後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
反対のご意見やコメントも歓迎します。

カトリック小金井教会のミサへ行きました

2017年07月16日 | 日記・エッセイ・コラム
毎週、日曜日は教会のミサに行きます。
今日は主任司祭のディン神父さまが軽井沢のある修道院での黙想会に行っていて留守です。代わりにイエズス会の竹内修一神父さまが司式して下さいました。助祭のディンさんが聖書を朗読しミサの進行をあれこれ助けていました。
カトリック小金井教会では毎日ミサがありますが、日曜日は午前10時から約1時間の主日のミサがあります。毎回、150人から180人の参加者がいます。
洗礼を受けていない人々も沢山参加していますし、見学だけの人もいます。教会では誰でも歓迎しています。
玄関でその日に使うパンフレットや聖歌集を受け取って自由に好きな席にお座り下さい。初めて出席する人でも美しい聖歌を楽しみ、気分良く時を過ごすことが出来ます。献金はしないで結構です。
是非、お気軽にご参加下さい。

教会の地図と交通の便は、https://www.koganei-catholic-church.com/%E5%B0%8F%E9%87%91%E4%BA%95%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/%E6%89%80%E5%9C%A8%E5%9C%B0-%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%A1%88%E5%86%85/ に出ています。

それでは今日のミサで撮った写真をお送りします。

1番目の写真は説教中のイエズス会の竹内修一神父様です。イエズス会と言えば1549年に初めて日本へキリスト教を伝えたザビエル神父さまが、ロヨラ神父さまと共にフランスで作った修道会です。

2番目の写真は聖書を朗読中のディン助祭さんです。ベトナムから来た方です。

3番目の写真は竹内神父さまとディン助祭さんがパンと葡萄酒の入った金の器を捧げ、祈っている場面です。祈るとパンと葡萄酒がイエスの体と血に聖変化するのです。

4番目の写真は竹内神父さまが信者一人一人にイエスの体と言ってパン片を手渡している場面です。

5番目の写真はディン助祭さんが会堂の右で信者一人一人にイエスの体と言ってパン片を手渡している場面です。ちなみにここに写っている子供を抱いた長身の外人さんはこの教会で数年前に結婚式を挙げた東欧の人です。赤ん坊が生れて、もうこんなに大きくなったのです。時の流れは速いものですね。彼の前に写っているのが日本人の奥さんです。

兎に角、教会のミサは気楽で心がやすまるので多くの人々が溢れるように出席しています。
今日はミサの風景をご紹介しました。
カトリック教会を検索すると皆様のお住まいの近所の教会を見つけることが出来ます。日曜のミサの時間は教会ごとに少し違いますから、ご出席の場合は確認なさって下さい。宗教というものは気軽にお付き合いするのが良いと思います。無理に洗礼を勧められたり、献金を要求されたら、それは悪い教会です。お付き合いは即刻やめましょう。長話になったのでこれで終わります。失礼しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の天皇制を考える(4)日... | トップ | 花のあれこれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL