輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

ご訪問者様100万人突破御礼!K-POP新譜も追加して益々内容充実!

Baby In Vain/More Nothing

2017年06月13日 | Rock (NEW)
<発売日>2017/8/25

<JAN(規格番号)>0720841214922

<内 容>
★ブレイク必至! 爆裂ガレージ・ロックのニューカマー、デンマーク・コペンハーゲンのガールズ・トリオ、ベイビー・イン・ヴェインのデビュー・アルバム!
★プロデューサーはロブ・エリス(PJ ハーヴェイ、スコット・ウォーカー、バット・フォー・ラッシーズ)!

昨年6月、<Partisan Records>から5曲入りEP『フォー・ザ・キッズ』を発表したことが記憶に新しい、デンマークのクールな女子3ピース・ガレージ・ロックバンド、ベイビー・イン・ヴェインが、ついにデビュー・フル・アルバム『モア・ナッシング』を完成させた!

レコードショップ界隈でも高い評価を得ているレーベル<Partisan Records>からのリリースというだけでも注目の存在となっていた彼女達。当時は21歳以下の女子3人ということからも注目を集め、インディー・リリースのみにも関わらずザ・キルズやジーザス&メリーチェインがサポート・アクトに抜擢するなど、海外で早くも話題となっていた。ここ最近音楽的変化が見られる彼女たちのサウンドは、ポスト・パンク、ドゥームやガレージ・ロックと表現されている。

そんな彼女たちのデビュー・アルバム『モア・ナッシング』を手がけたのは、PJ ハーヴェイ、スコット・ウォーカー、バット・フォー・ラッシーズらとの仕事で知られる敏腕プロデューサー、ロブ・エリス。なんとたったの11日間でレコーディングを終えたという。
時に激しく、幅広い想像力に富んだ今作は、“ギター・ミュージック”と言われる大きな傘の中に異なったジャンルの要素を含んでいる。ただはっきりしているのは、そのどれもが紛れもない彼女たちの個性を持ち合わせているということ。また、ファンタジー的な詞が多かったEP『フォー・ザ・キッズ』に比べて、今作はよりパーソナルでリアルな内容に仕上がっている。

ファースト・シングル「Transcendent」の音源試聴はこちら:
https://youtu.be/5zOpMmrmq0s

セカンド・シングル「To Heaven and Back」の音源試聴はこちら:
https://youtu.be/H6lgWaTPd0U

■バイオグラフィー
2010年結成、デンマーク・コペンハーゲン出身のガールズ・トリオ・バンド。メンバーはローラ・ハマリク(Vo, G)、ベネディクテ・ピエリオーニ(Dr)、アンドレア・チューセン(Vo, G)。20代前半にしてグランジ、ブルース、インディ・サウンドに影響を受けたギターをベースにしたガレージ・ロック・サウンドが特徴。シングル数枚のリリースにも関わらず人気英ロック・デュオ、ザ・キルズのツアー・サポートに抜擢され話題を集めている。2016年、<Partisan Records>から5曲入りEP『フォー・ザ・キッズ』を発表。主要音楽メディアから絶賛された。2017年8月、待望のデビュー・アルバム『モア・ナッシング』をリリース。
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Deer Tick/Deer Tick Vol. 1 | トップ | Avey Tare /Eucalyptus »
最近の画像もっと見る

あわせて読む