こんな映画見ました~

夜には、虫の音が聞こえてきます。
季節は移り変わっているのですね~。

人生の特等席

2012年12月04日 | サ行

『人生の特等席』
---TROUBLE WITH THE CURVE---
2012年(アメリカ )

監督:ロバート・ロレンツ 
出演: クリント・イースト、 エイミー・アダムス 、ジャスティン・ティンバーレイク 、 ジョン・グッドマン

クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶりに主演を務める感動ドラマ。
キャリア最後のスカウトの旅へと出たメジャーリーグの老スカウトマンとそのサポートに押しかけた一人娘が、旅を続ける中で少しずつ互いのわだかまりと向き合い、親子の絆を再確認していく姿をしみじみとした筆致で描き出す。
共演はエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン。
監督は長年イーストウッド作品に製作や助監督として携わり、本作で記念すべき長編監督デビューを飾ったロバート・ロレンツ。
 

数々の名選手を発掘してきたメジャーリーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イースト)。
しかし近年はパソコンを使ったデータ分析が主流で、ガスのような昔気質のスカウトマンはすっかり時代遅れに。
視力も衰え、残り3ヵ月となった球団との契約も延長は望み薄。
そんな中、ドラフトの目玉選手のスカウティングに向かったガスのもとに、弁護士としてキャリアの大事な時期を迎えていた一人娘のミッキー(エイミー・アダムス)がやって来る。
すっかり疎遠になっていた2人は、久々の再会も互いに素直になれずにギクシャクしたまま。
そんな2人の前に、かつてガスに見出され、引退した現在では新米スカウトマンとして再出発を図るジョニー(ジャスティン・ティンバーレイク)が姿を現わすが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


クリント・イーストウッドの映画、楽しみにしていました。
もう、始まる前から私は感激モードです。
 
エイミー・アダムス、頑張っていたと思います、が、ちょっと違和感があったかな。
ミッキー役には少し明る過ぎかなと・・・。
もう少し何かを抱えた暗さがあってもよかったし、、スポーツ系って感じがあまりしなかったのデス。
 
映画はイーストウッドならではの画面の強さが、本当に嬉しかったです。
 年とった、、、という感じはもちろんありますが、またそれがいいです。
 
ジャスティン・ティンバーレイク、どんな役でもシーンの中心をさらってしまうような存在ですね。
ジョン・グッドマン、変わらずいい味出してくれてます。
 
ラスト若い二人を見守りながらバスに乗るために歩く後ろ姿に思わず涙。
 
「グラン・トリノ」のラスト、もうイーストウッドにスクリーンで会えないのかと思って映画館で大泣きした私の涙、返して・・・(笑)。
 
ほのぼのとした暖かさを残してくれて、やっぱりいいなぁ~と思いながら席を立ちました。
 
 

    

    

          

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲットバック | トップ | ルート・アイリッシュ »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2012-12-05 11:50:06
小米花さん、イーストウッドお好きでしたか!そこは気が合わなかったですね(笑)

そそ、グラントリノで、もう彼の演技は観れないのかなあと思ったのですが、復活してくれて嬉しいですね♪
涙、返してもらえましたか?(笑)

エイミーは、私は結構好きでした^^
ジャスティンも素敵でした^^

観終わった後、あったかい気持ちになれる映画は、やっぱりいいですよね♪

旅行記、読みたいのですが、今会社なので(笑)夜にゆっくり読ませて頂きますね^^
ひろちゃんさんへ! (小米花)
2012-12-05 22:00:34
イーストウッド、好きなんですヨ~。
映画の感想はほぼひろちゃんと一緒なんですが、
そこは違ってましたネ。

グラントリノのラスト、本気で泣いたのよ~。
あの涙、この映画だけじゃぁ返してもらい切ってないワ。

エイミー、ブロガーさんに好評ですね。
私はイマイチ、合わなかったカナ。

旅レポ、お時間のある時でいいですから~、
読んで下さったら嬉しいです!
こんにちは♪ (yukarin)
2012-12-06 16:53:53
私もイーストウッドを再びスクリーンで見られたのは嬉しかったです。
相変わらず偏屈じいさんが似合ってます(笑)
まだまだ俳優としても頑張ってほしいですよね~

定番なお話でしたけど、見終った後に温かい気持ちになれる作品は大好きです。
yukarinさんへ! (小米花)
2012-12-06 23:16:04
偏屈じいさんで、まだまだ頑張って欲しいイーストウッドですね~。

監督作品も好きですが、スクリーンに現れないと
イーストウッドの言いたい事が微妙に伝わって来ない気がします。

私も映画館を去る時にはポッと心が温まりたいです~。
父娘の 才能発掘伝説 (zebra)
2014-09-15 12:35:13
なかなか 面白かったですよ。

目がボヤてるのに スカウトなんて・・・・
自宅のガレージに車のかどぶつけるわ スカウト先で交通事故起こすわ 家のテーブルに足をぶつけるわ  

父親の心配して 娘が 呼ばれてないのに ジャジャジャジャァ~ン!!!

 まるで 危機一髪のトコで タイミングよく出てくる 戦隊モノのヒーロー(じゃねえわ ヒロイン)のような 都合のよさ^^!

 しかも 小さいころに父親とメジャーリーガー才能発掘につきあって 各地を巡業! 発掘作業の才能が開花

 現地で自分の初仕事で発掘した人材をゲット!球団役員の一員に
できすぎてるやろ・・・・さすが アメリカンドリーム

 弁護士もできて 発掘作業もできる 
二足のワラジ状態。これなら二交代勤務も可能だね。

zebraさんへ! (小米花)
2014-09-17 21:33:28
こちらにもコメントありがとうございます。

ほんとですね、ミッキー出現のタイミングの良さ!
でも、この映画を見た時はそういう見方が出来なかったです、、、私。
考えてみたら、出来すぎ感満載でしたね。

それでも楽しめましたけど!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人生の特等席 (あーうぃ だにぇっと)
人生の特等席@スペースFS汐留
人生の特等席 (心のままに映画の風景)
数々の名選手を発掘してきた大リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、ここのところ、年のせいで視力が弱ってきていた。 パソコンデータ分析が主流で、昔気質のスカウ...
人生の特等席 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) マネーボール理論が揺らいだ瞬間とは、、、
『人生の特等席』 2012年11月13日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『人生の特等席』 を試写会で鑑賞しました。 予告が大変良かったので、本編は心配だったが・・・ 中々素晴らしいドラマでした 【ストーリー】  ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年のせいで視力が弱...
人生の特等席/クリント・イーストウッド (カノンな日々)
すっかり監督業が板についてもう俳優業はやめちゃったの?と思っていたたクリント・イーストウッドが4年ぶりに主演を務めたヒューマン・ドラマです。監督はクリント・イーストウッ ...
人生の特等席 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ス...
頑固親父~『人生の特等席』 (真紅のthinkingdays)
 TROUBLE WITH THE CURVE  メジャーリーグ、アトランタ・ブレーブスの老スカウトマン・ガス(クリント・イー ストウッド)は、ある日視界がぼやけることに気づく。生来の頑固さから、医師 ...
★人生の特等席(2012)★ (Cinema Collection 2)
TROUBLE WITH THE CURVE スカウトマン、娘1人。 キャリア最後の旅に出る。 上映時間 111分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/11/23 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶり...
人生の特等席 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカ映画でメジャーリーグを題材にした映画で最近のものというと「マネーボール」があったけど、それとは全く逆の手法を肯定しているのが興味深い。選手の実力を測るのにパソコンを使うのか使わないのか対比と、人間関係の描き方も全く違う。メジャーリーグはアメリカ...
映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...
『人生の特等席』 (ラムの大通り)
(原題:Trouble with Curve) ----あれっ、クリント・イースト・ウッドって もう俳優は辞めたんじゃなかったけ? 「そのはずだったんだけどね。 本人いわく“オモシロい役が回ってきたからやってみた”とのこと。 とにかくストーリーが気にいったらしい」 ----どん...
「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる (はらやんの映画徒然草)
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve
人生の特等席 (風に吹かれて)
♪ You Are My Sunshine ♪アナログオヤジをなめんなよ公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve長年メジャーリーグの
人生の特等席 (とりあえず、コメントです)
野球のスカウトマンとして人生を送った男の姿を描いたクリント・イーストウッド主演のヒューマンドラマです。 イーストウッドが役者に復活と聞いて、これは観なくてはと公開を楽しみにしていました。 圧倒的な存在感と相変わらずのかっこ良さに一瞬で惹きつけられました。...
人生の特等席 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
監督・主演作『グラン・トリノ』で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに主演を務めたハートウォーミング・ドラマ。『マディソン郡の橋』以来17年にわたりイーストウッドから映画製作を学び、生涯でただ一人の弟子と認められそのDNAを継承...
映画「人生の特等席」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な...
映画「人生の特等席」 (FREE TIME)
映画「人生の特等席」を鑑賞しました。
人生の特等席 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...
『人生の特等席』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、...
野球と娘と向き合いながら、 (笑う社会人の生活)
26日のことですが、映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 長年大リーグのスカウトとして腕を振るってきたガスだったが、年のせいで視力が弱ってきていた チームが疑いの目を向ける中 あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーが同行を始めて・・・ クリント・イースト...
映画『人生の特等席』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-99.人生の特等席■原題:Trouble With The Curve■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:111分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督・製作:ロバート・ロレンツ◆クリント・イーストウッド(ガス)◆...
『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...
人生の特等席 (いやいやえん)
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよ...
人生の特等席 (映画に耽溺)
「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰ってきたわよ」 「帰ってきたわねえ」 「お帰りなさい!」 「お帰りなさいクリント!!」 「おかずです!」 「ずーこです!!」 「2人揃って」 「冬はお団子」 「じゃないでしょ!」 「映画に耽溺~~...