……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

「NHKのど自慢」が、信州・須坂メセナホールで‥‥‥

2014年03月29日 | テレビ番組

  明日3 月30 日(日)、TV番組 「NHKのど自慢」が須坂メセナホールで行われます。 で、今日はその予選会が行われました。 

  

  予選会では、約250組が出演し、明日30日の本番には、このうちの 20 組だけがTVに映るようです。 凄い競争率です。 もっとも、まだ予選会に出られる人達はラッキーで、最初の申し込みは700~800組あったようです。 凄い人気だと驚きました。

-

photo 1

20140329a1

-

photo 2

20140329a2

  

  時間の都合で、250組全部は聴いて来れませんでしたが、さすが出場の皆さんの歌声は素晴らしいものがあります。

  

  メセナホールの会場音響環境や、NHKの音響担当PAさんや、高級マイクの所為か、よほどメロディの音程がはずれたり、リズムが狂っていなければ、そこそこ素人でも、どこかのプロが教える歌謡教室で練習してきたようなしっかりとした歌声になっていました。

  

  予選会は、途中、休憩を挟んで次から次と出場者の歌声がどんどん進んでいくのですが、NHKのど自慢の選考担当者の皆さんやバックで演奏なさっているバンドの皆さん、そして司会者さん、又、これらに係わっていらっしゃるスタッフの皆さんは、これを毎週行っているのかと推測すると、大変なお仕事をなさっているんだと、感心して来ました。

-

photo  3

20140329a3

-

photo  4

20140329a4

  

  上の写真は、休憩中のホワイエの様子を撮ったものです。 もう既に歌い終わった方、これからステージに立つ人などでゴッタ返しの状況です。

  

  今回、この「NHKのど自慢・予選会」に行きましたのは、私の父方のいとこが、出場を申し込んだのですが、書類選考で落ちて、予選会にもでれず、次回に再挑戦すると言うので、一緒に様子を見に行った次第でした。

  

  尤も、過去に私の母方のいとこは、この「NHKのど自慢」に、 3 度本番に出た経歴を持っていますので、それも今更ながらに、凄いことをしたものだと感心しています。

  

  明日 30 日(日)は、ゲストに、五木ひろしさんと伍代夏子さんが出演とのこと。 本当は、プロの歌が聴きたかったのですが、今回は止むを得ないと諦めました。

  



   ですので、明日はテレビで楽しみたいと思います‥‥‥‥。

-

-

-

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真の友に、そして皆様に感謝!!‥‥‥

2014年03月27日 | 身内の話題

 あれから、約 2 ヶ月が過ぎました。 その節には、皆様お忙しい中、私共の為に、貴重なお時間を割(さ)いて、ご参列いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 特に、MKB園の園長先生N・Y様には、月末のお忙しい中、出棺時にも立ち会って頂いたり、会場生花を供えていただいたりと、本当にお手数をお掛けして、深く感謝申し上げます。 ありがとうございました。

 

 又、同じく、会場生花を供えていただきました、地元伝統芸能SK太鼓の筆頭打頭K・K様、S/SHOP&VN制作会社の社長M・S様、お忙しい中でしたのに、なんとお礼を申し上げたらよいのか、ただただ頭を深く下げるのみです。本当にありがとうござました。

 

 他にも、自営業で、わざわざ大切なお店を閉めて、上田方面からお越しいただきましたK・M様、本当に申し訳ございませんでした。 会場でお顔を拝見した時には、自然に涙が出て、 とても嬉しく、感謝の念でいっぱいでした。 正直、お付き合いも未だ数年ですのに、私の人生で一番辛く、切ない時にお越しいただき、誠にありがとうございました。

 

 お付き合いが短いと言えば、Google  Youtubeでの動画でお世話になっています、ラジコン船の製作者、S・K様やH・K様にもお越しいただき、それぞれお仕事がお有りですのに、貴重なお時間にありがとうございました。 本当にすみませんでした。

 

 また、かつて一緒にカメラマンとしてお仕事をさせていただき、ここ 20数年間は、年賀状だけのお付き合いになっていました須坂からお越しいただきましたK・A様にも、本当に久し振りにお逢い出来、感謝しております。ありがとうございました。

 

 それに、地元・MSテレビの代表のF・M様、カメラマンのM・K様にも貴重なお時間を私共の為に、本当にありがとうございました。 お顔を拝した時は、感謝の念でいっぱいでした。

 

 私の昔からの友人も、地元は勿論、軽井沢や戸倉、須坂、屋代などからもかけ付けていただき、本当にご迷惑をお掛けした形になり、ありがとうございました。

 

 

 これは、あとで会葬記録帳を見て分かったのですが、家内の一番のご友人も、わざわざ岡谷市や東筑摩・筑北の遠方からお越しいただき、少し落ち着いた頃、是非早めにお礼を申し上げたくて、御連絡させていただきました。 本当にありがとうございました。

 

 又、家内の勤務先の同僚の皆様にも多数お越しいただき、深く感謝しております。 ありがとうございました。

 

 そして、後日にも、当方の自宅にも十数人の皆様にも御参りにお越しいただいたり、メールなどで励ましていただきましたM・N先生や、K・Y様にも、この場ですみませんが、お礼申し上げます。

 

 ブログ仲間のお若いS・A君からも、遠距離ですので、メールで心配をいただいたり、Y・Y君も、ご自分のブログで私の事を心配をしていただき、本当に感謝しております。 ありがとうございました。

  


 最後になりましたが、家内の姉さんご夫妻皆さんや、私の親戚やいとこなどにも、かなり、お世話になり誠にありがとうございました。

  

  


 今回のことは、あまりにも突然の出来事でしたので、正直、今でも、この現実を受け入れられず、まるで夢の中の出来事なのかと思っています。 先週末の 22 日に、四十九日法要を終えて、多少は現実を直視すべきなのかと思いますが、結婚して約40年の想い出があり過ぎますので、これがなかなか難しく、もう少しの時間が必要かも知れません。

  

 ですので、仕事でも多方面にわたってご迷惑をお掛けするようになってしまい、心苦しいのですが、もう少し、ご容赦を宜しくお願い申し上げます。 カメラマンとして、気持ちの入っていない動画映像を、商売としてお撮りする訳にいきませんので、ご理解をお願い申し上げます。

  

 私は今、毎朝、地元新聞の「おくやみ」欄を、「東信・北信・中信・南信」と、長野全県下をしっかり見させていただいております。 今までは、「東信・北信」部分しか見てきませんでしたが、間違っても義理はお返しするのが世の常ですので、それを怠ると、私があの世に往った時に、家内から怒られてしまいそうな気がしています。

  

 まあ、そのお陰もありまして、先日も、お父上様が他界なさいました友人の葬儀にもお参りに行って来れました。 避けてとうれない人の死を、改めて、尊厳を持って接していきたいと思いました。

   


    今般は、皆様から多大なるご心配をいただきまして、

  


   本当に感謝しております。誠にありがとうございました。

-

-

-

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加