とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

NHKネット同時配信 “契約世帯は追加負担なし”

2017-06-28 23:00:52 | 報道
と言うかネットインフラに投資して建設したならその割合に応じてお金払いますよ? 
でもどれだけ投資したの? ネットに配信するコンテンツではなく、日本国民がネット通信でサービス享受しているインフラハードウェアのことだよ。おそらくそれはゼロ円ではありませんか? 

あとNHK出版の本は良書があるから、それはきちんとお金払っていますよ? (本+内容)
でもネット配信コンテンツでは、ネット+コンテンツではネットインフラはタダノリではありませんか? 


NHKネット同時配信 “契約世帯は追加負担なし”
6月27日 19時06分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170627/k10011032291000.html

受信料制度の在り方を審議しているNHKの検討委員会は、放送番組のインターネットへの同時配信が常時行えるようになった場合、すでに受信契約を結んでいる世帯は、追加の負担なしで同時配信を利用できるなどとする答申案の概要を公表しました。

検討委員会はことし2月、NHK会長の諮問機関として設置され、受信料制度の在り方を検討してきました。
そして27日、テレビ番組を放送と同時にインターネットで常時配信できるよう法律が改正された場合の費用負担の在り方について答申案の概要を公表しました。

それによりますと、すでに受信契約を結んでいる世帯は、同時配信を視聴するパソコンなどを2台目、3台目のテレビとして取り扱い、追加の負担はなしで利用できるとしています。

一方、テレビを持たない世帯については、パソコンなどで常時同時配信を利用できるようにした場合、費用を受信料の形で負担してもらうことに一定の合理性があるとしています。

ただ、今回の答申案では、受信料という形での費用負担に国民の理解を得るには時間がかかるなどとして、配信サービスの対価として料金を設定することや、一定期間は負担を求めないなど暫定的な措置も検討すべきだとしています。

NHKは答申案の概要をホームページに掲載するとともに、28日から意見を受け付けることにしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代日本における報道優遇度... | トップ | JKビジネスは「売春の温床」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

報道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。