大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・小人閑居・32015年11月15日『晴れたらいいね』

2015-11-15 11:54:23 | 日記
小人閑居・3
2015年11月15日『晴れたらいいね』
         

☆晴れたらいいね

 おとついの午後に振り始めた雨があがった。
 先々週に始めた散歩ができなくなっていた。
 多少雨が降っても、出かければいいのだけど、オッサンになってから身に着いてしまったグータラで、外に出ない。
 図書館で借りた最後の一冊が、残り100ページほどなので、一気に読んで、返しに行くことにする。
 三日も家の中に居ると、名目がないと出られない。

 読み終わったばかりの本は『晴れたらいいね』だ。なんか安物のテレビドラマみたいなシュチエーション。

 このブログを書き上げたら、出かけることにする。

☆パリの連続テロ

 昨日の午後は、ずっと本を読んでいたので、パリのテロに気づいたのは、うかつにも夕刊の見出し。
 犠牲になった人や遺族の方々のことを思うと、阪神大震災や東日本大震災とは異質な理不尽さを感じる。

 自然災害と違って、人間が引き起こしたことだからかもしれない。

 今朝の情報番組で、コメンテーターがこんなことを言っていた。
「テロをやる人間が悪いのであって、イスラムが悪いと思ってはいけない。これは政治が解決できる問題ではない。我々(市民)がイスラムとの対話を続けていかなければならない問題だ」
 MCも、他の出演者も、ウンウンと頷いていた。

 このコメンテーターは、なにも身のあることは言っていない。
 イスラムが敵でないのは、高校生でも分かる。
 9・11の直後、アメリカの大統領が「我々は、新しい十字軍を結成しなければならない!」と口を滑らせて、世界中から非難された。
 イスラムが敵ではないことは、世界中の常識である。

 政治で解決できず、イスラムとの対話が必要……すごい一般論。

 どういうことを対話するのか、対話を基にどう行動するのか。何一つ言っていない。
 政治では解決できない……まず、テロの危機から国民を守り、世界的な脅威に立ち向かうのは政府や政治のはず。
「政治では解決できない」という感受性は、わたし達より少し上の世代の思考法。
 七十前のオジサンがしたり顔で言うと、なんだか「そうなのか」と思ってしまうが、胡散臭いことは、物心ついてからの、この半世紀あまりで、よーく分かっている。

☆マジキチというカテゴライズ

 ツイッターで、某という青年が「あなたのことをマジキチとカテゴライズしました」と出ていた。
 なぜ、そんなことが出てくるのか、ネットに疎いわたしには分からない。
 しかし、出てきたことなので考えてみる。

 マジキチ=マジメデ、キチンとしている……という意味ではないであろう。

 どういうことから、こういうカテゴライズにしたかはツイッターの短さからは分からない。

 どうカテゴライズしようと、本人の自由ではある。
 ただ、カテゴライズというレッテル貼りをやると、人や事象をレッテルからしか観なくなるという大欠点がある。
 レッテル貼り……若いうちはやらないほうがいい。
 歳をとると、貼ったつもりもないのに、レッテルばかり貼ってしまうもの。そんなオジサン・オバサンをたくさん見てきた。

 カテゴライズ……かっこいい言い方だけど、それはレッテル貼りでしかない。と、思う。


『ノラ バーチャルからの旅立ち』ノラ バーチャルからの旅立ちクララ ハイジを待ちながら星に願いをすみれの花さくころの4編入り(税込1080円)
『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     (税込み799円=本体740円+税)
 ラノベの形を借りた高校演劇入門書! 転校生が苦難を乗り越えていっぱしの演劇部員になるまでをドラマにしました。店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説と戯曲集! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351


 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・小人閑居日記・22015年11月11日『リア充と引きこもり』

2015-11-11 11:30:26 | 日記
小人閑居日記・2
2015年11月11日『リア充と引きこもり』
         


☆どっちなんだろう

 いろいろ書き散らしているわりに、いまの言葉が分からない。
 とくにネット用語、ネットスラングというものが分からない。
 中二病、ネトウヨ、ヤンデレ、リア充……等々。
 ちょっと検索すれば分かるのだけれど、まあ、だいたいこんな意味かなあ……と読んで七割がたはあたっている。

 でも、リア充は分からなかった。シェークスピアの『リア王』のモジリで、なにか頑迷固陋な年寄り、又は精神的な年寄りが大変な目に遭うことかなと、ボンヤリ思っていた。

 リア充=趣味・仕事・人間関係など、実生活が充実していて、ネットやスマホなどに浸りきっていない生活や生活態度の者。

 ウィキペディアなどで検索すると、上のようなことが出てくる。
 字面で見てみると、いまのわたしは、完全にリア充ではない。

 終日パソコンの前に居て、めったに外出もせず、駄文ばかり書いいる。
 家族とコンビニやオネエサン、図書館の司書さん以外とは、もう半年も口を効いていない。
 足腰も萎えてきて、3000歩ほど歩いただけで肺も脚の筋肉も悲鳴を上げる。
 もうほとんど引きこもりで、リア充を目指さなければならないオッサンである。
 
 でも、頭のどこかで「ちがう」と感じている。

 その気になれば、今夜でも会って喋りまくれる友人は数名いる。
 ただ、その気にならないし、体力も無い……やっぱり、立派なひきこもりかな?

 あまり収入には結びつかないが、仕事はある。

 もう40年以上も芝居を書いている。五十代の半ばからは拙いながらも小説も書いている。
 趣味も読書がトップで、年間数百冊の本を読む。
 他にも両方の指ほど趣味があるが、書き並べただけでは「へんな奴~」と思われるので項をあらためて。

 とにかく、終日座卓の前に座っていても、リア充に引け目を感じるようなことはない。

 ここで、いろいろ調べてみる……「引きこもりではないと思っていても、生活の実態が(中略)そうであれば引きこもりである」というようなことが、あちこちの書かれている。

 世間の尺度で、自分を評価するのは業腹。
 ま、いわゆる「リア充」は、自分が「こうあれかし」と思っているものと隔たりがあると思う。

 足腰が弱っていくのだけが怖いので、日に1万歩を目標に散歩は続けていこう。

 筆が滑る前に、今日はこのへんで……。


『ノラ バーチャルからの旅立ち』ノラ バーチャルからの旅立ちクララ ハイジを待ちながら星に願いをすみれの花さくころの4編入り(税込1080円)
『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』     (税込み799円=本体740円+税)
 ラノベの形を借りた高校演劇入門書! 転校生が苦難を乗り越えていっぱしの演劇部員になるまでをドラマにしました。店頭では売切れはじめています。ネット通販で少し残っています。タイトルをコピーして検索してください。また、星雲書房に直接注文していただくのが確実かと思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』    
    

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説と戯曲集! 


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ラノベとして読んでアハハと笑い、ホロリと泣いて、気が付けば演劇部のマネジメントが身に付く! 著者、大橋むつおの高校演劇45年の経験からうまれた、分類不可能な新型高校演劇入門ノベルシリーズと戯曲!

 ネット通販ではアマゾン(完売)や楽天があります。青雲書房に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

 青雲書房直接お申し込みは、下記のお電話かウェブでどうぞ。送料無料。送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351



 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・小人閑居日記・1・2015年11月7日『気まぐれ事始め』

2015-11-07 10:07:22 | 日記
小人閑居日記・1
2015年11月7日『気まぐれ事始め』
         

☆ブログのカテゴリー

 わたしのブログのカテゴリーは30ほどある。
 そのほとんどが一杯であるが、日記のカテゴリーがスカスカなので、これも何かの因縁と、思い立って日記をつけてみることにする。

 気まぐれなので、いつまで続くか心もとないし、もとより毎日更新できるかも分からない。

☆ふくらはぎは第二の心臓

 55歳で早期退職して以来、ほとんど家に居る。
 たいがいの人は第二の人生ということやら、年金支給まで必要にせまられて、まだまだ通いの仕事をやっている。
 わたしは、かねがね退職したら本業と心得ている本書きに専念しようと、退職初日から原稿用紙、カミさんがパソコンを買ってくれてからは、終日座卓の上のパソコン相手に原稿ばかり書いている。

 座卓仙人と号しているが、小人閑居と正直なタイトルとしておく。

 気づくと半月ほども家から出ないこともある。ときおり芝居を観に行ったり、演劇の付き合いで外には出ていた。
 それも間遠になり、この半年は引きこもり同然に座卓の前に居る。
 いろいろ言い訳はあるが、結果的に足腰が弱ってきた。
 古新聞を古紙回収のために電柱一本分西に往復して息が上がった。

 で、心肺機能が落ちていると、最初は思った。

 散歩でもすれば心肺機能なんてすぐに戻ると、とりあえず駅前まで歩いてみた。歩数にして3000歩ほどになる。
 歩きはじめて100メートルも歩くと肺に違和感。なんというか、肺の皮が薄くなり空気を出し入れするだけで肺がささくれ立つような痛みが走る。
――これはアカンなあ――
 そう思ってスピードを落とす。レジ袋下げたオバチャンに追い越される。学校帰りの小学生に追い越される。忸怩(じくじ)たるものがあるが、まあ、リハビリ初日と観念。

 家に帰ってからショック!

 肺の違和感はすぐに治まり、これは二三日もすれば復調すると一安心。
 だが一晩寝て愕然。脚に力が入らない。
 はるかン十年前、冬の金剛山に登ってガクガクになって以来。しかも今回のガクガクは、ン十年前のように直ぐには回復しない、初日から五日目の今朝もふくらはぎと脛の前の筋肉が痛い。
 テレビの健康番組で「ふくらはぎは第二の心臓」と言っていた。
 お散歩を続ければ足腰はもとより心肺機能も戻るだろうと、がんばってみることにする。

☆ボキャ貧なので        

 がんばってみる……などと書いたが、がんばるは苦手。人にも言わないように心掛けてきた。
「がんばる」とか「がんばって」とか言うと、そこで思考が停止してしまう。

「がんばる」には具体性がない。

 なにを? いつ? どうやるか?ということが抜け落ちた言葉である。
 戦時中の「撃ちてし止まん」、若いころの「夜明けは近い」、直近の「戦争法案反対」と同じくらいに空疎。
 でも、言葉にしないと表現できないので、不本意ながら「がんばる」と書いておく。
 書いてみてボキャ貧を痛感。自分の言葉を増やさなければと思う。

☆とりあえず

 散歩の途中に楽しみを見つける……ことにする。
 近鉄線を渡ると、玉櫛川に出る。
 日本だったか、大阪だったかの「桜の名所百選」に選ばれるほどの桜の名所。
 むろん今は葉っぱも散った裸桜だけど、玉櫛川を抱くように両岸に植えられたのは圧巻、とりあえずこの玉櫛川付近のあれこれを楽しみに歩いてみることにする。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル『はるか 真田山学院高校演劇部物語』の始まり

2011-04-24 10:03:31 | 日記
高校ライトノベル 『はるか 真田山学院高校演劇部物語』の始まり

 昨年のコンクールで二十本ほどの芝居を見せていただきました。感想は二つです。
 ああ、一生懸命やっているなあ……という尊敬の気持ちです。先生方も校務で忙しい中、よく指導されていると、頭が下がりました。
生徒諸君は「けなげ」の一言につきます。先生やコーチの指示を一生懸命にこなそうとする姿勢。また、暗中模索しながら「ああ、自分らで考えたんやろなあ」と思われる工夫が随所に見られ、もし「敢闘賞」という賞があるなら、差し上げたいという学校がたくさんありました。

 僭越ですが、基本を外しているな、という学校が多かったこともたしかです。百の努力が舞台表現としては五十にもなっていません。
 何故でしょう? 野球には三要素があります。「走、攻、守」の三点です。このことはみなさんご存じですよね。いくら、球場の施設がよかったり、ユニホームがかっこよくて、選手がイケメンであってもこの「走、攻、守」ができていないチームは脱落せざるを得ません。

 演劇にも三要素があります「観客、戯曲、役者」の三つです。
 極論すれば、照明も、大道具、小道具、音響などは、全て無くてもいいのです。宇野重吉という役者さんが劇団民芸におられました。寺尾聡さんのお父さんです。生前、よくこうおっしゃっていました「劇場なんかいらんでしょう。その気になればお座敷でだって芝居はできますよ」
 
 島田省吾さんという新国劇の名優がいらっしゃいました。晩年は「シラノドベルジュラック」を翻案して一人芝居にされて、気軽にお座敷で一人芝居でおやりになっていました。イッセー尾形という役者さんがいらっしゃいます。ずっと一貫して一人芝居をやっておられます。道具はほとんど無し。明かりもつけっぱなしの地明かり。亡くなられたつかこうへいさんの芝居の多くも初期のころ道具はほとんどありませんでた。でもみなすごい人気でした。どうしてでしょう?
本(戯曲)と。役者がいいのです。観客は良い芝居には自然とついてきます。

 今の高校演劇は、ユニホームがよくてイケメンであるだけの野球選手のようなものです。戯曲と、役者が弱いと感じました。
 コンクールでたまげました。なんと道具の多いことか、大きいことか。中にはトラック二台で搬入された学校もありました。リハや本番で、スタッフの人たちが困っていました。照明も懲りすぎなところが多かったように思います。大事なリハを照明の調整だけで時間をとってしまっていました。道具を立てただけで「○○高校時間です」といわれていました。
 で、本と役者はどうか。一部の例外を除いて、ただ声が大きく、一発芸的な「芸」ができるだけです。
わたしは、芝居を観るとき、台詞をしゃべっていない役者を見ます。ぶっちゃけていうとリアクションができていません。怒る演技、笑う演技があったとすると、怒りや、笑いのポイントになるところで反応していません。バラバラの演技がいっぺんに舞台でおこなわれているだけす。

 そして、本が弱い。役の心情を人間の葛藤としてのドラマではなく、ただの説明に終わっています「わたしは、これこれで腹が立つんだ!」と、言ってしまっています。失礼ですがドラマの基本、「人の言動が、他者に影響し他者に葛藤を起こさせ、状況が変化し、それに向かって人間が行動変化する」ようにはできていません。

 今の高校演劇に必要なのは、この演劇の三要素、特に「戯曲、役者」に立ち戻ることではないかと思いました。

 そして、その基本。高校演劇入門を分かりやすく書き残しておく必要があると考え……というより、想いで書きました。
 昔のように堅苦しい本ではありません。個人的なブログです。四十四年高校演劇に関わってきたものとして、演劇の基本に立ち戻って欲しい想いで書きました。
『はるか 真田山学院高校演劇部物語』です。今までには無か った小説形式にしました。読みやすくするためでありますが、役者の成長は役者個人の成長と切り離せないからです。
「どうしたら、人の心に届く芝居ができるんだろう? エンタメでなくドラマをやりたい」と思っている諸君。また、高校演劇の作品のあり ように?と感じておられるOB、OG、先生方がいらっしゃいましたら、一度ブログを覗いてはいただけないでしょうか。
 駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

大橋むつお

コメント
この記事をはてなブックマークに追加