sugarbrown手作り日記

手作りバッグのお店sugarbrownからのお知らせです。

素敵なジュエリー

2014-08-25 | Weblog
アクセサリー作家のTakakoさんにオーダーしたピアスとネックレスが届きました。

先月、岩田屋のイベントでご一緒したジュエリー作家さんです。
天然石やシルバー、ゴールドなどとても大人な素敵な作品でした(ご本人も!)
イベントでは年代を問わず大人気でした。
私も磁石のようにひきつけられて時間があればのぞいていました(^_^;)
信頼できる作家さんに出会うと安心してオーダーできます。
Takakoさん、素敵なジュエリーをありがとうございました。



シルバーとパールのロングピアス



クリスタルのネックレス。シルクの紐なのでかぶれません。
留め具は琥珀です。
(ジュエリーのサイトのように撮影してみましたが…)




高校野球は大阪桐蔭が優勝しました!!
桐蔭高校は我が家のご近所なので応援も熱が入りました。
東京のお友達から「優勝おめでとう」のメールが来たので
親でもないのに「ありがとう」と返事をしてしまいました(^_^;)

学校はもちろん駅やスーパーには「祝出場」の垂れ幕がありましたが
優勝セールなんてあるのかな…

甲子園が終わると夏も終わりですね。
少し涼しくなってきましたが台風は来ないでください。
コメント

武井武雄

2014-08-19 | Weblog



高島屋の「武井武雄の世界展」に行ってきました。


大正から昭和にかけて「コドモノクニ」「キンダーブック」などの児童本の絵を描いていました。
愛らしい絵ではなく当時の童画にしては大胆でモダン、とても素敵な絵でした。


それと
童画絵以外に会員に300部限定で頒布した本が数十冊展示していました。
絵と文だけでなく、装丁、印刷、箱、素材までこだわって作ったものです。
小さな本ですが箱根の寄せ木細工、螺鈿細工、金属、パピルス(自分で栽培したもの!!)などを使い
凝りに凝っています。
表紙しか見れませんでしたが中はどうなっているんでしょう?
たぷんとても高価だったと思います。今もどこかの家のお宝になっているでしょうね。



「花子とアン」の村岡花子と重なったので調べてみると
武井が明治27年、村岡花子が明治26年生まれでしたので
どこかで接点があったかも知れません。


武井の出身地長野県岡谷市には
イルフ美術館
があります。
コメント

新作バッグ

2014-08-01 | Weblog
新作更新しました。




実用的なたっぷり入るギャザーバッグ




籐の持ち手のふっくらバッグ









北欧ビンテージ布の斜めがけバッグ




バリエーション豊かな柄を揃えました。
ぜひチェックしてくださいね。




ネットショップ
iichi
Creema
でも販売しています。




暑くて暑くて無駄な外出は避けていますが見たい映画は避けることができません。

「her/世界でひとつの彼女」を見てきました。
ホアキン・フェニックスの恋愛ものが見たくて…
でも近未来のバーチャルな恋物語にあまり共感できませんでした。
スカーレット・ヨハンソンの声(声だけの出演)には魅了されましたが…
友人役のエイミー・アダムスもとても素敵でした。
コメント