都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



片倉ビル 玄関内の階段
所在地:中央区京橋3-1-2
建設年:1926(大正15)、1937(昭和12)増築
構造 :SRC
階数 :7F・B2F?・R2F
備考 :2008年末で利用が終了。2010年に解体。
    > 片倉ビル1
Photo 2006.1.28

 玄関を入ると前室があり、そこで階段を上って1Fホールに至る空間構成になっていた。


玄関内側から
Photo 2006.1.27 以下全て同じ撮影日

 

 玄関ホールの照明

 1Fホールは正面にエレベーター、左奥に階段室があり、右手には受付があった。細かいタイルで作られた模様と大理石の壁面が印象的。

 1Fホール・受付。玄関を入って直ぐにある受付の背後に給湯室が見えてしまっているのがおもしろい。

 廊下は、ドラマとかに出てきそうな昔風のもの。

 洗面所。トイレをちょっと拝借したところ、かなり古びた空間だったので、つい撮ってしまった。

 内部空間がクラシックな感じなのは良いが、トイレまで"クラシック"だったりすると、ここに毎日勤務する人たちは、この空間を残したいとは必ずしも思えないのかもしれないなぁとも思う。赤外線センサーで水が自動的に流れるタイプに改修されてはいたが、その他はいつの時代のものだったのだろう。配管とか、流下のために、一段上がる構造になっているのも昔風。

 大の方もかなり年代物。磨りガラスとはいえ、こんなに大きくガラスが嵌っているトイレの個室扉はあまり見たことがない。こちらも2段上って入る構造になっていて、だからドアノブがかなり低い位置に付いている

Wikipedia - 片倉工業
清水建設 - 創業200年記念「清水建設の歴史」
  - 清水建設二百年 作品編 50音一覧
    - 片倉館(PDF)片倉館増築(PDF)
超高層ビルとパソコンの歴史 - 東京スクエアガーデン
消えた建築片倉ビル
ゆる~り、ゆるゆると~京橋 片倉ビル(旧片倉館)
ハル設計室の呟きブログ > 片倉ビル
夢織人の街TOKYO散歩&思い出の場所パート1
  > ☆京橋の壊される運命のビル達~「片倉ビル(旧・片倉館)」
tnfuk [today's news from uk+]
  > そうだ、京橋行こう(再開発で建築物が壊される前に)その2. 片倉ビル
  > 片倉ビル(続き)
Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 中央区 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 片倉ビル 1 静岡ハリスト... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。