84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

長寿の芍薬

2015年05月15日 | Weblog

芍薬の助けられたる首(こうべ)かな

台風6号の風と風に首を垂れていたのを花瓶に活けた。それが今日も花頭を拡げつつクリスタル花瓶で生き延びている。環境の良さと妻の水やりの良さで厨を彩っている。

コメント