84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

9月逝く

2009年09月30日 | Weblog

 

  9月26日 深呼吸しては飛び立つ秋の蝶
  9月27日 コスモスや言葉短き岬人
  9月28日 横向きに燃えて朝顔日記かな
  9月29日 踏み込むや細波立てる虫の秋
  9月30日 運動会終りて黙す登校児

 秋雨前線の中、暦は今日で9月を終え中秋の10月に移り行く。天候不順も手伝って、虫時雨も蝉時雨も途絶えて心身湿っぽく不完全燃焼な気分を否めない。そんな中で、有権者から7割の淡い期待を得た新政権の活発な動きを感じる。両肩を怒らした感はあるが変化の兆しが見え隠れする。落ち込みの酷い自民党も、谷垣総裁を選び三役も決めて構造改革に立ちあがった。国民は、作日自然放鳥ケージを開けられた朱鷺の気分かも知れない。20羽の中の2羽だけが飛び立ち残りは未知の自然界を確かめているかのようだ。金木犀の香り漂う10月に踏み出すとしよう。

コメント

シルバーウイーク

2009年09月25日 | Weblog

  9月21日 末孫の日を重ねたる敬老日
  9月22日 射程距離1メーターや赤蜻蛉
  9月23日 渋皮の爪に食い込む秋分の日
  9月24日 芙蓉の実暮れて身揺する赤提灯
  9月25日 烏瓜防風垣を恋ひ明かす
 

 今朝も、爽やかな日が始まった。シルバーウイークが終り大方は平常生活に戻ったが、中には27日まで休む会社もあるらしい。子や孫も己が生活に多忙で現れず、公共施設を使う庶民の活動も大方休みだった。しかし町内の年寄りは元気である。遠出は止めて、Gゴルフ・菜園・荒川利根べりの散策と...。粋に振舞っていた芙蓉が品よく枯れ、烏瓜は恋をし、赤とんぼは捕虫に忙しい。この間の政界は活発だった。内は、新政権の公約に、外はNYでの鳩山外交の始動であった。気候サミットでは「25%削減」を、国連総会では「友愛」を説き、オバマ主導の「核なき世界実現」を誘導した。V3達成の巨人も記録しておこう。 

コメント

彼岸入り

2009年09月20日 | Weblog

 

  9月16日 秋爽や産声高き新政府
  9月17日 サルビアの色を違へて万珠沙華
  9月18日 縋り合ふ小沢ガールズ鰯雲
  9月19日 塗装屋の持ち帰りたる秋簾
  9月20日 遠く見て近くで拝む彼岸花

 今日は彼岸入りで”シルバーウイーク2日目”。全国的な晴天である。朝晩は20℃前後、日中は30℃前後と10度の寒暖さはあるが空気爽やかの好期だ。出国は夏の5割り増し高速道の渋滞を伝えるメディア。だが、”「中国的空き巣老人」が増えている”と天声人語。育った子が消えた家に一人暮らしの老人が増加と解説付きだ。政界は、マニフェスト実践開始の新政権と4年後を見据えた”健全野党を目指す新総裁選び”の自民党。八ッ場ダムの行方。国民新党の亀井大臣の動きが衆目の1つである。ここ暫くの散歩道は、万球沙華が今が時期の遊歩道沿いの川辺りである。一人で喜寿を迎えた友の消息を確かめながら、 ゆっくりと庭の手入れを続けよう。 

コメント

イチローの九月

2009年09月15日 | Weblog

 

 9月11日 藤の実や1万示す歩数計
 9月12日 大関位まもる魁皇芋の露
 9月13日 身剥がるや踊りだしたる杜鵑草
 9月14日 大袈裟に貰ふ新米5合かな
 9月15日 イチローの世界記録や秋の朝

 イチロー イチロー と作日からメディアのトップニュースが続く。”イチローが9年連続200本安打””108年ぶりの大リーグ新記録””大リーグ通算2000本安打に続く偉業”etc。凡人は凄いというが本人の言動は謙虚きわまりない。”解放され、人との戦いにピリオドを打てた。次は自分と向き合って、人間性も磨く…”と言う。17音の日記句と5日おきのブログ投稿に時に顎出す老人に比類の良薬である。2日目は早くも黒星の魁皇関に芋の露が重なる大相撲秋場所。こっちは、はらはらしながらの応援である。

コメント

敬老の日

2009年09月10日 | Weblog

 

  9月6日 同じ屋に敗者勝者や秋日差
  9月7日 露草を野良猫よけてゆきにけり
  9月8日 女性パワー鎮める園児敬老の日
  9月9日 指先に死に真似のこす秋の蝉
  9月10日 スローガンはピンピンコロン夾竹桃

 6日は当H公民館の分館対抗グラウンドゴルフ大会だった。18ホール(パー54)を、各分館6名の総合点で争い、当T分館が2年ぶりに優勝杯を取り戻した。個人的には、34得点で第三位賞を得て昨年の不成績のお返しを果たした。1ヶ月前の例会日の”8ホールボギーなしホールインワン4個”の余韻が残っていたようだ。ダンスのステップは悲しい程覚えが悪いがこの競技は性に合っている。来年からは若手にバトンタッチだ。8日は「老人の日」の繰上げ会だった。おねぎのマーチの会場1周の踊りで始まるアトラクションから、女性パワー全開。喜寿の祝いに頂いた「安眠枕」は好評だが、マッサージ券はあいかわらず不評だ。台風12号が事もなく消えて明日は二百十日である。

コメント

虫すざく9月

2009年09月05日 | Weblog

 

  9月1日 総選挙余震激しき厄日かな
  9月2日 鬼灯を褒めて一品もらひけり
  9月3日 喜寿なりて釣瓶落としの傘寿道
  9月4日 掌に余る食べかすデラウエアー
  9月5日 軒下に妻の声吐くゴーヤかな

 9月! すっかり秋の気配が漂う頃になった。樹上の蝉時雨から地上の虫時雨への政権明け渡し真っ最中である。昨日午後からの、時には激しい雨音にも虫達は1オクタ-ブ高く反発している。77歳になっても、体調の衰えとは別に年寄という感じが薄い。ちなみにS7年組みの現役には。三浦雄一郎・石原慎太郎・五木寛之・大沢啓二の各氏の名前が閃く。77歳で逝った母の年を越え、平均年齢もクリアーしたと思っていたら??。 男;79.3.女;86歳であった。三大疾患の癌・心筋梗塞・脳梗塞が減ると、男は87歳、女は93歳が平均寿命になるらしい。その三大持病を内存している己は傘寿への道の手探りを始めていた。軒先に忘れていたゴーヤが黄色く爆発していると妻のカナキリ声。今日は久し振りの夏日で満月の夜になるらしい。

コメント (2)