sugarbrown手作り日記

手作りバッグのお店sugarbrownからのお知らせです。

トワイライトゾーン

2006-07-23 | Weblog
最近深夜テレビで見た映画
「トワイライトゾーン」
こういうタイプのもの、SFミステリーっていうのかな・・
ずっーーと前に深夜「ミステリーゾーン」て言うよく似た古いドラマを
やってた時は必ず見ていた。
人種差別する男の話が面白かった。凄い偏見の持ち主で、
最後は立場が逆になって絶望的なしうちにあってしまう。
残酷だけど絶望的な終わり方って好きだ。
それから飛行機恐怖症の男が飛行機に乗ってると翼に悪魔がいるのが見えて
大パニックになるという話。最後まで書かないけどちゃんとオチがある。
この映画でジョン・リスゴーという役者を知った。
ずーーと冷や汗をかいて震えてる役。 
面白い役者だなぁ・・・と思い、それから彼の出るいろんな映画を見た。

もう1つは「ミットナイトエクスプレス」
若い時、衝撃を受けた映画だった。
これは実話なんだけど、トルコ旅行の帰りに麻薬を持ち帰ろうして空港でつかまってしまう。
罪は重くて終身刑・・・そこから脱獄するまでの話だけど本当に息を飲む怖い映画だった。
見てからしばらくは友達とこの映画こから抜け出せなくて
合うたびにこの話をしてた。
刑務所仲間のマックスを演じてたジョン・ハートが枯れた役でよかった。
主役のブラッドデイビス、他の映画ではぱっとしなかったけど
NHKの「警察署長」というドラマで悪役というか「イヤな奴」が似合ってた。
その後は見ないまま亡くなってしまった。
顔がなんていうか生活観があって、とてもリアルな演技がてきるいい役者だったのにな・・・
今改めて映画を見るととても残念だな。。。と思う。
コメント (2)

雨の中

2006-07-23 | Weblog
数日前までは朝、土砂降りの雨の音で目が醒めていた。
こういうときは家で仕事できるのが本当にありがたく思う。
でも、雨が降っても出かけたい気持ちは抑えられず
そのは映画と生地屋を走った。
映画の整理券を朝一でもらってから地下鉄に乗って生地屋さんで時間をつぶした。
はじまるまで3時間合ったけど移動と休憩を入れて制限時間は1時間半にした。
お店は開いたばかりだったけど入るといきなり大勢のひとだかり・・・
???なんたこれは・・・この日はワゴンセールの日だった。
私もこれはチャンスとたくさんわしづかみしましたよ。
ストライプや水玉の生地をたくさん抱えて、違う場所で品定め。
こういう時は泣きたくなる。
値段は高くないけどこれらがまた部屋を狭くするんだなぁと思うと・・・
迷いに迷ってるうちに30分が過ぎてしまった。
落ち着いて考えた。これが定価だったら買う?本当に欲しいの?逃したら後悔するか?・・・って。
たいした額じゃないのに今考えるとバカみたいだ。
結果半分に減らした。
その後は必要な材料をちゃっちゃと時間内におさまった。
時間がありすぎても無駄に過ごすばかかもしれないなぁ。
映画館を出るときは土砂降りだったけど有意義な一日でした。
コメント

ブラック・アイド・ピーズ

2006-07-12 | Weblog
ブラック・アイド・ピーズのライブに行ってきた。
音楽はクラシックもジャズもj-popも好きで何のポリシーもないけれど、
好きなものは好きだから仕方ない。
若い頃は仲間内で好きなミューシャンは大体決まっててそれ以外の
違う傾向の音楽はほとんど聴かなかった。
でも、なぜかトシ行ってくると好きなものの範囲が広くなってきた。
なぜなんだろうなぁ・・・

昨日のブラック・アイド・ピーズはヒップホップのグループ。
去年、姉から「ロックオデッセイ」のビデオを借りて、カッコいい音楽とダンスに惹かれててしまった。中でも、ネイティブ・アメリカンのタブーと言う人のダンスと長い黒髪の風貌に釘付け・・・
アルバム2枚を聞きまくってライブに備えたおかげでほとんど知ってる曲だった。歌はもちろんのこと、ダンスが凄かった。それはそれは激しいダンス。踊りながら歌うのだけど全く息が切れてない。凄いプロ根性を見せ付けられた感じ。オールスタンディングと胸に響く大爆音(と言っても音は凄くいい)2時間があっという間だった。終わったあとの足のだるさも心地よく、帰り道は本当に幸せだった。来年も来ないかなぁ・・・
コメント

夙川公園

2006-07-08 | Weblog
久しぶりに生地屋さんに行った。
その前には夙川で目上の人と会う約束があって緊張してのお出かけだった。
川沿いの夙川公園の並木道はとても素敵で桜の頃は本当にきれい。
でも慣れない靴を履いて足が・・・・痛くて痛くて・・・泣きそうだった。

街に出たついでにどうしても生地やさんに行きたいし・・・で、ごまかしごまかし歩いた。がんばった甲斐あって大収穫だった。生地は生地でも今回はお買い得の芯地。帽子にもバッグにも必ず接着芯を使う。生地はバーゲンで安く買えても芯がバカにできない。表地と同じくらいの時もある。その芯地がバーゲンでびっくりする値段になっていた。薄いしかさばらないのでどっさり買ってしまった。普通の生地も気になるのがあったけどゆっくり落ち着いて考えれなくて(足の痛さと安い買い物で気持ちが落ち着くはずがない)結局買わなかった。
今日一日、その布のことが気になって、というか恋しくて・・・明日買いにいこうかな・・・でも交通費かかるし、やっぱりちょつとだけてでも買っておけばよかったと後悔。

コメント

テアトル梅田

2006-07-04 | Weblog
テアトル梅田に「ビッグリバー」を見てきた。
オダギリジョー君のロードムービー。
映画を見たあとロビーに出ると友達がなにか騒いでる・・・
なになに?まさかオダギリ君ではないよな?

と思ったら俳優の今井雅之さんが支配人らしきおじさんと話している。
ミーハー心が騒いで、奥に入った今井さんが出てくるまで待つことにした。
ポスターやチラシを見ても今井さんの出演作はないし、何しに来たのかなぁ
と思ってたら目の前にきましたよ。思い切って声をかけたら愛想よく握手してくれた。関西人だし気さくな人と思っていたので
「何の映画ですか・・・(なぜここにいるんですか?と言う意味)」と聞くと
「『THE WINDS OF GOD』て言って特攻隊の映画なんですよ。9月にここでやりますんで・・・」
『THE WINDS OF GOD』は聞いたことあったので「あ~そうですか。がんばってくださいね!」となんとか言えた。これが今井さんが作、演出、主演の有名な舞台なんて全く知らなかった。今井さんは思ったほど大きい人じゃなかった。でも、かっこよかったな・・・

私はこの映画館が好きでよく行くけれど支配人(たぶん・・・間違ってたらゴメンナサイ)さんが腰が低くて、愛想よくて好きなのだ。今日も今井さんが去ったあと、私達が騒いでいたら「サイン、いただいたんですよ。秋の公開時にポスターの横に飾ろうと思ってるんですけどね・・・」なんて嬉しそうに見せてくれた。
近々原田知世が舞台挨拶に来るとか、質問にはとても嬉しそうに答えてくれる。

近くのNU茶屋町にあるwiredcafeで「ビッグリバー」の写真展ていうかパネルを展示していたので行ってきた。
写真はカウンターの上に少し飾っているだけだったけど写真はお店の雰囲気としっくりしてよかった。お店のおねえさんたちもとても親切で撮影も快くOKしてくれた。それに映画の半券で10%off になってお得だったな・・・


コメント

うちのネコ

2006-07-02 | Weblog
猫はいつも心地よい居場所を探していて、暑い夏はとくに迷っているようだ。
階段をのぼってたら踊り場(って言うほどのものではなく、折り返し点?)で
,寝そべっていたりするからびっくりする。
今日もびっくりで、さあ、仕事を始めようと意気込んでミシンに向かったら
そのそばでどて~っと寝ていた。
起すのも可哀想だしゆっりくミシンを動かして仕事をはじめた。
でも、起きない。ひょっとしてゆうべのポルトガル戦を見ていたのでは?
と疑いたくなるくらいの爆睡。
思い切ってががーっとミシンをかけても起きなかった。
この空間の何処がい心地いいんだろう・・・
もっと涼しい所探せばいいのに・・・
猫の考えがさっぱりわかりません!!


コメント

PK戦

2006-07-02 | Weblog
いやぁ、、、昨日、今日とワールドカップのPK戦では、ハラハラさせられっぱなし。
今終わったイングランド、ポルトガル戦。このプレッシャーに勝てるって
いったいどんな神経してるんだろう。
負けた方も同じ位強い精神力持ってるだろうけど泣く時は泣くんだね。
ここまで来ると、死に物ぐるいって感じで顔もすごい。
とくにラテン系の人達は元々濃い顔だから迫力満点だ。
日本選手のこんな顔ってあまり見たことない。
がんばってはいるんだろうけど・・・
コメント