sugarbrown手作り日記

手作りバッグのお店sugarbrownからのお知らせです。

「夕凪の街 桜の国」

2007-07-28 | Weblog
少し前、「夕凪の街 桜の国」の試写会を見てきた。監督と主題歌を担当しているハープ奏者内田奈織さんの演奏もあった。司会をしていたのは読売テレビの虎谷アナ、ズーム・インで時々見る人だけど顔がちっちゃくて可愛かった!!

麻生久美子・・・私には「時効警察」の三日月しずかという天然&壊れたキャラ(笑)が一番身近で大好きだった。シリアスな映画にも出てるのに私はほとんど知らない。一度近くで見たことがあるけど、小柄だし、派手ではないのに女優のオーラがあった。綺麗でした!!

この映画では三日月しずかとは全く違う(笑)平野皆実という女性を演じている。けなげで一途に生きる姿には感動した。時代にあった雰囲気を持っていたし、広島弁も可愛かった。麻生さんが出ている前半はとにかく涙、涙・・・だった。

映画のテーマ「原爆」誰もが思うこと同じ感想なので書かないが、
映画全体について少し。

映画は前半の戦後まもなくと後半の現代に分かれている。
後半がまとまってない感じがしたし、あまり好きな演出ではなかった。
麻生久美子の弟→堺正章、その娘→田中麗奈(父と弟の三人暮らし)

堺正章が家族に内緒で姉の50回忌に広島まで行くのだけど、父親の行動を不審に思った娘が尾行する。広島行きのバスに乗った父を追っかけてそのまま同じバスに乗ってしまう。広島行きのバスに乗った時点で察することはできるのに「恋人に会いに行くのかな?」なんて思っている。

尾行しながら父の行動を遠くから眺めている。その時の父親の行動がさも『こんなことしてますよ・・』的なあからさまな演出が残念だったな。ここまで解説的にしないで韻を含んだ演出にして欲しかった。テレビでは老若男女が見るからこれでもいいと思うけど。

久しぶりに見た吉沢悠が好青年でなかなかよかった。私には学生ぽいイメージしかなかったので麻生久美子と合うのかなぁ、と思ってたけどこれからはお父さん役なんかもやってください。

それから藤村志保が凄くよかった。こういう女優さんが出ると映画に重みが出ますね。原爆で夫と子供二人を無くてしまう。生き残った一人の娘と貧しい二人暮らし。でも、その娘も被爆して13年後、結婚を前に亡くなる。自分だけ長生きしてる母親の気持ちはどんなだろう。寡黙で感情を出さない演技がかえってリアルだった。

麻生久美子を女優として再認識した映画(偉そうに・・・すみません)だった。
コメント (2)

ART DECOMS  PIPE(アート・デコムス・ピペ)合同展、2

2007-07-22 | Weblog
お仕事の話です。

合同展まで一ヶ月をきりました。気持ちばかりが焦って頭の中の整理が付かなかったけど、昨日は気に入ったものが出来がって少し落ち着きました。
いつもの「好きな物」を作る気持ちでやればいいんだ、、、と実感しました。

それに「1点もの」の気持ちで作っていると楽しいのです。
複数作るとなると生地の裁ち方も無駄のないようにしなくてはいけないし、ボタンも数を揃えくては、、、、と条件に縛られてしまいます。

とりあえずこのペースでがんばります。

コメント

「街のあかり」

2007-07-19 | Weblog
昨日は久しぶりに映画と梅田をブラブラして楽しんだ。
ガーデンシネマでアキ・カウリスマキの「街のあかり」を見た。
カウリスマキの映画はだいぶ前に「浮雲」見て以来。
あの、独特の雰囲気が凄くいいなぁ、と思った。

この前見た「図鑑に乗ってない虫」とは全く違うけれど、「独特の空気感」と「間」の取り方は共通してたような・・・?
前回の二作も入れて「敗者三部作」なんてサブタイトルはひどいなぁ、と思ったら監督自身の言葉だそうだ(笑)仕事も夢も失い、罪を着せられて刑務所へ・・・悪いことずくめの主人公。

ストーリーは思くて暗いけど、観客の気持ちは暗くさせなかったと思う。なぜかほっこりした気持ちになる。主役も脇の役者もみんないい顔してた。無表情だったけど(笑)。
主役の人は男前なんだけど切ない顔。誰かに似てるんだけど思い出せない。表情は若い頃のマストロヤンニに似てるかなぁ。
音楽もまた切ないタンゴ(?)が流れている。

カウリスマキの世界をもっと知りたくなった。東京と大阪で特別上映があるらしいから何本が見てみたい。

予告では、デビッド・リンチの新作!「INLAND EMPIRE」!が見れた。
凄く興味があるけど、3時間もあるらしい。ちょっときつい・・・。楽しみにしてる「サッドバケーション」のポスターがあったけど前売りはまだらしい。がっかり・・・

コメント (2)

台風と蓬莱橋

2007-07-16 | Weblog
蓬莱橋は静岡の島田市にある木造の橋。大井川に掛かる世界一長くて800メートルもあるそうだ。それがこの台風で一部が流されてしまった。

最近、行ったばかりだったのでニュースで壊れた蓬莱橋を見たときはびっくりした。痛々しかった・・・悲しい・・・(涙)地元の人たちは大変なショックたと思う。修復にはお金と時間がかかると思うけど、とても思い出深い場所なので元に戻ればいいのになぁ。そのときはまた訪れてみたい。
コメント (4)

ART DECOMS  PIPE(アート・デコムス・ピペ)合同展

2007-07-15 | Weblog
仕事の話です。

私の作品を置いていただいてる「ART DECOMS PIPE(アート・デコムス・ピペ)さん主催の合同展のお誘いをいただきました。
8月18日~26日、MU-RA(ムーラ)青山店 で開催されます。

展覧会は初めての経験でプレッシャーやわくわく感で落ち着かない毎日です。
焦ってもいい作品が出来ないので(今まで何度も失敗してるから・・・汗)
自分のペースで出来る範囲でがんばろうと思います。2日ほど店頭に出る予定です。詳しく決まりましたらお知らせします。
コメント

図鑑に乗ってない虫

2007-07-15 | Weblog
最近見た映画は「図鑑に乗ってない虫」
大好きだった「時効警察」の監督、三木聡さん作品でブラックなコメディ映画。私が好きなアングラの世界もあってクスクス笑えたけど、ブラックも多いので『面白かった~』とは言えない映画だった。三木さんの作品は『まったり系』の笑いがいいなぁ。
伊勢谷友介の映画をはじめて見たけどコメディは似合ってってないというか、主役なのに一番存在が薄かったのは残念・・(汗)ここから入ったのがいけなかったのか・・今度はシリアスな伊勢谷友介を見てみたい。

初日の舞台挨拶で三木さんと音楽担当のナイス橋本の話が聞けたのは嬉しかった!

ナイス橋本を初めて知ったとき「なんか軽い名前だなぁ」と思ってたけど(すみません・・・)ラジオで聞く歌は結構好きで今度の「夏の手紙」も好き。映画とは全く違う爽やかさだ(笑)生で見る彼も爽やかな男の子だった。これからは応援しますよ!!まさやん(山崎まさよし)のデビューの頃ってこんなこんな感じゃないかなぁ・・・と勝手に思ってしまった。

コメント

かばんの里帰り

2007-07-04 | Weblog
お仕事の話です。
私の作ったかばんの修理を依頼されました。「持ち手がちぎれそうです」と。
こちらの作り方が悪かったのか、とても心配になりました。お話を聞くと、一年半の間、毎日のように使って下さってたとのこと。強度についてももっと考えなくてはと反省しました。

一年半ぶりに里帰りしたかばん・・・わくわくして手にとってみると、本当に使い込まれています。こんなにも愛用してくださったんだなぁ・・・と胸がいっぱいになりました。

『ブランド物や流行のものは嫌いなので、気に入ったものが見つかると言うことは、奇跡に近いこと、このバッグとの出会いは宝物を探し当てられた、そんな感覚です』と仰ってくださいました。

本当にお嫁にいった子の里帰りのように大事に手入れをし、送り届ける予定です。
仕事の上で多くのかたと出会い、こんな嬉しいことも沢山あります。この仕事を続けてほんとうに良かった・・・と思う瞬間です。
コメント

海を渡ったかばん

2007-07-04 | Weblog
お仕事のはなし。

6月は今年になって最高に忙しい月でした。
初めて外国からの注文も受けました。お客様は日本のかただけど発送方法も全くわからないし・・なにせ、ン十年外国には行ってませんので(汗)定形外程度の安さで送れることを知りびっくり!以外にも早く届けることが出来たのも(3日~2週間というすごい差が出るときもあるとか)驚きました。

写真は外国にお嫁にいったかばんです。
遠くで見守ってます、がんばってね!!
コメント