sugarbrown手作り日記

手作りバッグのお店sugarbrownからのお知らせです。

映画いろいろ

2012-02-27 | Weblog

映画の話です。

 

 

「冷たい熱帯魚」

園子温監督のサスペンス映画(?)

人間の冷酷さ、エログロ、あらゆる感情が吐き出されたような作品です。

園監督の作品が見たくて前知識もなく臨んだのですが・・・ショッキングな映画でした。

目を伏せる場面もありました。

でも絶望的なラストなのに後味の悪さはありませんでした。

 

とにかく役者さんたちの演技がすごいのです。

一番恐ろしかったのはでんでん。人のいいおじさんがモンスターに変身する怖さ!!

今でもCMに出ているでんでんを見ると何かやらかすんじゃないかとドキッします()

吹越満が演じた気の弱い父親もすごい!!

 

 

「エンディングノート」

とてもいい映画でした。

癌を宣告されたある父親の最後までの姿を撮るったドキュメンタリーです。

監督自身が主人公の次女でナレーションもしています。

父親の気持ちを娘が語っているのですが、深刻な言葉でも笑えるところがありました。

やはり最期は切ないですが、暗くありません。さわやかと言えば失礼でしょうか・・・

なぜか明るい気持ちになれました。

 

 

「大鹿村騒動記」

原田芳雄の最後の作品です。

おじさん達のドタバタコメディが面白かった!

歌舞伎のシーンは本格的でこれがあるから締まってすごくよかったです。

松たかこ、佐藤浩市が脇に徹してて目立たないところも・・・

映画のイベントで原田芳雄の追悼があり

「チゴイネルワイゼン」などの古い映画の予告が流れました。

このころは渋くてアクがあってかっこよかったな・・・。本当に残念です。

 

コメント

ブリューゲルの動く絵

2012-02-27 | Weblog


「ブリューゲルの動く絵」という映画を見てきました。
このブリューゲルの「十字架を担うキリスト」絵が実写になっています。

 

 

 

 

 

すごい!すごい!

よくここまで再現できたな…と思います。

ブリューゲルの作品と言えばは農民や家畜が描かれた生活感のある絵を思い出します。

たくさんの人や動物を隅々まで観察したい絵です。

その絵の中に入って本当に観察することができました。

セリフも少なく音楽もほとんどありません。

現実ではありえない風景が面白かったし衣装も素敵でした!

 

予想と違う映画に少し戸惑いましたがたまにはこんな映画もいいです。
映画を見たと言うより美術鑑賞した感じでした。

 

コメント

shironekoさんにて作品展

2012-02-18 | Weblog

鎌倉のshironekoさんで作品展をさせていただくことになりました。
期間は4月28日~5月6日です。

初夏に向けて
お出かけしたくなるバッグ
元気が出るバッグを作りたいと思っています。

ゴールデンウィークに江ノ電に乗ってぜひ遊びに来てください。
案内状ができましたらご希望の方に送らせていただきます。
その時はお知らせしますのでお待ちくださいね。
よろしくお願いします。

コメント

カーネーションとKENZO

2012-02-09 | Weblog

朝ドラ「カーネーション」
主人公糸子の子供達の時代に入ります。

次女の直子(コシノジュンコ)が文化服装学院に入り
じゃがいものような垢抜けない男友達が気になります。
あの同級生は高田賢三、松田光弘、金子功なんでしょうか…
コシノジュンコは三人のライバルを抜いて装苑賞を取るんですよね。
偉大なデザイナーの無名時代を知るだけでもうれしくなります。
これから日本のファッションの変遷を知るのも楽しみです。
ほっしゃんがIVYに変身するらしいですが・・・ヴァンジャケットも出で来るのかな・・・

初めて好きになったデザイナーがKENZOでした。
松田光弘のニコルは大人っぽかったし、金子功のピンクハウスは可愛かったけど高すぎました。

KENZO民族衣装をデザインに取り入れた洋服が新鮮だっし
その色が素晴らしかった。エスニックやフォークロアという言葉も知りました。
それと花柄!!
花柄と花柄の組み合わせなんてちょっとすごいです。
布をたっぷり使ったシルエットも可愛かった。
お小遣いをためて買ったセーターは今も大切にとってあります

KENZOが松田光弘と初めてパリに渡るときの写真を見たことがありますが
「・・・」これがデザイナーを目指してる人?という風貌でした。
(まさにさっきのじゃがいも・・・笑)松田光弘は亡くなってしまったけど
KENZOや金子さんは朝ドラ見てるのかな?
まさかね。

 

コメント

手作りの小物

2012-02-07 | Weblog

寒い毎日ですね・・・
こう寒いと外をさまようことも少なくなり
仕事以外に手を動かしたくなります。

 


いつもながらのはぎれの整理でパッチワークをしました。
ログキャビンというやり方がとても簡単ではまっています。
四角い生地を揃えることなく短冊状の布をミシンで次々と継ぎ足していきます。
余った部分はハサミで切っていきます。
思いつきでできるのが私にはぴったりです。

 


ポーチを作りましたが
せっかくのログキャビンがあまりわかりません・・・

 

 


ティーコゼーです。
何年も前から作りかけてたものでやっと完成しました。

 

 

銘仙で簡単なマットを作りました。
お皿はshironekoさんで購入した伊藤丈浩さんの作品。
お気に入りです。

コメント