Il film del sogno

現実逃避の夢日記

バーニング・オーシャン

2017-05-14 22:54:59 | 映画

5/14(日)曇り
明け方就寝、10時前に目が覚める。少し筋肉痛。ブランチ後に愛犬と散歩。玄関の掃除や床掃除など。夕刻、義父を見舞に赤羽まで自転車を走らせる。今月中の退院と施設入りが決まる。頭はしっかりしているが自分で寝起きも出来ない。手足を摩って夕食を潮に辞去する。夜は自宅近所のシネコンで米国製作の災害パニック映画を鑑賞。場内単身中心に20名程度と閑散。制作予算100億越え、本国では5割程度しか興行回収できなかったとか。云って詮無いが邦家の«海猿»などとはスケールが違う。実話が基になっており、もう少し掘削のメカニズムを説明してもらえると良かったが、2時間弱に良くまとまって感心かんしん。前半の人物紹介、事故への伏線と、後半の噴出から爆破・炎上と怒涛の救出劇の対比が素晴らしい。役者もよござんした。ウォールバーグは無論のこと、カート・ラッセルとケイト・ハドソンの義理の父・娘の熱演は特筆しておきたい。ピーター・バーグとウォールバーグのコンビは、前評判の良い«パトリオット・ディ»も控えており、こちらも楽しみ。愛車(自転車)に乗ってゆるゆる帰宅。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スプリット | トップ | 夜空はいつでも最高密度の青... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。