84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

駆け込み七五三

2015年11月30日 | Weblog

晴天の駆け込み多き七五三
  せいてんの かけこみおほき しちごさん

11月も今日が最後。真昼には晴れ渡った神社まで散歩する。そこには思いがけ無い程の七五三祝いの家族がいた。七五三は11月中にしておくものらしい。多忙な家族に幸多かれと傍で祝う。

コメント

三の酉

2015年11月29日 | Weblog

三の酉愚痴零し合ふ三姉妹
   さんのとり ぐちこぼしあふ さんしまい

今日は11月に三回ある最後の三の酉の日。東京育ちだった妻を長女とする三姉妹。加齢と共に年末頃は、体調等を案じ合う電話交歓が多い。男兄弟には無い羨ましい姉妹関係である。

コメント

冬の薔薇

2015年11月28日 | Weblog

誰彼の殺意露はに冬薔薇
 たれかれの さついあらわに ふゆそうび

朝方の外気は5℃程、湿度は20%と当地。薔薇マニアの庭が変化しだした。剪定したり落葉を敷き込んだり。。そんな中に真っ赤な2.3輪を見つける。一入寒い朝方には殺意さえ覚える。

コメント

石蕗の花

2015年11月27日 | Weblog

石蕗の花国産衛星売れはじむ
   つわのはな こくさんえいせい うれはじむ

破天荒を思わす昨日の列島の天気が今朝は一変。5℃ながら無風の碧空下で月末コンペが出来た。傍らの石蕗の花を見ながらカナダから受注した初の国産商業衛星の打上げ成功が話題になった。

コメント

寒の急襲

2015年11月26日 | Weblog

冬の雨置いてけ堀の登校児
  ふゆのあめ おいてけぼりの とうこうじ

日本列島急変の冷雨雪。北海道の観光名所の「美瑛の里」は氷点下20℃で60年ぶりの積雪。早速見舞いのメールをす。元気無しの登校児を見送る。長期的には「暖冬」の気象庁。

コメント

帰り花

2015年11月25日 | Weblog

癌予後が勝ちしコンペや帰り花
   がんよごが かちしコンペや 帰り花

月末になって所属の3つのGゴルフクラブのコンペが続いている。午后から明日にかけての雨予報の今朝、癌手術後久し振りに参加した仲間が優勝した今日だった。近くの公園には桜が咲いていた。

コメント

藪椿

2015年11月24日 | Weblog

ママの手を払ひて拾ふ藪椿
  ママのてを はらひてひろふ やぶつばき

下戸にはつらい忘年会案内が来始めた。最近は加齢と共に酒量が減る男性仲間より一人暮らしになった女性が会を実質的に仕切るから断りにくい。後をも引かぬ昼飯会は楽しみだ。

コメント

勤労感謝の日

2015年11月23日 | Weblog

散水器しまひ勤労感謝の日
  さんすいき しまひきんろう かんしゃのひ

今日は昔の「新嘗祭」が変わっての「勤労感謝の日」。先ずは曇天の冬空に国旗をあげる。働き癖の消えない昭和1桁は加齢してもセカセカと落ち着かない。散水器を片付け、穴あきの軍手を捨てておく。

コメント

落葉の公園清掃

2015年11月22日 | Weblog

紅葉降る中の公園掃除かな
   もみじふる なかのこうえん そうじかな

地域内の公園清掃は手空き者総動員で進行した。雨で1週間分増え、更に清掃中も降り続いた落葉の量は予想以上。途中で収納袋も追加。アフリカにも飛び火したテロもあり平和の有難さを痛感した。

コメント

松手入れ

2015年11月21日 | Weblog

膳立ても手抜かぬ庭師松手入れ
  ぜんだても てぬかぬにわし まつていれ

11月も下旬になって松の剪定をする家が多い。暖冬気味とはいえ脚立と命綱に身を預けつ根気よく形を整える姿に感服する。千秋楽を控えた昨晩。北の湖理事長の急逝の悲報。”ナムゥー”

コメント