84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

紅花ウォーク

2009年06月30日 | Weblog

 

  6月26日 緋目高の鉢面(はちも)に競ふ朝餉時
  6月27日 峡の娘(こ)の街に老いそむ鳳仙花
  6月28日 ウォーカーのリュック元気に紅の花
  6月29日 紅花の饅頭白き桶川宿
  6月30日 6月尽桶川駅で直す口紅(べに)

 朝刊朝日の<天声人語>は「六月三十日(みそか)は年の臍..」で始まっていた。昨日辺りから、九州地方に停滞した梅雨前線が大荒れ模様で関東も昨夜来の雨の今朝である。27日は「猛暑日」に迫る暑さに慌ててエアーコンの〔冷房機能〕を整えた。28日は、深谷市歩け協会主催の「紅花ウォーク」で2万歩ばかり歩いた。お蔭で、今まで知らなかった、中山道おけがわ宿は、山形・京都に並ぶ紅花の3大拠点である事を知った。紅花饅頭を食いながら映画「おくりびと」の主演者の本木氏の本家も見える紅花館や畑を周遊した1日だった。

コメント

蛍狩り

2009年06月25日 | Weblog

 

 6月21日 パトカーをのけて始まる蛍狩り
 6月22日 敷き藁に命を懸けるカボチャかな
 6月23日 沖縄の悲劇忘るる暑さかな
 6月24日 三角の塔をまあるく金魚どち
 6月25日 中盤の形勢とんと梅雨の空

 梅雨も中盤か?今朝の空はどんよりと重い。蒸し暑い夜は蛍狩りが良い。里中の公園に出かけた。6時半頃から、ボランティァに教えられた一等席に陣取る。7時過ぎから8時過ぎにかけて雄ボタルがみどり輝く小さい光を点す。点が線になり面になり始めると雌ボタルが加わり、観客の歓声の中での舞踏会となった。蛍愛好家の年間の、環境作りと飼育努力に感謝する。帰路、たまたまの晴れ間の空に残像の蛍舟が漕ぎ出していた。

コメント

桜桃忌

2009年06月20日 | Weblog

 

 6月16日 咲き満ちて金砂銀砂の四葩(よひら)かな
 6月17日 鬼灯(ほうずき)の孔はひーふーみーよかな
 6月18日 燕の子目線の吾を許すなり
 6月19日 子供らの声スキップに梅雨晴間
 6月20日 ぼろ電で通ひし学舎桜桃忌
 

 昨19日は「太宰治生誕100年祭記念桜桃忌」だった。彼が39才で入水した頃の私は16才の多感期。甲府近郊のサクランボの畑をよぎる”ボロ電”で通学していた。生涯富には縁なしだが”滅茶苦茶生きて愛された富者”の作品を読み返すのも余生の一興であろう。近年増えつつあるものに「ホタル祭」がある。梅雨休みで蒸し暑くなりそうな今晩は、近くの別府沼公園の人出も多かろう

コメント

葦切り

2009年06月15日 | Weblog

 

  6月11日 本州を三段飛びに梅雨入りかな
  6月12日 葦切りの人集めてはギョウギョウシ
  6月13日 小判草つぎつぎ届く税通知
  6月14日 一根のジャガぶらさげる北海道
  6月15日 苔清水ひたすら励むボランティア

 バケツを引っくり返したような昨夜のにわか雨だった。9日に東海まで、10日に関東に、11日に東北と3日かけての梅雨入りであったが翌日から早速の梅雨休み。”梅雨入りしたたようだ”と気象庁。空模様定かならぬ作日曜日、妻に促されて「ジャーマンポテト」を習った。レシピの馬鈴薯と玉葱に、アスパラとソーセイジを加えた我が家流新レシピの誕生である。

コメント

風鈴草まつり

2009年06月10日 | Weblog

  6月6日 町中が風鈴草になる日かな
  6月7日 実桜をよけて構へるワンパット
  6月8日 辻辻に屯(たむろ)
する親たちあふひ
  6月9日 飄々と見せて自立の
蛍袋
  6月10日 時の日や米寿叶はぬGM社 

 今日は「時の記念日」80余年の歴史を謳歌したGM社がクライス社に続き破綻した。中古のキャデラックを墓標に仕立てたオブジェの、新聞写真が印象に残る。6・7日は渋沢記念館で恒例の「風鈴草祭」があった。丹精こめて育てた300余鉢の一つ一つに 栄一翁の気品が漂っている。片や我が狭庭の「蛍袋」は、邪険な程に放置しておいても毎年花を持つ。何やら人の運命を感じる。昨日の九州・東海地区に続き関東地方も梅雨入りしそうな空模様である。

コメント

花菖蒲

2009年06月05日 | Weblog

 

  6月1日 6月や初日は久しぶりの晴れ
  6月2日 加湿器も除湿器になる衣更
  6月3日 歩く人手入れする人菖蒲園
  6月4日 天上の泣いて鳴き止む蛙かな
  6月5日 青磁器の色尖がつてる芒種かな

 新聞のカラー写真に推されて、近くの別府沼公園内の菖蒲園を訪ねた。紫・白・黄・ピンクに各色縞の花々は見頃になっていた。常より多い人出。公園の1週1km弱の散歩道では走りなが、歩きながら花を観賞し、其の内側では、4組がグラウンドゴルに興じていた。6月朔日・2日の晴れを除くと、降るでも晴れるでもない日が続いている。それでも芒種の今日は80%のお確率で雨になるらしい。

コメント