは是非食べておきたい逸品です(^^)/

さて、
今回こちらで頂いたのは
麻婆麺 900円


天麺 800円


ぶいこつ塩麺 800円


ぶいこつ醤油麺 800円


の4品を4人でシェアしました。

◆ ◆
麻婆麺



「田舎豆腐と米麹、本場四川の香味料でバランスよく整えた」という麻婆はメッチャ美味しい! ピリ辛と花椒が効いて出汁も本当に美味しい。


断面の丸い加水高めの麺が、しっかり餡を絡めて持ち上げてきます。


連食2軒目で食べ放題の漬物と小南包からの麻婆豆腐のラーメン。 肝心のラーメン1杯目でほぼ撃沈(笑)

◆ ◆
天麺  


ラーメンはえのきと菜の花がトッピングされただけのシンプルなスタイル。 

「澄み切った晴天の空のようなスープ。肉や野菜を長時間ゆっくり煮込んだ淡麗スープ」とあるように動物系と野菜から摂った清湯スープ、淡麗コク旨系です。 
表層の香味油がかなりたっぷりで、蟹やホタテの旨みを感じる「香香油(かかゆ)」という自家製香味油。人によってはコッテリと感じるかも知れませんね。


別皿のサラダ オニオンスライスと素揚げの地元野菜。


ゆるくウェーブがかかった麺でした。 


◆ ◆
ぶいこつ塩麺


まずビジュアルに圧倒されます。麺やスープが隠れて見えない位具沢山。 海苔、たっぷりの菜の花、甘く煮込んだリンゴ、厚焼きの玉子焼き、煮豚のチャーシュー。 具材の一つひとつ丹精込められた惣菜ですね。


「動物系出汁に天然海塩。魚介系の旨みが爽やかで濃厚な塩スープ」との事。
節系の香り立つ透明スープ、表層には香香油。旨みが口中に広がります

麺は共通の様ですね。



◆ ◆
ぶいこつ醤油麺


ぶいこつ塩麺と同じトッピングですが器とスープが黒っぽいことと、菜の花に黄色い花芽が無い事で艶やかさには劣るかな(笑)

「蔵出し濃厚醤油と動物系・魚介系をふんだんに使った濃厚味」との事。
こちらも節系が香り立ち、背脂のように見える「豚の皮」と醤油のコクもあって深い味わいです
どんぶりの底に沈んでいた具材


スープの吸い込みもいい麺です。


ぶいこつとは豚骨・鶏骨の選び抜かれた部位だけをフレッシュな香味野菜で長時間煮込んだ清湯スープ。魚介類の天然素材をふんだんに使用し旨みを凝縮したタレを合わせたスープ、だそうです。

◆ ◆
台湾料理出身という店主が一から丹精込めて造り上げた総菜や、スープ。 地産地消というか地元食材にこだわった姿は尊敬に値する。
冬場のスキーシーズンならほっといてでも客は入るだろうが、シーズンオフの今のような季節は大変だろうなと、単純に考えるが、本当に美味しいものならどんな場所でもお客は来る! その見本のようなお店でした。

♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;らー麺 天心 (てんしん)
住所;新潟県南魚沼市石打1622
営業時間;11:30~15:00(スープが無くなり次第終了)
定休日;月曜日
駐車場;店頭に3台、店舗以外に指定駐車場あり
地図;
コメント