あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

19065【新店】 麺や 江陽軒@滋賀県彦根市 2月23日 カドヤ食堂→麺屋えぐち→江陽軒!味の伝承!「中華そば」「つけそば」

2019-02-27 09:22:55 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
平成30年10月15日
滋賀県彦根市蓮台寺町(にっこう本店の斜め向かい)にオープンした
麺や江陽軒(こうようけん)


店主に確認したところ大阪の人気店『麺屋えぐち』出身とのこと。その『麺屋えぐち』の店主はこれまた大阪の超人気店『カドヤ食堂』で修業を積んだ方で、いわば『カドヤ食堂』の孫弟子にあたる。

店内は間口が広く奥に浅いつくり。 4人掛けテーブルが2卓と突当りに厨房に正対するカウンター席がある。 厨房の中央に立って店主が店内はもとより駐車場の様子などにも目配りし、客の入店や退店に際しスタッフに常に声掛けをしているのは流石! キビキビとした雰囲気を感じます。

自家製麺と言うことで『支那そば屋』御用達小麦「紬」の小麦粉が山積みされていましたが製麺機がどこにあるのかわかりませんでした。


メニューは基本の「中華そば」と「つけそば」
地元フォロワーさんのイチオシメニューは「背脂そば」「つけそば」には「豚足」も魅力的でしたが初訪ということでデフォの「中華そば」と「つけそば」をシェア。



中華そば 750円


淡麗にみえるけど油が凄くコク深く、いりこの旨味が広がる。 表層の油がシッカリしているので動物系の出汁は鶏・豚の半濁清湯にも思うが、キレのある出汁は鶏ガラ中心かもしれない。 醤油タレはほんのり甘いこっくりした味わい。 重層的的なスープに包み込まれるようです。


肉の旨味を感じる豚肩ロースのレアチャー、分葱でしょうか? 細身のネギの刻み方で丁寧な仕事ぶりがうかがえます。
#24位の自家製中加水ストレート麺。しなやかな細麺の行間にたっぷりスープを抱え、喉越しも非常に良い。





つけそば並み(200g)850円


つけ麵は麺が主体の麺料理。『支那そば屋』御用達小麦「紬」をメインに使ったビン角で長角断面の太麺。そのまま食べると小麦の香りが口に広がり、もっちりした食感も秀逸。


今回は連食となったためデフォの200gで甘んじたが、300gくらいはぺろりといけそう


ほんのり甘酸っぱいつけタレは大勝軒を彷彿とさせるが、たっぷり纏わせすすればメッチャ旨い!


チャーシュー、ネギが具材として入っているが、フォロワーさんイチオシの「豚足」は次回のお楽しみ。これは絶対食べてみたいヤツです(;^ω^)




斜め向かいが『にっこう本店』という位置関係! 充分に差別化が図られているので過当競争にはならないでしょうね、消費者にとってはワンストップで2軒の美味しいラーメンが食べられるのは嬉しい限りです。



♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のTwitterは→こちら

店名;麺や 江陽軒 (こうようけん)
住所;滋賀県彦根市蓮台寺町50-36
電話:0749-28-3828
営業時間;11:00~15:00、18:00~21:30
定休日;月曜(祝日の場合は火曜休み)
駐車場;店頭と隣に契約駐車場有
地図;
コメント

19064 梅花亭@滋賀県長浜市 2月23日 店主が獲った山の命を頂きました!まるで牡丹鍋のような創作ラーメン「猪・冬野菜だしの3年熟成味噌ラーメン」

2019-02-26 09:17:48 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら
出汁に拘った創作ラーメンのお店 滋賀県長浜にある
梅花亭(ばいかてい)


今日はこぼれるやつや~(笑)
このジャスミンティーは他にない美味しさです。



SNSで告知のあった要予約メニュー
猪・冬野菜だしの3年熟成味噌ラーメン+杏仁豆腐 1280円


狩猟免許を持つ店主が地元ハンターと共に仕留めた山の命、ありがたく頂きました。
今シーズンは暖冬で餌が豊富だった事が肉の美味しい理由だとか。脂身の層も分厚く上品な旨さです。


猪骨出汁と猪肉を使った牡丹鍋の〆のラーメンをイメージしたがそれだけではつまらないからと、梅花亭らしい創作メニューに仕上げました。
ニラ・ニンジン・白菜・ネギ・牛蒡・椎茸・白蕪・紫蕪・あと春菊のような香りの強い葉物、と見事に揃った冬野菜たちからもしっかり出汁が出ています。
それをまとめるのは自家製麹味噌、しかも3年熟成のとても滑らか・円やかでコク深い味わい。塩味や山椒も効いてぼやけた感じはしない。


自家製の長角断面の太麺。小麦粉がぎゅと詰まったような麺で『富山のちゃるめらぐっぴーの麺』にも通じる旨さがあった。


こちらへ来たら絶対外せないのがラーメンスイーツ
杏仁豆腐


このシャクッとした食感、滑らかな舌触り、くちどけの良さ、ほんのりした甘みとフルーティーな酸味のジュレ! たまらんです(^^♪


前回お邪魔した際はあまりお話しできませんでしたが。今回はお忙しい中、丁寧に説明して頂きありがとうございました。店主に感謝です(^^)/


♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のTwitterは→こちら

店名;梅花亭 (ばいかてい)
住所;滋賀県長浜市大戌亥町1031-3
電話:0749-65-6450
営業時間;[火~日]11:30~15:00 18:00~22:00
定休日;月曜日・不定休
駐車場;店頭と隣に契約駐車場有
地図;
コメント

18483 梅香亭@滋賀県長浜市 11月24日 久しぶりに訪れ杏仁豆腐も頂きました!「酒かすのらーめん」「杏仁豆腐」

2018-11-29 08:27:58 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら
出汁に拘った創作ラーメンのお店 滋賀県長浜にある
梅花亭(ばいかてい)

2017年8月以来の訪問
今回は食べ歩きが目的ではなく、紅葉狩りの途中でゆったりと食事を摂るためにやってきました。

到着が12時を過ぎ、一番の繁忙時間帯ということで外待ち覚悟ですがウエイティングボードには先客が2組。思ったより早く席に座ることができました。今回は初めてカウンターの一番奥に案内され、厨房の様子が手に取るように見ることのできるラヲタ垂涎の位置です(笑)

酒かすのらーめん 880円


地元長浜市木之元にある冨田酒造の酒かすを使った滋味深いスープ。
メニューリニュアル前に食べたのはもう2年前か。

一見すると味噌ラーメンのような色合いと質感のスープ。 鶏と魚介の出汁に醤油がベースと思われますが、酒かす由来のほんのりした甘みが特徴。
かす汁ほどの麹ざくざく感は無くすごく滑らかで滋味深い味わい。天然由来の旨味がじんわり舌に染み入る。


自家製ストレート細麺はしなやかでハリのある麺。強めのスープにも負けていない(^^♪
肉肉しいレアチャーシューも肉汁ジュわっと染み出し、これは旨い!


やっぱり寒い季節には格別に美味しく感じますね。

杏仁豆腐 290円


しゃくっとした舌触りの豆腐と


たっぷりまとったジュレ
このプチプチな気泡は炭酸ではないそうですが、ちょっとフルーティーで口どけの良い甘みにすっかり虜になりました。梅花亭に来たら必ず食べる杏仁豆腐。お持ち帰りもできるので保冷バック持参で来るのが良いでしょう(^^♪



♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のTwitterは→こちら

店名;梅花亭 (ばいかてい)
住所;滋賀県長浜市大戌亥町1031-3
電話:0749-65-6450
営業時間;[火~日]11:30~15:00 18:00~22:00
定休日;月曜日・不定休
駐車場;店頭と隣に契約駐車場有
地図;
コメント

18477 キッチンオムヒコ@滋賀県長浜市 11月18日 突然の閉店宣言! 「淡麗汐らーめん」「淡麗醤油らーめん」「きのことデミグラスソースオムライス」

2018-11-25 09:31:56 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら
歴史の街、北国街道の要衝長浜。 
ラーメン好きが高じて、ラーメンが美味しいオムライス屋さんと呼ばれるまでになった
キッチンオムヒコ

先日オムヒコさんがTwitterで緊急告知されました!

、、、オムヒコTwitter転載


福井で朝ラーがあった11月17日、その足で真相を確かめに行ってまいりました。

店頭には大きな張り紙で『9年間ありがとう』
日曜日とあって名残を惜しむ客で相当の行列かと思いましたが、開店待ちは自分らを含め3組ほど。 特別なセレモニーもなく淡々とオープンしました。


結論から言って忙しく厨房で働く店主に声をかけることはできませんでした、なので真相はわかりません。 ただわかったことは『11月27日をもって閉店』することは曲げようのない事実であったということです。

最近では滋賀県遠征の際オムヒコへ立ち寄る機会も増え、長浜の街と共に大好きなお店だっただけに突然の閉店は残念でなりません。


最後に頂くのはレギュラーメニューのラーメンとオムライス。

淡麗汐らーめん 780円


とってもふくよかな鶏出汁は宮崎産鶏ガラ・ぼんじり・手羽先からとったスープ。 角の取れた旨味たっぷりの塩は広島産 藻塩。
アンチョビの風味と旨みの、淡麗コク旨スープ。


ツルシコの細麺はザクっとした食感で「汐・醤油ラーメン」ともに共通。名古屋の製麺所から取り寄せていると以前聞いたことがある。 太麺は岐阜県関市の名店『白神』謹製でしたね。



お友達の「淡麗醤油らーめん」も独特の醤油感で甘みと口の中で広がる旨みが独特の味わいでした。



「きのことデミグラスソースのオムライス」


フワトロ卵がめっちゃ美味しい!


ごちそうさまでした(^^)/

そして
9年間お疲れ様でした!
最後に一言店主にご挨拶し、暖簾を後にしました😭


♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;オムヒコ (OMUHICO)
住所;滋賀県長浜市元浜町7-31 中村ビル1F
電話:0749-65-0250
営業時間;[月・火・木・金・日・祝日]
11:00~15:00 17:00~21:00
[金]11:00~15:00 17:00~22:00 (L.O.21:15)
[土]11:00~15:00 17:00?22:00 (L.O.21:15)
定休日;水曜日
駐車場;あり
地図;
コメント

18245 キッチンオムヒコ@滋賀県長浜市 6月10日 2年連続で頂きました~♪ 「昆布出汁の香露」

2018-06-17 08:10:18 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨年の香露の記事は→こちら


彦根のラーメンにっこう本店から長浜へ向かう琵琶湖畔のさざなみ街道が大好きです。 今回はあいにくの曇り空で琵琶湖は霞んでいましたが、海のように広がる景色を見ながらのドライブは最高です。

歴史の街、北国街道の要衝長浜。 ラーメン好きが高じて、ラーメンが美味しいオムライス屋さんと呼ばれるまでになった
キッチンオムヒコ


昨年も頂いてとても美味しかったので今年も始まったと聞いて早速やって来ました。
昆布水の冷やぶっかけ 限定のオムヒコ式香露(ころ)
香露とは⇒香露うどんの香露(ころ)は、うどん・きしめんに汁をかけた料理。主に岐阜県を中心とした中部地方で食べられているそうです。


期間限定
昆布出汁香露(コロ) 900円


ツルっとした平麺の下には鰹と醤油の出汁が敷いてあり、上から水出し日高昆布の冷たい出汁をぶっかけた二層スープ。



最初は別皿『海人の藻塩』を麺にかけて素朴な味わいを堪能する。


次にトロンとした昆布水とタレのグラデーションを楽しむ


別皿には素揚げ牛蒡、素揚げ牛蒡の油がスープに溶け出しコクが増して更に美味しい!


赤身魚とシャケのマリネ
そのままでもいいし、タレや藻塩で食べても美味い^ ^


自分流に盛り付けするのも楽しい♪


昆布水の粘度や量は昨年のが際立っていました。今年は2層に分かれた部分がすでに融合している感じでしたが、昆布のうま味と鰹出汁の醤油タレの「味のグラデーション」を楽しむことが出来ました。

♪ ◆ ☆
オムヒコのラーメンメニューが多過ぎて、アレも食べたいコレも食べたいと妄想が膨らみます。 


ラーメンと絶品オムレツの両方が食べたいと言う欲張りメニュー本年1月に食べたけど美味しかったよ~♪


近くにあったら毎日でも通いたいですね。

今回は高山店主にはお忙しい中、色々教えて頂きありがとうございました(^^)/

♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;オムヒコ (OMUHICO)
住所;滋賀県長浜市元浜町7-31 中村ビル1F
電話:0749-65-0250
営業時間;[月・火・木・金・日・祝日]
11:00~15:00 17:00~21:00
[金]11:00~15:00 17:00~22:00 (L.O.21:15)
[土]11:00~15:00 17:00〜22:00 (L.O.21:15)
定休日;水曜日
駐車場;あり
地図;
コメント

18245 ラーメンにっこう本店@滋賀県彦根市 6月10日 6月の限定冷やしが食べたくてやって来ました!「冷たい塩ラーメン」

2018-06-17 08:07:46 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら

本年1月6日のコースと全く同じ
越前塩中華からのにっこう→オムヒコ
でも大好きなお店でこのメニューなら遠くても行きますよ♪

ひこにゃんでお馴染みの国宝彦根城を横目にポールを目指したのは滋賀県彦根市
ラーメンにっこう本店

到着したら先ずはウェイティングボードに名前を書いて駐車場で待機!
30分前に到着しましたが3番手でした。

6月の限定


冷たい塩ラーメン 870円


鶏のコラーゲンや脂が凝固する寸前にまで高めた濃度のトロンとした冷製スープ。
3種類の煮干しから摂った出汁と合わせてコクと旨みが凝縮しています。 もちろん苦みやエグミ、魚臭さは一切ありません。


ニラのお浸しと炙った鶏肉のやや濃いめの塩味、添えられた柚子胡椒で味の変化も楽しめる。
赤いのは小梅かと思ったらミニトマトでした。 完熟した甘味と見た目が紅一点(^^♪


京都鄭鄂のエッジの効いた平細麺もゴリ感なく喉越しが心地よい。


滋賀県食べログ第1位、2年連続百名店に選ばれ、昨年は石川県の恒例イベント『ラーメン博』にも出店したラーメンにっこう。
今年はいよいよ海外進出するそうで、ますますのご活躍をお祈りします♪



♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;ラーメンにっこう (la-men NIKKOU)
住所;滋賀県彦根市宇尾町1366-2
電話:0749-28-2035
営業時間;[火~金]11:30~14:30, 17:30~21:00
[土・日・祝]11:30~21:00
定休日;月曜(祝日の場合翌火曜)
駐車場;あり
地図;


コメント

18012 キッチンおむひこ@滋賀県長浜市 1月6日 メシコレで紹介されていたふわトロ卵の「オムロー」とブロ友も食べていた「鴨つみれそば」

2018-01-14 07:02:40 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら

今回の目的地、目的のラーメンはコレ!

滋賀県や京都のブロ友・twitter友が食べて絶賛していたラーメンが美味しいオムライス屋さん、滋賀県長浜市の
キッチンおむひこKitchen OMUHIKO


彦根から琵琶湖畔の「さざなみ街道」を走って30分弱
到着したのは12:25 店内は空いていましたが退店する頃には待ちまで発生し人気の高さが伺えます。

メシコレで紹介されていたこちら↓ と


ブロ友・twitter友が食べて絶賛のコレ↓ をシェア


オムロー 弍式 930円


以前オムライスを頂きましたが、今回のこのふわふわトロトロ玉子は絶品! ちょっと(いや相当w)辛いタレがかかっていて刺激的(笑)
もう、ビジュアルに圧倒されます!


このオムレツの下にはモヤシを中心にした野菜が敷き詰められ、それを掘り返してようやく麺に到達する。


岐阜県関市の名店「白神」特製のプリもち麺は185gもあって、これはもうプチガツ盛り系


フレッシュ野菜のサラダは薬味であり箸休めの役割もある、アンデス産豚肩ロースのレアチャーシューも美味い


いつもと順番が逆になってしまいましたが、鶏豚白湯スープは見た目とは裏腹に軽やか。 脂が乳化しているのか処理が丁寧なのか、しつこくないので女性でも重くないスープだと思います。



鴨つみれそば 1180円


温かい出汁に入った麺を醤油タレにつけて食べる釜あげ麺。
この出汁、油も塩分もしっかりあるのでそのまま食べても旨いが、酢橘が添えられたカエシにつけて食べればなお美味しい。
自家製中細麺の喉越しもいい。


スペイン産マグレ・ド・カナールという鴨を使った鴨ロースト。
脂のノリが最高! 鴨ネギでは無く「牛蒡」を担いできたのでしょうか、これも相性がいいですね。


つみれにも贅沢に使われています。


いやー美味しかった~、もう一杯食べたい位です\(^o^)/

又こんな美味しい情報、教えて下さいね~♪

♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;オムヒコ (OMUHICO)
住所;滋賀県長浜市元浜町7-31 中村ビル1F
電話:0749-65-0250
営業時間;[月・火・木・金・日・祝日]
11:00~15:00 17:00~21:00
[金]11:00~15:00 17:00~22:00 (L.O.21:15)
[土]11:00~15:00 17:00?22:00 (L.O.21:15)
定休日;水曜日
駐車場;あり
地図;

コメント

18011 ラーメンにっこう本店@滋賀県彦根市 1月6日 昨年よりも美味しく感じました1月の限定「白カブと酒粕のベジポタラーメン」と「日香麺晴香」

2018-01-13 06:36:47 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら

昨年1月28日以来1年ぶりの訪問となった滋賀県彦根市の
ラーメンにっこう本店

食べた2杯が昨年と全く同じメニュー、いくら飽きない味だからと言って毎年同じではね~(;^ω^)
では詳しくは昨年の記事をご参照いただくとして、この辺でサヨウナラ!




そんなアホな!



では改めまして(^^)/



昨年は滋賀県も大雪で、にっこう本店の辺りもすっぽり雪に覆われていましたが今回は積雪ゼロながら曇天で、美しい琵琶湖と青空を見ることが出来なかったのが残念でした。
2017年1月28日撮影
今回2018年1月6日撮影

11:30の開店待ちをして3番手で入店


1月の限定麺と言えばこれ!


白カブのベジポタ酒粕ラーメン 900円


今年も1月5日から始まったこのメニューですが、今シーズンは白カブが不作との事で1日10杯に限っての提供となっていました。
白カブをすりおろし、じっくり煮詰めたベジポタスープ。 そこへ湖北木之本の造り酒屋「冨田酒造 七本槍」の酒粕を加えた、ほんのり甘くコク深い非動物系のスープ。


余談になりますが、この冨田酒造の酒粕は長浜の創作ラーメン「梅花亭の酒かすのらーめん」にも使われています。


ネギペーストはこのメニューでしかお目にかかった事はないが、このスープにピッタリのアイテム
緑の発色とツーンとした香りが何とも言えず、溶かし込むことでスープとの一体感が生まれる。
カブの葉の漬物、赤いのは滋賀県ではおなじみの赤コンニャク
レバーとは違うのでお間違え無いように(*´∀`*)
唯一動物系なのは軽くスモークをかけたばら肉チャーシュー


プリもちの極太平打ち麺は京都棣鄂の麺でしょうか、ベジポタスープをたっぷり絡めてとても食べ応えがあります。


昨年も食べたが今年の方が印象深く美味しかったです〜(*´∀`*)

◆もう1杯をシェア
日光麺 晴香(はるか)醤油味 


にっこうのレギュラーメニューは「鶏白湯」と動物系の清湯スープ「日香麺」の2種類があり、それぞれ塩・醤油・マー油(鶏白湯のみ)が設定されている。
鶏白湯も食べたが、限定が濃厚という事もありどうしても清湯との食べ比べになってしまう(;^ω^)

豚・鶏・野菜と煮干しや昆布の魚介とのWスープ。 醤油は重厚な感じで、今ではオーソドックスにさえ感じてしまう。


こちらも京都棣鄂の中細ストレート。 しなやかなコシつきがなんとも艶やかで、口の中で跳ねる感覚が心地よい。


今回も無料柚子トッピング、
来年は白湯マー油にしようかな(笑)

♪ ♪
【お店情報】

お店のWebページは→こちら
お店(店主)のtwitterは→こちら

店名;ラーメンにっこう (la-men NIKKOU)
住所;滋賀県彦根市宇尾町1366-2
電話:0749-28-2035
営業時間;[火~金]11:30~14:30, 17:30~21:00
[土・日・祝]11:30~21:00
定休日;月曜(祝日の場合翌火曜)
駐車場;あり
地図;






コメント

17607 【新店】 麺屋 猪一離れ@京都市下京区 12月17日 ビブグルマンの猪一が休業して開店させた2号店とは! 京の都もち豚追い鰹そば、追い鯖そば

2017-12-29 09:59:19 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
北区のとうひちから市内中心部の下京区へ移動、向かった先はブロ友八朔さんオススメの
麺屋 猪一離れ (いのいちはなれ)
ミシュランガイドのビブグルマンに選ばれた猪一の2号店として本年11月にオープンしたばかりの新店です。

その本店は2号店開店準備のため長期休業中との事です(;^ω^)

本店同様店内での写真撮影禁止! 注文した料理の撮影は可能OK!
店内は白木の純和風、厨房と正対するカウンター席と2人掛けのテーブル席が4卓、スタッフは厨房に3人とホールに1人男性4人での営業でした。 この中に店主も含まれていたものと思います。

メニューやテーブルの小物に至るまですべてに英語の訳が添えられ、外国からの観光客が多いことが解かります。
メニューは店外で閲覧できるため店内写真撮影禁止対象外と判断しますw

お店に到着したのが13:30、それでも外待ちがあり、自分らの後からも香港台湾系の観光客が列に付きました。
その東洋人に対してホール係りのスタッフが流暢な中国語(多分w)でメニューを説明したり注文を取るなど、やはり観光地ならではの対応と感心しました。

オペレーションや接客、店内の整理整頓・清掃・躾、全てにおもてなしの精神が行き届いており、これにも感心しました。

頂いたのはレギュラーメニュー(限定はすでに完売、というかあっても観光地価格なので注文しなかったと思いますがw)
京の都もち豚 追い鰹そば 800円


京の都もち豚 追い鯖そば 800円をシェア


京の都もち豚 追い鰹そば


魚介100%の和だし。 日本文化のお出汁を売りにするところが観光地ぽい。
白醤油仕立てでほんのり甘いスープ。 鰹の風味が効いているがこの甘さが好みの分かれるところかもしれない。


小麦の香りがとても良いしなやかな麺



京の都もち豚 追い鯖そば 


出汁は共通の魚介100% こちらは濃口黒醤油仕立てのスープ。 鰹より風味が控えめで甘味と旨みが両立。 関東の人には甘い醤油が受け入れられるか疑問だがターゲットはやはり外国人なのか?w


筍の煮つけがチッピングされ和風なイメージ。 味付けは薄目でちょうど良い。 


テーブルに整然と並べられた卓上小物たち。 唐辛子と山椒、それに白木の升に入っているのはとろろ昆布です。(富山県人が見たら泣いて喜ぶ)


それをラーメンにトッピングすれば、より旨みが増幅して和風感を煽る設え。


京都にはお出汁に拘り「自らをラーメン屋ではない」と標榜する「おだしと小麦一三〇」(いさお)があります。
その和出汁を外人向けにアピールしたらこうなる的なラーメン屋さんと言う風にも感じました。
帰りしなに「本店の営業再開について」聞いたところ「2018年3月頃には再開したい」とのお答えでした。

本店が再開したら訪ねてみよう、そう誓って暖簾を後にしました(^^)/




♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;麺屋 猪一 離れ (いのいちはなれ)
住所;京都市下京区泉正寺町463 ルネ丸高1F
営業時間;昼 11:30~14:00 夜 17:30~22:00(日曜21:00まで)
     ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日定休 ※祝日の場合は翌日、火曜日定休
駐車場;なし、付近にコインパーキングあり
地図;
コメント

17606 とうひち@京都市北区 12月17日 思い付きで突撃!長靴で訪問した京都の名店!鶏醤油らぁ麺 煮干魚介らぁ麺

2017-12-28 10:04:44 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら

京都市北区の とうひち
2年ぶり2回目の訪問


思い付きで向かったので到着したのが11時40分、退店まで1時間以上かかった(゚o゚;;


鶏醤油らぁ麺 750円


煮干魚介らぁ麺 750円をシェア


鶏醤油らぁ麺


丹波黒鶏と日本一醤油の生揚げ醤油のバランスが最高‼️
赤い色の透明な醤油スープが堪らなく美味しい!


こちらはやや平たい中加水の麺でしなやかでハリのある麺でした。



煮干魚介らぁ麺


6種類の煮干しと4種類の節を使ったという、魚介100%のスープ。
甘味と旨みがじんわり舌に広がりメッチャ美味しい!

煮干に使われているのは断面が正方形の「キタノカオリ」と「春よ恋」をブレンドした低加水細麺。
スープとの馴染みが良く一体感があったように思います。



雪の中来て良かった、並んでも食べたい一杯でした(^^♪
コメント