……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

信州・夏の志賀高原、木戸池へ!!

2012年08月31日 | ブログ

  今日で、暑かった 8 月も終わりです。 まあ、同じ信州でも、私の住んでいる所は、北信地方に位置しますので、日中は 30 ℃超えで暑いのですが、朝夕は大分過ごし易くなってきています。 尤も、今朝もセミの鳴き声が、直ぐ近くの庭の木から聞こえていて、まだまだ、こんな調子が続くのかナァ~!! と感じてはいますが、どうなんでしょうかね??

  

  で、連日の暑さと、仕事の忙しさの両方のタイミングが重なってくれて、なかなか、じっくりと外へブログ用の写真を撮りに行っている時間が持てません。 そんなんで、今日も、先般、志賀高原へ行った時に寄って来ました、「木戸池」 と云うところの話しで恐縮ですが、それを続けさせていただきます。

-

photo  1

20120826i

-

photo  2

20120826j

  

  先般の、「ミス志賀高原コンテスト」会場の、蓮池(はすいけ)から車で約 10 分くらいでしょうか、「志賀草津高原ルート」方面に向かって行きました。 勿論、カーブの山道です。

  

  この志賀高原には、いくつもの池が点在していまして、「琵琶池」、「丸池」、「蓮池」、「長池」、「三角池」、「大沼池」、そしてこの「木戸池」とあるようです。

  

  写真でもお分かりいただけるように、池にはボートも浮かべられるようになっていますが、生憎、この時はそれらしい風景は見られませんでした。 木戸池の看板入れ込み、そして池とボートの写真をイメージしながら来たのですが、当てが外れてしまいました。

  

  おまけに、撮影ポイントの場所には、車が何台も駐車されていて、仕方なく、看板と池の 2 カットに分けた次第です。 まあ、こんな時もあるもんです。

-

photo  3

20120826k_2

  

  こちらが、木戸池の全景になるのですが、本来は、正面の向こう岸から逆方向に撮りますと、ここにあります、「木戸池温泉ホテル」の建物も一緒に構図の中に入ってきます。

  

  で、丁度、お昼まわった頃の時間帯でしたので、ライダーの皆さんは、その木戸池温泉ホテルで昼食休憩だと思うのですが、カッコ良い、バイクが何台も並んで駐車されていました。

-

photo  4

20120826l

  

  お盆の 15 日(水)の白馬行きや、今回のこの志賀高原行きをみましても、バイク・ツーリングの列に結構すれ違うことが頻繁にありました。  山道ツーリングには、風を切って走行出来て、丁度いい季節なんでしょうね。

     

    

     大型バイクを、本当に見掛けるようになりました!!!

        

     ライダーさんは、中高年の皆さんなんでしょうね!!!

-

-

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第 46 回志賀高原大蛇祭り‥‥‥!!

2012年08月29日 | イベント・コンサート

  今日も、暑さのため、クーラーを午前中からフル回転でした。  8 月も残り僅(わず)かですのに、異常な気象状況になっているようです。 これじゃ~ 5 年後、10 年後どんな事に成って行くのか、心配してもしょうがない ‥‥‥‥ のですかね。 

  

  で、今日は、一昨日の続編のようなもので、 「志賀高原大蛇祭り」 と表題はなっていますが、 24 日(金)~ 26 日(日)に行なわれました、「大蛇入魂祭」や「大蛇本祭り」の写真を撮っていないので申し訳ないのですが、それに関連したお話しを致します。

  -

photo  1

20120826m

-

photo  2

20120826e

  

  私が、先日 26 日、この志賀高原・蓮池(はすいけ)前に到着した時には、ステージ上では、写真 1 の獅子舞いが行なわれていました。 写真 1 の四画面の右上の写真の獅子の下には、真田家の家紋、六文銭が入っており、地元・松代真田家か、上田真田家か、何か関係しているのかナ?? と感じました。

  

  また、何かの文献で調べて見るか、ご存知な方にお聞きしてみようと思いました。 で、写真 2 がイベント会場側にあります蓮池です。 もっとも、この志賀高原・大蛇祭りのスタートでもある、「大蛇入魂祭」は、この蓮池からは、奥へ上がって行った、「大沼池」で行なわれているようですが、私も、実際には見たことがありません。 

  

  志賀高原の観光パンフレットで見る限りは、エメラルド・グリーンに輝く神秘的な大沼池に、木船に乗った大蛇が現われる‥‥‥、そういった感じでしょうか??  ですから、大蛇祭りを大声で語る資格はないのですが、ご愛嬌と云うことで、ご了承いただければと存じます。

  -

photo  3

20120826g

-

photo  4

20120826h

  

  こちらは、昨年の 3 月に廃線になったとお聞きしましたが、 かつては、ここ蓮池駅と発哺(ほっぽ)温泉駅を結んでいましたロープウェイ・ゴンドラの今現在の様子です。

  

  写真 4 の正面奥までの、約 1.5 Km の距離を、 8 分前後で運行していたようです。 このロープウェイは、高低差が 100 m あると云われ、先般も、白馬岩岳ゆり園のゴンドラに乗った時にも記事にさせていただきましたが、私もビデオ撮影の仕事で、過去に一度だけ、この蓮池ロープウェイに乗ったことがありました。

  

  その時は、もう、怖くて、下の谷底は見ることが全く出来ませんでした。 ホントに生きた心地がしないとは、このことを言うのだと思いました。 高所平気症の方が羨ましい限りです。 また、飛行機や船もダメですので、平気な方は尊敬に値します。

   

  

  私も、この他に、過去に、こういったゴンドラやリフトには、某スキー場の CM 撮りで、スキー・リフトに乗ったくらいでした。 ですから三度は経験した事になります。 でも、同じようなリフトに乗っても、冬は、眼下に雪が沢山積もっているからと、万一落ちても、雪がある程度のクッションになってくれそうな感覚でした。 でも、やはり‥‥、怖さがしみ付いています。

    

   

    でも今後は、もう二度と、こういったゴンドラやリフトには

     

    

     乗らないでしょう‥‥‥!!!  言い切れます!!!

-

-

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第 46 回ミス志賀高原コンテスト 2012 へ‥‥‥!!

2012年08月27日 | イベント・コンサート

  連日、真夏日が続いていますが、昨日 26 日(日)、  「涼」 を求めて、お盆以来、 11 日振りに休みを取り、二十数年振りの 「ミス志賀高原コンテスト」 を見に行って来ました。 

  

  長野インターから上信越道を中野インターへ、その後は、ほぼ一直線で道なりの進行です。 オリンピック道路ですので、本当に良い道になりました。 山道も、登坂車線も所々整備されており、順調に上って行けました。 約 1 時間で、目的の志賀高原・蓮池(はすいけ)広場に到着です。

-

-

photo  1

20120826a

-

photo  2

20120826b

  

  このミス志賀高原コンテストを見に行きました。 毎年、この 8 月最後の日曜日に行なわれているのですが、なかなか機会が得られず、アッ と云う間に、二十数年が経過していました。

  

  もう、 46 の回数を重ねてきただけあって、そこそこ地元では、人気のイベントです。 でも、昔に比べて、観客の人数は減ってきているような感じもしました。

  

  まあ、高原ですので、日射しは結構強いのですが、空気はヒンヤリ感もあり、ミス・コンに出演なさっているお嬢さんたちは、元気で頑張っていらっしゃいました。 

  

  今年のミス・コンの候補者は、 14 名でしたが、この中から、「グランプリ」・「クラウン」・「クイーン」の 3 名を選出して、これから一年間、ここ志賀高原の観光広報に関与なさっていくようです。

-

-

photo  3

20120826c

-

photo  4

20120826d

  

  こんな感じで、ミス・コン候補者のお嬢さんたちが、ステージに現われました。 全員のお写真は撮ってきましたが、ブログ・ページの都合上、 8 名の候補者のみ、出させていただきました。 

  

  さすが、ミス・コンに出て来られるだけあって、皆さんお綺麗なお嬢さんだらけで、ついつい、歳も忘れて、カメラのシャッター数も、普段に増して、多かったような気がしています。 そんなもんです。 欲を言うと、もう少し、倍率の高いレンズがあれば ‥‥‥‥ と、思いました。

   

  

  で、この会場で、ひょっこり、音響担当スタッフで来られていた kisa 君とも久し振りにお逢い出来ましたが、 若い時から存じ上げていますので、 この業界の貫禄がついてきた感じもしました。 もう、ベテランの Director になられたようです。

        

         彼と会った時に、  

    

   kisa 君 「池さん!! ここへ何をしに‥‥???」 

        

      私 「いや、ブログ・ネタの写真を撮りに‥‥‥!!」

           

       そんな会話でした‥‥(笑)

-

-

  

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

あの時代劇 「剣客商売」 が復活‥‥!!

2012年08月25日 | テレビ番組

  連日、まだまだ暑い日ですが、朝夕は、ひと頃より多少ゆるんだ気がします。 でも、水分補給をしっかりして、熱中症には気を付けています。 今年も暑い夏になりました。

  

  で、今日は昨夜、フジ・テレビ( CX )(地元では、NBS 長野放送) で放映されました、あの時代劇 「剣客商売」 のお話しです。 時代劇ファンとしては、凄く嬉しい限りで、 2 年振りに復活された番組を、早々に観てしまいました。

-

photo  1

20120825tv

-

photo  2

20120306a

  

  上の写真は、テレビ画面を撮ったものですが、写真 1 が、昨夜放映されたもので、写真 2 は、以前の 「剣客商売」 時の画面です。

  

  2 年振りに復活されたと言う、時代劇 「剣客商売」 は、配役陣も全て一新されていましたが、思ったより、スッキリと受け入れる事が出来て、興味深々で観れました。

    

     

       レギュラー配役陣を比較してみますと‥‥‥、

 

                      (新)         (旧)

 

   秋山 小兵衛 役 ‥‥‥ 北大路 欣也     藤田 まこと

 

   秋山 大治郎 役 ‥‥‥ 斎藤   工     山口 馬木也

  

   佐々木 三冬 役 ‥‥‥    杏        寺島 しのぶ

  

   おはる     役 ‥‥‥ 貫地谷しほり     小林 綾子

  

   四谷の弥七 役 ‥‥‥ 山田 純大      三浦 浩一

  

   田沼 意次  役 ‥‥‥ 國村   隼      平 幹二朗

                        

                          (敬称略)

     

     こんな感じです。 

  

  

  まあ、この 「剣客商売」 の一番の主役でもあります、藤田まことさんがお亡くなりになられて、新たな配役陣で再出発したと云うことになると思います。 

  

  今まで、見慣れてきた映像と違った面はあるにせよ、物語り自体は、あの「池波正太郎」先生の原作ですので、最初から始まったと云うことで、楽しみしています。 でも、原作本も読んでないので、申し訳ない気もしています‥‥‥‥。

  

  私も、 BSフジで時々放映されていました、以前の 「剣客商売」 は、Blu-ray に録画していつでも鑑賞出来る体制にはなっていますが、なかなか日々の忙しさにかまけて、じっくりと観ていることがかないません。 そんなもんです。

  

-  

  この中で、主役の剣客・秋山 小兵衛は、「無外流(むがいりゅう)」 と云う剣法を操(あやつ)るようになっていますが、まさに、この剣法の「無外流居合兵道」の映像を以前ですが、実際に撮影させていただいた事があります。 

-

photo  3

Dvd_2

  

  

  こちらがその時の、 DVD ジャケットですが、自分で自画自賛する訳ではありませんが、この DVD ジャケットのデザインは結構いい出来栄えだと思います。 そこそこデザインのセンスも自分にはあるのではないかと‥‥‥。

  

  

  まあ、どなたも褒(ほ)めてくれないので、 気晴らしに自分に言い聞かせているだけですが ‥‥‥‥‥。 でも、ちょっと雰囲気があって、それらしいデザインだと思います。(笑)

  

  

  尤も、映像の中身も、撮影時に、私も、「無外流居合兵道の第十六代宗家・小西御佐一先生」 の居合い演武に、一瞬たりとも瞬(まばた)きもせず、必死でビデオ・カメラで追い掛けまわしたので、ビデオの出来栄えも良かったと言われております。  小西御佐一(こにし・ございち)先生は、このために、兵庫県の方から信州にお越しになられたそうでした。 緊張感のあった撮影でした。

   

 

  

   子供の頃から、マンガ「赤胴鈴之助」が大好きでしたので、

       

     

      この撮影は、本当に楽しく出来ました‥‥‥‥。

-

-

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白馬岩岳ゆり園へ!! だが、怖い思いで‥‥‥!!

2012年08月23日 | ブログ

  相変わらずの毎日で、猛暑の連続ですが、朝夕は大分涼しい感じです。 「一歩一歩秋に近ずいて行くのでしょうか?」 と言いたいのですが、まだまだ残暑を味わうようになりそうです。

  

  で、今日は、もう一週間前になってしまいましたが、 「白馬岩岳スキー場・ゆり園」 へ行った時のお話しです。 アッ と 云う間に過ぎてしまいましたが、毎日が早く感じているのは、私だけではないと思います。

-

photo  1

20120815a

-

photo  2

20120815b

  

  こちらが、その時の写真です。 私も、歳がいくに従って、ますます高所恐怖症が強くなってきていますので、怖い思いをしながら、覚悟を決めて、写真 1 の左側のゴンドラで、「いざ!! 山頂へ‥‥!!」 と昇ってきました。

  

  乗車時間は 5 分くらいだと言われたので、写真 1 の見えている山の上までだと思いましたら、とんでもない話で、ふた山み山を超えて、しかも 8 分以上も掛かって、やっと山頂(写真 2 )に着きました。 ゆりの写真を撮るのも楽じゃないと思いました。

  

  大人 4 名が乗れば一杯なゴンドラでしたが、何十年振りに乗ってみて、私の気の小ささも手伝って、乗っている間は、正直、生きた心地はなく、ゴンドラの中の手摺(てす)りにしっかりと掴(つか)まって、「落ちませんように‥‥、落ちませんように‥‥!! 」 と念仏を唱えながらの乗車でした。 大袈裟でもなんでもありません。 

  

  正直、山頂から帰る時は、例え急な山道かも知れないが、スキー場なのだから、歩いて戻ろうと思ったくらいです。 でも反面、料金 1,400 円も取るのだから、「 このゴンドラは日頃から定期点検整備をしていて、絶対に安全だ!! 」 と自分に言い聞かせながら、乗って来ました。

-

photo  3

20120815c

-

photo  4

20120815d

  

  もう、帰りの降りるゴンドラ乗車のことしか頭になく、「 どうしようかナ!! 」 と思いながら、撮ってきた写真です。 じっくりカメラを構えて‥‥ なんて、そんな気分ではありません。

  

  今になってみれば、多分、二度と行かないから、もう少し撮ってくればよかったと後悔しています。 「 無事に降りられる!! 」 という事しか頭になく、そこまでは気が廻りませんでした。

    

  それと、山麓駅に無事到着して聞かされたのですが、ゴンドラに乗りながら、正面の山間(やまあい)に有名な原風景が見れたようでした。

  

  そこは、 「 白馬村青鬼重要伝統的建造物群 」  と云う名称で、山村集落が保存地区に指定されているようです。 ここは青鬼(あおに)集落と言われており、十世帯だけしかなく、築 200 年以上の建物が現存しているようです。

  

  私も、 TV の旅番組で観たことがありますが、まさか、それがここ白馬から見れるとは夢にも思いませんでした。 この集落の建屋は、以前は屋根も茅葺屋根だったようですが、今はトタン葺きになっているようです。 青鬼と書いて、「あおに」 と読むようですが、昔は善人の鬼が出没したと言う、言い伝えがある村です。

              

 

      一度は行きたい場所です‥‥‥‥!!!!

-

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

長野駅前が‥‥‥?? 淋しい気も!!!

2012年08月21日 | まち歩き

  8 月も 二十日が過ぎたのに、相変わらず真夏日が続いています。 今日も暑い一日でした。 避暑地・軽井沢でも、今年二度目の真夏日になったようです。 これでは、残暑ではなく、まだまだ夏、真っ盛りの感じです。 ただ、朝は涼しくなりましたが‥‥‥。

  

     で、今日は予定を変更して、 TV ニュースを観ていまして、アレッと思った話題にしたいと思います。 と言いますのは、長野駅前・善光寺口のロータリーの岩山が、夕べ夜中に解体が始まったと報道していました。

-

photo  1

Photo_2

-

photo  2

20111122

  

  こちらが、その岩山ですが、人工の滝もあり、ここで 30 年の歳月が流れたようです。 私は、正直、殆んど車移動ですので、滅多に長野駅に行く用事もありませんが、ず~~と見慣れた景色が無くなると云うのは、淋しい気がします。 

  

  長野駅前の新開発に伴っての解体のようですが、淋しい反面、新たに生まれ変わった長野駅前も、楽しみにしたいと思います。

  

  この岩山は、長野県・北信五岳の斑尾山(まだらおさん)から運ばれたようです。 全部で 1.5 t あったようですが、また長野市のどちらかの公園に設置されるとも報道していました。 また、場所を変えて、見ることが出来ると思います。

 

    

             ‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

 

   昨日は、 11 時から一生懸命に、ロンドン・オリンピック・メダリストの東京・銀座パレードを TV 鑑賞してしまいました。 見物人が 50 万人の人出とか‥‥‥。 大したもんです。 またまた良い感動を貰いました。

  

  あれ、メダリストでもあるアスリートの皆さんのスケジュールが付けば、他の主要都市でもパレードを行なったら、面白いと思うのは、素人考えでしょうか‥‥‥‥??  でも、一度だけだから、もの凄い人数が集まったのかも知れませんかネ!!!  それが、正しい見方なのですかネ??

    

   

        ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥  

   

  

  いよいよ、甲子園・高校野球も気が付けば、明日はもう準決勝です。

     

    強いチームは、やはり投手力が良いと思います。

     

    尤も、神奈川代表の桐光学園・松井 裕樹投手は

     

     あれだけの奪三振だけに残念でしたが‥‥‥‥!!!

-

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中一カメラマンが電車の写真を‥‥‥!!!

2012年08月19日 | THE 趣味 いろいろ

  暑い日が続いていますが、今日も午後ちょっとした夕立があり、ひと頃の真夏日より、大分 楽になりました。 やはりお盆が過ぎると‥‥‥、そんな感じがします。

  

  で、今日は、以前の小 6 カメラマン写真展仕掛人・宮川一夫さんが、今は中一になっています常盤亮次君が撮られた写真を送っていただきましたので、そのお話しです。 先般( 8 月 7 日)にも、もうお一人の池上伸吾君が撮られた写真を載せさせて貰いましたが、私としては、嬉しい限りです。

-

photo  1

Photo

-

photo  2

Photo_2

  

  常盤君が撮られた写真は、全部で 4 枚ありますが、上の 写真 1 は、京都の亀岡市近郊の JR 山陰本線 を撮られたものです。 のどかな田園風景が広がる中に、電車走行のマッチングが何とも云えない、素晴らしい写真だと思います。

  

  私も、 WEB で、 JR 山陰本線を調べてみましたが、京都駅から、山口県下関市の幡生(はたぶ)駅までの 676 km のようです。 私も、お陰で、いい勉強になりました。

  

  また、写真 2 は、 JR 奈良線で、京阪宇治駅附近の鉄橋上の電車を撮ったものです。 下に流れていますのは宇治川とのことです。

-

photo  3

Photo_3

-

photo  4

Photo_4

  

  こちらは、写真 3 が、和歌山駅での特急「くろしお」、 写真 4 が、新大阪駅での特急「こうのとり」で、それぞれ 485 系の電車で、常盤君の大好きな車両のようです。 下の、特急「こうのとり」は、以前、ここ地元の信越線の特急「あさま」に似ているような気がしていますが、どうなのでしょうか?

  

  常盤君は、この中学生になっての夏休みで、ご家族と京都へ行かれた際に撮ってこられた写真のようで、それを写真展仕掛人・宮川さんが当方に送っていただけた、 と 云うことです。 それも、いつもブログで、 4 枚の写真を私が載せていることをご承知で、上手に解説文と一緒に送っていただいて、本当に有り難く、感謝しています。

  

  

  撮り鉄ファンのカメラマンさんは、世間に数多くいらっしゃると思いますが、走行している電車を撮るには、時間との競争になり、そこそこズクがいって大変だと思います。

  

  今年、 3 月末で廃線になった、ここ地元、長野電鉄・屋代線の電車を松代駅に撮りに行った時も、時刻表とのにらめっこで、そこそこ大変でしたから‥‥‥!!! 

  

  私も、仕事が一段落したら、彼らと一緒に電車を撮りに行きたくなりました。

      

     もっとも、中一の常盤君や池上君に

   

  色々と教えて貰うことが多そうですが‥‥‥???

-

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

信州上田おもてなし武将隊が‥‥、イケメンです!!!!

2012年08月17日 | イベント・コンサート

  昨日、今日と、早朝からセミの鳴き声が力強く響き渡っていました。 案の定、猛暑日の感じです。 今までしたら、お盆が過ぎたら、若干涼しくなっていましたが、今年も例外でしょうか?

  

  で、今日は、一昨日の続編で、アリオ上田で先般行なわれました、「みんなの信州私鉄フェスタ 」 で、ステージ・パフォーマンスを見せてくれた 「信州上田おもてなし武将隊」 のお話しです。

-

photo  1

20120812f

-

photo  2

20120812g

  

  上の写真が、そのステージですが、この日は、写真 1 で、中央「真田幸村さん」、右側「望月六郎さん」、そして、左側で、真田六文銭旗を持っておられるのが、「根津甚八さん」の三名が、剣舞などのパフォーマンスをご披露なさってくれました。

  

  三名とも、皆さんイケメンでいらっしゃって、カッコ良いステージを見せてくれました。 写真 2 のように、根津甚八さんも、そこそこ重たい六文銭旗を振ったり、その後は、ダイナミックなダンスのご披露があったりと、私も結構楽しめました。

  

  この、 「信州上田おもてなし武将隊」 は、真田幸村公を筆頭に、その家臣・真田十勇士を、現代へタイム・スリップさせたような集団で、こういったイベント参加や、本拠地・上田城でも、観光客の皆さんをおもてなしなさっているようです。

  

  この日は、三名さんでしたが、全員お揃いになりますと、サッカーのチームではありませんが、 11 名になると思います。 パッと、有名どこで名前が出てくるのが、「猿飛 佐助(さるとび・さすけ)」、「霧隠 才蔵(きりがくれ・さいぞう)」、「三好 清海入道(みよし・せいかいにゅうどう)」、などなど、歴史上の人物になるのでしょうか??

-

photo  3

20120812h

-

photo  4

20120812i

  

  このステージ・パフォーマンスは、剣舞やダンスなど動きが速く、室内撮影ですので、普通でしたら、一眼レフでしたら、 ISO はオートにして、シャッター・スピード優先で、出来るだけ速くすると、そんなにボケも出ずにキレイにピントも合ってくれると思いますが、 今回は、ピント追従サーボで、連写で撮ってみました。

  

  そうしましたので、写真 2 にありますように、中央で「根津甚八さん」が振っている、「真田六文銭旗」が、動きのある画を撮れました。  まだまだ、色んな場面に遭遇して、様々なスチル撮りを経験していきたいと思っています。

 

 

        ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  

 

  さて、先般の、「戸倉上山田の花火大会」の写真で、お遊び感覚で、合成写真のクイズを出させていただきましたが、残念ながら、正解の方はいらっしゃいませんでした。 お盆のお忙しい中にも係わらず、ご応募下さった皆様には、この場を借りて、厚くお礼申し上げます。 ありがとうございました。

  

   で、正解は、①と⑤でした。

-

photo  5

20120816a

photo  6

20120816b

    

   こんな感じでした。 大変失礼致しました。

  

  今後もあるかもと思い、タネ明かしはしませんが、今度は違った合成写真をご披露申し上げたいと思います。 

    

   色んな技術習得も、必要になるかも‥‥‥‥!!!!

-

  

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州私鉄フェスタ in Ario上田 へ!!

2012年08月15日 | イベント・コンサート

  今日も暑い一日でした。 が、私は休みを取り、白馬岩岳スキー場にあります 「岩岳・山頂ゆり園」  へお仲間と行って来ました。 相変わらずの高所恐怖症ですが、ゴンドラにガタン・ゴトンと乗って、標高差 530 m を約 8 分間、まず上りで怖い思いをしてきました。 勿論、下りの 8 分も、死にもの狂い!! と、いった感じでした。 もう、二度とは行かないと思います。 

  

  で、この時に撮って来ました写真は、また後日にご報告したいと思いますが、今日は、先日 12 日(日)に急きょ行った、アリオ上田で行なわれていました、 「みんなの信州・私鉄フェスタ」 のお話しをしたいと思います。

-

photo  1

20120812aario

-

photo  2

20120812bario

  

  こちらが、その日の午前中の、アリオ上田・「太陽のコート」の様子です。 長野県内の私鉄四社(しなの鉄道・上田電鉄・長野電鉄・アルピコ交通)が主催されて、親子で楽しめる色んなイベントを行なっていました。 

  

  モニター画面を観ながらの電車運転、プラ・レールやペーパー・クラフトで電車を製作するコーナーなどなど、電車好きの子供でしたら一日遊んで居たくなるようなイベントだったと思います。

  

  私も、鉄道模型のジオラマ・コーナーへ行き、小さな模型電車の流し撮りをしてきました。 まあ、被写体が小さいので、ピンの追従が結構難しく、あちらこちらから、そこそこの枚数を撮ってきました。

-

photo  3

20120812cario

-

photo  4

20120812dario

  

  20 ~ 30 分撮りましたので、ブログ写真は確保出来たと思いまして、早々に引き上げようと思いましたら、武者姿の若者が三名、刀や旗を持って、イベント会場のステージ近くに現れました。

  

  お聞きしましたら、この後、午前 11 時から、ここのステージで、この武者姿の若者達が、パフォーマンスを行なうとの事でしたので、ちょっとそこで待ちまして、このパフォーマンスのステージも写真に収めてきました。

  

  ここ地元、松代にも関係しているような、「真田家・六文銭旗」をお持ちでしたので、このグループの了解を得てありますので、次回のブログでご紹介したいと思います。 なんせ、イケメンの若者三人のパフォーマンスでしたが、よくお聞きしましたら、 「信州・上田おもてなし武将隊」 の皆さんでした。

        

           ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  

  今日、 8 月 15 日は、67 回目の終戦記念日ですが、戦没者の皆さんには、哀悼の意を申し上げたいと思います。 が、私達日本人も、この時の、過去の歴史認識をしっかりと受け止めて、大事な局面を見誤らないようにしていかなくては、と思います。

-

-

   

  今夜、長野県・諏訪湖の花火が、 BS‐TBS で、先程から生中継が始まりました。 長野県民として、この大きな花火大会は、誇りにも思いますが、今日も車を運転中に、ラジオからも、諏訪湖の花火の駐車場の状況を何度も説明していましたが、午前 10 時には、諏訪湖に近くの駐車場は、殆んど満車状態のようでした。

  

  これが花火打上げ終了と共に、一斉に帰路につかれるのですから、どれだけ渋滞が出るのか予想もつきません。 十数年前、諏訪湖の花火を忘れていて、 8 月 15 日に、佐久~野辺山~韮崎と出て、中央道を松本方面に向かったところ、諏訪サービス・エリアの手前から、完全に車がストップ状態でした。 あれを、もう一度あじ合う気持ちは起きません。

   

            

     でも、花火撮りには行きたいし‥‥‥‥!!!!

-

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州☆松代 蓮乗寺の七面さん縁日へ!!

2012年08月13日 | まち歩き

  今日は、雨が降る予定でしたが、今の所は未だです。 まあ、毎日の暑さは変わりませんが、一時の猛暑の感じよりは、大分、楽になりました。

  

  ロンドン・オリンピックも幕を閉じました。日本のメダル獲得もアテネ・オリンピックを抜いて、過去最多の 38 個(金 7 /銀 14 /銅 17 )のようです。 日本のトップ・アスリートの皆さんが、日の丸バックに必死で戦ってくれたと思います。 「沢山の感動をありがとう!!!!」 と労(ねぎら)いの言葉を贈りたいと思います。

  

  で、 TV で閉会式を観ていましたら、イギリスのロック・バンド「 The Who (ザ・フー)」が演奏していました。 ビートルズやローリング・ストーンズと並ぶ、イギリス三大ロック・グループの一つで、とても懐かしく感じました。 「サマータイム・ブルース」の曲しか知りませんが、私よりちょっと上の同世代の皆さんだと思います。 ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックなどのギタリストの名前も思い出しました。 

-

photo  1

20120809a

photo  2

20120809b

  

  こちらの写真は、先週 8 日・ 9 日の 2 日間に渡って行なわれました、松代・御安町(ごあんまち)にあります、「蓮乗寺(れんじょうじ)・七面(しちめん)さん縁日」の模様です。 

  

  この日蓮宗の蓮乗寺さんに隣接しています、白壁土蔵造りの七面堂(しちめんどう)にある「七面天女(しちめんてんにょ)像(七面大明神)」をご開帳して、それにまつわる縁日を開いています。

  

  写真 2 は、ここの早川ご住職が、七面堂で読経なさっていらっしゃった時でした。 勿論、ここの境内には、色んな店が出ていて、子供から大人まで、夜遅くまで賑わっていました。

-

photo  3

20120809c

photo  4

20120809d

  

  縁日定番の金魚すくいもあったり、綿飴、焼きソバ、などなど、夕食前に出掛けたものですので、お腹が空いて、早めに戻ってしまいました。 この間、約 30 分。 なんせ、写真を撮るのは速いのです。 その場でササッ と構図を決めて、あとはシャッターを‥‥‥、 そんなもんです。

      

          ‥‥‥‥‥‥‥‥

    

  今日から、お盆になりましたが、 

     

    気分的に何かと忙(せわ)しく感じます‥‥‥!!!!

 

  今朝も、カミさんが、お盆の準備として、ご仏壇に、きゅうりの馬と、ナスの牛を作って並べたり、提灯(ちょうちん)を出したりしていました。 私も、五色の幡でもある、お盆供養幡をかかげ、「空・風・火・水・地」の五大の素因を見つめ直しました。

   

    今夜は、木魚と共に、「般若心経」を唱えようと思います‥‥‥‥。 

-

  

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加