大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『85thアカデミー賞』

2013-02-26 17:15:13 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『85thアカデミー賞』


 これは悪友の映画評論家・滝川浩一が身内に流しているアカデミー評ですが、もったいないので、本人の了解を得て転載したものです


 なんともバラバラの受賞で選考の混乱が見て取れる授賞式でした。

 今年はユダヤテーマの作品が無かったので、ユダヤ贔屓をしようがなかったのだが、司会のセスが やたらと「お前はユダヤ人か」とか「ユダヤ人に逆らったらノミネートもされないぜ」とか言っていた。これは民族絡みと言うよりは政治絡み発言のようだ。今年のアカデミー賞は政治的な暗闘が 裏側で相当あったと思われる。
 それは“アルゴ”(作品賞・脚色賞・編集賞)“0dark30”(音響編集賞のみ)“リンカーン”(主演男優賞・美術賞)と言う結果と、作品賞プレゼンターに大統領夫人が起用された事に見て取れる。
 今回「アカデミー賞は俳優の投票に拠って決定される」と数回テロップが流れた。それなら“俳優協会賞”と大差ない結果になるはずながら微妙にノミネートのメンバーが違っている。 アカデミー賞の実質決定者は“ユダヤ系高齢白人”である(大物プロデューサー/配給会社)事に違いはなく、彼らが各派閥のボスとして君臨して差配している。司会のセスは、このピラミッドからは多少距離が有り、かつ「毒舌エンタティナー」でもあるので、今回のような司会が可能だった。しかも、ある程度毒舌を封じ(あれでも)、未来からカーク船長(カークはユダヤ人)が警告にやって来てセスの司会に忠告を与えるという形で中和している。 かなり裏でギリギリまで揉めたが、時間切れ手打ちになった様子が窺える。
 “0 dark 30”は「現実を反映していない」との批判が政治家からかなり出ていた。これの厄介な点は民主・共和双方から別々の視点から唱えられた点(賞賛も双方から出ている)で、これに対処出来なかったため、キャサリン・ビグローは監督賞にノミネートされなかった。“アルゴ”のベン・アフレックは、その煽りを食らって道連れになったのだと思う。但し、作品賞と一体になっている脚色賞・編集賞(アルゴ) 脚本賞・編集賞(0 dark 30)に各々ノミネートされている(w・ゴールドバーグは両作品共に編集している)事でバランスを取った。結果はご存知の通り“アルゴ”の完勝、wノミネートの脚色賞は“アルゴ”での受賞、脚本賞は“ジャンゴ”にとられた(未見なのでコメントしません)
 同じく微妙な政治テーマだが“0 dark30”はまだまだ生臭かったと言う事である。 この経緯からして、アカデミー協会内の「リベラル」vs「保守」の力関係は拮抗(本来「リベラル」が伝統的に強い)していると見て取れる。
 この点以外は監督賞と主演女優賞が全く違う個性のぶつかり合いで、これは混乱ではなく、まさしくデットヒートであったが、その他は順当な受賞と見える。 主演男優賞D・D・ルイス(リンカーン)は未見ながら雷のごとき評価 まるで“GOD”を見るごとき物があった。まぁ“リンカーン”“フライト”“ザ・マスター”未見なので これ以上コメント出来ません。
 助演男優賞 C・バルツも“ジャンゴ”を見るまで態度保留(名優だとは認めます) この人 3年で2回助演にノミネートされ2回とも受賞 しかもどちらもタランティーノの映画! こんな事も有るんですねェ。 監督賞も荒れたと見えるが準主要部門 その他の受賞数からして当然と言えるのではないだろうか。
 撮影賞と視覚効果賞が“ライフ オブ パイ”なのは大納得、ところが視覚製作の「リズム&ヒューズ社(他に ジャンゴ/ハンターゲーム)」は破産していたらしい。授賞式でのスピーチから救済されたようだが、海外の同類との価格競争は今後も不安材料として残る。“レ・ミッズ”の録音賞は撮影後のアフレコではなく同時録音という新技術による。スタジオ内に限らず、ロケシーンもそうだと言うから驚異的技術である。これで外部ロケシーンの長回しに革命が起こる。
  D・D・ルイスの3回の受賞は総て主演男優賞でおそらく今後破られる事はないだろう。破られるとすれば、ルイス自身が4回5回と伸ばして行く可能性だけである。プレゼンターのメリル・ストリープに「あなたのやるリンカーンが見たかった、私は変わりにサッチャーをやるよ」ってなスピーチはさすがってか このクラスにしか言えないジョークであります。
 ショーアップも毎度の事ながら素晴らしく(殊に“レ・ミッズ”キャスト総出の歌は圧巻だった。スカイフォールを歌ったアデル(歌曲賞)が グラミーでは女王然としていたのに、アカデミーでは勝手が違ったのか膝ガクガクだったですねぇ、緊張したんでしょう。 昨年のアメリカ映画は 1100億近くの興行成績(勿論$)でメジャー各社が制作現場に戻ってきている(資金調達がしやすくなった) 今後、お馬鹿作品も増えるが 良質な作品も作り易くなるという事で、いやぁめでたい!…と脳天気にチヤンチャンでござる〓


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『横道世之介』

2013-02-24 07:09:35 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『横道世之介』


 これは、悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に仲間内に流している映画評ですが、もったいないので、本人の了解を得て転載したものです


何なんでしょうねぇ~ この~ なんちゅうか「おったおった感」てのか 「有った有った感は……。

 ずっと微笑みながら見ていました。原作から受ける感覚とは違ってましたが…… 映画は原作をほぼトレースしています。世之介の母は 読んでいる時から余貴美子さんで、この人は問題無し……祥子ちゃんの吉高はちょっと違ったけど、彼女の“クルクル回る感じ”はぴったりでした。千春さんはイメージからすると もっとゴージャスなんですけど、伊藤歩も良かったぁ。 大体が、世之介が高良健吾じゃなかったんだけど、スクリーンの中での一年間 世之介は少しずつ、しかし 確実に成長していました。
 
 この物語は、世之介の大学一年生の一年間だけを描き、世之介の友人達が10数年後 ふっと世之介を思い出すエピソードがはさまれる。世之介はある事をきっかけにカメラマンになったらしい。そして ある事故で若くして亡くなる。書いてあるのはこれだけ。
 しかし、読者の胸の中には まだまだ何じゃかんじゃあった大学の後半やら、カメラマンに成ってからの奮闘やら……世之介がどんな人間に成っていったかがイメージとして刻まれている……ところが、映画の世之介が その後どうなったかについてイメージを結べない。思うに本作は監督/沖田修一の「横道世之介」なんだって事なんでしょうねぇ……その意味で、原作未読なら 先に映画を見る事をお薦めいたします。
 解っていただけると思いますが、決して映画をけなしている訳ではありません。むしろ良く出来た青春映画だと思います。ただ、私は原作を“青春小説”とは読まなかったので、ここにイメージのズレが出ているのだと思います。
 映画は映画で良く出来ているのだけれど原作から受けるイメージとはズレているという経験がたまにあります。同じ本に接して、そこに監督は私とは違う物を見たんですね…考えるまでもなく そんなのは当たり前なんですが、本作はそれだけでもないように見えました。
 監督は、役者がセリフを終えても あえて「カット!」と言わなかったそうで、当然カメラは回っていますから役者は芝居を続けざるを得ず、延々アドリブで演じたそうです。編集後 アドリブ部分の多くが残されたとの事。これが この映画に不思議なテイストを添えています。
 作品世界は 私からすれば一世代半後の大学生、まだまだ懐かしく共感も持てるのですが、今現在40代の観客にはまた違った感慨があるんじゃないかと思います。気持ちがホッコリとして 世界を抱きしめたくなる感覚は生きています。
 これを疲れた目で読んでいる人、なんだか面白くなくってくさっている方。見に行って癒やされて下さいませ。〓


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・らいと古典・わたしの徒然草73『多くは皆虚言なり』

2013-02-23 07:53:59 | エッセー
わたしの徒然草73
『多くは皆虚言なり』
    

徒然草 第七十三段

 世に語り伝ふる事、まことはあいなきにや、多くは皆虚言なり。
 あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、年月過ぎ、境も隔りぬれば、言ひたきままに語りなして、筆にも書き止めぬれば、やがて定まりぬ。道々の者の上手のいみじき事など、かたくななる人の、その道知らぬは、そぞろに、神の如くに言へども、道知れる人は、さらに、信も起さず。音に聞くと見る時とは、何事も変るものなり。


 この七十三段は、もう少し長いのだが、要点は最初の一行。
「世に語り伝ふる事、まことはあいなきにや、多くは皆虚言なり」につきる。
 意味はお分かりだろうと思うが、蛇足で訳すとこうなる。
「世の中に伝わる話は、真実ではおもしろくないので、たいていは嘘である」
 と、実も蓋もない。

 前世紀の終わり頃、イギリスだったかで、一夜のうちに麦畑が不思議な図形に踏み倒され、UFOのしわざだと、マスコミなどが騒いだ時期があった。犯人はUFOなどではなく、そこらあたりのアンチャンたちが、夜中に麦畑に進入し、踏み板で麦をでたらめに踏み倒したドッキリで、当の御本人たちが笑って種明かしをしていた。ネス湖のネッシーの写真もほとんどは、この伝である。懐かしいところでは『ノストラダムスの大予言』というのがあった。この世は千九百九十九年の七の月に滅ぶというもので、「恐怖の大王」が降臨するとかのオマケまでついていて、少年雑誌ではヒットラーが宇宙人の助けをを得て再来するというものまであった。

 最近では「地球温暖化」である。確かに、わたしの六十年になる人生の中では「子どもの頃はもっと寒かった」という感覚はある。しかし、たかが六十年である。人類の気象観測も十九世紀に始まり、その統計資料は二百年に満ちない。千九百六年から二千五年の世界平均気温の上昇は0・七四度に過ぎない。この0・七四度の上昇の原因も科学者は原因は分からないとしている。そして統計をとる段階で、この「原因は分からない」と答えた科学者の意見は、「地球は温暖化していないとは言えない」というややこしい分別をされ、結果的には、世界のほとんどの科学者が「地球は温暖化している。と言っている」ことになっているのであり。正確には「分からない」という意見がもっとも多いのである。
 問題は、その原因が人間が排出している二酸化炭素に原因があるとされ、京都議定書やCOP15(第15回気候変動枠組条約締約国会議)では、二酸化炭素の排出規制が述べられ、アメリカ、中国、インドなどが入らないまま、既定事実として扱われていることである。
 二千九年九月二十二日 鳩山由紀夫首相がニューヨークの国連本部 で開かれた国連気候変動サミットにおける演説内で温室効果ガス二十五%削減を発言したことは忘れた方も多いのではと思うが、日本はすでに二酸化炭素などの排出規制技術では先進国で、いわば絞りきった雑巾で、とても実現できるしろものではない。これが、単に鳩山元首相のタワゴトで済めばいいのだが、国際的な約束になる。で、ここで排出権の取引というきな臭い、うさん臭い話になる。つまり、日本が達成できなかったぶんを他国にお金を払ってもらい、その国が達成した分を日本の排出達成分とするわけである。
 こう言えば、お分かりいただけるだろうか。
「町内の景気が悪いのは、町に悪い気が充満しているからであって、その悪い気を町全体で減らそう。そのためにはお祀りをせねばならず、その費用は、それぞれの家の収入に比例させよう」ということが町内会で決議され、うかつに戸主が、その話にのったようなものである。

 もう一つはこれである。
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」
 お馴染みの日本国憲法の前文である。小学生のころからお題目のように繰り返し覚えさせられた。だからわたし達「戦争を知らない子供たち」は世界市民やコスモポリタニズムなどという言葉を神聖な誓文のように思い、「戦争反対」とにこやかに叫んでいれば、自由と平和は保証されるように思ってきた。この場合の「あいなき=おもしろくない」は、アメリカにとって、おもしろくないことであった。新憲法ができて数年後に、アメリカのおもしろいことは日本の再軍備になった(朝鮮戦争のころ)ので、日本の再軍備を要求してきた。そのころの政府首脳は、アメリカのおもしろいことに付き合うのはおもしろくないと利口に考え、乗らなかった。だから、その後の奇跡のような経済成長を成し遂げることができた。
 いわば方便であった憲法を、うまく利用してきたのである。もう、そろそろ世界のまことに気づき(世界は公正でもなければ真義にも厚くない)考えても良い時期ではないだろうか。

 最後は柔らかく。学校における女子の体操服と制服である。
昔は、制服のスカートは長く、体操服のアンダーはパンツと見まごうほどに短いブルマであった。普段スカート丈にうるさい体育の教師が、体育祭では女生徒の嫌がるブルマを強制していた。
最近は男女共通の膝丈のハーフパンツをもって体操服のアンダーとしているが、股下数センチのスカートには寛大である。
 しかし、女子にもおもしろい意見というか対策(虚言)がある。どうも見せパンというのがあって、万一観られても構わないものを身につけている者もいるようだが、スカートの中という点では同じ事で、わたしのように免疫のない世の男性には同じことである。
 この見せパンをオーバーパンツと言い換えると、なんだか健康的になる。でも、世の男性を刺激するという点では、なんら変わりはない。

「この国のカタチ」という耳ザワリの良い言葉がある。司馬遼太郎さんが考えた言葉であり、英語でThe National Polityと言えば進歩的なハイカラささえ感じる。しかし、日本語でいうと、たいていの人が引いてしまう。ナショナルポリティーとは国体のことである。
 ここまで言って国民体育大会を連想される方は、英和辞典をお引き願いたい。
 まことに、「まことはあいなきにや、多くは皆虚言なり」ではある。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『世界に一つのプレイブック』

2013-02-22 21:08:00 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『世界に一つのプレイブック』
    

 この映画評は、悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので、本人の了解を得て転載したものです


 こんの映画! 惚れちゃいました きゃ~~!

 原作は同名の小説、未読なので とりあえず脚本をベタベタに誉めます。こんな本を書ける奴は狂ってます。信じらんねぇ!
 監督も役者も……みんな最高だよ クソッタレ! 主人公パットは暴行で捕まり(語るも涙の理由有り) 司法取引で精神病院入り、8ヵ月で退院 母ちゃんが迎えに来ている。同じく患者だったダニーを同乗させてやると これが脱走だった。ダニーを返して 家に帰ると、オヤジは「聞いていない」と一悶着。
 確かに躁鬱のキツい症状ながら、タイミングが悪いってのが拍車をかけている。よくよく見てみるとオヤジは何かにつけて縁起を担ぐが……こりゃあ強迫神経症じゃない? おっ母ぁだって異様にビクついた表情してるし、昔ながらの変わりの無さで迎えてくれた近所の友人ロニーもストレスでノイローゼ気味……正常な奴など一人もいない。  
 あまりにもTPOをわきまえないので まぁ確かにちょっとオカシイんだけど……日本人の感覚からすれば 自分の主張をガンガン押してくる外人は 皆さん同じように思える。私の知り合いのアメリカ人がええ例で、今時珍しい「アメリカの正義」信奉者! 飲み会に来るたび「アメリカの正義」を振り回し 周りの日本人にボコボコにされる(本人曰わく、これが快感らしい……「変態やんけ」と指摘すると、いつもニンマリ笑いよる) まぁ、人の事は言えませんわ、私だって 人様の目からすれば ほんの些細な事で切れる事があるし、何故か 異様に並んで待たされるのが大嫌い。
 人間なんてな 他人の目からすれば どこかオカシイ部分を持っている。個性とか言うんじゃなくって、はっきり“狂気”を内包しているとは確信しています。
 こんなクイズをご存知でしょうか「止まっている時計と 1日1分だけ遅れる時計とでは どちらが正確な時計でしょうか」……答えは「止まっている時計→最低1日2回は正確な時間を指すから」
とはいえ止まった時計より1日1分だけ遅れる時計の方が使い道があるのは当たり前。
 要は使い方(自覚・抑制って事ってす)な訳です。
 なんでこんな事を持ち出すかってぇと、ロニーのカミサンの妹 ティファニーってのが登場します、彼女も夫を事故で亡くしてから少々ネジがブッ飛んでいる(元々エキセントリックな性格らしい) 躁鬱のパットと情緒不安定のティファニーの掛け合いがメチャ可笑しい。 双方勝手に自分の意見を主張しあうが、大きく食い違っている話が回転する間に“カチッと嵌る”時がある、それがまた絶妙のタイミングで嵌るから見ていてたまらん可笑しさを出している。この空気は 段々周囲に影響しだし、言うなれば バラバラな軌道で回っている惑星が あるタイミングで直列に並ぶような現象が起こる。思わず大笑いして……ハッと気付くと映画館中が笑っていたので一安心(時々一人だけ高笑いになるもんで)
 人間が正常である事ってのはどういう事なのかについては映画のラストが見事に語っているので言わぬが華、ご自分で確認して下さいませ。
 さて、キャストに触れておくとして、まずブラッドリー・クーパー(パット)とジェニファー・ローレンス(ティファニー)はベストカップル。監督は1シーンに数台のカメラを配して 表情を撮り落とさないようにしたらしいが感情(表情)の緩急が二人共見事に出ている。ロバート・デ・ニーロ(パパ)について、今更何も言う事はないが、今回 中肉中背の老人、その肉体コントロールには絶句する。とにかくトコトン超絶リアルとだけ申し上げておきます。ジャッキー・ウィーバー(ママ)の 周囲の状況でクルクル変わる表情も見事です。アカデミーの主演・助演4賞総てにノミネートされているのも大納得。 他ではダニー役の ちょっと太目のクリス・タッカーやクリフ医師アヌバム・カーなんてな人達も捨て難い。
 さぁ、ここで大問題!! アカデミーの発表が25日に迫っているのに、もう一方の雄“リンカーン”を見られないのが悩みの種、全く違うテーマの作品故、「0dark30」、「レ・ミッズ」と並べてどう判断するべきか 全く解らない。 これで 3月半ばには今年のアカデミーの総評を出せってんですから……無茶言わんとってくれってんです。
 ところで、パットが「武器よさらば」を読んでいて 「ヘミングウェイってのはとんでもない馬鹿作家だ!」と怒り心頭、ここも大笑い……タイミングもあるんですが、私もかつて全く同じように怒りましたもんでね……ん? て事は……やっぱり私もオカシイの?…〓


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・ライトエッセー『卒業ソング』

2013-02-22 17:00:50 | エッセー
ライトエッセー『卒業ソング』   


 今年(2013年)も卒業式のシーズンになってきた。

 四万校あまりの、小学校から大学まで、学校の数だけ卒業式が行われる。
 中には、卒業式とは言わずに、卒業証書授与式というところもある。

 ちょっとしっくりこない。

 わたしのいる大阪などは、公には、そういうが、みんな卒業式と言っている。

 卒業式で歌う歌を「卒業ソング」という。
 ちなみに検索してみると、以下のような歌がでてきた。

 〇贈る言葉         海援隊

 〇卒業写真         松任谷由実

 〇My Graduation       SPEED

 〇3月9日          レミオロメン
 
 
 〇道            EXILE

 〇桜の栞          AKB48

 〇Yell           いきものがかり

 〇旅ダチノウタ       AAA

 〇Best Friend        西野カナ

 〇振り向けば…       Janne Da Arc(ジャンヌダルク)

 〇桜の木になろう      AKB48

 〇10年桜          AKB48

 〇手紙 〜拝啓 十五の君へ〜 アンジェラ・アキ

 〇Best Friend        Kiroro

 〇遥か           GReeeeN(グリーン)

 ○卒業           斉藤由貴

 〇卒業           尾崎豊

 〇卒業-GRADUATION-     菊池桃子

 たいていの学校では、卒業生が候補曲をいくつか出して、投票で決めるケースがほとんどだろう。だから、240人の卒業生がいて、候補曲が7曲ほど出て、50人ほどの賛成で決まってしまうこともある。そう言う場合、残りの190人は不本意で、斉唱するときにも意気が上がらないこともある。
 中には、過半数がとれない場合、上位2曲から決選投票するところもあるようだが、結果は同じであると、わたしは考える。

 これらの卒業ソングの中には、定番と言っていい言葉がある……。

 桜 友 友だち 思い出 旅立ち 別れ 春 卒業 君 果てしない 道 喜び 懐かしい 涙 等々。

 逆に、ほとんど出てこない言葉がある……。

 師 教え 先生

 師に至っては、このエッセーを書くにあたり聞いた卒業ソングの中には出てこなかった。学校生活で、もっとも濃密な関係は、友だちと師としての先生である。その比重は甲乙が付けがたい。そうは思われないだろうか。
 わたしが小学生のころは、『仰げば尊し』と、在校生や先生、保護者、来賓の方々の『蛍の光』と決まっていた。今でも地方や、私学では、この二つの曲を大事にされているところがあるが、公立の学校ではほぼ絶滅してしまった。卒業ソングで検索しても、この伝統的な二曲は、ほとんど出てこなかった。
 昭和30年代までは、この二曲は定番であった。

『ビルマの竪琴』という映画がある。
 水島上等兵が、ビルマの僧侶になり、捕虜収容所の仲間たちのところに会いに行く有名なシーンがある。
「水島、水島じゃないか。いっしょに日本に帰ろう!」
 仲間達は、鉄条網の中から、水島に呼びかける。
 水島は、一言も語らず、竪琴で『仰げば尊し』を奏でる。それで全てが伝わる。水島は日本人であることさえ卒業して、戦争で亡くなった人たちの冥福を祈ることに、残った人生をかける。その想いと決意が、この曲を奏でることだけで通じる。
『二十四の瞳』の中でも、校庭での卒業式のシーンは、この『仰げば尊し』である。この曲は明治17年から歌われ、長年作者不詳となっていたが、『The Song Echo: A Collection of Copyright Songs, Duets, Trios, and Sacred Pieces, Suitable for Public Schools, Juvenile Classes, Seminaries, and the Home Circle.』の中にあるアメリカの楽曲の中にあるということを一橋大学の桜井雅人名誉教授が2011年に突き止められたそうであるが、まだ作者不詳と紹介しているものもある。
 いずれにしろ、これは日本軍国主義が作ったものではないことは確かである。
「仰げば尊し」と歌いだした、この曲はわたし達日本人が歴史の中で育んできた感性の発露であると思う。授業前の「起立・礼・着席」などに、その名残が残っている。また師を「先生」と呼ぶ言い方もそうでしょう。わたしは現職のころ心配したものである。「先生」という呼称が「教育士」などにならないかと。

 ここまで読んで、大橋というのは「なんというアナクロ!」と言われるかもしれない。師の恩とは何事かと。
 よく、命の大切さを教えるときに「人の命は山よりも重い」ということがある。これは、その「アナクロ」そのものであることに先生自体が気づいていない。この言葉の大元は司馬遷の報任少卿書の中にある。
「人の命は泰山より重く」からきている。そして、この言葉には下半分がある「鴻毛より軽し」
「人の命は泰山より重く、或いは鴻毛より軽し」になる。
 我々は、『君が代』を取り戻した。式典で起立斉唱しない教職員は、ほとんど皆無になってきた。そして皆無になったことを嘆く日本人もほとんどいない。
 
 もう、ナショナルスタンダードとして、『仰げば尊し』を思い出してもいいのではないだろうか。むろん、いわゆる卒業ソングは否定しない。Graduation ceremonyに続くプロム(舞踏会=パーティー)のようなところで大いにハジケればいい。アメリカでは、公の卒業式が終わった後、生徒達自身で企画して、こういうイベントをやる。型を決められた卒業式で、わずか数分意気の上がらない卒業ソングを歌うのではなく、自分たちで、自分たちのためのイベントを企画してはどうだろう。それとも、そんな自由も発想も、今の若者にはないのだろうか。スタンダードでトラディッショナルな卒業式は、きちんと受け継ぎ、自分たちがハジケルためのものは、自分たちでやればいいとオッサンは思います。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店・アマゾン・楽天などへ。現在ネット書店は在庫切れ、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ読書感想『64 ロクヨン』

2013-02-20 07:50:47 | 読書感想
タキさんの押しつけ読書感想
『64 ロクヨン』文藝春秋・横山秀夫
    


 これは、悪友の映画評論家・滝川浩一が個人的に身内に流している読書感想ですが、もったいないので、本人の了解を得て転載したものです。



 長い事かかったなぁ~ 別に何冊も同時読みしていた訳でもなく…まぁ、時間があんまり無かったんですが……要するに、初めあんまり乗って来なかったんですわ。
 この作家、結構ベストセラー作家だし、「このミス大賞」だし、「極めつけ警察小説」とかコピーが付いているので まぁ 二日も有りゃあ読んでしまうだろうと読み出すと……なんとまぁ、まるで退屈な私小説なんだよなぁ。それでも どこかで大ドンデン返しが有るんだろうと思いきや……ツータラツータラ 日常が続いて行く。 元刑事が なんの因果か警務部広報に回される、刑事と警務の中が悪いのは 警察小説ではお約束、本店・支店(キャリア対ノンキャリア)がいがみ合うのと同じ……。
 主人公は、着いた以上は広報官を務めるつもりながら、心の底には“刑事魂”が燃えている。何か有ったらケツまくるつもりが実はそうはいかない事情がある。 彼自身は鬼瓦のごとき面構えで カミサンは美人、娘がいるが なんの因果かオヤジに似た。彼女はそれが嫌で……まぁそれが元で家出して帰って来ない。そこは察官、伏せた形ではあるが日本全国に捜索の網が広がっている。ところがこれが一向に見つからない、だから手配はずっと継続されているので この恩義から金縛りになっている。
 時効寸前の誘拐殺人絡みでややこしい下仕込みを命じられ、折から事件の被害者の実名を公開するしないなんてな事で記者クラブと揉めている。上司は阿呆のくせに肝心の情報を明かさない、上司の腰巾着は何やら蠢いている。刑事は端から敵対視して何も言わない。
 なんて事ぁない、言うなれば中間管理職の悲哀じゃないかい。てな話がちんたら延々と続く。
 いかに進まんと言えど、ページ数は消化され、とうとう残り30頁余り、はぁ~このまま終わるんかい。  と、諦め気分で読んでいると……新たな誘拐事件発生! アホな……そんなご都合展開が有るかいな……ところがギッチョン! ここから一気に急展開! 何もかもがビタッと嵌って立派に警察ミステリーに成っちまうからアッチョンブリケ!
いやあ、やられた!メッチャ面白い、この落ちは“極大射程”のラストのカタルシスに繋がる!なぁるほどねぇ。一読オススメ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『DIEHARD/0DARK30』

2013-02-16 10:42:19 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『DIEHARD/0DARK30』




《ダイハード》
 ハイハイ~☆! アクション大サービス!てんこ盛りメガスピードォォォ~!
 はぁ~~ぁぁぁ~@&#ここまで落ちるかぁ? 冒頭はええんですわ、ネタ振りも巧い、展開は想像付くものの「どないなんねん!?」と期待させる。
 たちまち始まる銃撃戦とカーチェイスゥ~ぱんぱん!(張りセンで演台を叩く音) ところが、この辺からおかしくなってくる。このカーチェイス、明らかにやり過ぎ。ここまでやったら、事件に関係ないドライバーが一体何人死んだ事やら……どれだけ派手なカークラッシュでも お約束で「ドライバーは死んでまっしぇ~ん」ってえフリがあるはず(一部のSFや皆殺しアクションを除いて)なのに……本作にそんな気遣い一切無し!ええ~!!そんなムチャなぁ。
 ロシアにいるからって、マクレーンは始めっから「殺す殺す」と連呼し過ぎ。冷戦時代のソ連にいてるんかい! 後はもう撃って撃って撃ちまくるぅ~ぱんぱん! これじゃまるっきり銭のかかったB級アクションじゃんかいさ。
 上映時間もシリーズ最短、ダイハードも地に落ちた。アクションさえあればO.K.な方には華丸オススメ!!

《ゼロ・ダーク・サーティ》
 始めっからズ~~ッと緊張しっぱなし。
 キャサリン・ビグローは凄い! 脚本家の名前を見て 二度ビックリ! この男、前作「ハート・ロッカー」で自分のルポをビグローにパクられたと訴訟までしたマーク・ポールやおまへんかいな、いつの間にか手打ち済んどる。
 しかし、この人の取材力たるや 物凄いでんなぁ。 さて、この映画の絶対評価は「どこまでホンマなのか?」って所と 「現政権との関係は?」の二点の分析を正解にしないといけないのですが……現時点では不明点が多すぎて解らないってのが正直な感想です。トム・クランシーは何とコメントするんでしょうぇ。  以下、解る範囲で分析しますが 間違っていたら後日訂正とさせて下さい。
 さて、ビン・ラディンを追い詰めたCIAチームのトップが女性であったというのはどうやら真実らしい。 映画ではマヤ(実際のシールズ隊員がジェンと呼んでいたエージェント)と名乗っている。勿論本人にインタビュー出来た訳じゃない筈、傍証・データを元に作り上げたキャラクターですが、この難役をジェシカ・チャスティンが実にリアルに作り上げています。アカデミー主演女優賞ノミネートは異論なく納得。この人の苦闘の日々が大黒柱、こいつが揺らぐと映画の意味が雲散霧消してしまう。 冒頭に出てくる アルカイダメンバーに加えられる拷問シーンが問題になっているようですが、これが戦争のリアルってもんです。単に痛めつけるだけでなく、暴行の緩急の付け方に本物の迫力が有ります。この部分は実話なんだと感じました。その意味で 相当怖い作品です。気の弱い方、左翼、にはオススメしません。現オバマ政権との関係でいくと、アルグレイブ軍刑務所の内情がバレて批判に曝され 彼がこれを選挙に最大限利用したのはまだ覚えている人も多いと思います。
 彼は戦事捕虜の保護とCIAヒューミント縮小に務め、自国兵士の保護もあって 兵士を送り込むより無人機による空爆に切り替えた……結果、誤爆が増えたのだが それは隠されている。映画の中身にもオバマに変わった為の影響と見られる混乱が描かれているが、さすがに露骨に政権批判を口にはしない。さすがのオバマもビン・ラディン確保(生死に関わらず)作戦は認めざるを得なかった。作戦実施の為に、まず、CIA長官(当然オバマ側の人間)を説得しなければならないわけだが、この長官の描き方に悪意を感じる。
 今日 知り合いのアメリカ人に確認した所、この長官の描き方は正確なのだそうである。この作戦の結果は世界中が知っているように大成功だった訳で、ひとり帰国の途につくマヤの両目から涙が流れる。色々に解釈出来る涙だが これをどう受け止めるかで映画の意味も大きく変わる。
 本作は 批評家からは高評価を受けながらもアカデミーからは嫌われたようで、アルゴのB・アフレックと共にビグローも監督賞からは除外された。アカデミー会員のユダヤ系高齢者白人という括りは変わらないながら政治的にリベラル(要するに左翼)勢力が優勢であるのは確かなようだ。映画は その点にある程度の配慮がされており、その為 作品の旗幟が解りにくい。宣伝コピーにあるように「使命か、執念か」なんてな狭い見方をすると見落としてしまう。なかなか、手強い作品ではあるが見応えはタップリある。自信を持ってオススメしたい。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・らいと古典・わたしの徒然草・72『賤しげなる物』

2013-02-15 11:03:35 | エッセー
わたしの徒然草72
『賤しげなる物』
    

徒然草 第七十二段

 賤しげなる物、居たるあたりに調度の多き。硯に筆の多き。持仏堂に仏の多き。前栽に石・草木の多き。家の内に子孫の多き。人にあひて詞の多き。願文に作善多く書き載せたる。
 多くて見苦しからぬは、文車の文。塵塚の塵。


 徒然草は、清少納言の枕草子を意識していると時に言われるが、この七十二段などは枕草子のスタイルそのものである。清少納言も四百年の後のオッサンのエッセーのモチーフになるとは思わなかっただろう。しかし鴨長明と並んで日本三大随筆になるんだから、やはり兼好というオッチャンは偉い!
 わたしも時々AKB48のタイトルや、歌詞をモチーフに小話を書くが、やっぱグレードがちがう。
 この『わたしの徒然草』は兼好のオッチャンが十四世紀にものしたもののモジリである。
 ちなみに「わたしの徒然草」で検索すると二百六十万件も出てくる。兼好のオッチャンにあやかっている人はかなりおられるようである。ちなみに、わたしの『わたしの徒然草』は第九位……いささか前フリが長い。

 正直、この段を読むと、わたし自身のことを「賤しげなる者」と非難されているような気がする。原文は「賤しげなる物」で「者」ではなく「物」であり、状態を賤しげであると言っているに過ぎず、人格である「者」を否定しているわけではない。

 ガラクタが多いのはいかんと兼好のオッチャンは言い切る。同じことをカミサンも言う。
 カミサンは物離れのいいたちで、暇さえあれば家の中を片づけ、捨てている。テレビが地デジになったとき、カミサンは家中のアナログテレビを「捨てる!」と宣言した。わたしは「もったいない、モニターとしては、まだ使える」と主張した。で、その場は収まったが、折に触れて「捨てろ!」と言われる。あるとき「なに言うてんねん、これなんかテレビデオやねんぞ。これ捨てたらビデオが観られんようになる」と抗弁した。

「ほんなら、溜まったビデオごと捨ててしまい!」

 やぶ蛇であった。カミサンはとうに数百本のビデオを惜しげもなく捨てていた。テレビデオごときものを捨てるのになんの躊躇もない。
 で、わたしは、このビデオを鑑賞しているのかと言えば、もう二十年以上観ていないものばかりである。
「三年間、一度も使わなければ、それは不要品である」
 という理屈があるらしい。このデンでいくと、わたしの持ち物の九十パーセントは不要品である。十二台もあるゲーム機、と、それに見合ったゲームソフトやゲーム小物、十一領のヨロイ、二百あまりのプラモデル、劇団をやっていた頃の衣装、小道具、数千冊の本……書き出してみると、カミサンの小言もむべなるかなではある。

 解せないのは子孫(こまご)の多さである。
 兼好のオッチャンの時代は子孫が多くて当たり前の時代である。あらゆることに平衡感覚に秀でた人ではあるが、この段のこの部分は、やや異様である。ひょっとしたら、兼好のオッチャンが生涯独身であったことと関係しているのかもしれない。

 人にあひて詞の多き……巧言令色少なし仁である。
 これは、少し耳が痛い。現職中は「男のオバサン」と言われるぐらい喋る男であった。
 人を相手にする仕事をしていたので、相手が単数であれ複数であれ、その場の空気を読んで、会話に間が開かないように気をつかい、時に「気をつかうレベルを超えて」喋ってしまう。
 ただ、これだけは言える。場の空気や人の気持ちに心を配り話ができる人は極めて少ない。わたしの浅い経験則であるが、職場での地位の高い人間ほど、その傾向が強い。もう還暦が目前であるが、そういう地位の人は、もともとそうであったのか、地位がそうさせてしまったのか見極めがつかない。おそらくは複合的な問題ではあるのだろうけど、幾人かの首長さんや、首相に顕著に「人にあひて詞の多き」人がいる。地位が高いぶん、社会的な影響力、もっと直裁に言えば害毒のある人々で、歴史用語ではデマゴーグという。
 逆に、話の名手がいる。むろん面識はないが、司馬遼太郎・小松左京・桂米朝のお三方で、企んだわけではないが、お三方とも大阪の人間である。歴史的には吉田松陰・羽柴と名乗っていたころまでの秀吉などがこれにあたる。
 わたしの少し上の全共闘世代もよく喋った人々であったが、戦時中の軍人のよう雄弁であるが、エキセントリックでもあった。酒性度や揮発性の高い言葉を使い、よく自分自身の言葉に酩酊していた。
 今でも、こと言葉や会話について、自分は発展途上人であると思っている。

 多くて見苦しからぬは、文車の文。塵塚の塵。
 前半は、よく分かる。わたしなどは、図書館や書店に並んでいる本を見ているだけで心が豊かになっていくような気がする。気がするだけであって、大方は錯覚である。その錯覚が、わたしの本棚の大半を占めていて、最近、自分の本棚に限っては自己嫌悪の対象になり果てている。
 後半の塵塚の塵は分かりにくいかもしれない。
 日本は、前世紀までは、あちこちにゴミの不法投棄があった。子どもの頃は、不法投棄されたゴミは宝の山で、怪しげなものを拾ってきては親に叱られたもので、ある時などは不法投棄されたバッテリーを分解して、中の硫酸でやけどをしたこともあった。
 大人になってからは、不法投棄は宝の山ではなくなった。幹線沿いに廃棄された自動車、産業廃棄物などなど不穏でさえあった。そんな中、指定された日に指定された様式で塵塚に集積されている様は見苦しからぬ様である。


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店などでお取り寄せいただくか、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『脳男』

2013-02-10 11:07:31 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『脳男』


 これは、悪友の映画評論家・滝川浩一が身内に流している映画評ですが、もったいないので、本人の了解を得て転載したものです。


 微妙~にバランスを保ってました。

 ストーリーのリアリズム、オーバー過ぎない狂気の表現、世界の正常さを担保する医師と刑事……と コマは揃っている。
 まず、松雪泰子……下手とは言わない、これは100%彼女の責任じゃないかもしれないが、毎度お馴染みの泰子さん。似たような役がこの所続いている。このまま行くと、ほんまにこれしか出来なくなりまっせ。
 江口っちゃん…なかなか好演ながら、久し振りの癖が出ている。なにも江口に限らないが、こういう役が回ってくると殆どみんな松田優作に成ってしまう。しかし、どうしても優作を超えられない。その優作からして原田芳雄にあがれて、越えようとして足掻いて足掻いて、一時勘違いの泥沼に落ちて、這い上がって またもがいて…結局超えられなかった。原田芳雄恐るべしであります。
 生田斗真は褒められてしかるべし、異常者の演技ってのは半分以上メイクで作れるが、後半の正常者として覚醒したのか 元々スイッチの切り替えが出来るのか…この微妙さを上手く表現、しかもあまりメイクには頼っていない。
 この意味で染谷将太の演技も怖い。染谷と「ヒミズ」以来のコンビ、二階堂ふみは堂々たる狂気の人。
 テレビ特番ではない、確かに映画として成立しているのだが、だから安心して見ていたのだが……ここまで積み上げておきながら、本の失敗なのか監督の不手際なのか、なんたることをサンタルチ~ア。 生田斗真のキャラクターは感情と痛覚を持たない。だからといって、人間 スーパーマンに成れる訳じゃない。許容量以上のショックを受ければ身体は動かない。例えゾンビであろうが足が折れたら立ち上がれない。キャラ設定として超えちゃいけない一線って奴があるのだが……越えちゃいましたねぇ~軽々しく 嗚呼。せっかくのラストシークェンスの入り口で、この後江口最大の見せ場が……染谷の重要シーンも控えているのに、なにより生田の正念場が…なんもかんもぶち壊し! なんて勿体無い。
 せっかく積み上げてきたのに、たった一つの嘘で全てオジャンであります。アクションの作り方一カ所でカバー出来るのに……誰も気付かなかったんでしょうか。
 さて、この私がこだわっているミスがおわかりいただける否か……これは、見ていただくしかない…あれ?

『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店・アマゾン・楽天などへ。現在ネット書店は在庫切れ、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『ムーンライズキングダム』

2013-02-08 18:17:21 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『ムーンライズキングダム』


これは、悪友の映画評論家・滝川浩一が、個人的に流している映画評ですが、もったいないので本人の了解を得て転載したものです。


 いつ頃から無くなったんでしょうね。
 
 私の場合は“フレンズ”でした。次の世代が“小さな恋のメロディー”“ラ・ボエーム”と続いて行く。
「僕たち 愛し合ってます。だから、一緒にいます」悲劇もあれば ハッピーエンドもあった。リアリティなんぞ知った事か、子供だからどうした、大人の理屈なんか知らないよ~。
 ウェス・アンダーソンって監督は不思議な人です。12歳のカップルの愛の逃避行(?????) バックの風景は夢を切り取って貼り付けたみたい……なのに、皮一枚 現実に繋がっている。
 本来、アニメでやらなければ陳腐に堕するストーリー、これを しっかり実写でありながらリアルな現実に収めているのはカップルの周りの大人達……B・ウィルス、E・ノートン、F・マクドーマンド~~~彼らが刹那に見せる人生の哀感がファンタジーとリアルに橋渡ししている。 画面(エヅラ)がまるでノーマン・ロックウェルのイラストさながらなのも 本作のムードに一役かっている。
 もう一つは“大人は判ってくれない”に繋がる世界観……勿論 トリュフォーとは別次元なタッチではる。ファンタジーの魔術を借りながら、大人に一歩手前の子供の心情をそのまま汲み上げる。自分もいつか夢見てわすれている物語。 ポールとミシェルの物語に こんな落ちが付いていたら……感傷に過ぎる?
 見終わって、そこにたどり着きさえすれば願いが叶う“月のぼる王国”が あなたにも見えるかもしれないですぞ。オススメ!


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店・アマゾン・楽天などへ。現在ネット書店は在庫切れ、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・タキさんの押しつけ映画評『ベルセルク完結/アウトロー』

2013-02-02 07:53:33 | 映画評
タキさんの押しつけ映画評
『ベルセルク完結/アウトロー』


これは、悪友の映画評論家の滝川浩一が個人的に身内に流している映画評ですが、もったいないので、本人の了解を得転載したものです。


『ベルセルク黄金時代篇Ⅲ 降臨』
 とうとうこの日が来ちまいましたねぇ。
 本作は三浦健太郎原作、隔週刊アニマル掲載漫画のアニメです。 内容は、中世ヨーロッパをイメージしている世界で“剣と呪い”の物語を紡いだもの。原作の時系列は後先になっているが、本作はこの物語の起点にあたる。
 大剣の傭兵ガッツと鷹の団を率いるグリフィスは運命の出会いを果たし、戦場を駆け抜ける。やがてガッツは鷹の団と別れ我が道を行くが、ガッツを失ったグリフィスはその心の空白を埋めようとしてミッドランドの姫に手を出し、反逆者として捕らえられる。
 団も国王から的にかけられ、1年余り 逃亡しながらグリフィスの消息を追っていた。  ある日、グリフィスの捕らわれ先が解り、ガッツも戻ってグリフィスを救出するが……彼は拷問の末、廃人と化していた。
 全てをあきらめ、死を選ぼうとするグリフィスの手に、無くした筈のベヘリットが戻り、呪われた“蝕”が口を開ける。
 4柱の黒き死の天使が降臨し、グリフィスの嘗ての望みをリフレインさせ“傷ついてなお、望み潰えぬなら…捧げよ”と囁く…グリフィスを案じて追って来た ガッツ以下鷹の団の全てを見ながら、グリフィスは呟いてしまう“捧げる…”と。
 地獄絵図が始まり、隊員達は皆 使徒共の餌食となり、ガッツの子を孕んでいたキャスカはガッツの目の前で グリフィスから再生した第5の黒き天使フェムトに陵辱される。
 絶対絶命の地獄に髑髏の騎士が現れ二人は救われるのだが………。
 といったストーリー。 原作は 現在37巻、以前は年間2冊出ていたのだが、去年は1冊だけ。アシスタントを使わず1人製作のうえ、この映画に関わっているので本編が全く進まない。原作では新たな展開にさしかかっているので ファンとしてはイライラしながら待っている。
 さて、映画の内容だが、本ストーリーは以前(10数年前)深夜枠テレビアニメとして放送されている。前2作が90分、本作が2時間だから 総5時間になるが 駆け足の感は否めない。殊に本作はブッ飛ばしている。作画は丁寧で迫力があるが、ファン・マニア以外は ディスクが3枚揃ってからまとめてレンタルすれば良いだろう。
 どうやら 続編は決定しているようである。大部サーガのどの部分が作られるのかは判らないが、そちらの方が楽しみ! 1日も早い公開が待たれるが、その前に 原作の継続も頼みます。ホンマにホンマに頼みます!!
 風邪気味なので薬を飲んで 見ている。もう、眠いのなんの、もう一本 寝ないで見られるかなぁ? ……と思っていたら やっぱり40%方気を失っとったです。粗方は解ったけど、これで書くわけにいかず。さりとて明日復活の保証もなし……仕方ないんでもう一回見て 今帰宅、ほぼ10時ですわ〓〓〓

『アウトロー』
 本作は“ジャック・リーチャー”という原題で、原作はすでに17巻刊行されており、リー・チャイルドというイギリス人の手になるミステリー……。
 なるほど、それで謎解きのセオリーがホームズ風なんだ。派手なカーアクションや格闘シーンばかりをCMで流しているから、そういう作品かいと思ってしまうが あにはからんやさにあらず、本格推理物映画である。
 こいつは配給元の常套手段“騙し、誤魔化し、詐欺”の類である。しかし、とはいえ全く無い訳でもない、しかも本物である事を追求している。格闘、銃扱い、カースタント総て実際のテクニック その点 嘘偽りは無い。ただ、それがどれだけ訴求力を持ったかってぇと少々お寒い、笑いも盛り込まれてはいるがイギリス風ギャグ、エスプリは効いているが 爆笑には今一歩。 おそらく、アメリカでのCMも同じように組まれたのだろう、失望の口コミが広がり3週間で6位から一気に圏外転落、興行収入も6000万$と振るわない。この程度だと続編は辛いところ。良く出来てはいるが なんか食い足りない、最近のトム・クルーズ作品の典型みたいなもの。 手放しで薦めはしませんが、レアなファンはつきそうですなぁ


『まどか 乃木坂学院高校演劇部物語』        

 青雲書房より発売中。大橋むつおの最新小説! 

お申込は、最寄書店・アマゾン・楽天などへ。現在ネット書店は在庫切れ、下記の出版社に直接ご連絡いただくのが、一番早いようです。ネット通販ではプレミア価格の中古しか出回っていません。青雲に直接ご注文頂ければ下記の定価でお求めいただけます。

青雲書房直接お申し込みは、定価本体1200円+税=1260円。送料無料。
送金は着荷後、同封の〒振替え用紙をご利用ください。

大橋むつお戯曲集『わたし 今日から魔女!?』
 高校演劇に適した少人数戯曲集です。神奈川など関東の高校で人気があります。
 60分劇5編入り 定価1365円(本体1300円+税)送料無料。

お申込の際は住所・お名前・電話番号をお忘れなく。

青雲書房。 mail:seiun39@k5.dion.ne.jp ℡:03-6677-4351
コメント
この記事をはてなブックマークに追加