sugarbrown手作り日記

手作りバッグのお店sugarbrownからのお知らせです。

手塚雄二

2006-09-26 | Weblog
高島屋で手塚雄二さんの日本画見てきた。全く知らない作家さんだった。
友達が招待券をくれたのでなんとなく見に行った。
画廊や展覧会で一目ぼれっていうか、見ていてなんかふわ~として気持ちいい絵を見つける時がある。
日本画を習っている友達がいるので最近興味を持って来た。

手塚さんの絵はぱっと見ると渋くて落ち着いた色ばかりで
とちらかといえば暗いのが多い。
それが凄くひきつけられる。
奥行きがあって、山や海の風景を見ていると引き込まれそうになる。
夜の景色を暗い微妙な色で表現されているのでどうやって書いているのか不思議だ。重い色の絵の中で、三日月や星がちょこんと描かれているのもあってそれがかわいくてほっとする。

照明もぐんと落としてあって、会場全体が絵と一体になって独特の世界だった。
演出1つで絵も映えるんだなぁ、、と感じた。

コメント

power of music

2006-09-23 | Weblog
FM802のキャンペーン曲、「power of music」がよくかかっている。
アンジェラ・アキの歌だ。凄くきれいでのびのある声が気持ちよくて大好きだ。

聞くたびにじーんとくるフレーズがある。
『君のちょっとした言葉で、ちょっとしたしぐさで、たくさんの愛を奏でる』
というところ。

いつも思っていた。
高校生が自分の親を危めたりする事件を知るたびに胸が苦しくなるけれど、
家族が彼らに、『ちょっとした優しい言葉』をかけていれば
こんなことにはならなかったんじゃないかと。
この歌詞みたいに、ほんの一言の「ありがとう」や「好きだよ」
なんて言葉だけできっと人生も変わったんじゃないかな・・・と思う。
大げさかも知れないけど。
それを言うのになんの労力もお金もいらないのに。

代わりに『ちょっとした傷つける言葉』は平気で言ってしまう人も多いんだろうな・・・
言った人には些細なことでも、聞いてしまったことは消せないもの。

この歌を聴いてなにかを感じる人が多ければいいな、と思います。




コメント

家の猫

2006-09-15 | Weblog
この夏、うちの猫はだらだらしっぱなしだった。
いつもはお行儀も姿勢もよく見習わなくては・・・と思ってるのに、
今年の夏だけは本当にだら~っといろんな所で見苦しい格好でねそべっていた。
涼しくなってきたら、袋やかばんの中に居場所を探して
家中をうろうろしている。
今日は生地屋さんの紙袋が気に入ったらしく、お尻が出てるけど
満足してるようだ。
コメント (2)

小さなたんす

2006-09-11 | Weblog
レースやリボンを収納する箪笥がある。箪笥より小引出しというのかな?
もう20年近く使っている民芸品のもので結構な値段がした。でも中はすぐにぐちゃぐちゃになってしまい全然値打ちがない。昨日はまた、買出しに出かけたので
ついでに整理をした。引き出しに溢れかえってたのにきちんと整理したらかさが低くなって、「これだけしか持ってなかったん?」とちょっとびっくり。また増えてしまいそうだ。
コメント

プチコレクション

2006-09-07 | Weblog
好きなアクセサリーショップ「風和」さん。
初めて手に取ったとき、思った以上の繊細さに感動した。
ヘンプの手触りのよさも使って初めて知った。

小さい頃から細かな作業が好きだった。
絵を描く、刺繍、編み物・・・
でも、布を使ってミシンでガガーっと仕事にするようになってからは
ほとんど出来なくなってしまった。

だから「風和」さんのアクセサリーを見て、
改めて「人の手」っていいなぁ・・・と思う。
ベタな言い方だけど暖かさが伝わる。

ネックレスは木のアジャスターで長さが調節できるので
チョーカーの長さにして付けている。
首が太いので今までチョーカーは無理と思っていたけど
このネックレスがきっかけで「結構いけるやん!」
と自己満足で楽しんでいる。
少しのことでおしゃれの幅が広がるって嬉しいこと。

そしてブレスレットは私のお守り、出かけるときはいつもお供させている。

コメント (2)

新作です

2006-09-07 | Weblog
新作をやっと更新しました。2ヵ月ぶりです。
この夏はHP以外のことで忙しくて遅くなりました。

大好きな銘仙の着物ははさみを入れるのに勇気がいりました。
気に入っていただけたらと思います。
札幌の「MicMac 」さん
自由が丘の「南の窓」さんでは手に取って見ていただけます。
よろしくお願いします。
コメント