とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

ピコ太郎に学ぶ、本当のエンターテイメントとは

2016-10-13 23:12:16 | 映像作品
思うに書籍の場合は「本を売っちゃいけない、本のようなものが売れる」とはけだし名言であった。

これを他のものに応用する。本当に書いてて残念な気分になるけれども真実だ。

「映画を作っちゃいけない、映画のようなものが売れる」
「お笑いをやっちゃいけない、お笑いのようなものが売れる」
「芸を売っちゃいけない、芸のようなものが売れる」
「哲学を売っちゃいけない、哲学のようなものが売れる」
「経済を売っちゃいけない、経済のようなものが売れる」
「エンターテイメントを売っちゃいけない、エンターテイメントのようなものが売れる」

これが唯一通じないのがマンガとアニメだというね。完全に実力主義である。
・・・と言いたかったが、最近はちょっと事情が違うような感じです。

ピコ太郎が売れた、ということは、かなり皆に好意的に受け止められているが、
しかし全員一致するところは「どこが面白いの? 」という疑問である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「発達障害の子どもたち」の... | トップ | 子どもの担任教員をレイプ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。