とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

都知事選2016 狂想曲 結果

2016-07-31 23:55:55 | 国内社会批判
今まで、ここの記事で予想をしていたが、結果と照合してみる。

1位小池氏、2位鳥越氏、3位増田氏、4位桜井氏と言っていたのだが当たり外れがあった。

小池さん当確は当たり。ただ、鳥越さんが2位ではなく3位であった。連日の報道があった件に伴うものなのか、それとも元々こうだったのかは分からない。鳥越さんと増田さんの順位が外れた。

尚、上杉さんが4位につけたということで、4位桜井氏というのも外れた。上杉さん自身がメディア露出はしていないと思っていたのが、これが完全見込み違いで、失礼な話、上杉さんはそれほど知名度がないと思っていたのだが、実態として投票数は数字に表れた。4位につけたことは記録されていい。おめでとうございます。

そして桜井票はもっと伸びるかと思っていたのだが、しかし低得票率に留まる。
私の予想は本の発行部数から出していたのだが、しかしそれが反映されなかった形だ。桜井氏は過激発言での路線を取っていた。大多数の都民はこれを歓迎せず、と言ったところか。

さて、面白い数字も出ている。

2016都知事選(東京都知事選挙):朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/senkyo/tochijisen/

全投票数 5393484
(カッコ内数字は私が附記。)

小池 百合子 2,476,689(45.92%)
増田 寛也 1,536,098(28.48%)
鳥越 俊太郎 1,139,409(21.13%)
上杉 隆 108,264( 2.01%)
桜井 誠 65,237( 1.21%)
マック 赤坂 22,671( 0.42%)
七海 ひろこ 12,799( 0.24%)
立花 孝志 9,354( 0.17%)
中川 暢三 5,134( 0.10%)
山口 敏夫 4,399( 0.08%)
高橋 尚吾 4,153( 0.08%)
谷山 雄二朗 1,536( 0.03%)
岸本 雅吉 1,510( 0.03%)
後藤 輝樹 1,409( 0.03%)
宮崎 正弘 1,052( 0.02%)
武井 直子 1,021( 0.02%)
望月 義彦 758( 0.01%)
内藤 久遠 616( 0.01%)
山中 雅明 577( 0.01%)
今尾 貞夫 526( 0.01%)
関口 安弘 272( 0.01%)

1.このラインであるが、増田氏のラインが自公での固定票、組織票、動員票とするならば、この153万票がカチコチでの固定票となる。都知事選にはこの数字を動員するか、あるいはそれを超えなければならない。

2.今回は完全に天候も良かったので、小池氏が247万票稼いだのは、流動票がこれだけ動くという証左でもある。尚投票率は前回の40%強を通り越して60%近くまで上がった模様。それが大きい。

3.逆にあれだけ鳥越降ろしの喧伝がなされ、その上で鳥越さんに投票したのが114万票ということで、カチコチの左派は114万人弱いることになる。

4.女性都知事が誕生したことで、東京はリベラルという仮説が当たった。女性だろうと男性だろうと関係無く当選させる気質が東京にはある。

5.マック 赤坂さんが6位・・・何も言うまい。山口さんが10位というのは何か、こう、もっと・・・ほら、もっと得票してもよかったんじゃない? みたいな。元大臣だぞ。というのは私の先入観なのでしょうか。

6.パーセンテージを附記して分かったが、3位鳥越さんと4位上杉さんの間には10倍以上の得票差がある。ここに壁がある。

7.七海さん12,799票ということで、幸福の科学の動員票は12800票前後。

8.立花さんに9,354票。NHK嫌いというイデオロギーだけで投票する人がこんなにいるのか・・・

9.なんとなんと、全有効票の内、95.53%を小池氏、増田氏、鳥越氏でとってしまうという快挙ならぬ悪挙。これですが、テレビでの直前討論での露出時間に比例しているように思えます。幸福の科学で事前分析していましたが、七海さん事後分析お願いします。※ちなワイ幸福の科学信者ではない。
あと、BPOですが、本当仕事しないですよね。存在意義が・・・。

10.ということで、テレビが廃れたとか言っているのですが、まだまだ力があるように思えます。悪い意味で影響力が不平等な方向に出てしまったようです。


お祭りの喧騒騒ぎを思い起こしますが、そもそも政治はまつりごと。これは日本特有の話ではなく、アメリカなんかもその通りでしょう。

ともあれ選挙に関わった方々、皆様お疲れ様でした。一週間くらいは反省会や分析、事後活動などされると思います。
その後は当選陣営もそうでなかった陣営もゆっくり休んで下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼女のちょっといい話

2016-07-31 17:57:56 | 雑感

856: 名無しさん@おーぷん 2016/07/30(土)05:38:31 ID:jTe
長すぎてすみません

私の高校は被服科のあるところだった
私は普通科だったが被服科の彼氏(以下D)ができた
Dはデザイナーを目指していて、私に一着の服をつくってくれた
学生ながら結構質もよく、個性的な刺繍がある白いシャツで
かわいかったのでよく着た
そのまま卒業まで仲良かったんだけど私が第一志望の大学に進学が決まり
自然消滅の形で別れた

で、大学時代、要らない服や鞄を発展途上国に送るボランティアがあった
例のシャツには思い入れもあったんだけど
そのとき付き合っていた彼に悪いなと思っていたこと、
もうシャツがくたびれていたこと、
かといって捨てられなかったこと、
あれから成長期がきて身長が10㎝強伸びてつんつるてんになってしまっていたことなどで
そのシャツをボランティアに出すことにした

ボランティアに出す服にはメモをつけることが出来たので
「この服には私の幸せな記憶がいっぱい詰まってます、これを着るあなたもそうなりますように」みたいな
ポエムみたいなことを辞書引きながら英語で書いた

で、時は流れてアラサーに差し掛かった頃に高校の友人から呼び出され
久しぶりに会うとある業界紙を見せられた
東南アジアのその業界の特集記事だった
そこに写っている女性があのシャツを着ていた
これってDがお前に作ったやつだろと言われてええー!となって読んだら
記事のなかでシャツについて触れられていて
ボロボロでしょ?(笑)これは日本のボランティアにもらったもので
貧しい生まれの私が希望をもらった服。
日本の取材ということで久しぶりに着てみたということが書いてあった

そのあと、その友人がDにもその業界紙を見せたことで
Dと再会して、意気投合してまた付き合いはじめて
今月結婚式をあげた
私の苗字もDになった
もう30も半ばになってきた普通の外見したおじさんとおばさんだけど
こんなロマンチックな話があるなんて事実は小説より奇なりだなあと思う

858: 名無しさん@おーぷん 2016/07/30(土)10:36:54 ID:vQb
>>856
なによなによ!ロマンチックないい話じゃないの。
東南アジアの女性が縁をつないでくれたのね。
彼女もあなたから希望をもらえたみたいだし、本当いい話。
彼も作品を捨てずに、それぞれの所有者が大切に着てくれて嬉しかっただろうね。


なによ、鬼女だったら文章ヅラだけでも最後まできちんと嫉妬しなさいよ! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会的弱者はいなくなるべきなのか --今回の障害者施設大量刺殺事件から

2016-07-31 16:40:56 | 哲学・社会
2016年7月26日未明に神奈川県相模原市緑区千木良にある障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で、大量殺人事件が発生した。

ここでの被疑者が犯行前の2/18に「重度の障害者について「安楽死」を容認する発言をし」たとのことである。

この件について、私の結論を言うと「そのようなことを断固するべきではない」になる。今日はその意見の表明、個人意見に至ったプロセスだけでなく、どうしてそのような結論に至るのかという、社会的背景や倫理背景の説明も記載する。


社会的弱者は切り捨てられるべきではない。それはなぜだろうか。

考えてもみると、我々全ての人間というのは、出生の時に定められたDNAの規約に縛られている。

色弱の人間は色弱であるし、頭が良い人間は良い人間であるし、足が速くて運動神経がいい人間はそういう風に生まれた。
それでは仮に、安楽死を認めるべきという論が通ったとして、誰が死ぬべきで誰が死なないべきか、というのはどこで線を引くべきなのだろうか? 

それは知的にある程度のラインに達していない人間だろうか? あるいは人間としての能力が何かしら欠損している場合だろうか。
人間としての完全に達していない人間、そのラインはどこで引くのだろうか。

仮に色弱の人間が切り離されるべき、という議論が巻き起こったとしよう。完全でない人というのは、1色覚や2色覚の人であろうか。中央値や大多数が3色覚であるから、そういう人たちは下層なのであろうか。答えはNo。現在イギリスで4色型色覚の人間が二人見つかっており、欠損排除論に従えば大多数の3色覚の人間は社会から排除されねばならない。それでは大多数の3色覚の人間は社会に残るための自己保全をどう理屈つけるのだろうか? 「我々が大多数だから・・・」というのは理由になっていない。4色覚の人間が多数派になった時は、自ら排除するという宣言をしたようなものだ。結局は、自分自身が中央値で大多数の多数派だから、人間の能力が欠損してる人間を切り離していいというプロセスで結論を導いているにすぎない。

それでは次に免疫系を考えてみよう。
免疫の無い人間というのは死ぬべきか否か? 排除されるべきか否か? 自然現象であるから見捨てるというのは早計である。
例えばこれも4色覚と同じように、現時点で、エイズへの耐性を持つ人々が北欧と中央アジアに発見されており、彼らが主流派になった場合は、多くの人が死を座して待つことになる。勿論、現時点で「免疫が無い人間は死ぬべきだ」と言っている人も同様に、エイズへの耐性が無ければ、これらの人も社会の慈恵を受けることなどできない。

これは知的営為に関してもそうで、東大卒のみが生き残るべきという風になった場合、じゃあハーバードやイェール大卒の人間が同じことを言って来たら日本人は全員死ぬべきなのだろうか。それに従う人は一人もいないだろう。


人間というのは、その能力値で言えば、その高低の数直線の上の中間のどこかに分布しているだけなのだ。
誰が死んでいいだとか誰が死んでよくないだとか、そういうのは、神様みたいな存在とか、あるいは地球とか宇宙が決める。人間自身では無い。


人間には基本的人権が存在し、それは法律で定められているからそうしているのではない。天地(あまつち)の間に生まれた人間は皆等しくしてその権利がある。


本来であれば、こうしたことは「自分の中にある人としての善を信じて行動すべきです」と教会の牧師や、あるいは寺院のお坊さんのお話のように説いてまわることが必要になるし、そしてそうすべきなのだが、本日の私からは、功利的観点からこれを説明してみた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄系日本人、日本系沖縄人

2016-07-31 14:51:24 | 雑感
知性とは何か 佐藤優 P137

で、筆者の佐藤さんは、日本か沖縄かを選択せねばならなくなった時は沖縄を選択すると言明している。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本読み終わった。

2016-07-31 14:19:36 | 最近の出来事
三冊読み終わった。

人間の叡智 佐藤優
→読み出したのは1年前くらいかな? 読了。

サバイバル宗教論 佐藤優
→読み出したのは半年前くらい。読了。

韓流経営 LINE 
→二日で読了。かかった時間はおおよそ2時間半くらい。
 でも内容が薄いというわけではなく、むしろ情報の宝庫だった。これは8000円くらいの価値はある。ただ、ここに乗っていない裏の情報も勿論あるわけで、そこから多重的、多層的に見ると若干全容が見えるような気がしたという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加