経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の教え

アベノミクス・まさかの消費底割れ

2015年12月27日 | 経済(主なもの)
 さすがに、11月の家計調査が消費増税直後の水準を下回るとは思わなかったよ。二人以上世帯の季節調整済指数の実質消費支出は91.8と、2014年5月の92.4より低く、過去15年間で最悪である。3か月で合わせて-4.0という落ち幅も大きく、東日本大震災時の2011年2~3月にかけての-3.9を超える。政府・日銀の「消費は底堅い」は、まさかの底割れで根拠を失い、消費という「一部の弱さ」によって、10-12月期GDPはマイナス成長が濃厚となった。

………
 消費不振は暖冬が理由にされているが、たまたま、お金を使う機会がなかったというのではない。勤労者世帯の可処分所得も、最悪の水準に落ちており、使えるお金が減っているのである。9-11月の可処分所得の平均は、6-8月より-3.3も少ない。この間の消費支出が-0.8にどどまり、消費性向が+0.7と上がっていることを踏まえれば、むしろ、消費は健闘していると言えるほどだ。

 その背景には、就業の停滞がある。「雇用は良いのに消費が」と言われがちだが、労働力調査で就業者数を見ると、消費増税後に伸びが鈍り、今年の春から夏にかけては、ほとんど増えなくなったことが分かる。9,10月は回復したかに見えたが、11月は期待を裏切る大幅な減であった。雇用者数の増加は、自営業主・家族従業者の減少でかなり打ち消されており、割り引いて見る必要がある。

(図)



 他方、11月の新規求人倍率は1.93倍、前月比0.10増と大きく上昇した。しかし、就職件数で見ると、この2か月で低落に歯止めがかかった程度である。正社員、パートともに、消費増税以降、低下傾向に転じており、パートのみ、2015年前半に盛り返しが見られたが、再び元の低下トレンドに戻っている。つまり、求人倍率は、消費増税後も上昇傾向にあると言っても、必ずしも就職には結びついていないということである。

 また、10月の毎月勤労統計の確報では、常用雇用が季節調整済指数の前月比で+0.2と、まずまずだったが、8,9月が+0.1と鈍かったことを踏まえれば、11月は安心できない。現金給与総額も気になるところで、3か月同じ水準にとどまっている。しかも、実質賃金は94.6と、1年前をわずかに0.3上回るに過ぎない。総労働時間は、最低値を更新し、低落傾向が続いている。依然、雇用の短時間化が進んでいることがうかがわれる。

(図)



………
 さて、10-12月期のGDPだが、11月の家計調査で「除く住居等」が前月比で-1.7にもなると、下方硬直性のある消費総合指数も、ある程度の低下は避けられまい。そうすると、残る12月に反動増で8月並みの高い数値が出たとしても、前期比はマイナスになる。消費は需要項目の「一部」でしかないが、6割を占めるため、これが足を引っ張るようでは、プラス成長を確保することは苦しい。

 他の需要項目については、11月の鉱工業指数の公表は週明けなので、見通しを述べるのはいささか早い。とは言え、前月に続き、投資財の在庫が減少していることは十分に予想され、10-12月期GDPを押し下げることになるだろう。住宅投資は一服しており、公共投資は緊縮財政のために下り坂にある。設備投資は、先行指標の機械受注が振るわない。あとは、上向きにある輸出がどれくらい牽引できるかである。

 今年は、1-3月期、4-6月期ともに、在庫増の成長への寄与度が0.5、0.3と最大項目になるという歪さだった。他方、消費は「除く帰属家賃」の寄与度が0.1、-0.4、0.2と推移し、次の10-12月期もマイナスであろう。これだけ消費が低迷すると、物価安になりそうなものだが、値下げでも売上増は期待できないと考えてか、むしろ、収益性を重視して、円安のデメリットを転嫁しているように思う。

 2014年度の消費増税に次いで、2015年度も8兆円規模の緊縮財政を敷いたのだから、消費の低迷は、政策どおりの結果ではある。本コラムでは、2015年度の国・地方の財政収支が一気にGDP比で2.5%も改善されると見ている。そして、来年度も更なる緊縮財政が実施される予定だ。アベノミクスは財政再建で大成功を収めた。むろん、それは、経済をほぼゼロ成長にし、2年前より消費を7兆円も減らす犠牲によって贖われた成果である。  
  

(今日の日経)
 マンション建て替えやすく、所有者合意2/3で。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12/25の日経 | トップ | 11月鉱工業生産は前月比-1.0 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。