都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



土屋畜産
所在地:品川区北品川2-30
建設年:?
構造・階数:木2
備考 :解体
Photo 1994.2.6

 木造モルタルで2階部分に装飾のある商店建築。角地に建っていて写真は目黒川に面した側面の部分。

 実はこの写真は、わずかに開けられた2階の窓から、猫が通りを見下ろしている姿が印象的だったので咄嗟に撮影した。だから建物の全景写真は撮らずじまい。旧東海道の品川宿を歩いていた時に見かけた建物だったのだが、ネットで土屋畜産を調べても出てこないので、所在地が分からなくなっていた。だが最近になって、住宅地図や写真後方の建物を確認したりした結果、荏原神社のそばにあった建物で、既に解体されていたことが判明した。

 改めてよく見ると、軒先部分の装飾は結構手が込んでいる。手前に一部だけ写り込んでいる木造建物も2階の腰壁が亀甲模様になっていたりして、今頃になってどのような建物だったのか妙に気になるのだった。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 品川区


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 三井倉庫関東... 丸井中野本店 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (hasemama)
2010-04-12 08:10:59
いつも楽しみに拝見させていただいております。

この場所は現在は建て替えられて、マンションになりました。
戦災にあってないこの付近にはまだまだ古い家や井戸などが残っています。私も記録しておきたいと思っています。

 
 
 
有難うございます。 (asabata)
2010-04-13 02:26:01
hasemamaさま
御覧頂き有難うございます。
少し前の住宅地図では空地や建築中と記されていましたが、既にマンションになっているのですね。
北品川周辺は、東海道から少し外れたところに裏道や路地が多く、井戸なども残る、なかなか面白い場所ですね。
ただ、表通りは次第にマンションなどが増えているようで、少しずつ変化の波が訪れているようですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。