ACSアカデミー個別指導 マスターKの教室diary

ACSアカデミーで日々ベストを尽くす生徒&講師のレポート兼これから役立つ各種情報を発信するブログ。

佐原は素敵な町です。

2021-06-12 16:19:02 | 学習塾・勉強の仕方
今日は用事もあって千葉県佐原に来ました。伊能忠敬さんの立派な旧宅があります。素敵な町です。







コメント

がんばれ塾生達、テストに打ち勝て‼️

2021-06-11 11:32:36 | 学習塾・勉強の仕方
近隣の私立中、そして原中、また、塾生達が通う公立高校の定期テストが今日までに概ね終了します。原中は昨日と今日が試験日。塾の立場で見たとき、いつもテスト前の対策授業のありかた、その良し悪しなどについて、ああすればもっとよかったかも、などと色々悩みます。子供達はまさに今生々しく生きていて、内面的なものは日々刻々変化し続けています。そうしたことを考えると、たかだかテスト対策一つとっても、毎回漫然と同じことを繰り返してはいられません。そこには本人の体調、得手不得手、家庭学習の有無、その密度、テストスケジュールなど、数え切れない要素を勘案しなくてはなりません。例えば、歴史のテスト対策。覚える事が苦手な子には、かなり早い時期から対策を開始すればよいとともすれば考えて、それでよしとしてしまいがちですが、覚える事が苦手な子は、得てして記憶の長期保持も苦手な事が少なくないので、早く始めて折角覚えたことも、例えばテストまであと1ヶ月ありますなどという時は、結構な割合のものを当日には覚えていない、などということもあり得ます。対策授業の細かな落とし穴は、これを十分慎重に注意して臨まなければならない所以です。

コメント

なんて良い子!

2021-06-04 15:48:49 | 学習塾・勉強の仕方

県庁に勤務する知人から携帯に電話がありました。

本日午後三時ころ、彼が車で阿久和という信号の付近を走っていたとこのことだそうです。

彼は戸塚・不動坂方面から瀬谷区の二ツ橋方向に走行中で、小雨が降っていたのでゆっくりめに走っていたそうです。

ふと見ると、道路の反対側、阿久和という信号から不動坂方面の歩道上に、青または紺色系の体育のジャージを着た中学生の男の子が傘をさして歩いているのが見えました。

そのとき、その少年の目の前の歩道いっぱいに何やらシートのようなものが風にあおられでもしたか、通行する人の邪魔をするかのように広がっていました。知人もこの障害物を車の中から見て、「危ないなあ」と感じたそうです。

少年は、ほんの数秒これを見て、雨の降る中、その邪魔で危険な障害物を体を使って(結構大きいもののようでした)、通行人が足を取られることのないよう、これを整えて片付け始めました。

そして、それを終えるとなにごともなかったように、また傘をさして歩き始め、数歩進んだところで後ろを振り返り、「これじゃまだ駄目だ」とでもいうかのように、またそこに戻って、さらにこれの片付けを始めたのだそうで、そしてその作業の結果に納得できたか、ようやくまた歩き始めたのだそうで、その時、この様子を見ていた知人が車の中からこの少年を見て、そして少年も彼と目があって、その時何とも言えない笑顔であったそうで、知人曰く、あの雨の中、だれが見ているわけでも、だれに言われたでもなく、さりげなく路上の障害物の除去をして歩き去るなんて、なんと素敵で素晴らしい子かと、本当に感心したのだそうです。

知人曰く、その少年の服装から、彼は原中学校の生徒である可能性が高いということで、もしかしたら別の中学かもしれないとは言っていましたが、いずれにせよ、いまどき、こんな良い子がいたことに、知人のみならず、電話でその様子を聞いた私も心がぱっと明るくなった次第です。

 


ACSアカデミー個別指導はこちらから

コメント

やれば出来る。やらないなら出来ない。

2021-06-03 20:12:45 | 学習塾・勉強の仕方

テスト対策も佳境に差し掛かっています。というよりも、もはや「直前」といった趣です。

頑張って対策を積み上げている子たちはほぼ確実に良い点数をゲットできるでしょう。

頑張っていない子は、よくて「それなり」、最悪悲惨な結果になると思います。

塾の人間が脅しで言っているのではありません。当たり前のことを正直に言っているに過ぎません。

別に「有料のテスト対策」がすべてでは勿論ありません。

ある程度以上の学力と、そして家庭学習の習慣とこれをさせてあげられる環境があるのなら、自力で対策をすることも十分可能です。

それもしないなら、この上もうテストで良い点を取ろうとは思わないことです。


ACSアカデミー個別指導はこちらから

コメント

紫陽花の話

2021-05-31 00:49:27 | 学習塾・勉強の仕方
紫陽花が咲くメカニズムは本当に不思議で、毎年咲き始める時期や咲く花の数がまちまちです。今年はもう6月になろうというのに、家の裏手の一角の紫陽花は、寂しいことに今日現在まだ一輪しか咲いていません。

コメント

ステパノ 海の見えるホール

2021-05-30 19:32:32 | 学習塾・勉強の仕方

ステパノ学園の「海の見えるホール」はとても有名です(といっても、私もつい最近澤田さんの本で知ったのですが)。

大磯駅前に建つ学園の門の前の掲示写真の中の一枚にホールの写真がありましたので、これをアップしてみました。

ちょっとわかりにくいですが、窓のかなたに海が見えます。

澤田さんの学校と生徒、職員に対する愛情が一つの形として表れているのだと思います。

素敵な学校です。

 


ACSアカデミー個別指導はこちらから

 

コメント

ステパノ

2021-05-30 15:43:37 | 学習塾・勉強の仕方
大磯にあるステパノスクールは以前から関心があり、いつかはどんな所にあるのか、その外観だけでも見てみたいと思っていました。ステパノは、あの澤田美喜さんが心血を注ぎ込んで運営していた学校です。エリザベスサンダースホームの澤田美喜さんです。今日、時間があったので、大磯までクルマを走らせて行って来ました。休日なので学校は休み、澤田美喜記念館もコロナのせいで年内は休館していました。













コメント

死語について

2021-05-28 22:24:14 | 学習塾・勉強の仕方
今日の対私立中三年生の英語の授業で、whomという語の使い方についての質問がありました。彼の学校のグラマーの授業で今これをやっているそうなのですが、御承知の通り、今はこの語はほぼ死語に等しく、実際の英語を使う人達でこれを使うことはほぼないか、あっても極めて稀です。グラマーの授業ではこういう例が昔からありましたが、学校の授業でやっているものを頭ごなしに「死語だよ、それは」というのも憚られますし、一応の解説はしましたものの、さて今後をどうしたものかと考える次第です。
コメント

向上の兆しが表れるまで

2021-05-26 09:54:30 | 学習塾・勉強の仕方

あまり勉強することがが好きでなく、また、覚えることも苦手な子達に付き添うように勉強(の仕方)を教えていると、大体において初めはなかなか上達の素振りを見せないものの、或る時期から急に波に乗るようにすいすいと前に進むようになることがあります。

多くの保護者の方たちが、入会に当たって、きわめて抽象的な言い方で「出来るようになってほしいんです」と言い、続けて「大丈夫でしょうか」とお尋ねになります。

こういう時、私(マスター※)は、私のやり方(答え方)として、あまり楽観的なその場しのぎ的なことは言わないようにしています。こちらがそういうつもりでなくても、保護者の方の側で、一方的にこちらの言葉の端々を斟酌して良い方に良い方にと解釈してしまうことはままある話で、そういうことになりますと、あまり好ましくないと考えるからです。

そこで、冒頭書いたことが出てきます。

私は言います。

「本人の基礎学力と今後の継続力、ご家庭の協力の有無や度合いなどに大きく影響はされますが、大体において学校の授業を真面目に受け、こちら(塾)の方針に沿って勉強してくれれば、早ければ2か月3か月のうちに向上の兆しは見えてきます。でも、すべての子がそうではありません。長ければこれが1年かかることもあります」

話をしていく中で、「塾に入れさえすればすぐに(良い)結果が出るに違いない」と思い込んでいることが容易に推察できる、そんな保護者の方にたまに出会います。

そういう子が全くいないわけではありませんが、それは極めて稀な例です。殆どの子は、一定期間の努力を経て初めて明確な向上の軌跡を描き始めます。

 

※マスターKのニックネームは、かつて藤沢校で教えていた第一中の3年生の生徒たちが、いつもベストを身に付けていた私の姿が喫茶店のマスターを連想させるのだといってつけたものです(笑)。

 


ACSアカデミー個別指導はこちらから

 

コメント

お前はスガか?

2021-05-22 10:54:21 | 学習塾・勉強の仕方

テストを前にしたある生徒同士の会話。

「お前さあ、テスト対策もう少し真面目にやった方がいいよ」

「やってるよお。期限を設けて勉強してるし、少し効果が出たら緩めて息抜きしてるし、それでまたダメそうになったらやるし」

「それじゃお前、スガと同じじゃないか。そんなことばかりもう1年も続けて効果らしい効果もないじゃないか。いい加減少しは過去から学べよ。このままならどうなるかも少しは自分の頭で考えろ」

「失礼じゃないか、その言い方。その批判は当たらないよ。仮定の質問にも答えられない。俺は必要ならちゅうちょせず先頭に立って先手先手でやるよ。今はテストの後の安心安全な夏休みに向けて皆が耐える時じゃないか」

「それ聞いてショックだ」

コメント

なんなの、あの警官?

2021-05-21 09:42:57 | 学習塾・勉強の仕方
昨日教室に着くと、横の通路に見慣れない自転車がとまっていました。名前はなく、しかし小さなステッカーが貼ってあり、それには加賀町の文字があります。加賀町は、中区の中華街の辺りで、如何にもおかしい。二階に住むビルのオーナーのところに言って話をすると、今朝からあったとのことで、彼曰く、おそらく駅近辺の鍵のない自転車をどこかの不埒なやつが勝手に乗ってきてここに放置したんじゃないかと。要するに盗難であり、その可能性があるなら警察に連絡しておかなくてはいけないという話になって、その旨を電話すると、ややあって警官が一人やってきました。決して悪口ではないのですが、しかしやってきたこの警官は話がとにかく下手で、主語術語修飾語などの使い方が如何にも稚拙。おまけに何をこちらに伝えたいのかということをこちらが類推することも出来ないような話の仕方なので、結局何も得ることもなく、ただ「来ました」「帰ります」だけ。実際、無線機で本署だかなんだかにその通り伝えて、無線機からは「お疲れ様」の返答がこちらにも聞こえてきました。こちらの名前や連絡先を聞いて控えるでもなく、こんなんでお疲れ様もなにもないもんだ、と私も建物オーナーも目が点になって「なんですか、どういうことですか?」。オーナーなどは、最後には「もういいです。こっちで考えてどうにかしますよ」という始末で、結局自転車はそのままです。
コメント

ガンバレ単語練習

2021-05-18 19:54:06 | 学習塾・勉強の仕方

中学生たちの定期テスト対策の前に、小学6年生の英語の授業をしました。

前にも書いたことがありますが、4年生の時に習うローマ字を完全には覚えきれていなかったことが今になってマイナスとなって表れて、単語のスペルを覚える時に足を引っ張りがち。。。ガンバレ!!


ACSアカデミー個別指導はこちらから

コメント

基本的な考え違い

2021-05-17 09:56:30 | 学習塾・勉強の仕方
先日も来られました。
国語という教科について「日本人なんだから国語なんて特に勉強しなくたって自然に分かるようになりますよね」なんて豪語する入会説明を聞きにきた、とある保護者。結果的にこちらからお断りしたから言うのではないですが、「国語なんて自然に分かる」とは、よくもまあ言ってくれたものだと、呆れるやら悲しいやら。お尋ねになられたのは、子供が算数の文章題に書かれている事が理解できず、だから文章題のテストはいつも散々な点なんです、ということから始まったのてすが、この方には残念ながらこの時点でその子に国語力が不足しており、少なくとも小学校高学年の今に至るまでは「自然に分かるように」はなっていないという現実が見えていないことが、ある意味とても悲劇的に思えました。断言しますが、国語の力は決して「自然に」身に付いてなどくれません。そこには系統立て、そしてある程度時間もかけた勉強(指導)がなければいけません。因みに、来年大学受験を予定しているという上の子の論文も持参され、それを見せながら「上の子は国語が良くできるんですけどねえ」と言われるので、どれどれと読んでみると、論文であるにも関わらず、「みたいな」とか「なので」などという気安い話し言葉が散りばめられており、あたかも小学生の作文のよう。説明が入会までいたらなかったのは、双方のニーズが最後まで噛み合わなかったので仕方ありませんが、どこかでこのギャップを見事に埋めてくれる学習塾にこの方が行き着かれることを願うばかりです。(プライバシー保護のため文章は一部細かい部分を脚色しました)
コメント

雪の富士山

2021-05-16 17:05:39 | 学習塾・勉強の仕方

 

朝霧高原通過時に写した梢の隙間からの雪を頂いた富士山

 


ACSアカデミー個別指導はこちらから

コメント

焦る気持ち

2021-05-16 12:12:40 | 学習塾・勉強の仕方
鎌倉は未明から音もなく雨が降っていました。東の空が少しずつ明るくなり始める頃、いつも目が覚めます。今朝もそうして目が覚めて、いかん、早く起きて支度をしなくちゃ、と思って、そうだ、今日は日曜だったと思ってベッドの中で小さく脱力しました。昨日、富士吉田に行って保険屋時代のことをあれやこれや思い出したりしたもので、夢の中でその仕事に追われている自分がいました。急がなきゃ、この仕事を早く終わらせなくちゃ、と焦れば焦るほどモタモタする自分が
夢から覚めた後もまだいました。今、短大ニ年生になった、かつての塾生の女の子が高校受験生だった時に、いつもどうしようどうしようと口癖のように呟いて、そのくせちっとも焦って何かに手をつけるでもない様子に、大丈夫かなこの子、と、むしろこっちの方が焦りましたが、時にはこのくらいノンビリした方が精神衛生上にもよいのではないかと思ったりもしました
コメント