こんな映画見ました~

夜には、虫の音が聞こえてきます。
季節は移り変わっているのですね~。

英国王のスピーチ

2011年03月03日 | ア行

『英国王のスピーチ』
---THE KING'S SPEECH---
2010年(イギリス/オーストラリア)

監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース、 ジェフリー・ラッシュ、 ヘレナ・ボナム=カーター、 ガイ・ピアース、 ティモシー・スポール

英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世(コリン・ファース )は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、人前に出ることを極端に恐れる内向的な性格となり、成人してからも自分を否定し続ける人生を送っていた。
吃音を克服すべく、何人もの言語聴覚士の治療を受けるものの一向に改善の兆しは見られない。
そんな夫を心配する妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)が最後に頼ったのはスピーチ矯正の専門家というオーストラリア人のライオネル(ジェフリー・ラッシュ)。
彼は王子に対しても遠慮のない物言いで次々と風変わりな治療法を実践していく。
そんな中、国王に即位した兄エドワード8世(ガイ・ピアース)が、王室が認めない女性との愛を貫き、突如王位を返上してしまう。
王位の継承など考えてもいなかったジョージは、最も恐れていた事態に直面し、恐怖のあまり泣き崩れてしまうが…。



---------------------------------------------------------------------


2月28日に日本で報道されたアカデミー賞で作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞でオスカーを獲得しました。
その翌日、1stデーで1000円の日だったこともあり、非常に混んでいました。
何もこんな日に行かなくても・・・、と思ったのですがもともと3月の1日はこれに決めていましたので、混んでいるのは覚悟で行ってきました。
 
オスカーを取ったことが分かってからの鑑賞だったので、期待大!
こういう気持ちで行くと裏切られることが多いのですけど、これはコリン・ファースが評判通り素晴らしかったです。
 
ジョージ6世って方が映画のようであれば、本当に素晴らしい王さまだったんでしょうね~。
今の女王様の子供時代を演じる子役がすっごく可愛かったのは、女王陛下への敬意でしょうか。
ロイヤルウェディングを控えている英国には嬉しい映画だっという事ですね。
 
先日見る機会があった「意志の勝利」の一部も映画中に垣間見られましたが、その時代の国の指導者の演説がいかに重大な意味を持つかが窺えます。
そしてその演説のための努力は大変なものだったのですね。  
また、映画ラストのドイツ開戦宣言への伏線ともなっていました。
 
イギリス製作の映画のアカデミー作品賞って頭に浮かぶのは「アラビアのロレンス」とか、「わが命つきるとも」などでしょうか。。。
イギリス題材の作品はもっとあったかもしれませんが・・・。
 
コリン・ファースの素晴らしい演技と、すごく心がほっとするような演出がいいなぁって思える映画でした。
 
 
出来れば賞発表以前に行きたかったデス・・・。
 
 
 
 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラダイン夫人の恋 | トップ | 愛のそよ風 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2011-03-04 14:31:59
こんにちは☆

格差超えた友情と妻の支え、愛。

最後のスピーチシーンがまた良かった
キャスティングも最高でしたね☆
ジェフリーラッシュ♪
TBありがとうございました (風子)
2011-03-04 17:29:32
試写会で見ましたが、すでに話題作だったので、ほぼ満席でした。

奥さんが正反対の性格なのもよかったのではないでしょうか。
migさんへ! (小米花)
2011-03-04 22:35:22
コメントありがとうございます!

こういう友情が存在するのが英国ロイヤルなんでしょうね。
日本ではこういう話は漏れてきません。
無いのでしょうね。。。

最後のスピーチ、観客も力入れて見守りましたネ。
風子さんへ! (小米花)
2011-03-04 22:42:56
コメントありがとうございます。

試写会鑑賞だったようですね。
賞取りレース始まってないときでも、
観客の反応は良かったんでしょうねぇ。

私はオスカー獲得直後の鑑賞で、
み~んなの頭にオスカーがチラチラしてたと思います(笑)。
Unknown (オリーブリー)
2011-03-06 15:31:46
こんにちは。

そうですね、出来れば発表前にもっと作品を上映して欲しいですね。
日本は取れば上映って、逆パターンも多いし(苦笑)

良い映画でした。
好きな作品です。
それだけに尽きるかも(笑)
オリーブリーさんへ! (小米花)
2011-03-06 20:09:11
コメントありがとうございます。

オスカー受賞後に公開されるのは、
日本では仕方ないことなのかなって思いますヨネ。

そうね、好きな作品です。
ロイヤルウェディングを前に、
英国では嬉しいニュースだったのではないかと思いました。



こんばんは♪ (ひろちゃん)
2011-03-08 23:58:18
私もオスカーを獲る前に観たかったなあと
思いました!
そして、期待大で行って予想を裏切られなかったことも小米花さんと同じです!
コリンファースのオスカー納得ですよね^^
王室ものでお堅い話かと思ったのですが、脚本良かったんでしょうね^^
面白かったですし、好きな作品でした\(^O^)/
ひろちゃんさんへ! (小米花)
2011-03-09 21:51:57
今晩は~!!
オスカー直後で、心は感動するぞ!モードで行きました(笑)。
それでも良かったって素直に思えるのは、
本当に素晴らしい事だと思いました。

オスカー獲得作品の日本公開が続きますね~。
楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
英国王のスピーチ/コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
現女王エリザベス2世の父である英国王のジョージ6世が吃音というコンプレックスを努力して克服し国民に愛される王になったという実話をモチーフに描いた作品です。監督を務めてい ...
英国王のスピーチ (LOVE Cinemas 調布)
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
英国王のスピーチ / The King's Speach (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックして ね ←please click   先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。
英国王のスピーチ (to Heart)
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...
『英国王のスピーチ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
英国王のスピーチ (あーうぃ だにぇっと)
2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試...
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
王様もひとりの人間。『英国王のスピーチ』 (水曜日のシネマ日記)
英国王ジョージ6世の実話に基づいた物語です。
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
英国王のスピーチ (Akira's VOICE)
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
英国王のスピーチ (映画鑑賞★日記・・・)
【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ...
英国王のスピーチ (試写会) (風に吹かれて)
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何
『英国王のスピーチ』 (ラムの大通り)
(原題:The King's Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだし...
映画「英国王のスピーチ」 (FREE TIME)
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。
英国王のスピーチ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(14) アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。
「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 (ノルウェー暮らし・イン・London)
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!
「英国王のスピーチ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
吃音の王様なんて、ユニークなところに目をつけるわね。 しかも、実在した国王。 いまのイギリス女王エリザベス2世の父、ジョージ6世。 たしかに、国王っていえば演説をするのが仕事だもんな。吃音じゃ困っちゃう。 まだまだ、映画のテーマはあるってことよね。 そこで...
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニ...
英国王のスピーチ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...
英国王のスピーチ (心のままに映画の風景)
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
王の声~『英国王のスピーチ』 (真紅のthinkingdays)
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
映画 「英国王のスピーチ」 (英国日記)
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
英国王のスピーチ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゜*。(o´∇`*)のほほん.+゜*。:゜+ と ...
『英国王のスピーチ』 (Cinema + Sweets = ∞)
今年のアカデミー賞の有力候補と目されている『英国王のスピーチ』を試写会で観ました。 鑑賞できるのを楽しみにしていた1本です。 ******************** 『ブリジット・ジョーンズの日記』『シングルマン』のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民か...
★英国王のスピーチ(2010)★ (CinemaCollection)
THEKING'SSPEECH英国史上、もっとも内気な王。映時間118分製作国イギリス/オーストラリア公開情報劇場公開(ギャガ)初公開年月2011/02/26ジャンルドラマ/伝記映倫G【解説】「ブリジット・ジ...
No.243 英国王のスピーチ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
『英国王のスピーチ』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
本作はコンプレックスを抱え、不向きな職業に就かざるを得なかった中年男の物語だ。俳優になれなかったライオネルは、王室のスピーチ専門家に向いていたのだろうか? イギリス国王という職業はジョージに向いていたのか? 手に汗握る一世一代の感動スピーチ、2人の男の...
スピーチこそが (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
「英国王のスピーチ」 友が聞いている (はらやんの映画徒然草)
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
英国王のスピーチ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
第83回アカデミー賞作品賞受賞作。英国王室史上,最も内気な王であるジョージ6世(ヨーク公アルバート王子)が王位を継承するにあたり,それまでの吃音症のコンプレックスを見事に克服して苦手だったスピーチをやり遂げ,国民から敬愛される王へと成長するまでの,史実...
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...